SS速報VIP:櫻子「ひかり」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:39:03.82 ID:q5r2BOD80

以前落としてしまったものを再び投下させて頂きます
最後までかけてるので今回は完結させます
ちょっと長いので数回に分けて投下予定

鬱注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397212743




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:40:11.33 ID:q5r2BOD80

櫻子「んむ~……」スピー

ジリリリリリリリ

櫻子「ん~……うるへ……」

ジリリリリリリリ

櫻子「あれ、暗い……目覚ましどこ……?」ゴソゴソ

櫻子「……これか」カチ

櫻子「グゥ……」スピー



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:40:47.13 ID:q5r2BOD80

ガチャ

撫子「櫻子、起きな」

櫻子「んー……」スピー

撫子「櫻子」

櫻子「ん……ねーちゃん……こんな時間になにー?」

撫子「こんな時間って……起きないと遅刻するよ」

櫻子「まだ真っ暗じゃんかぁ……」

撫子「はぁ?寝ぼけてんの?遅刻しても知らないよ」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:41:22.45 ID:q5r2BOD80

櫻子「時計……ねーちゃん電気つけて」

撫子「……櫻子?いい加減にしな」

櫻子「だってなんも見えないし!今何時?」

撫子「……櫻子、私の方見て」

櫻子「真っ暗で見えないってば!電気つけて」

撫子「いいから私の目を見なっ!」

櫻子「な、なんでそんなに怒るんだよ。だから暗いんだってば!」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:43:13.73 ID:q5r2BOD80

撫子「……」スッ

撫子(手を近づけても反応が無い……)

櫻子「ねーちゃんってば!」

撫子(……)ペチンッ

櫻子「いたっ!なんで急にデコピンするんだよー!?」ムキー

撫子(そんな……まさか……)

撫子「ご、ごめん……喉が渇いて目が覚めて、ついでに、櫻子を、か、からかってやろうかと思って……」

櫻子「なんだとー!櫻子様の睡眠を妨害した罪は重いぞ!」プンプン



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:44:45.53 ID:q5r2BOD80

撫子「ご、ごめん!今日、アイス買ってきてあげるから」

櫻子「!」キュピーン

櫻子「マジで!ハーゲンがいい!」

撫子「わ、わかったよ」

櫻子(ねーちゃんやけに素直だなー。やっとこの櫻子様を敬う気になったか!)

櫻子「よろしい」フフン

撫子「起こしてごめんね。お休み」

ガチャ

撫子「嘘……でしょ……」ヘタリ



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:46:43.48 ID:q5r2BOD80

撫子「どうすれば……とりあえずお母さんに電話……」カチカチ

プルルルルプルルルル

大室母『もしもし、撫子?どうしたの?』

撫子「お母さん……櫻子が……」

花子「撫子お姉ちゃん?」

撫子「!」

ブッ ツー ツー

花子「そんなとこに座り込んでどうしたし?」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:49:04.27 ID:q5r2BOD80

撫子「目……」

撫子(花子……まだ言わない方が……)

花子「め?」

撫子「目にゴミが入って……もう大丈夫……」

花子「ふーん。それよりひまねえが来てるし。櫻子は?」

向日葵「撫子さん、おはようございます」

撫子「ひま子……」

撫子(ひま子にはどうする……?ダメだ、頭が働かない……どちらにしろ花子がいるからここで言うわけには……)



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:50:51.96 ID:q5r2BOD80

向日葵「まったく……櫻子ったらまだ寝てるんですのね。私が起こしますから撫子さんはどうぞ準備をなさってください」

撫子「!さ、櫻子は体調悪いみたいだから今日は休ませるよ!」

向日葵「あら、そうでしたか。撫子さんが言うなら仮病でもなさそうですわね。顔を見て行ってもよろしいでしょうか?」

撫子「だ、だめ!」

向日葵「……撫子さん?」

撫子「あ、いや、うつすと悪いから……」

向日葵「……」

撫子「だから、ごめん。ひま子」

向日葵「……そうですか、わかりましたわ」

花子「櫻子のやつ、お腹出して寝てたとかに決まってるし」

撫子「ほら、二人ももう行かないと」

花子「あ!本当だし!いってきます!」

向日葵「櫻子にお大事にとお伝えください」

撫子「うん……いってらっしゃい」

撫子「ふぅ……」

撫子「……」カチカチ

撫子「お母さん……さっきは急に切ってごめん……実は……」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:53:17.79 ID:q5r2BOD80



……………



撫子「うん、帰ってこれそう?」

撫子「よかった……今日は私も学校休むよ。お母さん帰ってくるまでになんかあると困るし」

撫子「うん、多分大丈夫。うん。じゃあ」

ツーッツーッ

撫子「……櫻子、どうして……」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:56:10.30 ID:q5r2BOD80

櫻子「ん……ふぁぁ~……」

櫻子「んむぅ…あれ?まだ夜……?」

撫子「櫻子……」

櫻子「うわっ!ねーちゃん!?」ビクッ

櫻子「なんで私の部屋にいんの?てか今何時?」

撫子「……」

櫻子「ねーちゃん?」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 19:57:33.40 ID:q5r2BOD80

撫子「今は……10時だよ……」

櫻子「は?そんなわけないじゃん!私寝たの10時半だし!」

櫻子「ハッ!まさか丸一日寝ちゃってた!?」ガーン

撫子「……昼の10時」

櫻子「そんなわけ……あれ?」

櫻子「…………ねーちゃん……私……」ゴシゴシ

撫子「……」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:00:32.30 ID:q5r2BOD80

櫻子「あれ……?あれ……?嘘……」ゴシゴシ

撫子「……」ギュッ

櫻子「目が……嘘……」

櫻子「どうして……ねーちゃん?」

撫子「……」ポロポロ

櫻子「ねーちゃん……なんか変なんだ……目がさ……」

撫子「昼頃、お母さんが帰ってくるから、病院行こう」

櫻子「やだ……やだぁ……違うよね?夜なんでしょ?」

撫子「大丈夫」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:02:14.97 ID:q5r2BOD80

櫻子「やだよ……どうして?」

撫子「きっとすぐに治るよ。私も一緒に行くから」

櫻子「外出たくない……怖いよ……」

撫子「大丈夫だから、ね?」

櫻子「……」コクン

撫子「……」ナデナデ



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:04:59.96 ID:q5r2BOD80

櫻子「んぅ……ふぁ……」モゾモゾ

櫻子「あれ?……あ……」

櫻子「そうだ……目が……」

櫻子「ねーちゃんどこ……?」

櫻子「ねーちゃん?」

櫻子「うぅ……」ヨタヨタ

櫻子「ねーちゃん!」

ガッ

櫻子「いたっ…!うぅ……」ジワ

櫻子「やだ、なんで見えないんだよ……」ポロポロ

櫻子「ねーちゃんどこ?……グスッ……」ヘタリ

櫻子「う……グスッ……うえぇぇぇん……」ポロポロ



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:06:01.97 ID:q5r2BOD80

カチャ

撫子「!」

撫子「櫻子!!」

櫻子「ねーちゃん……グスッ」

撫子「大丈夫?」

櫻子「暗いよ……離れちゃやだぁ……一人にしないで……」ポロポロ

撫子「ごめんね」ギュ

櫻子「うぅ……」ポロポロ

撫子「大丈夫だよ。今日は私もずっと家にいるから」ナデナデ

櫻子「グスッ……」

撫子「ちょっと離れることはあるかもしれないけど、櫻子を家に一人にはしないよ」

櫻子「グスッ……ありがとう……ねーちゃん……」グー

櫻子「……」

櫻子「お腹ペコい」

撫子「今ちょうど昼食作ってきたとこ。食べよっか」

櫻子「……」グシグシ

櫻子「食べる!」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:07:18.88 ID:q5r2BOD80

櫻子「……ねーちゃん」

撫子「なに?」

櫻子「……恥ずかしいんだけど」

撫子「一人じゃ食べられないでしょ?ほら、アーンしな」

櫻子「ぐぬぬ……あ、あーん」パク

櫻子「ング……」モグモグ

撫子「はい、あーん……小さい頃を思い出すな」

櫻子「?」モグモグ



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:08:14.77 ID:q5r2BOD80

撫子「櫻子は覚えてないだろうけど、まだ赤ちゃんだったあんたにこんな風に私がご飯を食べさせたこともあったんだよ」

櫻子「ふーん……」

撫子「妹ができて嬉しくてさ、お母さんに頼んでやらせてもらったんだ」

櫻子「……」

撫子「お父さんもお母さんも仕事で忙しいから家では花子と三人でいることが多かったね。櫻子は昔っから騒がしかったけど、おかげで暇しなかった」

櫻子「……」

櫻子「……ねーちゃん」

撫子「なに?」

櫻子「……えと…手、握って欲しい……」

撫子「……うん」キュッ



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 20:08:48.93 ID:q5r2BOD80

櫻子「バチが当たったのかな……?」

撫子「え?」

櫻子「ねーちゃんとか花子のおやつ勝手に食べたり、あとご飯当番サボったりしたし……」

撫子「そんな……」

櫻子「ねーちゃんの手、あったかい……」

撫子「……まぁ人騒がせなあんたのことだから、目だって何事もなかったかのようにすぐに治るよ」ナデナデ

櫻子「ねーちゃん……ありがとう……」

撫子「はい、あーん」

櫻子「あーん」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:28:45.06 ID:q5r2BOD80

ガチャ ドタドタドタドタ

大室母「櫻子!!」

櫻子「……お母さん?」

大室母「櫻子……ほ、本当なの?」

櫻子「うん……」

大室母「櫻子……うぅ……どうして櫻子が……」ギュウ

櫻子「……」

撫子「落ち着いて、お母さん」

大室母「……ごめんなさい、そうよね。撫子もありがとう」

撫子「櫻子、病院行こ」

櫻子「うん」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:29:15.06 ID:q5r2BOD80

学校

あかり「今日櫻子ちゃん休みなんだね」

ちなつ「向日葵ちゃん、何か知ってる?」

向日葵「……」

ちなつ「向日葵ちゃん?」

向日葵「……え?ごめんなさい、何か言いましたか?」

ちなつ「今日櫻子ちゃん休みなんだねって」

あかり「向日葵ちゃんも櫻子ちゃんのこと心配なんだね」

向日葵「そ、そんなんじゃありませんわ!ただ……」

向日葵(今朝はどうも撫子さんの様子が……)



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:29:46.24 ID:q5r2BOD80

あかり「あかりも心配だよぉ」

向日葵「で、ですからそんなんじゃ……まぁ、あの子の事ですから昨日夜更かししてたとかそんなところでしょう」

向日葵(杞憂……ですわよね……)

ちなつ「みんなでお見舞い行かない?」

あかり「行く!向日葵ちゃんも行こうよ!」

向日葵「ま、まぁお二人が行くと言うなら私もお付き合いいたしますわ」

あかり「えへへ」ニコニコ

ちなつ「」ニヤニヤ

向日葵「な、なんですの?お二人とも……//」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:30:13.32 ID:q5r2BOD80

病院

櫻子「疲れた……」

撫子「お疲れ様。お母さんは先生と話してくるみたいだから待ってよう。ほら、こっちに椅子あるからおいで」

櫻子「うん……」

撫子「何か飲む?」

櫻子「えっと……い、いらない……」

撫子「……」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:31:04.21 ID:q5r2BOD80

チャリ ピッ ゴトン

撫子「はい、オレンジジュース」

櫻子「え?」

撫子「変な遠慮してんじゃないの」

櫻子「……」

撫子「何年あんたの姉やってると思ってんの?ホラ、自分で開けれる?」

櫻子「……うん」

パキョッ

ゴクゴク

櫻子「ふぅ……」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:31:39.52 ID:q5r2BOD80

撫子「今は、迷惑とか遠慮とか、余計な事気にしなくていいの」

櫻子「……」

櫻子「……ん」スッ

撫子「?」

櫻子「……一緒に飲も」

撫子「いや、全部飲んでいいよ」

櫻子「ん!」ズイッ

撫子(……ま、いっか)

撫子「ありがと」ゴクゴク

撫子「ふぅ……おいし……」

櫻子「えへへ」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:32:20.10 ID:q5r2BOD80

大室母「おまたせ」

撫子「!」

櫻子「あ……お母さ…ん」

大室母「詳しい検査結果が出るのは明日らしいわ。……今日は、帰りましょう」

櫻子「あ……うん……」

撫子「……」

大室母「きっと治るわよ」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:33:10.96 ID:q5r2BOD80

大室家

撫子「櫻子寝かせて来たよ」

大室母「そう……」

撫子「……先生に本当はなんて言われたの?」

大室母「!」

撫子「あんな顔で戻って来られたらわかるよ。櫻子が気づいたかはわからないけど……」

大室母「……」

撫子「お母さん……」

大室母「……詳しい検査結果が明日になるのは本当よ……ただ……」

撫子「?」

大室母「……ごめんなさい、明日まで待って頂戴」

撫子「……わかった」

花子「ただいまー」

撫子「!」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:33:51.41 ID:q5r2BOD80

大室母「撫子、花子は……?」

撫子「まだ……言ってない……」

大室母「そう……でも、話さなきゃね……」

カチャ

花子「あれ?お母さんどうしたし?お仕事は?撫子お姉ちゃんも早いね」

大室母「花子、話があるからちょっと座って頂戴」

花子「?」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:34:34.75 ID:q5r2BOD80

花子「……………え?」

大室母「……」

撫子「……」

花子「ふ、二人とも花子をからかってるの……?」

大室母「……本当よ」

撫子「……」

花子「そ、そんなの嘘だよ……」

花子「わかった!櫻子が嘘をついてるんだし!二人とも櫻子に騙されてるし!」

花子「お母さんに仕事を休ませてまで櫻子は何やってるし!花子が怒ってくるし!」ダッ

撫子「!!待ちな、花子!」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:35:54.31 ID:q5r2BOD80

ドタドタ

ガチャン

花子「櫻子!!」

櫻子「ん……」

花子「櫻子!何呑気に寝てるし!」ユサユサ

櫻子「う……ん……?」

櫻子「ヒッ…!だ、誰……!?」

ドタドタ

撫子「花子!やめな!」

櫻子「は、花子……?」

花子「お母さんと撫子お姉ちゃんが変なこと言うし!櫻子が目が見えなくなったとか!」

櫻子「あ……」

撫子「花子!!」

花子「櫻子が二人に嘘ついてるんでしょ?わざわざお母さんまで帰らせて何バカなことし……」

撫子「花子!!!」

パシン



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:36:32.08 ID:q5r2BOD80

花子「あっ……う……」ジワ

撫子「ぁ……」

花子「うっ……グスッ……うえぇぇぇん……」

撫子「……」

花子「うっ……うええぇん……グスッ……」

撫子「ごめんね櫻子。花子、こっち来な」

櫻子「……」

櫻子「……待って、ねーちゃん」



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:37:04.64 ID:q5r2BOD80

櫻子「花子、こっち来て」

花子「うっ……グスッ……」

櫻子「えーと、ここか?」

櫻子「うりゃ!」ギュッ

花子「グスッ……櫻子ぉ……?」

櫻子「花子、私は今……その……目が見えない」

櫻子「でもわかる!花子は今ねーちゃんに叩かれて泣いてんだろ?」

花子「……な、泣いてないし」グシグシ

櫻子「嘘つけー!目が見えなくたってわかるんだぞ!櫻子様をなめんなよ!」

花子「……これくらい誰だってわかるし」

櫻子「えーそうかなー?」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 22:37:56.03 ID:q5r2BOD80

櫻子「でもさ、ねーちゃんとか花子のことだったら見なくても結構色々とわかる気がするんだよね。だから心配すんな!」

櫻子「あとさ、怒ってたり生意気な花子は嫌いだけど泣いてる花子はもっと嫌い。だから櫻子様に好かれたかったら泣きやめ!」

花子「……なんだしそれ……櫻子のばか……」ギュウ

花子「櫻子のくせに……生意気だし……グスッ……」

櫻子「な!?生意気なのは花子だろ!妹のくせに!もっと姉を敬え!」

花子「……ごめんだし、櫻子」

櫻子「うん、いいよ」

花子「撫子お姉ちゃんも……ごめんなさい」ペコ

撫子「ううん……私も叩いてごめん」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:15:32.36 ID:gP+QdbEO0



……………





櫻子「はぁ……」

櫻子(……これからどうすればいいんだろ)

櫻子(……私……どう、なるんだろ……)

櫻子(見捨てられたり……するかも……)

櫻子「うっ……グスッ……ふっ…うぅ……」ポロポロ

コンコン

撫子「櫻子、ちょっといい?」

櫻子「!」グシグシ

櫻子「い、いいよ!」



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:17:23.66 ID:gP+QdbEO0

カチャ

撫子「……」

撫子「櫻子、友達が来てる。ひま子とあかりちゃんとちなつちゃん」

櫻子「ぁ……」

撫子「……その…どうする?」

櫻子「い、言わないで!」

撫子「……いいの?」

櫻子「お願い……!みんなには……向日葵には……言わないで……」

撫子「……そう、わかった」

カチャ

撫子(泣いてたな……櫻子……)

撫子(バカだな、私……あの子はまだ中学生なのに……そんなに強いわけないよね……)

撫子(私がしっかりしなくちゃ)



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:19:08.40 ID:gP+QdbEO0

玄関

向日葵「あ、撫子さん。櫻子は……?」

撫子「ごめんね、櫻子寝ちゃってて」

向日葵「そう……ですか……」

あかり「あの、櫻子ちゃんは大丈夫ですか?」

撫子「……ちょっと体調くずしちゃっただけだから、心配しないで」

あかり「よかったぁ……」

向日葵「……」



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:23:28.50 ID:gP+QdbEO0

ちなつ「あの、これ、プリントです。櫻子ちゃんに渡しておいてください」

撫子「ありがとう。みんなせっかく来てくれたのにごめんね」

あかり「いえ、おじゃましました」







撫子「ごめんね………」

カチャン



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:24:22.97 ID:gP+QdbEO0

櫻子「ん……ふわぁ……」

櫻子「……あー、また寝てた……」

撫子「あ、起きた?」

櫻子「ねーちゃん……?ずっと居てくれたの?」

撫子「ん、まぁ…ね」

櫻子「ありがと……」

撫子「ん……」ナデナデ

撫子「そろそろ夕飯作るけど、何か食べたいものある?なんでも好きな物作ってあげるよ」

櫻子「ぁ……じゃあ……ハンバーグ…」

撫子「わかった。作って来るから待っててね」

撫子「何かあったらすぐ呼ぶんだよ」

櫻子「うん」



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:26:04.60 ID:gP+QdbEO0

ジャーーー トントントン

ピンポーン

撫子「ん?」

撫子(誰だろ?)

撫子「はーい」

カチャ

撫子「!」

向日葵「……こんばんは」

撫子「ひま子……」



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:26:44.42 ID:gP+QdbEO0

向日葵「撫子さん」

撫子「な、なに……?」

向日葵「単刀直入にお聞きします。櫻子はどうして今日学校を休んだんですか?」

撫子「……さっきも言ったでしょ。ちょっと体調を崩して……」

向日葵「撫子さん」

撫子「っ……!」

向日葵「撫子さんのことですからただいたずらに隠してるわけでは無いのでしょう……何か考えがあってのことだと……」

撫子「……」

向日葵「自分にもそういい聞かせてます……でも、どうしても……」

向日葵「櫻子のことが……心配で……」

向日葵「教えて……もらえませんか?」

撫子「……とりあえずあがって」

向日葵「……ありがとうございます」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:27:20.04 ID:gP+QdbEO0

撫子「ごめんね、ちょうど夕飯作ってたところで。作りながらでもいいかな?」

向日葵「はい、もちろんですわ。お邪魔してるのは私ですので……」

撫子「そう……ありがとう。そこ、座っていいよ」

向日葵「はい、失礼します」カタ

撫子「……」カチャカチャ

向日葵「……」

向日葵「……あの、何かお手伝いしましょうか?」

撫子「いや、大丈夫……」

向日葵「そうですか……」

撫子「……」

向日葵「……」



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:32:21.04 ID:gP+QdbEO0

撫子「ごめん……詳しいことは教えられない……」

向日葵「ぇ……?」

撫子「ごめん……あの子がそれを望んでるから……」

向日葵「櫻子が……?」

撫子「……」コク

向日葵「そんな……どうして……」

撫子「一つ……言えるのは」

撫子「ただの体調不良じゃないってこと。しばらく学校は休むことになると思う」

向日葵「……」




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:34:17.05 ID:URH8fRiB0

撫子「いずれひま子も知ることになると思う。その時は……」

撫子「あの子のこと……支えてあげて欲しい……」

向日葵「それは……もちろんですわ」

撫子「ありがとう……ごめんね……」

向日葵「いえ…。櫻子は……家族のようなものですから」ニコ

撫子「ふふ……昔婚姻届も書いたしね」

向日葵「なっ……///そ、そういう意味じゃありませんわ!///」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:34:46.80 ID:URH8fRiB0

翌日

花子「行ってきます」

撫子「行ってらっしゃい」

大室母「撫子も今日は学校行きなさい」

撫子「え?」

大室母「何日も休むわけにはいかないでしょう?櫻子は私がいるから大丈夫よ」

撫子「でも……」

櫻子「大丈夫だよ、ねーちゃん」

撫子「……そっか」



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:35:24.00 ID:URH8fRiB0

めぐみ「あ!撫子おはよー!」

藍「昨日どうしたの?」

撫子「うん、ちょっと体調悪くて」

めぐみ「もう大丈夫なの?」

撫子「大丈夫だよ、ありがとう」

美穂「……」

撫子「ちょっとトイレ行ってくる」

めぐみ「いてらー」

美穂「……ねぇ、なんか撫子いつもと違くない?」

藍「んー、確かにちょっと元気無い感じするけど、病み上がりだからじゃないかな?」

美穂「そういうんじゃなくて……なんていうか、今日の撫子はいじっても楽しくなさそうというか……」

めぐみ「理由がひどいよ!?」ガーン



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:12:12.55 ID:gfpdEanK0

放課後

美穂「撫子、みんなで寄り道してかない?」

撫子「あー、まだ本調子じゃないから今日は遠慮しとくよ」

藍「大丈夫?家まで送ろうか?」

撫子「私は大丈夫だから三人で行ってきて。じゃあ」タタタタッ



藍「んー、やっぱりちょっと変だね」

めぐみ「本調子じゃないって言いつつ、走ってるし……」

美穂「どうしたんだろう……」



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:12:41.95 ID:gfpdEanK0

撫子「ただいま」

シーン

撫子「?」

カチャ

大室母「……」

撫子「お母さん?」

大室母「!」ビクッ

大室母「撫子……」

撫子「お母さん……櫻子は?」

大室母「部屋に……」

撫子「病院……行ったんでしょ?」

大室母「行ったわ……そうね、話すから座って……」



53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:13:09.44 ID:gfpdEanK0

大室母「しばらくは……治らないって」

撫子「っ……!」

撫子「しばらくはってことは、いつかは治るの?」

大室母「わからないわ」

大室母「視神経が死んでしまってるらしいの」

大室母「聞きなれない言葉が出てきてあまりわからなかったんだけど、視神経を再生する医療はまだ研究段階で……」

大室母「目の治療に使うには……まだ年月がかかるって……」

撫子「そんな……」

撫子「櫻子のとこ行ってくる……」




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:13:47.41 ID:gfpdEanK0

コンコン

撫子「櫻子、入るよ」カチャ

櫻子「……」

撫子「寝てるの?」

櫻子「……なんか用?」

撫子「……ただいま」ナデナデ

櫻子「……ねーちゃん」

撫子「なに?」

櫻子「私、もうこのままなんだって」

撫子「!」

撫子「そんなこと……ない、よ……」

櫻子「なにそれ?」

撫子「だって、いつか治せるかもしれないって……」

櫻子「いつかっていつだよ!!!」

撫子「!」ビクッ



55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:14:34.73 ID:gfpdEanK0

櫻子「いつ治るの!?治せるかもしれない!?それって治せない可能性もあるってことじゃん!!」

撫子「さ、櫻子!落ち着い……」

櫻子「うっさい!目が見えないんだぞ!!このまま!!このまま……!」

櫻子「治るか治らないかもわからないまま生きるなんて……」

櫻子「そんなの……いやだ……」ポロポロ

撫子「櫻子、お願いだから変な気は起こさな……」

櫻子「ねーちゃんにはわかんねーよ!!だってねーちゃんは……」

櫻子「目が見えるんだから……」

撫子「ぁ……」

櫻子「一人にして」

撫子「ごめんね……ごめん……」

カチャン

撫子「あぁ……あ



56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:15:00.21 ID:gfpdEanK0

大室母「撫子?大きな声が聞こえたけど、大じょ……」

撫子「なんで話したの……」

大室母「え……?」

撫子「なんで医者の言ったことを櫻子にバカ正直に話したの!?」

大室母「な、なんでって……」



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:15:44.66 ID:gfpdEanK0

大室家玄関前

向日葵(また……来てしまいましたわ……)

向日葵(どうしたいのでしょう……私……)

向日葵(櫻子のことは教えてもらえない。顔も見せてもらえない)

向日葵(それでも、ジッとしていられない……あの子が隣にいないだけでこんなにも……)

向日葵(……撫子さんいらっしゃるかしら)スッ

『なんで医者の言ったことを櫻子にバカ正直に話したの!!?』

向日葵「!」ピクッ

向日葵(撫子さんの声?こんなに荒げて……)

『な・・・でっ・・・』

向日葵(この声は、櫻子のお母様?よく聞こえない……)

向日葵(……)

向日葵(……すみません、櫻子、撫子さん)

ソー カチャ パタン



58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:17:04.14 ID:gfpdEanK0

撫子「櫻子はまだ中学生なんだよ!?」

大室母「じゃあどうすればよかったの?すぐに治る、すぐに治るって言い続けて何年も櫻子を騙し続けろって?」

撫子「わかんない!でも他にあったでしょ!まだ中学生なのに!」

撫子『失明なんて受け入れられるわけない!!』

向日葵「え……?」

向日葵(しつめい……失明……?)

向日葵(目が……?嘘……)フラ

ガタン



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:17:40.04 ID:gfpdEanK0

撫子「!だれ!?」

ガチャ

撫子「ひま……子……」

向日葵「撫子さん……櫻子は……今言ったことは本当ですか?」

撫子「き、聞いてたの……?なんでここに……」

向日葵「撫子さん」

撫子「っ……そう……だよ」

向日葵「……櫻子の部屋にあがらせていただきます」

撫子「待っ……今は!」

向日葵「どうしてですか?」

撫子「ダメだった……一人にしてくれって言われちゃった……」

向日葵「撫子さんが弱気になってどうしますの?一番苦しいのは櫻子でしょう」

撫子「……」ポロポロ

向日葵「約束しましたもの。櫻子を支えるって」



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:18:17.20 ID:gfpdEanK0

コンコン

櫻子「チッ……一人にしろって」ボソ

向日葵『櫻子、入りますわよ』

櫻子「!ひまわ……!やだ!来ないで!」

カチャ

向日葵「櫻子……」

櫻子「ぁ、いや……」

向日葵「聞きましたわ、目のこと……」

櫻子「ぁ……え……」

櫻子「え、えへへ……これなら向日葵の目障りなおっぱい見なくていいからラッキー!なんちて……」

ギュウ

櫻子「あ……」



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:19:08.73 ID:gfpdEanK0

向日葵「声が震えてますわよ、バカ櫻子」ギュウ

櫻子「ぅ……ぁ……」

櫻子「ひまわり……ひまわりぃ……」ポロポロ

向日葵「はいはい」ナデナデ

櫻子「グスッ……見捨てないで……お願い……」ギュウ

向日葵「見捨てませんわよ」ナデナデ

櫻子「ひまわりぃ……」

向日葵「ずっとそばにいますわ」

櫻子「うっ……グスッ……ひまわりぃ……」

向日葵「ここにいますわ」



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:19:56.01 ID:gfpdEanK0

………

……




櫻子「ひまわ、り……」スースー

向日葵「……」ナデ

スッ

カチャ パタン

撫子「ひま子……」

向日葵「……櫻子は泣き疲れて寝てますわ」

撫子「ありがとう……」

向日葵「いえ……先程はすみませんでした。出すぎたことを言いました……」

撫子「ううん。私はお母さんに八つ当たりすることしかできなかった……」

向日葵「家に戻りますね。失礼します」



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:20:41.04 ID:gfpdEanK0

撫子「あー、えっとさ……」ギュッ

向日葵「わっ……な、撫子さん?」

撫子「その……そのままだと、楓に心配されるよ」ナデナデ

向日葵「ぁ………うぅ……」

向日葵「グスッ……さくらこ……」ポロポロ

撫子「……ありがとう」ギュウ

向日葵「どうして……グスッ……さくらこぉ……」


………

……





64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:21:16.26 ID:gfpdEanK0

向日葵「すみません、お恥ずかしいところをお見せしました……」

撫子「ううん、あの子のために泣いてくれて、ありがとう」

向日葵「また櫻子に会いに来てもいいですか?」

撫子「もちろん、私が行くより喜ぶよ」

向日葵「私にできることであればなんでもしますので、手伝えることがあったら言ってください」

撫子「ありがとう。多分たくさん頼ることになると思うけど」

向日葵「あの子のためでしたら、喜んで。では、失礼します」



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:25:05.16 ID:gfpdEanK0

撫子(櫻子に夕飯持ってかなきゃな……)

━━━━━━━━━━

櫻子『ねーちゃんは目が見えるんだから』

櫻子『一人にして』

━━━━━━━━━━

撫子「っ……」

撫子(しっかりしろ!)



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:26:06.88 ID:gfpdEanK0

撫子「!」

櫻子「……」

撫子「櫻子!廊下で何して……」ピチャ

撫子「あ……」

櫻子「……あは、見てよねーちゃん。情けないだろ?」

撫子「どうして……呼んでくれれば……」

櫻子「中学生だってのにさ、一人でトイレにも行けない」

撫子「待ってて……着替え……」









櫻子「死にたいなぁ……」








67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:26:59.27 ID:gfpdEanK0

撫子「っ!」

パン

櫻子「……ってぇ……」

撫子「はっ……はっ……」

櫻子「部屋戻る……」

撫子「……つかまって」

パシ

櫻子「触んな」

撫子「でも……一人じゃ……」

櫻子「うるせえ!触んなよ!!」

撫子「……これ……タオルと着替え……」


ヨタヨタ

カチャ
パタン



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:27:41.87 ID:gfpdEanK0

撫子「……あはは、掃除しなきゃ」

フキフキ

撫子「……」

ポタポタ

撫子「う……ぁぁ……」ポロポロ

花子「撫子お姉ちゃん……?」

撫子「花子……」ポロポロ

撫子「私もうどうしたらいいのかわからない……」

花子「……花子も手伝うね……」



69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:28:35.07 ID:gfpdEanK0



花子「……」

コンコン

カチャ

花子「……櫻子?」

櫻子「……」スースー

花子「寝てる?」

櫻子「ん……」スースー

花子「……」

モゾモゾ

櫻子「ん……?」

花子「……」ギュー

櫻子「ふぁ………花子?」

花子「……」ギュー



70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:29:20.65 ID:gfpdEanK0

櫻子「……何してんの?」

花子「ここで寝る……」ギュー

櫻子「……暑いんだけど」

花子「………」ギュー

櫻子(……いっか)

花子「……櫻子」

櫻子「……」

花子「花子がいるからね?花子はここにいる……わかるでしょ?今櫻子のこと抱きしめてるんだよ?」

櫻子(花子……)

櫻子「……」ナデナデ

花子「ん……」ギュ

櫻子「ごめん……花子……」



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:30:09.04 ID:gfpdEanK0

櫻子「花子……私怖いよ……」

花子「うん……」

櫻子「学校の先生が言ってた。周りの情報の80%は目から入って来るんだって」

櫻子「私の枕の色って何色だっけ……?花子は今どんなパジャマ着てる……?そんな簡単なことも私にはわからない……」

花子「……」

花子「花子ね、病気のことはよくわからないけど、櫻子の目はきっとすぐ治ると思うし」

櫻子「……そんな慰め…」

花子「もし、医者が治せなくてもね、いつか花子が治してやるし」ギュー

櫻子「!」



72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 04:30:45.94 ID:gfpdEanK0

花子「花子が……グスッ……花子がね……頑張って……勉強して……うっ……グスッ……すごいお医者さんになってね……櫻子お姉ちゃんの目…絶対に治すから……」ギューー

櫻子「ぁ……」ポロポロ

花子「だから……死んじゃやだぁ……」

櫻子「う…うぁ……花子ぉ……」ポロポロ



75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:28:35.53 ID:GcMpDf2U0

櫻子「私さ……ねーちゃんに怒鳴っちゃった……」

花子「……うん」

櫻子「ねーちゃんは私の目がこうなったときからずっと助けてくれてたのに……『いつ治るんだ!』『ねーちゃんに私の気持ちはわからない!』って……」

花子「……」

櫻子「ねーちゃんは謝りながら部屋から出てった……何も悪いことしてないのに……」

櫻子「さっきなんて、ねーちゃんの前で死にたいって……」

櫻子「でもさ……私もうわかんないんだ。頭ん中ぐちゃぐちゃで……不安で仕方ないんだ」

花子「……」

………

撫子『私もうどうしたらいいかわからない……』ポロポロ

………



76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:29:10.55 ID:GcMpDf2U0

花子「……それは……しょうがないと思う……けど」

花子「撫子お姉ちゃんは冷静に見えるけど、誰よりも櫻子のこと心配してるし。さっき会ったときもすごく落ち込んでた」

櫻子「うん……」

花子「でも謝ればきっと大丈夫だし。その上で……八つ当たりとかじゃなくて謝った上で、櫻子の不安とか全部ぶつければいいし」

櫻子「……迷惑じゃない?」

花子「迷惑なんかじゃないし。花子にも、不安とか全部ぶつけていいし。目が見えないことの不安とか、恐怖とか、花子には全然想像もできないから……きっとその方が櫻子の力になれると思うし」

櫻子「ありがとう……はなこぉ……」グスグス

花子「……もう寝るし、櫻子」ナデシナデシ



77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:30:04.30 ID:GcMpDf2U0



コンコン

撫子「花子、そろそろ起きな」カチャ

撫子「……いない……」


ソー カチャ

撫子「ぁ……」

櫻子「ん……」スースー

花子「んぅ……」スースー

撫子「……」

撫子(花子はいいんだ……)

撫子(っ……バカか、私は)

パタン

撫子(もう学校行っちゃお……)




78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:30:39.49 ID:GcMpDf2U0

花子「櫻子、花子もう学校行くね」

櫻子「ねーちゃんは?」

花子「もう学校行っちゃったみたいだし……」

櫻子「そっか……」

花子「大丈夫だよ、櫻子」

櫻子「うん……」



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:31:20.00 ID:GcMpDf2U0

学校

撫子「……」

藍「な、撫子?その目……」

撫子「なんでもない」

藍「なんでもないって……そんなに腫らしてるのに……」

撫子「ほっといて……」

藍「何かあったの?私でよければ……」

撫子「うるさいんだよ!いいから!!ほっとけって言ってる!!」

藍「!」ビクッ

「なに?ケンカ?」「うそ?あの二人が?」「仲良いのになんで?」



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:32:30.13 ID:GcMpDf2U0

バンッ‼︎

めぐみ「撫子」

撫子「……」

めぐみ「落ち込むなら勝手に落ち込んでればいい。藍に当たってんじゃないよ」

藍「めぐみ!私は大丈夫だから……私がしつこくしたから悪いの……撫子もごめんね?」

撫子「…………今日は……帰る」ガタッ

藍「え……?」

撫子「…………藍、めぐみ、ごめん」ボソ

藍「……」

めぐみ「……」

「なにあれ、こわ」「大室さんってああいう人だったんだ」



81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:33:45.38 ID:GcMpDf2U0

美穂「なになにー?面白そうな話してるねー」

「!」ビクッ

美穂「ああいう人ってどういうことか教えてよー。私あなたたちより断っっ然撫子と仲良いはずなんだけど全然わかんなーい」

「な、なんでもない……」

美穂「だよねー」

「ね、ねぇ、トイレいこ」「うん、ま、またね、八重野さん」

美穂「はぁ……めぐみ、藍ちゃん、大丈夫?」

藍「うん……」

めぐみ「ありがと、美穂」

美穂「後で先生のところ行こう」

めぐみ「……そうだね」

藍「でも、先生が知ってるかどうか……」

美穂「何もしないよりマシでしょ」

美穂(撫子の様子がおかしくなったのは一昨日休んだ時から……)

美穂(欠席の理由を聞けば……もしかしたら……)



82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:36:59.28 ID:GcMpDf2U0

先生「そうですか……今朝そんなことが……」

藍「何か知ってるんですか?」

先生「ええ、大室さんから聞いています……でも話せません」

めぐみ「どうして!?」

先生「あなたたちには言わないでくれと、大室さんに言われたからです」

美穂「……」

先生「ですが、隠したいわけではなく、時期をみて自分から話したいのだと言っていました……事情がわからないあなたたちにには勝手なお願いになってしまいますが、それまで、そばにいて支えてあげてください」

………

……





83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:37:27.30 ID:GcMpDf2U0

(結局……詳しいことはわからなかった……)

(撫子……)

(!あれって……)



撫子「……」ボー




(…………よし)



84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:38:05.22 ID:GcMpDf2U0

「撫子」

撫子「……なんで……ここに?」

「偶々。撫子こそ、帰ったんじゃなかったの?」

撫子「……」

「となり座るね」

「……」

「撫子ってさ、あんまり自分の弱いところを人に見せようとしないよね」

撫子「……」

「弱いところって言うのも変かな?あんまり物事を人に相談しないっていうか……まぁ撫子は頭良いし相談しなくても一人で解決しちゃうんだろうけど」

「でも最近はちょっと違うよね。撫子が何に悩んでるのかわからないけど、こういう時に力になれたら、私も他の二人も友達冥利に尽きるというか、私に限って言えば恋人冥利に尽きるというか」



85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:39:10.99 ID:GcMpDf2U0

「話したくないことはもちろん話さなくてもいいよ。ただ、撫子が辛いときに少しでも甘えられる様な相手になれたらな、って、思ってる」

撫子「……」ポロポロ

「他の二人もね、同じ気持ち。まぁ本音としては私に一番に甘えて欲しいけど、なんて」

撫子「……り…とう……ありがとう……」ポロポロ

「うん……」

撫子「ねぇ……キスして……」

「……うん」

撫子「ん……」

「ん……」

………

……





86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:39:39.16 ID:GcMpDf2U0

撫子「ただいま……」ボソ

トットットッ

撫子「…………」

カチャ パタン



87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:40:18.62 ID:GcMpDf2U0

『カチャ パタン』

櫻子「……」

櫻子(ねーちゃん……自分の部屋行っちゃった……)

櫻子(昨日はまっすぐ私の部屋来てくれたのにな……)

櫻子「……」

パチン

櫻子「待っててどうすんだ、私!」ヒリヒリ

櫻子「行くぞ」ヨロヨロ



88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:41:05.25 ID:GcMpDf2U0

コンコン

撫子「……」ノソ

撫子「はい……」

『ねーちゃん、私』

撫子「!」

カチャ

撫子「櫻子!」ガタ

櫻子「待って!」

撫子「!」ピタ

櫻子「そのまま……そこにいて」ヨタヨタ

撫子「うんっ……櫻子……ここだよ……」

櫻子「お……とと…」ヨタヨタ

撫子「そのまま、手伸ばして」

ギュ

櫻子「へへ、ヨユーヨユー!」



89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:42:08.34 ID:GcMpDf2U0

撫子「危ないよ、櫻子……」

櫻子「うん、ごめん……でも、自分の力でここに来て、謝りたかった」

撫子「……」ギュー

櫻子「ね、ねーちゃん、苦しい」

撫子「櫻子……」ギュー

櫻子「ねーちゃん……ごめん、昨日酷いこと言った……」

撫子「私も……櫻子の気持ち全然理解してなかった」

櫻子「それでも、ねーちゃんは私を助けてくれた。こうなった日からずっと……そんなねーちゃんを私は突き放したんだ……」ポロポロ

撫子「泣かないで、櫻子……」

撫子「ねぇ、櫻子、目が見えない不安とか、怖さとか……私には想像することしか出来ない。きっと想像以上なんだろうね……だから……櫻子にはそういう不安、全部ぶつけて欲しい。その方がきっと櫻子の力になれる」

櫻子「……えへへ」

撫子「?」

櫻子「姉妹だからかな、花子と同じこと言ってくれる」

撫子(花子が……昨日の夜かな……?なんか悔しい)



90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:43:01.75 ID:GcMpDf2U0

櫻子「ありがとう、ねーちゃん。私頑張る。もう死にたいとか言わない。ちゃんと訓練とかして、なるべくたくさんのことを一人でできるようになる」

撫子「うん」

櫻子「それでもきっと迷惑かけちゃうから……そのときはまた助けて……」

撫子「うん……!」

櫻子「へへ……ありがと」

撫子「櫻子……っ!」

櫻子「ちょっ、苦しいってば!てか恥ずかしいし!」

撫子「うるさい、私を泣かせた罰だ……」

櫻子「……なにそれ」クス



91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:46:18.84 ID:GcMpDf2U0

…………………………

撫子「ひま子とはちゃんと話した?」

櫻子「……」フルフル

櫻子「ただ抱きついて泣いてただけ……いつの間にか寝ちゃってた……」

撫子「そっか……」

櫻子「ねーちゃん、私……さ……」

櫻子「向日葵のことが……好き……」

撫子「うん……知ってる」

櫻子「えぇっ!?な、なななななんで!?//」

撫子「バレバレ」クス

櫻子「へ、変だと思わないの?女の子同士だよ?」



92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:47:04.37 ID:GcMpDf2U0

撫子「関係ないよ」

撫子「私ね、付き合ってる子がいるの。女の子」

櫻子「……マジで?」

撫子「うん、マジ。お母さんとかには内緒だからね」

撫子(何故か花子にはバレてるけど……頭良すぎるのも困るな……)

櫻子「そ……かぁ……そうなんだ……」



93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:47:56.47 ID:GcMpDf2U0

櫻子「私さ……目のこと向日葵に知られたくなかった……」

櫻子「今まで散々迷惑かけて、甘えて来て……」

撫子「自覚はあったんだ」

櫻子「そりゃあるよ……」

櫻子「私たちが『櫻子』『向日葵』って呼び合うようになったのってさ、向日葵が最初に私のこと『櫻子』って呼び始めたからなんだよ」

櫻子「その頃から向日葵はいろいろ変わってってさ、それまで私の後ろついて来てたのに、いつの間にか雰囲気も性格もなんか大人っぽくなってって」

櫻子「私はそんなすぐに大人になれなかった……頭も悪いし……だから、私は子どもみたいに絡んでやって、向日葵の邪魔してたんだ」

櫻子「置いてかれるのが怖くて、向日葵の足ひっぱって、向日葵と一緒に子どもでいようとした……」

櫻子「そうやって散々迷惑かけてさ、今度は目が見えなくなったって、どんだけ迷惑かけるんだよって感じじゃん」

撫子「迷惑……か……」



94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:49:02.39 ID:GcMpDf2U0

撫子「櫻子はどうしたいの?」

櫻子「わかんない……でも、これからも向日葵と一緒にいたい……」

撫子「じゃあさ、もう告白すればいいじゃん」

櫻子「……ねーちゃん、私の話聞いてた?」ジト

撫子「聞いてたよ、あんたじゃあるまいし」

櫻子「ひどっ!」



95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:49:43.13 ID:GcMpDf2U0

撫子「子どものくせに難しく考えすぎなんだよ」

撫子「女の子同士だからだとか、目が見えないからだとか。じゃあ性別が違ってお互い病気じゃなければ絶対結ばれるの?そうじゃないでしょ?」

撫子「性別じゃない、ましてや身体でもない。女の子同士だろうと、目が見えなかろうと、最終的に大事なことは気持ち……」

撫子「ひま子が櫻子を好きかどうかでしょ」

櫻子「………」

撫子「…………なに真っ赤になってんの?」

櫻子「な、なななななななってねーし//つーかねーちゃんこそよくそんな恥ずかしいこと言えんな!」

撫子「それを言うな」



96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:52:30.86 ID:GcMpDf2U0

櫻子「つーか……わかんないし……」

撫子「何が?」

櫻子「向日葵が……私のことどうおもってるか……」

撫子「何当たり前のこと言ってんの。告白ってのは相手の気持ちを聞くためにするもんでしょ?」

櫻子「……」

ピンポーン

撫子「ん?花子ー!でてくれるー?」

『はーい』

撫子(もしかしたら……)



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:53:09.53 ID:GcMpDf2U0

カチャ

花子「ひま姉だし」

櫻子「!」

撫子(噂をすれば……)

花子「どうするし?」

撫子「あがってもらって」

櫻子「ねーちゃん……」

撫子「とにかく、二人で話しな」

櫻子「ん……なんか……色々ありがと……」

撫子「ん、頑張んなよ」ナデナデ



98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:53:45.81 ID:GcMpDf2U0

向日葵「おじゃまします、撫子さん」

撫子「うん、来てくれてありがとう。櫻子、部屋にいるから」

向日葵「はい」

撫子「ひま子」

向日葵「はい?」

撫子「櫻子から色々話があると思うけど……正直に、ひま子の素直な気持ち聞かせてあげて」

向日葵「……はい!」



99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:55:04.11 ID:GcMpDf2U0

撫子「さて……」

カチカチ

カチカチ

ピッ





ヴー ヴー



100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:55:34.66 ID:GcMpDf2U0

━━━━━━━━━━━━━━━
From:三輪藍
━━━━━━━━━━━━━━━
Title:Re:
━━━━━━━━━━━━━━━
私こそ、しつこく聞いちゃってご
めんね
私でよければいつでも話聞くから
ね!



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:56:41.61 ID:GcMpDf2U0

━━━━━━━━━━━━━━━
From:園川めぐみ
━━━━━━━━━━━━━━━
Title:Re:
━━━━━━━━━━━━━━━
私も怒っちゃってごめん(>_<)
元気になったらまた四人で遊びに
行くぞー!



102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:57:32.49 ID:GcMpDf2U0

━━━━━━━━━━━━━━━
From:八重野美穂
━━━━━━━━━━━━━━━
Title:Re:
━━━━━━━━━━━━━━━
貸しだからねー!
どうやって返して貰おうかなー
うふふ♡










撫子(みんな、ありがとう)



103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:58:13.45 ID:GcMpDf2U0

コンコン

向日葵『櫻子、私ですわ』

櫻子「うん」

向日葵『入りますわよ』

櫻子「……うん」

カチャ

向日葵「櫻子……」

櫻子「向日葵……」



104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:59:02.43 ID:GcMpDf2U0

櫻子「向日葵……私……」

向日葵「ええ」

櫻子「向日葵に話さなきゃ……じゃなくて……話したいこと……?」

櫻子「あのね……その……色々話が……えっと……あれ……?」

ふわっ

櫻子「ん……」

向日葵「ゆっくりでいいのよ、櫻子。落ち着いて。いつまででも、待ちますから」ギュッ

櫻子「……うん」



105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 02:59:48.20 ID:GcMpDf2U0

櫻子(あぁ……あったかい……いい匂い……)ギュッ

トクン トクン

櫻子(向日葵の心臓の音……穏やかで、優しい音……)

トクン トクン

櫻子(世界で一番……安心できる音……)

トクン トクン

櫻子(好き……好き……)

櫻子(声も、匂いも、あったかさも、優しさも、全部、ぜーんぶ……)



106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 03:00:29.16 ID:GcMpDf2U0

櫻子「……聞いてくれる?」

向日葵「ええ」

櫻子「向日葵、私ね━━……」





………

……





107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 03:03:00.35 ID:GcMpDf2U0

数年後



「……」ソローリ

「おせーよ、向日葵」

「む……相変わらずよく気づきますわね」

「当然じゃん」

「背中に目でもついてますの?」

「んなもん櫻子様には必要無いね!こう、冴え渡る勘!的な?」

「冴え過ぎですわ。あと私の名誉のために言っておきますと、まだ約束の時間前ですわ」

「約束の時間前に来るのは基本っしょ?」

「櫻子が来てると思わなかったんですもの。あなた、時間にルーズなのは相変わらずなんですから」

「それは……まぁ……」

「とりあえず、行きましょうか」

「待って」

「?」



108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 03:03:49.32 ID:GcMpDf2U0

「ちょっと……手出して」

「?……はい」

「ちっげーよ!左手!」

「はい」

ゴソゴソ

「!……それ……!」

「あ!見んな!目つぶれ!」

「……もう遅いですわ」

「空気読めばかっぱい!」

「はいはい……」



109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 03:05:45.49 ID:GcMpDf2U0

スッ

「目開けていいよ」

「……」

「……なんか言えよ」

「こういうのはデートの最後に渡すのが普通じゃありません?」

「う、うるせー!んなもん持ってたら身が入んないっつーの!」

「時間前に来たのも、緊張してたからですわね」

「ぐ……!つーかもっと言うことねーのかよ!」

「ありがとう……すごく……綺麗」

「っ!……そか……へへ……よかった」




110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 03:06:56.93 ID:GcMpDf2U0

「ありがとう」

「お、おう!えと……私たち、結婚はできないけどさ……その……なんつーか……」






「これからも……一緒だからな!」

「ええ、もちろん」



111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 03:09:58.96 ID:GcMpDf2U0

終わりです

以前立てたとき見てくださってた方
落としてしまいすいません

最後まで読んでくださった方
ありがとう



元スレ
SS速報VIP:櫻子「ひかり」