1: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:27:30 ID:iA3

17日なので、シアター17歳組のSS



2: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:28:26 ID:iA3

~美也陣営~

宮尾美也「紗代子さん、少し相談に乗ってくれませんか~?」

高山紗代子「うん、私でよければ。どうしたの?」

美也「実は、来月のお料理番組で紬さんとバトルすることになったんですよ~」

紗代子「あ、あの番組に出るんだ。相談ってそのこと?」

美也「はい~。どうすれば紬さんに勝てるでしょうか~」



3: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:29:08 ID:iA3

紗代子「でも、紬ちゃんって料理できるの? 美也ちゃんが上手なのは知ってるけど……」

美也「紬さんは一人暮らしをしていますから、きっとお料理が上手だと思います~」

紗代子「あ、そっか。全部自分でやってるってことだもんね……」

美也「私も毎日料理をしているわけではありませんからね~。このままでは危ういかもしれません~」

紗代子(美也ちゃん、本気で勝とうとしてるんだ……。力になってあげたいけど私、料理にはあんまり自信が……)



4: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:29:59 ID:iA3

紗代子(美奈子さんに特訓をお願いすれば……って、ダメダメ! 美也ちゃんは私を頼ってくれたんだから、私が助けてあげないと!)

紗代子「よし! 収録までに特訓して、紬ちゃんに勝とう! 特訓メニューを考えるのは私に任せてね!」

美也「おお~。頼もしいですな~」



5: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:30:31 ID:iA3

~後日~

島原エレナ「ミヤ、今日から特訓なんでショ? ワタシもお手伝いするから、頑張ろうネ!」

美也「エレナさん、ありがとうございます~。これは、ますます負けられませんね~」

紗代子「おはよう美也ちゃん! 準備はいい?」

美也「はい~。いつでもいけますよ~」

紗代子「じゃあ、まずはこの野菜を切ってね!」

エレナ「ワオ! 山盛りだネ!」

美也「ニラ、ナス、チンゲンサイ……中華料理ですか~?」

紗代子「うん。美奈子さんに事情を話したら、食材を少し分けてもらえることになったんだ。まずは中華料理から極めていこう!!」



6: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:31:02 ID:iA3

エレナ「ね、近くで見てもいい?」

美也「いいですよ~」

エレナ「ありがとう! ……わ~! ミヤ、手付きがなめらかだネ!」

美也「ふふ、ありがとうございます~。エレナさんは普段お料理するんですか~?」

エレナ「一人じゃしないネ。でも、ママンのお手伝いはするヨ! お皿運びとか!」

紗代子(それは小学生レベルだよエレナちゃん!)



7: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:31:26 ID:iA3

エレナ「あ! そういえば、包丁を使うときって『猫の手』にするんでショ? ミヤ、猫の手にしなくていいの?」

紗代子「え? ちゃんと猫の手になってると思うけど……」

エレナ「でも、オーディナリィ・クローバーのときのミヤはもっと猫の手だったヨ?」

美也「確かに、今の私は『人の手』ですね~。ミャオの衣装を借りてきましょ~」

紗代子「やめて美也ちゃん! 衣装にニラのニオイが移っちゃうから!」



8: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:32:01 ID:iA3

美也「回鍋肉が完成しましたよ~」

エレナ「わーい! いただきまーす! ……んー! 美味しい!」

紗代子「うん、美味しい。でも……」

エレナ「サヨコ、どうしたノ?」

紗代子「……心を鬼にするね。美也ちゃんの回鍋肉はすごく美味しい。でも……美奈子さんに比べると物足りないって、私は思っちゃった」

美也「……わかりました~。収録までに、紗代子さんを満足させる回鍋肉を作ってみせますよ~」

紗代子「美也ちゃん……!」

紗代子(そうだ、美也ちゃんも本気なんだ。私も、思ったことは遠慮せずに言わないと……!)



9: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:33:46 ID:iA3

そして、収録前日……

美也「さあ、どうですか~?」

紗代子「いただきます。……こ、これは! 美味しい、美味しいよ美也ちゃん!」

美也「ふふふ、やりました~」

紗代子「これなら紬ちゃんにだって負けないよ!」

美也「紗代子さん、エレナさん、ありがとうございます~。ここまでこれたのは二人のおかげですよ~。明日の収録では、絶対に勝ってみせますね~」

紗代子「うん、これなら絶対に大丈夫! ほら、エレナちゃんも食べてみて! すっごく美味しいよ!」

エレナ「……もうホイコーローは食べたくないヨー……」



10: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:36:00 ID:iA3

~紬陣営~

白石紬「真壁さん、少々よろしいでしょうか」

瑞希「なんでしょう白石さん」

紬「実は来月のお料理番組で、宮尾さんと勝負をすることになったのですが……」

瑞希「なるほど。相手が宮尾さんとは、強敵ですね」

紬「ですから、ぜひとも真壁さんのお力をお借りしたいのです」



11: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:36:54 ID:iA3

瑞希「おや、一人暮らしをしている白石さんなら、料理はお手の物だとばかり」

紬「お恥ずかしい話なのですが、私はあまり料理が得意ではないのです。一人暮らしは急に決まったことでしたので、まだ本格的なことは教わっておらず……」

瑞希「なるほど、そうでしたか」

紬「それで、いかがでしょうか……?」

瑞希「もちろん断るつもりはありません。真壁家に伝わる秘伝のボルシチレシピを伝授しましょう」

紬「あ、ありがとうございます……!」

???「ちょっと待ったー!」



12: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:37:42 ID:iA3

横山奈緒「話は聞かせてもらったで! そういうことなら私も協力するわ!」

瑞希「横山さん、料理に自信が?」

奈緒「当たり前や! 大阪といえば、天下の台所! 大阪抜きで日本の食文化は語れへんで!」

紬「それはわかりましたが、横山さんご自身の腕前は……?」

奈緒「たこ焼きとお好み焼きは完璧やで」

紬「…………」

瑞希「…………」

奈緒「『使えねー』みたいな顔せんといて! たこ焼きとお好み焼きの作り方教えるから、仲間に入れてや! 瑞希のボルシチ食べたいねん!」



13: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:38:17 ID:iA3

瑞希「紬さん、どうしますか?」

紬「ええと……」

奈緒「頼む紬、このとおりや! たこ焼きとお好み焼きをひっくり返せるようになれば、もう大抵のもんはひっくり返せるで!」

紬「確かに、そういった技術は他の料理にも活かせるかもしれません」

瑞希「そうでしょうか」

奈緒「こう見えて私グルメやから、味見係としても優秀やで! だから、な?」

紬「……わかりました。もとより助力をいただけるのは願ってもないことです。横山さん、どうかよろしくお願いします」

奈緒「ありがとう紬! 任せてや! 私にかかれば、来週にはもう屋台を開けるで!」

瑞希「いえ、紬さんには洋食屋さんのシェフになってもらいます」

紬「私はアイドルです」



14: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:39:12 ID:iA3

瑞希「ボルシチ作りで最も重要なものはなんだと思いますか?」

紬「火加減、でしょうか」

瑞希「確かに火加減は大事です。しかし、最も重要なのは愛です」

紬「愛」

瑞希「はい。らぶです」

紬「それは、何に対する愛ですか?」

瑞希「ボルシチに対する愛です」

紬「は、はあ……」

瑞希「ですから、作るときは優しく声をかけてあげましょう。……美味しくなってください……美味しくなってください……ありがとうございます……ありがとうございます……」

紬(恥を忍んで北沢さんにお願いするべきだったかもしれません)



15: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:40:18 ID:iA3

奈緒「ええか紬。お好み焼きをひっくり返すときは、おっかなびっくりやるのが一番あかん」

紬「ですが、どうしても手が震えてしまって……」

奈緒「そう、最初は誰だって怖いねん。そんなときはお好み焼きを自分の手だと思うんや。手を返すのに緊張なんかせんやろ?」

紬「お好み焼きを自分の手だと思う……?」

奈緒「まずはコテを自分の手と一体化させるんや。それができたらお好み焼きの下にスッと入れる。あとは簡単や。自分の手、コテ、そして生地の間にある境界線を曖昧にさせるんや。お好み焼きは自分であり、自分はお好
み焼きである……つまりは無我の境地やな。その境地に入ったら、すぐにひっくり返す!」

紬「えいっ」

奈緒「おお! きれいにできたやん! ほらな? 怖がる必要なんてなかったやろ?」

紬「そうですね。ひっくり返すことより横山さんの方が怖かったので」



16: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:43:15 ID:iA3

~収録当日、劇場~

エレナ「ミヤ、そろそろスタジオについたカナ?」

紗代子「そうだね。もうすぐ撮影が始まると思うよ」

エレナ「あんなにがんばってたし、ミヤならきっと勝てるよネ!」

紗代子「うん、間違いないよ!」

奈緒「ふっふっふ。そう上手くは行かへんで?」

瑞希「白石さんは私たちが育てました。いくら宮尾さんとはいえ、そう易々とは勝てないはずです」

紗代子「そっか、紬ちゃんも特訓を……」



17: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:45:25 ID:iA3

エレナ「でもでも、ミヤのホイコーローはとっても美味しかったヨ!」

奈緒「一品で喜んでるようではまだまだやで! 紬が習得したのはボルシチ、たこ焼き、お好み焼きの三品や!」

瑞希「戦力の差は三倍です。圧倒的ですね」

エレナ「でも、ミヤはもとから色んな料理作れるもん!」



18: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:46:06 ID:iA3

紗代子「……あれ?」

奈緒「紗代子、どないしたん?」

紗代子「ちょっと考えたんだけど……。二人が出る番組って、作る料理は自由だったっけ?」

瑞希「いえ。料理のテーマは直前に提示されます。食材も、スタジオに用意されたものしか使えないはずです」

エレナ「それがどうかしたノ?」

紗代子「……もし、もしだよ? 特訓したのと関係ないテーマと食材だったらどうしようかな、なんて思っちゃって……」



19: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:46:33 ID:iA3

~スタジオ~

スタッフ「本日の対戦者は同じ765プロのアイドル同士! 果たして勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか!」

紬「宮尾さん、よろしくお願いします」

美也「いい勝負にしましょうね~」

スタッフ「それではお待ちかね、今日の料理のテーマは……」



20: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:47:01 ID:iA3

スタッフ「『インスタ映えランチ』です!」



21: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:49:31 ID:iA3

おしまい
毎月17日にシアター17歳組のSSを書いてるんだけど、速報のエラーがひどくてこっちに来ました。来月からもこっちで書くかも



22: ◆ncieeeEKk6 20/08/17(月)00:50:25 ID:iA3

キャラの料理事情が間違ってたらごめん


元スレ
【ミリマス】宮尾美也「お料理で紬さんに勝ちますよ~」