SS速報R:夕張「出来ました! 艦娘の胸の大きさを変えられる装置です!」【安価、コンマ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1556353121/



1: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:18:42.26 ID:pnnS9zkf0

大淀「ふふっ……」

大淀(今日はいよいよショタ提督の着任の日。お目にかかるのは初めてですから、とても楽しみです)

大淀(ここまで来るのにそれなりに苦労しましたから、楽しませて欲しいものです。色んな意味で)

夕張「大淀さーん!」

大淀「あら、夕張さん。どうしましたか?」

夕張「新しい提督が鎮守府に着任しました! それで、挨拶するから皆を講堂に集めるようにと」

大淀「承知致しました」

大淀(ktkr!)



2: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:24:41.58 ID:pnnS9zkf0

ショタ(以下提督)「私が新しく配属となった提督である。皆、よろしく頼むぞ」

大淀(素晴らしい……! 完璧なショタ顔に小さな体。私の趣味にぴったりです)

提督「前任の提督が色々迷惑をかけたようだが、それを補って有り余る活躍を皆に約束しよう」

提督「さて、挨拶は簡単にして。何か質問がある者はいるか?」

愛宕「はいはーい♪ 誕生日と年齢を教えて下さーい」

提督「了解した。誕生日は1月9日。年は10歳だ」

曙「はあー、10歳!? そんなクソ提督に、私たちの指揮を任せろっての?」

提督「」ピクッ

提督「君は確か……。駆逐艦の曙か。これは大本営の決定であるが、何か不満か?」




3: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:29:42.74 ID:pnnS9zkf0

曙「不満に決まってるでしょ! こんなクソガキにいいように使われるなんて、冗談じゃないわ!」

提督「」ピクピクッ

提督「曙、君に不満があるのは理解した。だが、これ以上上官である私に暴言を吐くようでは、処分をしなければならない。理解してくれ」

曙「しょぶん~? やれるもんならやってみなさいよ、このチビ!」

提督「」ブチッ

提督「上等だクソガキ! ボコボコにして、全裸で土下座させてやるよ!」

曙「やってみなさいよ、返り討ちにしてやるわ!」

夕張「あわわ……。と、止めないと」

雲龍「大丈夫、しばらく放っておきましょ。子ども同士、一通り喧嘩すれば収まるわ」

夕張「雲龍さん、そんなのんきな……」

……



4: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:40:01.89 ID:pnnS9zkf0

曙「もうしわけごじゃいましぇんでした……」orz

提督「全く……」

夕張(本当に全裸で土下座させた!)

提督「今後は立場をわきまえ、ふさわしい言葉使いをするように。わかったな?」

曙「承知致しました」

提督「よろしい。誰か曙をドッグに連れて行ってやれ」

雲龍「お強いんですね、提督」

提督「ん? まあ、父の指導のおかげで、艦娘を力づくで抑えるくらいはできるからな。ところで君は……」

雲龍「雲龍型航空母艦一番艦、雲龍です。よろしくお願いしますね」ペコッ

提督「う、うむ、よろしく」ジーッ

大淀(んんっ? この提督……)




5: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:44:27.08 ID:pnnS9zkf0

雲龍「ところで、秘書艦はどうなさいますか?」

提督「ああ、そうだったな。では雲龍、君に頼もうか」

雲龍「承知致しました」

大淀「えっ!」

提督「どうした、何かあるか?」

大淀「いえ、その。前任の提督は私に任せっきりだったので、ちょっと意外で……」

提督「秘書艦業務は責任も大きいが、その分学べる事も多い。多くの艦娘に経験してもらうべきだと私は考えている」

大淀「そうですか」

大淀(どうもそれだけのようではない気がするのですが……)

提督「それから、今から呼び出す艦娘は提督室に来てくれ。少し話がある」



6: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:47:51.40 ID:pnnS9zkf0

提督「君が浜波か。お腹の子はどうだ?」

浜波「お、おかげさまで順調です……」

提督「そうか。父が厄介をかけた分、子どもと君自身の世話は私が責任を持つ。任せてくれ」

浜波「あ、ありがとうございます」

提督「それから……」チラッ

電「なのです!」ビシッ!

睦月「にゃしぃ!」ビシッ!

提督「……あれが母と義母の昔の姿か。何と言うか、少し衝撃を受けるな……」

大淀「えっ!?」

夕張「提督のお母様、元艦娘なんですか!?」




7: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:50:31.80 ID:pnnS9zkf0

提督「ああ。母は元電。腹違いの兄の母が睦月だ」

夕張「それは、何ともまあ……」

大淀(徹底したロリコン野郎だったんですね。あの提督は)

提督「まあ、私は子どもに手を出す趣味はないから、安心してくれ」

電「電は子どもじゃないのです!」プンスカ

睦月「睦月は大人にゃしぃ!」プンスカ

提督「どうみても子どもだろう。私が言えた義理ではないが」




8: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:52:20.85 ID:pnnS9zkf0

雲龍「自分で自分の事を子どもだと自覚できる人は、もう大人ですよ」ナデナデ

提督「むっ……」

雲龍「あっ、すみません。つい」

提督「……構わん。気にするな」

大淀(!)

夕張(提督、心無しか顔が赤い気が……)

提督「とにかく、明日からよろしく頼むぞ、皆」



9: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:57:41.83 ID:pnnS9zkf0

~提督着任から数日後~

大淀「あら、夕張さん」

夕張「大淀さん、お疲れ様です。提督に御用事ですか?」

大淀「はい、今日の任務の件でお話が。夕張さんは開発の報告ですか?」

夕張「そうです。今日は中々いい装備が出来ましたよ」

大淀「それは良い事ですね。さて、着きましたよ」

コンコン

雲龍「どうぞ~」

夕張「失礼します」ガチャッ





10: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 17:59:56.51 ID:pnnS9zkf0

提督「雲龍のおっぱいやーらかーい//」モミモミ

雲龍「もう、甘えん坊さんですね//」ナデナデ

大淀「!」

夕張「て、て、て、提督! 何をしてるんですか?」

提督「ん? 大淀と夕張か。報告ご苦労」

夕張「あ、どうも。じゃなくて!」

提督「何だ、何かあったのか?」

夕張「上半身裸の雲龍さんに提督が抱き着いていれば、誰でも驚きます!」

提督「ああ、これか」




11: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:05:21.36 ID:pnnS9zkf0

提督「なんだかんだで、しばらく雲龍を秘書艦にしているうちに、色々と話をしてな」

提督「私が大きな胸が好きだと話したら、こうして触らせてくれるようになったのだ」

提督「雲龍のおっぱいはいいぞー。ふわふわぷにぷにもちもちしてて、人がダメになるソファを秒速で捨てる程の快適さだ」

雲龍「大きな胸にはリラクゼーション効果もありますから。こうして胸を触りながらお仕事に取り組んでいただければ、捗るかと思ったの」

※創作の上での雲龍個人の話です。現実での効果を保証するものではありません。

夕張「いやいや、仕事中にそんないやらしい事おかしいでしょ!」

雲龍「いやらしい? どこが?」

夕張「どこがって……」



12: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:10:21.96 ID:pnnS9zkf0

雲龍「幼い頃から提督候補として厳しい訓練を受けてきて、甘えなど一切許されない中で生きて来たのが提督なの」

雲龍「夕張さんは、そんな身の上話は初耳でしょうけど」

雲龍「だから、せめて私と一緒にいる時くらいはこうして癒されて欲しい。そう思う事のどこがいやらしいのかしら」

夕張「むむむ……」

提督「そういう訳だ。報告書は読んでおくから、下がっていいぞ。何かあればまた呼ぶ」チューチュー

雲龍「もう、提督。おっぱいちゅーちゅーはお仕事が終わってからですよ」

提督「終わったもーん」

雲龍「もう、提督ったら……」

大淀(くっ、やはり奴の子ども。血は争えないと言う事ね……)

夕張(前任提督も怪しい所がある人でしたが、まさかこんな露骨な提督が着任するとは……)



13: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:14:10.59 ID:pnnS9zkf0

ガチャ

大淀「……これは問題です」

夕張「そうですね。さすがに人前でああいうことをするのは……」

大淀「このままでは、涙目のショタ提督の射精管理をする私の夢が早速水泡に帰してしまいます」

夕張「えっ……。はっ?」

大淀「夕張さん、お得意の発明でこの状況を何とかできないですか!?」

夕張「な、何とかと言われても」

大淀「お願いします、この鎮守府の危機なんです! お礼ははずみますから!」

夕張「うーん、まあやれる事はやってみますけど……」



14: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:20:09.26 ID:pnnS9zkf0

―それから数日―

夕張「調査をした結果、秘書艦に選ばれるのは胸の大きな人だけ」

夕張「慎ましやかな胸の方は、話すらまともにしていないことが判明しました」

夕張「つまり、提督はとんでもないおっぱい星人だと言う事です」

大淀「やはりそうですか。初日に会った時から何となくそんな感じがしていました」

夕張「そこで私が考えた方法は、鎮守府だけでなく、艦娘個人個人も救う画期的な方法です!」つ

大淀「これは?」

夕張「名付けて、『艦娘の胸の大きさを変えられる装置』です!」

大淀「なるほど! 胸が大きくなれば、提督が構ってくれるようになると言う事ですね!」




15: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:29:40.37 ID:pnnS9zkf0

夕張「はい。しかもこれは胸の大きさをトップとアンダーの差で計算して変えてくれるので、胸が小さくなる心配がほとんどありません」

大淀「素晴らしい! 早速使って……」

夕張「あ、待って下さい。これまだ試作段階で、出力が安定しないんです」

夕張「なので、何人か実験に協力してもらって、改良してから使った方がよいかと」

大淀「そ、そうですか」

夕張「幸い、協力を申し出ている方が何人かいますから。すぐにでも始められます」

大淀「では、始めましょう。ええ、今すぐに!」

夕張「わ、分かりました。では第一号は【安価下】さんにお願いしましょう」

※艦娘以外の安価、連投、指定済の艦娘、正式名以外での指定は安価下

正式名については、ヴェールヌイなどの日本語、アラビア数字以外の文字を含む艦娘については
カタカナでの指定も正式名とする




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/27(土) 18:29:47.96 ID:dlFlk8yZ0

大鳳



18: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:42:22.39 ID:pnnS9zkf0

使用相手 大鳳

結果 トップとアンダーの差 48cm(Pカップ)

大鳳「……!」フルフル

夕張「やはり、元の体格を無視して、カップ数だけにこだわる設計にして正解ですね」

大鳳「ありがとうございます、夕張さん、いえ、夕張様……!」グスッ

大淀「そんな泣かなくても……。良かったですね」ナデナデ

大鳳「はい! かなり重い気がしますが、これでもうフラット5なんて言わせません!」

大鳳「早速、提督の所に行ってきます!」ダダッ

大淀「……さて、私たちは提督の様子を隠しカメラで見るとしますか」

夕張「はい、そうですね」




19: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:44:59.08 ID:pnnS9zkf0

大鳳「提督!」バンッ

提督「何だ大鳳、か……」

大鳳「」ブルンッ!

提督「そ、その胸……」ジーッ

大鳳「はい! 大鳳、成長しました!」

提督「成長って、んな訳あるか。どうせ明石か夕張の発明だろ」

提督「まあそれはそれとして、ちょっと触らせてくれないか?」

大鳳(ktkr!)

大鳳「はい、遠慮なく触って下さい!」ヌギッ




20: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:47:33.62 ID:pnnS9zkf0

ズシッ

提督「おおっ、何と言う重み」

大鳳「Pカップあります」エッヘン

提督「こ、これがPカップ……。Perfect oppaiか」スリスリ

提督「うむ。元々大鳳は肌の張りが良かったが、この胸はその張りも持っている」

提督「おっぱいとしての柔らかさがありながら、適度な反発がある。素晴らしいおっぱいだ」グリグリ

大鳳「ありがとうございます//」

大鳳(提督が赤ちゃんみたいに胸に顔を擦りつけている……。幸せ//)



21: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:50:25.77 ID:pnnS9zkf0

提督「ん?」スンスン

提督「何だか牛乳っぽい匂いがしないか?」

大鳳「え、そうですか?」チラッ

大鳳の乳首「」ボニュウハイカガ?

提督「こ、これって、母乳か」ゴクッ

大鳳「……の、飲んでみますか?」

提督「いいのか?」

大鳳「どうぞ。ご遠慮なく」

提督「では」





23: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 18:54:14.39 ID:pnnS9zkf0

提督「」チューチュー

提督「んんっ、まんま、おっぱい」

大鳳「//」キューン

大鳳(出た! 限られた艦娘(巨乳)にしか見せない甘えっ子モード! これが見られるなんて、幸せ//)

提督「」チューチュー

大鳳「んんっ// 提督、おっぱいおいしいですか?」

提督「おいちー」ダキッ

大鳳(きゃあああああっ! 可愛いいいい! もう妊娠しそう//)






24: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 19:00:45.36 ID:pnnS9zkf0

提督「」チューチュー

大鳳「んっ、あっ//」

大鳳(やだ、私、提督におっぱい吸われて感じちゃってる//)

提督「たいほー?」

大鳳「あっ、いえ、何でもありません。もっと飲んでていいですよ」

提督「わーい」レロレロ

大鳳「ひうっ//」

大鳳(ダ、ダメ、こんな風に弄られたら、私……)

大鳳「~っ!」ビクビクッ

提督「?」チューチュー

大鳳(お、おっぱい吸われただけで達してしまいました……//)ウットリ

提督「たいほーのおっぱいだいすきー」チューチュー モミモミ



25: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 19:04:52.85 ID:pnnS9zkf0

夕張「どうでしたか?」

大鳳「最高でした」

夕張「よかった。実験は成功ですね」

大淀「そうですね。ですが実験のサンプルはもっとあった方がいいですし、どんどん続けましょう」

大淀(そして提督赤ちゃん化コレクションをもっと充実させましょう//)ハアハア

夕張「わかりました。では次は【安価下】さんに来てもらいましょう」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/27(土) 19:05:10.58 ID:oz1w/+xL0





27: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 19:41:21.97 ID:pnnS9zkf0

使用相手 嵐

結果 トップとアンダーの差 29cm(Hカップ)

嵐「お、おおっ……!」バインバイン

夕張「俺っ子で巨乳って天〇龍さんみたいですね」

嵐「すげえ、すげえよこの胸! ちょっと司令に自慢してくる!」

大淀「イッてらっしゃーい」




28: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 19:45:27.74 ID:pnnS9zkf0

嵐「司令!」バーン!

提督「何だ嵐、ドアは静かに開けろと……」チラッ

嵐「ふふん、どーよこの胸。これで俺も立派な大人だぜ!」タユン

提督「……おい、母乳出てるぞ」

嵐「へっ?」チラッ

嵐のシャツ「」ダメデス、センセンガイジデキマセン!

嵐「わああっ! 何だこれ!?」

提督「明石か夕張の発明か怪しい薬か知らないが、そういう物には大抵副作用がついてくるものだ」

嵐「ううっ、こんなシャツから零れるなんて、恥ずかしい……//」

提督「全く、しょうがない奴だ」



29: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 19:49:38.59 ID:pnnS9zkf0

提督「搾れば枯れるだろ」ギュー

嵐「ひゃうんっ//」ビクビクッ

提督「おいおい、変な声出すなよ」

嵐「らっれ、しれーの手、きもひよふぎれ……//」

提督「そんな事言ってたら切りがないぞ」ギュッ ギュッ

嵐「いあっ! ううんっ!」ビクビク

提督「凄い量だな。胸全体に乳が溜まってるみたいだ」

嵐「やっ、やめれ、しれー、じゃらいとおれ……//」

提督「我慢しろ」ギュー

嵐「むっ、むり、がまんむりぃ!」

嵐「イク、イッちゃうううううう!」ビクビクッ

ビシャー




30: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 19:51:36.33 ID:pnnS9zkf0

提督「おいおい、執務室で漏らすなよ」

嵐「//」ビクビクッ

提督「……ダメだ、気絶してる」サワッ

嵐「あひぃん//」

提督「……」

提督「せっかくだし、枯れる前に直飲みしとくか」チューチュー

嵐「ひぐうううっ! あっ、あっ……」ビクッ

嵐「」ガクッ



31: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 19:53:24.15 ID:pnnS9zkf0

夕張「……す、すごい乱れ方でしたね//」

大淀「そうですね」

大淀(しかし、提督の赤ちゃんコレクションは増えず。やはり、胸が大きいだけでは赤ちゃん化しないのね)

大淀「とりあえず、嵐さんは私が迎えに行きますから、夕張さんは実験を続けて下さい」

夕張「はい、わかりました」

夕張「次は……、【安価下】さんにしようかな」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/27(土) 19:53:26.92 ID:UTGOVexwO

イムヤ



34: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 20:02:26.15 ID:pnnS9zkf0

使用相手 伊168

結果 トップとアンダーの差 46cm(Oカップ)

伊168(以下イムヤ)「わーお!」ブルルン

夕張「凄い、成功続きね」

イムヤ「ありがと、夕張さん! ちょっと司令官に見せてくる!」

夕張「いってらっしゃーい」

大淀(イムヤさんですか。果たして提督赤ちゃんコレクションを増やしてくれるかどうか)



35: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 20:04:27.78 ID:pnnS9zkf0

イムヤ「司令官!」

提督「ん、イムヤか。……なんだその胸は」

イムヤ「ふふーん、イムヤは成長期なのよ!」エッヘン

提督「いや、大きさじゃなくて。胸の先を見ろ」

イムヤ「胸の先?」チラッ

イムヤの水着「」モ、モウイッパイデチ……

イムヤ「何これぇ!」

提督「嵐と同じ現象だな。母乳だ」

イムヤ「ぼ、母乳!?」



36: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 20:07:48.95 ID:pnnS9zkf0

提督「全く、また絞らないとダメか。だがその前に」チューチュー

イムヤ「あんっ// し、司令官?//」

提督「治療してやるのだ、これくらいの役得は良いだろう」チューチュー

イムヤ「ううっ、らめぇ……//」

イムヤ(司令官の舌使い凄くて、感じちゃう// す、すぐイキそう//)

提督「どうした、息が荒いぞ」

イムヤ「理由はわかる癖に……、いじわる//」



37: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/27(土) 20:11:05.61 ID:pnnS9zkf0

提督「ほほう、上官を意地悪扱いか、良い度胸だ」ギュー

イムヤ「ひゃううっ!//」

提督「全体重を使って押しつぶしてやろう」ギューギュー

イムヤ「あ、あううっ、だめ、それ、気持ち良くて……//」

イムヤ「きちゃう、きちゃうのぉ!」ビクビクッ

提督「そらっ!」ギュー

イムヤ「あああああっ! イク、イク、おっぱい出ちゃうううううう!!」ブシャ―

提督「あっ、しまった」

イムヤ「……//」ビクビクッ

提督「調子に乗って、執務室を母乳まみれにしてしまった」

提督「……起きたらイムヤに掃除させるか」



48: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 19:36:33.09 ID:D5kW9NBV0

夕張「今の所、皆大きな胸になってますね」

大淀「まあ、まだ3人ですからね。もっとサンプルが欲しい所です」

夕張「そうですね、どんどん行きましょう。次は【安価下】さんなんてどうですか?」

大淀「いいですね」



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/28(日) 19:36:44.49 ID:LOhWrUtH0

金剛



50: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 19:43:25.79 ID:D5kW9NBV0

使用相手 金剛

結果 トップとアンダーの差 24.5cm(Fカップ)

金剛「うーん、あまり変わってないデース」

夕張「元々大きいですからね。しょうがないんじゃないですか?」

大淀(ざまあ)

金剛「とりあえず、テートクの所に行ってくるネー」

夕張「どうぞー」




51: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 19:46:32.17 ID:D5kW9NBV0

金剛「テートクー! あなたの金剛が来ましたヨー!」

提督「ん?」チラッ

金剛「」プルンッ

提督「今忙しい、帰れ」

金剛「そんなー! テートク冷たいデース!」ムギュ

提督「むぐっ!」

金剛「いっつもウンリューやカガばっかりずるいネー! 私も構ってくださーい!」グリグリ



52: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 19:48:00.24 ID:D5kW9NBV0

提督「だああっ! 止めろ!」

金剛「テートクが構ってくれるまで止めないデース!」グリグリ

金剛「ほーらテートク、あなたの好きなバストですヨー」グリグリ

提督「……」

提督「いい加減にしろ!」ゴツッ

金剛「oh!」



53: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 19:50:18.15 ID:D5kW9NBV0

金剛「Why……」ガクッ

夕張「まあ、元々提督は金剛さんみたいなテンションの人苦手ですからねー」

金剛「」グサッ

大淀「それに、胸も言う程大きくなった訳ではないですし」

金剛「」グサグサッ

大淀「まあ、失敗は誰にでもありますから、さっさと次に行きましょう」

夕張「そうですね。次は【安価下】さんにしましょう」



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/28(日) 19:50:21.84 ID:DZkU5/JGO

舞風



58: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:04:30.97 ID:D5kW9NBV0

使用相手 舞風

結果 トップとアンダーの差 42cm(Mカップ)

舞風「踊りにくいけど、大人のおっぱいだー♪」ボインボイン

夕張「いやー、凄い効果ですね」

舞風「ちょっと提督に見せてくるねー♪」

夕張「転ばないように気を付けて下さいね」

舞風「うわっ!」ツルッ

夕張「ああ、やっぱり……」




59: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:08:01.38 ID:D5kW9NBV0

舞風「てーとく♪」

提督「ん、なんだまいか……」

舞風「」ボインッ

提督「お、お前もか。全く、皆変な発明で遊んで……」ジーッ

舞風(んふふっ♪ 提督ったら、じっと舞風のおっぱい見ちゃって。可愛い♪)

提督「舞風、お前シャツびしゃびしゃだぞ」

舞風「えっ?」チラッ

舞風のシャツ「」コケタセイヤデ



60: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:11:20.17 ID:D5kW9NBV0

舞風「わわっ、何これ!」

提督「母乳だろ。胸を発明で大きくした奴は大体出てるんだ」ギュッ

舞風「いひゃんっ!//」

提督「あーあ、しょうがないな。脱げよ、まずはその乳を何とかしないとな」

舞風「ぬ、脱げって//」

提督「母乳まみれのシャツなんて着てたら風邪引くぞ。後、母乳も出し切らないとな」ギュー

舞風「おほおっ!//」

舞風(こ、これ凄い// おっぱいが敏感になって……//)




61: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:30:41.40 ID:D5kW9NBV0

提督「全く、俺は牧場主かっての。朝から乳しぼりばかり……」ギュッ ギュッ

舞風「て、てーとく、もっとやらひく……」//

提督「は? やらしく?」

舞風「やっ、そーじゃな……ひゃううっん!//」ビクビクッ

提督「やらしく絞れと言われてもなぁ」クリクリ ギュッギュッ

舞風「やっ、乳首クリクリらめ、いっひゃうからぁ!」

提督「我慢しろ。このまま母乳まみれになったら大変なんだから」ギュー

舞風「あっ、もう無理、イク……」

舞風「イク、イクうううううっ!」ブシャー!

提督「わっ!」

舞風「……//」ビクッ ビクッ

提督「おい、舞風?」ペチペチ

舞風「あひゃっ//」ビクッ!

提督「失神してる……。しょうがない奴だ」




62: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:33:52.66 ID:D5kW9NBV0

夕張「い、いやあ、凄い乱れっぷりでしたね//」

大淀「そうですね。羨ましいです」

夕張「えっ?」

大淀「いえ、何でもありません。どんどん行きましょう」

夕張「そうですね。じゃあ次は【安価下】さんで」



63: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/28(日) 20:33:55.29 ID:35Kf/e1WO

不知火



66: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:39:28.61 ID:D5kW9NBV0

使用相手 不知火

結果 トップとアンダーの差 14.5cm(Bカップ)

不知火「ぬい……」ガクッ

夕張「あー、これは失敗しちゃいましたね」

大淀「いやいや、少しは大きく……」

不知火「不知火の元の胸はそんなに小さくないです」ヌイッ!

大淀「そうでしょうか」

夕張「まあまあ、提督に見て貰えばわかるんじゃないですか」

不知火「そうですね。おっぱい星人の司令に目に物見せてやります」

大淀「いってらっしゃーい」



68: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:41:08.38 ID:D5kW9NBV0

コンコン

不知火「司令、失礼します」ガチャッ

提督「おう、不知火か」チラッ

提督「おっ、胸少しでかくなったんじゃないか? やったな」ニコッ

不知火「!」

不知火(褒められて嬉しいけど、元の胸がそれだけ小さいと言われてるようで複雑な気分……)ヌイッ



69: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:43:26.56 ID:D5kW9NBV0

提督「もっと鍛えて、どんどんでかくなれよ。そうすれば陽炎の努力も報われるだろう」

不知火「?」

提督「あ、気づいてなかったのか。陽炎の奴、夜な夜な不知火の胸をでかくする為にマッサージしてるんだぞ」

不知火「なっ!」

提督「美しい姉妹愛だな。良い事だ」ウンウン

不知火「……ちょっと部屋に戻ります」

提督「おう、頑張れよ~」ノシ



70: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:45:51.59 ID:D5kW9NBV0

夕張「まさか、陽炎ちゃんがそんな事してるなんて」

大淀「まあまあ、微笑ましくていいじゃないですか」

夕張「微笑ましいですかねぇ……」

大淀(私も夜な夜な提督のチ〇コ大きくする為に弄ってますし)

大淀「気にせず次行きましょう。次」

夕張「そうですね。じゃあ次は【安価下】さんで」



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/28(日) 20:45:54.22 ID:NRrzm7M3O

青葉



82: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 20:55:33.63 ID:D5kW9NBV0

使用相手 青葉

結果 トップとアンダーの差 97cm(Zカップオーバー)

青葉「お、重い……」ズシッ

夕張「こ、これは……、成功と言うべきなんでしょうか」

大淀「それは提督次第でしょう。この大きさだと歩くのも大変そうですが、大丈夫ですか?」

青葉「だ、大丈夫です……」フラフラ

大淀「大丈夫じゃなさそうですね。提督にはこちらに来てもらいましょう」

青葉「えっ、そ、それはその……」

大淀「すぐにいらっしゃるそうです」ガチャッ

青葉「こ、心の準備が」

大淀「私たちは席を外しましょうか」

夕張「そうですね」

大淀(まあ監視カメラはつけときますが)




87: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:10:47.22 ID:D5kW9NBV0

提督「青葉、入るぞ」ガチャッ

青葉「あ、あはは、司令官……」

提督「……」ジーッ

青葉(司令官が青葉のおっぱいをじっと見てます……。まあ、これだけ大きいと)

提督「すっげぇ~!」ボヨン

青葉「きゃんっ! し、司令官!?」

提督「ああ~。このおっぱいに包まれる感触、たまんねぇ~♪」スリスリ

青葉「やっ、ちょ、その」

青葉(普段挨拶程度の司令官が青葉に甘えているのは嬉しいですが、あっ)ジュン



88: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:14:12.52 ID:D5kW9NBV0

提督「なあなあ、今の青葉って母乳出る?」

青葉「ぼ、母乳ですか?えっと」

青葉のシャツ「」イイオッパイアリマスヨォ

青葉のパンツ「」テキハマダコチラニキヅイテナイヨ!

提督「出るみたいだな。いただきまーす」チューチュー

青葉「あっ、そんないきなり//」

提督「うめぇ~♪ この濃厚な味、癖になりそうだな」チューチュー

青葉「んっ、ああっ……//」

青葉(司令官の舌使い、凄くエッチです。青葉、感じちゃう……//)



89: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:19:14.72 ID:D5kW9NBV0

提督「」チューチュー

青葉「あの、司令官、ちょっと休憩を……」

提督「」ジュルルッ!

青葉「んひぃっ!」ビクッ

青葉「そ、そんないきなり強く吸わないで……//」

提督「触り心地もいいな。青葉のおっぱいクッション」ムニムニ

青葉「あっ、らめっ、そんな触り方されたら……」

提督「」クリクリ

青葉「あっ、あああああっ!」ブシャー

提督「わっ!」

青葉「あっ、あっ、おっぱい出てる、漏れてるぅ//」ビクビクッ



90: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:21:29.41 ID:D5kW9NBV0

青葉「……//」ハアハア

提督「……」ヌギッ

青葉「えっ、司令官?」

提督「な、なんかさ、青葉見てたらその、あれだ」

青葉(司令官の司令官、体に似合わず凄い大きさです//)

提督「その、上官の立場からこんな事は言い辛いんだが」

青葉「ふふっ、分かってますよ♪」ギュッ

提督「おうっ」

青葉「索敵も砲撃も雷撃もえっちも、青葉にお任せです♪」



91: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:25:39.69 ID:D5kW9NBV0

青葉「シコシコ、シコシコ……。どうですか司令官、気持ち良いですか?」

提督「ああ、いいよ。けど……」

青葉「もー、分かってますよ」ドスッ

提督「うくっ」

青葉「司令官がおっぱい星人なのは皆知ってますからねー。おっぱいでびゅっびゅさせてあげます」グリグリ

提督「ううっ、青葉のでかいおっぱいが擦れて、気持ち良い……//」

青葉「いつでも出していいですからねー。青葉が受け止めてあげますから」

提督「じゃ、じゃあ、出すっ……!」

ビュルルルッ!

青葉「んっ……」ゴクッ

青葉「司令官のミルクも、おいしいです//」



92: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:28:56.84 ID:D5kW9NBV0

提督「ああ、気持ち良い//」スリスリ

青葉「あの、司令官。青葉のおっぱいがもっと大きくなる方法、知りたくないですか?」

提督「ほう、もっとでかくなるのか? どうするんだ?」

青葉「青葉のここに、司令官の主砲を入れるんです//」クパァ

提督「ああ、要するにSEXか」

青葉「えっ、司令官はえっちを知ってるんですか?」

提督「これでも軍人の息子だ。色仕掛けに対する訓練の一環でな」

青葉「そ、そうですか……」

提督「俺が非童貞で不満か?」

青葉「い、いえいえ! そんな事!」

提督「まあでも、安心してくれ。訓練した分、腕はそれなりにあるぞ」ズププッ

青葉「おほおっ!?」

青葉(い、いきなり入って来たぁ//)



93: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:31:23.65 ID:D5kW9NBV0

提督「んー、この反応だとこの辺か?」ズンズンッ

青葉「あっ、ひっ、いいっ!?」

青葉「す、すごいれす、青葉の敏感な所、こんこんしてますぅ!//」

提督「そうか、それならよかった。どんどん行くぞ」ズププッ

青葉「あひゃあああっ! しゅごいれしゅうううう!」ビクビクッ

提督「ああ、気持ち良い……。おっぱいに包まれながらのSEXはたまらないな」モミモミ

青葉「やっ、らめ。おっぱい弄っちゃらめっ……」ビクビクッ



95: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/28(日) 21:37:30.69 ID:D5kW9NBV0

提督「」チューチュー

青葉「い、今おっぱい吸ったら……」

青葉「イク、イッちゃいますう!」ビクビクッ

提督「待った、俺ももうちょいででるから」パンパン

青葉「ひぐっ、うごかないれ、いっへるからぁあああ//」

提督「そんな事言われてもっ!」ズンッ

青葉「ひぎぃいいい!//」

提督「出すぞ、青葉!」ビュルルルッ!

青葉「いいいっ! 膣内にれれるう! イキながら出されてイッちゃうううううう!!」

提督「……ふうっ。なんか凄く久し振りに出し切った気がする」

青葉「//」ピクピク

提督「……青葉は気絶してるし、このままおっぱい枕で寝かせてもらうか」

提督「おやすみ」zzz……



103: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:21:37.14 ID:kbmf0Nth0

大淀「提督、おはようございます」ガチャッ

提督「おはようじゃない」zzz……

青葉「あはは……」

大淀「お仕事の時間ですよ」

提督「仕事など、青葉のおっぱいに比べれば些細な事だ」スリスリ

青葉「もう、エッチですね、司令官//」

提督「やる事やっといて何を今更」

大淀(ちくしょおおお! ほんとは私がそのポジションについて提督の射精管理するはずだったのにぃ!)ギリギリ




107: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:27:13.66 ID:kbmf0Nth0

夕張「提督、お仕事ちゃんとしないと、青葉さんのおっぱい元に戻しちゃいますよ?」

提督「何っ?」

夕張「それだけじゃありません。雲龍さんや高雄さん、陸奥さんなど大きい方のおっぱいを名誉駆逐艦みたいにしちゃいますから!」

夕張(まあ、そんなうまくできる発明はまだできてないんですけどね)

提督「……わかったよ、やればいいんだろ」モミモミ

青葉「あんっ♪」

夕張(そこで、「そんなことしたらお前を解体してやる」と言わない辺り、根は真面目なんですねぇ)




113: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:32:19.14 ID:kbmf0Nth0

提督「ところで、青葉のおっぱいの件だが」

夕張「あ、はい。この機械で」

提督「俺はそいつを高く評価している。諸々の問題は俺が解決してやるから、どんどん実験を続けてくれ」

夕張「おおっ、提督公認ですか!」

大淀(色々文句言ってたのに、大きな胸が来た途端これですか。まあ、そんな素直な所も可愛くて素敵ですけど//)

夕張「じゃあ、早速行きましょう。【安価下】さんに来てもらいます!」



114: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/29(月) 23:32:21.69 ID:YhiMvmWno

比叡



123: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:36:50.80 ID:kbmf0Nth0

使用相手 比叡

結果 トップとアンダーの差 34.5cm(Jカップ)

比叡「おおっ!」ボインボイン

提督「結構でかくなったな。それなら金剛も喜ぶんじゃないか?」

比叡「はいっ! この胸でお姉様に喜んでもらいます!」

夕張(胸で喜ばせるって、何をする気なんでしょう)

提督「ところで比叡、ちょっと脱いでくれ」

比叡「はいっ! って、えっ!?」



126: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:39:01.98 ID:kbmf0Nth0

提督「確かめたい事があるからな。早く脱げ」

比叡「そ、そんな事言われても//」

提督「じゃあ脱がせるわ」グイッ

比叡「ひえーっ//」

提督「……うん。着て良いわ」

比叡「な、なんだったんでしょうか」

夕張(もしかして提督、母乳好き?)

大淀(母乳が出てるか確かめましたね、これは)




129: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/29(月) 23:42:33.05 ID:kbmf0Nth0

安価埋まるスピードが想像以上だったんでルール変更します

何人か安価で指定して、その中でコンマが一番大きい子を採用します(ただしゾロ目はスレ終了時を除き優先)

ちなみに、指定人数になるまで10分以上かかる場合は、安価を指定したレスから10分後までのレスを候補とします

(公平を期すため、コンマ1秒でも遅れたらOUTにします)

今後も安価埋まるスピードによってちょいちょいルール変更するかも



134: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:44:44.49 ID:kbmf0Nth0

提督「比叡は金剛の所へ行ったし、次行くか」

夕張「そうですね、じゃあ次は【安価下~下5】さんに来て貰いましょう」

※指定方法は複数人に見えますが、前述の通り採用は一人です




139: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/29(月) 23:45:57.93 ID:sP1cNf0co

ジョンストン



145: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:53:27.73 ID:kbmf0Nth0

候補>>135,137,138,139,140

使用相手 ジョンストン

結果 トップとアンダーの差 46.5cm(Oカップ)

夕張「わお」

ジョンストン「ふふん♪ どう、あたしのグラマラスなボディは?」グイッ

提督「ああ、立派だ。素晴らしいレディーの体つきだよ」ナデナデ

ジョンストン「ちょ、ちょっと! いきなり変な所撫でないでよね//」

提督「待て待て、撫でられる為に大きくしたんじゃないのか?」

ジョンストン「……まあ、そうだけど//」



146: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:56:18.69 ID:kbmf0Nth0

提督「うーん、見事な弾力。アメリカの艦娘は皆そうなのか」モミモミ

ジョンストン「……//」

提督「」ボスッ

ジョンストン「きゃんっ//」

提督「うわっ!」ボヨンッ

提督「す、凄い反発力だ」

ジョンストン「もう、そんな変な事しないでよ、エッチ//」



147: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/29(月) 23:57:29.26 ID:kbmf0Nth0

提督「うむ、中々良い経験だった」

夕張「それは良かったですね」

提督「どんどん行こう、どんどん」

夕張「わかりました。じゃあ次は【安価下~下5】さんで」

大淀(なんだかんだで仕事が進んでないような)



151: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/29(月) 23:58:36.83 ID:DLW6GiZDO





152: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/29(月) 23:58:39.83 ID:9HI/DdfKO





155: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/30(火) 00:06:01.66 ID:DTs/bmFU0

候補148~152

使用相手 電、暁

結果 トップとアンダーの差 41.5cm(Mカップ)

暁「見なさい司令官、これが大人のレディーのぼでーよ!」プルンッ

電「牛乳の成果が出たのです!」バルンッ

提督「良かったじゃないか、2人とも」ニコニコ

夕張(これ、提督が子どもだからいいけど、傍から見たら犯罪臭がぷんぷんしますね)

提督「だが、おっぱいで大事なのは大きさだけじゃない。俺がお前たちのおっぱいが大人かどうか判断してやるから、上着を脱ぐんだ」

暁「わかったわ! おっぱいソムリエの司令官に認められてこそのレディーって事ね!」ヌギッ

電「恥ずかしいけど、司令官さんならいいのです//」ヌギッ

大淀(提督は大きいおっぱいが好きなだけ。ロリコンじゃない。大きいおっぱいが好き、ロリコンじゃない……)ブツブツ




156: ◆zG4EKI3cHQ 2019/04/30(火) 00:10:29.30 ID:DTs/bmFU0

提督「うーん」モミモミ

暁「んんっ// どう、暁のおっぱいは」

提督「ちょっと柔らか過ぎるな、張りが足りない。もっと体を鍛えるべきだ」

暁「」ガーン

提督「さて」モミモミ

電「はにゃっ//」

提督「ちょっと守備的なおっぱいだな。もっと男を攻めるようなおっぱいになればベストだ」

電「ちょっと分かりにくいのです」

提督「触られるおっぱいではなく、触らせるおっぱいになれと言う事だ」

電「難しいのです……」

提督「まあ、大人になればわかるさ」

大淀(いや絶対わからないでしょ)



162: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:03:46.04 ID:z6c0jmMx0

提督「しかし、改めて考えると、体格関係なく胸を大きくできると言うのは凄い仕組みだな」

夕張「当然です! 夕張印の名品ですから!」

提督「細かい仕組みが気になるが……。とりあえずそれはいいか。テストを再開しよう」

夕張「はい! じゃあ次は【安価下~下5】さんに来てもらいましょう」




167: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 18:04:25.74 ID:vOoJ0PB40

浜風



168: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:08:09.03 ID:z6c0jmMx0

候補163~167

使用相手 浜風

結果 トップとアンダーの差 37cm(Kカップ)

提督「何かあんまり変わんないな」

浜風「失礼な! 元々ここまで大きくありません!」プンスカ

提督「いや、でかかっただろ」

浜風「もっと慎ましやかな胸でした!」プンスカ

大淀(あ、あれで慎ましやか?)

夕張(それじゃあ、私の胸は一体……)

提督「ところで浜風、シャツがひどく濡れてるぞ」

浜風「えっ、きゃあっ!//」




169: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:12:23.85 ID:z6c0jmMx0

提督「例の母乳か」

夕張「そうですね。条件は不明ですが、この装置には母乳を出させる作用もあるようです」

浜風「やっ、やだ、こんな、恥ずかしい……//」

提督「そうか。じゃあさっさと吸って枯らせてしまおう。服を脱げ」

浜風「はあっ!? な、何を言ってるんですか//」

提督「いや、今まで母乳が出た奴は俺が吸って治してたんだぞ。別にそのままでいいと言うなら構わんが」

浜風「ううっ……//」

夕張(クールで大人っぽい子だと思ってたけど、こうしてみると背丈相当ね)

浜風「わ、わかりました。早くして下さい//」ヌギッ



171: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:16:31.11 ID:z6c0jmMx0

提督「うむ、大きさが変わっても浜風のおっぱいは見事だな」モミモミ

浜風「んあっ!// へ、変な揉み方止めて下さい//」

提督「いやいや、こうしてマッサージをすることで乳のでがよくなるのだ。我慢しろ」モミモミ

浜風「我慢って、言われ、てもぉ//」

浜風(提督の触り方が気持ち良過ぎて、声、我慢できない//)

提督「うむ、徐々にほぐれて来たな」

浜風「ああっ、ふうっ……//」



172: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:20:01.74 ID:z6c0jmMx0

浜風(ダメ、気持ち良過ぎて、胸弄られただけでイッちゃう//)

提督「おっ、そろそろ出そうだな」チュー

浜風「!」

浜風「~っ!」ガクガクッ

提督「おっ、凄い勢いだ」チューチュー

浜風「あ、あ……」ガクッ

提督「うーむ、何と言うか濃すぎるな。……浜風?」

浜風「//」ピクピク

提督「何ともまあ、間の抜けた顔で気絶してるな」モミモミ

浜風「」ビクッ!

提督「ははっ、体だけは反応してる」モミモミ

夕張「提督、遊ばないで下さい」

提督「はいはい」



173: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:21:42.36 ID:z6c0jmMx0

提督「母乳の味って、艦娘で違うんだな」

夕張「そうなんですか?」

提督「ああ、結構味わいがあるぞ」

夕張「ふーん……」

提督「言っとくが、母乳の量産と販売は認めないからな」

夕張「わ、わかってますよー(棒)」

提督「ならよろしい。次だ次」

夕張「そうですね。次は【安価下~下5】さんに来てもらいましょう」



175: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 18:21:54.81 ID:lqhb/w4jO

朝風



176: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 18:21:58.81 ID:d+mrpviGO





182: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:32:41.63 ID:z6c0jmMx0

候補174~178

使用相手 朝風、潮

結果 トップとアンダーの差 40.5cm(Mカップ)

朝風「おおっ……!」モミモミ

潮「ううっ……」ガクッ

夕張「随分対照的なリアクションですね」

朝風「これでもう、朝の乾布摩擦の時に「上半身の日の出はまだか?」とか言われずにすむわ!」キラキラ

潮「あんなに努力したのに、また大きく……」シクシク

提督「まあいいじゃないか。大きい事は良い事だ」

潮「そんな事無いです」シクシク

朝風「……」



184: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:38:30.00 ID:z6c0jmMx0

朝風「ねえ潮さん。普段胸のお手入れってどうしてるの?」

潮「お、お手入れですか? 汗をこまめに拭いたり、体の負担にならない下着を選んだりしてますけど」

朝風「そうなんだ。私、こんな大きな胸になるの初めてだから、良かったら色々教えてくれない?」

潮「あっ、い、いいですよ」

提督「ほら、言ったろ? 胸が大きければ、こうして胸が大きくなったこの助けになる。それは潮にしかできない事だ」

潮「潮に、ですか?」

朝風「そうよ! 私も潮さんだからこうして相談できたの。だから、自分の身体をもっと誇って。ね?」

潮「……あ、ありがとうございます!」パアッ



185: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:40:38.42 ID:z6c0jmMx0

夕張「よかったですね」

提督「ああ、いい話だ」モミモミ

朝風「あっ//」

潮「ひゃあんっ//」

提督「朝風の胸は少し硬いな。潮に教わってマッサージしてこい」

朝風「なにするのよ、えっち!」

夕張(せっかくの良い話が台無しですね……)



186: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:43:37.44 ID:z6c0jmMx0

提督「ところで、駆逐艦にMカップ多くないか?」

夕張「言われてみれば……。割といますね」

提督「これって、駆逐艦が皆マz」

夕張「違います」

提督「そうか」

夕張「さっ、次行きましょう! 次は【安価下~下5】さんです」



191: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 18:44:08.96 ID:sfRZJ3JxO

那珂ちゃん



193: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:51:06.49 ID:z6c0jmMx0

候補187~191

使用相手 那珂

結果 トップとアンダーの差 48cm(Pカップ)

那珂「こ、こんな胸じゃ歌って踊って出来ないよー!」アタフタ

提督「いやいや、そこは訓練次第だろ。歌って踊れる超乳アイドル、ヒットするぞ?」

那珂「そんな予感しないよぉ」

提督「そうかー。じゃ、胸を元のサイズに戻す為に、それを何とかするか」

那珂「えっ?」チラッ

那珂ちゃんのシャツ「」カオハヤメテェ!

那珂「なっ、何これぇ!?」

提督「母乳だよ。さ、脱いで脱いで」

那珂「提督、目がエッチぃよぉ//」




194: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:52:58.29 ID:z6c0jmMx0

提督「うむうむ、普段運動しているだけあって、母乳ものど越しサラサラだな」ゴクゴク

那珂「変な実況やめてぇ//」

提督「まったく、趣の無い奴だ」チューチュー

那珂(やだっ、提督の舌使い凄くて……、こんなの、ダメなのに//)

提督「出を早くする為に、強く絞るか」ギュー

那珂「ああんっ!//」




195: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:56:36.47 ID:z6c0jmMx0

提督「どうした那珂、顔が赤いぞ」

那珂「那珂ちゃん、こんなところで感じるエッチな子じゃないもん!」

提督「俺はそんな事一言も言ってないが」

那珂「あっ//」

提督「そうかそうか、那珂はそういう子なんだな。了解した」ギュー

那珂「あ、あっ……//」ビクビク

提督「即落ちとはこの事だな。すぐに達したじゃないか」

那珂「ら、らっれ……//」ガクガク

提督「まあいい、このまま続けるぞ。那珂の胸が小さくなるまでな」

那珂「えっ、そんな//」

那珂(そんなことされたら、那珂ちゃんダメになっちゃうよぉ//)



197: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 18:58:27.13 ID:z6c0jmMx0

提督「まっ、母乳擦っただけで小さくなる訳ないんだけどな」

夕張「提督も悪い人ですねー」

提督「まあそういうな。ところで大淀は?」

夕張「えっと、書類仕事の進捗がよくないので、後は私たちに任せると言って」

提督「そうか。じゃあ2人で続けるか」

夕張「はい、そうですね。じゃあ次は【安価下~下5】さんで」



202: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 18:58:53.94 ID:Yd2+5WGYO

天津風



204: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:06:24.57 ID:z6c0jmMx0

候補198~202

使用相手 天津風

結果 トップとアンダーの差 47cm(Oカップ)

提督「風を感じられる面積が増えてよかったな」

天津風「ええ、そうね。……ってなるかぁ!」

提督「どうした、大きなおっぱい嬉しくないのか」

天津風「嬉しくない、訳じゃないけどぉ//」

提督「じゃあ良いじゃないか」

天津風「これは大きすぎるわよ!」

提督「そうか、じゃあ母乳出して小さくするか」

天津風「え、母乳?」ビッチャリ

天津風「あっ//」カアッ



205: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:08:44.67 ID:z6c0jmMx0

提督「ほら、さっさと脱いだ脱いだ」

天津風「やっ、止めてよエッチ!//」

提督「そんな事言われても、小さくしたいんだろ?」

天津風「それとこれと何の関係があるのよ!」

提督「母乳を出せば胸が小さくなるんだ。だから早く」ワクワク

天津風「……いやらしい事考えてるようにしか見えないんだけど」ヌギヌギ



206: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:10:38.73 ID:z6c0jmMx0

提督「じゃ、早速」コリッ

天津風「あひいっ//」

提督「なんだ、天津風は随分乳首が敏感なんだな」クリクリ

天津風「あなたが、エッチな触り方する、からぁ//」ビクビク

提督「この分だと、乳首弄ってるだけで出そうだな。ドラム缶用意しとくか」

天津風「やだっ、こんなの牛みたいじゃない」

提督「まあ現状似たようなもんだしなぁ」モミモミ

天津風「んにゃああっ!//」



207: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:14:25.07 ID:z6c0jmMx0

提督「うん、感触が変わってきた、そろそろ出そうだな」

天津風(わ、私ももう……//)

提督「ドラム缶の準備は万全だから、いつでも出していいぞ」ギュー

天津風「あっ……!」

ビューッ!

天津風「あっ、あっ、あっ……//」ビクビク

提督「おお、予想通り凄い量だ。……ん?」

天津風「//」ピクピク

提督「おい、天津風。太ももからも何か垂れてるぞ」

天津風「……わかってる癖に//」ボソッ

提督「お漏らしか? ちゃんと拭いとけよ」

天津風「……えっ?」

天津風(そんな、この状態でほったらかしにするの? 意地悪!)




208: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:16:37.82 ID:z6c0jmMx0

夕張「提督、あれはお漏らしじゃないですよ」

提督「わかってるよ。ただ……」

夕張「ただ?」

提督「俺は子どもを抱く趣味は無い」

夕張「ああ、そうでしたね」

提督「さあ、次に行こう」

夕張「はい、じゃあ【安価下~下5】さんを呼びましょう」



209: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 19:16:43.79 ID:G4yTBrQ9O

神風



215: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:22:16.56 ID:z6c0jmMx0

候補209~213

使用相手 神風

結果 トップとアンダーの差 39.5cm(Lカップ)

神風「ふふん♪」ポインッ

提督「嬉しそうだな」

神風「当然よ! 姉妹で唯一の大きな胸、これでお姉さんとしての威厳も増すと言うものだわ!」

提督「いや、朝風が既に巨乳になってるが」

神風「えっ?」



216: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:24:28.72 ID:z6c0jmMx0

提督「しかも、朝風の方がサイズが大きいが」

神風「えっ?」

神風「……」

提督「まあでも、和服は胸が小さい方が似合うし、いいんじゃないか?」

神風「」ウーン

提督(迷ってる迷ってる。こういう顔の神風は珍しいな)

提督(とりあえず直揉みしとくか)モミモミ

神風「きゃあっ!」




217: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:25:35.00 ID:z6c0jmMx0

提督「駆逐艦は趣味じゃないが、大人になってあの胸だったらって思うよな」

夕張「知りませんよ」

提督「男のロマンの分からん奴だ」ヤレヤレ

夕張「男じゃないですからね。次行きますよ」

提督「誰にするんだ?」

夕張「【安価下~下5】さんにします」



218: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 19:25:41.97 ID:pXXiqLORo

衣笠



225: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:32:24.96 ID:z6c0jmMx0

候補218~222

使用相手 衣笠

結果 トップとアンダーの差 48.5cm(Pカップ)

提督「うむうむ、実にいい眺めだ」

衣笠「もー、どこ見てるの?提督のえっち♪」

提督「そのでかい胸だ。まあ大きさなら青葉の方が大きいが」

衣笠「えー、そんな事無いよー」

提督「本当だ。見てみるか?」

衣笠「?」




226: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:33:52.39 ID:z6c0jmMx0

提督「」ガラガラ

青葉「あ、衣笠」ノシ

衣笠「……え?」

提督「どうだ、大きいだろ?」

衣笠「あ、うん、大きいけど」

青葉「やだ、そんなじろじろ見ないでよ~」

衣笠「……」

衣笠(とりあえず写真撮っとこ)パシャ



228: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:35:18.14 ID:z6c0jmMx0

提督「上には上がいるの例題で使えそうだな」

夕張「いやー、世間にこの装置の存在はまだ出せないですよー」

提督「わかってる、冗談だ。次行くぞ」

夕張「了解です。じゃあ【安価下~下5】さん、お願いしまーす」



230: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 19:35:31.74 ID:bCGEkO1eO

明石



236: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:41:39.93 ID:z6c0jmMx0

候補229~233

使用相手 明石

結果 トップとアンダーの差 37cm(Kカップ)

明石「2人でこそこそしてるかと思ったら、こんな楽しい事してたんですね~」ボインボイン

提督「まあな」

明石「声をかけて下されば、私も混ざったのに~」

提督「これから混ざれるぞ。胸の先を見てみろ」

明石「え?」チラッ

明石のシャツ「」ソコハモットアブナイデスゥ!

明石「こ、これって母乳!?」

提督「察しがいいな。じゃあ、この後の展開もわかるな?」

明石「……はい//」シュルルッ





237: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:43:57.60 ID:z6c0jmMx0

提督「桜色の綺麗な乳首をしているな」モミモミ

明石「恥ずかしいですよ……//」

提督「そんな事無い、これは誇るべき事だ」チューチュー

明石「んやあっ!//」ビクッ

提督「普段誰かのメンテしてばかりだからな。たまにはされる側もいいだろう」モミモミ

明石「やっ、ダメ//」



238: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:48:21.81 ID:z6c0jmMx0

提督「いかん、零れる」パクッ

明石「ひゃうっ//」

提督「中々量が多いな。飲むのも一苦労だ」チューチュー

明石「ダメです、提督、私もう……」

明石「~っ!」ビクビクッ

提督「わっ!」ビチャッ

明石「あ、あ……//」ブシャー

提督「なっ、なんだ? 噴水みたいだぞ」

明石「てーとくが、イッれからもすうからぁ//」ビクビクッ



239: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:50:12.87 ID:z6c0jmMx0

夕張「提督、これに懲りたら程々にして下さいね?」フキフキ

提督「程々にしたつもりなんだが」フキフキ

夕張「じゃあ、明石さんが想像より敏感だったってことですね」フキフキ

提督「そうだな」フキフキ

夕張「よーし、綺麗になった。次の【安価下~下5】さん、どうぞー」



240: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 19:50:19.33 ID:3RvnSSjWo

秋津洲



248: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 19:58:18.67 ID:z6c0jmMx0

候補240~244

使用相手 秋津洲

結果 トップとアンダーの差 108cm(Zカップオーバー)

秋津洲「かも~っ!?」

提督「ひゃっほ~い!」ポインッ

秋津洲「てーとくー! おっぱいに飛び込まないでほしいかも~!」

提督「そんな事言われたって、これだけのおっぱい、飛び込まなければ男が廃るってもんよ!」グリグリ

秋津洲「んひっ!?」

秋津洲(ちょ、ちょっとおっぱいグリグリされただけなのに……。凄く敏感になってる)



249: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:00:52.58 ID:z6c0jmMx0

提督「これが幸せの重みってやつだな~」グイグイ

秋津洲「ん、いっ//」

秋津洲「て、てーとく? あんまり触ると……」

提督「何だ?」クリクリ

秋津洲「あひいっ!//」

提督「いやあ、実に障り心地のよい乳首だ」グリグリ

秋津洲「らめっ、そんな乱暴に、イッちゃうからぁ!」

秋津洲「あ、ああっ!//」ビクビクッ

ブシャー

提督「いけね、母乳零れた。もったいないもったいない」ゴクゴク

秋津洲「あ、あっ……//」ビクビクッ



250: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:03:38.17 ID:z6c0jmMx0

提督「……なあ、秋津洲」

秋津洲「何?」

提督「あれだ、これ」バキーン

秋津洲「!」

秋津洲(これが提督の主砲……! 噂には聞いてたけど、凄く大きいかも)

提督「収まりがつきそうにないんでな。その」

秋津洲「……分かったかも」ムギュッ

提督「おうっ」

秋津洲「戦闘では役に立てない分、こっちでいっぱい活躍するからね♪」

提督「ああ、頼むぞ」



251: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:06:14.92 ID:z6c0jmMx0

秋津洲「んっしょ、んっしょ、提督、気持ち良い?」ムニムニ

提督「ああ、良いぞ。不規則なおっぱいの動きがいい刺激だ」

秋津洲「よかったぁ。もっと気持ち良くなってね♪」ギュー

提督「うっ」

提督「秋津洲、そろそろ……」

秋津洲「うん、私はいつでも準備OKかも」

提督「じゃあ、出すっ……!」ビュルルルルルッ!

秋津洲「あっ、あっつぃ……//」

秋津洲(提督のせーし、熱くて凄い匂いで、くらくらしちゃう//)ペロペロ



252: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:07:45.68 ID:z6c0jmMx0

秋津洲「あ、あのね、提督」

提督「おう」

秋津洲「私のここ、こんなになっちゃってるの。もう、抑えられない//」クパァ

提督「わかった。行くところまで行くか」

秋津洲「うんっ//」

提督「じゃ、入れるぞ」

秋津洲「来て、提督//」



253: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:10:07.85 ID:z6c0jmMx0

提督「くっ」ズププッ

秋津洲「いひぃ! しゅ、しゅごい……//」

提督「秋津洲の中も凄いぞ。びっしょりできつくて、俺を待ってたようだ」

秋津洲「うん、待ってたの、提督のおち〇ぽずっと待ってたのぉ//」

提督「ああっ、でかいおっぱいに挟まれながらするのは最高だ」パンパンッ

秋津洲「あっ、いぃ、あああっ//」



254: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:15:22.81 ID:z6c0jmMx0

秋津洲「てーとく、わらひ、もう……//」

提督「ん? 分かった」ギュー

秋津洲「あおおおっ!」ビクビクッ

提督「お、俺ももうちょいで出るぞ」パンパン

秋津洲「おうっ、おほおっ! イ、イッへるのにつから、い//」

提督「そんな殺生な事言うなよ」グリグリ

秋津洲「いいいっ! キモチ、キモチィ、イ゛イ゛ッ!」

提督「出すぞ、秋津洲!」ビュルルルッ

秋津洲「イイイイイイ゛イ゛イ゛イイっ!!?」ガクガクッ

提督「ふーっ、こんなに出したのも久々だな」

秋津洲「」アヘアヘッ

提督「いかん、やり過ぎたか……。もうちょい揉んどこ」モミモミ

秋津洲「」ビクビクッ!



255: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:17:03.80 ID:z6c0jmMx0

提督「ふうっ」ツヤツヤ

夕張「ず、随分すっきりした顔をしていらっしゃいますね//」

提督「まあな」

夕張「で、その……//」

提督「ああ、俺は問題無い。次に行っていいぞ」

夕張「あ、はい」

夕張(あそこでアヘ顔で気絶してる秋津洲さんはほっといていいのかなぁ)

夕張「まあいっか。次は【安価下~下5】さんにしましょう」



258: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 20:17:19.86 ID:8OXzCPXG0

プリンツ・オイゲン



265: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:26:10.27 ID:z6c0jmMx0

候補256~260

使用相手 プリンツ・オイゲン

結果 トップとアンダーの差 43cm(Nカップ)

提督「プリンツは俺が唯一尻の主張を認めた艦娘だが、やっぱ胸が一番だな」

プリンツ「どこ見てるんですか!//」

提督「だから胸だよ。プリンツ自身も自己主張してる事だしな」

プリンツ「えっ?」

プリンツのシャツ「」フォイヤー フォイヤー!

プリンツ「なにこれぇ//」

提督「母乳だよ。日本には赤ちゃんだけでなく男性の健康長寿を祈って母乳を飲ませる風習がある」

プリンツ「え、そうなんですか?」

提督(まあ嘘だが)




266: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:30:34.25 ID:z6c0jmMx0

プリンツ「そういう事なら……。恥ずかしいけど、どうぞ//」プリンッ

提督「じゃあ遠慮なく」チューチュー

プリンツ「んんっ!//」ビクビクッ

提督「ぷるっぷるだなぁ。吸い心地と揉み心地が最高だ」モミモミ

プリンツ「やだっ、エッチぃ//」

提督「こうして気持ち良くさせることで、母乳もより質が良くなるのだ」

プリンツ「ほ、本当?」

提督「ああ、だから遠慮なく気持ちよくなれ」

プリンツ「じゃあ……、ちょっと噛んで//」

提督「いいとも」コリッ

プリンツ「んひぃいいいいいっ! いい、イク、イクうううううううう!」ガクガクッ

提督「えっ?」

プリンツ「あひゃっ、きもひぃ//」

提督「ちょっと乳首齧っただけでイクとか、敏感にも程があるだろ……//」ヤレヤレ




267: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:33:49.68 ID:z6c0jmMx0

提督「プリンツは尻だけではない。プリンツ提督にとっては良い報告書が書けそうだ」

夕張「えっ、これ報告書書いてるんですか?」

提督「当たり前だ。鎮守府の資材使って変な発明とか許される訳ないだろ。表向きは新型兵器の実験だ」

夕張「ま、まあ、それはそうですが」

夕張(兵器……、確かに青葉さんや秋津洲さんサイズに出来れば兵器になりそうですが)

夕張(私が選ばれないように祈ろう。自分の痴態が大本営に行くのはさすがに嫌だ)

提督「で、次は誰にする?」

夕張「ああ、そうですね。じゃあ【安価下~下5】さんで」



272: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/01(水) 20:34:14.55 ID:clepidTI0

阿武隈



276: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:41:06.52 ID:z6c0jmMx0

候補268~272

使用相手 阿武隈

結果 トップとアンダーの差 130cm(Zカップオーバー)

阿武隈「ナニコレェ!?」

夕張「提督、これはさすがにまずいですよ! 水雷戦隊の中核を担う阿武隈さんがこんな……」

提督「まずい事があるか!」

夕張「!」ビクッ

提督「艦娘の役割は戦う事だけではない。違うか?」

夕張「それは、その……」




278: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:43:54.94 ID:z6c0jmMx0

提督「なあ、阿武隈」

阿武隈「えっ、何?」

提督「もしも俺が、毎日その胸から出る母乳を飲ませてくれと言ったら、お前は拒否するか?」

阿武隈「えっ、やだっ// それって……//」

提督「嫌だと言うなら、何とか手を尽くしてその胸を元のサイズに戻すが、どうだ?」

阿武隈「……」

阿武隈「あたし的には、OKです//」ギュッ

提督「そうか」

阿武隈「てーとく、あたしのおっぱい、一杯飲んで下さい//」



279: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:47:40.71 ID:z6c0jmMx0

提督「じゃ、遠慮なく」チューチュー

阿武隈「んんっ//」ビクビクッ

提督「さらりとした喉越しにあっさりした味わい。牛乳嫌いの駆逐艦でも飲めそうだ」

阿武隈「そ、それはダメです//」ギュッ

提督「むぐっ」

阿武隈「あたしのおっぱいは、てーとくだけのものですから。ね?」

提督「……そうだな、阿武隈のおっぱいは俺だけのものだ」ギュッ

阿武隈「いぎぃいい!」

提督「うむ、揉み心地も抜群だ」ギュッ ギュッ

阿武隈「てーとく、強くもんじゃ、らめっ//」

提督「そう言われても……。我慢出来ん」ギュー

阿武隈「あああああっ! おっぱい強くされてイッちゃうううううう!」ビクビクッ




280: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:49:17.27 ID:z6c0jmMx0

阿武隈「//」ハアハア

提督「……」カチャカチャ

阿武隈「え、提督?」

提督「」ボロンッ

阿武隈「!」

提督「その、あれだあれ、あれだよ。言いにくいんだが」

阿武隈「……フフッ」ムギュッ

提督「おうっ」

阿武隈「わかりました。あたしが最後までしてあげます♪」



281: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:52:32.71 ID:z6c0jmMx0

阿武隈「どーですか? あたしのおっぱいマッサージ」ムニッ ムニッ

提督「たまらないよ。全身が柔らかく包まれて、力が抜けていくようだ」

阿武隈「よかった// もっと気持ち良くなって下さいね//」ギュー

提督「ううっ」

阿武隈「シコシコ、シコシコ、てーとく、いつでも出していいですよ?」

提督「ああ、分かった……!」

ビュルルルルルッ!

阿武隈「ひゃっ!」

提督「くうっ!」ビュルルルッ

阿武隈「ああ、零れちゃった……。もったいない//」ペロペロ

提督(自分の胸についた精子を舐めとる阿武隈……。この絵面、溜まらん!)



282: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/01(水) 20:57:04.56 ID:z6c0jmMx0

提督「阿武隈ぁ!」ズププッ

阿武隈「あひいいいいい! て、てーとく!?」

提督「す、すまん、我慢できなくて……」パンパンッ

阿武隈「んっ、いっ、いいよ、あたしでもっと、気持ち良く、なってぇ//」

提督「阿武隈……、阿武隈ぁ!」パンパンッ

阿武隈「いっ、すっ、凄い! てーとく、獣みたい//」

提督「膣内に出すぞ、阿武隈!」

阿武隈「うんっ、いいよ、あたしももう……!」

提督「くうっ!」ビュルルルルルッ!

阿武隈「あああああっ! 膣内に出されながらイッちゃうのぉおおおおお!!」ビクビクッ

ブシャー

阿武隈「あっ、あっ……//」

提督「あっ、しまった」

阿武隈「え、えへへ、気持ちよ過ぎてお漏らししちゃった……//」ピクッ ピクッ

提督(あーあ、後始末が大変だな、こりゃ)




293: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:16:16.87 ID:wHnP3gnw0

夕張「随分頑張ってましたが、大丈夫なんですか?」

提督「問題ない。提督は艦娘に子種を注ぐのが仕事、これくらいで枯れて何が提督か」

夕張「いや、書類仕事もあるでしょ」

提督「まあ、色々仕事があると言う事だ。と言う事で、装置の実験の続きを」

夕張「わかりました。次は【安価下~下5】さんにしましょう」



294: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/03(金) 20:16:48.11 ID:QPYsZmZb0

熊野



299: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:33:02.92 ID:wHnP3gnw0

候補294~298

使用相手 熊野

結果 トップとアンダーの差 86cm(Zカップオーバー)

熊野「これは……、素晴らしいバストですわね。鈴谷なんて目じゃありませんわ」キラキラ

提督「ああ、そうだな」バッキバキ

熊野「もう、提督、はしたないですわよ//」

提督「その体を見て起たぬ男など男ではない」バッキーン

熊野「しょうがないですわね//」



300: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:35:36.72 ID:wHnP3gnw0

提督「」チューチュー

熊野「んっ//」

提督「母乳の味も反応も上品だな。さすがはお嬢様」ムニムニ

熊野「んあっ//」

提督(とは言え、もっと反応してくれないと面白くないな)ギュー

熊野「あひゃあああっ!//」

提督「おっ、熊野は乳首をつねられるのがいいのか」ギュー

熊野「ひっぱらないれぇえええ//」



301: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:38:15.63 ID:wHnP3gnw0

提督「そんな事言ったって、ここはもっとして欲しいと言ってるぞ」グリッ

熊野「くひいいい! も、もうらめぇえええええ!!」

提督「いいぞ、思う存分イって」ヂュー

熊野「イク、イクぅ、イグううううう!!」ジョバー

提督「ああっ、上も下も大洪水かよ」チュパチュパ

熊野「あ、ひうっ//」ガクガクッ




302: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:41:40.03 ID:wHnP3gnw0

提督「おーい、熊野」ペチペチ

熊野「ん、んんっ……」

提督「すまんが、これを頼む」バッキーン

熊野「もう、達したばかりの乙女の頬をそんなもので叩くなんて、提督は鬼畜ですわね//」

熊野「でも、そんな所も素敵ですわ」ムギュ

提督「むぐっ」

熊野「わたくしのおっぱいで、気持ち良くなって下さい//」



303: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:44:05.50 ID:wHnP3gnw0

熊野「ほーら、熊野のおっぱいはどうですか」ズリズリ

提督「ああ、溜まらないよ。すぐにでも出てしまいそうだ」

熊野「いいですわよ、先程のお返しですわ//」ギュー

提督「うっ」

ビュルルルルルッ!

熊野「あらあら、本当にすぐ出してしまいましたわね」ペロッ

提督「熊野のおっぱいが気持ち良過ぎたからだよ」

熊野「もう、提督ったら//」



304: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:48:04.79 ID:wHnP3gnw0

熊野「ふふっ。提督、まさかこれで終わりではありませんよね?」クパァ

提督「ああ」バッキバキ

熊野「あら、ますます大きくなって、素敵ですわ//」

提督「加減はしないぞ」

熊野「もちろん、全力で来て下さいな//」

提督「言ったな?」ニヤリ



305: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:52:11.04 ID:wHnP3gnw0

熊野「ひぎいいいいいいいいいい!!」ガクガク

提督「どうした? まだ俺は全力を出してないぞ?」ズドン バッコン

熊野「壊れる、熊野のオマ〇ンコ壊れちゃいますううううう!!」

提督「その時はその時だな」ズガガガッ

熊野「まだイグ、イッジャウウウううう!!」ガクッ

提督「おいおい、俺はまだ出してないぞ?」ペチペチ

熊野「あへ、あへぇ//」

提督「しょうがない奴だ」

ビュルルルルルッ!

熊野「」

提督「反応が無いな。完全に気絶してる」

提督「とりあえず揉めるだけ揉むか」モミモミモミモミ



306: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 20:53:13.71 ID:wHnP3gnw0

夕張「熊野さん生きてます?」

提督「大丈夫だろう。一応鈴谷に迎えに来させたが」

夕張(うわあ、鬼畜)

提督「よし、俺の主砲も元に戻ったし、次行くぞ」

夕張「あっ、はい。じゃあ【安価下~下5】さんで」



310: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/03(金) 20:54:24.77 ID:FdgOjFoto

長良



313: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:06:25.15 ID:wHnP3gnw0

候補307~311

使用相手 長良

結果 トップとアンダーの差 152cm(Zカップオーバー)

提督「おお、凄いじゃないか! トレーニングの成果が出たな」

長良「あ、いや、こんなトレーニングをした覚えは」

提督「さぞかし感触がいいんだろうなぁ」バッキバキ

長良「……、もう、司令官のエッチ//」ヌギッ

提督「おおっ」

長良「はいっ、長良のおっぱい、いっぱい触って下さい//」




314: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:09:41.85 ID:wHnP3gnw0

提督「うむ、実によい触り心地だ。この弾力が溜まらん」ギュッ ギュッ

長良「んっ、司令官の触り方、エッチ過ぎ//」

提督「いやらしくない提督など提督ではない」チューチュー

長良「ひゃっ// もう、吸い方が赤ちゃんみたい//」

提督「うむ、美味だ。爽やかなのど越しが素晴らしい」ゴクゴク

長良「し、司令官、長良、なんか//」

提督「そうか。いいぞ、イッても」クリクリ

長良「んああっ!//」ビクビクッ



315: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:13:17.72 ID:wHnP3gnw0

提督「なあ、長良、パイズリって知ってるか?」バッキーン

長良「……えっと」ムギュ

提督「うっ」

長良「確か、おっぱいで男の人のおちん〇ちんを超すればいいんですよね?」コスコス

提督「ああっ、そのつたない仕草と高い弾力のおっぱいのギャップが溜まらん」ハアハア

長良「こうしてると、精子びゅっびゅって出るんですよね」ムギュー

提督「ああ、その通りだ」

ビュルルルッ!

長良「わっ!」

提督「長良、それは飲む物だぞ」

長良「えっ、そうなの? ……苦っ」ペロッ



316: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:15:35.16 ID:wHnP3gnw0

提督「ところで、長良はSEXについてどれだけしってる?」

長良「えっと、実はあんまり//」モジモジ

提督「そうか、じゃあ俺が教えてやる。足を開け」

長良「こう?」

提督「で、艦娘のここに男の主砲を入れるんだ」クパァ

長良「やっ、なんか恥ずかしいよぉ//」

提督「大丈夫、すぐになれるさ」ズププッ

長良「んっ、ひいっ//」



317: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:18:48.04 ID:wHnP3gnw0

提督「うおっ、凄い締まりだ」グリグリ

長良「司令官、痛い……」

提督「じゃあ、ゆっくり動かすか」ジュプジュプ

長良「んっ、ふうっ//」

提督「イキたくなったらいつでもイっていいぞ」グチュグチュ

長良「わかっ、たあ//」ビクビクッ

提督「あれ、軽くイってないか?」クリクリ

長良「あああっ!//」ビクビクッ



318: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:22:49.35 ID:wHnP3gnw0

提督「俺もイキそうだっ」パンパン

長良「やだっ、ダメっ、なんか変になるぅ//」

提督「いいぞ、変になれっ!」グッ

長良「ああああああああああっ!」ガクガクッ

提督「俺も、出るっ!」

ビュルルルッ!

提督「はあっ、はあっ……」

長良「す、しゅごい……。どんなトレーニングよりも激しい//」



319: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:24:31.68 ID:wHnP3gnw0

提督「長良って見た目年齢の割に知識あんま無いんだな」

夕張「まあ見た目と中身が比例するとは限りませんからね、例えばつしm」

提督「悪いがロリには興味無い」

夕張「あ、そうですか」

提督「どんどん行こ、どんどん」

夕張「わかりました。じゃあ【安価下~下5】さんで」



321: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/03(金) 21:24:43.95 ID:tKFEA93oO

那智



325: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:31:46.48 ID:wHnP3gnw0

候補320~324

使用相手 那智

結果 トップとアンダーの差 47.5cm(Pカップオーバー)

那智「な、なんだこれは!」タユンッ

提督「おお、これは凄いな」サスサス

那智「なっ、いきなり触るなバカ者!//」カアッ

提督「じゃあ、いきなりじゃなければ触っていいのか?」

那智「はっ? いや、それはその//」カアッ



326: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/03(金) 21:33:15.49 ID:wHnP3gnw0

提督「だが、気をつけろよ」

那智「何をだ?」

提督「那智の普段の動き方考えると、垂れるからな」

那智「」

提督「まあ、垂れる前に触っとくか」モミモミ

那智「……いい加減にしろ!」ゴチンッ!



332: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 19:30:39.44 ID:IBdh7G5W0

提督「めっちゃ痛い」ジンジン

夕張(那智さんに拳骨食らって涙目の提督可愛い)

提督「まあいい、切り替えて次だ次」

夕張「わかりました。じゃあ【安価下~下5】さんに来てもらいましょう」



335: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/04(土) 19:33:55.44 ID:L3h2r9DDO

山風



338: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 19:47:19.23 ID:IBdh7G5W0

候補333~337

使用相手 山風

結果 トップとアンダーの差 119cm(Zカップオーバー)

山風「あわわ……//」

提督(なんでこんなちびっ子代表みたいな奴を選んだ、夕張―!)

提督(まあ、でかいのはでかいので興奮するが)バッキバキ

山風「……」

山風「てーとく、触りたいの?」

提督「ん? ああ、いや、その」

山風「触って、いいよ。てーとくが構ってくれるの、嬉しい、から……//」ヌギッ

提督「じゃあ、遠慮なく」



339: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 19:51:49.14 ID:IBdh7G5W0

提督「わお、ぷにっぷにだな」モミモミ

山風「んっ//」

提督「なんだ、感じてるのか? 遠慮しないでもっと声出していいんだぞ」

山風「やだ、恥ずかしいもん//」

提督「そっか」チューチュー

山風「んんっ//」ビクビク

提督「なんか甘ったるい母乳だな。これは直飲みより調理向けかも」チューチュー

山風「んくっ//」

提督(シーツを噛んで声を殺しているのか。こうなったら、意地でも声を出させたいな)



340: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 19:53:42.84 ID:IBdh7G5W0

提督「山風、パイズリって知ってるか?」

山風「ぱい、ずり?」

提督「おっぱいで男の主砲を気持ちよくさせる方法だ」

山風「知らない」

提督(まあ、ぺちゃぱいには縁が無いからな。さすがに口には出さないが)

提督「じゃあ、この機会に勉強しよう。おっぱいをこれに擦りつけるんだ」バキーン

山風「!」

山風「う、うん」



341: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 19:56:09.29 ID:IBdh7G5W0

山風「これであってる?」ズリズリ

提督「ああ、いいよ」

提督(ぎこちないが、胸の重みと柔らかさが素晴らしい刺激を与えてくれる)

提督「そろそろ出そうだ。先っぽを咥えて」

山風「ほう?」パクッ

提督「出るっ!」ビュルルッ

山風「!」

山風「うえっ……!」ボタボタ

提督「あーあ、全部こぼしちゃって」

山風「だって、臭くて苦いんだもん」プンスカ

提督「しょうがないな。じゃあ、下の口に入れるか」

山風「下の口?」



342: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 19:58:21.37 ID:IBdh7G5W0

提督「ここだここ。俗にオマ〇ンコと言われる所だ」

山風「やだ、そこおしっこ出るとこ、汚い//」

提督「汚くないさ。ここは赤ちゃんを作る為の大事な穴だぞ」

山風「赤ちゃん? てーとくとあたしの赤ちゃん//」

提督「という訳で、早速俺の主砲をぶち込ませてもらおう」ズドン!

山風「おおおおおっ!」ビクビクッ



343: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:01:15.31 ID:IBdh7G5W0

提督「なんだ、良い声出せるじゃないか」パンパン

山風「やだっ、声っ、恥ずかし、いいいいいっ!」

提督「そうか、恥ずかしいか。けど、そんなの誘ってるのと同じだぞ!」パンパン モミモミ

山風「やらあああっ! 今おっぱい揉んじゃらめらのおおお!」

山風「なんか、なんか来ちゃうからあああ!」

提督「そういう時は、オマ〇ンコイクって言うんだ」

提督「俺もそろそろ出すから、全力で叫ぶんだぞ。そうすればもっと気持ち良くなれるからな」

山風(気持ち、良く……//)



344: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:04:12.32 ID:IBdh7G5W0

提督「さあ、出すぞ! 全力で叫べ!」グイッ

山風「ああああああああああっ!//」

山風「オマンコ、イク、オマンコイクうううううううううう!!」ガクガクッ

提督「くうっ!」ビュルルルルルッ‼

山風「出てるううううう! オマ〇ンコに熱いの出てるのおおおおお!」

提督「ふうっ」ズププッ

ゴポポポッ

提督「いかん、山風の中が小さすぎて溢れて来てる」

山風「これ、さっきの臭くて苦い奴……」

提督「これが赤ちゃんの素だ」

山風「え、これが?」

山風(もったいない、戻さないと)モドシモドシ

提督「いや、そんな無理して戻さなくても、いつでも出してやるぞ(胸が大きい限り)」



345: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:05:40.28 ID:IBdh7G5W0

夕張「普段の山風ちゃんでは想像できないような声が出てましたね//」

提督「良い事だ。軍人たるもの声は大きくないとな」

夕張(エッチの時の声は関係ないんじゃ)

提督「どんどん行くぞ、どんどん」

夕張「わかりました。では次は【安価下~下5】さんで」



346: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/04(土) 20:05:50.00 ID:uQyDBSvs0

羽黒



354: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:20:54.54 ID:IBdh7G5W0

候補346~350

使用相手 羽黒

結果 トップとアンダーの差 75cm(Zカップオーバー)

羽黒「わわっ//」

提督「うむ、よいおっぱいだ。早速」

羽黒「ま、待って下さい!」

提督「ん?」

羽黒(勇気を出すのよ羽黒。いっつも妙高型部屋に来れば妙高姉さんばかりに構ってる司令官さんが私に構ってくれるまたとない好機!)

羽黒「あの、羽黒お姉ちゃんって甘えながら、おっぱいに吸い付いて欲しいんです」

提督「……は? ふざけるな、軍属たる俺がそんな」

羽黒「妙高姉さんにはいっつも「妙高おねえちゃ~ん」って言っておっぱいに顔をうずめてるじゃないですか!」

提督「うぐっ」

羽黒「やってくれるまで、触らせてあげませんから!」

提督(いつも内気な羽黒がこんなに自己主張して……。いい機会だ、これを機にもっと積極的になってくれるかも)

提督「わかったよ」

羽黒「!」パアッ



355: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:25:27.05 ID:IBdh7G5W0

提督「羽黒おねえちゃ~ん(棒)」チューチュー

羽黒「よ、よしよし、羽黒お姉ちゃんに一杯甘えていいんですよ~」ナデナデ

提督「きさ……っ!」

提督(いや、落ち着け俺。ここで怒鳴り散らしたら、羽黒が萎縮しかねない)

提督(末っ子故に、おねショタプレイに憧れてこんな事をしたという所か。って、誰がショタだ!)

提督(まあ、仕方ない。でかいおっぱいには勝てん。素直に羽黒のプレイに乗ってやるとするか)

提督「おねーちゃんのおっぱいおいちい~」チュパチュパ

羽黒「よしよし。いっぱいおっぱい飲んで、いっぱい大きくなるんですよ~」ナデナデ

提督(くうっ、駆逐艦レベルの顔年齢の奴にこんな事をされるのは屈辱だ。だが、ここはおっぱいの為にも耐えねば)



356: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:29:44.30 ID:IBdh7G5W0

提督「おねえちゃ~ん」ヌギッ

羽黒「わっ!」

提督「僕のおちんちん、お姉ちゃんのおっぱい吸ってたらおっきくなっちゃったの。病気かな?」

羽黒(え、ええと、こんな時足柄姉さんが持ってた本では……)

羽黒「だ、大丈夫だよ、お姉ちゃんが元に戻してあげるからね」ムギュッ

提督(おうっ、柔らけぇ)

羽黒「おちん〇ちんはどう?」

提督「何か変な感じ。ムズムズする」

羽黒「それでいいのよ。もっといっぱいして、もっと気持ち良くしてあげる」ゴシゴシ



357: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:31:33.58 ID:IBdh7G5W0

提督「お姉ちゃん、僕、おしっこ出そう」

羽黒「大丈夫だよ。お姉ちゃんに出して」

提督「う、うんっ」

提督「出る、出るっ!」

ビュルルルルルッ!

羽黒「きゃっ//」

提督(あー、気持ちいい)

羽黒(これが司令官さんの精液……。少し臭うけど、おいしい//)ペロッ




358: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:34:35.20 ID:IBdh7G5W0

提督「お姉ちゃん、おちん〇ちん小さくならない」バッキバキ

羽黒「え、えっと」

羽黒(これってつまり、あ、あれをするって事だよね)

羽黒(うん、今の私はお姉ちゃんだもん。私がリードしないと!)

羽黒「大丈夫、これですぐに小さくなるから」クパァ

提督「え?」

提督(羽黒、まさかその胸で騎乗位をするつもりか!?)

羽黒(胸が重い! でも、司令官さんの為に頑張らないと!)

羽黒「ん、くうっ……!」ズププッ

提督「お姉ちゃん、おちん〇ちんが!」

羽黒「これでいいんだよ。もっと気持ち良くなって白いの一杯びゅっびゅってすれば、すぐに小さくなるからね//」



359: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:36:46.85 ID:IBdh7G5W0

羽黒「んっ、くうっ!」ズンズン

提督「お、お姉ちゃん、苦しい」

羽黒「大丈夫だよ、すぐに気持ち良くなるからね//」ドスッ

提督「おふっ」

提督(いやいや、でかい胸がすっごい勢いで顔面に叩きつけれらてるんだけど!?)

羽黒「どう、気持ちいい?」

提督「う、うん」

提督(こんな状況でも反応する俺の息子よ。まあ、それでこそ提督と言えるのだが)



360: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:38:16.35 ID:IBdh7G5W0

提督「お姉ちゃん、また白いの出そう!」

羽黒「いいよ、お姉ちゃんの中に一杯出して!」

提督「ううっ、出るっ!」

ビュルルルルルッ!

羽黒「ああっ! 中に出されて、私も……!」

羽黒「イク、イッちゃううううう!」

ガクッ




361: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:40:21.95 ID:IBdh7G5W0

提督「お姉ちゃん、お姉ちゃん?」ペチペチ

羽黒「しゃーわせ……//」フワフワ

提督「一回イッただけで気をやったのか。しょうがない奴だ」ドロドロ

提督「ん?」サワッ

提督「何かすっごい鼻血が……。もしかして、鼻の骨も折れたか?」

提督「まあ、あれだけの重量を顔面に叩きつけられ続けたんだ。これで済めばいい方か」




365: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:44:47.51 ID:IBdh7G5W0

提督「おっぱいに殺されかけた」

夕張「提督としては本望なんじゃないですか?」ティッシュツメツメ

提督「まあな」キリッ

夕張「鼻にティッシュ詰めながら決め顔されても。はい、これで大丈夫ですよ」

提督「それもそうか。ティッシュありがとう」

夕張「いえいえ」

夕張(さっきの提督ショタプレイの映像に比べれば安いもんです。一本いくらで売れるんでしょうか)

提督「さあ、どんどん行くぞ、どんどん」

夕張「鼻血は?」

提督「この際気にしない」

夕張「わかりました。じゃあ【安価下~下5】さんに来てもらいましょう」



369: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/04(土) 20:45:14.88 ID:vbfuHoChO

マックス



372: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:56:57.48 ID:IBdh7G5W0

候補366~370

使用相手 Z3(マックス)  以下マックス

結果 トップとアンダーの差 163cm(Zカップオーバー)

マックス「な、何これ、機雷?」ズドーン

提督(まあそう見えるよなぁ。ほぼ身長と同じ胸になれば)

提督「それはおっぱいだ」

マックス「お、おっぱ// これが、私の?」サスサス

提督(動揺してるが、少し嬉しそうだ。まあ、姉妹揃って貧乳だったからな)

提督(レーベがこの光景を見たら泣きそうだ)

マックス「……提督、それ//」

提督「ん?」バッキバキ

提督「ああ、男の生理現象だ。マックスのでかい胸を見て、興奮してるんだよ」

マックス「こんな胸で? 変態」

提督「男は皆変態だ」

マックス「そう……。でも、いいわ。提督が興奮してるって事は、私を大人として見てるって事だもの」ニギッ

提督(いや、そのでかい胸に興奮してるだけなんだが……。さすがに言うのは野暮か)




373: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 20:59:17.10 ID:IBdh7G5W0

マックス「こうかしら。経験が無いのでよくわからないのだけど」コスコス

提督「ああ、違うな。胸の大きな女性は胸でするのが日本のルールだ」

マックス「胸で?」

提督「まあ、そのサイズじゃ無理だろうな。マックスは寝てるだけでいいぞ」コスコス

マックス「んっ//」

マックス(な、何これ。提督のアレが擦りつけられただけなのに、気持ちいい//)

提督「気持ちいいか?」

マックス「//」コクッ

提督「そうか、じゃあもっと気持ち良くしてやる」チュー コリコリ

マックス「んひゃあああああっ//」




374: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:03:06.44 ID:IBdh7G5W0

提督「おお、マックスらしからぬ大きな声が出たじゃないか。いい事だ」コリコリ

マックス「やだっ、それっ//」

提督「なんだ、乳首コリコリがそんなに気持ちいいのか」

マックス「止めて、変になるから//」

提督「じゃあ「マックスのエッチな乳首コリコリするの止めてくだしゃい//」ってお願い出来たら止めてやる」

マックス「そんな事//」

提督「じゃあ続けるわ」コリコリ

マックス「んひぃ!//」

マックス(は、恥ずかしいけど、でも、こんな事続けられるのはもっと……!)

マックス「……マ、マックスのえ、エッチな乳首、コリコリするの止めてくらしゃい//」カアッ

提督「偉い偉い、よく言えたな」ギュー

マックス「んひゃはあああああっ!」ブシャー

提督「おお、上も下も大洪水」

マックス「ちゃんと言ったのに……。意地悪//」ガクガク




375: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:05:16.94 ID:IBdh7G5W0

提督「さて」バッキバキ

マックス「!」

マックス「ま、まだ元気なの?」

提督「もちろん。マックスのマ〇ンコに中出しするまでは小さくしないさ」

マックス「え、えっ、それって//」

提督「入れるぞ」

マックス「やだ、待って! 心の準備が……!」

提督「よいしょっ」ズドン

マックス「んほおおおおおっ!」



376: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:09:12.77 ID:IBdh7G5W0

提督「凄い締まりだ。体が小さいだけある」ズンズン

マックス「らめ、らめえええええ! おちん〇ちんオマ〇ンコの中で暴れちゃらめなのおおおおお!」

提督「そんな事言われても、興奮するだけだ」グリグリ

マックス「あひいいいいい! おっぱいグリグリしながら突かないれえええええ!」

提督「無理な注文だ。そろそろ出すぞ」

マックス「やらっ、そんらころしたららめになるからああああああ!!」

提督「いいぞ、ダメになっても。ほらっ!」ビュルルルルルッ!

マックス「あああああああああっ! オマ〇ンコにせーし出されながらイッちゃうのおおおおおお!!」ビクビクッ

マックス「もうおち〇んちんの事しか考えられなくなりゅううううう!」ガクガクッ

提督「いいぞ、何だったら俺のチ〇ンコ奴隷になれ!」グリッ

マックス「なりましゅうううううう!」ブシャー

マックス「」ガクッ

提督「うーむ、さすがにちょっと調子に乗り過ぎたかな」



377: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:11:22.25 ID:IBdh7G5W0

提督「明石の工廠で大人のおもちゃって取り扱ってる?」

夕張「はい。それが何か?」

提督「いや、多分マックスが買いに行くだろうからさ」

夕張「……何したんですか?」

提督「ナニしたんだよ。ちょっとやり過ぎたが」

夕張「全くもう、少しは加減を覚えて下さい」プンスカ

提督「さあさあ、切り替えて続きやろうぜ」

夕張「はいはい。じゃあ次は【安価下~下5】さんにしましょう」



381: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/04(土) 21:11:36.88 ID:rw/9H6SOO

利根



383: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:15:57.36 ID:IBdh7G5W0

候補378~382

使用相手 利根

結果 トップとアンダーの差 163cm(Zカップオーバー)

利根「ふふん、これで吾輩も心身共にお姉さんじゃな」フンス

提督「ああ、その胸なら立派にお姉さんだ」

利根「そうじゃろそうじゃろ♪」

提督「そういう事だから、早速……」

バタン!

憲兵「動くな、憲兵だ! 艦娘の肉体を異常に改造しているとのタレコミがあった!」

提督「!?」

利根「!?」



387: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:20:50.32 ID:IBdh7G5W0

憲兵「この異常な大きさの胸は……、タレコミは本当だったんだな。連行する!」

提督「なっ!」

利根「ま、待つのじゃ!」

憲兵「なんだ、いくら本人からの直訴でも、この状況を見逃す訳にはいかん!」

利根「そうだとしても、最後に少しくらい語る時間をくれてもよかろう! な、な!?」

憲兵「……」

>>390のコンマが80以上、もしくはゾロ目で時間をあげる(このレスから10分以内に390行かない場合はこのレスのコンマを採用)

それ以外は即連行



390: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/04(土) 21:24:12.66 ID:w1MaWHogo

それ



394: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:33:51.76 ID:IBdh7G5W0

利根「よかったのぉ。時間が貰えて」

提督「ああ……」

利根「そんな顔をするでない! 提督は皆に慕われておる、すぐに戻って来られる!」

提督「ああ……」

利根「むー」

利根(さすがに落ち込んでおるのう。こういう時は確か)

利根「吾輩のおっぱい吸うか?」

提督「吸う」キリッ

利根「うむ、それでこそ吾輩たちの提督じゃ!」



395: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:35:52.70 ID:IBdh7G5W0

提督「」チューチュー

利根「んっ// どうだ、吾輩のおっぱいは」

提督「甘ったるい」

利根「なっ!」

提督「でも、今はこの味がいい」チューチュー

利根「そうかそうか。たんと飲むが良い」

提督「」チューチュー

利根(ふふっ、一所懸命おっぱいを吸って、まるで赤子じゃのう)チラッ

提督の主砲「」バッキバキ

利根(こっちは立派に大人じゃがな//)



396: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:37:19.34 ID:IBdh7G5W0

提督「満足」ケプッ

利根「そうか、ならば提督よ」クパァ

提督「おっ」

利根「おっぱいのお礼、してくれるじゃろ?」

提督「もちろんだ」ズププッ

利根「んんっ! 入って来るぅ……」



397: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:39:51.20 ID:IBdh7G5W0

提督「利根の中、狭過ぎ……」ズリズリ

利根「んはあっ! て、提督のが大きすぎるのじゃあ//」

提督「こんなんじゃすぐに出るぞ」

利根「構わん、吾輩もすぐにイキそう、じゃからぁ//」

提督「くうっ!」ビュルルッ

利根「ああっ! 中に出されて、イクううううう!」

提督「……」ハアハア

利根「て、提督よ」ギュー

提督「んぐ」

利根「少し吾輩の胸に隠れておれ、うまく逃がしてやる」

提督(いや、気持ちはありがたいがさすがに息が……!)



398: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:42:51.43 ID:IBdh7G5W0

憲兵「もういいか?」コンコン

利根「うむ」

憲兵「入るぞ」ガチャッ

憲兵「! 奴はどうした!?」

利根「さあ、吾輩は知らん。気をやっておったからのう」

憲兵「気をやった? 何をしていた!」

利根「それを聞くのか? お主も好きよのぉ//」カアッ

憲兵「うっ」←利根憲兵

憲兵「そ、そんな顔をしてもごまかされん! 奴を出せ! 今なら軽い刑で許してやる!」

利根「そう言われても、本当に吾輩は……!」ゴソゴソ

憲兵「ん、どうした?」

利根「な、何でもないのじゃ。あはは」

利根(なぜじゃ、なぜ胸の中にいたはずの提督がおらん!?)



399: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:44:30.66 ID:IBdh7G5W0

―鎮守府某所―

提督「むぐー!」ガチャガチャ

大淀「ふふっ、利根さん良い仕事でした。こんなに簡単に提督を連れ出せるなんて」ニヤニヤ

提督「んぐー!」ガチャガチャ

大淀「暴れると、大事なおててに傷がついちゃいますよ? ほら、いい子いい子」ナデナデ

提督「んー!」

大淀「もう、仕方ないですね。じゃあ、これを使って」つ



400: ◆zG4EKI3cHQ 2019/05/04(土) 21:47:07.48 ID:IBdh7G5W0

使用相手 大淀

結果 トップとアンダーの差 800cm(Zカップオーバー)

大淀「ふふっ、大成功です」

提督「……」キラキラ

大淀「提督も、この大きなおっぱいに夢中ですね」

大淀「でも、私の言う通りにしないと、触らせてあげませんから」

大淀「いえ、おっぱいだけじゃありません。食事も排泄も、もちろん射精も、全て私の思う通りに……」

大淀「うふふっ、うふふふふふっ……」

終わり




402: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/04(土) 21:52:15.35 ID:IBdh7G5W0

はい、このスレはここで終わりです

終了条件は、既出ゾロ目と被るゾロ目が出る、でした

こんなに被らないとは思わなかった……。66と99以外全部出た……。て言うか最後もゾロ目だし、これ含めたらゾロ目ほぼコンプだし。

しかも、後半ほぼゾロ目だった。コンマ神が爆乳好きだと言う事がよくわかりました。

安価に付き合って下さった方々、長々とありがとうございました。



元スレ
SS速報R:夕張「出来ました! 艦娘の胸の大きさを変えられる装置です!」【安価、コンマ】