1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:24:42.84 ID:y6cAzk810

~対局室~

恒子「さあ!まもなく準決勝最後の半荘が始まります!」

穏乃「・・・・・」

姫子「・・・・・」

淡「・・・・・・」

竜華(・・さすがに一筋縄で勝てるメンバーちゃうな・・)

竜華(ほんまは・・・・使いたくなかったんやけど・・・・しゃあないわ・・・・うちらは、ここで負ける訳にはいかんのや!)カッ!

淡・穏乃・姫子「っ!?」

竜華「―――――」コォォォォ..

淡(なに?・・・この感じ・・・)

穏乃(さっきと空気が・・・違う・・)

姫子(これは・・?)

竜華「・・・・・・・・可愛い女の子最高ーーーーーーーーーー!!!!!!」バァアァァアァン!!

淡・穏乃・姫子「!!?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:29:13.10 ID:y6cAzk810

~千里山控室~

セーラ「ついに出すんか・・・・」

浩子「・・最高状態の清水谷部長・・・・」

セーラ「・・・・怜がレギュラーになった以上、使わへんと思ったけど・・・」

浩子「ええ・・園城寺先輩が会場におらんからっちゅうのと」

セーラ「怜の頑張りを無駄にしたない・・そういう事やろな」

浩子「ですね」

~阿知賀控室~

憧「ちょっとちょっと・・なんなのあれ?」

灼「生放送で何を言ってるんだろう・・」

玄「うぅ・・・ドラ来ない」

宥「今までと様子が違いますけど・・一体?」チラ

晴絵「・・・・私にも分からない・・あんなの・・集めたデータにもなかった」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:33:38.85 ID:y6cAzk810

~対局室~

竜華「ふぅ~・・・」

淡(・・ま、どんな能力でもいーよ。私を楽しませてくれるなら)ニヤッ

竜華「・・・その笑顔・・・とっても可愛いよ」

淡「へ?」

竜華「ああ・・その少し呆けた表情も素敵だ・・・魅力的すぎる」

淡「な、なんなの!・・急に東京弁になって・・・」

竜華「ごめんね・・でも、本当に心から出た言葉なんだ。こうして見つめているだけで、何故だろう・・・愛しくて涙が出そうだよ」

淡「ううう、うるさいよ//お世辞はいーの!」カァァ

竜華「お世辞なんかじゃないよ」サワッ

淡「っ、髪を・・」

竜華「フワフワで・・・こうして撫でると・・君の存在を香りで感じられる・・」

淡「うう~・・///」プイッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:37:05.07 ID:y6cAzk810

竜華「ダメだよ・・こっち向いて?・・・こんなに近くにいるのに・・香りだけで我慢しろなんて拷問だよ」クイッ

淡「わ・・(ほっぺたを優しく撫でて・・・・真正面を向かされた・・って、顔が近いよー)」

竜華「・・・・・・」ジー

淡「・・・・・///」

竜華「・・・・・淡」ウィスパー..

淡「っ!!」

竜華「あ、下の名前で呼ばれるのは嫌かな?」

淡「べ、別に・・・」

竜華「ありがとう」キラーン

淡「う///」

竜華「・・・・淡は、付き合ってる人・・いる?」

淡「え・・・・・いないけど」

竜華「そうか、よかった」ニコッ

淡「・・・・なんで?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:40:13.94 ID:y6cAzk810

竜華「え?なんでって・・もし恋人がいたら、私は夢を諦めないといけないだろう?」

淡「夢?」

竜華「そう。淡と愛し合い、幸せになるという夢をね」

淡「な、なにゆってるのもう・・///」

竜華「ふふ・・照れた顔が一層キュートだね・・・耳まで真っ赤にして・・・」サワ

淡「ちょっ・・・耳・・・ぃや・・//」クネ

竜華「・・・・・・」サワ

淡「んっ・・・もう・・//」モジ

竜華「・・・・・」スー

淡「えっ・・・あ・・・(キス・・・される?)」

竜華「・・・・」スー

淡(こんな・・・今日いきなり会って・・それで・・キスなんて・・・・でも・・・)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:44:31.95 ID:y6cAzk810

竜華「・・愛してる」ウルトラウィスパー..

淡「っ//」キューン

竜華「・・・んっ・・」

淡「っ・・・ふ・・・」チュー

穏乃「わ、わわ・・//」

姫子「・・・これは・・・」

竜華「れろ・・・じゅる・・っ・・」ジュ..チュパ

淡「は・・・っ・・・ん・・・・・」ジョルジュ

穏乃「な、なんか・・だんだん激しく・・・///」

姫子「ぶ、ぶちょー・・・」モジモジ

ジュゾゾゾチュパパパ...

竜華「ふぅ・・・」キュポン!

淡「ふぁ・・・・」フラッ..

竜華「おっと危ない」ガシッ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:47:04.74 ID:y6cAzk810

淡「あ・・・ありがと・・・」ハァ..ハァ

竜華「お礼なんていらないよ。一番大切な宝物を守るのは当然だからね」キラーン

淡「ぁう・・・///」

竜華「疲れたろう?さ、少し休むといい」

淡「・・・うん、おやすみ」

竜華「おやすみ」チュッ

淡「///」

竜華「ふふ・・・」ニコッ

淡「・・・・」

竜華「・・・・」ナデナデ..

淡「・・・・」スー..スー..



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:51:11.97 ID:y6cAzk810

~千里山控室~

セーラ「すげえ・・・・」

浩子「鮮やかです・・・さすが清水谷部長」

~阿知賀控室~

憧「あんな短時間で落とすなんて・・」

灼「なんで誰も止めないのかな・・」

玄「やっぱりドラ来ない・・・」グス

宥「なでなでされて寝るのあったかそう・・」

~新道寺控室~

煌「すばらな手際・・・」スバラッ!

~白糸台控室~

菫「淡・・・これから試合だというのに寝てしまうとは・・・」

誠子「それと・・このままでは後半戦の途中で放送時間が終わる可能性がありますよ」

照「・・・気にする事はそれなの?」

尭深「ずずず・・・」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:54:45.12 ID:y6cAzk810

~対局室~

竜華「・・・さて」

穏乃・姫子「!」

竜華「鶴田さん」

姫子「・・・私?」

竜華「そう」スタスタ

姫子「な、なに?」

竜華「・・・・・」ジー

姫子「・・・・・」

竜華「ふっ、欲しがりそうな目しやがって」ニマァ

姫子「は?」

竜華「お前が心底変態だって事はすぐに分かるんだよ!」ケッ

姫子「あ、あんた!急に何・・」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 21:58:45.55 ID:y6cAzk810

竜華「・・・・」グイッ...ギュウウ

姫子「あっ(お尻を掴んで・・・痛い・・・なのに・・・)」ゾク

竜華「心配しなくても・・Mの扱いは慣れてるから安心しな」ククッ

姫子「うう・・・///」

竜華「・・・・」ギュウ..ツツー

姫子「っ!?そ、そこは・・(お尻の・・・)」

竜華「・・ここはまた今度いじってあげる」ミミ ニ フゥー..

姫子「っ!」ビクン!

竜華「いずれ、ここでも感じるように開発してやるよ」クヘ

姫子「あ・・・・」ゾックー

姫子(こんな・・ひどい事言われちょるのに・・・私・・)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:03:24.03 ID:y6cAzk810

~千里山控室~

浩子「相手の求めてるものを瞬時に見極める・・怖ろしいですわ」

セーラ「ほんまやな・・」ゴクリ

~新道寺控室~

哩「姫子ぉ!おのれぇえぇぇ!清水谷ぃぃ!!!泥棒猫がぁぁあ!!」

煌「ぶ、部長!抑えてください!暴れるのはすばらくないです!」ツカマッ!

仁美「なんもかんも政治が悪い・・・」ゴゴゴゴ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:08:38.76 ID:y6cAzk810

~対局室~

竜華「ふふふ・・・素直になりなよ」ツネリッ!

姫子「あぅぅ・・・そんな・・・(乳首をこんな強くつねって・・・痛い・・・けど・・・それよりも・・)」ハァハァ

竜華「そしたら、私の犬にしてあげるからさ」ギュギュギュ

姫子「っは・・・・い、犬?///」カァァ

竜華「そ。お前が犬になるなら、私が女王様としてめいっぱい可愛がってやる」カハッ!

姫子「わ・・・・・私には部長がおる・・」ハァハァハァ...

竜華「っふふ・・・・・そんな事を言いながらも、一切抵抗していないのはどうしてだろうね?」

姫子「え・・・」

竜華「答えは簡単。『私の犬になる事を受け入れる自分の惨めさを、愛する人に見られたい』と願っているからさ!!」

姫子「!!!」

竜華「その願い、女王様として叶えてやるよ!」ギュッ!

姫子「っ!」ビビクン!



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:16:45.60 ID:y6cAzk810

竜華「さあ!犬にしてくださいと言え!!」オシリ ペチーン!

姫子「あうぅっ///」

姫子(痛くない分・・お尻を叩かれているという感覚が際立って・・・・恥ずかしさが倍増され・・て・・・もう・・・無理・・)ハァハァ..

竜華「ほら!ほらぁ!」ペチーン!

姫子「・・・っ!鶴田 姫子をっ!清水谷様の犬にしてください!!!」

竜華「よく言えたよぉ!!」オシリ ニ アッパー!!

姫子「ああぁぁ!!」ズムン!

竜華「・・・・・」

姫子「気持ち・・・いい・・・ぶちょ・・・・ごめ・・・」ガクッ

竜華「よっと」ガシッ

姫子「・・・・・///」

竜華「幸せそうな顔して・・・・ふふ・・」ナデナデ



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:20:58.01 ID:y6cAzk810

~新道寺控室~

哩「ひ、姫子が・・・・い、犬・・・だと・・!?ぐお・・あ・・がが・・が・・」ブルブルブル..

煌「・・・部長・・落ち着いてください・・」

哩「――――」ピタ

煌「・・・・・・部長?」

哩「アンシン シロ ハナダ ワタシ ハ レイセイ ダ ブチョウ トシテ アルベキ スガタ ヲ タモツ」

煌「へ?」

哩「イマ ヒツヨウ ナノハ イカリ ヲ ステル コト ワタシ ハ ソウ リカイ シテイル」

煌「これは一体・・・」

仁美「・・・腹が立ちすぎて怒りを通り越してしもうたんやろね」

煌「なんと・・・」

仁美「・・なんもかんも政」

煌「これは千里山の人が悪いですね」

仁美「!?・・・・」チュゴゴゴゴ..

煌「・・・・・?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:25:31.57 ID:y6cAzk810

~対局室~

竜華「さて・・・」チラ

穏乃「うわ、見つかった・・」

竜華「・・・・今日はジャージちゃうんやな」

穏乃「え?あ、はい」

穏乃(あれ?関西弁に戻った?)

竜華「制服も似合てるなぁ・・もっと近くで見せて?」

穏乃「はい・・・」テクテク

穏乃(さっきまで様子がおかしかったから警戒しちゃったけど・・・雰囲気も元通りだし、一安心だね)ホッ

竜華「っ!」ガシッ

穏乃「にぎゃー!捕まった!!」

竜華「もう・・・そんな声出さんと」ギュ

穏乃「うわー!憧ー!玄さぁーん!宥さぁーん!灼さぁん!赤土さぁあぁん!!」バタバタ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:31:15.90 ID:y6cAzk810

竜華「・・・・」パッ

穏乃「助け・・・あれ?」

竜華「・・・ごめんな?うちに抱きしめられるの・・・嫌やったんやな」グス

穏乃「あ・・・・」

竜華「っ・・そうやろな・・・名前に竜なんてついてるし・・・怖いもんなぁ」ヒグ..

穏乃「あの・・・」ズキッ

竜華「竜は大体敵やもんな・・嫌われて当然や・・・ううぅ・・・ぐす・・」

穏乃「・・・・・・そんな事ありません!!」

竜華「え・・・・穏乃ちゃん?」

穏乃「・・いきなり抱きつかれて・・ビックリしちゃっただけです!嫌ってなんかいません!!」

竜華「ほんま・・・?」グシュ..

穏乃「あ・・・・(なんか・・・可愛い・・・私より背も大きくて年上なのに・・甘えん坊みたいで・・)」ゴクリ

竜華「ほな・・・抱きついていい?」

穏乃「ふぁ、ふぁい!」ドキドキ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:34:48.08 ID:y6cAzk810

竜華「・・・・・」キュッ

穏乃「あ・・・・」

竜華「・・・こうしてると落ち着くわ。穏乃ちゃんは包容力あるなぁ・・よく言われるやろ?」

穏乃「いえ、言われた事ないですよ・・私小っちゃいし・・・包容力なんて・・」

竜華「・・・そら他の人が見る目ないんやな」

穏乃「え?」

竜華「こんなに甘え甲斐があるのに・・・」スリスリ

穏乃「そ、そう・・ですか?」

竜華「うん。・・・なぁ、頭撫でてくれへん?」

穏乃「い、いいですけど・・・」

竜華「お願い」

穏乃「はい・・・」ナデナデ

竜華「ん・・気持ちいい・・」

穏乃(なんだろう・・この感じ・・・今まであまり人に甘えられた事がなかったからかな・・?凄く嬉しい・・)ナデナデ



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:37:43.63 ID:y6cAzk810

竜華「・・・・なぁ」

穏乃「なんですか?」ナデナデ

竜華「・・・穏乃ちゃんとキスしたい」

穏乃「っ!?き、きす・・?」

竜華「うん・・・キスしたいねん」

穏乃「そそ・・・それは・・」

竜華「穏乃ちゃぁ~ん・・・」

穏乃「うぅ・・・・///」

竜華「ねぇ~・・キス~」スリスリ

穏乃「うぅう///」

穏乃(こんなに可愛くおねだりされたら・・断れないよ・・・)

竜華「キス・・・」ウル..



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:40:59.82 ID:y6cAzk810

穏乃「わ、分かった・・キス・・・しよ///」カァァ

竜華「っ!うん!!」パアァァ..!

穏乃(ぅわ・・・・可愛すぎるよ・・)ポー

竜華「ほな、お願い・・・」ンー

穏乃「う、うん・・・・」

竜華「・・・・」ンー

穏乃「・・・・///」

チュッ

穏乃(うわー!私、キスしてる!!初めてだよー!)カァァア..



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:45:19.99 ID:y6cAzk810

竜華「・・・」キラーン

穏乃「?」

竜華「じゅるうるるる!」

穏乃「もごぉ!?」

ジョルーズリュリュリュ..ンペロロー..

竜華「っ・・・」テュポーン

穏乃「あ・・・っふぁ・・・///」ガクガク..

竜華「ふふ・・・」

穏乃「りゅ・・りゅーかさん・・・もっと・・・」ハァハァハァ..

竜華「うん、また今度な」ニコッ..



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:50:12.38 ID:y6cAzk810

~阿知賀控室~

憧「っあああああああああああああああああああああ!!!!!」

晴絵「くっ!玄!宥!手伝って!!灼は入口を守って!」ガシッ!

玄「うん!・・・憧ちゃん、落ち着いて」ガシッ

憧「あのガキ!しずのクチヴァージンを奪うどころか、口内を堪能しやがったぁぁああああ!!なめてんじゃねえぞぉ!!らぁああ!!」

宥「あ、暴れちゃダメだよぉ・・・」ガシッ

憧「ああああああ!!七十発叩いてやるぅぅぅ!!!!!」

灼「憧・・・・」

ガチャッ

玄・宥・灼・晴絵「!?」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:53:45.26 ID:y6cAzk810

哩「・・・・」

灼(新道寺の・・・どうしてここに?)

憧「っ!」ブンッ!

晴絵「しまった!振りほどかれた!」

憧「・・・」タタタッ!

晴絵「灼っ!!」

灼「うん!ここは通さない」グッ..

哩「ワタシ ガ トメル」スタスタ

灼「えっ・・・ちょっと・・」

憧「っ!?」ピタッ..

哩「イカリ ヲ ステヨ」

憧「いきなり現れて何言ってんのよ!」

哩「イカリ ヲ ステヨ」

憧「偉そうに・・・あんたに何が分かる!あたしの気持ちなんか分かんないでしょ!!」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 22:58:16.64 ID:y6cAzk810

煌「それは違います」スバラッ!

憧「え・・」

仁美「・・姫子と部長は・・・」チラッ

哩「・・・・・・・・・・・・」コー..ホー...

憧「・・・・・そう・・なんだ・・・・・ごめん」

哩「アヤマル ヒツヨウ ハ ナイ キミ ノ イカリ モ モットモ ダ ムシロ ニンゲン ラシイ ト コウカン ヲ モッタ」

憧「白水さん・・・・ありがとう」

晴絵「・・・・憧」

憧「・・・ごめんみんな。あたし、ちょっと冷静さを欠いてた」

玄「ううん」

宥「しょうがないよ・・」フルフル

煌「・・・なんとかなりましたね」ホッ



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:01:04.54 ID:y6cAzk810

仁美「うん。それにしても・・・なんもかん・・・・・花田」

煌「はい?」

仁美「飲み物買うてきて。これお金」

煌「へ?・・分かりました・・」タタッ..

仁美(これで誰にも邪魔されん)フフン

仁美「それにしても・・・なんもかんも政」

灼「千里山の人が悪いね」

仁美「・・・・・・」チュゴゴゴゴゴ...

灼「え、な・・なに?」

哩「イカリ ヲ ステヨ」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:04:41.67 ID:y6cAzk810

~対局室~

淡「にゃむにゃむ・・・」スー..スー..

姫子「あ・・ふ・・・もっと・・・もっと・・・強く・・・///」ビビビビビビビクン

穏乃「ぁ・・・り、りゅーか・・さん・・・」

竜華「・・・・・ふふふふ・・・・・・あーーっははははは!!三人とも最高や!!可愛いすぎるやろ!!絶対離さへんからなぁ!!めちゃめちゃ愛したるわ!!」

~解説席~

恒子「えっと・・・これはどういう事なんでしょうか・・・小鍛冶プロ?」

健夜「・・・・///」ポー..

恒子「あのー・・小鍛冶プロ?」

健夜「へ?あ、はい・・なんでしょう?」

恒子「・・・いえ、ボーっとしてましたけど・・」

健夜「その・・・あんな情熱的なキスを見たのは初めてで・・・って、何を言わせるの!?」

恒子「自分発信だったじゃん・・・」

健夜「それはともかく!・・・この状況・・どう説明しましょうか・・・うーん・・・」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:12:44.39 ID:y6cAzk810

~病院~

怜「・・・すいません、わがまま聞いてもうて・・・大将戦終わったらすぐ部屋に戻りますんで」スタスタ

看護師「ええ」クスッ

泉「けど、ほんま無理せんといてくださいね?」

怜「分かってるて。ロビーでテレビ観るだけやし大丈夫や。お、やっとるやっとる。・・さて、一体どうなってるんやろ?」

恒子『花も恥じらうアラフォーの小鍛冶プロ!言葉を濁しています!』

健夜『そういう訳じゃ・・・それと、何度も言ってるようにアラサーだから!!』

怜「んー?後半戦の時間やのに打ってへんな・・なんでやろ?」

泉「さぁ・・・おかしいですね・・」

恒子『まぁまぁ・・小鍛冶プロのアラサー主張は置いときましょう!』

健夜『いや、主張も何も・・・』

恒子『今の状況を簡単に説明します!千里山女子、清水谷選手のハーレムが完成しました~!!』

健夜『ちょっと!何言っちゃってるの!?間違い・・じゃないかもだけど!これテレビだよ!!』



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:16:18.25 ID:y6cAzk810

怜「・・・・・・」

泉「・・・・・・」

恒子『えー!?でもそれ以外に表現しようがないしー・・』

健夜『それでも・・もうちょっとオブラートに包むというか・・』

竜華『あははははは!!みんなうちの嫁や!!みんな愛してるでー!!』

淡『うにゃー・・・りゅーか・・』スースー

姫子『ビビ・・・クン・・』

穏乃『もっと・・・キス・・はぁぁ・・///』

怜「―――――」コォォ..

泉「あ、あの・・・園城寺先輩・・・」

怜「ディーヤ!!」マワシゲリ!

泉「ぅわっ!」サッ!

看護師「わぁ!」サッ!

怜「りゅーーかぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁあああああ!!!!」ダダダダダッ!!



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:20:26.28 ID:y6cAzk810

~ホテル~

白望「・・・なんか凄い展開・・・」

胡桃「スタッフ怠慢!」

豊音「どうなるのかなー?」

塞「何がなんだか・・・」

トシ「!・・・・まずい」

塞「?」

カタカタカタカタ..

塞「え?・・・私のモノクルが・・・」

パリパリパリパリパリーン!

白望・胡桃「!?」

豊音「わぁぁぁ!ちょーこわいよー!」ビクビク

塞「全部割れた・・・・お気に入りも、色違いも保存用も全て・・・一体どうして・・?」

トシ「・・・とてつもなく激しい怒りに反応したんだろうね・・・」ズルズル..ハムハム



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:24:14.30 ID:y6cAzk810

~繁華街~

怜「りゅーかぁぁぁあぁぁあぁああああ!!!!!」ダダダダダッ!!

泉「せ、先輩!ま・・待って!!」タタタッ

泉(怒りで完全に我を忘れとる・・・・このままやと・・やべーす!)

?『イカリ ヲ ステヨ』

怜「!?」ピタッ!

泉「い、今のは?・・・あ、街頭テレビ・・・」

哩『イカリ ヲ ステヨ』

泉「あれは新道寺の部長?どうして対局室に?」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:29:15.97 ID:y6cAzk810

怜「・・・・」

哩『ナンド デモ イウ イカリ ヲ ステヨ』

怜「・・・・りゅーか・・」

泉「・・・」

怜「・・・・・・・・・・」

泉(収まった・・・)

哩『ナンド デモ イウ イカリ ヲ ステヨ』

泉「・・・・園城寺先輩・・病院に戻りましょ?」

怜「・・・うん、せやな」

怜(りゅーか・・・・・私は信じてるから・・・)



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:36:27.10 ID:y6cAzk810

~白糸台控室~

哩『コエ ガ カレル マデ イウ イカリ ヲ ステヨ』

竜華『あーーっはははははは!!』

淡『ふにゅ・・・』スースー..

姫子『ぁふぅ・・・はぁ・・はぁあ///』

穏乃『りゅーかさぁん・・・口が寂しいよー・・』

照「・・・・・・」

哩『エイエン ニ クリカエシ イウ イカリ ヲ ステヨ』

竜華『はははははは!!可愛い女の子最高ーーーー!!!』

菫「・・・・・・」

誠子「・・・・・」

尭深「・・・・・」

照「・・・・・なにこれ」

【完】



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05(土) 23:38:02.80 ID:y6cAzk810

読んでくれた人、どうもありがとうございました!


元スレ
浩子「出た・・・・最高状態の清水谷部長・・」