SS速報VIP:【モバマス】モバP「暑いので、アイドルに抱き付く」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598664768/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 10:32:48.94 ID:t9sRdhoDO

モバP(以下P)「暑い……」

P「事務所のエアコンの中にいてもこれなら、外から帰ってきたアイドルはもっと暑いはず」

P「……」



P「よし。帰ってきたアイドルに抱き付いて暑さを紛らわせよう!」←壊れてます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1598664768




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 10:43:44.17 ID:t9sRdhoDO

P「最初は……」

バタン

卯月「ただいま帰りましたーっ!」

未央「いやぁ、外は暑いねぇ」

凛「……プロデューサー?」

P「」

P「」フラフラ

ダキッ

凛「わ、わ、わ……(///)」

卯月「わぁ……」

未央「こ、こら!アイドルに抱き付くなんて不貞なプロデューサーめ!」

凛「ぷ、ぷ、ぷ、プロデューサー……??」ドキドキ

P「すまん。見ていたら……我慢できなくて」

凛「わ、私……まだシャワーを浴びてないから……」ワタワタ

P「大丈夫。常に汗をかく人間は、匂わないようになっているから」

凛「で、でも恥ずかしいし……」ドキドキ



P「ダメなのか……?」イケボ

凛「っ!」キュン





未央「あ、しぶりん。堕ちたな」

卯月「いいなぁ……」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 10:45:33.60 ID:t9sRdhoDO

凛「そ……その……仮眠室なら、誰もいないから……」ドキドキ

凛「もっと……抱きしめていいよ……」

P「あぁ……」スッ

凛「あっ…………うん」



卯月「お、お姫様抱っこで……」

未央「しぶりん……食べられちゃうのか」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 10:49:35.90 ID:t9sRdhoDO



「うん……いいよ」

「強く……もっと強く抱いて」



「抱きしめて……本物だけ見つめて……」

「深いよ……」





あぁぁぁ……んっ!



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 12:25:50.64 ID:t9sRdhoDO

「アイドル、渋谷凛さんと担当プロデューサーとの熱愛が伝えられ」

プツン



別のモバP「ふむ……CoolPのヤツ。アイドルに手を出したか……」

P「しかし暑いなぁ……」

P「事務所のエアコンの中にいてもこれなら、外から帰ってきたアイドルはもっと暑いはず」

P「……」



P「よし。帰ってきたアイドルに抱き付いて暑さを紛らわせよう!」←壊れてますPart2



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 12:30:00.40 ID:t9sRdhoDO

P「誰が来るかなぁ……早苗さんは来ないで欲しいなぁ」

ガチャ

早苗「お疲れー」

P「チェンジ」

早苗「へぇ……」パキポキ

P「はっ……い、今のは無しで!」

早苗「シメル」グキッ



P「あ゛……が……」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 12:32:35.07 ID:t9sRdhoDO

早苗「で、何。そんなに若い子がよかったの?」

P「はい。できれば薫やみりあやメアリーに芳乃ぐらいの」

早苗「ほぅ……それが本音かな?」

P「……はっ!いやその僕は」

早苗「やっぱシメル」グキッ

P「」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 22:41:28.99 ID:t9sRdhoDO

早苗「まったく……」

P「ゼェゼェ……」

早苗「抱き付きたいならここにもいるじゃないの……」

早苗「撮影から帰ってきたばかりで、汗だくな美女が」





P「いいんですか?」

早苗「P君だからね」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 22:51:14.12 ID:t9sRdhoDO

スッ

早苗さんに近づき、背中に手を回す

早苗「ん……」

そして――

ギュッ

早苗「あッ…………いいかも」

早苗「ねぇ……もっと強く抱いてくれない?」

リクエストに答え、強く抱く

いつもの組み衝かれているのと違う、この全然違うこの感覚はどう表現していいのか

ポミュ

……早苗さんの双丘をスーツ越しとはいえダイレクトに感じてきた

早苗「あーっ。今、いやらしいこと考えてるわね」

どうやら、考えていることを見透かされたようだ

悔しいので、もっとぎっと強く抱いてみる

早苗「あっ……」

早苗「……」

早苗「どうしたんだろ……今、P君からすごい……何て言うのかな、男を感じちゃうの」

早苗「変よね。P君なのに……」

早苗「ドキドキして……初恋の時だってこんなに思わなかったわ」

ギュッ

早苗「あァン!」

ジュン

早苗(や、やだ……濡れてきちゃった……)

早苗「も、もうダメぇ……」

早苗「ね……無茶苦茶にして……」



早苗「お願い……獣のように愛して」

早苗「私を支配するように…………」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 22:55:57.38 ID:t9sRdhoDO

「や……ンっ♥」



「グリグリしないで……ェ!」



「そんっ、な!そんなこと……ぉ♥」

「もっと……もっと欲しいからぁ」



「こころも……からだもっ、あなたのものでいっぱいにしてぇぇぇぇ!」



「すき……っ♥すき♥すき♥すき♥すきっ!」

「んッ、あ゛あッ、ふあっ、ふあッ――――――っ!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 23:03:08.64 ID:t9sRdhoDO

――――

早苗「あなたぁ、お弁当忘れてるわよ」

P「おっ、すまない。早苗の弁当を忘れては仕事にならないからな」

早苗「んもぅ……お世辞なんか……どうせ、私より若い子に夢中になるくせに……」



P「それだけはないさ」カベドン

早苗「っ!」キュン



P「オレが愛してるのは早苗。お前だけだからな」

早苗「う、うん……信じてるから。寂しいけど……」

P「なぁに……すぐに寂しくなくなるさ」スリスリ

早苗「う……うん。もう8ヶ月だもんね」

P「幸せだな」

早苗「私もよ」

P「じゃあ」アゴクイ

早苗「っ……」ンー

チュッ

P「それじゃあ、頑張ってくる」

早苗「うん。愛してるわ」





「ねぇ、雫ちゃん」

「何でしょうか、ユッコちゃん」

「早苗さんってあんな人でしたっけ?」

「どうでしょうか?でも、幸せそうだからいいのではないでしょうか?」

「そうだね」

(でも……)

(今だにチクリとするんです)

((胸の奥から……ずっと))



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 23:08:31.93 ID:t9sRdhoDO

「元アイドル、片桐早苗さんに女の子が生まれたと伝えられ」

プツン



別のモバP「ふむ……PassionPのヤツ。たぎってアイドルに手を出したか……」

P「しかし暑いなぁ……」

P「事務所のエアコンの中にいてもこれなら、外から帰ってきたアイドルはもっと暑いはず」

P「……」



P「よし。帰ってきたアイドルに抱き付いて暑さを紛らわせよう!」←壊れてますPart3



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 23:16:35.02 ID:t9sRdhoDO

P「誰が来るかなぁ……B71以下は来ないで欲しいなぁ」

ガチャ

舞「お疲れ様です」

P「チェンジ」

舞「え?」

P「い、いや御免。なんでもないよ」

舞「でも……」

P「大丈夫だから。単なる独り言だから」

舞「でも……みんな噂しているんです」

P「何をかな?」





舞「汗をびっしょりかいて事務所に帰ってきたら、プロデューサーさんが抱きしめてくれるって」

P「」

舞「だからほら……」アセビッショリ

P(うわぁ……白いワンピースが汗でスケスケになって、びっちりついて足やら体やらラインが……)

P(うぉ、腰が細っ!!)

P(あ、ちゃんと下着は着用しているな。上はノーカップブラで下は普通に紐……)

P「ん??」

舞「えへへ……」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/29(土) 23:29:52.11 ID:t9sRdhoDO

P「し、しかし……」

舞「大丈夫ですよ。私は抱きしめて欲しいだけです」

舞「抱いてほしいだなんて露骨な要求はしてませんから」

P「君、ほんとに舞ちゃん?千枝ちゃんかみりあちゃん辺り化けてない?」

舞「ぶー!」

舞「そんなに疑うのでしたら……」ギュッ

P「お、おい、手なんか掴んで」



モミュ

P「」

舞「どうですか!あの二人に比べてぺったんこですよ!」モミモミ

舞「……一応、B60代アイドルでは真ん中のサイズですけど……」モミモミ

P「」



(なお、仁奈62、小梅66、ありす68、こずえ62、千佳60、薫65に対して、舞64)



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/30(日) 00:36:04.36 ID:FEFFB4CDO

舞「ど、どうでしょうか……」モミモミ

P「」

舞「……」





舞「」#

ドスッ

P「わわっ」

ドサッ

P「痛たたた……って舞ちゃん。そんなことしちゃ危ないよ。今はソファの上だからよかったけど」

舞「ソファの上だからいいんですよ」

ノシッ

P「え……」

舞「ここなら聞こえます。Pさんの心臓の音が……なんだか安心できる音です」

P「それはよかった。だから……」

舞「なので、次は私の心臓の音も聞いてもらいますね」





舞「直接」ヌギヌギ

P「ゑ゛?」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/30(日) 00:56:12.37 ID:FEFFB4CDO

「あ、えっと……ふ、普通にしていいですよ」

「でも、まずはキスから……えへへっ」

「んっ……ッ……」

「…………っ……んぅ――――――…」



「んふっ!?――――っ、う……あ、そこ……」

「…あッ――――ぁ……はぅっッ――――!!」

「び、びっくり…し、しました――――舌を入れるなんて……」

「…や――――ァァ……あ゛ッ――!!」



「……ぅ……っ……、うん…………」

「い、いざとなると……緊張……します……」

「――――あ――――――」

「――……ア――――――」

「――んあっ……ッ!!」

「だ、大丈夫……です――く……ッ……う…………」



「……思ったより痛くありません……それより」

「あなたと一緒になれたのがこんなに……嬉しいなんて……知らなかったです――」

「だから」

「最後まで――――お願いします」





「……っ…………、あ……ひィんッ――――」

「……ぁ……はァ――――、はぁ……ッ……ぁうっ――――」





「大好きです!」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/08/30(日) 01:01:00.51 ID:FEFFB4CDO

………………

P「あ、あの……舞ちゃん」

舞「今日もお付き合い、お願いしますねっ」

P「あ……あぁ……」

舞「♪~」



「舞ちゃん、元気ですね」

P「あ……?あぁ……」

「どうしたんですか?P様はお身体の調子でも?」

P「…………舞ちゃん、底無しでね」

「まぁ……そうでしたの」

(育ち盛りだからでしょうか?)

P(うぅ……今夜は8回で済むかなぁ……)



おしまい


元スレ
SS速報VIP:【モバマス】モバP「暑いので、アイドルに抱き付く」