曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」

曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」

曜「鞠莉ちゃんとマザーズデイ」

鞠莉「曜とのなかよし温泉旅行記」

曜「紫陽花の鞠莉ちゃん」

鞠莉「スウィート・リベンジ」

曜「サラダ記念日」

曜「憧れは淡く身を包んで」

曜「鞠莉ちゃんのレモンな思い出」

曜「鞠莉ちゃんと放課後デート」

曜「鞠莉ちゃんとのレモンな生活」

曜「待ち人、来ること遅し」

曜「鞠莉ちゃん先生とお泊り勉強会」

鞠莉「クリスマス・アフター・クリスマス」

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』















1: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:02:06.93 ID:0qDDvclO.net

ようまり



2: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:02:36.99 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「曜、ちょっと背中貸して」

曜「いいよー。って、背中?」

鞠莉「安心して、変なことはしないから」

曜「自分からそう言うあたりが既に怪しい…」

鞠莉「こーら、じっとして」

曜「う、うん…ひゃあっ!?」



3: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:05:08.39 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「だから、じっとしてってば」

曜「な、なにして…文字書いてるの?」

鞠莉「そう!なんて書くか当ててみて」

曜「う、うん」

鞠莉「ふふーん♪」

曜「なんか、こそばゆい…」



4: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:05:52.99 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「はい、なんて書いたでしょう」

曜「あ、もう終わったの?」

鞠莉「さあさあ、答えは?」

曜「うーん…ダメ、お手上げだよ。何文字書いたかさえわからないし、見当もつかないや」

鞠莉「いきなりノーヒントは難しかったかもね。なら、ヒント付きでもう一回やる?」

曜「やる!」



5: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:07:09.16 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「そうこなくっちゃ!これから書くのは、カタカナ2文字よ」

曜「カタカナ2文字、了解であります!」

鞠莉「それじゃ、1文字目。いくわね」

曜「んんっ」

鞠莉「動くと余計難しくなるわよ」

曜「指でなぞられると、くすぐったくて…」



6: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:08:09.91 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「感度良好ね」

曜「変な言い方しないの」

鞠莉「え?今の、何か変だった?」

曜「な、なんでもない」

鞠莉「そう?続いて2文字目よ、集中集中」

曜「んーっ…」



7: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:09:18.97 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「はいっ、終わり。なんて書いたでしょうか」

曜「えっと、2文字目は、多分『シ』だと思う」

鞠莉「おおっ、合ってるわ。1文字目は?」

曜「そこがいまいち自信がなくて。たしか、こういう動きしてたから…あっ、もしかして、『ス』?」

鞠莉「正解!では改めて、答えをどうぞっ!」

曜「スシ!」



8: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:10:21.13 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「エグザクトリー!正解者に拍手ー!」

曜「やったー!って、なんでスシ?」

鞠莉「昨日テレビで回転寿司特集をやっててね、それがずっと頭から離れなくて」

曜「は、はぁ」

鞠莉「そんなわけで、今日はなんだかお寿司が食べたい気分なの。ね、一緒に行かない?」

曜「うーん、誘ってくれるのは嬉しいんだけど…」



9: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:11:07.29 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「気が乗らない?」

曜「いやほら、生魚が苦手な私と一緒じゃ、鞠莉ちゃんがお寿司を楽しめないかもって」

鞠莉「そうかしら。玉子とか、海苔巻きとか、生魚を使わないお寿司も多いし、それこそ曜が大好きなハンバーグもあるんでしょ?」

曜「まあ、確かに。家族でたまに行くけど、食べるものが無くて困っちゃったってことはないね」

鞠莉「それに知ってるのよ、回転寿司にはお寿司だけじゃなくて、ラーメンやスイーツまで取り揃えてるってこと」

曜「おおっ。鞠莉ちゃんからそういう話を聞くのって、なんか意外」



10: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:12:05.46 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「お寿司の枠にとらわれないラインナップ、まさにエンターテインメントだわ!曜と行ったら、きっと楽しいだろうなって」

曜「!」

鞠莉「一緒に行きましょ、ね?」

曜「…うんっ!私でよければ、お供するであります!」

鞠莉「そうこなくっちゃ!じゃあ、今日の練習後はよろしくね」

曜「えっ、今日なの?」



11: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:12:50.58 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「言ったでしょ、昨日から頭を離れないって。このワクワクを思いっきり解放したいのデース!」

曜「そっか、そうだね。思い立ったが吉日、だもんね!」

鞠莉「そういうこと!」

曜「よーし!何気に私も回転寿司は久々だし、今日は練習頑張って、美味しいのをいっぱい食べるぞー!」

鞠莉「おーっ!」

『スシ』



12: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:13:34.17 ID:0qDDvclO.net

……………………………………

鞠莉「曜ー、背中貸して」

曜「ん、またやるの?」

鞠莉「この前やったとき、結構楽しかったからね。ってことで失礼」

曜「わっ」

鞠莉「ふふっ、うりうり」

曜「ちょ、本当に書いてる?」

鞠莉「書いてる書いてる」



13: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:14:22.85 ID:0qDDvclO.net

曜「いやいや、絶対書いてないでしょ。背中のあっちこっちを指でぐりぐりしてるだけで」

鞠莉「ちゃんと書いてるって。文字じゃなくて、点だけどね」

曜「ええ、そんなのアリなの、うひゃっ!?」

鞠莉「わお、ナイス反応!」

曜「も、もうっ、真面目に…きゃあっ!」

鞠莉「あらあら、可愛い声ね♪」



14: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:15:05.70 ID:0qDDvclO.net

曜「ま、鞠莉ちゃ、ひゃっ!?」

鞠莉「そっかー。曜はここが弱いのかー」

曜「や、やめてよ、んあっ!」

鞠莉「ふふっ、感度良好ね。ここまで近づけば、もはやマリーからは逃げられないのデース!」

曜「ひゃはは!く、くすぐったい、これダメだって、あはははっ!」

――――――――

善子「どうして部室に入らないの?」

ルビィ「えっと、お邪魔しちゃ悪いかなって」

『ぐりぐり』



15: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:16:04.51 ID:0qDDvclO.net

……………………………………

曜「…はぁ」

鞠莉「曜」

曜「あっ…鞠莉ちゃん。どうしたの?」

鞠莉「背中、いい?」

曜「うん、いいよ」

鞠莉「ありがと。では…ハグっ」

曜「わっ」



16: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:16:54.74 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「からの、ぎゅっとね」

曜「…いつもみたいに、何か書くんじゃないの?」

鞠莉「今日はお預けよ。なんだか、背中が寂しそうだったから」

曜「鞠莉ちゃん…」

鞠莉「書くのはまた今度してあげる。だから今は、もう少しこのまま抱きしめさせて」

曜「…鞠莉ちゃん…私、わたしっ…!」

鞠莉「いいのよ、いいの」

『小さな背中』



17: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:17:44.30 ID:0qDDvclO.net

……………………………………

鞠莉「曜、いいかしら?」

曜「背中に文字クイズのお時間だね」

鞠莉「あら、よくわかったわね」

曜「毎日のようにやってれば、そりゃあね」

鞠莉「話が早くて助かるわ。では、さっそく出題よ」

曜「どんとこいだよ!」



18: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:18:31.97 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「今回はひねり技はなし。オーソドックスにやっていくわ」

曜「なおさら外せないね。何文字?」

鞠莉「それを言ったらわかっちゃいそうだから、英単語とだけ」

曜「うむむ、英語かぁ…」

鞠莉「大丈夫よ、誰でも知ってる単語だから」

曜「んー、それなら。あっ、筆記体は無しだよ」

鞠莉「はいはい。じゃ、始めるわよ」



19: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:19:30.95 ID:0qDDvclO.net

曜「ん、これは…」

鞠莉「わかった?少し簡単過ぎたかしら」

曜「流石にわかるよ。答えはY、O、UでYOU、『曜』!私の名前!」

鞠莉「なるほど。答えは『曜』。それでいいのね?」

曜「もちろん!今回は自信ありだよ!」

鞠莉「…残念!渡辺選手、惜しくも不正解っ!」



20: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:20:16.95 ID:0qDDvclO.net

曜「うええっ、違うの!?」

鞠莉「かなり近かったけどね。Y、O、Uまではあってたわ」

曜「そこまであってて、いったい何が違ったの?」

鞠莉「それはね、読み方よ」

曜「読み方?あっ、まさか!」

鞠莉「気付いたみたいね。私が書いたY、O、Uは『曜』ではなく、二人称を表す『You』でしたー。この勝負、マリーの一本勝ちっ!」



21: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:21:24.14 ID:0qDDvclO.net

曜「異議!異議あり!」

鞠莉「異議は認めまセーン、申し立ては却下デース」

曜「初めから答えを差し替えるつもりだったんでしょ、私が『曜』って言えば『You』に、『You』って答えたら『曜』に!」

鞠莉「さあて、なんのことデース?」

曜「くっ、あくまでもシラを切り通すつもりだね」

鞠莉「シラを切るなんて、人聞きが悪い。そんなひどいこと、マリーしないデース」



22: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:22:15.40 ID:0qDDvclO.net

曜「ぐぬぬ、そっちがその気なら…とうっ!」

鞠莉「きゃっ!?」

曜「背中をとった!からの、わしわし、かっこ見習い版かっことじー!」

鞠莉「わっ、わわっ、ひゃあっ!」

曜「攻撃は最大の防御なり!鞠莉ちゃんは仕掛ける側でいることが多いだけに、実は不意の接近戦が弱点ってことは織り込み済みだよ!」

鞠莉「よ、曜、やんっ!」



23: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:23:19.53 ID:0qDDvclO.net

曜「いい反応だね。感度良好、だっけ?」

鞠莉「こ、こらっ、いい加減に、んんんっ!」

曜「変な声出さないの。それこそ人に聞かれたら、誤解されちゃうよ」

鞠莉「な、なら、そのくすぐりをすぐにやめ、きゃあっ!」

曜「ヨーソロー!」

鞠莉「ひゃ、あはははははっ!」



24: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:24:00.39 ID:0qDDvclO.net

――――――――

◆部室前

「うりうりー」「ひゃああっ」

善子「またやってる。これはちょっと入りにくいわね」

花丸「いわゆるお楽しみ中、ずら」

善子「ずら丸…間違ってはいないけど、すごい言い方するのね」

花丸「仲良きことは美しきかな。ね、ルビィちゃん」

ルビィ「ねー」

『逆襲ヨーソロー』



25: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:24:36.85 ID:0qDDvclO.net

……………………………………

鞠莉「曜、せーなか」

曜「はいはい、どうぞ」

鞠莉「では失礼。今日のは難しいわよ、曜に当てることができるかしら」

曜「望むところっ!…え、これ本当に文字?」

鞠莉「もちろん」

曜「そうなの?線の量が凄くて、さっぱりわかんない…」



26: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:25:13.94 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「なら大ヒント。私の大好きなものよ」

曜「えっ!」

鞠莉「ふふっ、もうわかったでしょ…あら?」

曜「あぅ…」

鞠莉「曜?どうしたの、急にもじもじし始めて」

曜「だって、大好きってそんな…いきなり言うんだもん…」



27: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:27:21.22 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「ん?」

曜「えへへ、照れちゃうであります…」

鞠莉「んん?私、檸檬って書いたんだけど…」

曜「ふふっ。大好き、だって」

鞠莉「聞こえてない…ま、いっか。なんだか嬉しそうだし、からかうネタも増えそうだし♪」

『檸檬』(曜ちゃんの想定『渡辺曜』)



28: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:28:28.94 ID:0qDDvclO.net

……………………………………

鞠莉「曜、そのままね」

曜「はーい。そろそろ来ると思ってたよ」

鞠莉「なら好都合ね。それじゃさっそく」

曜「ん…ね、文字を書いてるんだよね?」

鞠莉「ええ。どうして?」

曜「やたらと線が多いから。最近、画数すごくない?」



29: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:29:09.43 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「難易度はベリーハードね。でも、曜ならわかるはず。はい、答えは?」

曜「んー…難しいから、もう一回書いて」

鞠莉「いいわよ」

曜「ふふっ」

鞠莉「くすぐったかった?」

曜「ううん、違うよ」



30: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:30:13.79 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「そう?」

曜「そうそう。ふふっ」

好きな人に、好きな人の名前を書かれるって不思議だな。

鞠莉「おかしな曜ね。はい、答えは?」

曜「うーん、もう一回」

鞠莉「また?」

曜「ほんの少し、あとちょっとでわかりそうなんだけど、決め手にかけるんだもん」

鞠莉「しょうがないですねぇ。なら、ゆっくり書くから、そろそろ当ててね」

曜「はーい。えへへっ」

『鞠莉』



31: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:32:23.07 ID:0qDDvclO.net

……………………………………

鞠莉「曜、今いい?」

曜「ちょっと待ってて、すぐ仕上げちゃうから――よし、お待たせ。いつもの、だよね」

鞠莉「イエス!お背中レンタルのお時間デース」

曜「お互いすっかり日課だよね。今日はどんな感じ?」

鞠莉「ん、カタカナの予定だったんだけど、漢字の方がよかった?」

曜「ああ、そっちの『かんじ』じゃなくて、どんな様子かなって」

鞠莉「ああ。ふふっ、日本語って面白いわね」



32: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:33:15.29 ID:0qDDvclO.net

曜「英語もね。以前の『曜』と『You』には、してやられたよ」

鞠莉「気取った言い方しちゃって。出題はカタカナで、2文字よ」

曜「あれ、今日はヒントが多いね」

鞠莉「当ててほしいからね。いくわよ」

曜「はーい」

背中に意識を集中させる。鞠莉ちゃんはゆっくりと、しっかりと指で直線を描いていく。
えーと、この動き、1文字目は『ス』だ。続く2文字目は――

曜「…あっ」



33: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:33:55.60 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「わかった?」

曜「うん、けどさ」

これって、アレだよね。

鞠莉「なら大きな声で答えを、どうぞっ!」

どうしよう。ええい、言ってしまえ。
私は鞠莉ちゃんの方を振り向いた。

曜「スキ!」

鞠莉「私も!」

答えるやいなや、鞠莉ちゃんが腕を広げて胸元に飛び込んでくる。私はハグでぎゅっと迎え入れた。



34: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:37:01.73 ID:0qDDvclO.net

鞠莉「曜っ!」

曜「鞠莉ちゃん!」

お互いを抱きしめあうハグは優しくて、心も体もあったかくなる。それぞれの名前を呼びながら、私たちは視線が交わるたびに笑い合った。

鞠莉「曜、曜っ」

嬉しそうな顔しちゃって。本当に可愛い。
なんだかとっても愛おしい。

鞠莉「あ、言ってなかったけど、今の『スキ』、録音したから♪」

曜「ええっ!?」

たじろぐ私をよそに、鞠莉ちゃんは「毎日聞いちゃおう」「アラームや着信にセットしようかしら」と追い討ちをかけてくる。
もちろん、最高のスマイルと一緒に、だ。

曜「もう…鞠莉ちゃんには敵わないなぁ」

今日も今日とて、一本取られたのは私の方だったみたい。

『スキ』



終わり



35: 名無しで叶える物語 2020/08/30(日) 11:37:39.90 ID:0qDDvclO.net

全弾撃ち尽くしました。指で背中に文字を書くようまりでした。

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

鞠莉「夏の日は白く流れるように」

ありがとうございました。


元スレ
鞠莉「背中に気持ちをなぞらせて」