1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:03:27.34 ID:MQa8w98B.net

真姫「!」

モブ一年(わっ…綺麗な人だなぁ……)

真姫「ねぇ貴方」ファサァ

モブ「は、はいっ!」ドキッ

真姫「このリボンあげるから、髪をツインテールにしてもらえる?」

モブ「えっ?」

真姫「早く」

モブ「は、はい…こうですか…?」モゾモゾ

真姫「もうちょっと上」

モブ「え、あ、はい………」モゾモゾ

真姫「…まぁ、そんなものね」

モブ「あの、これは一体…?」

真姫「次、にっこにっこにーってやって見て」

モブ「へ?に…?」

真姫「にっこにっこにーよ、ホラ、早く」

モブ「え、え…?」フルフル

真姫「こうよ!手を上げて!指の形はこう!」グイッ

モブ「や、嫌…!」ブルブル

真姫「ホラ!にっこにっこにーしなさいよ!!」

モブ「いっ、嫌あああああああっ!!!」ダダッ



5: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:15:21.26 ID:MQa8w98B.net

真姫「にこちゃん… にこちゃん……」ウロウロ


海未(……アレは大丈夫なのでしょうか)コソコソ

凛(どう見ても頭おかしい人だにゃ)コソコソ

穂乃果(真姫ちゃん……)コソコソ


真姫「……」ピタッ


穂乃果(鏡見てるよ)

海未(アレは…リボン…?)

凛(ツインテにしてるにゃ)


真姫「……にっこにっこにー♪」


穂乃果(うわぁ……)
凛(……いたたまれないにゃ)



8: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:26:25.45 ID:MQa8w98B.net

凛「……ってな感じだったにゃー」

花陽「大変だったね……」

凛「キチガイの相手は疲れるにゃ」

花陽「あ、はは……ね、ねぇ、にこちゃんとは連絡取れないのかな」

凛「にこちゃんは週末しか会えないって言ってるにゃ」

花陽「えっ?」

凛「アルバイトが忙しくて、土曜日しか会えないらしいにゃ」

花陽「えっ…それって……」

凛「?」

花陽「週一回は会ってる…んだよね…?」

凛「そうにゃ」

花陽「えっ」

凛「電話は毎日してるらしいにゃ」

花陽「えっ」



13: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:46:45.01 ID:MQa8w98B.net

真姫ちゃん自宅

真姫「にこちゃん……にこちゃん………」ブルブル

ガチャッ

真姫「にこちゃん!?」ガタッ

真姫「にこちゃ……」

パパン「真姫……」

真姫「………」パタン

パパ「ま、真姫!」

真姫「…何?」カチャ

パパ「まぁ、その、何だ…… 二年生になってから、成績が落ちているようじゃないか」

真姫「だから……?」

パパ「…そこで思ったんだが、どうもお前は病気なんじゃないかと思ってな」

真姫「私の問題よ…放っておいて……」

パパ「そういうわけにはいかん」



21: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 02:01:45.94 ID:MQa8w98B.net

パパ「お前、このままでは――」

prrrr

真姫「!」

パパ「?」

にこ『にっこにっこにー! 真姫ちゃん?』

真姫「…にこちゃん」ポロポロ

パパ「……」

にこ『…?真姫ちゃん?』

真姫「ナ、ナニヨ!ナイテナンカナイワヨ!!」

にこ『え?』

真姫「な、なんでもないわよ! …それで、何のよう?」



22: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 02:07:36.01 ID:MQa8w98B.net

真姫「! もしかして、急にお休みになったとか? 私ならいつでも……」

にこ『なワケないでしょー、逆よ逆』

真姫「?」

にこ『今度の土曜日だけど、急にシフト入っちゃったのよ』

真姫「………えっ」

にこ『だから悪いけど、今度の土曜日は会えないの』

真姫「えっ… だっ、代休はあるのよね!?」

にこ『アルバイトにそんなのあるわけないでしょー、こっちは時給で働いてんのよ』

真姫「……」ペタン

にこ『? もしもーし?』

真姫「………」


パパ「………」



25: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 02:12:45.90 ID:MQa8w98B.net

にこ『もーしもーし』

パパ「……」ヒョイ

真姫「あっ!?」

パパ「もしもし」

真姫「返してっ!パパっ!返してよっ!!!」ボコボコ

パパ「」グイッ

真姫「んむっ…!  んー!んー!!!」ジタバタ

パパ「もしもし」

にこ『…どちら様?』

パパ「真姫の父親です」

にこ『えっ、あっ、どうも…』



44: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 20:39:49.43 ID:MQa8w98B.net

真姫パパ「これから話をしたいんだがいいかね」

にこ『あ、はい』

真姫パパ「電話ではなんだ、今から君のところへ行こう」

にこ『えっ?』

真姫パパ「君は今どこにいるのかな?」

にこ『あの……家ですけど……』

真姫パパ「じゃあ今すぐそちらに伺うよ」



45: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 20:44:26.55 ID:MQa8w98B.net

パパ「今からこの矢澤君のところへ行く、真姫、案内しなさい」

真姫「ハァ!? 何言ってるのよ!イミワカンナイ!!」

パパ「矢澤君に会いたかったんじゃないのか?」

真姫「……」






真姫パパ「……まだか?」

真姫「ちょっとまってよ!にこちゃんに会うのにこんな格好で会えるわけないでしょ!!」



47: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 21:46:03.26 ID:MQa8w98B.net

ブロロロロ…


真姫「……あそこ、あのマンション」

パパ「そうか」

真姫「…にこちゃんに会って、何を言うつもり?」

パパ「今のお前の事だ」

真姫「っ……」

パパ「今のお前の現状を話し、協力してもらうつもりだ」

真姫「協力ってなによ…… 私とにこちゃんをどうするつもりなのっ!!」

パパ「……真姫は、このままでは駄目だと思わないのか?」

真姫「私はにこちゃんさえいればいいの!!にこちゃんがいなかったら生きてる意味なんて無いの!!!」

パパ「……」



48: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 21:56:11.74 ID:MQa8w98B.net

パパ「では行ってくる。真姫は待っていなさい」バタム

真姫「えっ?」






ピンポーン

にこ「はい」ガチャッ

真姫パパ(おや?中学生かな)

真姫パパ「こんにちはお嬢さん、お兄さんはいるかな」

にこ「え? 私に兄はいませんけど…」

真姫パパ「? おかしいな、真姫の友達の大学生と会う約束をしていたんだが……」

にこ「あ、はい、私です」

真姫パパ「」



52: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 22:02:00.92 ID:MQa8w98B.net

こころ「どうぞ、お義父さま」コトッ

真姫パパ「ありがとう」

真姫パパ(女の子だったのか……しかも小さい……)

にこ「あの、はじめまして、真姫ちゃんの友達の矢澤にこです」ペコッ

真姫パパ(ニコチャンというのもあだ名か何かかと思っていたが……)


にこ「あの、それで……」

真姫パパ「あ、いや、んん、あぁ、うん」



54: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 22:14:43.53 ID:MQa8w98B.net

真姫パパ「…君は、今の真姫を知っているかい?」

にこ「え…まぁ…毎週会ってますから…」

真姫パパ「ハッキリ言って、今の真姫は正常じゃない」

真姫パパ「学校からの話では、課題も提出しない、授業もまともに受けていない、他の生徒には迷惑をかける。 とにかくひどい有様らしい」

にこ「! あの真姫ちゃんが…そんな……?」

真姫パパ「そして……その原因はおそらく君にあると思っている」



57: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 22:25:58.64 ID:MQa8w98B.net

真姫パパ「そこで、君に話しておきたいことがある」

真姫パパ「」フウトウドサッ

にこ「…?」

真姫パパ「…中を見てもらえばわかると思う」

にこ「……  ! お金…!?」

真姫パパ「……」



58: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 22:32:06.25 ID:MQa8w98B.net

――――――――


真姫「なによこれ!何で開かないのよ!」ドスンバタン

真姫「にこちゃん!今行くから!!」ガツンガツン

真姫「にこちゃん!にこちゃん!!!」

ナンヤアノクルマー

真姫「にこちゃん!! にこ……」

「メッチャ揺れてるやん」

真姫「…?」

希「あれ、真姫ちゃんやん」

真姫「希!?」

希「えらい久しぶりやねー、これ真姫ちゃんの車やったんか」

真姫「希!開けて!!」バンバン

希「え?」



60: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 22:37:09.27 ID:MQa8w98B.net

――――――――――――――――

真姫パパ「…聞けば、君は兄妹も多く、アルバイトをして家計を支えているようだね」

にこ「…はい」

真姫「その境遇をつらいと思ったことはないかな?」

にこ「……」

真姫パパ「アルバイトに時間が取られれば、君の目指すアイドルとしての活動もやりにくいだろう」

真姫パパ「君のお母さんにも、少しは楽をさせてあげられるんじゃないかい?」

にこ「……」

真姫パパ「…それに、何も一生ということじゃない。真姫が高校を卒業し、大学へ進学するまで…」

真姫パパ「いや、大学を卒業するまで、8年間だけでいい」

真姫パパ「金額が不足なら、そう言ってくれても構わない」

にこ「……」

にこ「……」ずいぶん、私一人にお金をかけるんですね」

真姫パパ「それが親の愛と言う物だよ、私なりのね」

にこ「……」



61: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 22:42:52.58 ID:MQa8w98B.net

にこ「……分かりました」

真姫パパ「…ありがとう」

にこ「……この話は、真姫ちゃんは――」

ダンダンダンダン

にこ「!?」

真姫「にこちゃん!開けて!!」ドンドンドンピンポピンポピンポ

にこ「真姫ちゃん!?」

真姫パパ「!! …」


希「真姫ちゃん落ち着きーや!」

真姫「にこちゃん!にこちゃん!!!!」ドンドンドンドン

希(アカン)



74: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 01:13:32.33 ID:94l2rZXP.net

真姫『にこちゃん!にこちゃん!!!!』ドンドンドンドン

虎太郎「ビェェェェ!!」

にこ「あっ!」

こころ「お、お姉さま!お義姉さまが!」

真姫『にこちゃん!!!!開けて!!にこちゃん!!!!』ドンドンドンガンガンガン

希『近所迷惑!近所迷惑やから!ちっちゃい子もおるから!』

真姫パパ「……開けてやってくれないか」

にこ「あの…でも…」

希『あ、開いてるやん』ガチャッ

真姫「!?」



75: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 01:16:21.23 ID:94l2rZXP.net

真姫「にこちゃん!にこ……」

真姫パパ「真姫……」

にこ「真姫ちゃん」

希(どういう状況なんよ……)


真姫「…にこちゃん…それ…何……?」

にこ「えっ?あっ」

真姫「何なのよそれ……お金……?」ガクガク



78: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 01:25:15.79 ID:94l2rZXP.net

真姫パパ「真姫、今日は帰ろう」

真姫「うるさい!!! なんなのよ!お金なの!?私よりもお金がいいの!!?」

真姫パパ「真姫、落ち着け」

真姫「なによ!!!お金なんて!!!お金…払うから!!私もにこちゃんにお金あげるから!!!!」ボロボロ

希(うわぁ)

にこ「ちょっと真姫ちゃん、落ち着きなさいよ」

真姫「一人にしないで!!何でもするから!!!」ボロボロ

にこ「落ち着けって言ってるのよ」チョップ!

真姫「あうっ」ベシンッ



79: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 01:30:49.83 ID:94l2rZXP.net

―――――――――


にこ「落ち着いた?話できる?」

真姫「うん……」グスッ

真姫パパ「ふぅ……」

希(ウチおってええんかな)


にこ「聞きたいんだけど、真姫ちゃん、学校の成績落ちたって本当なの」

真姫「…うん」グスグス

にこ「周りにも迷惑かけてるらしいじゃない」

真姫「うん…」

にこ「なんでそんなことになってんのよ」

真姫「だって、だってにこちゃんが……」グスグス

にこ「私が何したっていうのよ」



83: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 02:33:51.08 ID:94l2rZXP.net

真姫「だってにこちゃん……土曜日しか会ってくれないし……」グスッ

にこ「金曜の夜から一緒に居るじゃないのよ」

真姫「朝電話しても出てくれないし…」

にこ「夜1時まで喋って、朝4時に電話くれても出られないわよ」

真姫「ラインも既読スルーするし……」

にこ「それは…悪かったわね……」

真姫「えっちも私が言わないとしてくれないし……」メソメソ

にこ「ちょっ!///」

真姫パパ「……あ、いや、…続けて?」

希(…にこちゃんも真姫ちゃん大好きやねんなぁ)



160: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 01:04:27.56 ID:VrAHJLRM.net

にこ「それじゃ、学校で私に会えないから、学校の勉強が身に入らないって言うの?」

真姫「……」コクリ

真姫パパ「……」

にこ「…はぁー」

にこ「……」ジロッ

真姫「」ビクッ

真姫「だ、だって…しょうがないじゃない!!私にこちゃんの事が好きなのっ!!」ガタッ

真姫パパ「真姫」

真姫「にこちゃんが居ないから!私はにこちゃんが居ないと駄目なのっっ!!!」

真姫「ハァ…ハァ……」グスッ

にこ「…終わり?」

真姫「・・…」



161: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 01:07:33.83 ID:VrAHJLRM.net

真姫パパ「……  もう時間も遅い、今日は帰ろう」

真姫「…………嫌」ボロボロ

真姫パパ「あんまり矢澤君を困らせるんじゃない」

真姫「………」

にこ「…今日はもう帰んなさいよ、また話聞いてあげるから」

真姫「………」

真姫パパ「君も送ろうか?」

希「あ、ウチは平気です」



165: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 01:39:13.23 ID:VrAHJLRM.net

―――――――

希「…真姫ちゃん、どうかしたん?」

にこ「聞いての通りよ、にこにあえなくて寂しいって」

希「難儀やね… …にこっちは今何してるん?」

にこ「……………………………」

にこ「………………………聞く?」

希「……やめとこかな」

にこ「ま、フリーターみたいなものよー」

希「忙しいん?」

にこ「まぁね」

希「そしたらもう…アレやん?」

にこ「何よ?」

希「にこっちと真姫ちゃんが一緒に住んだったらええんとちゃう?」

にこ「……」



166: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 02:10:32.54 ID:VrAHJLRM.net

―――――――――――
パパ「真姫、落ち着いたか」

真姫「………」

パパ「……お前が彼女の事をどれだけ思っているのかはよく分かった」

真姫「……」

パパ「………」

パパ「……お前が入ってくる前に、矢澤君と話をしたんだが――」

真姫「………そうよ」ポツリ

パパ「?」

真姫「あのお金…にこちゃんが受け取ったの……?」

パパ「…そうだ」

真姫「お金……」ポロポロ

真姫「お金なの…?私より、グスッ…お金……」ボロボロ

パパ「落ち着きなさい」

真姫「なんであんなことしたのよ……意味分かんない……」ボロボロ

パパ「お前の事を思った結果だ」

真姫「嘘よ!! なにが私の為よ!!!」グイッ

パパ「うぉっ!? お、落ち着きなさい!」キキィ

真姫「もういいわよ!にこちゃんに会えないなら死んじゃったほうがマシよ!!」

パパ「真姫!!違う、あのお金は――」



186: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 20:29:54.52 ID:5uK96zi5.net

――――――――――
prrrrrr

にこ「真姫ちゃん?」

真姫『……』

にこ「もしもしー」

真姫『…にこちゃん』

にこ「なぁに」

真姫『……』

にこ「…パパさんから聞いた?」

真姫『……うん』



190: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 20:42:17.35 ID:5uK96zi5.net

にこ「あとは真姫ちゃん次第よ」

真姫『…うん』

にこ「ま、よく考えたら? 今料理作ってるから、一回切るわよ」

真姫『……にこちゃんは…』

にこ「?」

真姫『にこちゃんは……嫌じゃない…?』

にこ「………」

真姫『………』

にこ「……はぁー」

真姫『』ビクッ

にこ「聞かなきゃ駄目なの?」

真姫『……』

にこ「……そんなの……」

にこ「…嫌なワケ…ないじゃない……///」



192: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 20:54:10.93 ID:5uK96zi5.net

―――――――――――

ピンポーン

こころ「はーい」ガチャッ

真姫「あっ…」

こころ「あっ、お義姉様……」

真姫「……」

こころ「…」ドキドキ

真姫「あの……この前は、その……ごめんなさい」ペコッ

こころ「あっ!い、いえそんな!」

真姫「…にこちゃんは…」

にこ「居るわよー」



193: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 21:03:21.34 ID:5uK96zi5.net

――――――――
in喫茶店


にこ「…それで、本当に良いワケね?」

真姫「えぇ、もう決めたの」

にこ「贅沢はできないわよ」

真姫「知ってるわ」

にこ「…それはそれでヤな感じね」

真姫「フフッ」

にこ「これから私の家に住むんだから、矢澤家のルールに従ってもらうわよ!」



197: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 21:19:52.95 ID:5uK96zi5.net

にこ「部屋は私と相部屋ね」

真姫「」グッ

にこ「ベッド二台も置けないから布団になるわよ」

真姫(もぐり込みやすくなるわね)

にこ「あと、教育に良くないからエッチな事も家では禁止」

真姫「ヴェエ!?」

にこ「(ビクッ) …なんて声出してんのよ」

真姫「だ、だって大事でしょ!?せっかく毎晩一緒に寝られるのに!」

にこ「仕方ないじゃない、こころ達が変なこと覚えたらどうすんのよ」

真姫「うっ…!」



199: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 21:26:59.24 ID:5uK96zi5.net

にこ「真姫ちゃんの分の家賃はパパさんから頂いてるけど、バイトだって辞められないし」

真姫「……」

にこ「ま、でも、パパさんとの約束もあるし、シフトを減らせて貰えるよう交渉してみるわよ、そしたら――」

真姫「…?」

にこ「……お休みの時は、外でなら付き合ってあげるにこ?」ニコー

真姫「」

にこ「……」

真姫「」

にこ「…真姫ちゃん?」

真姫「」ガシッ

にこ「え?」ビクッ

真姫「にこちゃん…今日お休みよね?」

にこ「」

真姫「…幸せな家庭を作りましょう」グイィ

にこ「あっ、ちょ!」ズルズル



202: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 21:42:07.40 ID:5uK96zi5.net

――――――――――――

希「……こうして、真姫ちゃんはにこっちの家に居候することになったみたいやで」

海未「それで……、学校での真姫の奇行も目立たなくなりました」

凛「毎日ノロケ話を聞かされるぐらいにゃ」

花陽「なんか、凄い話だね……真姫ちゃんのお父さんも、にこちゃんも……」

希「にこちゃんも表には出さなかっただけで、真姫ちゃんの事大好きだったんよ」

穂乃果「そうじゃなかったら、毎日何時間も電話なんてできないもんね」

凛「それでたまの休みは一日中拘束されるなんて、普通ならとっくに捨てられてるにゃ」

希「にこっちも会えへんときは『真姫ちゃん…真姫ちゃん…』いうてたりしてなぁ」

一同「ドッ ワハハ」

――――――――――――



203: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 21:53:19.23 ID:5uK96zi5.net

アサチュンチュン 


真姫「ねぇ、にこちゃん……」

にこ「…何?」

真姫「……赤ちゃんって、欲しい?」

にこ「…真姫ちゃんがいれば、それでいいわ」

真姫「…そう」

にこ「……なによ」

真姫「にこちゃん」

にこ「なぁに」

真姫「…好き」

にこ「知ってるわよ」



204: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 21:57:24.86 ID:5uK96zi5.net

真姫「にこちゃんはどうなの?」

にこ「……いまさら聞くの?」

真姫「聞かせて…?」

にこ「……」

真姫「……」

にこ「……好きよ///」

真姫「」ガバッ

にこ「あっ!」

真姫「」ワシワシワシワシワシ

にこ「真姫ちゃん今日学校…!ひっ、あっ…♥」

真姫「にこちゃん…… にこちゃん……」ハァハァ




こうして真姫ちゃんは、にこちゃんと週2でラブホに行きながら同居し、医者になると同時に双方の親の同意を得て事実婚

後に真姫ちゃんの「にこちゃんとの子供が欲しい」というキチガイじみた情熱により生み出された細胞が
人類史を大きく狂わせることになるのはまた別のお話

終わり


元スレ
真姫(2年)「にこちゃん…… にこちゃん……」フラフラ