1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:20:08.31 ID:g/Ocu/Cv0

咲「少なくとも私は和ちゃんには目もくれない、みたいな」

咲「恭子さんとかお姉ちゃんとか、他にも色々とカップリング組まれてSSとか作られるのに」

咲「もう(和ちゃんの居場所って)ないよね」

咲「その辺りどう思う?」

咲「淡ちゃん」

淡「知らないよー」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:22:10.80 ID:g/Ocu/Cv0

咲「だよねぇ、淡ちゃんはそういう子だよね」

淡「まったくもって!」

咲「わぁ自信満々だ」

淡「そんなことより遊ぼうよ!」

咲「んっんー、もう帰って良いよバイバイ」

淡「えー」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:24:17.82 ID:g/Ocu/Cv0

咲「今日練習試合なんでしょ?」

淡「そうだけどー、でも私いなくてもチーム虎姫ならだいじょうぶっていうか」

咲「いやー、淡ちゃんいなかったら相当ギリギリだと思うよ?」

淡「え、じゃあ私スゴイ?」

咲「すごいすごい、お姉ちゃんも淡には助けられてるって」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:25:58.82 ID:g/Ocu/Cv0

咲「淡が居なかったらIHも敗退していたって」

咲「言ってたよ」

淡「やったー!!」

咲「ほら、お姉ちゃんの所に急いでね」

淡「うん、ごめんねサキ、また遊ぼうね」

咲「うん」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:30:17.65 ID:g/Ocu/Cv0

咲「で、一時期淡ちゃんとお姉ちゃんのカップリングもはやったよね」

咲「当時は淡ちゃんの性格がつかめてなかったから基本的に敬語で礼儀正しくて」

咲「ポンコツ化したお姉ちゃんに振り回されたり」

咲「時にはイケメンなお姉ちゃんに心を奪われたり」

咲「今じゃこういっちゃなんだけど白糸台チームステルス、というか影薄いよね」

咲「基本的に脇役扱いというか」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:30:53.04 ID:g/Ocu/Cv0

咲「それもこれも風潮被害だよね」

咲「白糸台もなかなか風潮被害多いよね」

咲「その辺りどう思う?」

咲「穏乃ちゃん」

穏乃「え、咲さん何か言いました?」ズルルルル

咲「え、ああうん、言った、言ったけど。……ラーメンおいしそうだね」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:33:13.47 ID:g/Ocu/Cv0

穏乃「咲さんも食べます?」

咲「私は良いよ」

穏乃「そうですか」ズルルルル

咲「穏乃ちゃんは猿だとか言われてるけど」

咲「基本的にそこまで悪影響は受けてないよね」

咲「カップリングはほぼ憧ちゃん固定だし」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:35:38.40 ID:g/Ocu/Cv0

咲「憧ちゃんは原作でもなかなかに穏乃ちゃん狂いというか」

咲「穏乃ちゃん第一に考えてる節があるから」

咲「被害云々も関係ないし」

穏乃「何の話ですか?」

咲「んっんー、穏乃ちゃんにはまだ早いかな」

咲「ほら、穏乃ちゃんはジャージ一枚で山を駆け回ったり」

咲「口をωにして諦めない姿勢を貫いているとカッコいいよ」

穏乃「よくわかんないけどありがとう!!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:37:53.99 ID:g/Ocu/Cv0

咲「じゃあほら、そろそろ憧ちゃんと遊ぶ時間だよ」

咲「たまには早めに行って」

咲「ちょっとびっくりさせるのが良いと思うなぁ」

穏乃「わかりました!! さようならです!!」

咲「ばいばーい」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:39:53.73 ID:g/Ocu/Cv0

咲「で、話を戻すけれど」

咲「……あーどこまで戻そうかな」

咲「あっ、和ちゃん」

咲「そう和ちゃん」

咲「んー、淫ピとかどうなんだろうねー」

咲「もはや悪口じゃん、みたいな」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:43:28.23 ID:g/Ocu/Cv0

咲「そりゃあね、原作でも優樹ちゃんにIps細胞がとか言っちゃったり」

咲「雑誌のほうでは私と指切りしたあとの小指に口付けしたりしてるけど」

咲「純情なだけじゃん」

咲「どこに淫ピ淫ピ言われる要素あるのかな」

咲「でもみんな容認しているというか」

咲「悪口でも冗談で言ってれば誰も不快にならない」

咲「見たいな空気があるからね」

咲「白糸台のマタンゴwwwwwも明らかに馬鹿にしてるよね」

咲「こっちはまだ不快に思っている人もいるみたいだけど」

咲「もちろんなかなか公言し辛い」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:47:06.56 ID:g/Ocu/Cv0

咲「なんもかんも風潮が悪いってね」

咲「私も魔王とか言われたりしてるけど」

咲「……うん」

咲「ま、まあ一部ちょっと怖い描写があるのは否定できないし」

咲「麻雀を打つと思考が読めないとか」

咲「目から感情が消えたとかあるけど」

咲「……あれ? わりと妥当?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:49:45.56 ID:g/Ocu/Cv0

咲「いやいやっ、それでも恭子さんに次は勝てないかもって脅えたり」

咲「迷子になったり」

咲「トイレ我慢してたり」

咲「人間味溢れてますよね?」

咲「全部風潮のせいですよね?」

咲「そう思いませんか?」

咲「恭子さん」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:52:36.46 ID:g/Ocu/Cv0

恭子「いや、どうなんやろな」

咲「いや、どうなんですか」

恭子「さぁ」

咲「さぁ、って……」

恭子「いやな、言ってもいいねんたら言うけど」

咲「はい」

恭子「なんであの試合プラマイゼロにしたん?」

咲「え」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:54:53.19 ID:g/Ocu/Cv0

恭子「プラマイゼロにしたのはなんでなん?」

恭子「あれは幼少期のあんたが年始麻雀でお年玉をかけるんで」

恭子「負けたくないけど、勝つと怒られる。やからプラマイゼロなんやろ?」

恭子「それで一時期麻雀嫌いになったりもしたやん」

恭子「やのになんであの場面でプラマイゼロにしたん?」

恭子「あれで私相当カタカタしてしもうてんけど」

咲「あ、あれは」

咲「本当の強敵と戦うとどうしてもそうなってしまうという」

恭子「天江衣」

咲「っ!?」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:57:41.90 ID:g/Ocu/Cv0

恭子「天江衣は強敵やなかったんか?」

咲「そっそれは」

恭子「あのさぁ、大体自分さぁ、プラマイゼロは無意識に怒られないようにと考えてのうち筋なんやろ?」

恭子「あの場面、むしろプラマイゼロにするほうが反感買うと思うんやけど」

恭子「そのあたりどうなん?」

咲「しっしりませんよ!!」

恭子「はっ、からかうためにプラマイゼロつこたんやったら」

恭子「まぁ、魔王扱いもしかたないな」

咲「はい、ありがとうございました早く帰ってくださいねー」

咲「さようならー」

恭子「はいはい、ほなな」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 18:00:32.04 ID:g/Ocu/Cv0

咲「はぁ」

咲「あの時は靴下脱いでなかったから」ボソッ

恭子「そんなこというたら」

咲「あなたはもう帰ってください!!」

咲「はぁ」

咲「もともと私は場を支配して点数調整をして勝つ」

咲「つまり他の人より点数が低い状態から始まると考えてうんぬん」

咲「はぁ」

咲「どう思います?」

咲「白望さん」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 18:04:13.74 ID:g/Ocu/Cv0

白望「だるい……」

咲「そこを何とか」

白望「……べつに、良いと思うよ」

咲「へっ」

白望「誰がどんな打ち方でも」

白望「そこにどんな意図があっても」

白望「麻雀を一緒に打ってるってことには変わらないからさ」

白望「麻雀の外で何を言われようと、麻雀の中の事なんだから」

白望「麻雀で話せっていうか」

咲「でも風潮被害が」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 18:07:05.12 ID:g/Ocu/Cv0

白望「魔王だって言われても、他の人が何かを決め付けられても」

白望「それは馬鹿にしてるわけじゃなくて」

白望「愛されてるからこそ」

白望「愛を込めて」

白望「言ってもらってるんじゃないかなぁ」

白望「案外どんな風潮にも悪意じゃなくて、愛が込められてるんじゃないかなぁ」

白望「それをみて、受け取る側が不快になる事はあるかもしれないけれど」

白望「それでも、この人は咲を愛してるんだなぁって考えれば」

白望「べつにいいんじゃない」

白望「……はぁ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 18:09:33.45 ID:g/Ocu/Cv0

咲「お」

咲「おぉぉ」

咲「しっ、白望さん!!」

咲「意味はよく分からなかったけど心は打たれました」

白望(……正直、私は宮永さんが何を言ってるのか分からなかったけど)

白望(反応を見るに今の受け答えで正解だったかな……)

白望(だる……)

咲「結婚してください!!」

咲「今から咲×白望の風潮を作りますから!!」

咲「宮永咲は小瀬川白望のパンツむさぼってるという風潮作ります!!」

咲「愛ゆえに!!」

白望「それはちょっと、困るかなぁ」


和「……」

優樹「空気なのも愛ゆえに、だじぇ」
                              お し り


元スレ
咲「もう私と和ちゃんが百合百合だって風潮なくなったよね」