1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 00:58:24.42 ID:5uN3bcqX0

はやり「食わず嫌い。人間というものは時として食べる前から好き嫌いを決めてしまう事がある」

はやり「この番組では、それを対戦形式で互いに当て合って貰います」

はやり「本日の対戦相手はこの二人です☆」

咲「どうも」ぺっこりん

久「よろしくね、咲」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:01:54.13 ID:5uN3bcqX0

はやり「今回は同門対決!清澄高校の先輩後輩の勝負という事になりますね」

はやり「お二人共相当にモッテモテだと話は聞いてますよ☆」

咲「いえいえ。私なんて部長と比べたら全然ですよ」

久「その台詞そのままお返しするわ。私は少し口が上手いだけで天性も魔性なら咲には到底敵わないもの」

咲「あはははは」

久「うふふふふ」

はやり「早くも火花が散っている感じですね。熱い戦いが期待されそうですっ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:03:53.12 ID:5uN3bcqX0

はやり「ではお二人共の大好物を紹介します☆」

宮永咲の大好物

原村和

天江衣

宮永照

末原恭子


竹井久の大好物

福路美穂子

染谷まこ

加治木ゆみ

滝見春



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:10:17.54 ID:5uN3bcqX0

観客「お~~~~~~」

はやり「流石は宮永さんと竹井さん。早々たる面子を揃えて来てますね」

咲「部長にとっては4人という縛りはキツ過ぎたんじゃないですか?」

久「そんな事無いわ。本当ならたった一人の愛する人以外は選びたくなかった位だもの」

久「咲こそ、その選出にはかなり苦労したんじゃないの?」

咲「いえいえ。この番組の直前に…の人も居る位ですから、全然ですよ」

はやり「互いに4人中3人は大好物で、残る1人が食わず嫌いとなっております」

はやり「先に食わず嫌いの一名を当てるのはどちらなのでしょうか!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:20:57.56 ID:5uN3bcqX0

はやり「では先攻後攻を決めて頂きましょう」

咲「何にします?」

久「ポーカーで良いんじゃない?チェンジは1回ね」

はやり「ポーカーですね。ではカードをお配りします」シュッシュ

久「…4枚チェンジ」(ハート48クラブ48クラブJ→クラブJ残し)

咲「では私は1枚チェンジで」(スペード910JQK→スペード9チェンジ)

はやり「カードオープンっ☆」

久「フルハウス」パラッ(クラブJJJハートAA)

咲「ロイヤルストレートフラッシュ」パラッ(スペード10JQKA)

久「参ったわ」

咲「では、先攻貰いますね」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:28:14.03 ID:5uN3bcqX0

はやり「試食タイムです☆」

咲「正直な所、部長は何でもアリな人だというイメージがあるので」

咲「この中に食わず嫌いがあるというのが想像出来ないですね」

久「何よ人を悪食みたいに」

咲「違うんですか?」きょとん

久「私だって人の好み位あるわ。ただ普通の人よりその人の魅力的な部分を見つけるのが上手いだけよ」ニコッ

咲「結局同じ事では…まぁ良いです」

咲「えっとじゃあそうですね…。まずは加治木さんに>>17でもやってもらいましょうか」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:30:00.46 ID:J+sLAXjL0

オナニー



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:36:27.17 ID:5uN3bcqX0

咲「オナニーでもやって貰いましょうか」

はやり「え?あの、宮永さん。それでは竹井さんの好みは何も分からないのでは?」

咲「そんな事無いですよ。やっている光景を見ている部長の顔をみれば、その人にどんな感情を抱いているかは大体見えますから」

久「視姦しろって事?いきなり玄人じみた攻めしてくるわねぇ」フフッ

咲「お褒めにあずかり光栄です」

久「褒めて無いわよ。これじゃあとんだ生殺しじゃない」ハァ

はやり「それでは加治木ゆみさん。こちらで試食を受けて下さい☆」

ゆみ「は、はい……///」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:47:20.34 ID:5uN3bcqX0

久「ま、いつもは体勢的に顔を見れない事も多いから、これはこれで新鮮で良いかもね」

咲「…………」フム

ゆみ「う…うぅ……」モジモジ

はやり「どうしたんですか?道具も各種取り揃えて置いてますし、普段通りにやって頂ければ結構ですよ?」

ゆみ「そ、そう言われても…。久の目の前でそんな、恥ずかし過ぎて…」カアアッ

久「焦る必要は無いわ。普段凛としている貴方の顔が羞恥に真っ赤に染まる今の顔が、私は大好きなんだから」フフッ

久「ゆっくりじっくりと…その赤に別の意味が入る時を味あわせて」ジュルリ

ゆみ「ぐっ…///そ、そう想い通りにいくと思うなよ」

ゆみ「…んっ!」クチュッ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:53:57.11 ID:5uN3bcqX0

はやり「試食タイム終了ー!加治木さんお疲れ様でした」

久「ふぅ…何とか耐えきったわ。何度手伝いに行きそうになった事か」

咲「いや耐えるとかそういうゲームじゃないですからコレ」

はやり「では続いては宮永さんの試食タイムです」

はやり「竹井さんは試食相手とその内容を言って下さい」

久「そうね。じゃあここは…天江さんいってみようかしら」

久「内容は…>>25でお願いするわ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 01:54:51.29 ID:qZ1F53+E0

中出し



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:06:43.52 ID:5uN3bcqX0

衣「はぅ………」ビクビク

はやり「試食タイム終了っ☆」

久「いやもうどこが試食なんだって話よね。捕まるわよ?」

咲「部長が指示したんじゃないですか」フキフキ

はやり「医学と技術の進歩って素晴らしいですね~」

はやり「それではお二人には、第一巡の食わず嫌いチョイスを行って頂きます」

はやり「二人同時に札を上げて下さい。どうぞ!」

咲『加治木ゆみ』  久『原村和』



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:15:22.24 ID:5uN3bcqX0

咲「………!」

久「………!」

久「へぇ、どうしてそう思ったの?」

久「さっきの試食タイム。私は心からゆみの痴態を堪能していたのだけど」

咲「えぇ、流石は部長。見ている表情からは微塵も食わず嫌い感を感じる事は出来ませんでした」

咲「でも……部長、試食の時に言ってましたよね」

咲「『いつもは体勢的に顔を見れない事も多いから、これはこれで新鮮で良いかもね』って」

久「言ったけど?それが何だって言うのかしら」

咲「おかしいですよ。人を弄んで楽しむのが大好きな部長が…」

咲「相手の表情(かお)を確認する事が出来ない体位を選ぶはずが無いです」ニヤリ

久「!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:26:32.89 ID:5uN3bcqX0

咲「つまりアレはブラフ。迂闊でしたね部長」

咲「私がいきなり当たりを試食させた事に動揺して、つい言ってしまったんでしょうけど…」フフフ

久「そのたった一言だけで…ホント鋭い子ね」フゥ

咲「ふふふ。実は最初から目星を付けていたんですけどね」

咲「だからこそ最初に試食タイムに選んだ訳ですし」

久「どうして?私とゆみの仲が良いのは知ってるでしょ?」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:37:56.95 ID:5uN3bcqX0

咲「部長は意外と自分のペースを崩されると脆いタイプですからね」

久「貴方と同じね」クスクス

咲「………。そして、加治木さんに対しては部長は押され気味な場面もたまによく見ます」

咲「イケメンで、計算タイプなのに時に予想出来ない行動とる人ですからね」

咲「いつも全て計算の上で行動している部長としては脅威でしょう」

久「…………」

咲「だからこそ惹かれるという事はあるかもしれませんが」

咲「慎重いえ、臆病な部長としてはそうおいそれと手を出す事は出来ない」

咲「食わずして…そうですね。東横さんのものだから何て理由で自分を納得させている」

咲「…のではないかと思った訳ですよ」

久「…なるほどね」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:49:04.10 ID:5uN3bcqX0

はやり「流石は宮永さん!物凄い洞察力ですっ☆」

咲「いえいえ。たまたま気付けただけですよ」

はやり「では竹井さん。原村さんを指名した理由を…「もう良いんじゃないですか?」

咲「勝負が決まった以上、これ以上は茶番にしかなりませんよ」

久「…そうね。潔く行きましょう」フゥ

久「悪いわね、咲」

咲「お礼なんて良いですよ」

咲「私がしたくないだけですから。…敗者に鞭を打つ様な真似は」

久「…そう」フフッ

はやり「…分かりました!それではお二人のお気持ちを組んで、このまま結果発表タイムに移りましょう☆」

はやり「一斉に、一巡目の指名がハズレか当たりかを告げて下さい!」

2人「………………」  チャラララララララ ダーン!


         咲「参りました」  久「ハズレよ」


咲「えっ!?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 02:54:20.03 ID:5uN3bcqX0

はやり「何と一巡目決着ーーーーっ!!!」

はやり「食わず嫌い王決定戦。勝者は竹井久さんとなりました!」

咲「そ、そんな馬鹿な…」ヨロリ

久「ふふふ。悪いわね、咲」

久「私が食わず嫌いだったのはゆみじゃない」

久「ゆみなら合宿の時に初めて食べた時から大好物になって、今でも週2のペースでいただいてるわ」ドヤッ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:01:54.72 ID:5uN3bcqX0

咲「…という事はあれは本当の事だったんですか?表情なんて見るまでも無いとかそういう…」

久「いえ、嘘よ」

咲「!」

久「私は自分の快楽より、相手に快楽を与える事を優先するタイプだから」

久「その為にも、相手の蕩けて行く表情をじっくり観察するのは大事な事だしね」フフフ

久「…もう気付いてるわよね。咲は鋭い子だから」

咲「『罠』ですか…あえて隙のある嘘を置いて、そのムジュンを私に付きつけさせた…」

久「ご名答。信じてたわよ、咲ならきっと気付いてくれるって」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:14:24.06 ID:5uN3bcqX0

咲「…東横さんはどうしたんですか?黙ってないでしょう、そんな事したら」

久「黙って無いから、こっちもお話してあげたわ」

久「苦労はしたけど…色々教えてあげた事で、今はすっかり仲良しよ」

咲(何もかも一枚上手、か)

咲(どうやら私は見くびっていたみたいだね…部長の、逆境への強さを)フゥ

咲「完敗です、部長」スッ

久「良い勝負だったわ、ありがとう」ギュッ

観客「ワーーーーーッ!」パチパチパチパチ



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:25:14.16 ID:5uN3bcqX0

はやり「お互いに健闘を讃えあう美しい光景です!はやりも感動で涙が止まりませんっ☆」

久「…でも、試食タイムのゆみの様子見れば分からなかった?既に私に調教されてる事くらい」

咲「あ…」

久「そういう抜けた所も、咲の魅力よね」ツンッ

咲「もうっ。私まで食べちゃう気ですか?」

     どっ! あはははははっ

はやり「それではまた来週~☆」


※竹井久の食わず嫌い 福路美穂子 


             カン



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 03:42:08.75 ID:5uN3bcqX0

収録後

咲「でもどうして部長は、私の食わず嫌いが和ちゃんだって分かったんですか?」

久「昨日電話で相談されたからよ。『なんで咲さんは私に手を出してくれないんでしょう…』って」

咲「ズルじゃないですか!」

久「私から聞いたんじゃないからズルじゃないわよ。…それに、明け方まで付き合わされたんだから、それ位のリターンはね」

咲「そういえばよく見たら目の下にクマがありますね」

久「まぁそれでなくとも選んでたでしょうけどね。咲は相手から求められたら萎えるタイプだろうから…」

咲「…まぁ、そう単純な話でも無いんですけどね」ポリポリ

久「で、さっき罰ゲームとして食わず嫌いを克服して来た感想はどう?」

咲「…意外と悪く無かったです。調理の仕方が良かったのもあるでしょうけど」

久「それは良かったわ」

咲「やっぱり食わず嫌いは駄目って事ですね。何事も経験です」

             もいっこカン HAPPY END


元スレ
咲「食わず嫌い王」