1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:49:57.84 ID:dBCddogg0

メガほむ「みんなに舐められるわたしじゃなくてみんなを舐めるわたしになりたい!!」

QB「暁美ほむら。 君の願いはエントロピーを凌駕した」


メガほむ(し、舌が熱くなって――)



キュイーン…



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:51:04.08 ID:dBCddogg0

~教室~

先生「それじゃ、自己紹介をお願いします」

ほむら「はじめまして、ペロペロ大好き少女の暁美ほむらです。 趣味はなんでもペロペロすることです」ペロッ

先生「ひ…っ」ゾクッ

まどか「…っ」
さやか「…っ」


ほむら「…」チラッ

まどか「ひぃ」

ほむら(あぁまどか…貴女をペロペロする為にわたしは///)



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:52:06.75 ID:dBCddogg0

~休み時間~

生徒「ねー暁美さんって――」

ほむら「…」ペロッ

生徒「…っ」ゾクッ

生徒「うわぁ…本当になんでも舐めるんだ」

ほむら「えぇ」ペロッ

生徒「…っ」ゾクッ



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:52:57.28 ID:dBCddogg0

仁美「なんだか不思議な雰囲気の人ですわね」

さやか「不思議どころかただの変態」

まどか(こ…怖い)

ほむら「ごめんなさい緊張しすぎて舌が乾燥して…保健室はどこかしら?」

生徒「あっ、それならわたしが」

ほむら「…」ペロッ

生徒「…っ」

ほむら「お構いなく」ペロッペロッ

生徒たち「…っ」ゾクッ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:58:26.77 ID:dBCddogg0

ザッ

まどか「ひ…っ」

ほむら「貴女がこのクラスの保健係よね? 案内して、保健室」ジュルリ

さやか「…」ドンビキ
仁美「…っ」

ほむら「…」ペロッ

仁美「!!」ゾクッ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 17:59:22.92 ID:dBCddogg0

まどか「さ…さやかちゃんも一緒に――」

さやか「あ、あたしはパス」(汗)

まどか「そ、そんな」

ほむら「さっ、はやく保健室に…舌が乾燥して大変なの」

グイッ

まどか「…っ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:01:02.23 ID:dBCddogg0

~廊下~

まどか「あの…暁美さん?」

ほむら「ほむらでいいわ」

まどか「あっ…その、ほむらちゃんって変わった名前だよね?」

ほむら「…」ピタッ

まどか「…っ」

ほむら「貴女はペロペロの大切さを知ってる? 他の誰かをペロペロしたいと思ったことはある?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:02:21.77 ID:dBCddogg0

まどか「えっ?」

ほむら(はぁはぁ…はやくペロペロしたい///)

ほむら「ぺ、ペロペロを大切にしなさい…そうしないと全てを失うことになるわよ」ペロッ

まどか「ひぃ」ゾクッ

ほむら「やっぱり貴女は格別ね…とっても美味しいわ」

まどか(へ、変態だー)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:03:34.72 ID:dBCddogg0

~翌日~

~CDショップ~


QB「…助けて」

まどか(声が、聞こえる)


さやか「?」



ほむら(さて、と。 ここからが本番ね)ペロッ

店員「あ…あの」ゾクッ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:04:27.03 ID:dBCddogg0

~改装前フロア~

QB「たす…けて」

まどか「貴女は誰? どうしてわたしを――」


QB「助けて!!」

まどか「!?」


ガッシャーン!!

QB「はぁ…はぁ…」グッショリ

まどか「だ、大丈夫?」

QB「はぁはぁ」グッショリ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:06:13.84 ID:dBCddogg0

まどか「ほ…ほむらちゃん?」

ほむら「そいつをこっちに」ヨダレタラー

まどか「ひぃ」

タタタ…


ほむら「まッ、待っ――」

プシャー

さやか「まどかッ、こっち!!」

まどか「さやかちゃん!!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:07:44.12 ID:dBCddogg0

ほむら「…」ペロッ

シュー…

ほむら(この程度、わたしのペロペロをもってすれば)

ゴゴゴ…

ほむら(くっこんな時に結界が…はやく二人の後をおわないと)ペロッペロッ


タタタ…



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:09:00.56 ID:dBCddogg0

~結界~

さやか「なによ、ここ」

まどか「わ、わからないよ」

ザワザワ…

使い魔「♪♪♪」

さやか「な、なんなのよこいつら」

まどか「…っ」


使い魔「♪♪♪」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:11:05.58 ID:dBCddogg0

ザッ

マミ「…」

使い魔「!?」

さやか「こ…今度はなに?」

マミ「安心して、わたしは貴女たちの味方よ」ニコッ

まどか「味方?」

マミ「詳しいことは後から話してあげる…でもその前に」

マ-ミーオ-ナ-ニー

まどか「うわぁ」

さやか「す、すごい」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:12:50.68 ID:dBCddogg0

マミ「…ッ」

ドカーン!!
ドカーン!!

使い魔「…っ」

シュー…


さやか「も、元に戻った」

まどか「…っ」

マミ「…」スタッ

マミ「改めて、わたしの名前は巴マミ…貴女たちと同じ見滝原中学に通う3年生よ」ニコッ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:14:39.08 ID:dBCddogg0

………
……


QB「ありがとう、マミ」

マミ「」ニコッ

QB「それに美樹さやかと――」チラッ

さやか「ど…どうしてわたしの名前を――」

QB「鹿目まどか」

まどか「…っ」

QB「二人共、僕と契約して魔法少女になってほしいんだ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:15:36.02 ID:dBCddogg0

ほむら「その必要はないわ」

ザッ

マミ「…みんな、わたしの後ろに」

さやか「…っ」
まどか「…っ」

ほむら「巴マミ、貴女に用はない」ペロッペロッ

マミ(しきりに舌を動かして、いる?)

QB「マミ、気をつけて」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:16:35.63 ID:dBCddogg0

マミ「…」カチャッ

パンッ

ほむら「無駄よ」ペロッ

キンキン!!

マミ「し…舌でわたしの攻撃を」

ほむら「あきらめて。 ペロ術を極めたわたしに貴女の攻撃は効かない」

マミ「ペロ術?」

QB「君は、あの伝説のペロ術を極めたのかい?」

ほむら「ひと舐めもあれば大半の魔女は一撃よ」ペロッ



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:18:18.96 ID:dBCddogg0

まどか「ぺ…ペロ術ってなに?」(汗)

さやか「さ、さぁ」


マミ「ぺ…ペロ術かなんだか知らないけど、わたしもここは退くわけにはいかないの」カチャッ


ほむら「そう、なら仕方ないわね」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:20:39.12 ID:dBCddogg0

マミ(舌を動かす前に動きを封じないと――)

ほむら「…」

スッ

マミ(いつのまに後ろに――ッ)

ほむら「…」ペロッ


マミ「ひぃん///」

ほむら「甘いわね、巴マミ」ペロッペロッ

マミ「か、体が動かない」ゾクッ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:22:21.55 ID:dBCddogg0

QB「マミ!!」

まどか「マミさん!!」

さやか「や、やばいよ」

ほむら「巴マミ、貴女の負けよ」ペロッ

マミ「く…っ」

ほむら(わたしの舌にかかればザッとこんなもんよ)

マミ「…///」

ほむら(ふふふ、ざまぁないわね)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:23:47.62 ID:dBCddogg0

ペロペロ

ペロペロ

マミ「…」ガクッ

ほむら(さようなら、巴マミ)

QB「…」

まどか「まッ、マミさん!!」

さやか「よ…よだれだらけになっちゃった」


ほむら「さて、と」チラッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:24:41.57 ID:dBCddogg0

まどか「ひぃ」

さやか「まどかッ、はやく逃げ――」

スッ

ほむら「美樹さやか」ペロッ

さやか「ひぐ」

ほむら「ここでいっそ、舐めてあげるわ」ペロッペロッ

さやか「舐めるんじゃないわよ!!///」

ほむら「…」ペロッ

ペロペロ

ペロペロ



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:25:39.96 ID:dBCddogg0

ほむら「甘いわね美樹さやか」

さやか「あたしって…本当甘い」ガクッ

QB「まどかッ、はやく契約――」

グイッ

ほむら「…」

QB「…」

ほむら「…」ペロッ

QB「き…ゅ…っぷ」ガクッ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:26:33.86 ID:dBCddogg0

まどか「だ、誰か助けて」

ほむら「…まどか」

スッ

まどか「ほほほほむらちゃん…話せばわか――」

ペロッ

まどか「ひゃいん///」

ほむら「…まどか、貴女を舐めるのはわたし」ペロッペロッ

まどか「ほッ、ほむらちゃ――///」

ペロペロ

ペロペロ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:28:16.26 ID:dBCddogg0

・・・・
・・・
・・

ザッ

杏子「な…なんだ、こりゃ」

さやか「…」
マミ「…」
QB「…」

杏子「ぐ…ぐちょぐちょじゃねぇか」

QB「魔女の仕業じゃないかな?」

杏子「にしてもマミがこんな――ん?」

QB「杏子、どうしたんだい?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:29:32.01 ID:dBCddogg0

杏子「シミが続いてやがる」

QB「…」

杏子「このシミの後を追えば魔女の居場所がわかるかもしんねぇな」ニヤリッ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:30:11.40 ID:dBCddogg0

~ほむホーム~

まどか(な…なんとか脱出しないと)

ほむら「~♪」

まどか(鼻歌を歌ってる今がチャンス!!)

タタタ…

ほむら「…」チラッ

まどか(ずっと舐められてちゃ体が保たないよ)

サッ

ほむら「まどか、どこに行くの?」

まどか「ひぃ」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:30:54.26 ID:dBCddogg0

ほむら「貴女はわたしだけのキャンディーなんだから」

グイッ

まどか「や、やめてよほむらちゃん」

ペロペロ

ペロペロ

ほむら「はぁはぁ///」

まどか「…」ゾクッ

ほむら「まどか…まど―…」


ガチャッ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:34:02.10 ID:dBCddogg0

杏子「おっじゃまっしまーす」

QB「やぁ」

ほむら「…」

まどか「だ、誰?」

杏子「魔女かと思ったら…人間か」

ほむら「なんの用?」

杏子「マミをあそこまでするってことはタダの人ってわけじゃないな」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:34:57.23 ID:dBCddogg0

ほむら「…」ペロッ

杏子(来るか)

まどか「だ…誰だか知りませんが、助けて!!」ウルッ

タタタ…

ギュッ

杏子「おッ、おい!!///」

まどか「あの人変なんです!!」

杏子「変?」


ほむら「邪魔をするなら舐め殺す」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:35:55.84 ID:dBCddogg0

杏子「た…確かに変だな」

ほむら「…」ペロッ

杏子「でもまっ、あたしには勝て――」

スッ

杏子「!!」
まどか「!!」


ほむら「佐倉杏子」

杏子(こいついつの間に)

ほむら「さようなら」ペロッ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:37:58.43 ID:dBCddogg0

QB「杏子!!」

まどか「…っ」

ペロペロ

ペロペロ

杏子(や…やべぇ体が――///)

ほむら「ふふふ…わたしの舌にかかれば貴女程度他愛もな――」ピクッ

まどか「?」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:38:44.31 ID:dBCddogg0

杏子「ん?」

ほむら「…っ」ピクッピクッ

まどか(体が痙攣してる?)

杏子「お、おい」

ほむら「ま…まさか、このわたしが貴女に負ける…なんて」ハァハァ

杏子「???」

まどか「???」

ほむら「後少しで…まどかを舐めつくすことができたの…に…」ガクッ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/18(月) 18:41:43.12 ID:dBCddogg0

QB「…」

杏子「な、なにが起こったんだ?」

まどか「わ、わからない」

QB「まさか」

杏子「ん?」

QB「杏子、最後にお風呂に入ったのはいつだったかな?」

杏子「んー…と、3ヶ月ぐれぇ前に公園で水浴びしたっけな」ポリポリ

まどか「…っ」

QB「やっぱりね」




~おしまい~


元スレ
ほむら「ペロペロペロペロ」