SS速報VIP:エレン「俺が勝ったら・・・してくれ!」 アニ「いいよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455629955/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:39:15.32 ID:Dw2z67450

ベルトルト(ん?今エレンは何て言ったんだ?)

ベルトルト「ねえ、ユミル。」

ユミル「ん?」

クリスタ「ちょっとユミル!よそ見しないで!」

ベルトルト「今エレンはアニに何をしてくれっていったんだ?」

ユミル「ああ?そりゃあ、セ「ユミル!」

クリスタ「よそ見しちゃダメって言ってるでしょ!」

ユミル「悪かったよ、そんなに怒るなって。」

クリスタ「もういい!私アルミンと組む!」

ユミル「おい、クリスタ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455629955




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:41:24.12 ID:Dw2z67450

ベルトルト「おいユミル!ちゃんと答えてくれ!」

ユミル「・・・さあな。知るかよ。」

ベルトルト「何だと?」

ユミル「アルミンにでも聞けよ。」

ベルトルト「・・・わかったよ。」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:45:59.63 ID:Dw2z67450

ベルトルト「アルミン!」

アルミン「うへへ~・・・クリスタが僕と~・・・。」

ベルトルト「アルミン!」

アルミン「ふふふ~あ~ベルトルト~なに~?」

ベルトルト「ねえアルミン、今エレンはアニになにをしてくれって言ったんだい?」

アルミン「あ~それはね~セッ、クッ、ごほっ!ごほっ!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:49:07.73 ID:Dw2z67450

クリスタ「ねえアルミン?よそ見しないで。」

アルミン「ごめんよ~クリスタ~。」

クリスタ「もしこれが本物のナイフだったら喉を切り裂かれてたのよ。」

アルミン「次から気を付けるよ~。」

ベルトルト「ちょっとアルミン!」

アルミン「なに~?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:52:49.18 ID:Dw2z67450

ベルトルト「クの次は何?」

アルミン「えっとね~それはね~ロ~だよ~。」

ベルトルト「なっ!?」

クリスタ「ちょっとアルミン、次よそ見したらこれを口の中に突っ込んで奥歯ガタガタいわせるわよ!」

アルミン「ああ~奥歯になりたい。」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:59:00.77 ID:Dw2z67450

ベルトルト「アルミン!アルミン!だめだ、まともに返事ができないみたいだ。」

ベルトルト(セ・・・ク・・・ロ・・・もしかして・・・。)

サシャ「ベルトルト、私たちと勝負しませんか。」

ベルトルト(いや・・・まさか・・・。)

コニー「ベルトルトは強いから2対1な。」

ベルトルト(アニに限ってそんなことは・・・。)

サシャ「負けた方がパンを差し出すんですよ。」

ベルトルト(でも・・・。)

コニー「じゃあ始めるか、構えろサシャ。」

サシャ「はい。」

ベルトルト(セ、ク、ロ、と来たら・・・。)

サシャ「・・・。」スッ

コニー「・・・。」スッ



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:02:04.72 ID:Dw2z67450

ベルトルト「あれ?二人とも何構えてるの?」

コニー「何言ってんだ?俺たちと勝負するんじゃねえか。」

サシャ「負けた方がパンを差し出すのです。」

ベルトルト「いや・・・そんなの知らない・・・。」

コニー「問答無用!」

ベルトルト(まずいな、今すぐアニを止めないといけないのに。)



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:07:43.60 ID:Dw2z67450

ベルトルト「ごめん、今急ぎの用事できて・・・。」

サシャ「パンよりも大事なのですか!」

ベルトルト「いや、そうじゃなくて・・・。」

コニー「なら戦え!」

ベルトルト「いや、だから。」

サシャ「はっ!コニー!私重大なことに気が付いてしまいました!」

コニー「どうした!」

サシャ「ベルトルトのパンはひとつ、それでは私たちのどちらかはパンを手に入れられない!」

コニー「なんてこった!仕方ねえ!パンとスープを両方かけよう!」

サシャ「素晴らしい!天才ですかコニー!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:09:32.99 ID:Dw2z67450

ベルトルト「いや、パンを二人で分けようとか思わないの?」

コニー「うるせえ!いくぞ!」

サシャ「うおおお!」

ベルトルト(急いでるのに・・・仕方ないな・・・。)



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:13:01.64 ID:Dw2z67450

~エレン・アニサイド~

エレン「じゃあ俺が勝ったら、約束は守ってくれよ。絶対だぞ。」

アニ「わかってるよ。」

エレン「しかし意外だな、アニなら断ると思ってたのに。」

アニ「別に、どっちだっていいよ。」

エレン「アニもそういうことに興味を持ち始めたってことか。」

アニ「はあ?」

エレン「さあ、始めるぞ!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:18:27.18 ID:Dw2z67450

~ベルトルト・サシャ・コニーサイド~

ジャン「はあ、まったくどいつもこいつもやる気のねえやつらだ・・・、これじゃああいつに勝てねえ。ん?」

サシャ「う・・・。」

コニー「うぅ・・・。」

ジャン「おいお前ら!どうした!」

サシャ「パン・・・パンが・・・。」

コニー「飯抜きか・・・。」

ジャン「何があったんだ?」

コニー「ベルトルトに二人で戦いを挑んだんだが、負けた。」

ジャン「はあ?お前らが揃って負けたってのか?何で?」

コニー「わからねえ・・・。ただ・・・、勝負は一瞬だった・・・。」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:27:56.29 ID:Dw2z67450

~エレン・アニサイド~

エレン(よし、勝てる!)

アニ「んんっ!」

エレン(今だ!)

ベルトルト「そこまでだ。」

アニ「!?」

エレン「ベルトルト!邪魔すんなよ!」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:31:38.38 ID:Dw2z67450

ベルトルト「ただの勝負なら邪魔はしないさ。でも・・・。」

エレン「何だよ。」

ベルトルト「この勝負はやめさせなきゃならない。」

エレン「はあ?」

ベルトルト「アニ、君も君だ。何でこんな勝負受けたんだ?」

アニ「・・・。」

ベルトルト「答えられないか・・・。まあいい。」

エレン「よくねえよ!」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:40:07.05 ID:Dw2z67450

ベルトルト「エレン、君はミカサがいるだろ、他の子に手を出すのはどうかしてる。」

エレン「いや、それじゃ足りないんだよ。」

ベルトルト「何?」

エレン「2人じゃだめなんだ。」

ベルトルト(こいつ・・・3Pを楽しみたいってのか・・・。)

ベルトルト「なんて奴だ・・・。聞いたかアニ!エレンは君と2人じゃなくて!3人でやりたいんだってさ!」

アニ「別にいいよ。」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:45:49.96 ID:Dw2z67450

ベルトルト「えっ・・・。」

アニ「私だってさ・・・そういうことしたいんだよ。」

ベルトルト「アニ?」

アニ「っていうか、あんた関係無いでしょ。引っ込んでてよ。」

エレン「そうだぞ。」

ベルトルト「・・・・・・。」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:52:52.04 ID:Dw2z67450

ベルトルト「勝負だ。」

エレン「?」

ベルトルト「僕と勝負しろ。僕に勝てたらアニのことは好きにしていい。」

アニ「何を勝手に・・・。」

エレン「いいぜ。」

アニ「ちょっと!」

エレン「もう1人いてもいいと思ってたんだ。ベルトルト、お前にするよ。」

ベルトルト「!?」

エレン「お前が欲しい。」

ベルトルト(こいつ・・・男も女も関係無く食っちまうってか・・・。)



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:56:35.67 ID:Dw2z67450

エレン「俺が勝てばお前もアニも加わる。それでいいな。」

ベルトルト(くっ、こんなところでアニの貞操をかけた戦いをすることになるなんて・・・。)

アニ「・・・・・・。」

ベルトルト(何で君はそんなに冷静でいられるんだ?)

エレン(ベルトルトがここまでやる気になるなんて・・・。)



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:00:10.54 ID:bNfo8W0w0

エレン「よっしゃいくぞ!」

ベルトルト(エレン、勝負は一瞬で決めさせてもらうよ。)

エレン「うおおおお!」

ベルトルト(フーバー家に伝わる技に、僕が改良を加えた必殺技・・・。君にはまず避けられないだろう。)

エレン「うおおお!」

ベルトルト(必殺・・・ベルトルトレクイエム!)



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:02:56.58 ID:bNfo8W0w0

エレン「っな・・・!?」

アニ(あれは!?)

エレン「何だ今のは・・・。」

ベルトルト「さあ、もう諦めるんだ。」

ミカサ「ベルトルト。」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:06:42.81 ID:bNfo8W0w0

ベルトルト「ミカサ・・・。」

ミカサ「それ、私にもやって見せて。」

ベルトルト「いいけど・・・。」

コニー「やめとけミカサ!」

エレン「コニー!」

コニー「それはお前にも見切れねえ!」

ミカサ「?」

ジャン「おそらくコニーの言うことは正しい!コニーとサシャが一瞬でやられたらしい!」

エレン「何だって!?」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:09:47.15 ID:bNfo8W0w0

サシャ「パン・・・パン・・・。」

ジャン「サシャはパンしか言えねえ体になっちまった!」

エレン「いつも通りじゃねえか!」

ミカサ「そんなにすごいのなら、是非見ておきたい。」

ベルトルト「いいのかい?」

ミカサ「どうぞ。」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:16:12.02 ID:bNfo8W0w0

ベルトルト「じゃあ、遠慮なく・・・。」

ミカサ「・・・!?」

ベルトルト(必殺・・・ベルトルトレクイエム!!)

ミカサ「・・・・・・で?」

ベルトルト(動きを・・・見切られた?)

ミカサ「どうしたの?」

ベルトルト「どうして・・・。」

ミカサ「動きが遅いだけ。」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:20:26.31 ID:bNfo8W0w0

ベルトルト「こうもあっさり・・・。」

ミカサ「じゃあ、エレンの言うことを聞いて。」

ベルトルト「わかってる、4Pでもなんでもやってやるさ。」

ミカサ「4P?」

ベルトルト「エレン達と4人でセクロ○するんだろ?」

エレン「え?」

アニ「え?」

ベルトルト「え?」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:24:21.50 ID:bNfo8W0w0

エレン「お前・・・何言ってんの?」

ベルトルト「だって、エレンはアニにセク○スしてくれって・・・。」

アニ「はあ!!!???」

ベルトルト「違うの?」

アニ「違うに決まってるでしょ!!!」

ミカサ「そんなこと、わたしがさせない。」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:28:16.61 ID:bNfo8W0w0

ベルトルト「じゃあ一体何の話を・・・。」

エレン「セパタクローだよ。」

ベルトルト「セパタクロー?」

アルミン「ちゃんとクの次はローって言ったよ。」

エレン「アルミン、お前口どうした?」

アルミン「クリスタに奥歯をやられちゃってね・・・、血が出ちゃった。」

ベルトルト「そうか・・・僕1人が勝手に勘違いしてたんだ・・・。」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:33:42.24 ID:bNfo8W0w0

ベルトルト「でも、なんだってセパタクローなんて・・・。」

エレン「いや、なんか訓練兵対抗のセパタクロー大会があるらしくてさ、勝ったとこには予算が多めに注がれるんだと。」

ミカサ「それでまず私がメンバーに選ばれた。つまりエレンも選ばれた。」

エレン「んで、もう1人はアニにしようと思って誘ったんだよ。」

アニ「・・・・・・。」

エレン「でもさアニ、やりたかったんなら素直にそう言えよ。」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:38:27.67 ID:bNfo8W0w0

ベルトルト「アニ、別にそれくらいはいいと思うよ。」

アニ「・・・うん。」

エレン「それじゃあ、参加メンバーは俺とミカサとアニ、ベルトルトは補欠な。」

ベルトルト「ははは、補欠か・・・。」

ジャン(あれ、下ネタ発言のことは言った方がいいのか?)



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:41:26.37 ID:bNfo8W0w0

ジャン「なあ、お前ら・・・。」

マルコ「ジャン・・・。」

ジャン「・・・わかったよ。」

コニー「なあ、ベルトルトは何でアニがセ○ロスするのを止めようと思ったんだ?」

ベルトルト「え?」

コニー「もしかしてベルトルト、アニのこと好きなのか?」

ベルトルト「なっ、何を!?」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:44:18.59 ID:bNfo8W0w0

ライナー「いや、単にベルトルトは貞操観念がしっかりしているだけだ。」

コニー「なんだそうなのか。」

ベルトルト「そ、そうなんだよ。」

エレン「さすがベルトルトだな。」

ベルトルト「ありがとう。」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:47:09.52 ID:bNfo8W0w0

ライナー「ほら、訓練中だぞ、散れ散れ。」

ジャン「へいへい。」

ベルトルト「ありがとう、ライナー。」

ライナー「いいってことよ。それより、ばれちまったな。」

ベルトルト「ああ、間違いなくね。」

ライナー「何だ、否定しねえな。」

ベルトルト「うん。もう隠しようがないからね。」

ライナー「そうか。」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:53:24.88 ID:bNfo8W0w0

アニ「ねえ、エロトルト。」

ベルトルト「ちょっと、やめてよ。」

アニ「私さ、そんな尻の軽い女じゃないから。」

ベルトルト「うん、そうだよね。」

アニ「任務が終わるまではそんな感情持たないつもりだから。」

ベルトルト「ごめん、そんな感情持っちゃって・・・。」

アニ「いや、敵に対してだけだよ。」

ベルトルト「え?」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 01:06:44.81 ID:bNfo8W0w0

アニ「味方になら・・・別にいいと思う。」

ベルトルト「そう、ありがとう。」

アニ「それとさ、あんた私とさ・・・したいの?」

ベルトルト「え!?」

アニ「どうなの?」

ベルトルト「・・・それは・・・。」

アニ「いいよ。」

ベルトルト「え!?」

アニ「ベルトルトなら、いいよ。」

ベルトルト「本当に!?」

アニ「ただし故郷に帰ってからね。」

ベルトルト「あっ、やっぱり・・・。」

アニ「じゃあ、セパタクロー一緒に頑張ろうか。」

ベルトルト「うん。」







ライナー(良かったな、ベルトルト。)



おしまい


元スレ
SS速報VIP:エレン「俺が勝ったら・・・してくれ!」 アニ「いいよ」