1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 20:13:06.15 ID:qzhZmA6g0

   
松実家食卓。


ト―スター「チーン」

玄「お姉ちゃんトーストが焼けたのです」

玄「はいなのです」すっ

宥「有り難う玄ちゃん。頂きます」はむはむ

玄「お姉ちゃんは本当にパンが好きなのです」ふんふむ
 



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 20:20:46.15 ID:qzhZmA6g0

    
宥「こうやって……」うんせっ

宥「パン2枚にウインナーや無花果を挟んで包み込むようにすると、あったかくてとっても美味しいのよ」

玄「ふぅ~むなるほどなるほど なるほどー」

宥「―――――――ん?」

宥「パン2枚…包む……あったかーい…………」

宥「はっ!!!」
 



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 20:29:07.22 ID:qzhZmA6g0

玄「ん?どったのお姉ちゃん?」はて

宥「く…玄ちゃん……」 ふるふる

玄「はいなのです」

宥「もしかしたら私……」

宥「冷え症を改善する画期的な方法を見付けた」

宥「のかも知れない――――」


玄「ホントなのですか?お姉ちゃん」

宥「うん……ちょっと待っててね」
 
 



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 20:35:56.02 ID:qzhZmA6g0

  
一時間後。


宥「出来たよ玄ちゃん」ばーん

玄「何ですかその穴が三つ付いた布切れは?」

宥「ねえ玄ちゃん」

宥「ちょっとコレ穿いてみてくれるかな?」
 



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 20:41:50.15 ID:qzhZmA6g0

玄「コレを……ですか?」

宥「ズボンを穿くみたいにしてみて?」

玄「うーん…他ならぬお姉ちゃんの頼みとあらば――――」


玄「おまかせあれっ」

 



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 20:49:18.51 ID:qzhZmA6g0

  
玄「うんせうんせ」はきはき


玄「穿けたのです――――はっこれはっ!!!」

玄「私の一筒と下おもちにジャストフィットして」

玄「すーすーしないのですっ!!」しょうげき!

玄「お姉ちゃんこれは―――――?」きょうがく!

宥「あたか~いでしょ玄ちゃん?」ふふん

玄「はいっあったか~いのです」かんげき!

玄「うんせうんせ」ぬぎぬぎ

玄「お姉ちゃんも穿いてみるのです」ふんす

穴のついた布「ほかほか」
 



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 20:57:48.30 ID:qzhZmA6g0

  
宥「わかったわ」

宥「うんせうんせ」はきはき

宥<やっぱり思った通り――――>


宥「あったか~い」うっとり

宥<私の一索と下おもちが包まれて>

宥<すーすーしない>ほわぁ
  



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:03:40.34 ID:qzhZmA6g0

宥「これで私の冷え性対策もばっちりだよ…玄ちゃん」

玄「はいなのです!よかったのですお姉ちゃん!!」

宥「うん…有り難う玄ちゃん」にこ


玄「お姉ちゃんこれは凄い発明なのです!!」

玄「これは何て言う名前なのですか?」

宥「名前かーうーんそうね……」

宥「はっ!」ぴかっ
 



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:08:38.21 ID:qzhZmA6g0

   
宥「パンを二枚重ねる処からヒントを得たから――――」

宥「パン二枚で――――」



宥「『パンツ』ね」ばーん



玄「おおーーーー!!!!凄いのですお姉ちゃん!!!!」

 



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:13:11.58 ID:qzhZmA6g0

  
玄「こうしてお姉ちゃんが発明して特許を取得した『パンツ』は」

玄「紆余曲折を乗り越えて」

玄「衣料品メーカーの≪HIROSE≫に資本提携、設備投資をして貰って」

玄「ようやく商品化に漕ぎ着けたのです」

 



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:17:44.28 ID:qzhZmA6g0

    
玄「そして『パンツ』と云う名を付けられた画期的な発明は――――」

玄「その余りに破天荒な着眼点と圧倒的な利便性が受けて」

玄「瞬く間に大ヒットしたのです」どやっ


玄「そして…そのお金で傾き掛けていた松実館の再建を成功させ……」

玄「正に立て直したのです」ふんす
 



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:23:57.76 ID:qzhZmA6g0

   
玄「それからお姉ちゃんは――――」

玄「相思相愛…お互いに一目惚れをした同士の――――」

玄「≪HIROSE≫のご令嬢と結婚して」


玄「いつまでも幸せに暮らしましたとさ」


玄「おしまいなのです」


めでたしめでたし。


元スレ
宥「冷え症が改善する画期的な方法を見付けた」