2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:24:47 ID:QY0mWMx.


私はハンジ・ゾエ。

アラサーの独身女。世間でいうところの負け犬だ。

まぁ、周りからの評価は気にしてない。

が、同期の女は、結婚して除隊したか、巨人に食われてあの世へ行ったかのどちらかだ。

男もいない、友達もいない、部下からは頭のイカれたババアと避けられる。

別にいいんだよ。

一人でも平気だから。

巨人のこと考えてたら楽しいから。



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:25:26 ID:QY0mWMx.


たださ、前の彼氏が巨人に食われてから何年になるかなって考えたら・・・。

5年経ってた。

自分でもびっくりした。

大干ばつ状態だよ。

潤いのない生活のせいで、最近、オス化してきたし。

全体的に体毛が濃くなるわ、脇汗半端ないわ、歯周病で口臭いわ・・・。

これじゃ本当におっさんだ。

兵団内でも、私の性別がわかんない奴、多いみたいだし。



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:25:57 ID:QY0mWMx.


長らくsexしてないから、女性ホルモンが分泌されなくなったんだろうか。

マジでそのうち閉経しそう。

別に、結婚とか妊娠とかそんな願望はないけど、女が終わるのはなんかヤダ。

そろそろ、本気で男を捕まえなきゃいけないのか。

でも、なんかもう、付き合うとか面倒くさい。

今の生活だと、兵団内でしか出会いないし、そいつら、いつあの世へ行くか分からないし。

愛した男に死なれるのは、もう勘弁だ。



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:26:51 ID:QY0mWMx.


ただの遊びのつもりでも、やっぱり一度寝ると、ちょびっと情がうつっちゃうからね。

そうなると、後腐れなくsexでき、且つ、死にそうにない男・・・。

あー、やだ。

リヴァイしか浮かばない。



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:27:23 ID:QY0mWMx.


それか・・・、エルヴィン?

エルヴィンが死ぬって状況は、調査兵団壊滅ってことで。

エルヴィンは死なない・・・か。

いやっ、ダメだ。

エルヴィン、気持ち悪いぐらい紳士的だから、軽いノリでsexできなそう。

一回寝たら、ずっとその事引き摺りそう。

責任とるとか言い出したらウザいし。



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:28:12 ID:QY0mWMx.


・・・しょうがない。

リヴァイのところへ行こう。

・・・と、その前に、無駄毛ぐらい処理しておこう・・・。



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:29:47 ID:QY0mWMx.


―旧調査兵団本部

コンコン

リヴァイ「誰だ。」

ハンジ「私。」

リヴァイ「・・・入れ。」

ガチャッ

ハンジ「お邪魔するね。」

リヴァイ「何の用だ。」

ハンジ「sexしよ。」

リヴァイ「帰れ。」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:30:31 ID:QY0mWMx.


ハンジ「冷たいなぁ。」

リヴァイ「俺は忙しい。お前だって仕事あるだろ。」

ハンジ「大丈夫。うちの班には優秀なモブリット君がいるから。彼に任せとけば問題ない。」

リヴァイ「じゃ、俺の仕事手伝え。」

ハンジ「だからさー、仕事じゃなくて、sexしよって言ってんじゃん。」

リヴァイ「本格的に頭がイカれたか。」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:31:17 ID:QY0mWMx.


ハンジ「いやさ、私ね、よくよく考えたらもう5年間sexしてないのよ。

    そろそろsexしないとマズイのよ。女として終わっちゃうのよ。

    悪いんだけどさ、協力して。」

リヴァイ「安心しろ。もう女としてとっくに終わってる。」

ハンジ「まぁ、そう言わないでよ。

    リヴァイだって最近忙しくって、地下街遊びに行ってないでしょ。」

リヴァイ「はっ、お前で処理しようってほど、落ちぶれちゃいねぇ。」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:32:00 ID:QY0mWMx.


ハンジ「別にさあ、シたからって何かが減るわけじゃないのに。リヴァイのケチ。」

リヴァイ「お前が女なら、もう少し貞操観念を持て。」

ハンジ「はいはい、分かったよ。もう、いいよ。エレンのところ行くから。」

リヴァイ「おいっ。お前、まさかエレン食う気か?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 15:32:35 ID:QY0mWMx.


ハンジ「えー、だってー、リヴァイ相手にしてくれないしー。

    ここの中じゃ、エレンが一番かわいいしー。」

リヴァイ「ちっ、しょうがねぇ・・・。仕事手伝え。終わったら抱いてやる。」

ハンジ「そうこなくっちゃ。」

   (リヴァイ、ちょろい。)



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:06:50 ID:QY0mWMx.


―2時間後

ハンジ「うん。大体片付いたね。私が手伝ってこんなに時間がかかるなんて。

    どんだけ書類溜めてたんだよ。」

リヴァイ「デスクワークは嫌いだ。」

ハンジ「ははは、リヴァイらしいね。・・・よしっ、じゃあ始めようか。」

リヴァイ「そのテンションでか・・・。」

ハンジ「ムードとか気にするの?」

リヴァイ「お前と違ってデリケートなんでな。」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:07:32 ID:QY0mWMx.


ハンジ「はいはい。ランプ消す?」

リヴァイ「好きにしろ。」

ハンジ「じゃ、このままで。ちゃんとリヴァイのこと見たいし。」

リヴァイ「お前には恥じらいとかないのか。」

ハンジ「そんなの、あっても無駄だからとっくに捨てた。服は脱ごうか?脱がしたい?」

リヴァイ「面倒くせぇから脱げ。」

ハンジ「了解。」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:08:21 ID:QY0mWMx.


躊躇うことなく、スルスルと服を脱いでいくハンジ。

リヴァイ「色気のねぇ下着だな。」

ハンジ「ははっ、セクシーなブラとか期待してた?ごめんね。」

リヴァイ「それタンクトップだろ。」

ハンジ「そうそう。ブラトップ。動くこと考えたら、これが一番ラク。」

リヴァイ「で、ボクサーパンツ・・・。俺と変わらん。おっさんか。」

ハンジ「もうさ、機能性でしか下着選んでないから。

    かわいいパンツ履いたところで、見てくれる人いないし。」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:09:10 ID:QY0mWMx.


リヴァイ「はぁ・・・、やる気がでねぇ・・・。」

ハンジ「まぁまぁ、リヴァイも脱いで脱いで。」

ハンジはリヴァイの服を、パンツのみ残して剥ぎ取った。

ハンジ「やっぱ、いい身体してるねぇ。」ペチペチ

リヴァイ「お前も兵士だけあって、女の割りにぷにぷに感あんまねぇな。」

ハンジ「でしょ、でしょ。ナイスバディでしょ。」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:09:58 ID:QY0mWMx.


リヴァイ「俺はぷにぷにしてる方がいい。」

ハンジ「あっそ。リヴァイの趣味はどうでもいいし。さぁ、ベットへ行こう。」グイグイ

リヴァイの手を引っ張りベットに押し倒した。

仰向けに倒れたリヴァイの上に馬乗りになるハンジ。

リヴァイ「盛ってんじゃねぇよ。」

ハンジ「ごめんね~。久しぶりなもんで。」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:10:48 ID:QY0mWMx.


馬乗りのままブラトップを脱ぐ。

リヴァイ「B?C?」

ハンジ「一応Cあるよ。身長でかいと、胸ってカップ数より小さく見えちゃうんだよね。」

リヴァイ「乳首ピンクじゃねぇし。」

ハンジ「ははは。乳首がピンクの女なんて現実には存在しないってば。

    今までに抱いたことある?ピンクの子。」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:12:01 ID:QY0mWMx.


リヴァイ「俺は商売女しか抱かない主義だからな。全員、乳首もマンコも真っ黒だ。」

ハンジ「エグイねぇ。病気うつされないでよ。」

リヴァイ「団が実施している性病の定期検査は受けてる。」

ハンジ「ひっかかったことある?」

リヴァイ「・・・クラミジア。」

ハンジ「あははははは。もらっちゃったんだ。カッコわる。」

リヴァイ「うるせぇ。薬飲んで治ったからいいんだよ。」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:12:52 ID:QY0mWMx.


ハンジ「あっ、ゴム持ってくるの忘れた。リヴァイ持ってる?」

リヴァイ「んなもん、持ってねぇ。」

ハンジ「だから、性病もらうんだよ。商売女相手にナマってどんだけ馬鹿だよ。」

リヴァイ「そういう店にはちゃんとゴムが置いてある。ナマじゃねぇ。」

ハンジ「うーん、リヴァイ病気持ちかもしれないしな。ゴムがないのは困ったな。」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:13:38 ID:QY0mWMx.


リヴァイ「最近の検査で陽性反応が出たことはねぇよ。」

ハンジ「じゃ、外出しで。」

リヴァイ「表現があからさまだな。」

ハンジ「じゃあ、何て言えばいいんだよ。ナマでチンコ入れ、もがっ!」

リヴァイがハンジの口を手でふさぐ。

リヴァイ「俺は、女の口から下品な言葉を聞きたくない。」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:14:24 ID:QY0mWMx.


リヴァイは起き上がり、逆にハンジを押し倒す。

リヴァイ「少し黙ってろ。」

眼鏡を奪いさり、唇をふさぐ。

舌を絡ませ、貪りあう。



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:15:11 ID:QY0mWMx.


キスの合間に呟く。

ハンジ「意外だなぁ。ちゃんとキスするんだ。」

リヴァイ「売女にはしない。」

ハンジ「それって、私のこと実は好きとか?」

リヴァイ「馬鹿か。同僚のよしみだ。」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:15:46 ID:QY0mWMx.


ハンジ「何、それw

    それより、やっぱり眼鏡返して。これじゃよく見えない。」

リヴァイ「お前なぁ・・・。

     こっちが一生懸命、雰囲気作ってやってんだろうが。」イラッ

ハンジ「もう、男って面倒くさいなあ。そんなに雰囲気必要なの?」

リヴァイ「必要だ。じゃないと、お前みたいな女相手に勃たねぇよ。」

ハンジ「ちょっと、ひどくない?みたいなって何よ。みたいなって。」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:16:38 ID:QY0mWMx.


コンコン

ドアをノックする音が響く。

モブリット「モブリットです。ハンジ分隊長はいらっしゃいますでしょうか。」

リヴァイ「ちょっと待て。」

モブリット「はっ。」

リヴァイ「モブが呼んでるぞ。」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:17:16 ID:QY0mWMx.


ハンジ「あー、もう!!」

ハンジはシャツだけ羽織り、ボタンも留めずにドアへ向かう。

リヴァイ「おい、服を・・・」

ガチャ

ハンジ「何か用?」

モブリット「!?い、いえ、エルヴィン団長から至急の召集がかかりまして・・・」///

ハンジ「わかった。すぐ行くから、外で待ってて。」

モブリット「はっ。」///



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:17:55 ID:QY0mWMx.


パタン

ドアを閉める。

リヴァイ「今の逆セクハラだぞ。」

ハンジ「やだなぁ、サービスしたつもりだけど。」

身支度を整える。

ハンジ「それじゃ。またね。」

リヴァイ「今度はエロい下着で来い。」

ハンジ「ははは。気が向いたらね。」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:18:47 ID:QY0mWMx.


建物の外に出る。

モブリット「先ほどは失礼しました。分隊長とリヴァイ兵長があのようなご関係とは知らず・・・。」

ハンジ「ぷっ。どんな関係だよ。」

モブリット「その・・・、恋人同士では・・・。」

ハンジ「やだなぁ。そんなんじゃないって。ちょっとしたスキンシップ。モブリットもどう?」

モブリット「いえ、そんな・・・」///

ハンジ「冗談、冗談。さぁ、行こうか。」

馬に跨り、走らせる。

ハンジ(エロい下着か・・・。買いにいこうかな。)

ハンジは少しだけ、気持ちが高揚するのを感じた。

~おわり~



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/28(金) 16:22:46 ID:QY0mWMx.

これで終わり。
エロくならなかったね。
読んでくれてありがとう。


元スレ
SS深夜VIP:ハンジ「アラサーですけど」