1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:05:22.46 ID:hMhCrJF40

   姫松高校控室にて

末原「……」

洋榎「なに落ち込んどんねん!ナイス闘牌やったで!」

由子「そうなのよー!」

末原「慰めはやめてください……」

絹恵「2位ですよ!2位のなにがダメなんですか!」

末原「我が名門姫松高校は絶対に1位じゃなければいけないんです……!」

漫「先輩……」

末原「わたしはその名門の看板に泥を塗ってしまいました……本当にすみません……」ポロポロ

絹恵「先輩泣かないで……」

末原「ううう……」ポロポロ

洋榎「恭子……」

  ガチャン

赤阪「エキセントリック~エキセントリック~エキセントリック少年ボーイ~♪」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:10:25.33 ID:hMhCrJF40

洋榎「面倒くさいのがきたで!」

赤阪「あ!末原ちゃんの涙の匂いがするで~」フラフラー

末原「うぐ……」

赤阪「やっぱ泣いてるやん!末原ちゃんは涙が似合うな~」ケラケラ

末原「……」ポロポロ

赤阪「ねぇなんで泣いてるん?まだガンバがJ2に落ちたのが受け入られないん~?」

絹恵「いい加減にしてください!末原先輩をこれ以上傷つけないでください!」

赤阪「一番傷ついたのは姫松の看板や、どうしてくれるんや末原ちゃん」

末原「す、すみません……」ポロポロ

洋榎「ババァ!これ以上うちの恭子になんか言ったら……!」グッ

末原「いいんです主将……わたしがダメだったのは事実ですから……」

洋榎「そ、そやけど……」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:15:44.93 ID:hMhCrJF40

末原「で、でも次こそは……準決勝こそは必ず宮永に勝ちます……」ポロポロ

赤阪「……」

末原「お願いします……もう一度チャンスを下さい……」ボロボロ

漫「あの次こそはうちも爆発しますんでうちにもチャンスを……」

洋榎「やかましい!」パチコン!

漫「カリミっ!」

赤阪「……」

末原「代行ぉ……」

赤阪「はっきり言ってな末原ちゃん、あんたの今の実力やと宮永ちゃんに勝つのは無理やで」

末原「え……」

洋榎「な、なに言うてるんや!そんなのやらな分からんやろ!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:22:52.20 ID:hMhCrJF40

末原「な、なぜ……」

赤阪「宮永ちゃんはな、あの子は大会史上に残る怪物や」

漫「怪物くんですか……」

赤阪「いくでガンス!フンガー!ってその怪物くんちゃうわ!」

絹恵「あまりおかしなこと言わないでや上重さん……」

漫「す、すんません……」

赤阪「末原ちゃんが対抗できるようなレベルやないんやな、それは末原ちゃんが一番分かってるやん」

末原「はい……」

洋榎「で、でも!勝負に絶対もなにも……!」

赤阪「今の末原ちゃんでは絶対に勝てへん、末原ちゃんだけやなくて洋榎ちゃんも真瀬ちゃんも絹ちゃん、そしてうちもや」

漫「あのうちは……」

赤阪「でもな末原ちゃん」ニヤニヤ

末原「はい……」

赤阪「一つだけあるんや、あの子に勝てる方法が」ニヤリ

末原「え……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:28:02.06 ID:hMhCrJF40

末原「ほ、本当ですか!」

赤阪「本当やで~いくのんはいつも真実しか口にださへん」

漫「もうすでにそれが嘘やないですか……」

末原「お願いします!その方法を教えてください!」

赤阪「ええで~、ほなさっそくいこか~」

洋榎「あかんで恭子!これは罠や!このオバハンの信じたらあかんで!」

絹恵「そうです先輩!なんかとても心配です!」

末原「でも……わずかでも勝てる方法があるのなら……わたしはそれを試したい!」

由子「恭子……」

赤阪「早くいこか~、若さは待ってくれないで~」

末原「では行ってきます!」

   ガチャン

漫「大丈夫ですやろか……」

洋榎「心配や……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:35:09.30 ID:hMhCrJF40

  とある町にて

赤阪「ヘイヘイヘイ~時には起こせよムーブメ~ント~♪」

末原「……」

赤阪「なんや末原ちゃん緊張してる~ん?」ニヤニヤ

末原「はい……なにされるかわかりませんし……」

赤阪「大丈夫やって~そんな痛くないで~」

末原「そんなってことは少しは痛いんですか?!」

赤阪「心配ない問題ないナイナイナイザッツイッツオ-ライやで~♪」

末原(心配や……)

  シーン・・・・・・

末原「あのいつまでここで立ってればいいんですか……」

赤阪「もうすぐやで~待ち人がもうすぐ来るで~」

末原「はぁ」

???「おまたせしましたですよー」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:43:01.88 ID:hMhCrJF40

末原「うわぁ!おばけ!」

そこに居たのは奇怪な被りモノをした少女だった

初美「バケモノ呼ばわりは酷いですよー」バサッ

末原「あ!あなたは永水の副将!」

赤阪「遅かったや~ん凍えちゃうトコやったで~」

初美「例のモノですよー」

薄墨初美はポケットから小さな箱を取り出した

赤阪「おおきに~、これで末原ちゃんを強化できるで~」

初美「我が島に代々伝わるモノですよー、使い方は間違わないでほしいですー」

赤阪「大丈夫やで~安心してや~」

初美「ではさいならですよー」ピューン

それを渡すと初美はそそくさとその場から消えたのだった

赤阪「イヒヒヒヒ!これやこれ!これが欲しかったんや!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:49:01.80 ID:hMhCrJF40

末原「あの代行……」

赤阪「なんや末原ちゃん?おしっこにでも行きたいんか?」

末原「ち、違います!今のはいったい何だったんですか!」

赤阪「あの子は痴女やで~」

末原「そういうことやないです!その渡されたモノは何なんですか!」

赤阪「これはやな~」パカッ

末原「え……なんですかそれは……」

箱に入っていたのは指輪だった

赤阪「これは鹿児島のシャーマンが儀式のときに使ってたモノらしいで
   末原ちゃんを強化するのにこれが必要やったんやで~」

末原「そうなんですか……」

赤阪「必要なモノは全部そろったで~、ほな行こうか~」

二人は夜の闇へと消えていった……



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:54:22.62 ID:hMhCrJF40

  副将戦後

絹恵「みんなごめんね……」ポロポロ

洋榎「泣くのやめや絹……」

由子「そうなのよー、ダヴァーンや原村相手に大善戦だったのよー!」

漫「ほらデコ出し!罰としてデコに喝や!」

洋榎「爆発したからって調子にのったらあかんで!」

絹恵「それで末原先輩は……」

漫「それが……」

洋榎「まだ戻ってこないんや」

絹恵「そんな……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 23:59:03.60 ID:hMhCrJF40

洋榎「ああもうどこに行ったんやホンマに!」

漫「代行は末原先輩をいったいどこに連れ回してるでしょうか……」

絹恵「琵琶湖に行ったとか言ってたで」

漫「佐賀県にあの湖ですか……」

由子「佐賀県やなくて滋賀県なのよー」

洋榎「漫は地理がまったくダメやな」

漫「うちは麻雀だけ出来ればええんです……」

由子「もうすぐ時間なのよー」

洋榎「どこに行ったんやもう……」

絹恵「先輩……」

  ガチャン

赤阪「おまたのせいこさんやで~」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:06:18.99 ID:fA3adqkD0

洋榎「オバハンいままでなにやってたんや!」

由子「待ちぼうけだったのよー!」

赤阪「危うく隕石と衝突するトコやったんやなぁ~」

漫「なにわけのわからないこと言うてるんですか……」

赤阪「アルマゲドーン!!」ドーン!

漫「エアロっ!急になんで肩を叩くんですか!」ンモー

絹恵「そんなことより先輩!末原先輩はどこですか!」

赤阪「ちょっと待っててや~今来るで~」

  カツン・・・ カツン・・・

洋榎「恭子……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:10:41.09 ID:fA3adqkD0

ギギギィ……

洋榎「な……!」

絹恵「せ、先輩?!」

由子「の、のよー!!」

漫「先輩!」

赤阪「どうや!!パワーアップ末原ちゃんの登場や!!」

そこでみんなが見たものは……

末原「ハァハァ……」

顔色が悪く滝のような汗をかいた末原恭子の姿だった……!

末原「みんな……うく……遅くなってすみません……」フラフラ

赤阪「どうや凄そうやろ~」

漫「めっちゃ具合悪そうやないですか!大丈夫ですか先輩!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:14:35.44 ID:fA3adqkD0

末原「うぐ……」フラフラ

絹恵「先輩!」

由子「恭子大丈夫?!」

末原「すみません……ちょっと風邪気味みたいです……」

洋榎「ちょっとどころやないやろこの熱!」ゴッチン

漫「アジジ!なんや高熱どころやないですやん!おデコで目玉焼きができますよ!」

絹恵「代行!!末原先輩にいったいなにをしたんですかァ!!」

赤阪「宮永ちゃんを倒せるように強化したまでやで~」

末原「うぐ……暑い……」ポタポタ

洋榎「漫!クーラーの温度を下げるんや!」

漫「は、はい!」ピピッ!



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:18:17.83 ID:fA3adqkD0

末原「暑い……暑い……」ポタポタ

洋榎「も、もうこれで一番低い温度やで」ガクガク

漫「さすがにこれ以上は無理ですよ……」ガクガク

赤阪「軽井沢に居る見たいでここちええな~」

絹恵「なんでこの人は楽しそうにしてるんや……」ブルブル

末原「う!!!!」

漫「大丈夫ですか先輩!」

末原「う……!」

由子「恭子?」

末原「オロロロロロロ!!!」ベチャベチャ

漫「ギニヤアアアアアア!!!ゲボかけるやめてくださいよー!!」

赤阪「イヒヒヒヒ!!まさに地獄絵図やな!」

末原「ううう……」フラフラ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:22:31.37 ID:fA3adqkD0

末原「かは……」

漫「うううなんでうちがこんな目に……」キュッキュッ

洋榎「黙って床を掃除せい!」キュッキュッ

  ガチャン

スタッフ「そろそろスタンバイお願いしまーす」

末原「はひ……」フラフラ

絹恵「大丈夫ですか先輩……辞退して病院に行きましょう!」

末原「大丈夫です……この日のために秘策を用意したんですから……」スタッ

由子「恭子頑張ってなのよー」

末原「はい頑張ります……」フラフラ

洋榎「恭子……」

赤阪「いってらっしゃーい」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:28:19.65 ID:fA3adqkD0

  準決勝会場にて

みさき『改めましてこんばんは、実況の村吉みさきです』

野依『……!!』=3=3

みさき『そしてこちらは解説の野依理沙プロです』

野依『よろしく!!』プンスコ!

みさき『野依プロ、ついに準決勝も残すは大将戦のみです
    大将戦はいったいどういう展開になるとお思いですか?』

野依『つよいひとがかつ!!』プンスコ!

みさき『それはわかりますがもっと具体的にお願いします』

Σ野依『!!』

みさき『どういう展開になるでしょうか?』

野依『……!!』=3=3



由子「相変わらず口下手なのよー」

赤阪「いくのんに解説やらせてや~」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:36:27.62 ID:fA3adqkD0

みさき『では選手紹介です』

ネリー「準決勝も1位になってガイトさんに褒めてもらうよ!」

みさき『臨海女子の大将はネリー・ヴィルサラーゼ、東欧では神童と呼ばれているみたいですが
    野依プロ、いったいネリーのどういうところが凄いのでしょうか?』

野依『……』

みさき『……そんな哀しい顔しないでください』

モーガン「横浜のために頑張るヨ!T!T!T!」

みさき『南神奈川代表は東白楽のモーガン、本場メジャーからやってきたスーパー助っ人みたいです』

咲「よろしくお願いします」ペッコリン

みさき『そして清澄の大将は宮永咲、清澄高校快進撃の原動力です』

末原「よ、よろしくお願いします……」ケホッケホッ!

みさき『姫松の末原なんですがどうしたのでしょうか、顔色が真っ青です』

野依『病院いけ!』プップスー!



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:38:05.77 ID:fA3adqkD0

みさき『では選手紹介です』

ネリー「準決勝も1位になってガイトさんに褒めてもらうよ!」

みさき『臨海女子の大将はネリー・ヴィルサラーゼ、東欧では神童と呼ばれているみたいですが
    野依プロ、いったいネリーのどういうところが凄いのでしょうか?』

野依『……』

みさき『……そんな哀しい顔しないでください』

モーガン「横浜のために頑張るヨ!T!T!T!」

みさき『北神奈川代表は東白楽のモーガン、本場メジャーからやってきたスーパー助っ人みたいです』

咲「よろしくお願いします」ペッコリン

みさき『そして清澄の大将は宮永咲、清澄高校快進撃の原動力です』

末原「よ、よろしくお願いします……」ケホッケホッ!

みさき『姫松の末原なんですがどうしたのでしょうか、顔色が真っ青です』

野依『病院いけ!』プップスー!



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:42:31.09 ID:fA3adqkD0

末原「あぐ……」

咲「あ、あの末原さん!大丈夫ですか顔色が悪いですよ!」

ネリー「きゅうきゅうしゃ呼ぼうよ!」

末原「大丈夫です心配しないでください……」ハァハァ

咲「でも……」

末原「そ、そんなことより宮永さん……今日こそはこのまえの借りを返します……覚悟しといてください!」

咲「う、うん!!!」

みさき『さぁ試合開始です』

ネリー「サイコロ転がして土地も転がすよ!」

咲「どういう意味それ?」

ネリー「わからない!ガイトさんがよく言ってるよ!」

末原「ハァハァ……」ポタポタ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:47:20.23 ID:fA3adqkD0

ネリー「えい!」カチャ!

モーガン「ヘイ!」カチャ!

末原「はうぐ……」カチャ

咲「えい!」カチャ

みさき『現在トップは清澄、2位は臨海、そして姫松、東白楽と続きます』

末原「ハァハァ……」カチャ

モーガン「ローンだヨ!!ホンイツドラで満貫だヨ!!」

みさき『さっそく東白楽のモーガンが和了しました』

モーガン「フォーーーー!!!横浜がイチバーーン!!!T!T!T!」

野依『うるさい!!』プンスコ!

みさき『モーガン選手は試合になると別人格になる……という設定みたいです』

野依『ぺるそな!』=3=3

末原「……」ポタポタ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:52:17.69 ID:fA3adqkD0

  姫松高校控室にて

末原『ハァハァ……』ポタポタ

洋榎「いきなり振り込んでるやん!」

由子「心配なのよー……」

漫「もらいゲボしそうや……」ウプッ

絹恵「いますぐ試合を止めて病院に連れてきましょう!末原先輩にもしなにかあったらわたし……!」

赤阪「大丈夫やって心配しなさんな~、これも想定の範囲内やで~」

洋榎「どーゆーことやそれ!」

赤阪「見てればわかるで~、イヒヒヒヒヒ!!」

由子「いったいどうなるのよー……」

絹恵「先輩……」

末原『うぐ……うぐ……』フラフラ



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 00:56:32.00 ID:fA3adqkD0

末原「ハァハァ……」カタカタ

みさき『しかし末原はどうしたのでしょう、肩で息をしている状態です』

ネリー「えい!」カチャ!

モーガン「T!」カチャ!

末原「うく……」カチャ

みさき『牌を捨てるのもやっとという状態です』

咲「えい!」カチャ!

みさき『先が読めない状況です』

野依『きゅうさい!!』

みさき『それは咲-saki-が読めない状況です』

末原「ハァハァ……」カチャ

咲「!!それカン!」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:02:29.00 ID:fA3adqkD0

みさき『おーっと宮永がカンです!』

咲「来るよ!」カチャ

みさき『さぁリンシャンカイホーさく裂なるか!』

咲「ツモ、リンシャンカイホー!」

みさき『さく裂しましたリンシャンカイホー!』

末原「……」

みさき『リンシャンのみなんでそれほど痛くはありません』

末原「……」

みさき『しかし末原の顔は真っ白、どうしたのでしょうか?』

末原「……」

咲「末原さん?」

と、その時……!!

末原「ぬわああああ!!!」バーン!!!

なんと末原の右手がはじけ飛んだのだ……

咲「え……」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:06:38.86 ID:fA3adqkD0

末原「かはっ!かはっ!」

咲「あわあわあわ……」カタカタ

野依『!!』

みさき『ひぃぃぃぃぃ!!!す、末原恭子の右腕が!右腕が木端微塵にぃぃぃ!?』

末原「あぐぅ……」ポタポタ

野依『血!血がすごい!!すごい!!』=3=3=3=3=3=3

ネリー「なにこれ!なにこれぇ!!」ビクビク

モーガン「オーマイガァァァァァァ!!!!」

末原「ハァハァ……」ポタポタ

咲「あああ……」カタカタ

野依『すごい!すごい!すごい!すごい!すごい!!!』キャッキャッ!



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:10:38.94 ID:fA3adqkD0

  姫松高校控室にて

末原『ぬわあああ!!!』バーン!!!

洋榎「うわあああああああああ!!!!!」

絹恵「せ、先輩に右腕が!!!」

由子「吹き飛んだのよー!!!」

漫「うううグロい……」オロロロロロ

赤阪「ついにきたで!」

洋榎「いったい何なんやあれは!オバハン恭子になにしたんやっ!!!」

赤阪「イヒヒヒヒ!!!宮永ちゃんに勝つために必要なことやで~」

漫「うち血が苦手ですねん……」クラクラ

絹恵「う、上重さん!気をしっかり!」

漫「先輩~……」クラクラ

末原『ハァハァ……』



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:16:36.47 ID:fA3adqkD0

末原「うく……」ポタポタ

咲「あの末原さん……」

末原「大丈夫です心配しないでください……」ポタポタ

ネリー「でも……!」

末原「まだ左手がありますから……」

モーガン「血がすごいヨ!危ないヨ!」

末原「大丈夫です……」フラフラ

みさき『し、試合続行ですぅ、正気の沙汰じゃありません~』フラフラ

野依『!!!!』=3=3=3=3=3=3

末原「サイコロ回して頭もまわすで……!」

咲「怖いよぉ……」カタカタ



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:22:56.02 ID:fA3adqkD0

末原「ハァハァ……」カチャ

咲「ううう……」カチャ

ネリー「ガイトさんだって腕は切り飛ばさないよ……」カチャ

モーガン「Hey!YO!」カチャ!

みさき『一気に場が静まりましたが……モーガンだけ相変わらずのハイテンションです……』

野依『すごい!!すごい!!!すごい!!!!!』ギンギラギラギラ!

みさき『なぜか野依プロもハイテンションになってます……』クラクラ

末原「ハァハァ……」カチャ

咲「和ちゃん……」カチャ

ネリー「えい……きた!ツモ!!」

みさき『おーっと今度はネリーがツモった!』

ネリー「4000・8000!倍満だよ!」

末原「ハァハァ……」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:27:37.75 ID:fA3adqkD0

咲「えい!」カチャ!

ネリー「そりゃ!」カチャ!

モーガン「カモーン!」カチャ!

みさき『段々みんな元気を取り戻してきているみたいです……』ウプッ

野依『……!!』プンスコ!

ネリー「てぇい!」カチャ!

モーガン「ヘイヘイヘーイ!」カチャ!

みさき『末原さんは医務室に連れて行ったほうがいいのではないでしょうか……』

野依『だめ!!』

末原「ハァハァ……あ!」ツルン

慣れない左手、そして汗でびしょびしょのため、末原は牌を落としてしまった

咲「!!それロン!!」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:31:15.31 ID:fA3adqkD0

みさき『末原!宮永に振り込んでしまいました』

咲「ジュンチャンリャンペーコー!ハネ満!!」

みさき『ここで一気に2位の臨海を突き放す!』

咲「絶対にお姉ちゃんに会うんだ!!」

野依『……!!』プンスコ

末原「……」

みさき『今度は痛い末原!それ以上に右腕が痛いハズですが……』

末原「……」

みさき『しかし末原の顔は真っ白、まさか……』

末原「……」

咲「末原さん?」

と、その時……!!

末原「ひがががががぁぁぁぁ!!!」バーン!!!

なんと今度は末原の左腕がはじけ飛んだのだ……

咲「ぷぅ!!!!」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:35:58.44 ID:fA3adqkD0

末原「あぎぎ……あぎぎ……」

咲「うわあああああん!!!!もうやだよぉ!!」ポロポロ

ネリー「ああ……」ポカーン!

みさき『今度は左腕……』クラクラ

野依『ドカーン!!!左腕がバーン!!!』キャッキャッキャッ!

末原「あぐ……」

咲「す、末原さん……」

末原「ま、ま、まだ口があります……続行です……!!」

ネリー「ガイトさん……」ポケー

みさき『だ、誰か止めてぇ……』

野依『!!!!!!!!!』=3=3=3=3=3=3=3=3

末原「ハァハァハァ……」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:41:34.06 ID:fA3adqkD0

  姫松高校控室にて

末原『ひぎぃぃぃぃ!!!』バーン!!!!!

洋榎「うわああああ!!今度は左腕や!!!」

漫「ああもうダメや……」バターン

絹恵「上重さん!」

赤阪「イヒヒヒヒヒ!!!」

由子「代行!あなたは恭子になにをしたのよー!!」

洋榎「恭子をめちゃくちゃにしよってからに!!!」

赤阪「なに言うてるんや?これは末原ちゃん自身が望んだことなんやで~」

絹恵「いったい末原先輩の体になにが……」

末原『ハァハァハァ……』

赤阪「末原ちゃんはな~、いま進化の途中なんやで~」

由子「進化?」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:47:39.58 ID:fA3adqkD0

洋榎「なんなんやその進化の途中って?」

赤阪「みんなは進化の秘法って知っとる~?」

絹恵「し、しんかのひほう?」

赤阪「熱海の秘宝館ちゃうで~進化の秘法やで~」

洋榎「わかっとるわ!いったい何なんやそれは!」

赤阪「いくのんの母校であるバカ田大学の研究部が発見したんや
   人間の能力を著しく進化させる究極の魔術や~」

由子「究極の魔術……」

赤阪「そうや、それを末原ちゃんに施したんや」

洋榎「で、でも恭子の体が……!」

赤阪「大丈夫や……末原ちゃんは着実に怪物に近づいてるで……イーッヒッヒッヒ……」

末原『ハァハァ……』

漫「先輩……」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 01:55:10.05 ID:fA3adqkD0

末原「あむ……えい!」カチャ

みさき『末原は口で牌をツモります……』カタカタ

野依『くれいじー!!』

咲「和ちゃん助けて……」カチャ

ネリー「せめて小指にしなよ!」カチャ!

モーガン「ヘイ!」カチャ!

末原「あむ……ぱ!」カチャ

みさき『口で牌をツモり牌を捨てるのは大変そうです……』

咲(どうやってリーチ棒を出すんだろう……)

ネリー「ツモ!!イッツードラドラ!満貫!」

みさき『ネリーがすかさずツモりました……』ハァハァ

末原「ハァハァ……」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:00:31.39 ID:fA3adqkD0

末原「あむ……えい!」カチャ

みさき『なんということでしょう……誰がこのような展開を予想したでしょうか……』

野依『よそうがい!!』=3=3=3=3

みさき『ああ凄い展開です……』クラクラ

ネリー「牌がベトベトだよ……」カチャ

みさき『これは麻雀なんでしょうか……』

末原「あむ……えい!」カチャ

みさき『ここまで焼き鳥は末原だけです……うううしばらく食事ができないよぉ……』

野依『おなかすいた!』グーグー

咲「えい!」カチャ!

咲「!!カン!!」

みさき『さぁ宮永のリンシャンがさく裂なるか!』



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:06:45.50 ID:fA3adqkD0

咲「ツモ!リンシャンカイホー小三元ドラ!ハネ満だよ!」

みさき『またもハネ満を和了しました!』

野依『すごい!!』

ネリー「また突き放されちゃったよう……」

咲「ううう……」

みさき『しかし宮永、ハネ満和了ったのに元気がありません、何故でしょう』

末原「……」

みさき『……あ!!!みなさん気をつけてください!!またすえ……』

と、その時……!!

末原「ごびびゃああああん!!!」バシャーン!!!

なんと今度は末原の頭が吹っ飛んだのだ……!!

咲「ギニヤアアアアアアア!!!!!」

みさき『やめてええええええええええ!!!!!』

ネリー「ひぎいいいいいいいいいい!!!」

野依『すごいすごいすごいすごいすごい!!!!』ピョンピョン!



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:11:21.00 ID:fA3adqkD0

末原「……」

咲「あうあう……」カタカタ

ネリー「おかしいよ……こんなのっておかしいよ……」ブルブル

モーガン「日本は恐ろしいトコロだヨ……」ガクガクブルブル

みさき『あばばばば……』ブクブク

野依『すごい!!すごすぎるよ!!すごーい!!』キャッキャッ!

咲「あう……末原さん……」ポロポロ

末原「……」

咲「ううう……返事が無いよぉ……」

末原「……」

みさき『……』カクーン

野依『しっしん!!』



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:15:33.99 ID:fA3adqkD0

  姫松高校控室にて

恒子『ちゃっちゃちゃーす!代打でみんなのアイドルが登場でーす!』

洋榎「……」

由子「……」

絹恵「……」

漫「オロロロロロ……」ベチョベチョ

赤阪「どうやすごいやろ~、これがいくのんの母校の研究結果やで~」

洋榎「頭おかしすぎですやん……」

由子「クレームが殺到なのよー……」

絹恵「ううう先輩……」ポロポロ

漫「デもないアダマもない……どうやっでバイをヅモるんでずが……」ウプッ

赤阪「見てればわかるで~」

恒子『おーっと末原に異変が!』



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:19:46.57 ID:fA3adqkD0

末原「!!」

咲「す、末原さん?!」

ネリー「え……」

末原「!!」モコモコモコ!

末原の腹があやしく蠢いた!!

野依『!!!!!』=3=3=3=3=3=3=3

恒子『おーっといったいどうなる!!』

と、その時……!!

末原「うげぎゃげげげげ!!!」バシャーン!!!

咲「ひぎぃ!!」

ネリー「ぷぅ!!!」

末原漫「キシャーーーー!!!!」

なんと末原の腹から上重漫の顔が飛び出したのだ……!!

漫「なんでうちの顔が出てくるんや!!!」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:26:13.93 ID:fA3adqkD0

  姫松高校控室にて

末原漫『キシャーーーー!!!!ミヤナガコノヤローーー!!!』

赤阪「イヒヒヒヒ!!!末原ちゃんの腹から漫ちゃんが!!!イヒヒヒヒ!!!」

漫「どういうことですねん代行!」

赤阪「末原ちゃんと漫ちゃんは一心同体ってことやな!イヒヒ!!」ジタバタ

漫「人面瘡ですやんあれ!」

末原漫『ゲイノコヤシヤアアアア!!!!』

絹恵「アハハ!なんかおもろなってきたわ!」

洋榎「自棄をおこしたらあかんで絹……」

赤阪「そろそろ本番やで~」

由子「恭子……」

末原漫『ビーゼーエニーターイム!!!』



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:30:45.16 ID:fA3adqkD0

末原漫「キシャー!!」

恒子『モンスターです!真夏の東京にモンスターが現れました!』

∩野依∩『がおーー!!』

末原漫「クリフトオオオオオ!!!」

咲「誰か助けてよぉ……」ポロポロ

末原漫「ふんぬ!!」カチャ

末原は念力で牌をツモり始めた

恒子『おー末原!魔法を使っております!』

ネリー「もう故郷に帰りたい……」

末原漫「マダマダヨルハコレカラジャアアア!!!」

野依『変なかお!』プップスー!



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:35:05.13 ID:fA3adqkD0

その後も末原は進化をし続けた……!

ネリー「ロンだよ!」

末原漫「ネクストステエエエエジイイイイイ!!!!」ムキムキィ!

恒子『おーー末原!!!両腕は生えたああああああ!!!!』

モーガン「ロンだヨ!」

咲「ツモだよ!!」

末原漫「ブラアアアアアイ!!!!!」ムキムキムキィ!

恒子『今度は足がマッチョに進化したァァァァ!!!』

野依『Bボタン!Bボタン!」キャッキャッ!

末原漫「キシャーーーー!!!」

恒子『いったい末原恭子はどうなってしまうのか!!』

咲「……」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:38:51.07 ID:fA3adqkD0

末原漫「ミヤナガァ!ミヤナガァァァァ!!!」

咲「ううう……」

恒子『試合開始時の面影がありません末原恭子!』

末原漫「ヌオオオオオオ!!!!」

ネリー「うるさいよ!」

モーガン「シャーラップ!!!」

末原漫「ゼッタイニタオスンジャアアアイ!!」カチャ!

恒子『末原の大魔王ツモ!さく裂なるか!』

末原漫「ミヤナガアアアアアア!!!!」

ネリー「だからうるさぁい!!」

咲「……」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:43:03.25 ID:fA3adqkD0

ネリー「えい!」カチャ!

モーガン「勝つヨ!」カチャ!

末原漫「ふんぬ!!」カチャ!

咲「……」カチャ

恒子『しかし大変なことになりましたね野依プロ、いまテレビ局の電話線をすべて切ってるみたいですよ』

野依『くじょうさっとう!!』プンスコ!

末原漫「ミヤナガタオスハイコイヤアアア!!!」カチャ

咲「……」カチャ

恒子『どうしたんでしょうか宮永!目が虚ろです!!』

野依『こわい!!』ブルルッ!

末原漫「キシャー!!」カチャ

咲「それカンだよ!」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 02:48:47.25 ID:fA3adqkD0

末原漫「!!」

恒子『宮永咲のカンカン乱れチョップさく裂なるか!!』

咲「もいっこ!カン!!」

野依『!!』=3=3=3

咲「もいっこカン!!」

末原漫「ミヤナガアアアアア!!!!」

咲「ツモ!!リンシャンカイホーサンカンツホンイツ!ドラ6つ!!三倍満だよ!」

恒子『三倍満だあああああ!!!!』

次の瞬間……!!

末原漫「ぬおおおおおおおおおお!!!!!」

末原が雄たけびをあげ宙に浮いたのだ!

恒子『おーっと今度はなにが起こるんだァァァ!!!』

野依『!!!』ドキドキ

末原漫「ぬおおおおおおおお!!!!」



118: 訂正 2013/02/24(日) 02:56:13.83 ID:fA3adqkD0

ネリー「なに!なに!?」

咲「あああ……」

末原漫「……」ピコーン

宙に浮いた末原の体が輝きだした……

末原漫「うおおおおおお!!!!!」ムキムキィ!!

恒子『末原の体がマッチョになりはじめたァァァ!!!』

体は大きくなり手と足の爪は鋭くとがり始めた、そして……

末原「宮永ァァァァァァァ!!!!」ムクムクムクッ!

なんと新しく顔が生え始めたのだ……!

恒子『顔が生えた!!』

野依『わあああああああああ!!!!』ピョンピョン!

そしてすべての進化は終了したのだ……!

末原「フハハハハ!!!とうとうわたしを怒らせてしまったみたいだな!!!」

その顔はまるで鬼のように恐ろしい形相をしていた……

末原「今からお前に本当の恐怖と言うモノを味あわせてやるぞ!!フハハハハハハ!!!」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 03:05:12.96 ID:fA3adqkD0

咲「……」

ネリー「モンスターだよ!!ガイトさあああああん!!!」ポロポロ

末原「フハハハハ!!!わたしを怒らせるとはたいしたもんだ宮永よ!」ドシーンドシーン!

恒子『まさに大魔王の出現です!』

野依『アールピージー!』=3

咲「……」

末原「我が名はスエハラキョーコ!まだ魔王として目覚めたばかりだ!」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 03:07:11.76 ID:fA3adqkD0

咲「……」

末原「しかしやることはわかっている!お前を今から叩き潰す!!そしてわたしが1位で決勝に進む!」

咲「……」

末原「泣け喚け!そしてわたしの腕の中で果てるがいい!フハハハハ!!」

咲「……」

末原「どうした宮永よ!恐ろしくなにも言えぬのか?この腰ぬけがっ!フハハハハハハ!!」

咲「あの末原さん、ちょっといいかな」

末原「なんだ命乞いか!無様だな!フハハハハ」

咲「いまの三倍満で末原さんハコ割れだよ……試合終わりだよ……」

末原「え」

洋榎「え」

由子「え」

絹恵「え」

漫「え」

恒子『試合しゅうりょおおお!!!姫松ドボンで清澄と東白楽が決勝進出です!!』



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 03:13:02.61 ID:fA3adqkD0

末原「そんなバカな……」カタカタ

ネリー「おつかれー」

モーガン「決勝でも大活躍するヨ!」

咲「また麻雀やろうね!」ググッ!

末原「え、ホンマに試合終わりなん?そんな……」カタカタ

恒子『進化したは良いですがいかんせん進化するのが遅すぎましたねぇ』

野依『おばか!ちょーおばか!』プップスー!

末原「なんのために……こんなことを……」ポロポロ

末原漫「キシャー!!ミヤナガコノヤロー!!!」

末原「やかましいわ!!」パチコン!

末原漫「ギニヤ!!」

末原「ギニヤ!!!」

咲(自分のお腹を殴ってる……)

こうして末原恭子の夏はあっけなく終わったのだった……



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 03:21:18.75 ID:fA3adqkD0

  1年後……

クボ「イケダァァァァァァ!!!」

透華「野性のクボコーチですわ!」

煌「すばらっ!!」バキィ!

クボ「ギニヤ!!」バタン

煌「わたしの剣さばきで一発ですねぇ!すばらです!」

ダヴァン「大魔王の居る部屋までもう少しデス!」

塞「さァ!かかってくるがいい!通天閣の魔王!」

煌「魔王を倒してすばら世界にしましょう!」スタタタタッ!

ダヴァン「サトハと幸せに暮らすんデス!」スタタタタッ!

塞「わたしたちが世界を守るんだ!!」スタタタタッ!

透華「世界を救って目立って差し上げますわ!」スタタタタタッ!

まこ「なしてワシまで……」スタタタタッ



131: 訂正 2013/02/24(日) 03:22:33.29 ID:fA3adqkD0

  1年後……

クボ「イケダァァァァァァ!!!」

透華「野性のクボコーチですわ!」

煌「すばらっ!!」バキィ!

クボ「ギニヤ!!」バタン

煌「わたしの剣さばきで一発ですねぇ!すばらです!」

ダヴァン「大魔王の居る部屋までもう少しデス!」

塞「さァ!かかってくるがいい!通天閣の魔王!」

煌「魔王を倒してすばらな世界にしましょう!」スタタタタッ!

ダヴァン「サトハと幸せに暮らすんデス!」スタタタタッ!

塞「わたしたちが世界を守るんだ!!」スタタタタッ!

透華「世界を救って目立って差し上げますわ!」スタタタタタッ!

まこ「ワシは行きとうない!」

透華「いいから来なさい!!」グイグイ!



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 03:28:38.59 ID:fA3adqkD0

末原「キシャーーーー!!!!」

煌「とうとう魔王とのご対面ですねぇ!すばらっ!」

透華「さぁたっぷりといたぶってあげますわよ!」

塞「マホトーン!」

まこ「ワシは嫌じゃ!帰る!!」

煌「勇者なのにそんな逃げ腰なのはすばらくないですねぇ!」

まこ「なんでワシが勇者なんじゃ!!おかしいじゃろ!!」

ダヴァン「アナタがイチバン勇者に適任だからデス」

まこ「髪の毛だけじゃろうが!!」

末原「カカッテコイヤアアアア!!!!」

透華「行きますわよ!!」

まこ「ああもう当たって砕けろじゃ!うおおおおお!!!」スタタタタタッ!

果たして勇者まこは大魔王スエハラを倒すことができるのか!まこたちの戦いはこれからだ!

        末原「とうとう私を怒らせてしまったみたいだな!!」咲「ひぃ!」   カン



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 03:29:41.97 ID:fA3adqkD0

以上ですお
読んでくれた人てんきゅー


元スレ
末原「とうとう私を怒らせてしまったみたいだな!!」咲「ひぃ!」