1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 05:25:52.25 ID:1OLFZFmr0

マミ「鹿目さん、こういう事はもうやめに…」

まどか「何言ってるんですか、マミさん。」

マミ「だってこんな事、絶対におかしい…私達女の子同士だし…///」

まどか「嫌ならなんでわざわざきたんですか?」

マミ「それは…こ、断ろうと思って…。」

まどか「ならテレパシーか電話で嫌って言えば良かったじゃないですか?」

マミ「それは…。」

まどか「そんな事もせずにここに来たって事はマミさん、実は期待してたんじゃないですか?」

マミ「そんな事…///」

まどか「いい訳はいいですから、ソウルジェムを渡してそこの壁に手をついて下さい。」

マミ「…」グッ

まどか「そうそう。」ペロリ

マミ「やっ…///」

まどか「相変わらず可愛い下着ですね♪」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 05:26:24.51 ID:1OLFZFmr0

マミ「だって…鹿目さんが見るから変な下着は…」

まどか「マミさんのそういう心がけ、私好きです!!」ティヒヒ

マミ「///」

まどか「じゃ、パンツ脱がせますね♪」スルッ

マミ「んっ…。」

まどか「あれ?下着湿ってますよ。もしかしてマミさんお漏らし…」

マミ「ち、違うわ…あ、汗よ、汗!!」

まどか「そう、汗ですか。まぁどっちでも良いんですけど。」ウェヒヒ



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 05:39:18.97 ID:1OLFZFmr0

まどか「じゃっ、早速…。」ヌルッ

マミ「あっ…///」

まどか「あ~、マミのココ、汗のお陰で指が抵抗無く入っていきますね♪」ヌルッヌルッ

マミ「あっ…あっ///」

まどか「今日、よっぽど暑かったんですね♪」ヌルッヌルッ

マミ「ああんっ!!…そ、そうよ…今日体育あったから…やっ…あひゅっ…」

まどか「っと、これだけでイカせる訳にもいかないし…」ピタッ

マミ「ふぇっ?」

まどか「…マミさんお待ちかねのソウルジェム挿入でーす」ズブズブ

マミ「ま、待ってなんか…///」

まどか「とかなんとか言っちゃって♪美味しそうに咥え込んでいきますよ。マミさんの下のお口は♪」ズズズッ

まどか「っと入った入った♪」

マミ「か、鹿目さん…これって!?」

まどか「ティヒヒ、私のソウルジェムです♪」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 05:45:36.71 ID:1OLFZFmr0

マミ「か、鹿目さん!?」

まどか「心配しなくてもマミさんのソウルジェムもちゃんと入れてあげますって♪こっちの穴ですが♪」グニグニ

マミ「やっ…嫌っ!!」

まどか「マミさん、お尻の力抜かないと痛いですよ。」

マミ「だって…そこは挿れる穴じゃ…っ!!」

まどか「もぅっ、マミさんは仕方ないなぁ」ペロペロ

マミ「ほわぁぁっ」ビクッ

まどか「女の子の穴は全部出したり挿れたり出来る様に出来てるんですから抵抗しないで下さい。」ペロペロ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 05:57:17.06 ID:1OLFZFmr0

マミ「ひゃっ…やっ…」ゾワゾワゾワ

まどか「ほら、もうほぐれてきた♪」ペロペロ

マミ「ひぃっ…」ビクッ

まどか「こっちはもぅいいんだけど、一旦…」ズブッ

マミ「あぴっ…」ビクッビクッ

まどか「マミさんのソウルジェムを濡らすまで、すみません、指で我慢して下さい。」グニッグニ

マミ「ひぅっ…!!」ビクッビクッ

まどか「マミさんのソウルジェム、わたしの唾液で、たっぷり濡らしてあげますね♪」レロッレロッ

マミ「ひあああっ…」ビクッビクッ

まどか「あっ、マミさんのソウルジェムって性感帯にしたんでしたね、うっかりしてました。」レロレロ

マミ「あくっ…わ、わざと…でしょ?」ハァハァ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 06:47:44.29 ID:1OLFZFmr0

まどか「ティヒヒ♪」レロレロペチャペチャ

マミ「…」ビクッビクッビクッビクッ

まどか「ふぅ…こんなもんかな。」

マミ「…」ハァハァ

まどか「マミさん、ゆっくり息吐いて下さいねぇ。」ズブズブズブズブ

マミ「…」

まどか「…よっと」ズブッ

マミ「あっ…」ビクッビクッ

まどか「ふぅっ。入りました♪」

マミ「…」ハァハァ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 10:31:46.18 ID:1OLFZFmr0

まどか「じゃ、今日も魔女探しに行きましょうマミさん♪」

マミ「…」ハァハァ

まどか「っと、マミさん、手繋いでいいですか?」

マミ「えっ…!?」

まどか「まぁ断っても繋ぐんだけど」ギュッ

マミ「これ、恋人繋ぎ////」

まどか「ティヒヒ」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 10:59:30.91 ID:1OLFZFmr0

まどか「マミさん、どうですか?」

マミ「…///」ハァハァ

まどか「マミさん!!」

マミ「ふぇっ?」

まどか「魔女の気配はしますか?」

マミ「ま、魔女ね…残念だけど近くに気配は無いわ。」

まどか「そうですか。」

まどか(マミさん、耐えてるなぁ♪面白くない…。)ウェヒヒ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 11:42:15.01 ID:1OLFZFmr0

まどか(そうだ…えいっ!!)リリカルマジカル

マミ「はひゅっ!!」ビクッビクッ

まどか「うぇひひ♪」

ブブブブブ

マミ「か、鹿目さん!?…何したの?」

まどか「んー、歩いてた衝撃でソウルジェムがズレちゃったのかな?」

ブブブブブブ

マミ「あっ…くっ…はぁはぁ…余りふざけてると…」ハァハァ

まどか「Gスポットとボルチオにすっかり当たってますね。早く魔女を見つけないとどんどん振動が強くなって…」ウェヒヒ

マミ「ひんっ…」

まどか「ほら、普通にしてないと。さっきからあそこで子供が不審な目で見てますよ。」

マミ「くっ…」ハァハァ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:10:17.65 ID:1OLFZFmr0

まどか「ほら、ちゃんと子供に説明して安心させないと。」

マミ「…」

まどか「マミさんは人々に夢と希望を与える魔法少女なんだから♪」

マミ「分かったわ…」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 12:27:52.17 ID:1OLFZFmr0

子供「お姉さん、具合悪そうだけど大丈夫?」

マミ「え、ええ…あなたもこんな遅くまで…」ハァハァ

まどか(面白くないなぁ)リリカルマジカル

ヴヴヴヴヴヴ
マミ「はぴゅっ!?」

子供「お姉さん、大丈夫?」

マミ「だ、大丈…はひっ…夫…よ…」ハァハァ

子供「?」

まどか(振動強くしちゃった♪)



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:25:43.04 ID:1OLFZFmr0

マミ「と、とにかく、子供は早く帰りなさい。お母さんが心配してるわよ。」

子供「はーい。ばいばーい、お姉さん。」タッタッタッ

マミ「ふぅ…。」

まどか「…上手く行ったみたいですね。」

マミ「か、鹿目さんっ!!」

まと「いたいけない子供の前であんなトロけた顔しちゃって…バレたらどうするつもりだったんですか?」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 13:59:47.18 ID:1OLFZFmr0

マミ「そんな…トロけた顔なんて…」

まどか「ほら、さっきのマミさんのトロ顔、写真撮っておきました。子供相手にする顔じゃないですよね?」

マミ「…」

まどか「すっごくやらしくて…エッチ」

マミ「これが…私」

まどか「さっきの男の子、帰る時股間抑えてたの気づいてました?今頃家で…」

マミ「…」ハァハァ

まどか「だからそんなエッチなマミさんにはエッチな御褒美が良いですよね♪」

マミ「えっ…」

まどか「子供の夜遊びを未然に防いだ御褒美、要らないんですか?」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:26:35.47 ID:1OLFZFmr0

マミ「えっ?」

まどか「もぅ…面倒だなぁ」ピピルピルピルピピルピ~

ビィーン
マミ「ひっ…やっ…あっあゝっ!!」ビクッビクッ

まどか「ティヒヒ」

マミ「やだっ…あ…」ティロティロ

マミ「やあっ!!…見ないで!!」ティロティロティロティロ



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 14:41:28.21 ID:1OLFZFmr0

まどか「あ~、ちょっとやり過ぎたかな?」

マミ「ううっ…」グスッ

まどか「マミさん、大丈夫ですか?」

マミ「鹿目さんにおしっこ見られ…」グスッ

マミ「私、先輩なのに後輩にこんなみっともない…」グスッ

まどか「マミさんはみっともなくなんかないです。あの…とっても綺麗でした。」

マミ「でも汚…」

まどか「汚くなんかないです!!マミさんに汚いとこなんてありません!!」

マミ「そ、そう///」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:16:10.40 ID:1OLFZFmr0

まどか(今押せば、落とせる‼)ニヤリッ

マミ「あの…鹿目さん…」

まどか「マミさん、これ私の気持ちです!!」チュウ

マミ「んんっ…は…あ…」チュウ



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:38:33.38 ID:1OLFZFmr0

まどか「あの私…本当はマミさんの事が好きで…こういう事をしちゃったのも…その…////」モジモジ

マミ「鹿目さん…」

まどか「でも、こんな事する後輩なんて…嫌いですよね、マミさん、本当にごめんなさい!!もぅ二度とこういう事は…」

マミ「バカね…」ギュッ

まどか「ほぇ?」

マミ「好きならそんな事せずに直接言えば良かったじゃない。私も鹿目さんの事…好き…だし…ゴニョゴニョ」

まどか「え…つまり…」

マミ「もぅっ…これが…私の気持ちよ♪」ギュッ

まどか「ヤったぁ!!」リリカルマジカルキルゼムオール!!

マミ「えっ?」
ビィーーン

マミ「や…あ…いやぁ!!」ビクッビクッ

まどか「あっ、ウッカリしてた。」ウェヒヒ



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:56:12.71 ID:1OLFZFmr0

マミ「…」ピクッピクッ

まどか「あ~、完璧に気を失ってる。ここだと一目につくし…どこかに連れてかないと」

まどか「さて、どこに行こう…気絶したマミさん担いでとなると目立ったとこ行けないしなぁ…」

ちょっとだけ安価。
>>86
1.HOTEL ワルプルギスの夜
2.カラオケ オクタヴィア
3.マンガ喫茶 シャルロッテ
4.マミさんの家



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 15:58:38.85 ID:3R2z7R7sP

1



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 16:08:17.20 ID:1OLFZFmr0

まどか「ここなら入る時も出る時も誰にも見られない…よいしょっと」ドサッ

マミ「」

まどか「マミさんのあそこの様子は…」クパァ

マミ「ん…あれ、私…!?」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 19:46:53.07 ID:1OLFZFmr0

まどか「マミさん…あの…」

マミ「鹿目さん…」

まどか「あの…その…私…」ギュッ

マミ「ソウルジェム…抜いてくれないかしら?」

まどか「は、はい…。」ヌリュッ

マミ「あっ…」クポンッ

まどか「はい。私のソウルジェム抜けました♪」

マミ「あの…鹿目さんが挿れたソウルジェムもう一つ…」

まどか「えーっと、そんなんありましたっけ?」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 20:25:53.00 ID:1OLFZFmr0

マミ「もぅっ」

まどか「ティヒヒ冗談ですよ。じゃ抜きますね」グッポン

マミ「ひぁっ…」ヒクヒク

まどか「ふふ♪マミさんのお尻の穴、すっごいヒクヒクしてます。」ヌリュッ

マミ「やっ…///」

まどか「マミさん、お尻の穴も感じるんですよね。」ヌリュッヌリュッ

マミ「あの…汚い…」ハァハァ

まどか「嘘ばっかり…マミさんがソウルジェムでお尻の穴綺麗にしたの知ってるんですから。」ヌリュッヌリュッ

マミ「ああっ…」ビクッビクッ

まどか「そろそろ挿れますね♪」ビンビン

マミ「うぅ…///」ハァハァ




130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 20:31:46.84 ID:1OLFZFmr0

まどか「もぅ何回もヤってるのに何恥ずかしがってるんですか?」

マミ「だって////」

まどか「さ、マミさん。どっちの穴から犯して欲しいんですか?」

マミ「それは…」

安価します。
>>135
1.前の穴に
2.後ろの穴に
3.さやかちゃん登場



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 20:35:22.49 ID:6PnjE0Et0

3



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 20:42:59.68 ID:1OLFZFmr0

マミ「あの…前の…」

さやか(大変大変!!杏子が魔女にやられて大怪我を‼みんな‼早く来て!!)

まどか「」
マミ「」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 20:53:04.88 ID:1OLFZFmr0

マミ「美樹さんが呼んでるからいかないと…」

まどか「…」

マミ「あの、鹿目さん?また別な日に続きしましょ?」

まどか「」ギリッ



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/11(日) 20:54:00.38 ID:1OLFZFmr0

さやか「こうして美少女戦士さやかちゃんの活躍でエロスな結果は避けられたのでした。めでたしめでたし♪」

おわり


元スレ
マミ「鹿目さん、こういう事はもうやめに…」