1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:10:05 ID:IEj4dnE6



クリスタ「はぁ…」

アルミン「あれ?クリスタ?どうしたの?」

クリスタ「ちょっと今回の座学の試験が…」

アルミン「…クリスタにもそういうことあるんだね」

クリスタ「私そんなにできるわけじゃないけど」

クリスタ「…まさか再試験なんて」

アルミン「よかったら手伝ってあげようか?」

クリスタ「ほんと!?」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:13:12 ID:IEj4dnE6

アルミン「困ったときはお互い様っていうしね」

クリスタ「よかった、アルミンが手伝ってくれるなら大丈夫そうだよ」

ライナー「おう!何の話してるんだ?」

アルミン「これからクリスタと勉強しようって話になったんだ」

ライナー「よしさっさと始めようか(クリスタと二人きりになどさせん!)」

アルミン「え?…まあいいけど」

クリスタ(二人から謎のオーラが)



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:18:43 ID:IEj4dnE6

~資料室~




アルミン「クリスタは苦手な科目とかある?」

クリスタ「うん…○○が…」

アルミン「でもまあ得意科目で勢いつけてから挑むのもありだしそこはクリスタに任せる」

ライナー「苦手科目から攻めたほうがよくないか?」

クリスタ「わ…私はどっちでも」

アルミン「…じゃあ」



クリスタの得意科目

クリスタの苦手科目

筋肉


アルミン(どれにしよう?)



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:20:02 ID:IEj4dnE6






クリスタの得意科目

クリスタの苦手科目

筋肉←




アルミン(これだ!)



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:23:41 ID:IEj4dnE6


アルミン「じゃあ筋肉にしよう!」

クリスタ「!?」

ライナー「おっ!流石わかってるなアルミン!」

ライナー「よっしゃ!!筋肉筋肉ー!!」

アルミン「筋肉筋肉ー!!筋肉いぇいいぇーいっ!!」


クリスタ(何が起こってるの!?)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:27:25 ID:IEj4dnE6

ライナー「アルミンも筋肉のことがわかってきたみたいだな」

アルミン「うん!今の僕なら筋肉革命を起こせるかもしれない!」

アルミン「ってそれは言い過ぎだよね、はは…」

ライナー「いや、謙遜しなくていい、今は無理でもすぐに追いつけるさ」

ライナー「今はこうして、筋肉旋風(センセーション)だ!」





クリスタ「二人とも…?何やってるの…?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:28:43 ID:IEj4dnE6

アルミン「ほら、クリスタも筋肉筋肉ー!」





クリスタ「え?きゃあああああああああああああああああああああ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:31:45 ID:IEj4dnE6






クリスタ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」





ライナー「お!クリスタにも筋肉の素晴らしさが伝わったようじゃないか」

アルミン「どうだい?筋肉旋風の威力はすごいだろう?」

ライナー「いくぞ!アルミン!筋肉旋風だ!!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:33:02 ID:IEj4dnE6





ベルトルト「な…なんだライナー?何を?」







ベルトルト「うわああああああああああああああああああああああああああ」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:34:44 ID:IEj4dnE6






ベルトルト「筋肉いぇいいぇーい!筋肉いぇいいぇーい!!」




アルミン「まだまだ行こう!!」

ライナー「次はジャンだ!!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:36:11 ID:IEj4dnE6






ジャン「あ?なんだお前ら…」


ライナー「ジャン…筋肉だ…」


ジャン「は?何を?ぎゃああああああああああああああああああああああああああああ」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:37:59 ID:IEj4dnE6






ジャン「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」




ライナー「どんどん筋肉に染まっていくな!!」

アルミン「この調子でどんどん行こう!!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:39:11 ID:IEj4dnE6






エレン「ん?何やってんだお前ら」








エレン「は?ちょ!!なんだよ寄るな!!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:40:49 ID:IEj4dnE6






エレン「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」





ライナー「最初の難関をクリアした!」

アルミン「もう僕たちに怖いものはない!!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:42:01 ID:IEj4dnE6






ミーナ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」




ライナー「ふん…他愛もない…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:43:02 ID:IEj4dnE6








コニー「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」




アルミン「まあコニーだし…」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:44:41 ID:IEj4dnE6







サシャ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」




ライナー「筋肉の朝は近い」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:47:10 ID:IEj4dnE6





ユミル「は?なにやってんだお前ら」

ライナー「お前で最後だ!!」

クリスタ「筋肉筋肉ー!」

アルミン「ほらユミルも一緒に!!」




ユミル「ク…クリスタアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:50:01 ID:IEj4dnE6







ユミル「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」




アルミン「これでみんな筋肉旋風に巻き込まれたね!!」

ライナー「ああ…世界がここから変わっていく予感ががする…」




アルミン「さあ!!みんな一緒に!!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:51:31 ID:IEj4dnE6





筋肉いぇいいぇーい!!筋肉最高!!筋肉いぇいいぇーい!!





=こうして壁内は筋肉に包まれた=



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:52:49 ID:IEj4dnE6







ミカサ「そんなわけないでしょ」





ミカサ「いい加減にしなさい!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:55:21 ID:IEj4dnE6






アルミン「はっ!!」ガバ


ライナー「で?どうするんだ?」


アルミン(何か悪い夢でも見ていたようだ)



クリスタの得意科目

クリスタの苦手科目

筋肉



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 13:56:49 ID:IEj4dnE6







クリスタの得意科目

クリスタの苦手科目

筋肉←





アルミン(僕は今正解を導く!!)



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:01:41 ID:IEj4dnE6

アルミン「筋肉にしよう!!」

ライナー「お!流石わかってるな!アルミン」

ライナー「筋肉筋肉ー!!」

アルミン「筋肉筋肉ー!筋肉いぇいいぇーい!!」





クリスタ(何か昔にこんなことがあったような…)



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:04:44 ID:IEj4dnE6

~省略~





クリスタ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」



ライナー「お!!クリスタにも筋肉の素晴らしさが伝わったようだな!」

アルミン「ああ!筋肉旋風はすごいんだ!」

ライナー「いくぞ!!アルミン!!さらに筋肉旋風だ!!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:07:56 ID:IEj4dnE6

~省略~

ベルトルト「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~

ジャン「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~

エレン「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~

ミーナ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:09:40 ID:IEj4dnE6






ミカサ「(エレンの)筋肉いぇいいぇーい!!(発達途上の)筋肉いぇいいぇーい!!」





アルミン「やった!!あのミカサを倒した!!」

ライナー「俺たちの進撃は止まらない!!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:14:09 ID:IEj4dnE6

~省略~

コニー「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~


サシャ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」


~省略~


ユミル「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」





アルミン「世界がここから変わっていく気がする!!」

ライナー「ああ、ここから始まっていくんだ」


筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:15:13 ID:IEj4dnE6







アニ「うるさい、なにやってんのあんたら」




アルミン「!!」

ライナー「!!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:18:20 ID:IEj4dnE6

アルミン「おっと一人忘れていたようだ!!」

アルミン「それ!!アニも一緒に筋肉筋肉ー!!」

ライナー「筋肉筋肉ー!!」

アニ「は?」

アルミン「筋肉だよアニ!!筋肉いぇいいぇーい!!」

アニ「何それ?」

アルミン「え!?」

アニ「何それ?って訊いてるんだけど」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:21:32 ID:IEj4dnE6

アニ「ほら、答えなよ」

アルミン「……」

ライナー「……」

アルミン「え、えっと…筋肉ー!!」

アニ「は?」

ライナー「え?だから…筋肉ー!!」

アニ「馬鹿なの?あんたら」

アルミン(えええええぇぇぇぇ…)



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:25:56 ID:IEj4dnE6

ライナー「」チーン

アルミン「」チーン


アニ「全く…ショックだよ…アルミン」

アニ「あんた…いつからそんな馬鹿になったんだい?」

アルミン「い…いやこれは旋風で…」

アルミン「僕も乗るべきかなって」

アニ「つまり、ライナーが悪いってこと?」

アルミン「……はい」

ライナー「!?」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:29:56 ID:IEj4dnE6

ライナー「待ってくれよ!!俺は悪くないんだ!!」

ライナー「アルミンが筋肉のなんたらを聞きたいって言うもんだから」

アルミン「はあああああああああああ!?」

ライナー「ほら、見てやってくれよ、こいつすごい細いのにさ」

アニ「あんたは黙ってな」

ライナー「…はい」

アニ「大体あれだけ騒いどいて理由が筋肉ですって頭おかしいんじゃないの?」

アルミン、ライナー「ごめんなさい」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:32:45 ID:IEj4dnE6





アニ「ちなみに今の時間言ってみな」

アルミン「深夜○時です」


アニ「そう、もう消灯時間過ぎてんの」

ライナー「はい」


アニ「とりあえず営倉でじっくり反省しな」



アルミン「それだけは!!」

ライナー「ご慈悲を!!」



ご慈悲をおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:34:40 ID:IEj4dnE6







アルミン「はっ!!」ガバ


ライナー「で?どうするんだ?」


アルミン(何か悪い夢でも見ていたようだ)



クリスタの得意科目

クリスタの苦手科目

筋肉



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:35:47 ID:IEj4dnE6






クリスタの得意科目

クリスタの苦手科目

筋肉←





アルミン(当然の選択だ!!)



42: パソコンの調子が悪い 2013/07/13(土) 14:43:30 ID:IEj4dnE6

アルミン(いや待てよ)

アルミン(何故筋肉を選ぶ?)

アルミン(そこには苦難の道しかないんだぞ)




やっぱりクリスタ

それでも筋肉



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:46:23 ID:IEj4dnE6




やっぱりクリスタ

それでも筋肉←


アルミン(マジで!?)

アルミン(マジで逝っちゃうの!?)

アルミン(僕、そんなに筋肉好きか!?)

アルミン(…やっぱり心に嘘はつけないようだ)

アルミン(なら僕は何も言わない、迷わない、振り向かない)



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:49:29 ID:IEj4dnE6





アルミン(ただ…全力で筋肉するだけだ!!)

アルミン(さあ!!一世一代の筋肉旋風を巻き起こしてやろうじゃないか!!)

BGM:LittleBastars

ライナー「アルミン…いい目をしてるじゃないか」

アルミン「うん!!任せといてよ!!」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:53:44 ID:IEj4dnE6

ライナー「ふ…こいつはかつてない筋肉旋風になりそうだ」

アルミン「そうさ…僕はほんの少しだけ迷ってたんだ」

アルミン「筋肉が帰れないところまで逝っちゃうんじゃないかって」

アルミン「僕はその迷いを断ち切るのをためらってたんだ」

アルミン「それは心の片隅で、ほんのすこしのところで」

アルミン「ほんの少しだけどそれが怖くて」

アルミン「きっとその迷いが…僕を弱くしていたんだ」




クリスタ(さっきからアルミンが何を言ってるのかわからないのは私が馬鹿だからかな?)



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 14:57:33 ID:IEj4dnE6

ひとりじゃ、辛いから二つの手をつないだ


ライナー「だがアルミン…お前の眼は…いや、お前の筋肉は一点の曇りもない」

ライナー「まさに100%ピュア筋肉だ!!」

アルミン「うん」

アルミン「ありがとう!ライナー!」

アルミン「ライナーがくれた決意が僕を強くしてくれtんだ!!」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:01:57 ID:IEj4dnE6

ふたりじゃ寂しいから輪になって手を繋いだ


アルミン「もう…僕は振り返らない」

アルミン「むしろ前だけ見たら筋肉なんだ!!ゾクゾクする!!」

アルミン「右も左も筋肉だ!!ワクワクするじゃないか!!」

アルミン「どうしてそれを怖がってたっていうくらいにね!!」

アルミン「でもこの気分を得られたのは筋肉と出会ったからなんだ」

アルミン「そうさ…筋肉痛を恐れて筋肉は得られないんだ!!」


クリスタ(アルミン…どうしちゃったの?)



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:06:42 ID:IEj4dnE6

高く飛べ 高く空へ 高く蹴れ 高く声をあげ
いつかくじけた その日の向こうまで

ライナー「アルミンよ、とうとうこの俺を超えてしまったな」

アルミン「そんなことないよ、だってほら、胸筋は左右分かれていても同じ筋肉じゃないか!!」

アルミン「つまり僕らは同じ筋肉であり、また繋がる筋肉でもあるということさ!!」

ライナー「ふ…そうだったな」

アルミン「さあ!!倍速モードでいくよ!!」

ライナー「ああ、最後の筋肉旋風だ!」


クリスタ「きゃあああああああああああああああああああああああああああああああ」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:14:11 ID:IEj4dnE6

僕らみんな同じ夢を見ていた、過ぎ去る1ページの

クリスタ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~
ベルトルト「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~
ジャン「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~
エレン「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~
ミーナ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~
ミカサ「(まだ未熟な)筋肉いぇいいぇーい!!(エレンの)筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~
コニー「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」

~省略~
サシャ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:16:36 ID:IEj4dnE6

~省略~

ユミル「筋肉いぇいいぇーい!!」

クリスタ「筋肉いぇいいぇーい!!」




~省略~


リヴァイ「筋肉いぇいいぇーい!!」

エルヴィン「筋肉いぇいいぇーい!!」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:18:16 ID:IEj4dnE6







そして僕らは…
     その時を迎えた






ライナー「覚悟はいいな?」

アルミン「もちろんだ!」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:23:11 ID:IEj4dnE6



アニ「あんたら何やってんの?うるさいんだけど」

アルミン「さあ!!とうとうこの時が来た!!ライナー!!」

ライナー「ああ!!俺たちの不敗筋肉を試す時が来たようだ」

アルミン「というわけでアニも筋肉さ!!ほら、筋肉筋肉ー!!」


アニ「は?」

アルミン「筋肉だよアニ!!筋肉いぇいいぇーい!!」

アニ「何それ?」

アルミン「え!?」

アニ「何それって訊いてるんだけど」

ライナー「筋肉に決まってるだろ!!いやっほーう!!」

アニ「は?」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:29:18 ID:IEj4dnE6

アルミン「さあ!!みんなで明るく楽しく朗らか筋肉さ!!ワンダフルモーメンツ!!」

アニ「あ…頭おかしいんじゃないの?」

アルミン「ああそうさ!!僕らは馬鹿なのさ!!筋肉筋肉ー!!」

アニ「ちょ…本当に大丈夫なの?あんたら」

アルミン「何を言ってるんだい!!僕は至って正常さ!!ただ筋肉がビートを刻んでたまらないだけさ!!」

アニ「あ…あんた」

アルミン「今だ!!みんなで筋肉だ!!」


アニ「!?」


アニ「ちょっと…あんたら近寄んないでよ…か弱い乙女に乱暴する気?」

アニ「き…きぃやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:31:03 ID:IEj4dnE6






アニ「筋肉いぇいいぇーい!!筋肉いぇいいぇーい!!」





ライナー「勝った…」

アルミン「これで筋肉的な世界は救われた」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:36:50 ID:IEj4dnE6

ライナー「とうとう終わったか…」

ライナー「だが…楽しかった筋肉旋風がこうして終わるのは少し寂しい気がするもんだな」

アルミン「筋肉だからしょうがないさ」

アルミン「それに…これが始まりなんじゃないかな?」

アルミン「きっとこれは別れと同時に一つの始まりでもあるんだよ」

ライナー「そうだな…これも全てアルミンのおかげだ」

アルミン「ほら見てよ、家族の筋肉三昧だ」

エレン、ミカサ「筋肉筋肉ー!!」

ライナー「ああ!!俺たちは何一つ間違っちゃいない!!」



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:40:54 ID:IEj4dnE6

アルミン「そうさ!!よーし!!こうなったらどんな世界も筋肉だ!!」

ライナー「おう!!早速宣言だ!!」





ライナー「本日をもってここに!!AK(アフターキンニク)元年を制定する!!」

アルミン「やったあああああああああああああこれで筋肉世代の誕生だね!!」

ライナー「ああ…まさしく世界変革の筋肉となった」






アルミン「さあ!!みんな一緒に!!」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:42:41 ID:IEj4dnE6















筋肉いぇいいぇーい!!筋肉最高!!筋肉いぇいいぇーい!!








ライナー「壁内に筋肉いぇいいぇーい!!の言葉が木霊する!!」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/13(土) 15:46:56 ID:IEj4dnE6






ライナー「こうして筋肉は…無限に広がる壁外へと旅立っていった」





ライナー「AK元年、まさに筋肉の新たなる夜明けである」







アルミン「イノハライナー」


ブラウン完


元スレ
SS深夜VIP:アルミン「イノハライナー」