1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:02:19.39 ID:0N45Ifa60

京子「だからさあかり、私とエッチしよう?」

あかり「え・・・えっち!?」

京子「大丈夫、やり方は漫画で学んできたから」

あかり「だ・・・駄目だよ、女の子同士でそんな・・・」

京子「あかりだってこの前ちなつとキスしてたじゃん?そっちの気あるんでしょ?」

あかり「あ・・・あれは誤解なの」

京子「恥ずかしがらなくていいから、百合は悪いことじゃないよ」

京子「あかりの足・・・細くて可愛い・・・」

あかり「ちょ・・・ちょっと待って・・・」

あかり「そろそろ結衣ちゃんとちなつちゃんも部室に来る頃だよ・・・」

京子「大丈夫・・・合鍵奪っておいたから・・・」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:03:02.31 ID:0N45Ifa60

京子「あかり・・・いい匂い・・・」

あかり「ひぃぃ・・・京子ちゃん・・・冗談だよね・・・」

京子「冗談じゃないよ・・・本当に・・・大好きなんだ・・・ちゅっ・・・」

あかり「んんっ・・・」

ドンッ

京子「ぎゃっ」

あかり「ご・・・ごめん京子ちゃん、私京子ちゃんの想いに答えられそうにない」

京子「あっ、待ってあかり・・・」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:04:01.79 ID:0N45Ifa60

あかり「はぁ・・・はぁ・・・京子ちゃん、これからどんな顔して会えばいいんだろう・・・」

結衣「あれ?あかり、今日は部活しないの?」

あかり「え・・・うん・・・ちょっと今日は・・・」

結衣「そう・・・」

あかり「ま・・・また明日」

結衣「京子が何かしたのか?」

あかり「えっ?」ビクッ

結衣「まだこんな時間なのに部室から出ていくってことはさっき何かあったんだよね
    よかったら相談にのるよ」

あかり(どうしよう・・・でも相談できそうなのは結衣ちゃんだけだし・・・)

あかり「ありがとう結衣ちゃん、でもここじゃ言えないから結衣ちゃん家に行ってもいいかな?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:06:21.76 ID:0N45Ifa60

結衣「ああ、大丈夫だよ、でも帰る前に都心に買い物に行きたいんだけど」

あかり「うん、その後でも大丈夫だよ」

―帰りの電車―

あかり「うええ、凄く混んでるね」

結衣「この時間帯は帰宅ラッシュだからね」

結衣「あかり、人が入ってくるからもっと詰めよう」

あかり「う・・・うん・・・・」

結衣(ああ・・・あかりがこんなに体を密着させてきて・・・柔らかい)

結衣(あかり・・・いい匂い・・・)

結衣「スーハースーハー」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:08:28.76 ID:0N45Ifa60

あかり「ゆ・・・結衣ちゃん・・・」

結衣「」ビクッ

結衣「ど、どうかしたか?」

あかり「息が・・・耳にかかってくすぐったい」

結衣「ああ・・・ごめんあかり・・・」

結衣(あかり・・・あかり・・・可愛い・・・)

結衣「フーッ」

あかり「ひゃっ・・・」

結衣(ああ・・・今すぐ手を出したい・・・でも家まで我慢しなきゃ)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:16:53.47 ID:0N45Ifa60

―結衣宅―

あかり「結衣ちゃん、それで相談なんだけど」

結衣「ああ、大体わかってるよ、京子が告白してきたんだろ」

あかり「・・・・・・・うん、京子ちゃんは私も好きだけど、そういう関係って思ってなくて」

結衣「ふーん・・・」

結衣「まあ仕方ないよ、あかりはとても可愛いし」

あかり「あはは、ありがとう結衣ちゃん」

結衣「この小さいお尻とか・・・とってもキュートだよ」

あかり「えっ・・・」

結衣「胸も・・・まだ成長してないんだね」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:24:23.40 ID:0N45Ifa60

あかり「ち・・・ちょっと待って・・・」

結衣「ちょっとだけ・・・慣れれば平気になるから」

あかり「わ・・・私用事あったんだ・・・」

がしっ

結衣「駄目・・・帰さない・・・」

あかり「ひ・・・ひいい」

結衣「あかり・・・観念して一緒に布団入ろう」

あかり「そ・・・そんなぁ~」ヘナヘナヘナ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:30:04.47 ID:0N45Ifa60

ぱさっ、ハラリ

あかり(ほ・・・本気みたいだ)

結衣「あかり、脱ぎ終わった?」

あかり「・・・」

結衣「おいおい、脱がなきゃ出来ないだろ、それとも脱がされるのがいいのか?」

あかり「そ・・・それは違・・・」

結衣「ほら・・・手を上げて・・・」

あかり「・・・・本当にやるの・・・?」

結衣「・・・手を上げて」

ファサッ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:37:10.60 ID:0N45Ifa60

結衣「あかりのここ、まだ毛が生えてないんだね」

あかり「ゆ・・・結衣ちゃん・・・見ないで」

結衣「ペロペロ・・・ちゅっ」

あかり「んっ・・・・やっ・・・」

結衣「くちゅくちゅ・・・」

あかり「ひっ・・・」

結衣「どうかな?私も初めてで自信ないんだけど・・・」

あかり「えっ・・・」

結衣「もしかして・・・気持よくなかった?」

あかり「いっ、いやいや、大丈夫だよ」

結衣「そう、それじゃあ続けるね」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:44:19.64 ID:0N45Ifa60

あかり「あんっ・・・んんっ・・・」

結衣「あかり、もっと腰動かして・・・私のに擦りつけてきて・・・」

あかり「はんっ・・・うん・・・」

結衣「んっ・・・・こんなに一生懸命・・・可愛いよあかり」

あかり「あんっ・・・結衣ちゃん・・・」

結衣「あかりっ・・・一緒にイこう」

あかり「あんっ・・・うんっ・・・」


結衣・あかり「はああんっ・・・」ビクビク



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:49:57.75 ID:0N45Ifa60

あかり「あ・・・」

結衣「はぁ・・・はぁ・・・」

結衣「よかったよあかり・・・後処理はやっておくからあかりは寝てて」

あかり「・・・・・」



あかり(私・・・初めてを結衣ちゃんに取られちゃった・・・)

あかり「あは・・・・あはは・・・」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 21:57:14.45 ID:0N45Ifa60

―翌日―

ちなつ「あかりちゃん、宿題やってきた?」

あかり「・・・」

ちなつ「あれ?もしもーし」

あかり「・・・」

ちなつ「何?無視するの?」

あかり「・・・」

パラリ

ちなつ「ああ、しっかりやって来てるじゃん」

ちなつ「ん?この文字、あかりちゃんじゃないような・・・」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 22:09:45.69 ID:0N45Ifa60

ちなつ「あかりちゃん、ちょっと部室まで来て」

あかり「・・・」


―部室―

ちなつ「あかりちゃん、昨日結衣先輩に何したの?」

あかり「・・・」

ちなつ「もしかして・・・あかりちゃんって結衣先輩とそういう関係なの?」

あかり「!?・・・ち・・・違う・・・誤解だよ・・・」

ちなつ「なっ・・・本当にそうなの!?」

あかり「違うの・・・それは・・・」

ちなつ「許せない・・・」

あかり「ごめんなさい、私そんな気無かったの・・・」

ちなつ「あかりちゃんを奪うなんて・・・結衣先輩でも許せないわ・・・」

あかり「・・・・え?」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 22:18:08.99 ID:0N45Ifa60

あかり「ち・・・ちなつちゃん・・・どうしたの・・・?」

ちなつ「あかりちゃんは存在感無いから独占できると思ったのに」

あかり「ひ、ひどっ、ちなつちゃん何気に・・・むぐっ」

ちなつ「むぐむぐ・・・・ちゅうぅぅ・・・」

あかり「んんっ・・・ぷはっ・・・」

ちなつ「ねえあかりちゃん」

あかり「ひっ・・・」

ちなつ「結衣先輩とはどこまで行ったの・・・?」

あかり(・・・アソコを擦りつけ合ったって言ったら・・・どうされるか・・・)

あかり「き・・・キス・・・まで・・・」

ちなつ「そう?よかった、キスなら私のほうが先だね」

あかり「あ・・・あはは・・・そうだね」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 22:31:24.88 ID:0N45Ifa60

ちなつ「それじゃあ、私達はその先へ行かなきゃね」

あかり「・・・え?」

ちなつ「ほら、脱いで」

あかり「え、え、え、ちょっとちなつちゃん、やめてっ」

ちなつ「あかりちゃん・・・地味だけど・・・可愛い・・・」

あかり「ち・・・ちなつちゃん・・・」

ちなつ「あかりちゃんのおっぱい・・・ちゅうぅぅ・・・」

あかり「あん・・・っ・・・ダメ・・・」

ちなつ「ぺろっ・・・レロレロ・・・」

あかり「ああん・・・・嫌ぁっ・・・」

ちなつ「あかりちゃん可愛い・・・困った顔もいいわ」ハァハァ

あかり「ひっ・・・誰か・・・・」

ちなつ「あかりちゃん・・・私の指・・・気持ちいい?」

くちゅくちゅ・・・

あかり「んっ・・・やっ・・・ちなつちゃん・・・そこはダメ・・・・」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 22:36:16.34 ID:0N45Ifa60

あかり「ああ・・・・あ・・・・ああ・・・・」

ちなつ「ほらほら、気持ちいいでしょ?イっちゃいなさい」

あかり「あ・・・あん・・・あああー・・・」

あかり「ああんっ・・・」ビクビク

あかり「・・・・・」

ちなつ「ふふふ・・・あかりちゃん・・・大好き・・・」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 22:41:53.17 ID:0N45Ifa60

ちなつ「それじゃあ私は教室に戻るから、あかりちゃんも休んだら戻ってきてね」

あかり「・・・・」

キーンコーンカーンコーン

ちなつ「やばっ、もう始まっちゃった、急がないと」

ダッダッダッダ

あかり「・・・」


京子「ういーす、今日は授業サボリー・・・・ん?」

あかり「・・・」

京子「あ・・・あかり・・・どうしてここに・・・」

あかり「・・・」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 22:47:55.32 ID:0N45Ifa60

京子「あ・・・あかり・・・昨日のことだけどさ・・・」

あかり「・・・」

京子「あれ?・・・おーい起きてるかー?」

あかり「・・・」

京子「こちょこちょこちょ」

あかり「・・・」

京子「・・・・・」

京子「・・・・・」ドキドキ

京子「・・・・チュッ」

あかり「・・・」

京子「んーっあかり・・・・あかりぃ・・・」

あかり「・・・」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 22:52:06.30 ID:0N45Ifa60

あかり(結衣ちゃんに続いてちなつちゃんまで・・・)

あかり(これは悪い夢・・・そうに違いない・・・)

あかり(目を覚ませば普通に部活のみんなと話しをしてる・・・)

あかり(そうだ、そうに違いない・・・)

あかり(戻ろう・・・本当の世界へ・・・)

あかり「き・・・京子ちゃん!?」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 23:00:25.68 ID:0N45Ifa60

京子「んんっ・・・あかりぃ・・・」ビクンビクン

あかり「京子ちゃん・・・どうして・・・」

京子「ハァ・・・ハァ・・・」

京子「あっ・・・あかり・・・ごめん・・・」

京子「はは・・・一度断られてるのにね・・・本当にごめん・・・」

あかり「京子ちゃん・・・」

京子「悪いことと思ってても、あかりを見てたらおかしくなっちゃうんだ・・・」

京子「部活はしばらく休むよ・・・それじゃあね・・・」

あかり「あ・・・待って京子ちゃん」

あかり「・・・・・す・・・少しだけなら・・・してもいいから・・・行かないで京子ちゃん・・・」

京子「あかり・・・」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 23:12:33.86 ID:0N45Ifa60

京子「うわあああ、あかりぃ、大好きぃー」

あかり「京子ちゃん・・・痛いよ・・・」

京子「どんなプレイしよっかなー」

あかり「ち・・・ちょっと京子ちゃん、普通にしようよ、恥ずかしいんだから」

京子「ごめんごめん、それじゃあ普通に正常位で合わせるってことでいいかな」

あかり「うん」

京子「それじゃあ・・・あんっ・・・」

あかり「あ・・・痛っ・・・」

京子「ごっ、ごめん、大丈夫?」

あかり「う、うん、大丈夫だよ」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 23:18:01.15 ID:0N45Ifa60

京子「それじゃあ次はゆっくり・・・」

あかり「はうううん・・・」

京子「あかり・・・気持よさそう・・・・っ」

あかり「あんっ・・・京子ちゃん・・・」

京子「あかり・・・あんっ・・・」

あかり「いっ・・・イク・・・」

京子「いいよ・・・私もイッちゃう・・・」

あかり「あああんっ・・・」ビクビク

京子「ふあああっ」ビクビク



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 23:26:10.36 ID:0N45Ifa60

京子「ハァ・・・ハァ・・・」

あかり「お疲れ、京子ちゃん」

京子「あーっ2回もヤると流石に疲れるーっ・・・ん?」

あかり「?どうしたの京子ちゃん?」

京子「何か危険が迫ってる気がする、逃げなきゃ」

あかり「わかった、それじゃあ後片付けは私がやっておくよ」

京子「ありがとう、今度ラムレーズンおごるよ」

あかり「はーい」


あかり「いろいろあって服がぐちゃぐちゃ、えっと・・・ティッシュで・・・」

綾乃「歳納京子ーっ!!」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 23:32:13.27 ID:0N45Ifa60

綾乃「あっあれっ?いない・・・」

あかり「あ・・・」

綾乃「あっ・・・あなたはあかりさん、そんな格好で何やってるのよ・・・それにこの匂い・・・」

あかり「あっ・・・えと・・・・」

綾乃「もっ・・・もしかしてあなた・・・ここで・・・不潔よ」

あかり「・・・ごめんなさい」

綾乃「生徒会副会長としてこれはタダで許すわけにはいかないわ」

あかり「はい・・・」

綾乃「・・・お尻出しなさい」

あかり「・・・え?」



119: 綾乃は赤座さん? 2011/09/04(日) 23:39:36.42 ID:0N45Ifa60

綾乃「ば・・・罰を与えるだけよ、早く出しなさい」

あかり「ううっ・・・恥ずかしい・・・」

綾乃「部室でオナニーするなんてとんだ変態ね!」

あかり「えっ・・・?」

綾乃「言いなさい、誰をオカズにしてたの?」

あかり「ち・・・違います・・・」

綾乃「この期に及んで言い訳?」

バチーン

あかり「はうっ・・・」

綾乃「質問に答えなさい、オナニーしてたんでしょ?」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 23:45:01.32 ID:0N45Ifa60

あかり「ち・・・違います・・・誤解で・・・」

ビターン

あかり「あふうっ・・・」

綾乃「・・・何、今の声」

あかり「そ・・・それは・・・」

綾乃「赤座さんは尻叩かれて興奮しちゃうの?」

あかり「ち・・・違いま・・・」

バチーン

あかり「ああんっ・・・」

スル・・・くちゅくちゅ・・・

あかり「あっ・・・いやっ・・・」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/04(日) 23:52:42.11 ID:0N45Ifa60

綾乃「信じられないわ、赤座さんがこんなド変態だったなんて」

くちゅくちゅ・・・

あかり「んんっ・・・あんっ・・・」

綾乃「どう?気持いいの?」

あかり「いっ・・・いやっ・・・」

綾乃「嫌じゃないわよ、こんなに感じておいて」

あかり「あっ・・・ふあっ・・・」

綾乃「気持いい?イっちゃいなさい」クチュクチュ

あかり「あっ・・・あっ・・・あああっ・・・・」ビクンビクン

綾乃「ふふふ・・・赤座さんって意外と可愛いのね・・・」

あかり「あ・・・ああ・・・」

綾乃「さて、授業が始まるからさっさと片付けて戻りましょ」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:02:11.65 ID:C3vLgiC60

―教室―

ちなつ「あっ、あかりちゃん、遅いよ」

あかり「あはは・・・色々あって・・・」

櫻子「あかりちゃん、あかりちゃんのためにノート取っておいたわ、見る?」

あかり「あ・・・ありがとう・・・」

向日葵「駄目ですわ、櫻子の汚いノートでは読めません、私のノートを使ってください」

櫻子「何だとおめえーっ」

向日葵「何なんですかっ」

あかり(あ・・・いつもの光景だ・・・)



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:10:19.05 ID:C3vLgiC60

―放課後―

あかり「二人とも、ノートありがとう」

櫻子「へへん、どういたしまして」

向日葵「櫻子のノートは使ってませんわ」

櫻子「何をー」

向日葵「赤座さんは私を頼りにすればいいのですわ」

櫻子「いいや違うね、あかりちゃんのいいところは気が利く所だから、
    私の方があかりちゃんの長所を引き出せてるよ」

向日葵「ぐぬぬ」

あかり「まあまあ」

櫻子「私の方があかりちゃんと仲がいいもんね」

向日葵「私だって、仲いいわよ」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:17:47.50 ID:C3vLgiC60

櫻子「あかりちゃんは私のことが好きなの!」

向日葵「私の方ですわ」

櫻子「私ならあかりちゃんを何回だってイかせられるもん」

向日葵「私のテクには敵いませんわ」

あかり「えっと・・・何か危険を感じるんだけど」

櫻子「ならさ・・・どっちがあかりちゃんを満足させられるか勝負しようよ」

向日葵「望む所ですわ」

あかり「えっ?                 えっ?」

櫻子「と言うわけで、あかりちゃん・・・ちゅっ」

あかり「・・・んんっ!?」

向日葵「赤座さん・・・ペロペロ」

あかり「んっ・・・」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:25:07.67 ID:C3vLgiC60

櫻子「ぷはっ・・・どう?気持いい?」

あかり「あっ・・・待って・・・」

向日葵「赤座さんのおっぱい・・・小さくて柔らかいですわ・・・」

あかり「何でっ・・・?」

櫻子「あかりちゃん・・・貝合わせ・・・しよっ」

ぬちゅぬちゅ

あかり「ああんっ・・・ちょっと・・・」

向日葵「赤座さん・・・私のも・・・・赤座さんの口で気持よくして・・・」

あかり「ふむっ・・・くちゅ・・・」

櫻子「ふあああっ・・・イイ・・・・」

向日葵「ああんっ・・・」



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:29:03.70 ID:C3vLgiC60

櫻子「ああ・・・・ああ・・・・」

向日葵「櫻子・・・櫻子・・・」

櫻子「向日葵・・・気持いい・・・・」

向日葵「ああん・・・・櫻子・・・大好きぃ・・・」

あかり「・・・・」

あかり「何だか悲しいけど・・・助かった・・・」

あかり「早い所帰ろう・・・」

櫻子「向日葵・・・イっちゃいそう・・・」

向日葵「いいですわ・・・一緒にイキましょう・・・」

さくひま「あああっ」ビクンビクン



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:38:16.43 ID:C3vLgiC60

あかり「流石に今日は部活しなくていいよね・・・腰とお尻が痛いし・・・」

千歳「あら、赤座さんやないの」

あかり「あ、どうも・・・」

千歳「今日は部活はええのですか?」

あかり「あ・・・はい・・・ちょっと腰が痛くて・・・」

千歳「腰が・・・」スチャッ

妄想中
京子「あかり・・・気持よさそう・・・・っ」
あかり「あんっ・・・京子ちゃん・・・」
京子「あかり・・・あんっ・・・」
あかり「いっ・・・イク・・・」
京子「いいよ・・・私もイッちゃう・・・」
あかり「あああんっ・・・」ビクビク
京子「ふあああっ」ビクビク


千歳「ええわぁ・・・」ボタボタ

あかり「はい、ティッシュ」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:44:55.02 ID:C3vLgiC60

千歳「赤座さんは今日は用事あるんですか?」

あかり「いえ、何も無いです」

千歳「ならウチ来いへんか?」

あかり「いいですよ」

―千歳宅―

千歳「今日は千鶴も親もおらんから、ゆっくりしてってーな」

あかり「はい」

千歳「今日はちょっと赤座さんに食べてもらいたい物があって来てもらったんやけど」

あかり「はい、楽しみにしています」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 00:53:23.24 ID:C3vLgiC60

千歳「出来たで、赤座さん召し上がれ」

あかり「いただきまー・・・・えっ・・・・」

あかり「これって・・・」

千歳「そうやで、私の便や」

あかり「んなっ・・・」

千歳「赤座さんには、是非とも私の便を食べてもらいたいんや」

あかり「いや・・・流石にそれは・・・」

千歳「・・・お願いや、半分だけでいいから、食べてくれへんか?」

あかり「・・・うぅ」



191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:00:31.83 ID:C3vLgiC60

千歳「赤座さん、一回食べてみるといいで」

あかり「で・・・でも・・・」

千歳「世界が変わるで」

あかり「・・・」

千歳「・・・・」

あかり「・・・やっぱり・・・これだけは・・・」

千歳「・・・」ウルウル

あかり「ち・・・千歳さん・・・泣かないで・・・」

千歳「いや・・・ええんや・・・全部私がいけないんや・・・ごめんな赤座さん・・・ぐすっ」

あかり(・・・千歳さん・・・本気で悲しんでる・・・でも・・・)



197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:06:36.69 ID:C3vLgiC60

あかり(でも・・・)

千歳「ぐすっ・・・ひっく・・・ぐすっ・・・」

あかり「・・・・一口だけ食べるって言ったら・・・」

千歳「ホンマか」パアア

あかり「・・・はい・・・本当に一口だけですよ」

千歳「構わへん、ありがとな」

あかり(・・・少しだけなら大丈夫・・・少しだけなら大丈夫・・・)

あかり「ん・・・」ぱくっ

あかり「・・・」モグモグ

あかり(苦っ・・・)

あかり「う・・・・」

あかりはトイレに行くジェスチャーをした

千歳「こ・・・こっちや」

ダダダダダッ



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:17:45.78 ID:C3vLgiC60

あかり「うおおおおおええっ・・・げほっ・・・」

あかり「はぁ・・・はぁ・・・」ブルブル

千歳「赤座さん、ホンマにすいませんでした」

あかり「はは・・・大丈夫です・・・・」

千歳「これは私が掃除しておくから、赤座さんは休んでてください」

あかり「はい・・・」


あかり「あっ、ちゃんと便器にしたから流すだけで・・・」

千歳「ベロベログチュグチュズズズゴギュゴギュ」

あかり「あ・・・あ・・・」

千歳「なっ・・・赤座さん・・・」

あかり「いやあああああっ」



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:20:04.07 ID:C3vLgiC60

―自宅―

あかり「はぁ・・・はぁ・・・」

あかり「もう嫌・・・」

あかり「・・・家にいよう・・・それが安全だ・・・」



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:29:42.08 ID:C3vLgiC60

あかね「お帰り、あかり」

あかり「ただいま、やっぱり家は落ち着くな」

あかね「そうね、何かあったの?」

あかり「うん、いろいろと・・・」

あかり「お姉ちゃん、今日は一緒に寝ていい?」

あかね「いいよ、あかりの部屋でいい?」

あかり「うん、それじゃあ待ってるよ」


あかね「あかり・・・いつ見ても可愛いわ・・・」

あかり「お姉ちゃん、くすぐったいよ・・・」



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:35:45.13 ID:C3vLgiC60

あかね「ふふ・・・・ちゅっ」

あかり「んんっ・・・ぷはっ・・・」

あかり「お・・・お姉ちゃんまで・・・どうして・・・」

あかね「私が一番あかりのことを愛しているわ」

あかり「そんな・・・」

あかね「それじゃあ脱いで・・・」

あかり「う・・・」

あかね「あかり・・・まだ毛が生えてないんだね・・・」

あかり「うう・・・お姉ちゃん・・・」



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:41:08.99 ID:C3vLgiC60

クチュクチュ

あかり「ふあああっ・・・ああん・・・・」

あかね「あかり・・・イキたくなったらいつでもイっていいのよ・・・」

あかり「あっ・・・んんっ・・・イッちゃう・・・」

あかり「あんん・・・」ビクビクビク

あかね「あかり・・・可愛い・・・」

あかね「それじゃあもう一回しようか?」

あかり「え・・・」

あかね「せっかく一緒になれたんだから・・・朝まで一緒だよ・・・」

あかり「そ・・・そんな・・・・」



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/05(月) 01:48:56.13 ID:C3vLgiC60

―翌日―

モブA「あかりちゃん・・・あかりちゃん・・・」

あかり「ああん・・・・モブAちゃんそんな激しくしちゃ・・・」

あかり「はぁんっ・・・」ビクビクビク



あかり「ああ・・・家も学校も・・・全部地獄だよー」

モブB「あっあかりちゃんおはよー」

あかり「おはよーモブBちゃん」

モブB「実は私、あかりちゃんの事がずっと好きだったんだ、エッチしよう」

あかり「いやあああああ」

END


元スレ
京子「実はさ、私あかりのことが大好きなんだ」