1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:16:23.21 ID:ME5BWJm50

第一章 生徒会脅迫!ごらく部員達の逆襲

京子「綾乃~遊びにきたよ~」ガラガラ

綾乃「とっ、歳納京子!?」

向日葵「こんにちは~」

櫻子「こんにちは~」

京子「あれ?千歳は?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:20:33.47 ID:ME5BWJm50

綾乃「ちっ、千歳なら今日は風邪で休むって・・・」

京子「そう・・・(無関心)」

ちなつ「向日葵ちゃん~櫻子ちゃん~」ヒョコッ

あかり「手伝いにきたよ~」

向日葵「赤座さんに吉川さん・・・ありがとうございます」ペコリ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:22:40.56 ID:ME5BWJm50

櫻子「じゃああかりちゃんとちなつちゃんはこの書類お願いね!!」バン

あかり「すごい量だぁ・・・」

ちなつ「今日中に終わるかなあ・・・」

京子「な~に、みんなでやればすぐ終わるよ!!」

綾乃「さっ、さっさと始めるわよ///」キュン



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:24:48.97 ID:ME5BWJm50

~1時間後~

京子「つ~か~れ~た~」ゴロン

綾乃「ちょっ、言い出しっぺが初めにくたばってどうするの!?」

京子「甘いのがあれば元気でるかも・・・」

ちなつ「あっ、こんなところにプリンがありますよ」

あかり「おいしそう~」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:29:13.16 ID:ME5BWJm50

綾乃「ちょっ、それは・・・」

京子「いただきます~!!!」パクッ

あかり「あかりも一口食べた~い」ウルウル

綾乃「おいゴルルァ!!!免許持ってんのか!!!」

京子「え!?・・・どうしたの綾乃・・・やべえよやべえよ・・・」

綾乃「おい降りろぉ!!!免許出せ!!!」

京子「免許・・・?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:31:36.42 ID:ME5BWJm50

綾乃「はやくしろょ(レズはせっかち)」

京子「ぷっ、プリン食べたのは謝るから・・・」

綾乃「おらぁクルルァついてこいよ(迫真)」スタスタ

あかり「ついてこいってこと・・・?」

櫻子「あんなに怒ってるなんて・・・」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:34:53.75 ID:ME5BWJm50

~教室~

綾乃「免許あるじゃないの(ゲス顔)」サッ

京子「わたしの学生証・・・」

あかり「京子ちゃんに返してあげて!!!オナシャス、センセンシャル!!!」

綾乃「じゃあ脱げよ」

京子「脱いだら返してくれるんですかね・・・(困惑)」

綾乃「おう、考えてやるよ(返すとは言っていない)」





13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:37:47.82 ID:ME5BWJm50

京子「ううっ・・・とんだ辱めを・・・」ヌギヌギ

綾乃「・・・」

京子「こっ、これでいい・・・?」

綾乃「下もだよ、はやくしろょ(レズはせっかち)」

京子「えっ、それは(困惑)」

綾乃「おい、そこのやつ、脱がせてやれ」

ちなつ「先輩・・・」ヌガセヌガセ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:40:24.40 ID:ME5BWJm50

あかり「なんでそんなに手際が良いの・・・?」

京子「こっ、これでいいの・・・///」

綾乃「・・・何か足らないよなぁ」

綾乃「この首輪つけてワンワンって鳴いてみろよ」

京子「えっ・・・わっ、わん・・・」

綾乃「そんなんじゃ商品になんないよ~(棒)」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:42:23.29 ID:ME5BWJm50

綾乃「はい、わんわん!!!」

京子「わんわん・・・」

綾乃「ぷっ、馬鹿じゃねえの?」

あかり「かわいそうだよぉ・・・」

綾乃「ケツこっちに向けてみろ」

京子「・・・」スッ

綾乃「綺麗なケツだな・・・(恍惚)」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:46:35.29 ID:ME5BWJm50

綾乃「なっ、舐めてもいいわよね!!!」ペロッ

京子「あっ、綾乃!?」ビクッ

綾乃「きょうこきょうこきょうこきょうこ」ペロペロ

あかり「地獄絵図だよぉ・・・」

櫻子「先輩・・・何してるんですか・・・」

向日葵「やめてくださいよ本当に・・・」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:49:47.80 ID:ME5BWJm50

綾乃「だいぶほぐれてきたわね・・・(確認)」

京子「やっ、やめて・・・(絶望)」

綾乃「怖がってる歳納京子もかわいい・・・(恍惚)」

綾乃「ローションを手に付けて・・・」ヌラッ

あかり「顔が怖いよぉ・・・」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 18:53:39.33 ID:ME5BWJm50

綾乃「ひとつになろう!!!(提案)」

ずぼっ

京子「あぁぁぁーっ痛い、痛い痛い痛い・・・
あぁぁぁぁい゛たぁいぃぃぃぃぃぃ!!痛いぃぃぃぃぃ!!痛い痛い痛いぃたっぁ
あ゛ぁいたぁ゛い!!!!!   だめだめだめです、だめですって、無理無理無理! 痛い、いたいって・・・(涙)」

あかり「すごい痛そうにしてるよ・・・」

ちなつ「申し訳ないがFFKYOUKはNG」

綾乃「歳納京子の中・・・あったかい・・・(マジキチスマイル)」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:00:09.58 ID:ME5BWJm50

綾乃「どうして歳納京子はそんなに怖い顔してるの?」

京子「いだぁぁぁぁぁぁいいいいねえほんとうにやめでええええぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!はやくこれぬいでよぉおおお!!!!!!!」ジタバタ

綾乃「大丈夫大丈夫・・・」グイグイ

あかり「あっ、血がでてる・・・」

ちなつ「ちょっ、さすがにまずいって!!!なにか止める方法は・・・」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:04:25.79 ID:ME5BWJm50

京子「わたしのポケットのながにいぃぃぃぃ!!!!!!ああかkdじゃんkxふぇkwkくぃw!!!!!!!」ジタバタ

あかり「ポケット・・・あっ、痴漢撃退スプレー!!!えいっ!!!」シュー

綾乃「あぁぁぁーっ痛い、痛い痛い痛い・・・
あぁぁぁぁい゛たぁいぃぃぃぃぃぃ!!痛いぃぃぃぃぃ!!痛い痛い痛いぃたっぁ
あ゛ぁいたぁ゛い!!!!!   だめだめだめです、だめですって、無理無理無理! 痛い、いたいって・・・(涙)」

ちなつ「おとなしくしろぉ!!(スプレー)ばら撒くぞこの野郎」

京子「ひい・・・ひい・・・」ガクガク

あかり「大丈夫・・・?」






28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:07:09.63 ID:ME5BWJm50

ちなつ「おらぁ!!!京子先輩の敵討ちだぁ!!!」ヌガセヌガセ

あかり「ちなっちゃん!?」

綾乃「やっ、やめて・・・」

ちなつ「脱がなきゃ射つぞゴルルァ!!!」

綾乃「はい・・・」





30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:11:20.85 ID:ME5BWJm50

~30分後~

綾乃「うぅ・・・歳納京子以外に汚された・・・」

ちなつ「おらケツ向けろ」バシーン

綾乃「痛い!!!分かりました・・・」

あかり「みらくるんステッキ持ってきたよ~」

ちなつ「ありがとうあかりちゃん、じゃあ・・・」

ずぼっ

第一章 生徒会脅迫!ごらく部員達の逆襲





31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:18:20.86 ID:ME5BWJm50

第二章 盗撮!そしてひまさく妄想へ

櫻子「先輩方を置いてっちゃってよかったのかな・・・」

向日葵「しょうがないですわ・・・わたし達にできることなんて・・・」

櫻子「そうだよね・・・あっ、そうだ(突然)」

向日葵「どうしましたの?」

櫻子「まずうちさぁ・・・向日葵が見逃したっていうドラマ録画してあるんだけどぉ・・・一緒に見ない?」

向日葵「あぁ~いいっすね~・・・って、なにか喋り方がおかしくありませんの?」

櫻子「いっ、いつもと一緒だよ!!!何いってるの?(困惑)」

向日葵「・・・まあいいですわ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:21:34.19 ID:ME5BWJm50

~櫻子邸~

向日葵「べっ、別に感謝なんかしてないんですからね!!!」

櫻子「こっちこそただ見たいだけなんだからね!!!・・・あっ、そうだ、ちょっと用事があるから先見てていいよ」バタン

向日葵「櫻子!?・・・もう、一緒に見たかったのに・・・」プンプン

櫻子「さて・・・いい絵面が撮れるといいな・・・」

向日葵「櫻子・・・」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:24:47.42 ID:ME5BWJm50

向日葵「櫻子が誘ったのですもの、用事が終わるまでここで待ちますわ」

櫻子「ちっ、はやくDVDを見なさいよ・・・」

向日葵「後何分くらいで帰ってくるのでしょうか・・・」

櫻子「・・・」

向日葵「櫻子・・・」

櫻子「向日葵・・・」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:29:29.22 ID:ME5BWJm50

向日葵「へっ、部屋の中を物色して待ってましょうか・・・///」

櫻子「げっ!?まずい・・・!!!」ダッダッダ

向日葵「まずはこの衣装タンスから・・・」

櫻子「たっ、ただいま~って、勝手に人のタンスの中見ないでよね!!!これだからオッパイ人間は!!!」

向日葵「だっ、だれがオッパイ人間ですか!?それに見てないわよ!!!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:36:59.48 ID:ME5BWJm50

向日葵「それで、用事ってなんだったんですの?」

櫻子「向日葵と一緒にお菓子食べようと思って買ってきた・・・///」

向日葵「わっ、わたしのために///」

櫻子「ちっ、ちがうもん!!!わたしが食べたかっただけだからね!!!」

向日葵「うっ、うるさいですわ!!!DVDをみますわよ!!!」ガチャッ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:40:31.25 ID:ME5BWJm50

~上映中~

YJSNPI「んちゅっ・・・ちゅっ」

TON「先輩・・・愛してます」

向日葵「感動的でしたわ~やっぱり4章は純愛じゃないか(憤怒)」

櫻子「おもしろかった~」

向日葵「あれ?なんだか眠くなってきましたわ・・・」フラッ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:44:12.45 ID:ME5BWJm50

櫻子「おっす大丈夫か(迫真)」

向日葵「まさかYJSNPIのようにジュースに睡眠薬を・・・」

櫻子「そんなことするわけないじゃん!!!バカ!!!」

向日葵「バカにバカって言われたくありませんわ」

櫻子「それに・・・わたしはそんなことしなくたって好きな人に好きって言えるもん・・・愛してるよ、向日葵」チュッ

向日葵「え!?・・・zzz」

櫻子「・・・落ちたな(確信)」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 19:48:20.45 ID:ME5BWJm50

櫻子「うんしょっと・・・十字台に貼り付けてと・・・」

向日葵「えへへ・・・櫻子が好きって・・・zzz

櫻子「さーて、どんな仕打ちにしてやろうかな?」

櫻子「>>45から>>52の拷問をするよ!!!」

櫻子「良さそうなのは全部採用!!!

櫻子「後風呂はいってくるね!!!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:12:36.50 ID:ME5BWJm50

櫻子「昏睡レイプ・・・」チュパッチュパ

向日葵「あっ、あれ?なんでわたし縛られてる・・・?」

櫻子「おっぱい・・・(小声)」

向日葵「ちょっと櫻子!!!やめなさいよ!!!」

櫻子「お前のこと好きだったんだよ!!!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:14:47.04 ID:ME5BWJm50

向日葵「だっ、だれか助けて!!!」

櫻子「誰が大声出していいって言ったオラァ!!!」バシーン

向日葵「いっ、痛い!!!」

櫻子「わたしのパンツ口に詰めてあげるね」グイグイ

向日葵「うっ、羽毛」





58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:17:42.86 ID:ME5BWJm50

櫻子「これでもう声は出せないね」

向日葵「んー!んー!」

櫻子「向日葵はわたしのことが嫌いなの?」

向日葵「・・・///」

櫻子「じゃあ親指締めても大丈夫だよね(マジキチスマイル)」

向日葵「!?」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:22:43.31 ID:ME5BWJm50

櫻子「せーの、えいさ!!!」バキッ

向日葵「んんwんsんsなななんrんytねんwn!!!!!」

櫻子「これって・・・勲章ですよ」

櫻子「それにしても向日葵っていいケツしてますよね~」

櫻子「開発して差し上げる!!!(至言)」グニニグニ

向日葵「んななんdんdsんsんsななんfんgんっdn!!!」ジタバタ





63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:36:01.52 ID:ME5BWJm50

櫻子「向日葵なにもじもじしてるの?」

向日葵(わかってるくせに・・・)

櫻子「わかった!!!ウンチしたいんでしょ!!!」

櫻子「じゃあオラオラこいよオラァ!!!」

向日葵(ひっ、引っ張らないで!!!)



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:39:56.22 ID:ME5BWJm50

櫻子「オラァ!!!便器舐めろオラァ!!!」グイグイ

向日葵(きっ、汚いですわ・・・)

櫻子「ちゃんと綺麗にしろよ~舌使って(倒置法)」

櫻子「じゃあこんどは跨がって・・・出そう(提案)」

向日葵(なんで櫻子が見る必要あるんですか・・・(正論))



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:44:39.36 ID:ME5BWJm50

櫻子「じゃあガーゴイル体制になって・・・」

向日葵(そんなことしたらママに怒られちゃうだろ!いい加減にしろ!)

櫻子「ほらほらほら、出していいんだよ」

向日葵(だっ、誰がだすものですか・・・)

櫻子「まだ開発が足りないみたいだね・・・」グニニグニ

向日葵(あっ、ああああんwんsんzkzkqkql!!!!!!)ブリブリ



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:53:09.41 ID:ME5BWJm50

櫻子「あれあれ~なんか水っぽいウンチだね、掴みにくいや」ガシッ

向日葵(櫻子!?汚いですわよ!?)

櫻子「もっと美味しそうに食べろよ~」

向日葵(おええ・・・)

櫻子「じゃあ次は電気アンマね!!!」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 20:57:51.73 ID:ME5BWJm50

櫻子「足枷を外さなきゃね」パチッ

向日葵(足が自由に・・・ってなにこれ!?動けない!?)

櫻子「アキレス腱を切っといたからね、暴れちゃいやだよ」ガシッ

櫻子「せーのっ、えい!!!」グニニグニ

向日葵(あん///なっ、なんだかくすぐったいですわ///)ビクッ



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:01:33.99 ID:ME5BWJm50

櫻子「あれれ~向日葵さんちょっと粘ついてきてますわよ?」グニニグニ

向日葵(分かってるくせに・・・///)

櫻子「うわ~糸引いてるよ・・・(ドン引き)」

櫻子「じゃあ最後はドラゴン田中ね!!!」

向日葵(ドラゴン田中・・・?)



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:04:03.24 ID:ME5BWJm50

櫻子「とりあえずパンツは口から出してあげるね・・・うわぁ、唾液でべちょべちょだよ・・・」

向日葵「はぁ、はぁ、」

櫻子「じゃあディルドを向日葵のケツマンコに刺して・・・」

向日葵「ひゃっ・・・おおっ、うう!!!」

櫻子「自分から腰を振るとは淫乱だね~」クスクス



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:07:38.18 ID:ME5BWJm50

向日葵「OH!!!(ネイティブ)ヴォースゲー、もっと突いてくれオルルァ!!!オーッス!!!」

櫻子「何がいいのか理解に苦しむね(疑問)」

向日葵「イキスイグッ!イグッ・・・ンアー!!!」ビクン

櫻子「逝ったな・・・(確認)」

櫻子「向日葵はわたしが一生世話してあげるからね」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:12:33.60 ID:ME5BWJm50

~数日後~

櫻子「向日葵~オムツの時間だよ~」

向日葵「ひっ、ひい!!!やめて!!!近づかないで!!!」ビクビク

櫻子「ひどいな~こんない愛してるのに・・・」シュン

向日葵「あっ、ごめん・・・///」

櫻子「もう~向日葵はかわいいな~」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:16:02.32 ID:ME5BWJm50

櫻子「でも今日はお仕置きだよ」

向日葵「お仕置き・・・?」

櫻子「ローションを手に付けて・・・」

ずぼっ

向日葵「あぁぁぁーっ痛い、痛い痛い痛い・・・
あぁぁぁぁい゛たぁいぃぃぃぃぃぃ!!痛いぃぃぃぃぃ!!痛い痛い痛いぃたっぁ
あ゛ぁいたぁ゛い!!!!!   だめだめだめです、だめですって、無理無理無理! 痛い、いたいって・・・(涙)」

櫻子「ずっとそばにいてよね・・・///」




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:19:30.58 ID:ME5BWJm50

向日葵「おうえええ!!!!!」ビチャビチャ

櫻子「ちょっと刺激が強かったかな?」

向日葵「はっ!!!そういえゔぁ楓は・・・!?」

櫻子「他の女の名前出さないでよね、やっちゃうよ?(ゲス顔)」

櫻子「もう一回やったっていいんだよ?」

向日葵「ひい!!許して下さい!!!何でもするから!!!」ビクビク



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:22:24.55 ID:ME5BWJm50

櫻子「ん?今何でもするって言ったよね?」

向日葵「誰か・・・」

ガッシャーン

あかり「正義の味方、アッカリーン参上!!!」

櫻子「!?」

あかり「お団子バズーカ!!!」シュゴオオオオ

櫻子「ぎゃあああああああああ!!!!!!!!」チュドーン



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:29:33.50 ID:ME5BWJm50

・・・・・・・・・・・・っ

向日葵「あっ、あれ?わたしってば何時の間にか寝ていたのですの?」

櫻子「zzz・・・」

向日葵「夢・・・でも・・・嬉しかったですわ」チュッ

向日葵「できれば・・・さめて欲しくない程の・・・」ジワッ

櫻子「(愛してるのは本当だよ)」ボソッ

向日葵「でもお尻が痛いのは何故でしょうか・・・」

第2章 盗撮!そしてひまさく妄想へ

~終~



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:31:16.93 ID:ME5BWJm50

第3章 ごらく部レイプ!野獣と化した先輩方

~ごらく部室~

ちなつ「お茶淹れましたよ~」ガチャ

あかり「ありがと~ちなつちゃん!!!」

結衣「いつもありがとう」ズズッ

ちなつ「そういえば京子先輩は?」

あかり「今日はお休みしたんだって」

ちなつ「そう・・・(無関心)」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:31:42.22 ID:ME5BWJm50

結衣「お見舞いにいかないか?(提案)」

あかり「京子ちゃん退屈してそうだからきっと喜ぶんじゃないかな!!」

ちなつ「う~ん、結衣先輩が行くなら・・・」

結衣「じゃあ決まりだね」

あかり「お菓子もってってあげよっと!!」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:32:43.15 ID:ME5BWJm50

~京子邸~

結衣「こっ↑ここ↓」

ちなつ「はえ~大きい・・・」

あかり「久しぶりだから楽しみだな~!!」

ピンポーン

京子「入って、どうぞ」

結衣&ちなつ&あかり「おじゃましまーす」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:33:07.32 ID:ME5BWJm50

結衣「体調はどうだ?良くなった?良くなってない?」

京子「うーん、まあまあかな・・・」

ちなつ「もう、体調管理ぐらいしっかりして下さいよ」

あかり「でも元気そうで良かった~」

京子「みんなありがとう・・・」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:34:00.67 ID:ME5BWJm50

京子「まずうちさぁ・・・屋上あるんだけど・・・焼いてかない?」

結衣「あー、いいっすね~」

ちなつ「結衣先輩・・・?」

あかり「結衣ちゃん・・・?どうしたの?」

京子「・・・」スタスタ

結衣「・・・」スタスタ

ちなつ「どこに行くんですか!?」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:35:07.64 ID:ME5BWJm50

結衣「誰かに見られないっすかね?」ヌギヌギ

京子「まっ、多少はね?」ヌギヌギ

あかり「なっ、なんで水着に着替えるのかな~って・・・」

ちなつ「結衣先輩の生着替え・・・!!!」

ちなつ「あかりちゃん!!!私たちも焼こう!!!(提案)」

あかり「え、何それは(ドン引き)」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:35:47.37 ID:ME5BWJm50

京子「あついね」

結衣「暑いっすね」

あかり「なんであかり裸なの・・・」

ちなつ「しょうがないでしょ、水着持ってないんだから」

あかり「うう・・・あかり頑張る・・・」

京子「オイル塗ろっか?」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:36:21.16 ID:ME5BWJm50

結衣「ありがとうございます」

ちなつ「わっ、私が塗ります!!!」バッ

あかり「すごい勢いで引ったくったよう・・・」

ちなつ「硬くなってんぜ?」ヌリヌリ

結衣「気持ちよくなってきちゃったよ・・・」

京子「なんだよちなつ嬉しそうじゃねえかよ~」

ちなつ「えっ、そんな・・・」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:36:51.88 ID:ME5BWJm50

京子「喉乾かない?」

結衣「そうですね・・・」

ちなつ「硬くなってんぜ?」ヌリヌリ

あかり「いつまで塗ってるのちなつちゃん・・・」

京子「ちょっと待っててね」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:37:19.12 ID:ME5BWJm50

サッー!!!(迫真)

京子「・・・」

あかり「京子ちゃん遅いね・・・」

京子「おまたせ!!!アイスティーしかなかったけどいいかな?」

結衣「ありがとうございます」ゴクゴク

ちなつ「結衣先輩・・・?本当にどうしたんですか?」

あかり「アイスティーおいしい~」ゴクゴク



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:37:56.62 ID:ME5BWJm50

あかり「あれ・・・なんだか眠くなってきちゃった・・・」バタリ

京子「・・・」

ちなつ「ちょっとあかりちゃん・・・裸で眠ったら・・・」バタリ

京子「・・・」

結衣「うっ・・・」

京子「おっす大丈夫か(迫真)」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:38:27.12 ID:ME5BWJm50

~地下室~

あかり「あれ・・・どうしてあかり縛られてるの?」

ちなつ「うーん、いつのまに・・・」

京子「・・・」ヒタヒタ

ちなつ「ちょっと京子先輩!!!どういうことですか!!!」

京子「あばれんな・・・あばれんなよ(迫真)」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:38:53.84 ID:ME5BWJm50

京子「あばれんな・・・あばれんなよ・・・」トントントントン

ちなつ「うっ、羽毛」バタリ

あかり「ちなつちゃん!?」

京子「結衣・・・足を広げて抑えといて」

結衣「かしこまり!」ガバッ

あかり「ちなつちゃんのあそこが・・・///」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:39:58.87 ID:ME5BWJm50

京子「あかり、みとけよみとけよ~」

あかり「え!?・・・うん・・・(快諾)」

結衣「ローション・・・(小声)」タラーン

京子「サンキュー」ネチョネチョ

京子「ちなつちゃん・・・ウンチだそうね」グニグニ

あかり「え!?お尻の穴をほぐすの!?」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:42:17.93 ID:ME5BWJm50

ちなつ「うっ・・・きょっ・・・(何これ!?上手く喋れない!?)」

京子「すご~い、親指がすっぽり入っちゃった!!!ちなっちゃんもしかして自分で・・・」グニグニ

あかり「臭いが半端ないよぉ・・・」

結衣「あばれんな・・・あばれんなよ・・・」

京子「じゃあ本番いくよ~」






ずぼっ



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:43:27.87 ID:ME5BWJm50

ちなつ「あぁぁぁぁい゛たぁいぃぃぃぃぃぃ!!痛いぃぃぃぃぃ!!痛い痛い痛いぃたっぁあ゛ぁいたぁ゛い!!!!!だめだめだめです、だめですって、無理無理無理! 痛い、いたいって・・・(涙)」ジタバタブリブリ

京子「薬で痺れているのにこんな声出せるんだあ~あっ!!ちなっちゃんウンコ漏らしちゃった!!!」

あかり「地獄絵図だよぉ・・・」

結衣「ポッチャマ・・・」

京子「みらくるんのウンチ・・・いただきます!!!」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:44:15.48 ID:ME5BWJm50

結衣「じゃあ今日はあ・・・この歯ブラシでウンコ歯磨き・・・して貰おうかな」

京子「えっ、何それは(ドン引き)」

あかり「ちなつちゃんの内臓が丸見えだよう・・・」

結衣「あっ、そうだ、あかり、さっきFFTNTしてる時にチラチラ物欲しげな顔で見てたろ」

あかり「京子ちゃんがみとけよって言ったから・・・」

京子「あのさお前さあかりさ、さっきFFしたいって言ってたよな」

結衣「そうだよ(便乗)」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 21:45:42.52 ID:ME5BWJm50

結衣「やりたきゃらってやるよ」

京子「ほらほらほらほら」

あかり「やめてくれよ・・・(絶望)」

第三章 ごらく部レイプ!野獣と化した先輩方

~終~



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:00:41.81 ID:ME5BWJm50

第四章 時計仕掛けの生徒会室

綾乃「はぁ・・・ちょっと体調が悪いわ・・・」

千歳「綾乃ちゃん大丈夫?ちょっとソファーで横になったらええんちゃう?」

綾乃「悪いけどそうするわ・・・」ドスン

千歳「ゆっくりしてな~」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:06:00.17 ID:ME5BWJm50

~30分後~

綾乃「ちょっと本当にまずいわ・・・保健室行ってこようかしら・・・」

千歳「何か心当たりはあるん?」

綾乃「そうだぬわぁ~ん・・・(ねっとり)」

綾乃「さっきの後輩にステッキをお尻に刺されたのよ」

千歳「えっ、何それは(ドン引き)」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:08:11.05 ID:ME5BWJm50

綾乃「今思い出すと歳納京子には悪いことしちゃったわ・・・」

千歳「そう・・・(無関心」

綾乃「あ~傷口が痛むわ・・・」

千歳「軟膏塗ってあげるわ~」

綾乃「ありがとう・・・」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:16:38.15 ID:ME5BWJm50

千歳「ちょっと恥ずかしいかもしれんけど後ろむいてな~」

綾乃「もう慣れたわ・・・」ズイッ

西垣「なにやってんだお前ら・・・」

綾乃「こっ↑こ↓れはですね・・・!!!」

西垣「俺も仲間に入れてくれよ~」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:20:07.42 ID:ME5BWJm50

西垣「お前らばっかり良い思いすんなよ~」

千歳「やめなさい(良心)」

綾乃「なんだこのおばさん!?(驚愕)」

西垣「この・・・」ガンッ

綾乃「ぐふっ・・・」

千歳「綾乃ちゃん!?」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:23:23.87 ID:ME5BWJm50

西垣「さ~て、この開発したペニバンでちょっくら開発・・・ってもうすでにガバガバじゃないか(憤怒)」

綾乃「みないで・・・下さい」

西垣「しょうがねぇな・・・立たせてやるか」


ずぼっ



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:27:12.19 ID:ME5BWJm50

綾乃「あぁぁぁぁい゛たぁいぃぃぃぃぃぃ!!痛いぃぃぃぃぃ!!痛い痛い痛いぃたっぁ
あ゛ぁいたぁ゛い!!!!!   だめだめだめです、だめですって、無理無理無理! 痛い、いたいって・・・(涙)」

西垣「初物は反応が楽しいなあ」

千歳「頭がすっぽり入っとるがな・・・」

西垣「ん?前立腺はっけ~ん」ペロペロ

綾乃「hdsfqさあさあfjっkんgdっbっg!!!!!!!」ブッシャアアアアア



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:32:59.12 ID:ME5BWJm50

西垣「ふぅ↑きもちぃぃ!!」

千歳「ビール、ビール・・・じゃなくて綾乃ちゃん大丈夫なん!?」

西垣「もともと何者かの手によって拡張されてたから大丈夫大丈夫」

綾乃「立てないよぉ・・・」プルプル

千歳「内臓丸見えなんやけど・・・」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 22:36:36.32 ID:ME5BWJm50

西垣「まっ、多少はね?・・・相手をしてやってくれ」スタスタ

千歳「え?・・・綾乃ちゃん」

綾乃「千歳まで開発してくるつもり!?」






千歳「保健室いこか」

第四章 時計仕掛けの生徒会室

~終~


元スレ
ちなつ「先輩なにしてるんですか!!やめてくださいよ本当に!!」