1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 06:29:42.91 ID:Cgc6i02l0

――帰りの会

エイスリン「キリツ!」

シロ「…」キリツ

シロ(…いま、日本語ペラペラだったような)

純「だりーわ」

胡桃「そこの男子!さっさと立つ!」

純「…俺は女なんだけど」

胡桃「嘘つかないで!素行不良の生徒なんてみんな男子に決まってるから!」

シロ(すごいこというなあ…)

エイスリン「イノウエ、サン」

純「…はい」

エイスリン「キリチュ」

純「!」

エイスリン「Oops…カンジャッタ」テヘヘ

純(…っ!)キューン



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 06:34:43.23 ID:Cgc6i02l0

――回想・屋上・昼休み

純「なあ、小瀬川先輩」

シロ「…さんづけでいいよ」

純「あ、えっと…敬語は?」

シロ「…気持ち、ほしいかな」

純「じゃあ、ん、小瀬川さん」

シロ「うん」

純「あ、あのさ、これ、小瀬川さんにしか言ってないんすけど」

シロ「うん」

純「俺、学校から脱出してえんだ」

シロ「…」

純「くだらねえだろ?学校ってさ、なんつーか、あれじゃん」

シロ「そう?」

純「……髪、黒染めしてこいって、言われたんだ」

シロ「…そっか」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 06:40:57.34 ID:Cgc6i02l0

純「なあ小瀬川さん、これ地毛なんだぜ」

シロ「うん」

純「だからそう言ったんだ、俺」

シロ「…うん」

純「聞いてくれなかった」

シロ「…」

純「小瀬川さんは言われたことある?黒にして来いって」

シロ「…」フルフル

純「だよな…だと思ったよ」

がちゃ!

塞「あ!いた!井上さん!」

純「…いいんちょー先輩」

塞「うわ、嫌そうな顔しないでよ、傷つくなあ」

純「生まれつきこんな顔なんでね…すいません」

塞「…べつに、生まれつきなら謝らなくていいよ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 06:45:43.09 ID:Cgc6i02l0

――帰りの会

エイスリン「ジカンワリガカリサン、オネガイシマス」

胡桃「はい、明日は国語、図工、社会、理科で……そこ!」

純「…なんすか」

胡桃「ちゃんと聞く!」

純「…」

胡桃「言っとくけど、あんたが不良だから言ってるんじゃないよ」

純「…はあ?」

胡桃「聞いてないから、聞いてって言ってるの!」

純「…」

胡桃「聞いてほしいから言ってるの!それだけなの!わかった?」

純「…わかったよ」

シロ(…へえ)

胡桃「図工では鋏と糊を使うから忘れないこと!わかった?トヨネ!」

豊音「え、うん、もう忘れないよー」アハハ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 06:50:58.76 ID:Cgc6i02l0

――回想・マック・昼休み

純「…買い食いっていいんでしたっけ?」

塞「駄目だよ?」

シロ「…」パクパク

塞「バレたらね はい、チーズバーガー」

純「…俺、フィレオフィッシュが良かったな」

塞「生意気言わないの」

豊音「買ってきてあげようかー?」

塞「豊音も!甘やかしちゃダメだって!」

豊音「えっ、ご、ごめんね」

純「やめてくださいよ、俺が悪りぃんだから」

塞「そうだね、たしかにそうだ」

純「…」

シロ「…チキンフィレオとなら、替えてあげるけど」

純「いや…いいっす」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 06:56:12.43 ID:Cgc6i02l0

塞「あー髪ね、言われた言われた」

純「へえ、いいんちょー先輩もっすか」

塞「うん、赤パツとはなんだ!ってね、知らないよってかんじだったけど」

純「それも地毛っすか?」

塞「あったりまえじゃん、このツヤ見てよ」

純「いや…よくわかんねーっす」

塞「なにをー!」

豊音「あははははは」

シロ「…それで、どうしたの?」

塞「え?」

シロ「なんだ!って言われて…どうしたの、塞は」

塞「え、えっと…地毛です!文句があるなら、学級委員になってやりますよ!って」

純「はあ?なんだそれ」

塞「意味わかんないよね…でもそしたら黙ったし、学級委員になってからは何も言われなくなったよ」

純「くっだらねー!くそっ!!」



14: 少人数学級とか 岩手だし 2013/03/17(日) 07:03:26.56 ID:Cgc6i02l0

――帰りの会

エイスリン「エエット、ツギハ…」

塞「あはは、お歌の時間?」

エイスリン「デス!キリツ!」

豊音「なに歌うのー?」

エイスリン「ウーン…ドウシヨウ」

純「……野生のうーまーはー」

エイスリン「!」

胡桃「ちょ、ちょっと…」

純「野生のうーまーはー」

シロ「……野生のうーまーは」

胡桃「…もう!野生のうーまーはー!」

豊音「なぜー」

塞「駆っけってっゆっくー」

エイスリン「カケテユクー」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:09:12.35 ID:Cgc6i02l0

――回想・教室・5時限目

トシ「はい、じゃあ今日の授業はここまでね」

胡桃「え、もう終わり?」

トシ「やる意味がないからねえ…やれることはいくらでもあるけれど、やって意味があることはもうないのよ」

トシ「だからまあ、自習時間で、遊んでてもいいわよ」

がらがら

豊音「行っちゃった…」

胡桃「自習って…なにすればいいの?」

塞「うわー、まだ帰りのホームルームまで30分以上あるよ」

純「ちっ、なんなんだよ…」

シロ「…」

エイスリン「…ニホンゴ、ベンキョウシヨウ」ペラッ

シロ「…ねえ」

純「ん…なんすか、小瀬川さん」

シロ「帰っちゃおうか」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:14:24.29 ID:Cgc6i02l0

純「え?」

塞「おおー?シロらしくないね」

シロ「そう…?」

豊音「どうして急にそんなこと言うの?」

シロ「ん……ここで待ってるのも、授業とおんなじくらい意味なくない…?」

純「で、でもよお…」

胡桃「だめでしょそれ!帰りのホームルームしてないんだから!」

シロ「んー…」

エイスリン「…シロ?」

シロ「じゃあ、やっちゃおうか」

塞「え…なにを?」

シロ「帰りの会」

胡桃「!?」

純「…勝手にしてくれよ、付きあってらんねー」

シロ「…いいの、それで?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:20:41.32 ID:Cgc6i02l0

純「…なにがだよ」

シロ「……」

純「あー…」

シロ「……」

純「あー!!くそっ!!!わかったよ!やるよ!!」

塞「ちょっと…そんな無理に…」

純「ちげえよ、俺は、無理になんか……むしろ…くそったれって……思ってたはずなのに…」

豊音「純ちゃん…」

胡桃「で、でも…やっぱり…」

純「できねえじゃん、自習なんか…こんなところで!やってらんねーだろ!」

胡桃「……」

シロ「…先生役は、誰にしようか」

エイスリン「! ヤル!センセイ!」

塞「え?エイスリンが!?」

シロ「じゃあ、始めよう」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:24:30.44 ID:Cgc6i02l0

――帰りの会

エイスリン「センセイサヨウナラ!」

豊音「先生さようなら」

エイスリン「ミナサンサヨウナラ!」

胡桃「皆さんさようなら」

純「……さいなら」

塞「ねえねえ、黒板になんか書いてく?」

純「はあ?」

塞「先生怒るんじゃない?ホームルーム来たら誰もいなくてさ、黒板にあばよって書いてあるの」

純「あばよって…」

塞「それは一例!別にあばよじゃなくてもいいし、黙ってこそこそ帰るのは、なんか違うじゃんってだけ!」

シロ「…じゃあ、なんて書こうか」

塞「プリズンブレイク!とかさ」

胡桃「ダサい!」

純「……なあ、これももしかしたらダサいかもしんねーけどよ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:27:18.94 ID:Cgc6i02l0

――教室・帰りのホームルームの時間

教師「……なんだこれは」












『立つ鳥跡を濁さず』












教師「……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:31:01.24 ID:Cgc6i02l0

塞「あっはっはははははははははははははははっ!!」タッタッタッタッタッタ

豊音「先生、いまごろ怒ってるかなっ」タッタッタッタッタッタ

塞「あはははは、そりゃあ、だって、立つ鳥跡を濁さずだよ?意味わかんないしっ!」

胡桃「はあっ…はあっ……卒業式なの!?ばっかみたい!」

純「っせーな!どうせバカだよ!くそったれ!!」

塞「やーい、ばーか、ばーか」

純「言いたいことは言えたからいいの!!」

塞「ばーかばーか」

純「うるせーっつーの!!!」

エイスリン「ソツギョウ?」

純「…え?」

エイスリン「ソツギョウ、スルノ…?」

純「!」キューン

純「い、いや……えっと…」

エイスリン「…?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:34:48.09 ID:Cgc6i02l0

純「卒業は…」

エイスリン「ウン」

シロ「……」

純「卒業は……しねえっす」

エイスリン「!」パアァ

胡桃「当たり前じゃん!バカ!」

純「……ませんっす」

胡桃「え…うん」

塞「あはは、珍しく素直だから胡桃のほうが戸惑ってるよ?」

純「…っ!」

豊音「あんまりからかっちゃかわいそうだよー、ねー?」ポンポン

純「……どうも」

豊音「え?……どういたしましてー…?」

純「はあー…」

塞「でもさー、すっきりしたよね、ちょっと」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:37:23.85 ID:Cgc6i02l0

エイスリン「ウンッ!」

豊音「ちょー楽しかったよー」

胡桃「…わたしは別に」

塞「もー、素直になんなって」

胡桃「…」…プイッ

シロ「……」

純「…小瀬川さん」

シロ「うん」

純「……どうもっす」

シロ「うん」

純「あの……俺」

シロ「…いいんじゃない?」

純「え」

シロ「言わなくてもだいたい分かるし……それでいいと思う」

純「…はい」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:40:37.71 ID:Cgc6i02l0

塞「はー面白かった」

純「じゃあ、俺こっちなんで」

塞「うん」

純「……」

塞「…あ、井上さん!」

純「……?」

塞「またあした!」

純「!」

胡桃「遅刻しない!」

豊音「忘れ物もダメだよー」

純「……」

エイスリン「アト、アイサツ!」

純「……ハッ」

純「しゃーねな、ったくよー…」クルッ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 07:43:18.07 ID:Cgc6i02l0

豊音「あれ、こっち向いたよー」

純「あー…先輩がたっ!」

塞「うん?」

純「えーと……その…」

胡桃「すっと言う!」

純「…っ! わーってるよ!!」

シロ「……」

純「先輩がた!」

エイスリン「…?」ニコッ

純「また…」

純「…」スゥ

純「またあしたっす!!」


カン!


元スレ
エイスリン「これから帰りの会を始めます」