1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:00:00.70 ID:pYPc2qnz.net

ガチャ

真姫「? 穂乃果しかいないの?」

穂乃果「わんっ!」ハッハッ

真姫「…わんって犬じゃないんだから…ていうかその座りかた本当に犬みたいよ」

穂乃果「わんわんっ!」ハッハッ

真姫「ほら、ふざけてないで着替えましょ」

真姫(穂乃果のこと何度か犬みたいて思ったことはあるけど…これじゃあまるで本物の…)

穂乃果「わお~~~ん!!」ダキッ

真姫「ちょ!?///いきなり抱きつかないでよ!///」グイグイ

真姫(いや抱きつかれることは何度かあったしこれくらい…)

穂乃果「くぅ~ん♪」ペロペロ

真姫「…は?」



5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:06:39.56 ID:pYPc2qnz.net

真姫「ちょっと穂乃果っ!!///」グイッ

穂乃果「~♪」ペロペロ

真姫(ち、力強すぎない!?全く引き剥がせないんだけど!!)

真姫「ま、待って!」

穂乃果「わんっ!」ピタッ

真姫「え…?」

穂乃果「わう?」

真姫(あれだけ言っても離れなかったのに『待って』って言ったら一瞬で…?)

穂乃果「?」フリフリ

真姫(良く見たら小さい犬の耳と尻尾があるわね…)

真姫「………」フム



7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:13:48.75 ID:pYPc2qnz.net

真姫「お手」サッ

穂乃果「わんっ!」ポンッ

真姫「おまわり!」

穂乃果「わんわんっ!」クルクル

真姫「ちんt……ん……///」ボソッ

穂乃果「……///」カアァァ

真姫「そこ反応しないでよ!!///」

真姫(まだ証拠としては不十分…ん?ちょうどいいところに骨っぽいおもちゃが…)

真姫「とってきなさい」コロコロ

穂乃果「わぉ~ん!」パクッ

真姫「!!」

穂乃果「~♪」フリフリ

真姫(穂乃果が犬になってしまった…)ハァ



10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:21:27.56 ID:pYPc2qnz.net

穂乃果「うぅ~…」ジッ

真姫「ん?あぁはいはい、偉いわ」ナデナデ

真姫(ってなんで順応してんのよ私!)

穂乃果「くぅ~ん♪」ブンブン

真姫(しっぽの振りが大きくなった…耳もピコピコしてる…)ナデナデ

穂乃果「わうぅ…///」カアァァ

真姫(撫ですぎると照れると…ってそうじゃなくて!)

真姫「他の人たちがきたらどうするのよ!!早く元に戻りなさい!!」

真姫(ちょっと勿体無いけど!)

穂乃果「わんっ!」ダキッ

真姫「だから抱きつかないで!///」グイグイ

海未「真姫?どうしましたか?」ガチャ

真姫「ああああああああ!!!」

穂乃果「あ、海未ちゃん!」

真姫「…え?」



13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:31:18.75 ID:pYPc2qnz.net

海未「穂乃果…また真姫に迷惑かけたのですか?」

穂乃果「かけてないもん!それにまたって言われるほどしてないもん!」プンプン

真姫(いつもかけてるじゃない…今日に比べたら軽いけど…)ハァ

海未「真姫が悲鳴をあげるなどあなたのせいにしか思い浮かばないのですが…」

穂乃果「穂乃果は真姫ちゃんと遊んでただけだもんねー?」クルッ

真姫「え?え、えぇ…?」ビクッ

海未「真姫がそういうのなら…」

真姫(とっさだったから嘘ついちゃったけど…バレるよりましか…)

真姫(どっちにしろ信じてもらえそうにないし…)

海未「話がそれてしまいましたが、今日は練習がありません」

真姫「えっ」



15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:41:26.78 ID:pYPc2qnz.net

穂乃果「そうなの?やったぁー!」

海未「喜ばないでください!」

真姫(い、嫌な予感がする…)ゾクッ

真姫「それで…どうして練習なしなのよ」

海未「希と絵里が生徒会、にこと凛と花陽がアイドルのイベントに、ことりが服の発注…だそうです」

真姫「三人じゃできないの?」

海未「それが…私も弓道部の活動が重なってしまいまして…」

穂乃果「じゃあ真姫ちゃんと穂乃果が」真姫「それなら休みの方がいいわね」

穂乃果「…あれ?」

海未「真姫も作曲に専念できるでしょう、それでは」バタン

真姫「じゃ、じゃあ私も帰るわね」スタスタ

穂乃果「わぉ~~~ん!!」ダキッ

真姫「ダレカタスケテ―!!」



16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:47:10.15 ID:pYPc2qnz.net

真姫「ま、待て!」

穂乃果「くぅん…」ピタッ

真姫「そんな悲しそうな顔されても困るんだけど…」

真姫(どうやら他人がいると穂乃果に戻ってしまうようね、なんて(穂乃果にとって)都合のいい…)

穂乃果「くぅ…」シュン

真姫「…はぁ、わかったわよ」ナデナデ

穂乃果「わふっ♪」ピコピコ

真姫(悪くない…かも…)ナデナデ



19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:55:31.59 ID:pYPc2qnz.net

真姫(このままだと家に帰られないわ、世間の目的な意味で)

真姫(…いや一人でも周りに誰かいたらいいのよね)

真姫(でもみんなは忙しいし…)ウーン

穂乃果「~♪」スリスリ

真姫「…待て」

穂乃果「う…」シュン

真姫(そうだわ!迎え呼べばいいじゃない!)

真姫(必然的に運転手という第三者が生まれて、無事に家に帰れる!)

真姫(この際仕方ないから穂乃果を家に止めることになるけど…一人にさせるわけにも行かないし…)

真姫(問題は校門までどう行くべきか…)ウーン

穂乃果「~♪」スリスリ

真姫「…待て」

穂乃果「う…」シュン



22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 14:44:07.16 ID:pYPc2qnz.net

希「絵里ち遅いなぁ…玄関に集合って言ったのに…」

穂乃果「わんわんっ♪」ギュッ

真姫「ほ、穂乃果!///」グイグイ

希「…ん?」チラッ

穂乃果「どうしたの希ちゃん?」

希「んーん、ウチの見間違えや」スッ

穂乃果「わふぅ!」ペロペロ

真姫「やめてってば!///」グイグイ

希「…んー?」チラッ

穂乃果「?」キョトン

希「真姫ちゃんほっぺ濡れとるよ?」

真姫「…涙だから気にしないで」

希(涙!?)

絵里「希!大変よ!」



23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 14:55:56.56 ID:pYPc2qnz.net

希「絵里ち遅いで、どうしたん?」

絵里「それが…生徒会の書類に不備があったらしくて…」ゼェゼェ

希「ホンマに!?」

絵里「急いで行くわよ!」

希「あ、真姫ちゃんと穂乃果ちゃん!先帰っててな~!」

真姫「………」

穂乃果「……!」キラーン

真姫(…やばい、どうしよう)



24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 15:01:42.39 ID:pYPc2qnz.net

穂乃果「………」ジリジリ

真姫(もし遠くから誰かに見られたら…全て終わる!)

ピー

真姫(迎えの車!後は校門まで行くだけ!)

穂乃果「ぐるるる…」ジリジリ

真姫(もはや狼じゃない…全力で走ったとしても追いつかれる…)

真姫(こうなったら…!)ダキッ

穂乃果「わぅ!!?」

真姫(お姫様だっこして車に押し込む!!)



27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 15:17:48.15 ID:pYPc2qnz.net

ガチャ! バタン!

真姫「はぁ…はぁ…」ゼェゼェ

穂乃果「………」ポカーン

真姫「あ…車、出して…」ゼェゼェ

穂乃果「………」ポカーン

真姫「…穂乃果?」

穂乃果「ふぇ!?」ドキッ

真姫(あ、そっか、運転手がいるから元に戻ったのね…)

穂乃果(…なんで真姫ちゃんちの車に乗ってるんだろう)

穂乃果(それにさっき、お…お姫様だっこ…されてたよ…///)カアァァ

穂乃果「ううぅ~///」バタバタ

真姫「?」



28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 15:28:12.16 ID:pYPc2qnz.net

バタン

真姫「着いたわ、穂乃果」

穂乃果「わんっ!」ダキッ

真姫「…あー、とりあえず行きましょ」

ガチャ

真姫ママ「お帰りなさい」

真姫「ママ、今日友達が止まるから」

穂乃果「よろしくおねがいします!」

真姫ママ「あらそう!それなら家を開けておくわ!」

真姫「えっ」

真姫ママ「ついでに執事も帰しておくから、二人きりで楽しんでちょうだい♪」

穂乃果「ありがとうございます!」

真姫「ちょっとママ!別に執事くらい!」

真姫ママ「ママは出かけるからゆっくりしててくださいね」

穂乃果「はい!」

真姫「ああぁ…」



30: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 15:39:11.74 ID:pYPc2qnz.net

穂乃果「わふわふっ♪」スリスリ

真姫「暑苦しいのよ…まったく…」

真姫(これ…治るのかしら…)

真姫(パパに相談したとしても元に戻っちゃうし、何かいい方法は…)

真姫「…ん?」

穂乃果「くぅ…くぅ…」スヤスヤ

真姫「遊び疲れたのね…遊んだ気はないけれど…」ナデナデ

穂乃果「わふぅ…」モゾモゾ

真姫(…かわいい)ナデナデ



33: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 15:56:17.99 ID:pYPc2qnz.net

真姫(…気づいたら夜になってたわ)ムクッ

真姫(穂乃果があったかいせいで私まで寝てたみたいね)

真姫「穂乃果、起きて」

穂乃果「ふわぁ~…」

真姫「夕飯にしましょ…ってコックもいないんだっけ」

穂乃果「ぁぅ~…」グゥ

真姫「仕方ないわ、なにか買ってくるから待ってて」

穂乃果「わんっ!」ガシッ

真姫「…一緒に行くの?」

穂乃果「!」コクコク

真姫「そのかわりちゃんと歩きなさいよ、リード繋いで歩くのなんか嫌だから」

穂乃果「…!」フルフル

真姫「ふふっ冗談よ」ナデナデ

穂乃果「うぅ~…///」カアァァ



34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 16:05:17.95 ID:pYPc2qnz.net

真姫「そういえば穂乃果って何食べるの?まさかドッグフード?」

穂乃果「う~っ!」ギロッ

真姫「じゃあドッグフードと犬用のお皿とトイレと檻と…」

穂乃果「くぅん…」グスッ

真姫「…本気にしすぎなのよ、何食べたいか言いなさい」

穂乃果「わんっわんっ!」

真姫「パンと苺ね、わかったわ」

穂乃果「~♪」フリフリ

真姫「…なんで私パンと苺ってわかったのかしら、変ね」



36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 16:13:29.75 ID:pYPc2qnz.net

真姫「…尻尾と耳が消える仕組みでよかったわ」

真姫(流石にスーパーじゃ穂乃果に戻ってたけど…その時に聞けばよかったじゃない…)

穂乃果「わふわふっ!」ハッハッ

真姫「あ、パンね…それっ」ポイッ

穂乃果「わんっ!」パシッ

真姫「…さすが犬、でも苺はやめておきましょ」

真姫「…いただきます」パクッ

穂乃果「うぅ~」ハッハッ

真姫「もう食べたの?はいもう一個」ポイッ

穂乃果「わふぅ♪」モグモグ

真姫(…かわいい)モグモグ



37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 16:22:49.94 ID:pYPc2qnz.net

真姫「私お風呂入ってくるわ」

穂乃果「わぅ…」ギュッ

真姫「…まさかお風呂一緒なんて言わないでしょうね」

穂乃果「くぅん…」ウワメヅカイ

真姫「!?///」ドキッ

穂乃果「………」ウルウル

真姫「…わかった、わかったからその上目遣いやめて」

穂乃果「わふぅ~♪」ダキッ

真姫「もう…///」カミノケクルクル



39: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 16:30:30.75 ID:pYPc2qnz.net

真姫(はぁ…練してないのに汗ベトベト…)

真姫(歩くときは常にくっつかれてるからかしら、あと昼寝)

穂乃果「わぉーん!」バッ

真姫「待て」

穂乃果「わうっ」ピタッ

真姫「…これの存在すっかり忘れてたわ、風呂に入ってるときはずっと待てね」

穂乃果「うぅ~…」



40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 16:41:34.94 ID:pYPc2qnz.net

真姫「はぁ…」

真姫(結局何の進展もなし、明日治ってなかったらどうするのよ…)

真姫(執事がいないから送り迎えもできない、通学路では見られる可能性大…)

真姫(とりあえず明日は凛と花陽に朝来てもらって、ずっとそばにいましょ、それでなんとか放課後まで乗り切るのよ)

真姫(一番良いのは明日には治ってることだけど…)

穂乃果「………」ムラムラ

真姫「穂乃果?もしかしてのぼせた?」

穂乃果「がるるるっ!!」ガシッ

真姫「っ!!?」ビクッ



41: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 17:17:05.98 ID:pYPc2qnz.net

穂乃果「………」ペロペロ

真姫「ひゃう!?穂乃果何して…んんっ!」ビクッ

穂乃果「………」ペロペロ

真姫(首筋弱いのにぃ…そうだわ!)

真姫「穂乃果!待て!」

穂乃果「………」ペロペロ

真姫「待てって言ってるの!」

穂乃果「………」ピチャピチャ

真姫(全然きかない…むしろ早くなってるし力が抜けて…)ハァハァ

穂乃果「あー…んっ」カプッ

真姫「ふぇぁっ…!?」ガクッ

穂乃果「~♪」チューチュー

真姫「ドラキュラじゃ…ないんだからぁ…」トローン

穂乃果「わふっ♪」ペロペロ



44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 17:59:59.37 ID:pYPc2qnz.net

真姫「………」ムスッ

穂乃果「くぅん…」シュン

真姫「いくら鳴いたって許さないんだから」プイッ

穂乃果「………」グスッ

真姫(私が怒っているのは、たぶん穂乃果が暴走したからじゃない)

真姫(穂乃果なんかに責められた自分に腹がたってるんだと思う)

真姫(だって悔しいじゃない)ムスッ

穂乃果「…くぅん」

真姫「…ほんと、どうしようもない駄目犬よ」ギュッ

穂乃果「!」ピコピコ

真姫「私も甘やかしすぎる駄目飼い主ね」ナデナデ

穂乃果「わんっ!」フリフリ



47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 18:16:23.96 ID:pYPc2qnz.net

真姫「もう寝ましょ、こっちおいで」

穂乃果「わんっ!」スリスリ

真姫「甘えん坊ね」ナデナデ

真姫(…この耳、どうなってるのよ)サワサワ

穂乃果「わふっ!?」ピクン

真姫「え…?」

穂乃果「うぅ…」ササッ

真姫(逃げられちゃった、でも尻尾も気になるわね)

真姫「…おまわり」

穂乃果「わんっ!」クルッ

真姫「…えいっ」サワサワ

穂乃果「~~~っ!!?///」ビクッ



53: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 19:18:00.69 ID:pYPc2qnz.net

真姫(…何よ、何も反応しないじゃない)サワサワ

穂乃果「ん~!ん~っ!!///」ビクビク

真姫(これじゃあ耳触ってた方がましね)パッ

穂乃果「わうぅ…///」ハァハァ

真姫(…でも触り心地良かったし握ったら案外…)ギュッ

穂乃果「わひゃ!?///」ビクッ

真姫「わひゃ?」

穂乃果「……///」ハァハァ

真姫「…あなた尻尾弱いの?」

穂乃果「…!///」フルフル

真姫「じゃあ何しても大丈夫よね…んっ」ペロッ

穂乃果「んんっ~~!!?///」ガクガク

真姫(面白いしずっとやってよ)チュッチュッ

穂乃果「わふぅ…///」ハァハァ



55: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 19:22:57.38 ID:pYPc2qnz.net

穂乃果「……///」ガクガク

真姫「…ごめんなさい、やり過ぎたわ」

真姫「でもこれはお仕置きよ、私の首筋舐めた罰なんだから」

穂乃果「くぅん…」シュン

真姫「…こっちおいで、寒いわ」

穂乃果「わんっ」ギュッ

真姫(あったかい…すぐ眠れそ…)

真姫「おやすみ…ほのか…」スゥ

穂乃果「わふっ♪」

真姫「すぅ…すぅ…」スヤスヤ

穂乃果「………」チュッ

穂乃果「えへへ…///」



56: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 19:33:48.33 ID:pYPc2qnz.net

ちゅんちゅん

真姫「んんっ…」ノビー

穂乃果「真姫ちゃんおはよっ」

真姫「おはよう穂乃果…って戻ったの?」

穂乃果「戻った…?」

真姫(耳と尻尾がついてないようね…良かった…)ホッ

真姫「なんでもないわ」

真姫ママ「ふふっ戻ったって何のことかしら♪」

真姫「ま、ママ!?」

穂乃果「おはようございます」ペコリ

真姫「どうしてママがいるのよ!!」

真姫ママ「私の家よ?」

真姫「そうじゃなくて…」

真姫ママ「朝早く帰ってきて二人の寝顔を見ていただけ、可愛らしかったわ♪」

真姫「…最悪」

穂乃果「そんな…可愛らしくなんて…///」

真姫ママ「それにしても…真姫は穂乃果さんにいったい何をしたのかしら?」



57: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 19:42:18.95 ID:pYPc2qnz.net

真姫「な、何もしてないわよ///」

真姫ママ「そう?さっき戻ったとかどうとか言ってたじゃない」

真姫「ちがっ!あれは違うの!」

穂乃果「真姫ちゃん…穂乃果に何かしたの…?」

真姫「あなたがしたんでしょ!!…はっ」

穂乃果「っ!///」ビクッ

真姫ママ「…へぇ~」ニヤニヤ

真姫「出てって!!///」

真姫ママ「はいは~い♪」バタン

真姫「…もう、ママがごめんなさい」

穂乃果「お、起きてたんだ…///」カアァァ

真姫「何のことよ」

穂乃果「だってあなたがしたって言ってたから…///」

真姫「…もしかして穂乃果」

穂乃果「えへへ…キス、しちゃった///」

真姫「」パタン

穂乃果「真姫ちゃん!?もう起きないと遅刻しちゃうよ~!!」ユサユサ



58: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 19:50:40.75 ID:pYPc2qnz.net

穂乃果「穂乃果が犬に!?」

真姫「そうよ、信じてもらえないと思うけど…」

穂乃果「でも所々記憶がないし…そうかも…」

真姫「誰にも言っちゃダメよ」

穂乃果「やっぱり真姫ちゃん穂乃果に何か…」

真姫「だからあなたがしたんでしょ!」

穂乃果「……うん///」キュンッ

真姫「認めないでよ!///こっちが恥ずかしいじゃない!///」カアァァ

穂乃果「えへへ~///」

真姫「…お手」サッ

穂乃果「わんっ♪」ポンッ

真姫「…まだ完全には治ってないようね、でもそのうち治ると思うわ」

穂乃果「わう~!」ギュッ

真姫「穂乃果…?」

真姫(ま、まさか…!)

穂乃果「くぅん♪」ペロペロ

真姫(余計なことしたぁ~~~!!!)

終わり


元スレ
【SS】真姫「忠犬ほのか」