1: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:11:52.49 ID:ag4YBUeF.net

音楽室

にこ「いや、まだだけど」

真姫「そう」

にこ「みんな大変ね。一昨日はにこの誕生日でぇ、来週はもう穂乃果の誕生日」

真姫「そうね。かなり近いわ」

にこ「うーん・・・確かに、穂乃果の誕生日プレゼントは悩むわね」



2: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:12:11.64 ID:ag4YBUeF.net

真姫「これ、と言ったものが無いのよ」

真姫「穂乃果の好きなものと言えば、パンと、それから・・・」

にこ「誕生日プレゼントに、パンねぇ…」

真姫「ちょっと微妙でしょ?」

にこ「となると、趣味のシール集め・・・」

真姫「…前から気になってたんだけど、趣味がシール集めって、どう言う意味よ」

にこ「…さぁ。こっちが聞きたいわよ」

真姫「なんのシール?高校生にもなって、誕生日にシールあげないといけないわけ?」

にこ「はは…シールも無しね」



3: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:12:25.39 ID:ag4YBUeF.net

真姫「すると、後は・・・」

真姫「安定の文房具関係、それかファッション関係、、、なんかパッとしないのよ…」

にこ「そうねぇ…」

真姫「うーん、なんか良い案無いかしら・・・」



4: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:12:36.79 ID:ag4YBUeF.net

にこ「・・・」

にこ「ねぇ、真姫ちゃんってさ」

真姫「何よ」

にこ「人の誕生日に、そんなに思い悩むタイプだったっけ?」

真姫「・・・」



5: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:12:50.97 ID:ag4YBUeF.net

真姫「…にこちゃんは、アイドルグッズって決まってたから楽だったわ」

にこ「ふーん…」

真姫「穂乃果は、なんか難しいわね」

にこ「・・・」

にこ「あいつなら、何あげても喜ぶわよ」

真姫「…まぁ、それはそうだけど・・・」

にこ「?だけど?」



6: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:13:03.23 ID:ag4YBUeF.net

真姫「その、、、なんというか」

にこ「うん」

真姫「なんというか、その・・・」

にこ「何が言いたいのよ」

真姫「・・・」

真姫「…穂乃果の誕生日って、ちょっと特別だと思わない?」

にこ「・・・」



7: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:13:37.02 ID:ag4YBUeF.net

真姫「…その、穂乃果がいなかったら、μ'sだって無かったわけだし」

にこ「・・・まぁ、そうねぇ…」

にこ「だから、感謝を込めてってこと?」

真姫「・・・うん」

にこ「・・・」

にこ「良いじゃない」

真姫「それで、それでよ?私…」

にこ「うん」



8: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:13:53.95 ID:ag4YBUeF.net

真姫「その、穂乃果に・・・」

真姫「手紙…書こうとか、思ってるんだけど・・・」

にこ「ふーん・・・」

にこ(…最初から、この事聞きたかったのね)

真姫「・・・変、よね?」

にこ「別に…変じゃないと思うけど?」

真姫「・・・」



9: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:14:07.64 ID:ag4YBUeF.net

真姫「…私、人とちょっとずれた所があるって、最近気づいたのよ・・・」

にこ「え」

にこ(今更?)

真姫「・・・」

にこ「…ふふっ。まぁ普通は友達の誕生日に、何万もするネックレスあげたりしないわね」

真姫「希の誕生日の話はやめて!」

にこ「あはは。ごめんごめん」

真姫「今思えば、皆引いてたわよね…」

にこ「まぁねぇ」



10: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:14:21.55 ID:ag4YBUeF.net

真姫「・・・」

真姫「それで、だから、手紙書くのも変じゃないかって・・・」

にこ「ふーん・・・」

にこ(…まぁ、このご時世には合わないわね)

にこ「・・・」

真姫「・・・どう思う?」

にこ「…良いと思うわよ、手紙」

真姫「それ、本気で言ってる?」

にこ「マジよ。穂乃果はきっと、そういうの喜ぶわよ」

真姫「・・・本当?」



11: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:14:33.85 ID:ag4YBUeF.net

にこ「本当だって」

真姫「いや。でもこのご時世、手紙なんて・・・」

真姫「ちょっと重いって思われそうで・・・」

にこ(…自覚はあるのね)

真姫「…やっぱり、恥ずかしくなってきたわ」

にこ「えーっ・・・」

真姫「無しにするわ、無しに…」



12: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:14:45.61 ID:ag4YBUeF.net

にこ「…穂乃果になんか伝えたかったんじゃないの?」

真姫「・・・」

にこ「真姫ちゃん、伝えなくていいの?」

真姫「・・・」

にこ「それか、直接言うとか」

真姫「そんなの無理よ!穂乃果じゃあるまいし・・・」

にこ「じゃ、手紙がいいんじゃないの?」

真姫「・・・」



13: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:14:58.32 ID:ag4YBUeF.net

にこ「年に一度の誕生日くらい、許されるわよきっと」

真姫「・・・そうよね」

真姫「…うん」

にこ「それで、真姫ちゃんは結局、何を伝えたいわけ?」

真姫「私は、、、穂乃果に・・・」

真姫「穂乃果に・・・」

にこ「うん」

真姫「ほのかに・・・」



14: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:15:11.85 ID:ag4YBUeF.net

真姫「・・・」

真姫「・・・///」

真姫「…内容はこれから決めるわよ///」

にこ「…まさか、ラブレターじゃないでしょうね?」

真姫「は、はぁ!?///何言ってるのよ!!!?」

にこ「言っとくけど、顔真っ赤よ」

真姫「いや、違うのよ。本当に、そういうのでは無いの」

にこ「本当?」

真姫「本当よ!その、穂乃果はそういうのじゃなくて・・・///」



15: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:15:25.26 ID:ag4YBUeF.net

真姫「とにかく、好きとかじゃあないの!」

にこ「…そういう事にしといてあげるわよ」ニヤニヤ

真姫「その顔やめなさいよ!!!」

にこ「ふふっ」

真姫「もうっ、まったく・・・」

にこ「・・・」

にこ(…はぁ。恋愛じゃないにしろ、よっぽど穂乃果を気に入ってるのね)

にこ(ったく、あいつのどこがそんなにいいんだか・・・)

にこ(・・・)

にこ(まぁ、にこも少しくらい感謝しないといけないか・・・)



16: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:15:40.85 ID:ag4YBUeF.net

にこ「・・・そうね」

にこ「にこも、もうちょっと真面目にプレゼント選ぶとするわ」

真姫「え?」

にこ「今日の放課後、プレゼント探して回らない?」

真姫「…いいけど」

にこ「真姫ちゃんが変なの買わないように、にこが見張らないと」

真姫「…はいはい。お願いします」

にこ「じゃ、決まりね。それじゃまた放課後」

真姫「うん」





~~~~~~~~~~



17: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:15:55.44 ID:ag4YBUeF.net

真姫「…どうかしら、この便箋。この太陽のデザインのシール貼れば、穂乃果にぴったりだと思わない?」

にこ「あー、良いじゃない。それにしなさいよ」

真姫「じゃあ、これ買ってくるわね。ちょっと待ってて」

にこ「うん」

にこ(…結局二人ともプレゼントに買ったのは、なんてこったないオレンジ色のステーショナリー)

にこ(これに辿り着くまでに、二時間近くもかかった)

にこ(てか、そもそも穂乃果なんて、何あげても喜ぶに決まってんのよ・・・それを何時間も…)

にこ(・・・)



18: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:16:15.01 ID:ag4YBUeF.net

にこ(…にこの誕生日プレゼントも、この位悩んでくれたのかしら)

にこ(多分あれは、花陽のアドバイスで買ったアイドルグッズ・・・)

にこ(いや別に、本当に欲しかったものだからあれで良いのよ。花陽が監修しただけあって、一年生全員見事なチョイスだったわ)

にこ(うん・・・)





真姫「…お待たせ、にこちゃん」

にこ「うわっ!…おどかさないでよ」ドキドキ

真姫「別におどかしてないわよ。なんか考え事でもしてたの?」



19: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:16:36.25 ID:ag4YBUeF.net

にこ「…あー、今日の夕飯なにしようかなって」

真姫「ふーん…」

にこ「そろそろ時間も遅いし、帰ろっか」

真姫「えぇ。今日は助かったわ」

にこ「ん。きっと穂乃果も、喜んでくれるわ」

真姫「そうだと良いわね」

にこ「手紙、しっかり書きなさいよ。恥ずかしがらずに」

真姫「えぇ。分かってるわ」

~~~~~~~~~~



20: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:16:52.49 ID:ag4YBUeF.net

誕生日当日

八人「お誕生日、おめでと~う!!!」パーン

穂乃果「うわ!?うわわわっ!!!」

穂乃果「凄いっ、サプライズ!!?」

にこ「こんなに気持ちよく引っかかるのなんて、今時あんたくらいよ」

絵里「うふふ。成功したみたいで、良かったわ」

穂乃果「えへへ…」

海未「ではさっそく、プレゼントの方から渡しましょうか」



~~~~~~~~~~



21: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:17:10.09 ID:ag4YBUeF.net

穂乃果「うわ~っ!花陽ちゃん、ありがとう!!!」ギューッ

花陽「えへへ…お誕生日おめでとう、穂乃果ちゃん」

凛「それじゃあ次は、真姫ちゃんかにゃ?」

真姫「…はい、これ」

穂乃果「わ~、何かなぁ!?開けていい!?」

真姫「お好きにどうぞ」

にこ「・・・」

にこ「ところで真姫ちゃん、後ろに持っているそれは、何かなぁ?」

真姫「・・・」

希「…もしかして、手紙?」

真姫「・・・///」



22: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:17:36.93 ID:ag4YBUeF.net

穂乃果「お手紙!?」

絵里「ハラショー…素敵だわ」

海未「えぇ、良いですね」

穂乃果「真姫ちゃん、お手紙書いてくれたんだ!」

真姫「…そうよ。はい、家で読んで」




穂乃果「・・・プレゼントはその場で開封するのが、穂乃果のお約束だよ!!」ペラペラ

真姫「…ちょっ、やめて・・・!///」



23: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:17:55.88 ID:ag4YBUeF.net

穂乃果「・・・うんうん、ふむふむ…」

真姫「恥ずかしいから……!」

凛「まぁまぁ、真姫ちゃん」ガシッ

にこ「そう慌てない、慌てない」ガシッ

真姫「ちょっと、二人とも離しなさいよ!」

穂乃果「ほうほう、へぇ・・・」

真姫(だめ、これ恥ずかしい…///)



24: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:18:19.41 ID:ag4YBUeF.net

穂乃果「ふんふん・・・なるほどねぇ…」

凛「…なんて書いてあったの?」

真姫「ちょっと凛…///」

穂乃果「ごめんね。内容はナイショ」

真姫「」ホッ

穂乃果「…真姫ちゃん」

真姫「…なに」






穂乃果「穂乃果も、真姫ちゃんのこと大好きだよ!」ギューッ

真姫「っ、、、////」



25: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:18:33.39 ID:ag4YBUeF.net

希「おおっ!」

凛「ヒューヒュー!」

真姫「穂乃果も、って…別に私、穂乃果のことが好きなんて書いてないわよ!!!///」

穂乃果「それに近いようなことが書いてあったような・・・」

真姫「書いてない!!!もう、いい加減なんだから!」

穂乃果「え~~?」



アハハハハハハハ・・・





~~~~~~~~~~



26: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:18:52.73 ID:ag4YBUeF.net

帰り道

真姫「はぁーっ・・・なんだか、凄く疲れたわね」

にこ「いつもうるさい奴が主役の誕生日会が、疲れないはず無いわよ・・・」

にこ「…ま、でも楽しかったけどね・・・」

真姫「そうね」

にこ「それににこの言った通り、手紙喜んでくれたでしょ?」

真姫「あんな恥ずかしい思いするとは思わなかったけど…」

真姫「にこちゃんまで私のこと捕まえて、酷いわよ」

にこ「あはは。ごめんごめん」



27: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:19:06.98 ID:ag4YBUeF.net

にこ「あ、ここでお別れ。じゃあね真姫ちゃん、また明日・・・」

真姫「・・・」ピタッ

にこ「…真姫ちゃん?」

にこ「・・・?」

真姫「・・・」



真姫「…これ、にこちゃんにあげるわ」

にこ「え?」

にこ「…これ、手紙?」



28: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:19:38.56 ID:ag4YBUeF.net

にこ「どうして、にこに手紙?」

真姫「買った便箋が余ってたから。ついでに」

にこ「にこちゃんへ、って・・・これ私向け!?」

真姫「」コクリ

真姫「にこちゃん誕生日近かったでしょ。だから、ついでよ」

にこ「う、うん・・・」

真姫「それじゃ、また明日」スタスタ

にこ「ちょっとちょっと、何よ急に!」

真姫「」スタスタ







にこ(にこの為に、書いてくれたんだ)

にこ(穂乃果のと違って、可愛いウサギのシールが付いてる…)

にこ(・・・まきちゃん)



29: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:19:55.86 ID:ag4YBUeF.net

にこ「ねぇっっ!!!真姫ちゃーん!!」

真姫「」ピタッ

にこ「目の前で読むから、待ってよ!」

真姫「………っ、」

真姫「」スタスタ

にこ「あ、ちょっと!」

にこ「行っちゃった…」

にこ「・・・」



30: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:22:43.88 ID:ag4YBUeF.net

にこ(これじゃにこが、穂乃果に嫉妬してたみたいじゃない、、、)

にこ(・・・)

にこ(・・・してたのかな)

にこ(…それで真姫ちゃん、、、)





にこ(・・・///)



31: 名無しで叶える物語 2020/10/01(木) 17:23:17.30 ID:ag4YBUeF.net

にこ(いやいや、そんな馬鹿な・・・)ブンブン

にこ(そうだ。お返しの手紙、買って帰らないと・・・)

にこ(便箋って、どこで買えるのかしら…コンビニとかにあるの?・・・)




にこ「…いまどき手紙なんて、まったく古風ねぇ・・・」

終わり


元スレ
真姫「穂乃果への誕生日プレゼント…決めた?」にこ「え?」