1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 02:17:16.00 ID:4tWQiB/J0

姉「ん?この箱はなんだ」

弟「あー!あ”ーー!!だめーーー!!!」

ぱか

姉「貴様、本では飽き足らずこのような下劣なデーブイデーまで‥」

弟「友達から借りてるの!返して!!」

姉「ダメだ。これは私が処分する」

弟「友達のだから返して!本当に!」

姉「叩くぞ貴様!!実姉の言う事を聞け!!」

弟「ヒャ」

こんな感じで誰かおねがいします



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 02:23:21.64 ID:Yts+36FUO

弟「まいったな~…まさか姉さんにあれ見つかるなんて…」

弟「明日返さなきゃいけないし…やっぱり姉さんにお願いしてこよ…」



姉「……く~、こんなデカイ乳が好みなのか、あいつは…」

姉「私のじゃ…やっぱり……はぁ……」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 02:32:01.41 ID:Yts+36FUO

こんこん…

姉(びっびくっ!)

弟「あ~…姉さん…いいかな?」

姉「お、弟か!?ちょ、ちょっと待て」

がたっ!がたっ!ごそっ!

弟「何バタバタやってんだろ?」

姉「は、入っていいぞ」

弟「あ、うん…」

ガチャ…

姉「ど、どうした?」

弟「あ~…うん…さっきのDVDなんだけどさ…」

姉「(かちんっ)ほぅ…この『爆乳ハンター』がどうかしたのか?(ぴきぴき)」

弟「ひっ…あ、いや…それ本当に友達のなんだよ…明日返さなきゃいけないんだけどさ…」

姉「むぅ……そんな事言って、部屋に帰って見るつもりなんだろ!こ、こ、こんな胸の大きさしか取り柄無いようなのをっ!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 02:35:57.56 ID:Yts+36FUO

弟「……あのさぁ」

姉「な、なんだ…」

弟「実はそれ、借りたってより勝手に押し付けられたんだよね」

姉「えっ…」

弟「なんだか勘違いされたら嫌だから言うけど、そういう大きいのはあんまり俺の趣味じゃないし…」

姉「そ、そうなのか!?それじゃあ…(ごくっ)た、例えばお前はどういったのがいいのだ?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 02:45:15.42 ID:Yts+36FUO

弟「へ?俺?」

姉「か、勘違いするな…その、ちょっと聞いてみただけだ…(ドキドキ)」

弟「ん~…あんまりこだわりとかは無いけど、大き過ぎず…こう手の平で包める位…かなぁ?」

姉「っ!(ドキッ)」

弟「だ、だからさ…DVD返してくれよ」

姉「えっ…あ、う…うむ。今回は話をちゃんと聞かなかった私が悪かった…すまない」

弟「いや、ちゃんと返してくれたからいいよ…(DVD以外はやっぱり無理か…)それじゃあ、お休み」

姉「あ、ああ…お休み…」

ガチャ…パタン…

姉「……(ドキドキ)」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 02:53:55.91 ID:Yts+36FUO

姉(この胸は今までコンプレックスでしかなかったが…まさか弟の好みとは…)

ふにふに

姉「…よ、よしっ」


弟「ふぅ…返してもらえて良かった…」

こんこん…

姉「そ、その…ちょっといいか?」

弟「ん、どうぞ~…どうしたの」

姉「い、いいか…今から言う事は決して変な話では無いからな」

弟「え?あ、うん…」

姉「その…な。お、弟に私の…その…胸を揉んでもらいたいのだっ!」

弟「へ~…って胸ぇ?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:01:56.21 ID:Yts+36FUO

姉「お、落ち着けっ!…こほん…その…『男に胸を揉んでもらうと大きくなる』という話を聞いた事は無いか?」

弟「あ~…まぁ、良く知らないけど…」

姉「私の胸は…その…多少控え目なんだが…もしかしたら、そんな私の胸も大きくなるやもしれん……しかし、弟のお前以外、頼める異性も居ないので、こ、こうして仕方なくお前にだな…その…」

弟「つまり、俺に揉んでもらって大きくしたいって事か?」

姉「幸い、お前もこのサイズは嫌いじゃないらしい…あ、あくまで大きくするためであって、変な行為では無いからなっ!」

弟「で、でもなぁ…」

姉「うぅ…な、ならば先程没収したDVD以外の物も返そう…これならどうだ?」

弟「ん~…わかったよ、やるよ」

姉「そ、そうかっ!で、では早速…」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:05:56.85 ID:Yts+36FUO

弟「ちょっ…ぬ、脱ぐのかっ」

姉「(ぎくっ)あ…いや…マッ、マッサージみたいな物だから直にした方が良いであろう?私だって恥ずかしいのだ!」

弟「わ、わかったよ…(まいったなぁ…)」

姉「さ、さあ!やってくれっ!(ドキドキ)」

弟「えっ…と」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:11:57.88 ID:Yts+36FUO

ふにゅ…

弟「こ、こうかな…」

姉「…んっ…ふぅ…ちょっとくすぐったいな……(ドキドキ)」

弟「なら…もうちょっと強く…」

ぷにゅっ…ぷにゅっ…

姉「ぁっ!(びくってきたぁ)」

弟「ね、姉さん!へ、変な声出さないでよ…(ドキドキ)」

姉「き、気にせず続けてくれっ…(ドキドキ)」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:17:10.65 ID:Yts+36FUO

弟(ね、姉さんの…小さいけど、ふにふに柔らかい…はぁはぁ…)

姉「…んっ…はぁ…そ、そのな…」

弟「えっ、な、何?」

姉「その…さ、先っぽも触ってくれないか……はぁはぁ(///)」

弟「えっ、そ…それはマッサージとは違うんじゃ…(ごくり)」

姉「これは…う…胸へのし、刺激がポイントのはずだから、間違いではないっ!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:24:41.87 ID:Yts+36FUO

弟「そ、それじゃあ…(ごくっ)」

そ~…ぴとっ…つんっ

姉「ぁっ!…くぅん…(す、凄い)」

弟「ね…姉さん…(ドキドキ)」

姉「だ、大丈夫だ…続けてくれ」

弟「あ…あぁ…」

つんっ…すりすり…もにっもにっ

弟(姉さんの…もうぴんってしてる…はぁはぁ…)

姉「はぅ…(だ、ダメだ…足に力が…)そ…その…座っていいか…(ぴくっ)」

弟「あ、あぁ…」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:33:02.70 ID:Yts+36FUO

姉「はぁはぁ…と、ところで、吸引する事で胸を大きくする機械があるらしい…」

弟「え?…あ~、昔漫画か何かで見た気も…」

姉「だ、だからな…次はお前の口で吸ってくれないか?(ドキドキ)」

弟「えっ!」

姉「だ、大丈夫…ちゃんと綺麗に洗ってきたから衛生面なら問題ないはずだ…」

弟「いや…衛生面を心配してるわけでなく…」

姉「さ、さらに、口なら舌や唇でマッサージ効果も狙えるはずだっ!」

弟「……」

姉「うぅ……お、お前はやっぱりやりたくないかな…(しゅん)」

弟「い、いや…大丈夫だから…ちょっと驚いただけで…」

姉「では…た、頼む…(ドキドキ)」

弟「あ、ああ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:40:45.81 ID:Yts+36FUO

あむっ…はむっ…ペロッ…

姉「……ッぁ!(びくっびくっ)」

弟(張りがあって柔らかくて…ね、姉さんっ)

ペロッ…ちゅっ…ちゅ~

姉「ぁぅっ…先…吸うの凄いっ…んんっ(////)」

弟「こ、これが良いの?ん…(ちゅ~)」

姉「そっ、そう!…それっ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:46:35.98 ID:Yts+36FUO


……
………

姉「はぁ…はぁ…(くたっ)」

弟「ど、どうかな…(ちょっとやり過ぎたかな…)」

姉「あ、あぁ…気持ちよ……じゃないっ!…きっとマッサージ効果はあるはず……んっ…これは(さわさわ)」

弟「!……あっ、いや…こ、これは…その…ただの生理現象で…って言うか、さ、触らないでっ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:52:33.00 ID:Yts+36FUO

姉(私の胸でこれほど…はぅ…)

さわさわ…ふにふに…

弟「んっ…姉さんっ…まずいってば…」

姉「だ、大丈夫だ…その…協力してくれたお礼に私が…(カチャカチャ…ぼろん)」

姉(こ、これが弟の…はぁはぁ…)

ちゅっ…あむっ…

弟「ぅっ…ねっ、姉さん!そんなっ…汚い…っ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 03:59:08.40 ID:Yts+36FUO

弟「お、俺…まだ風呂も入ってないのに…はぁ…はぁ…」

姉(た、確かに凄い濃い匂いだ…頭の奥まで届いてクラクラしてくる…はぅ)

姉「んっ…ちゅっ…お、お前のなら…その…私は平気だ…ん~…レロレロッ」

弟「はぅっ…ううっ…(姉さんの唇と舌の感触がっ)」

姉「もし…我慢できなかったら…遠慮はいらないからな…んっ」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 04:06:07.74 ID:Yts+36FUO

姉「んっ…んっ…」

クチュッ…クチュッ…

弟「くっ…はぁっ…」

姉(弟気持ち良さそうだ…没収した品で勉強した甲斐が……それに私も…ずっとこうしたかった…)

ちゅぷっ…クチュッ…クチュッ…

弟「ね、姉さん!もっ…で…んっ!!」

ビュブッ!ビュブッ!ビュブッ!

姉「んっ!ん~!…んっ…んっ(で、出てるぅ…熱いのたくさん…)」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 04:17:03.67 ID:Yts+36FUO

弟「ね…姉さん…(はぁはぁ)」

姉「んっ…(コクッ…ゴクッ)…ケフッ…えほっ……はぁ…はぁはぁ…ど、どうだ?楽になったか」

弟「あ、あぁ…でもそんな無理して飲まなくても…」

姉「うっ(///)…いっ…言っただろ…私は…お前のなら、平気なんだ(ドキドキ)」

弟「うっ…ね、姉さん…(か、可愛い…ドキドキ…)」

姉「そ、それに…ミルクだって胸には良いならこれだっていいはずっ…そ、そう、あくまで胸のためだっ…だ、だからな…」

弟「う、うん…(ドキドキ)」

姉「私の胸がちゃんと大きくなるまで……またお願いするから…もし、ダメって言ったらまた没収だっ!!」





おしまい



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 04:18:51.77 ID:Yts+36FUO

どうでしたか?
稚拙な文で失礼しました。
多少なりとも楽しんでもらえたなら幸いです。



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 08:03:07.80 ID:mnPC3zZD0

お風呂場にて~

カポーン

弟「この間は……大変なことをしちゃったなぁ……」

弟「結局DVDとか返してもらってないし……どうしよう」

弟「姉さん……」

カサコソ

弟「?」

ガラッ

弟「!? ねねねねね姉さん!」

というシチュをきょうきょ思いついたんだがこれから書くので
よければ保守ってくれんか。実に素晴らしいスレだすばらしい



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 08:58:25.00 ID:mnPC3zZD0

クソァ! 思ったよりも時間がかかっている
>>55の要望に答えるのは難しいがちょこちょこ投下しながら書く


姉「弟よ、背中を流してやろう」

弟「(後ろを向きながら)ええええええええええ!? どうしたんだよ姉さん!」

姉「だから背中を流してやるといっているだろう……」

弟「はああ!?」

姉「昔はよく洗いっこしてただろう! 今日はたまたまそういう気分になったのだ」

弟「は、はあ…?」

姉「だから、その。なんだ……先日のマッサージをまた、だな……」モジモジ

弟「!!」

姉「し、てくれないか……と思ったんだが……」

弟「え、あ。う、うん……」

姉「そ、そうか! 良かった……じゃあまずは背中を流してやる!」グイッ

弟「ちょ!?」ザバァ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:00:50.63 ID:mnPC3zZD0

姉「よし、そこに座れ!」ズビシィ

弟(が、学校の水着……)



カポーン



姉「~~~♪」ゴシゴシ

弟(暴れん坊将軍のテーマ……)

姉「背中はこんなものだろう……よし、こちらを向け」

弟「えっ」

姉「なにをしている。さっさとするんだ」クルリ

弟「えっ」

姉「痒いところなどがあったら言うのだぞ」ゴシゴシ

弟(……)ソワソワ

姉「~~~♪」ゴシゴシ

弟(……姉さんの胸が目の前にあるんだけども……)



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:02:45.66 ID:mnPC3zZD0

姉「!!」ゴシ……

弟(……情けないぞ、我が息子よ……)ムクムク

姉(お、大きくなっていく……な……)……グッ

弟「!!?」

姉「こ、こ。ここも、綺麗にしてやる……体を洗っているのだから、こういう大事なところも洗ってやらねばいかん」

弟「ちょ、ちょっとちょっと……」ドキドキ

姉「だだだだだからこれは体を洗っているのだ。勘違いするな!」ギュッ コシコシ

弟「うっわ。待って待って……っ」ビク

姉「……こ、この先っちょのところも綺麗にしないとな」クイッ コシコシ

弟「ね、姉さんっ……」ビクビク

姉(フフフ……気持ちよさそうだ……またしても弟のDVDetcが役に立ったようだな)コシコシコシコシ

弟「……っ、っわ!?」ビクウッ グラッ

姉「!?」


ドタカポーン!



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:05:40.56 ID:mnPC3zZD0


弟「い、いてて……」

姉「……弟……? っ!!」

弟「!?(か、体がくっついて……)」

姉「……ここ、先からなにか出てきてるぞ。もっと……綺麗にしないとな」キュム

弟(!? む、胸で……これはまさか……)

姉「こう、いう風にされると、男子は嬉しいのだろう……? 私のでも、できないことはない……こうすればっ」ギュー

弟(う、上から押し当てて!? み、水着の感触が……)

姉「ん……どうだ」ズリズリ

弟「は!? ちょ、…っ。これは……ぁ!」

姉「どんどん……溢れてくるぞ?」ズリュズチュ

弟(う、裏筋がっ、うわ、わ……)ビクク

姉「……ん。ふぅ……」ズリュズリュ チュッ

弟「う……!?」ビュルッ

姉「んっ!?」

弟「うあ……っ!!」ビュルルルルルル ビクッ ビクッ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:08:11.53 ID:mnPC3zZD0

姉「はぁ……フフ。また盛大に出したじゃないか……胸元まで真っ白だぞ」ニュル

弟「はあ……う……」

姉「さ、綺麗にしてやる……その後は……その……や、約束の……だぞ」




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:20:33.87 ID:mnPC3zZD0

カポーン


姉「では……頼んだ」

弟(ぬ、脱がないんだ……)

姉「……」ジーッ

弟「じゃ、じゃあ……」ムニュ スリスリ

姉「……っ!」

弟(これ、パッド……かな。なんか……)ムニュムニュ

姉「……っふ。う……」

弟(脱がす……と怒るかな? それじゃあ)スタッ

姉「……ぁ? 後ろに回ってどうするのだ弟おっ!?」ズボッ

弟「直接マッサージした方が……いいでしょ?」ムニュムニュ

姉「い、いきなり変なことをするのはあぁんっ! や、やめ……っ」

弟(あったかい。ぴったりして動かしにくいけど…)ムニュムニュ



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:21:59.79 ID:mnPC3zZD0

姉「ひっ!? い……先……いきなり摘むなあっ」

弟「胸への刺激のポイントだからね」キュキュ

姉「うあぅ!? ん、ん…~~~~!!」ゾクゾク

弟(……これ……)モニュモニュ

姉(む、胸……痺れるぅ……)キュンキュン

弟(下ってどうなってるんだろ?)モゾ



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:23:51.72 ID:mnPC3zZD0

姉「あぁ……っておいっ!? 何を……」

弟(姉さんの脇)サスサス

姉「うひいっ!? く、くす…ぐったいぞ、やめ……」

弟(姉さんのお腹)スリスリ

姉「あ、や。ちょっとやめ……」

弟(姉さんの……)スス

姉「!? ま、待て弟。そこは……」

弟(……)クチ



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:25:34.01 ID:mnPC3zZD0

姉「だ、めぇっ!」ビクン

弟(うわ……)サワサワ

姉「……ば、馬鹿者……っ。弟、貴様……」

弟「……姉さんのここ、すっごい濡れてるよね?」

姉「ちがっ。違うぞ! そそそれは……ぁぅ!?」

弟「だって、ここ、こんなにヌルヌルしてるじゃん」ヌリュヌリュ

姉「違うと言ってぇ……っ!? いぃっ。いい、から胸を……」

弟「だからさ――綺麗にしないと」グチュ



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:32:58.77 ID:mnPC3zZD0

姉「あっ! やめ、ろぉっ……ぅ!?」ビクビク

弟(姉さん……可愛い)グチュグチュ クチュ

姉「ま、待て! そこは本当にやっ!?」

弟(もっと見たい)クチュ ヌルリ

姉「や。めてえっ……!」ビクビクビク

弟「じゃあ……“ここ”はどう?」キュム

姉「ひっ! あっ……!?」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:39:50.15 ID:mnPC3zZD0

弟「ここにもヌルヌルが一杯だよ」

姉「あ。やめろ……そこは、今……いまぁ」

弟「“今は?” なに?」クリクリ

姉「き……! あああああっ!」ビクン

弟「言えばいいじゃん。“今ここをいじられると気持ちよすぎて駄目”ってさ。姉さんっ!」ギュッ

姉「お、とうと……ぉっ!!」ビビクゥ

弟(……!)ギュウッ ジュプジュプ

姉「い、嫌……嫌ぁ! 弟に、こんな……こんなぁ……!」ビクビクビク

弟「(ゾクゾク)弟に、だって! 嬉しそうに弟のモノ加えたのは誰さ!?」グリグリグリ

姉「ちがぁ……違うっ! あれは違あぁっ!!」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:50:21.54 ID:mnPC3zZD0

弟「……」ピタッ

姉「……っ!?」

弟「……」

姉「お、弟……?」

弟「“こうしてほしかった”んでしょ?」サワ

姉「!!」ビクッ

弟「だから、そんなカッコして、俺が風呂入ってるところに来たんでしょ?」サワワワ

姉「ち、違う……こんな。ここまで……」

弟「……じゃあ“どこまで”期待してたの?」

姉「……っ!」カァァ

弟「ねえ。姉さん、教えてよ」グイッ オシタオシー

姉「あ……う!?」ドサッ クミシカレー

弟「俺とこうするとこを考えてたんじゃないの?」ドキドキ

姉「ぁ …………」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 09:59:43.64 ID:mnPC3zZD0

姉「い……いやっ。そんなことはな……い……」プイッ

弟「……嘘付く時、左に顔を背ける癖」

姉「!! い、いやっ。ちが……」ブンブン

弟「やっぱり姉さんは嘘吐きだ」チュ

姉「ん!!」ドキッ

弟「ん……ぷぁ」

姉「ばっ、馬鹿も……」

弟「俺は姉さんとこうしたかったよ。あの日から」

姉「!!」

弟「変かな? 変だよね? でも……」ギュ

姉「あ……」

弟「姉さんはどうなの。俺はヤダ?」

姉「お、弟……私。私は……っ」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:04:38.64 ID:mnPC3zZD0

姉「……じゃない」フルフル

弟「……えっ?」

姉「~~~っ!! 嫌じゃない、と言ったんだ、この馬鹿弟っ!!」カァァァ



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:06:49.10 ID:mnPC3zZD0

弟「!! ……っ」グイ

姉「きゃっ!? な……」

弟「……」ダキー

姉「あ……」ダカレー



弟「……水着、脱ぐ?」ドキドキ



姉「……………」ドキドキ



姉「……うん」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:12:10.95 ID:mnPC3zZD0

スルスル

パサリ


カポーン



姉「……」ムワァ

弟「……」

姉「こ、こう……なんだ。その、あまり見るな……」

弟「む、無理……」サワ

姉「あっ……?」

弟「姉さん」チュ

姉「いっ! む、胸。は駄目だ……今は」

弟「気持ちいいから?」レロレロ

姉「~~~っ! ああっ、そうだ!! だからぁっ!?」ビク

弟「じゃあこっちは?」サワサワ

姉「もっと駄目ぇっ!」ビクビク



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:17:22.77 ID:mnPC3zZD0

弟「もっと気持ちよくなって……」イジリイジリ

姉「だ、あっ! だからぁっ! だぁ……めっ。だと、言って、あっ、あぁあぁぁ」

弟「でもイイでしょ?」

姉「あ。ああ……気持ちイイ……って馬鹿ぁっ!」モジモジ

弟「素直な方が可愛い」チュ イジリイジリ

姉「んー!」ゾクゾクゾクゾク

弟「…っ。もっと、気持ちよくなりたいでしょ?」

姉「!」カァ

弟「俺はなりたい。姉さんと一緒に気持ちいいことしたい」ビキビキ



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:24:44.77 ID:mnPC3zZD0

姉「……」ゴクリ

弟「姉さん?」グイッ ピトリ

姉「ま、ままままままま待てっ! 心の準備がそんな急にああっ!?」

弟「……っ」ヌルリヌルリ

姉(あ、弟のが、擦れ、る…っ!!)ビクッ

弟「く……どう?」ヌリュヌリュ

姉「(ど、どうもこうもあるか! こんなっ)あ。ああっ? あ……!」

弟「……!」ヌルヌルヌルヌル

姉「ば……馬鹿ぁ! そんなに……し……ぃっ!!」ビクン!

弟「……準備、できた?」ピタリ

姉「き、貴様……という、奴は……」ビクビク



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:29:25.89 ID:mnPC3zZD0

姉「……も、もう知らん……っ」ブルブル

弟「え?」

姉「姉弟でどうとか、そんなの知らん! だから……」

弟「……」

姉「き、きてくれ……弟ぉ……」

弟「!! う、う―――――ん?」フラッ

姉「……? どうし―――」ドダッ

弟(あ――れ―――?)



「お、おい弟!? どうしたのだ、しっかりしろ!!」
「おい!」
「お――――」


カポーン



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:36:04.01 ID:mnPC3zZD0

千冬姉ってこれもISのキャラか? 実を言うと見たことないぜ……


~数日後~

チュンチュン

弟「ゴホゴホッ! ……うぇ~」カゼー

コンコン ガチャ

姉「……調子は、どうだ。馬鹿弟……」フラ~

弟「……見ての通りでございます」フラフラ

姉「……うむ……まったくなさけない! あの程度で風邪など……ぅ。ゴホゴホッ」カゼー

弟「……まったくその通りでございます」フラフラ

姉「……卵粥を作ってきた。食うぞ」

弟「食欲ないんすけど……」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:38:19.46 ID:mnPC3zZD0

姉「いいから食べろ。私も食べる」カチャカチャ

弟「……イタダキマス」ハフハフ

姉「……美味いか?」

弟「味がわかんない……」ハフハフ

姉「ああ。そうだな。残念だな……」ハフハフ


姉「ところで、だな。弟よ」

弟「んぇ?」ハフ



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 10:40:45.60 ID:mnPC3zZD0

姉「ひとつ耳寄りな情報を獲得したのだ」

弟「? なんの?」

姉「風邪を治す手っ取り早い方法だそうだ」

弟「ふーん……どんな?」

姉「それはだな……」ギシ

弟「!?」ドキッ



姉「“運動して汗をかくといい”のだそうだ……試してみるか?」ドキドキ


おわり


というわけで誰か風邪引き姉弟ベッドで運動編はよ


元スレ
姉「貴様、またこのような本を‥」 弟「勝手に部屋を漁らないで!」