1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:10:50.54 ID:HVdEs8rM0

ほむら「ねぇまどか……本当に今日一日コレをつけて過ごすの?」

まどか「そうだよほむらちゃん!」ニコッ



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:12:44.59 ID:HVdEs8rM0


ほむら「わ、わかったわ」

ほむら(どうしよう……まどかに言われたから断れなかったけど)

ほむら(いつスイッチを入れられるかわからない状態で学校なんて……)

ほむら(まぁ、仕方ないわ。まどかもそのうち飽きるでしょう)

ほむら「じゃあ、学校に行きましょうか」

まどか「うん! リモコンはいつでもポケットに入れておくからね」

ほむら「う、うん……」

ほむら(大丈夫かしら……)



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:14:13.90 ID:HVdEs8rM0

通学路


まどか「おはよー!」

さやか「おーっ! おはよう!」

仁美「おはようございます、まどかさん、ほむらさん」

ほむら「お、おはよう……」

キャッキャッウフフ

さやか「でね~? 仁美ったらまーたラブレター貰ったんだよ?」

仁美「もう、さやかさんってば」

まどか「え~! 仁美ちゃんすごーい!」

ほむら「……」モジモジ



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:15:21.31 ID:HVdEs8rM0

ほむら(どうしよう……スイッチをまどかに握られてると思ったら)

ほむら(ドキドキしてしまって……抑えられないわ)

まどか「どうしたの? ほむらちゃん?」ニコッ

ほむら「え、あ、な、なんでもないわ」

さやか「大丈夫か~?」

ほむら「だ、大丈夫……」

カチッ ヴィーーーン

ほむら「んッ!」

仁美「? どうしました?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:17:17.79 ID:HVdEs8rM0

ほむら「い、いえ、本当になんでもないの……」

ほむら(まどかぁ……)

まどか「ほむらちゃん、大丈夫?」

ほむら「大丈夫よ、心配しないで……」

ほむら(まどか、早く、止めてぇ……!)

カチッ ピタッ

さやか「やっばい、もうこんな時間! いっそげぇー!」ダッ

仁美「あ、さやかさん! お待ちになって!」タタタッ

ほむら「……ま、まどか 」

まどか「ティヒヒ! ほむらちゃん、かーわいい!」

ほむら(これは予想以上にまずいかもしれないわね……)



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:19:11.02 ID:HVdEs8rM0

学校


教師「この線Aと線Bが平行であるから……」

ほむら(まどか……)ドキドキ

ほむら(さすがに、授業中は大丈夫みたいね)チラッ

ほむら(!?)

ほむら(まどかが……こっちを見てる……)ドキドキ

ほむら(あ、ポケットに手を……)

ほむら「!」

ヴィーーーーーーン

ほむら「~~~ッ!」

ほむら(ああ、まどか、まどかっ……! だめっ……!)

ピタッ

ほむら(あ、ああ……?)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:21:17.35 ID:HVdEs8rM0


教師「じゃあ、この問題を……暁美」

ほむら「……」ボーッ

教師「暁美! いないのか?」

ほむら「は、はい!」

教師「この問題を前に出て解いてみろ」

ほむら「はい……」ガタガタッ

ほむら(まずいわ……頭がぼーっとして……)

ほむら(それに……体が……)

ほむら(でもこの問題ならわかるわね)

ほむら「えーっ……と!?」

ヴィーーン

ほむら(やだっ! まどかっ!)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:23:06.95 ID:HVdEs8rM0


教師「どうした? 暁美」

ほむら「いえ……この問題はこうですよね……」カキカキ

ヴィーーーン

ほむら(ああ……さっき寸止めされたから……)

ほむら(だめ、こんな、ところで、授業中に、なんてっ……)カキカキカキカキカキ

ほむら「で、できました!」

教師「よし。……おい、暁美、大丈夫か?」

ほむら「えっ?」

教師「顔が赤いし、熱でもあるんじゃないのか? ……おい、鹿目!」

まどか「はっ、はいっ!?」

ピタッ

ほむら(あ、あ……よかった……)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:24:19.68 ID:HVdEs8rM0

教師「暁美を保健室に連れて行ってやってくれ」

まどか「は、はい。わかりました」ガタガタッ

ほむら(はぁ、はぁ……ああ……)

まどか「ほむらちゃん、行こ?」

ほむら「え、ええ。ありがとう、まどか……」

まどか「……」テクテク

ほむら「……」テクテク

まどか「……ほむらちゃん」

ほむら「なっ、何かしら」

まどか「さっき、イキそうだったでしょ?」

ほむら「……」カァァァ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:26:14.49 ID:HVdEs8rM0

まどか「ティヒヒッ、やっぱりそうなんだ」

まどか「クラスのみーんなの前で、イクところだったんだね?」

ほむら「まどかぁ……あまり、いじめないで……」

まどか「いじめてなんかないよ」

カチッ ヴィーーーーン

ほむら「やぁっ!?」

まどか「ほら、だってほむらちゃんこんなにキモチ良さそう」

ほむら「これは、だってぇ……ッ!」

まどか「だって、なぁに?」ニコッ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:28:05.22 ID:HVdEs8rM0

ほむら「あ、あぁ、まどか、私、もう……っ!」

カチッ ピタッ

ほむら「あっ……」

まどか「ティヒヒッ」

まどか「さ、保健室までがんばって行こう?」

ほむら(まどかぁっ……!)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:29:28.85 ID:HVdEs8rM0

保健室


まどか「すいませーん」ガラガラ

まどか「あれ、誰もいないみたい……」

ほむら「……」

まどか「とりあえず、ほむらちゃん、ベッドに座ったら?」

ほむら「え、ええ……」

ほむら(まどか、まどかぁっ……してくれるのっ……)ドキドキ

まどか「じゃあ、ゆっくり休んでね、ほむらちゃん」

ほむら「えっ?」

まどか「だって、私は帰らないと先生に怒られちゃうもん?」ニコッ

ほむら「……」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:30:40.89 ID:HVdEs8rM0


まどか「どうしたのほむらちゃん?」

ほむら「……やだぁ」

まどか「んー? 聞こえないよぉ」

ほむら「まどか、行っちゃやだぁ」

まどか「……どうして欲しいのかなぁ?」

ほむら「私、私の事、もっと、もっといじめてっ」

まどか「うん?」

ほむら「い、いじめて……くださいっ」

まどか「よくできました」

チュッ

ほむら「!!!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:32:06.78 ID:HVdEs8rM0

チュッ……チュバッ……チュプッ……チュゥッ……

ほむら「っっはぁ!」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃん……」

ほむら「ん、まどか、まどかぁ……大好きぃ……」

チュムゥッ……チュル……チュプゥッ……

まどか「私もだよ、ほむらちゃん……」

カチッ ヴィーーーン

ほむら「あぁっ!」

まどか「ティヒッ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:34:27.12 ID:HVdEs8rM0

まどか「ん……ほむらちゃん、胸、おっきくなった……?」モミモミ

ほむら「そ、そんなことない、わ……」

まどか「ブラ外すよ?」

ほむら「え、ええ……」

プチッ バサッ

まどか「かわいい胸だね……それに、乳首も……」チュバッ

ほむら「あぁっ!」

まどか「感じてるんだ? かわいい……」ペロペロ

ほむら「まどか、まどかぁ! もうだめ! だめなのっ!」

カチッ ピタッ

ほむら「えっ……」

まどか「ティヒヒッ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:36:18.87 ID:HVdEs8rM0

まどか「まだイカせてあげないよ……?」

ほむら「ま、まどかっ! でも!」

まどか「だーめ」ペロペロペロ

ほむら「んッ」

まどか「機械なんかでイッてもいいの……?」

ほむら「あ……」

まどか「私が触ってあげるね……」

チュクッ

ほむら「はっ……あ」

まどか「すごい……ぐしょぐしょだよ、ほむらちゃん」

ほむら「い、言わないでっ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:37:54.26 ID:HVdEs8rM0

チュクッ……クチュクチュクチュ……

ほむら「あ、あ、まどか、まどかぁ」

まどか「なぁに? ほむらちゃん」

ほむら「もう、もう……」

まどか「指、入れてほしいの……?」

ほむら「あっ……う、うん……」

まどか「パンツの上からじゃなくて、直接触ってほしいとか?」

ほむら「ええ、そうよ! もう、まどか、まどかっ……!」

まどか「じゃあ……機械でイカなかったらね?」

ほむら「!!!!!!」

カチッ ヴィーーーーーーーー

ほむら「やぁあぁぁぁっ! まどかのいじわるぅぅぅ! あぁぁん!」ビクビクッ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:39:49.70 ID:HVdEs8rM0

ほむら「はぁ、はぁ、はぁ……」

まどか「……イッたね?」

ほむら「や、やだぁ、まどか、まどかぁ……まどかがいいのっ……」

まどか「……ティヒッ」

まどか「わかったよ、ほむらちゃん。いーっぱい、してあげるね……」

クチュッ……クチュクチュクチュ……

ほむら「ひゃ、あ、ああ、ま、また、イッちゃ……あああっ! まどかぁっ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:41:31.64 ID:HVdEs8rM0

放課後(通学路)


ほむら「……」ホムッ

ほむら(今日はすごい日だったわ)

まどか「ほむらちゃん、どうしたの?」テクテク

ほむら「……なんでもないわ」テクテク

ほむら(まどかったら、結構なSだったのね……)

ほむら(たっぷりエッチしたのに、まだローターつけさせられてるし……)

ほむら(新しい一面ね……)ホムッ

さやか「おーい! まどかー!」タタタッ

まどか「あ、さやかちゃん!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:42:38.16 ID:HVdEs8rM0

さやか「えーいっ!」ドーン

まどか「きゃあっ! もぉー、痛いよさやかちゃん!」

さやか「あはは、ついでにくすぐり攻撃だぁ~!」

まどか「きゃはは! やめてよさやかちゃん!」

ほむら「……」

まどか「きゃはははは!」ポロッ カシャン

さやか「あれ? なんか落ちた」

ほむら「!!!」

まどか「!!!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:44:38.35 ID:HVdEs8rM0

さやか「なにこれ……スイッチ?」

まどか「さ、さやかちゃん……えっと、それは、その……」アセアセ

さやか「何のスイッチ? 押してもいい?」

まどか「えっ、それは」

カチッ ヴィーーーーーン

ほむら「~~~っ!!!」

さやか「なにこれ? HIGHってなに? えい」

カチッ ヴィーーーー!!!

ほむら「……っはぁっ!」ビクビクッ

さやか「……なんか変な音しない?」

まどか「し、しないよさやかちゃん! それよりそれ返して!」サッ

カチッ ピタッ

まどか「ふぅ……」

ほむら「ふぅ……」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:46:19.45 ID:HVdEs8rM0

まどか「やっとさやかちゃん帰ったね」

ほむら「ええ、そうね」

まどか「ティヒヒッ……ほむらちゃん」

ほむら「なぁに、まどか?」

まどか「また、しようね……?」

ほむら「え、ええ……」ドキドキ



おわり



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:47:50.29 ID:HVdEs8rM0

笑い声ティヒヒでごめんww

読んでくれてサンクスコ!


元スレ
ほむら「まどかに遠隔ローターを仕込まれたわ」