1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 23:27:26.697 ID:k93V0JlS0.net

チュンチュン

サターニャ「わぁ! ラフィ! なんであんたまた隣で寝てるのよ!?」

ラフィエル「あ、ふふっ ようやくお目覚めですかサターニャさん
休日だからって寝すぎですよもぉ」

サターニャ「だからなんで隣で寝てるのよ!
全く…………あっ部屋何も弄ってないでしょうね?」

ラフィエル「何も触ってないですよ?何か私に見せられないものでもあるんですか?」

サターニャ「な"ッ……べ、別に何も無いわよ
そ、そう! そんなことより私お腹空いたわパンか何か無かったかしら」モゾッ

ラフィエル「あぁ、パンならここに来る途中で買ってきましたよ。メロンパンで良かったですよね?」


初めて書いたから温かい目で見てね



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 23:28:12.316 ID:k93V0JlS0.net

サターニャ「えっメロンパン買ってきてくれたの?…………コホン///ふ、フンッ天使のくせに気の利いた事出来るじゃない、褒めてあげるわ」

ラフィエル「うふふ。お褒めいただけて嬉しいです♥」

サターニャ「あんた馬鹿にしてるんじゃないでしょうね…………」

サターニャ「まぁいいわ……いっただっきまーす」

サターニャ「ぱくぱく」

ラフィエル(ふふふ メロンパンを頬張るサターニャさん可愛いです♥)

サターニャ「はむはむ」

ラフィエル(ところでさっきの焦り様……何かおかしかったですよね。
昨日の夜簡単に捜索した感じでは何も見つけられなかったですが……
今夜はもっと詳しく見てみる必要がありそうですね)テカテカ



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 23:28:52.347 ID:k93V0JlS0.net

ラフィエル(まったく…………
サターニャさんはいつまでも飽きさせてくれない娘ですね、大好きです♥)

サターニャ「ふぅ美味しかった
まだ10時だけどどうする?どっか遊びに行かない?」

ラフィエル「そうですね。どこか行きたいところはありますか?」

サターニャ「そうねぇ……わ、私はラフィが行きたいところなら何処でもいいわよ」

ラフィエル「あらあら では私はこのままサターニャさんのお家でずっとのんびりしていたいのですが それでも良いですか?」

サターニャ「な、何よそれ 出かけないの?」

ラフィエル「やはりダメでしょうか?」

サターニャ「まあいいわ 薄々そう言うんじゃないかとも思ってたしね……」

ラフィエル「ありがとうございます♥」

----------20時頃----------

ラフィエル「ご馳走様でした ご飯まで頂いちゃって申し訳ないです」

サターニャ「いいわよ別に 泊まってくでしょ?お風呂用意してあるから入っちゃいなさいよ」

ラフィエル「そんなお邪魔させて頂くのにお風呂まで先に頂いては申し訳ないですよ
先に入っちゃってください」

サターニャ「でもお客さまはおもてなししなさいってテレビでも言ってたし」

ラフィエル「じゃあご一緒しちゃいますか?ふふふ」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 23:29:21.696 ID:k93V0JlS0.net

サターニャ「あ、あんたが良いならそれでもいいけど…………///」

ラフィエル「え"っ?今なんと?」

サターニャ「だからあんたが一緒に入りたいなら入ってあげてもいいわよって言ったの!///」

ラフィエル「あら♥ じゃあ一緒に入りましょう!」

サターニャ「しょうが無いわね、特別よ?」

----------風呂場----------

ラフィエル「うふふ サターニャさん♥」

サターニャ「な、なによ///」

ラフィエル「お背中流しましょうか?」

サターニャ「ヴぇっ!?!?い、いいい、いいわよそんなことしなくても」


ラフィエル「いえ、お邪魔にならせて頂いて何もしないんじゃ申し訳ないです
せめてその位させてください」

サターニャ「わかったわよ…………ほら、好きになさい」

ラフィエル「ありがとうございまーす♥」

ラフィエル ごしごし

サターニャ ドキッ

サターニャ(む、胸が当たってる…………///)

サターニャ「ラフィ、もういいわやめなさい」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 23:30:01.469 ID:k93V0JlS0.net

ラフィエル「…………え?
私頑張ったんですけど、ダメでしたか?いやでしたか?」ウルッ

サターニャ「そ、そうじゃなくて…………ほら、のぼせちゃったのよ
早く出てアイスでも食べましょ」

ラフィエル「本当ですか?」パァ

ラフィエル「わかりました、すぐに出るので先に出て待っててください」

サターニャ「わかったわ、ごめんねラフィ」

サターニャ(本当にのぼせちゃいそうだわ…………)

----------風呂場----------

ラフィエル「あぁっ///…………サターニャさん♥………………さたーにゃさん♥」クチュクチュ

ラフィエル(いつもこのタオルでサターニャさんは体を洗っているんですよね……)クンクン

ラフィエル「サターニャさんっ///…………んぁっ♥」ゾクッ

ラフィエル「ふぅ」

----------リビング----------

サターニャ「ふぁーあ、家にいただけなのになんだか眠いわ……」

ラフィエル「ふふ、お昼寝もしてましたよね?寝すぎですよぉ」

サターニャ「春だからかしらね♥」時計チラ

サターニャ「まだ22時かぁ…………」

ラフィエル「私はまだ眠く無いですが……眠気をこらえるのもお辛いでしょうし寝ますか?」

サターニャ「そう?じゃあ悪いけど先に寝させてもらうわ」ふぁあ

ラフィエル「おやすみなさーい」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 23:30:28.931 ID:k93V0JlS0.net

----------1時間後----------

ラフィエル「…………」ロフトチラ

ラフィエル(完全に寝てますね♥それでは捜索さていただきますね、サターニャさん♥)

ラフィエル(まずはテレビボードの奥を…………)

ラフィエル(なにもないですね……次は本棚を…………)

ラフィエル(特にめぼしいものはないです。思い過ごしでしたかね?)

ラフィエル(私もそろそろ眠くなってきましたし、最後に人をダメにするクッションの中でも見て寝ましょう)

ラフィエル(こ、これはエッチな本です、しかも百合もの…………
サターニャさんにもこんな趣味が♥)

ラフィエル(ってこの本全部白髪ロングの巨乳ちゃんばっかりです……………………)

ラフィエル(あれ?この特徴ってひょっとして……ひょっとしてサターニャさんも私のこと……////)

ラフィエル「サターニャさん…………やっぱり大好きです♥」


おわり



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 23:33:00.962 ID:k93V0JlS0.net

描いたはいいけどすごく眠いくなったので一気に貼った
放置よりはいいかと…すまん
みんなおやすみ


元スレ
ラフィエル「サターニャさん大好きです♥」