【モバマス】彼女たちのシミとワイシャツと私戦争

【モバマス】心「プロデューサー、あのさ」 P「?」

【モバマス安価】「まゆすき」から始まる平行世界多元宇宙パラレルワールド

【モバマスSS】P「コーヒーを飲んだ後の尿の話」 奈緒「出だしから酷い」

【モバマス安価】森久保乃々「プロデューサーさんの背中に穴が....」【前編】


【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」【前編】


【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」2ndSeason【前編】


【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」完結編



【モバマスSS】りあむ「臭そうは褒め言葉?」



SS速報VIP:【モバマスSS】みく「コイバナがしたい!」李衣菜「コイバナ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1602346956/



1: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:22:37.25 ID:IlqfQHlv0

みく「李衣菜ちゃんはさ」

みく「友達とコイバナとかする?」

李衣菜「コイバナ?」

李衣菜「別にしないかな~」

みく「そっか」

李衣菜「....」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1602346956




2: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:23:08.46 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「もしかしてコイバナしたいの?」

みく「....したいってわけじゃないけど」

みく「李衣菜ちゃんがそういう話するのかちょっと気になって」

李衣菜「ふーん」

李衣菜「じゃあする?」

みく「!」



3: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:23:50.85 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「ただし、言い出しっぺのみくちゃんからね」

みく「みくがやるの!?」

李衣菜「当然じゃん?」

みく「むぅ~」

みく「....」

みく「あ」

李衣菜「あ?」



4: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:24:17.83 ID:IlqfQHlv0

みく「みくはアイドルだから恋愛は禁止にゃ」

みく「だから好きな人なんていません!」バーン

李衣菜「自分から振ってきたのにそういうこと言っちゃうんだ」

李衣菜「というか私もアイドルなんだけど」

みく「はい、みくのターン終わり!」

みく「次は李衣菜ちゃんの番にゃ♪」

李衣菜「....」



5: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:25:08.18 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「そもそもみくちゃんの好きな人ってプロデューサーじゃん」

みく「!!?!?!?」

みく「は、はぁ!?」

みく「何言ってるの李衣菜ちゃんはー」

みく「確かにPチャンとは仲いいけど、それはあくまで仕事仲間っていうか」

みく「そう!ビジネスライク!ビジネスだけの付き合いにゃ」

みく「そんな好きとかそういう感じじゃないの!」

李衣菜「....」



6: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:25:42.58 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「でもみくちゃんさ」

李衣菜「この前プロデューサーから貰ったゴミみたいなの大事に持って帰って」

李衣菜「部屋に飾ってるよね」

みく「あれはゴミじゃないにゃ!」

李衣菜「なんだったっけ?」

みく「Pチャンがコンビニでお茶買った時についてたストラップ!」

みく「みくがその日のお仕事頑張ってたからって、くれたから」

みく「////」

李衣菜「ふーん」ニヤ



7: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:26:26.45 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「でもみくちゃんあのキャラクター知らないって言ってたよね」

李衣菜「それなのにわざわざ部屋に飾ってるの?」

李衣菜「ストラップなんてあれ以外1つも飾ってないのに」

みく「それはそうだけど....」グヌ



8: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:28:21.70 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「大体さ、今日突然コイバナなんてしようって言いだしたのも」

李衣菜「友達の話だとかなんとか誤魔化して」

李衣菜「プロデューサーとの惚気でも言うつもりだったんじゃないの?」

みく「....ソンナコトナイニャ」シラー

李衣菜「で、さっき私に『言い出しっぺが先に話して』って言われたときに逃げようとしたのは」

李衣菜「先に惚気話をするのが恥ずかしかったからなんでしょ」

みく「....ナンノコトカニャ」シラー

李衣菜「ほら~やっぱりそうじゃん」



9: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:28:56.96 ID:IlqfQHlv0

みく「....」

李衣菜「アイドルだから恋愛禁止、ってのもわかるけどさ」

李衣菜「さすがにみくちゃんはもうちょっと素直になった方がいいと思うよ」

みく「だ、だからみくは」

李衣菜「それで、みくちゃんはどんな惚気を話すつもりだったの?」

みく「....」



10: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:29:38.69 ID:IlqfQHlv0

みく「知り合いの弟の姉の友達の話なんだけど」

李衣菜「この期に及んでまだ誤魔化すんだ」

みく「....」

みく「この前ね、お仕事が終わって次の現場に移動する時車で送ってもらってたんだけど」

みく「みく、疲れてたからうたた寝しちゃったの」

李衣菜「うんうん」



11: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:30:11.99 ID:IlqfQHlv0

みく「そしたらね」

みく「次の現場までまだ時間があったから、少しでも寝かせてあげたかったって」

みく「わざと遠回りしてくれたんだ....////」

李衣菜「....」

李衣菜「誰が?」

みく「....」



12: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:30:52.28 ID:IlqfQHlv0

みく「....Pチャン」ボソ

李衣菜「よかったねみくちゃん」ニコ

みく「....」

みく「....////」コクリ



13: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:31:28.93 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「でもなんかさ」

李衣菜「みくちゃん思ったよりピュアッピュアだった」

李衣菜「全然フマジメネコチャンじゃないじゃん」

みく「常にフマジメだったらお仕事できないでしょ!」

李衣菜「そうかなぁ」

みく「そうなの!」



14: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:32:00.92 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「で、みくちゃんはプロデューサーとどうなりたいの?」

みく「ど、どうって....」

みく「さっきも言ったけど、みくたちはアイドルなんだからそういうのは....」

李衣菜「でも、自分から惚気話したいって思うくらいにはプロデューサーのこと好きなんでしょ」

李衣菜「もう手遅れじゃない?」

李衣菜「恋愛してるよね?」

みく「にゃあ....」



15: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:32:37.05 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「とりあえず、先のことを考えるのはやめよう」

みく「?」

李衣菜「みくちゃんは、今プロデューサーとやりたいことある?」

みく「やりたいこと....?」

李衣菜「うん、私に手伝えることがあったら協力するよ」

李衣菜「面白そうだし」

みく「やっぱり面白がってる!」

李衣菜「まあまあ、女の子はコイバナが好きなんだからしょうがないよ」

みく「李衣菜ちゃんがそれ言う!?」



16: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/11(日) 01:33:23.57 ID:IlqfQHlv0

李衣菜「それで、何かある?」

みく「うーん....」

みく「....」

みく「....Pチャンに」

みく「みくの作ったお弁当食べてもらう、とか....////」カァッ

李衣菜「え、今の顔すっごいかわいかったよ」

みく「もう!李衣菜ちゃん!」

李衣菜「そんな顔すればプロデューサーなんてイチコロだと思うけどな~」



20: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:20:26.11 ID:SIksGPBW0

李衣菜「....それじゃあ明日プロデューサーにお弁当作るってことでいい?」

みく「!?」

みく「み、みくだけ時の狭間に取り残されたにゃ!?」

李衣菜「何蘭子ちゃんや飛鳥ちゃんみたいなこと言ってんの」

みく「李衣菜ちゃんがいきなり変なこと言いだすから!」

李衣菜「いや、だってみくちゃんが」

李衣菜「『みくの愛情い~っぱい込めた愛妻弁当をPチャンに食べて欲しい、にゃ////』」

李衣菜「って言ったから」

みく「そんなセリフ生まれてこの方一度も言ったことないにゃ!!!」



21: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:21:06.28 ID:SIksGPBW0

李衣菜「でも、目は口ほどにものを言うって言葉あるよね」

みく「それが何?」

李衣菜「さっきのみくちゃんの顔」

李衣菜「私の言ったセリフ以上に惚けてたよ」

みく「っ....////」カァッ

李衣菜「はいはい、観念してみくちゃんのやりたいことしよ?」

みく「....」



22: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:21:41.32 ID:SIksGPBW0

みく「....李衣菜ちゃんも」

李衣菜「?」

みく「....李衣菜ちゃんも手伝ってくれる?」

李衣菜「え?」

李衣菜「みくちゃんは自分が作ったお弁当を食べて欲しいんでしょ?」

李衣菜「だったら私が手を出しちゃ

みく「李衣菜ちゃんが焚きつけたくせになんで手伝ってくれないにゃ!!!」バシバシ

李衣菜「逆ギレ!?」



23: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:23:13.07 ID:SIksGPBW0

みく「もう!」バシバシ

みく「....」

みく「だって、怖いんだもん」

李衣菜「怖いって....」

李衣菜「そりゃみくちゃんはめちゃくちゃ料理が得意ってわけじゃないかもしれないけどさ」

李衣菜「逆にとんでもないダークマターを生み出すレベルでもないじゃん?」

みく「そうだけど....」

みく「李衣菜ちゃんに食べさせるのとPチャンに食べてもらうのは訳が違うから....」

李衣菜「失礼だなぁ、って言いたいところだけど今は流すよ」



24: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:25:56.33 ID:SIksGPBW0

みく「こんなこと他の子たちには頼めないし」

みく「それに李衣菜ちゃん、料理はまあそこそこ出来るから」

李衣菜「そこは上手いって言ってよ!」

みく「こんなことになったのは李衣菜ちゃんの責任もあるんだから手伝わないとダメにゃ!」

李衣菜「照れと焦りで自分の言ってることわけわからなくなってない?」

みく「明日は早起きしてね!」

李衣菜「え~....」



25: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:27:06.78 ID:SIksGPBW0

~翌朝~

みく「完成にゃ!」

李衣菜「....」ムニャ

みく「....」

みく「....李衣菜ちゃん、手伝ってくれて

李衣菜「あ、うん、それはいいんだけど」

李衣菜「今何時?」

みく「....」チラ



26: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:27:32.90 ID:SIksGPBW0

みく「5時」

李衣菜「どう考えても早すぎるでしょ!?」

李衣菜「なんでお昼に食べてもらうお弁当の完成が5時なの!?」

李衣菜「まだ外暗いんだけど!?」

みく「思ったより早くできちゃったからしょうがないでしょ?」

みく「みくの手際がいいせいで....」ヨヨヨ

李衣菜「これなら私の手伝いいらなかったじゃん~」

李衣菜「今日オフなのに....」



27: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:35:38.40 ID:SIksGPBW0

みく「はいこれ李衣菜ちゃんの分ね」スッ

李衣菜「....」

李衣菜「....毒見?」

みく「うん」

李衣菜「....ふふ、だよね」

李衣菜「ありがと!」ニパッ

みく「こっちこそ朝早くから手伝わせちゃって....」

李衣菜「ま、私の分のお弁当貰ったから貸し借りはなしかな」ニヤ

みく「....うん」エヘ



28: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:36:07.31 ID:SIksGPBW0

李衣菜「じゃあ私は眠いから改めて寝ようかな」

みく「ダメにゃ」ガシッ

李衣菜「え、もう話終わる流れじゃなかった?」

李衣菜「2人で微笑み合って大団円でしょ」

みく「....」



29: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:36:37.30 ID:SIksGPBW0

みく「Pチャンにお弁当渡すのも手伝ってほしい....////」

李衣菜「なんて?」

みく「お弁当渡すのも手伝って!!!」

李衣菜「はぁ?」

李衣菜「そんなの手伝いようがないじゃん!」

李衣菜「プロデューサーのとこ行って渡すだけのどこに私が手伝う余地があるっていうの?」



30: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:37:38.14 ID:SIksGPBW0

みく「....まだちょっと勇気が出ないから」

みく「みくがPチャンに渡すところ、物陰に隠れて見てて」

李衣菜「?????」

李衣菜「それ、意味ある?」

みく「た、たぶん」

李衣菜「いや絶対意味ないでしょ!?」



31: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:38:28.21 ID:SIksGPBW0

みく「違うの!意味があるとかじゃなくて気持ちの問題!」

みく「李衣菜ちゃんが近くで応援しててくれれば」

みく「その気持ちが背中を押してくれるかもしれないでしょ!」

李衣菜「そうかなぁ....」

みく「そうなの!」

李衣菜「....」



32: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 00:41:23.65 ID:SIksGPBW0

李衣菜「なんかみくちゃん、プロデューサーのことになると途端に弱くなるね」

みく「うるさいにゃ!」

みく「李衣菜ちゃんだって恋したらこうなるから覚えとくにゃ!」

李衣菜「私はそんなことならないし~」

みく「とにかく!お願い李衣菜ちゃん!」

李衣菜「世話が焼けるネコチャンだなぁ」



33: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 01:07:19.96 ID:SIksGPBW0

~事務所~

李衣菜「みくちゃん、プロデューサーいるっぽいよ」

みく「....」

李衣菜「みくちゃん?」

みく「....」

みく「や、やっぱりやめようかな....」

李衣菜「今更そんなのは許されないよ」



34: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 01:07:53.38 ID:SIksGPBW0

李衣菜「私の二度寝の機会を奪って連れてきたんだから」

みく「みくの恋心って李衣菜ちゃんの二度寝と同じ価値なの!?」

李衣菜「いやいや、むしろ二度寝が勝つから」

みく「乙女の恋心舐めすぎにゃ!」

李衣菜「はい、いつもの調子戻ったし行ってきて」グイグイ

みく「に゛ゃ゛~....」

ガチャリ



35: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 01:08:29.39 ID:SIksGPBW0

ガチャリ

みく「....」

李衣菜「どうだった?」

みく「....」

みく「Pチャン、ありがとうって」

みく「お昼は出先だからそこで食べるって」

李衣菜「受け取ってもらえたんだ!よかったじゃん~」

みく「....うん」



36: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 01:09:42.47 ID:SIksGPBW0

みく「....李衣菜ちゃん」

李衣菜「ん?」

みく「色々ありがとう」ニコ

李衣菜「え」

みく「李衣菜ちゃんが背中押してくれたから、みくも頑張れたから....」

みく「....ありがとう」ニコニコ

李衣菜「へ....////」メソラシー

みく「?」



37: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 01:10:37.21 ID:SIksGPBW0

李衣菜「ちょ、チョーシ狂うなぁ、あはは」カキカキ

みく「....李衣菜ちゃんもしかして」

みく「照れちゃった?」

李衣菜「そんなことは、ないよ?」アワ

みく「さっきみくのことあんなにバカにしてたのに~?」

李衣菜「そういうのじゃないから!早起きしたから眠いだけ!」

みく「眠いと顔赤くなるなんて聞いたことないにゃ~?」ニヨニヨ

李衣菜「っ~~~!!!」プンスカ



38: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 01:12:01.72 ID:SIksGPBW0

李衣菜「つい何分か前まであんなにしおらしくてかわいかったのに!」

みく「代わりに今の李衣菜ちゃんがかわいいからバランス取れてるにゃ~」アハハ

李衣菜「ああいえばこういう~!」

李衣菜「次は絶対みくちゃんのコイバナなんて付き合ってあげないから!」

みく「うんうん、それはみくも賛成にゃ」

李衣菜「?」

みく「だから今度は」

みく「李衣菜ちゃんのコイバナが聞きたいにゃ~♪」

李衣菜「はぁ!?」

みく「早く部屋に帰って聞きたいにゃ~」グイグイ

李衣菜「いやだ~....」ズルズル

【完】



39: ◆bL5b7ovQmQ 2020/10/18(日) 01:14:19.99 ID:SIksGPBW0

最後までお付き合いいただきありがとうございました
数年ぶりに平和なSSを書けて楽しかったです
こういうのもたまにはいいですね
英気を養えたのでまた安価スレもやります

過去作ともども、これからもよろしくお願いします

このSSが読者の方の人生の糧に少しでもなれば幸いです


元スレ
SS速報VIP:【モバマスSS】みく「コイバナがしたい!」李衣菜「コイバナ?」