※閲覧注意(ココア×タカヒロ)



SS速報VIP:ココア「喪失と渇望に甘いココアを」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404982532/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 17:55:32.46 ID:n5K1GXpeO


「では、行ってきます」

今日は友達の家でお泊まり会をするらしく

香風家長女であるチノは

そう言い残して家を出ていく

香風家が営むラビットハウス

その店先では

チノの父親と家族ではない少女がチノを見送る

2人の表情には穏やかな笑みが浮かんでいたが

それはチノが見えなくなった途端に

暗く影を落とす

いつからこんな関係になってしまったのかと

悔いる反面、渇望して止まないその感情に痛みを受ける父親は

眼下の下宿させている少女を見やる

見上げる少女の笑みはぎこちないものだった

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404982532




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 18:03:38.95 ID:n5K1GXpeO


あの……と

小さく声を出す少女に対して

チノの父親であるタカヒロは申し訳ない。と

苦悶の表情を浮かべる

本当は間違っていることだと

いや、間違っているなどという範疇に収まるようなものではないと

タカヒロであれ、下宿している少女、ココアであれ

理解している

けれども

2人はそれが分かっていながらも……互いに終わりを告げることはできない

「……戻ろうか」

タカヒロの静かな声に

ココアは小さく頷き、そのあとについていった



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 18:16:17.37 ID:n5K1GXpeO


チノに連れて行かれたティッピーと

チノ当人は今夜は帰らない

というのも、友人の家に泊まりに行くからである

喫茶店からバーに変わろうかという時間

店の扉には「closed」という掛看板がかけられ

静かになったカウンター席に座るココアは

タカヒロのなにか飲むか。という問いに首を振る

これから口にするものを踏まえて

先には何も口にはしないべきだと思ったのだ

そしてココアはそれよりも。と

静かな空気さえも抜き取って真空にするように声を漏らす

そのたった五字の言葉と少女の気のない瞳に

タカヒロはわずかに頷き、部屋へと招く



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 18:30:23.47 ID:n5K1GXpeO


2人の何の変哲もなかった日常が変わったのは

物凄く些細で、単純な偶然の一瞬のせいだった

あそこで何も見ていないと目を逸らしていれば

身を翻して自分の部屋に戻っていれば

ベッドに座るタカヒロの前で

ココアが膝をついているようなことはなかったかもしれない

でももう、それは考えるだけ無駄だと

ココアは解っていて、諦めていて

タカヒロはその優しさとは言えないココアの心に甘えてしまっていて

この醜悪な状態が未来を蝕んでいくのを

2人は止めることは出来ず、ただただそれに流されていく



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 19:22:06.77 ID:n5K1GXpeO


曝け出された男性固有のソレを

ココアはその手で優しく包み込み

天井の明かりを受け

艶やかな光沢を放つ舌を伸ばす

慎重に距離を詰めるココアは

微かに残る風呂上がりの匂いと

隠されていたがゆえの汗臭さに肺を支配され

小さく咳き込みながら舌でソレに触れる

微細なザラつきに刺激され

タカヒロがビクッと驚いたのを上目で確認しつつ

ソレの先端の割れ目をぺろっと舐める

普通では絶対に感じ得ないその刺激に耐性などあるはずもなく

タカヒロが小さく呻いた



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 05:43:51.20 ID:8en/5EG7O


ピクピクと悶えるソレを捉えるココアの手が

根元へとゆっくりとスライドし

たるんだ部分を引き伸ばし、感覚を研ぎ澄まさせる

部屋に漂うひんやりとした空気を押しのけて近づくココアの吐息

甘く、温かいそれを受ける男根

それを感覚として受けるタカヒロは快感に顔を背ける

恥ずかしさもあるにはあるだろう

しかし

ココアに見えないように顔を背けるのは

自分の娘と大差なく、自分とは大差ある年齢で

あの日以前は娘のようであった他人の子に

淫猥な事をさせているという罪悪感からだった



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 05:58:13.30 ID:8en/5EG7O


こんな行為ができるような子ではなかった

それが今では十分に慣れた手つきで刺激してくる

それにより罪の意識が生まれ

されど同時に生まれる強弱の付けられた快感に霞まされていく

背けていた顔をココアへと向ける

口に含むでもなく

丁寧でありながら手荒

その交わりそうもないものを両立させるココアの舌使い

裏筋を根元からツゥーとなぞり

亀頭の影に隠れるような僅かな谷部に舌の先端をはめ込み

舌をなぞるのではなく彫り込むようにくねくねと動かしつつ

巻き込むようにペロッと跳ね上げる



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 06:17:33.07 ID:8en/5EG7O


それによって快感を感じるタカヒロを上目に

ココアは焦らす為か等間隔でそれを繰り返し

タカヒロの情欲が我慢できずに頭を押さえつけようと動き出したところで

出来る限り奥までソレを咥え込む

ビクッと反応したタカヒロの動きが止まる

ココアの生温かい口腔に囚われた男根に巻きつくように舌が蠢く

舌の表面に広がる目視では難しい波立つ細かい突起物が

男根の激しく脈打ち浮き出る血管さえも刺激する

舌の筋肉を酷使して

口を動かすことなく男根を扱く

タカヒロの表情と男根の反応を確認しながら

ココアは右頬に男根を押しやり、やや強引に口を閉じる



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 06:25:22.97 ID:8en/5EG7O


きつく締め上げられた男根から受ける感覚に

タカヒロが堪えながらもうめき声をこぼす

それでもココアは口を緩めることなく

男根を歯ブラシに見立てて

歯磨きをするかの如く頭を動かしていく

柔らかく擦る内頬

ゴリゴリと固く擦る歯

それに挟まれる男根からは痛みなど一切なく

締め上げられているということも忘れる程の強い快感が迸る

タカヒロがココアの頭に手を置く

けれども押さえつけるなんてことはできず

ココアはそれを合図としたかのように口を開き、唇で優しく男根を咥えると

頭を激しく動かす

その連続した快感を受けて耐え切れずに、タカヒロはココアの口腔に溜め込まれた欲望ともとれるそれを吐き出した



19: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/11(金) 15:11:27.56 ID:FDMahdGmO


ココアは今日のは特に濁ってるなぁ……と

まるで当たり前のことのように思いつつ

白濁している液体で喉を潤す

僅かに萎びつつも

まだ半分近く力を残しているソレの皮を

唇で挟んで捻る

放心しかけていたタカヒロが目を見開き

ココアと目が合う

純心だった頃の明るい瞳に似せてはいるが

タカヒロには

似ても似つかない淀んだ色に見えているのだろう

悲しそうに眉を潜める



20: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/11(金) 15:24:04.07 ID:FDMahdGmO


ココアの巧みな舌使いに再燃するタカヒロの情欲を

聳え立つソレが逞しく現す

ココアがゆっくりと離れていき

唾液と薄い白濁色の液体にまみれた男根が空気に触れると

ピクピクッと寒気に震える

それを見て笑うこともなく

ココアはもう一度舌を伸ばし

欲液をその舌で舐めとっていく



21: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/11(金) 15:29:20.78 ID:FDMahdGmO


ココアの汚された口腔は

無意識に洗い流そうと唾液を過剰分泌し

舌が出るときも戻るときも

ヌチュ……

クチャ………

と、淫猥な音を響かせる

そんなココアの頬にタカヒロは手を触れると

優しく撫で下ろして男根の傍から引き離し

ベッドへと引き倒した



23: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 06:23:11.58 ID:4An9nh6PO


全てが壊れたあの日よりは優しく

けれども酷似した状況にココアの表情が強張り

心の拒絶を表すように瞳をギュッと瞑る

何してるんだ。とタカヒロの心に罪悪感が響く

顔を顰めて、申し訳なさで一杯になって

それでも怒張したままの自分のソレに怒りさえ感じそうだった

「……タカヒロさん」

「っ……」

ココアは静かでちょっと大人びた声で名前を呼ぶ

お父さんでも、チノのお父さんでもなく、名前を

まるで夫に寄り添う妻であるかのように

悲しい顔しないで、辛そうな顔しないで

そう思うココアの瞳に涙が溜まっていく



24: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 06:33:23.38 ID:4An9nh6PO


ベッドに横たわるココアと

それに覆い被さる寸前のタカヒロの時間が止まる

見つめ合って

言葉ではなく表情で気持ちを伝え合って

唇を噛み締めたタカヒロに対して

ココアはその両手を伸ばし、彼の頬に触れる

辛さも、苦しさも、寂しさも、悲しさも

全部私がなんとかするよ……と

目を見開く彼に、少女は頬笑みを向ける

それは完璧に同じだった

あの日もチノとティッピーは居なくて

タカヒロはお酒を口にして酔っていて……

寂しくなった。悲しくなった……どうしようもなかった。だから

ココアはもう寝ているから平気だろうと。男根を手にした



25: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 06:41:41.30 ID:4An9nh6PO


でも、ココアは起きていた

あるいは、目を覚ましてしまっただけかもしれない

そして

なんの運命かタカヒロの部屋に来たココアは

自慰に耽る彼を見て

そして彼は……ココアではなく妻を見た

酔っていたせいだろう

ココアに妻を重ねたタカヒロは

なんの躊躇いもなくココアを抱いた

亡くしてからずっと隠し続けてきた寂しさと悲しさを

全て解き放つかのように一心不乱に

ココアではなく妻の名を呼びながら……何度も何度も

処女を奪い去り、唇を重ね、胎内に溜め込んでいたものすべてを吐き出し続けた



26: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 06:58:01.93 ID:4An9nh6PO


ココアは最初こそ抵抗していたが

当然敵うわけもなく、何もかもを奪われて

その絶望に浸っていく中で

彼女は優しくて、男前で、こんなことをするような人ではないと信じていたタカヒロの印象を壊せず

これは仕方がない事なんだと

奥さんを失って寂しくて、辛くて、苦しくてだからこんな事して……可哀想だ。と

怒ることも、侮蔑の句を並べ立てることもなく現実から逃れるように

悲しい涙を流しながらも優しく包み込み、微笑みを浮かべた

それに今の表情は寸分違わず重なったのだ

だからこそ、タカヒロは表情に影を落とし

けれども……ココアが泣かないように

娘程度の歳である少女の恥部に手を触れる



27: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 07:13:45.81 ID:4An9nh6PO


微かな湿り気を下着越しに感じながら

上から下へは磨り潰すかのように押して

下から上へは掻き出すように

小さな突起物を刺激する

その度にココアが小さく可愛らしい声を漏らす

指を咥えて声を押し殺すココアに対して

タカヒロは今日は2人きりだから平気だよ。と

その指を引き抜く

吐息が更に艶かしく、そして熱っぽくなり

頬が染まっていくのを確認してから

タカヒロは脱がすよ? と問う

ココアが頷くと

タカヒロは服のボタンを外し

肌に擦れる感覚さえ感じさせないほどに丁寧に脱がせた



28: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 07:54:23.04 ID:4An9nh6PO


ココアの未成熟な乳房をやさしく包み

簡単に押しつぶされてしまうそれを

タカヒロは人差し指と中指、そして親指で摘む

肌触りが良く

優しいその感触を弄びながら

もう片方の手でココアの恥部を撫でる

漏れ出る水分を直に感じ

割れ目を2本の指で開くと

淫靡な水音が微かに漏れる

人差し指の第一関節までを挿入し

フックのように持ち上げると

ココアの可愛らしい嬌声が溢れる



29: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 08:15:20.22 ID:TtGa+l4/O


挿入しても痛みはないだろうと判断したタカヒロは

ココアの瞳を見つめる

ココアはそれに対して微笑を浮かべて頷き

タカヒロの胸元に手を触れて

流れるように背中へと腕を回す

近づいた男女別々のソレが初心な少年少女のキスのように

軽く触れては離れて、また触れて……と

焦れったい動きをする

「……タカヒロさん」

「……ココア」

いつもとは違ってより親しく呼び捨てにしたタカヒロは

ゆっくりと挿入し出来る限り奥まで入れて留めると

ぴくぴくと震えるココアの華奢な体躯を抱きしめる



30: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 08:23:20.21 ID:TtGa+l4/O


合図もなしに腰を動かすタカヒロと

与えられる快感を受けて小さく声を漏らすココアは

互いの体に触れ合い、唇を重ねる

タカヒロにとって、この時だけはココアは妻であり

ココアにとって、この時だけはタカヒロは夫である

片や寂しさや悲しさを埋めるため

片や絶望に浸りきらないため

それは共依存と言っても過言ではない

大きな誤ち

やってはいけなかったこと

後悔したところで既に遅く

チノ達とココアそしてタカヒロが

表面上であれ今まで通りでいるにはこうする他ない

タカヒロがココアを、ココアがタカヒロを

拒絶した瞬間に様々なものが壊れてしまうからだ



31: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 08:43:32.33 ID:TtGa+l4/O


互いの性器を繋ぎ合わせて

その根元を何度も触れ合わせる

接触するたびに淫靡な音が部屋に木霊して

2人の熱っぽい吐息に重なっていく

パチッ、パチッと

乾いたような音だったそれは

パチュッ、パチュッと

ココアの恥部から漏れ出す液体が弾ける音に変わり

その変化と同時に

ココアが堪えきれずに声を上げる

そのココアの頬を

複雑な感情を孕む涙が雫になって流れていき

タカヒロは指で拭って口に含む

その全てを背負うという意思を表すように



32: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 08:53:07.89 ID:TtGa+l4/O


まだ慣れていないその感覚に弱いココアと

既に一度達していて、鋭敏になっていたタカヒロが

欲液を迸らせるのに時間はかからなかった

離れるか離れないか

逡巡したタカヒロはココアからソレを引き抜き

少女らしい白い柔肌にその欲液を解き放ち

ココアのそれはベッドに吸い込まれて消えていく

二度目は辛く

荒い息を漏らすタカヒロにココアは抱きついて

虚ろな瞳に微かな光を宿して微笑む

タカヒロの寂しさと切なさそして渇望して止まない欲が消えたことを確認したからこその笑みである

互いに無言で見つめ合い

欲もなく名残を惜しむようにキスをすると

2人はゆっくりと離れた



33: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 09:12:25.45 ID:TtGa+l4/O


お風呂に行ってきますと

告げて去っていくココアの背を目で追い

ドアが閉まってからタカヒロはため息をつく

今回は理性の下だったからこそ避けられたが

最初の同意の上ではない強姦では

欲液はココアの胎内を汚し、その中に浸ってしまっている

それからまだ1ヶ月経つか経たないか

ココアはまだ次の生理の日ではないからと言っているが

それがこない可能性も有り得るのである

もしも出来ていたらどうするか

不安に思ったタカヒロはすぐに首を振る

自分が決める権利はない。と

ココアの決定に従う以外、自分にはできない。と



34: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 09:16:24.65 ID:TtGa+l4/O




――それから二週間後

ココアの言う生理開始予定日を過ぎて一週間

検査結果は陽性だった






38: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:35:07.25 ID:amaZujn4O


妊娠したと解ってからしばらくしたある日

もう3ヶ月目なんだね……と

ココアはお腹を優しく撫でる

「ココアさん、最近どうかしたんですか?」

不意にかけられたその声にビクついて目を向けると

視線の先にいたのは仕事の制服に身を包んだチノだった

声ですぐチノであることに気付けなかった事に

危機感を感じつつもそれを悟られないように

そんなことないよ~と苦笑する

けれど、チノはそうですか? と疑問の目を向けて

いつもだったら……と

ココアのことをよく見ているがゆえの不審点を上げていく

自分でもそこまで気づかないなぁ……なんて感心する余裕もなく

ココアはチノの不審点に総じて首を振り、あれだこれだと言い訳を紡ぐ



39: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:37:04.48 ID:amaZujn4O


疑い半分ではあるが

チノはココアさんが言うならそうなのかもしれないと

表にはあまり出さない信頼に心を寄せて頷く

けれどどうしても気になって

あまり言わないべきではと思いつつも

チノはそれを口にする

「そういえば……ココアさん制服きつくありませんか?」

オブラートにオブラートを重ねながらの

直球の質問

言いたいのは太ってないかということである

やだなぁ~そんなことないよーなんて

いつもみたいに抱きついて来てくれることを密かに期待

……なんかしていないと自分で否定しつつ身構える



40: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:38:40.50 ID:amaZujn4O


最近抱きついてくれないのは

自分に飽きてしまったからか

ふよふよなお腹がバレたくないからか

苦悩の末に導き出した2つの解

そのもっとも願う方をチノは聞いた

だからもしも抱きついてきたりせずに

そうかなぁ……なんて残念そうにした時は

私はそんなココアさんでも別に……と

慰める言葉を用意していた

けれど、沈黙すること数分

ココアはそれを裏切って

表情を暗くし……そして涙を零す

それにはさすがのチノも驚き、慌てふためく



41: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:39:44.42 ID:amaZujn4O


大丈夫ですよ。全然

大丈夫です、ココアお姉ちゃんは太ってません

ココアお姉ちゃんの今の触れ心地はティッピーよりも好きです

喜びそうな言葉を片っ端から並べ立てて

背伸びをしてココアの頭を撫でる

ココアは何度も大丈夫、なんでもない。と

壊れた機械のように同じ言葉を繰り返す

どう見てもそんなことはなくて

けれども、言いづらいことを聞くような積極性もないチノは

言葉よりは……とココアの体を抱きしめる



42: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:41:31.95 ID:amaZujn4O


その一方でココアはごめんね。と

心の中で何度も何度も謝罪を呟く

お父さんを奪ってごめんねと

嘘をついてごめんねと

チノに対して

最悪の誕生理由にしちゃってごめんねと

産む事が出来なくてごめんねと

まだ見ぬ我が子に謝り続ける

学校があって、このまま産むなら妊娠したことは周知の事実となり

理由があるにしても、おそらくは退学になる

そうなれば学校にはいられず、当然この街にはいられなくなる



43: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:46:49.44 ID:amaZujn4O


それを避けるために

ココアとタカヒロは考えに考えた末

中絶という選択を選んだのだ

ゆえに子供は生まれることなく死んでいく

本当は産みたかった。と

泣きそうになりながらも必死に堪えて目を閉じて

チノの優しさに身を委ねるココアは

チノのお姉ちゃんとしていたい反面

タカヒロの妻でいなければいけないという心もあって

複雑な感情を抱きながらチノを一瞥し

もう大丈夫だよ~と

いつもの調子を引っ張り出して笑い

適当な理由を取り繕ってチノを安心させて、話を終わらせる



44: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:48:25.39 ID:amaZujn4O


タカヒロに襲われてしまったということも

それがぬぐい去れない事実だということも解っている

だからこそ自分を騙すココアはタカヒロから離れることは出来ない

離れれば、認めてしまえば

タカヒロの優しさを感じる事が出来なくなって

刻み込まれた痛みと恐怖だけが残ってしまうからで

そしてまた、タカヒロもココアを手放すことはできない

一度埋め合わせされてしまった喪失感と渇望してやまない心は

二度目のそれを許容せず

それが起きれば……一度目とは比にならないほどの喪失感と渇望を生み出してしまうからである

一定の距離を持ちながらも依存し合う2人は

周囲の目には映らないごく限られた時だけ近づき、触れ合う

これはいつまで続くのだろう? と

公的ではないが、妹ではなく娘となったチノが眠る部屋の隣で

抱き合う2人はふと思う

そして……答えを共に口にする

「……死が2人を分かつまで」

その言葉は容易く夜の闇に解けて消えていく

まるで元々――暗い色であったかのように



45: ◆PPcXCtKXbb36 2014/07/12(土) 20:52:26.15 ID:amaZujn4O


終わり


理由は解らないがほのぼの原作だと暗い話ばかりが浮かぶ
できれば次は明るい話が書きたい


元スレ
SS速報VIP:ココア「喪失と渇望に甘いココアを」