5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:10:27.18 ID:PsRisc2y0

咲「えっ、えっ……///」

和「ダ、ダメですか……?」

咲「う、ううん! そんな事ないよ!」

咲(まさか和ちゃんからそんな事言ってくれるなんて……襲いそうになるのを我慢してひたすら待ってたかいがあったよ!)

和「じゃ、じゃあしてもいいんですよね?」

咲「う、うん……///」モジモジ

和「そ、それでは!」ガシッ

咲「あっ……///」

咲(の、和ちゃんいつもと違って強引だ……な、なんだか緊張しちゃうよ……)

和「咲さん……///」

咲「和ちゃん……///」

チュッ……



咲「……えっ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:12:12.40 ID:PsRisc2y0

和「ふ、ふふ、やったやりました! ど、どうでしたか咲さん!」

咲「……」

和「……咲、さん?」

咲「和ちゃん、1つ聞いていいかな」

和「は、はい」

咲「――なんで額なの?」

和「な、なんでと言われましても……」

咲「普通、今の雰囲気なら唇にキスするものだと思うんだ」

和「え、ええっと……」

咲「――へたれたんだね」

和「あ、う……」

咲「ようやく和ちゃんが勇気を出してくれたんだって私嬉しかったのに……」プルプル

和「さ、咲さ……」

咲「和ちゃんのバカ、ヘタレ! いくじなしぃー!」タタタッ

和「さ、咲さぁん!?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:18:30.33 ID:PsRisc2y0

――同時刻……

優希「2人きりだな、京太郎///」モジモジ

京太郎「あ、ああ……」

京太郎(意識するような事言うなよ、優希のやつ! だ、だけど頬も心なしか赤いし、これはいってもいいんだよな?)チラッ

優希(えへ、へへへ……やっと2人きりになれたじょ。 付き合うまでも京太郎はヘタレて大変だったから今日こそ次のステップに……)チラッ

京太郎・優希「!?」

京太郎(やっべえ、目があった……だけどこれで確信したぜ、優希は俺が動くのを待ってる!)

優希(よしよし、京太郎も意識してる! さあ来い京太郎、私の方はいつでもOKだじぇ!)



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:24:26.43 ID:PsRisc2y0

京太郎「ゆ、優希!」ガタンッ

優希「お、おう!?」

京太郎「いい、よな?」ガシッ

優希「う、うん……いい、よ?」

京太郎(……はい無理、もう辛抱たまらん!)

優希「あっ、京太郎……!」

京太郎「優希!」

チュッ

京太郎「ど、どうだ優希?」

優希「……」

京太郎「あ、あれ?」

優希「京太郎の……ヴァカァアアアアア!!」バチーン!

京太郎「うぼあっ!?」

優希「うわあああああん!!」

京太郎「ゆ、優希……」ガクッ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:27:39.63 ID:PsRisc2y0

――麻雀部部室……

和「な、なんという事でしょう、咲さんに嫌われてしまいました……ああ、どうしたらいいんですか……」

京太郎「黄昏てんなあ、和……」

和「あっ、須賀君……って、どうしたんですかその真っ赤な頬は!?」

京太郎「……優希にちょっと、な」

和「ああ……須賀君もですか」

京太郎「って事は和も?」

和「はい……」

京太郎「お互い、苦労するな……俺ああいう時、どうしたらいいのか本当にわかんねえよ」

和「私もです……咲さんが何を望んでいるのかはわかっているはずなのに、どうしてもそれを行動に移せなくて」

京太郎「はあ……やっぱり頬じゃ怒るよなあ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:31:26.88 ID:PsRisc2y0

和「頬ですって!?」

京太郎「えっ」

和「須賀君、あなたゆーきの頬にキスしたんですか!?」

京太郎「そうだけど……和は違うのか?」

和「……私は、額が限度でした」

京太郎「なんだよ、俺とそんなに変わんないじゃねえか……」

和「何を言いますか、額と頬では唇に至るまでの直線距離が全然違うんですよ!? 私なんて咲さんの頬にキスできたらそれだけで一日中笑顔になれます!」キリッ

京太郎「あっ、はい、なんかすいません……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:36:32.48 ID:PsRisc2y0

和「とにかくこれは由々しき事態ですよ須賀君」

京太郎「なあ……もう焦らなくてよくね? 俺達がどれだけ好きでいるかはあいつらだってわかってくれてるはずだし、ゆっくりと進展すれば……」

和「甘いです! どれだけ言葉を紡いでも行動に移してくれない事で不安になって、ほ、他の人に走る人は少なくありません……!」

京太郎「ほ、他の人ってな……あいつらがそんな事するわけないだろ」

和「無論咲さんやゆーきがそんな事するわけありません……ですがそう、例えば部長のような人に会えば純粋な2人はイチコロでしょう……」


咲『和ちゃん、ううん原村さん、私他に好きな人ができたから別れよう?』

久『うふふ、行きましょう咲……』

咲『はい、部長……』

久『こぉら、そうじゃないでしょ?』チュッ

咲『あっ……久さん///』

和「ううう……」ポロポロ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:43:04.14 ID:PsRisc2y0

京太郎「の、和!? 自分で言って自分で泣くなって!」

和「行かないでください咲さぁん……えっぐ、ひっく……」ポロポロ

京太郎「あわわわ、どうすりゃいいんだ……」

久「あら、もしかしてお取り込み中だった?」

京太郎「えっ、あっ、部長……」

久「ダメよー、須賀君。 彼女持ちが他の女の子を泣かせたりしたら……」

京太郎「これは俺が泣かせたわけじゃ……って、部長なんか疲れてます?」

久「ちょっとね……」

京太郎(あっ、そうだ……こういう時は百戦錬磨の手練れだろう部長にアドバイスをもらおう)

京太郎「あ、あの部長、お疲れのところ悪いんですけどちょっと相談が……」

久「何かしら?」

京太郎「失礼ですが部長、キスの経験ってあります?」

久「」ピシッ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:48:05.88 ID:PsRisc2y0

京太郎「あ、あれ部長?」

久「……ねぇ須賀君。 よく勘違いされるけど私はね、親のゴタゴタがあるせいかそういうの大事にしたいのよ」

京太郎「はあ」

久「だからね、とっさにそういう事に対して及び腰になるのもしかたないと思うわけ」

京太郎「……ん?」

久「それなのに何よ美穂子ったら、ちょっと勇気が出なかっただけじゃない……」

京太郎「……まさか」

久「キスを恥ずかしがって何が悪いのよ、美穂子のバカ……グスッ」

京太郎(この人、俺達以上のヘタレだったのかあああ!?)

和「す、すいません須賀君、つい取り乱して……あれ、部長?」

久「うっ、ううっ……」ポロポロ

和「えっ、なんですかこの状況」

京太郎「喜べ和、ヘタレ仲間が出来たぞ」

和「はい?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:54:19.03 ID:PsRisc2y0

――……

和「まさか部長も仲間だったなんて……そんなオカルトもあるんですね」

久「すごく失礼な事言われてる気がするわ……それとその暖かい目はやめて、お願いだから」

京太郎「ま、まあまあ……とにかく部長は何も出来なかったんですよね?」

久「だってしょうがないじゃない……目を閉じて待ってる美穂子を見たら身体がガチガチに固まって動かなかったんだもの」

和「勝ちました」グッ

京太郎「なあ和、五十歩百歩って知ってるか?」

久「でもね、一番ショックだったのはまるで私がそういう事に慣れてると思ってましたと言わんばかりに驚いた美穂子の態度なのよ……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 00:59:33.08 ID:PsRisc2y0

京太郎「あー、確かにそれはショックですね。 俺も優希はわかってくれてますけどこの髪のせいか周りにはチャラチャラしてるみたいに言われます……地毛なのに」

和「私もピンク髪だから淫乱に決まってるとか言われました。 咲さんは笑って慰めてくれましたけどあの時は大変でしたよ……」

久「あなた達はまだ相手に理解してもらってるじゃない! 私なんか好きな人に直接言われたようなものなのよ!?」

京太郎「いや、だからといって泣いて逃げ出すってどうなんですか?」

和「泣いて逃げる部長ですか……違う方面でファンが増えそうですね」

久「それだけ嫌だったのよ、あの視線が……」


美穂子『えっ、あの、上埜さん……?』

久『ご、ごめんなさい……ちょっと、無理かも』

美穂子『えっ、でも――』

美穂子〈上埜さん、こういうの慣れてるんじゃ……〉

久『っ!?』

美穂子『上埜さん……?』

久『美穂子の、美穂子のバカァ!!』

美穂子『う、上埜さん!?』



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:04:43.18 ID:PsRisc2y0

久「……酷いじゃない、それって要するに私の言葉を全く信用してくれてなかったって事でしょう……私はちゃんと初めてだって言ったのに、美穂子だってはいって笑ってたのに、それが全部嘘だったのよ……」

京太郎「うーん……そう考えたら確かに深刻ですね」

和「もし私が咲さんにそう思われたら……あっ、なんだか死にたくなってきました」

京太郎「よし和、ショックなのはわかったから、落ち着いてその円にして天井から垂らしたロープから手を離すんだ」

久「ああ、恋人に信用されないくらいなら私ももうどうでもいいわ……」

京太郎「部長も一緒になって七輪持ち出さないでください! ああ、もうあんたらいい加減にせんかー!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:10:43.75 ID:PsRisc2y0

――……

久「美穂子のバカ……」

和「とうとう部屋の隅で膝抱えてしまいましたね」

京太郎「なんつうか、これはヘタレって言うより単純な部長と相手側の見解の相違でしかないような気がしてきたぞ」

和「ですね……」

京太郎「で、どうするよ? 正直自分達で手一杯ではあるけどさ……」

和「あんな部長を見せられたら放っては、おけませんね……」

京太郎「じゃあ、やるか」

和「やりましょう」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:15:33.98 ID:PsRisc2y0

久「どうせ私はたらしの女泣かせみたいな雰囲気の女よ……緊張して手すら繋げないって言ったら冗談はやめとかんかってまこに言われる女よ……」

京太郎「部長!」

久「……なによ?」

和「元気を出してください部長、私達が力になります!」

久「はい?」

京太郎「ヘタレの気持ちはヘタレが一番よくわかる!」

和「友人だった時は出来た手を繋ぐ、今となってはよくできたと感心します!」

京太郎「抱きしめるとか何そのムリゲー! いい匂いと身体の柔らかさでドキドキし過ぎ、心臓発作で死ぬからやめて!」

和「キスとかそんなオカルトありえません! お願いです、それは結婚式まで待ってください!」

京太郎「そんなカップルのお悩みを!」

和「私達が解決しましょう!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:21:17.79 ID:PsRisc2y0

久「……」ポカーン

京太郎「さあ、部長! 泣く時間はもう終わりましたよ!」

和「大丈夫です、部長は1人じゃありません! 私達が部長と福路さんの恋を陰ながら助力します!」

久「ええと……」

京太郎「まずは仲直りからしないといけません、俺達がそのためのデートをセッティングしましょう!」

和「安心してください、プランだけなら完璧なものがたくさんありますから!」

京太郎「俺達に実践は無理ですけどね!」

久「いや、そうじゃなくて……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:26:12.34 ID:PsRisc2y0

京太郎「さあさあ、思いたったら即行動! 早く風越のキャプテンに連絡を!」

和「私達が1日で部長と福路さんをラブラブにしてみせましょう!」

久「わ、わかったわよ……ところで2人共」

京太郎「なんです?」

和「なにか不安な点でも?」

久「いや、その……あなた達は咲と優希にフォローしたの?」

京太郎「あ」

和「……わ、忘れてました」

京太郎「やっべえ、すぐに埋め合わせしないと! 優希ぃー!」

和「さ、咲さん、どこですかあ!」

ガチャッ、バタンッ……

久「まるで嵐ね……」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:32:15.67 ID:PsRisc2y0

――数日後・喫茶店……

京太郎「はあ……」

和「どうしました?」

京太郎「いや、この前の埋め合わせなんだけど今度デートする事になってさ……優希が喜びそうなデートプランを考えるのに四苦八苦なんだよ」

和「デートですか……ゆーきの趣味嗜好を考えるのなら喜びそうな場所はいくつか知ってますけど、お教えしましょうか?」

京太郎「ああ、そりゃいい! 頼む和、もう1人で考えるとガッカリされたらどうしようって怖くなるんだよ!」

和「わかりました。 その代わりに私も教えてほしい事が……」

京太郎「おっ、なんだ?」

和「じ、実は私も埋め合わせなんですが、今度咲さんのお宅にお邪魔する事になりまして……」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:37:29.99 ID:PsRisc2y0

京太郎「マジか!? くうう、家デートとかすっげえ進んでんな!」

和「そ、それでですね、咲さんのお宅ではどのように過ごしたらいいのかアドバイスをいただけたらなと……」

京太郎「そういう事か……うーん、確か咲ならお互いの背中を支えにして静かに本を読むシチュエーションに憧れてたはずだぞ」

和「な、なるほど……少し密着しますが背中合わせなら大丈夫ですよね……」

カランカランッ

京太郎「あっ、部長来た」

和「だいたい予定時刻通りですね……」


久「……」ムスッ

美穂子「……」ウツムキ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:43:14.70 ID:PsRisc2y0

京太郎「うわあ、傍目から見てもわかる気まずい空気……」

和「ま、まさかここまで暗い雰囲気だとは……」

美穂子「あ、あの……」

久「何かしら?」

美穂子「い、いえ……何でもありません」

久「そう」

美穂子「ううっ……」

京太郎「ちょっと部長! なんで向こうから話すキッカケをくれたのに潰してんですか!?」

和「部長……」

美穂子「……」チラッ、チラッ

久「ねぇ」

美穂子「は、はい!」

久「さっきからこっちをチラチラ見てるけれど話があるなら声に出してくれないかしら?」

美穂子「う……」

久「私ね、前にも話した通りこういうの慣れてないから上手く喋れないの。 誰かさんは信じてくれなかったけど」



39: わかりにくいけど京太郎と和はギリギリ話が聞こえるくらい遠い席にいます 2013/05/23(木) 01:48:52.00 ID:PsRisc2y0

美穂子「す、すいません……」

久「私ってそんなに経験豊富な女に見えた?」

美穂子「……正直、少しは慣れてらっしゃるのかなって思ってました」

久「あら、そう……」グッ


京太郎「あっ、部長が涙目に……」

和「こんなに早く……やはり相当ショックだったんでしょうね」


久「美穂子」

美穂子「な、なんですか上埜さ……」


久「――あなた、本当に私が好きなの?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 01:53:59.97 ID:PsRisc2y0

美穂子「えっ……」

久「まず私、付き合う事になった時言ったわよね? もう恋人なんだしその名字呼びはあまり好きじゃないから久って呼んでって」

美穂子「はい……」

久「なのにあなたは、いつも上埜さん上埜さん……今の私は竹井久よ、上埜久じゃないのよ?」

美穂子「わ、わかってます……」

久「じゃあなんでいつまで経っても上埜さんなのよ!?」ガタンッ


京太郎「おいおい、ヤバいんじゃないかこれ!?」

和「い、いざという時は電話を鳴らして止めましょう!」


久「あなた、本当は中学時代の私、上埜久が好きなんであって今の私、竹井久なんかどうでもいいんじゃないの!?」

美穂子「ち、違います!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 02:04:56.05 ID:PsRisc2y0

久「信じられないわよ、そんなの! どうせあなたが好きなのは経験豊富で女の子の扱いも上手い中学時代からさぞかし素敵な想像で塗り固められた上埜久でしょう?」

美穂子「上埜、さん……」

久「本当は1人ぼっちが大嫌いで、泣きたくなるのをひたすら我慢してるだけで、好きな子と手を繋ぐのにも悩んで、心臓が痛いほどドキドキするような情けない私じゃないんでしょう!?」


京太郎「ヤバい、部長が錯乱してきてる!」

和「と、とりあえず止めましょう、須賀君携帯を!」

京太郎「ああ!」


久「もう、嫌よ! 私はみんなが、あなたが思うほど強くなんかないのに、なんでわかってくれないのよ……私はどんな事にも動じない強い女じゃなきゃいけないの? 情けない姿を恋人にも見せちゃダメなの?」

美穂子「……」

久「こんな事なら、あなたを好きになんてならなきゃ――」

美穂子「――久、さん!」

久「んっ……!?」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 02:11:11.04 ID:PsRisc2y0

京太郎「あ……」

和「ふ、福路さんが部長とキ、キスを……!」


美穂子「はあ……」

久「み、美穂子……?」

美穂子「み、見てください久、さん……私のこの手を」カタカタ

久「えっ、な、なにこれ……なんでこんなに震えて……」

美穂子「わ、私もずっと緊張して、たんです……」

久「えっ……」

美穂子「な、名前で呼ぼうって、何度も何度も勇気を出そうとしました……だけど、いざその時になると口が何か呪文でもかけられたように開かなくなって、上埜さん呼びに逃げてしまって……」

久「美穂子も、緊張してたの?」

美穂子「当たり前、じゃないですか……中学時代から始まって、再会してから知った新しい一面を見てどんどん深く好きになったんですよ? そんな久さんを相手に緊張しないわけないじゃないですか……」

久「……!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 02:17:34.06 ID:PsRisc2y0

美穂子「ごめんなさい久さんっ……私が勇気を出せなかったばっかりにいっぱい傷つけてしまってっ……」ポロポロ

久「わ、私こそごめんなさい! 私、自分の事ばっかりで美穂子だって同じかもしれないってわかって、あげられなかった……!」ポロポロ

美穂子「久さん、中学時代は確かにきっかけでしたけど、私はどんなに情けない姿を見ても久さんが好きですから……」ギュッ

久「美穂子っ……ありがとう……私も好きだから……あなたに応えられるように逃げないで行動するからっ……今はこんな弱い私でも、ずっと一緒にいて……」ギュッ

美穂子「はい、もちろんです久さん……」ナデナデ

久「美穂子ぉ……」


京太郎「こりゃ、もう……いや、最初から手助けなんて必要なしだったか?」

和「ですね……留まるのも無粋ですし、帰りましょうか?」

京太郎「だな……あーあ、俺もあんな風に勇気出したいもんだ」

和「今度のデートでお互いに頑張りましょうか」

京太郎「おー、頑張ろうぜ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 02:22:25.62 ID:PsRisc2y0

――数日後・麻雀部部室……


久「それでね、美穂子ったら可愛い事言ってくれるのよ!」デレデレ

まこ「おうおう、相変わらずノロケ全開じゃなあ」

久「うふふ……だって幸せなんですもの!」

まこ「……少しはその幸せをあいつらにわけてやればええんじゃ」

久「へっ?」


咲「……」ムスッ

優希「……」ジトー

京太郎「なんでだ、なんで……」チーン

和「ありえません、あんなのオカルトです……オカルトなんです……」チーン



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 02:27:38.14 ID:PsRisc2y0

久「ど、どうしたの須賀君と和……」

まこ「こん前それぞれデートしたらしいんじゃがな……まさかの何もせず、咲なんて家にまで呼んだっちゅうのに、いい雰囲気になるとことごとく逃げたらしい」

咲「まさかあそこまでお膳立てして何もしてくれないなんて、筋金入りにも程があるよ!」

優希「このヘタレ! 前より酷くなるとかそんなの考慮してないじょ!」

まこ「だ、そうじゃ」

久「あー……あの2人はやっぱり人より自分達を何とかしなきゃダメね……」


京太郎「だってあんなの見たら余計照れくさくもなるだろ……」

和「実際にしているところを見たらさらに生々しく……ううっ、恥ずかしいです……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 02:31:27.58 ID:PsRisc2y0

久「あ、あはは……あら、電話だわ」

咲「……」ジトー

優希「……」ジトー

京太郎「ゆ、優希……」

和「咲さん……」


咲・優希「……ふんだ!」プイッ

京太郎・和「」ガクッ

カン!








久「あらゆみじゃない、どうしたの? えっ、東横さんに嫌われた……?」


カン?



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 02:37:00.66 ID:PsRisc2y0

終わりでー
部長はたらしキャラにされるけど、言動の端々を見たら結構臆病な人な気がしてくる
後キャプテンはそろそろ部長を竹井、もしくは久と呼んであげてください
最後に深い意味はない、たぶん


最後にヘタレな京太郎と和、オチとタイトルでわかる人もいるかもしれませんがこれは京太郎「よっ、優希ちゃん」優希「!?」と同じ世界線です

それでは


元スレ
和「さ、咲さん、キスしましょう!」咲「!?」