1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 00:47:13.25 ID:TIIWL1J/.net

※ギャグ中心SSです
※キャラ若干崩壊しています

海未「ええ、今度のライブは時間が多く取れているので、ソロやデュオ、トリオの曲をやることになっていましたよね」

絵里「そうだったわね」

海未「この前のミーティングでは、全員曲で新曲を披露する上にあまり時間もないので、少人数曲は既存曲を歌うはずでしたが」

海未「実は先日、希から急に頼まれてしまって…」



4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 00:55:08.04 ID:TIIWL1J/.net

----------------------------------------------------------------

希「海未ちゃん海未ちゃん、ちょっといい?」

海未「希、どうしたんですか?」

希「今度のライブの件なんやけどね、ちょっとお願いがあるんよ」

海未「どうしました?」

希「今度のライブって長い時間押さえられてるから、少人数で何曲か歌う予定があるやん?」

希「実はウチ、その枠でどうしてもえりちと2人で歌いたいんよ」

希「それでウチとえりちの曲って1曲もないから、海未ちゃんにその新曲の詞を作ってもらえたらええな~と思って」



5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 00:58:51.48 ID:TIIWL1J/.net

海未「え!?これからですか?随分と急ですね」

海未「私の方は歌詞のストックがいくらかあるので問題ないかと思いますが…」

海未「作曲の方は大丈夫でしょうか、流石の真姫でもこの短期間で完成させるのは厳しいのではないですか?」

希「そう言うと思ってな、実はもう真姫ちゃんに曲は作ってもらってるんよ」

海未「もう完成してるんですか!?次のライブで少人数の曲をやるとミーティングで決まったのはつい数日前なのに…」

希「ミーティングが終わった直後にな、こっそりお願いしに行ったんよ」



6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:02:11.94 ID:TIIWL1J/.net

海未「そうだったのですか…でも真姫が二つ返事で了承するとはとても思えませんが…」

希「最初は真姫ちゃんもかなり渋ってたんよ」

----------------------------------------------------------
真姫「今から新曲?さすがに時間的に厳しいんじゃない?」

真姫「全員曲で新曲の発表をするから、少人数は既存曲で十分じゃないの?」

真姫「それに私とにこちゃんを差し置いて絵里と希のデュエットなんてウラヤマ…イミワカンナイ!オコトワリシマス!」


-------------------------------------------------------------

希「って感じでな」

海未「にこの件はともかく、そう返すのは当然ですよね」



7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:06:42.46 ID:TIIWL1J/.net

海未「そんな真姫をどうやって説得したんですか?」

希「別になーんも説得なんかしとらんよ」

希「ただウチが「そういえばこの前神田明神のお手伝いでにこっちが着てた巫女服、着る人がおらんからそろそろ処分せんとアカンな~」って独りでつぶやいてたらな」

希「「やればいいんでしょ!作曲するからそれ送りなさい!ちゃんとサラシも付けなさいよ!!」って」

希「快くOKもらって、翌日には音源もらえたで」

海未「真姫…あなたはどこへ行ってしまうのですか…」



9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:12:09.99 ID:TIIWL1J/.net

希「そんなわけで曲は出来てるんよ、ちょっと聞いてみて」

デーデッデ~♪デーデッデ~♪デーデーデーデーデーデー♪

海未「かなり癖のある曲調ですね」

海未「こういうのは、一昔前に流行ったムード歌謡に似たようなものなんでしょうか…」

希「ウチが想定していた雰囲気そのままにしてくれたわ~さすが真姫ちゃんや!」

海未「そういえば希は真姫にどういったコンセプトで作曲を依頼したんですか?歌詞もそれに合わせたいのですが」

希「あんな~、この曲は…」ゴニョゴニョ



10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:18:18.21 ID:TIIWL1J/.net

海未「…なっ」

海未「なっなっなっなっなんですかそれは!!!!!」

海未「破廉恥です!破廉恥極まりないです!!」

海未「そんな歌詞書けるわけないです!お断りします!!!」

希「そこをなんとか海未ちゃん、同じリリホワのよしみってことで」

海未「ダメなものはダメです!!」



11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:20:27.68 ID:TIIWL1J/.net

希「どうしても?」

海未「絶対です!」

希「穂乃果ちゃんの巫女服も残ってるんやけどな~」

海未「うっ…そ、それでもダメです!」

希「あ、そういえば穂乃果ちゃん、この前サラシのまま帰ってブラジャー忘れてた上に、予備のパンツまで置いてしもうてたなあ、早く届けてあげんと」

海未「希、ぜひ私に作詞させて下さい」キリッ

希「さっすが海未ちゃん、話が早くて助かるわ~」



13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:23:36.88 ID:TIIWL1J/.net

希「あ、でも即答できたってことは、もしかしてそっち系の詞のストックもあるんやね?」

海未「あなたって人は、本当に勘が鋭いんですね…」

海未「いいでしょう、本当は私と穂乃果のデュエットに使おうと思っていた秘蔵の詞、存分に活用させていただきます!」

希「頼んだで~」

-------------------------------------------------------------------------------------

海未「という訳で絵里、これがその曲と歌詞です、ちょっと聞いてみてください」

絵里「突っ込みどころだらけだけど、あまり時間もないから早速曲の方聞かせてもらうわね」

デーデッデ~♪デーデッデ~♪デーデーデーデーデーデー♪

絵里(…)



16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:26:38.46 ID:TIIWL1J/.net

絵里(これは…)




絵里(ハッ…)




絵里(ハラショオオオオォォォォォォォォォォォォ!!!!!10、いや100ハラショーよ!)

絵里(何なのこれ!!ユリの迷路!?二人きりで硝子の花園!?秘密のブランコ!?あなたを感じたい!?私とここにいてよいつまでも!?)

絵里(歌詞のどこを取っても刺激的、官能的すぎるわ!!)

絵里(曲調も一昔前の歌謡曲のような感じだけど、それがまた二人だけの世界の濃密さを全面に押し出している!)



17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:30:50.86 ID:TIIWL1J/.net

絵里(それに途中に出てくる「ただ優しく見つめ合う」とか「髪を撫でるその手が好き」ってところ…)

絵里(この部分は実際に歌詞に従って行動するってことよね…)

絵里(これはもう完全に私と希の愛を皆に見せつける大大大チャンス!!!)

絵里(籍を入れるのはお互いが身体精神共に成熟した20歳になってからと思っていたけど…)

絵里(もう我慢できないわ!!次のライブの日が結婚記念日よ!!!!!)

絵里(けれども今海未がいる手前、露骨に喜ぶのは賢くないわね…)

絵里(どうしましょうか…、あ、そうだ!)



20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:35:17.49 ID:TIIWL1J/.net

海未「絵里、どうですか?」

絵里「えっ、ああ、ええ、曲も歌詞もすごくいいと思うわ、ぜひとも歌ってみたいわね」

海未「そう言っていただけると嬉しいです」

絵里「ただこの曲について、他のメンバーは知っているの?」

海未「いえ、まだ私達2人と希、真姫しか知らないはずです、希に歌詞が出来たらすぐ絵里に伝えるように言われているので」

絵里「そしたら明日にでもミーティングを開いて、皆にこの曲を聞いてもらってから、ライブで披露するかどうか決めましょう」

絵里「私達だけで決めてしまうのはちょっと早計かもしれないわね」



21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:38:44.82 ID:TIIWL1J/.net

海未「確かにその通りですね、それでは早速明日ミーティングをする旨をメンバーに伝えておきますね」

絵里「ありがとう、助かるわ。それじゃ私は生徒会の仕事がまだ残ってるから失礼するわね」

海未「ええ、お疲れ様です」


絵里(ふふっ、上手く行ったわ)

絵里(この曲の披露の可否を他の皆に委ねると、反対意見が出てお蔵入りになる可能性も出てくるように見えるけれども…)

絵里(その可能性はほぼゼロ!)

絵里(なぜなら、この曲はμ’sの母とも言える希の直々の希望によって出来たもの!)

絵里(普段自己主張をあまりしない希の頼み事とあっては皆も断りづらいはず…)



22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 01:42:51.65 ID:TIIWL1J/.net

絵里(その上反対意見を堂々と言える気概を持つ真姫と海未はすでに希の傘下にある!)

絵里(にこは今度のライブでソロ曲の時間をもらって上機嫌だから反対しないはず)

絵里(唯一可能性があるのは穂乃果だけど、まっ、そこは海未が何とかしてくれるでしょう)

絵里(これで私は皆の意見を尊重して先輩としての尊厳も保たれる上、希との濃厚なデュエットも実現できる!)

絵里(まさにかしこいかわいいエリーチカ!完璧だわあ…)ウットリ

絵里(そうと決まったら大人しくしてられない!早く歌の練習をして振付も考えなきゃ!)オウチヘスタートダッシュ



33: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 23:42:03.75 ID:TIIWL1J/.net

@エリーチ家

絵里「……よし、振付はこんなところかしら」

絵里「あらかじめ海未が私と希のパートを分けてくれたおかげでスムーズに進んだわ」

絵里「そしたらさっそく練習よ!」

絵里「…」

絵里「………」

絵里(この曲を一人で練習するのは流石にむなしいわね…)

絵里(夜も結構更けてきたことだし、今から誰かを呼び出すのはちょっと出来ないわね)

絵里(でもこんなに感情がたかぶったまま寝るのはもっと出来ないわあ!)

絵里(となると、残された道はただひとつ…)



35: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 23:48:53.26 ID:TIIWL1J/.net

ダッダッダッ

絵里「亜里沙!!!」ガチャ

亜里沙「わあ!お姉ちゃん!びっくりした!どうしたの、ノックもしないで!?」

絵里「亜里沙、私と一緒に硝子の花園へ行くわよ!!」

亜里沙「全然訳が分かんないよ!何、硝子の花園って!?新しい観光名所!?」

絵里「確かに、私と希の愛の結晶を観るためなら全国津々浦々から人が来てもおかしくないわね」

亜里沙「そんなに来ないよ!せいぜいアキバぐらいからだよ!」

亜里沙「硝子の花園って、もしかして希さんと一緒に新曲歌うの?」

絵里「ハラショー!!さすが賢いかわいいアリーチカね!どんどん私に近づいてきてるわあ!」

亜里沙(お姉ちゃん、μ’sに入って元気になったのはいいけど、ちょっと元気すぎないかなあ…)



36: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 23:53:37.97 ID:TIIWL1J/.net

亜里沙「じゃあその新曲のデュエット練習に付き合って欲しいってこと?」

絵里「ええ、そうよ」

亜里沙(それなら最初からそう言ってくれればいいのに…)

亜里沙(でも憧れのμ’sの新曲を発表前に歌えるなんて、こんなチャンスもうないかも!)

亜里沙「いいよ!亜里沙が希さんのパートをやればいいんだよね?」

絵里「さすが私の妹ね、話が早いわ!」

絵里「そしたらまず曲を聞いてもらうわね、あとはい、これ歌詞ね」

デーデッデ~♪

亜里沙(…)



37: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 23:56:09.22 ID:TIIWL1J/.net

亜里沙(ハラショー…)

亜里沙(今までのμ’sの曲とはぜんぜん違う感じだけど、なんか引きこまれちゃう…)

亜里沙(こういうのも素敵!)

亜里沙(けれども歌詞の意味があんまりわからないなあ)

亜里沙(硝子の花園…花園って公園みたいなものだよね)

亜里沙(なんだろう、ユリの迷路って…お花がいっぱい咲いててとってもきれいな感じなのかな)

亜里沙(ブランコとか蝶々とかあるし、きっと二人で楽しく公園で遊んでるんだろうな)

亜里沙(満ち足りたlonely…う~ん、さすがに公園だけだとあきちゃったのかな?)



39: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:01:10.57 ID:n1McV1hw.net

絵里「亜里沙、そろそろいいかしら?」

亜里沙「うっ、うん!大丈夫だよ!」

亜里沙(しょうがない、お姉ちゃんは早く練習したがってるみたいだし、歌詞の意味は後でくわしく聞こう)

絵里「それじゃ1番はまず私のパートだから、私から歌うわね」

亜里沙「うん、分かった!」

絵里「最初は振り付けがないから、早速やっちゃいましょう」

絵里「じゃあ行くわよ!」

絵里「憧れを語る目が~遠くを探してるとき~♪」

絵里「寂しくなる私は~ここにいると言いたいの~♪」

亜里沙「あーあ~、ふたりき…」

絵里「カットおおおお!!!!」



40: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:06:14.19 ID:n1McV1hw.net

亜里沙「ひゃあ!ど、どうしたの急に!?」

絵里「全然ダメよ!」

亜里沙「えっ!?まだ3秒ぐらいしか歌ってないよ!」

亜里沙「そんなに私の歌ダメだった?」

絵里「いいえ、違うわ。歌声はとても綺麗だったわよ」

亜里沙「じゃあどうして?どこがいけなかったの?」

絵里「目よ」

亜里沙「目?」



43: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:11:45.65 ID:n1McV1hw.net

絵里「私のパートの歌詞は覚えてる?」

亜里沙「うーんと、あこがれをかたる目がとおくをさがしてるとき…?」

絵里「そう、ここで憧れを語る目をしてるのは希、つまり今は亜里沙がその目をするはずなの」

絵里「でもあなたの目は違うの!それじゃただの無垢な仔犬のような目よ!」

絵里「そんな目じゃ私は寂しくならないわ!むしろ抱きしめちゃうわよ!」

亜里沙「えっ、ええ~!?そんなこと言われても難しいよ…」

亜里沙「憧れを語る目って、どういう目をすればいいの!?」

絵里「それはね…」

絵里「…」

絵里「…まさに憧れを語っていて遠くを探しているときのような目をすればいいのよ!」

亜里沙(全然わからない…)



45: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:17:41.53 ID:n1McV1hw.net

絵里「…まあ、亜里沙にはちょっと難しいようだから、違う部分を練習しましょう」

亜里沙(はぐらかされた…)

絵里「それじゃあ1番サビの「秘密のブランコあなたと揺れながら今~」のところををやりましょう」

絵里「これは大丈夫よね?言葉通り2人が一緒にブランコに乗っていて、お互いに優しく見つめ合うイメージでいいのよ」

亜里沙「うん、これならわかるよ!」

絵里「それじゃあいくわよ!せーのっ」

絵里&亜里沙「ひーみーつーのブーランコあーなたーとゆれなーがらーいーまー」

絵里「たーだーやさしく見つめあ……あうん!!!???」

絵里「ちょっと!カット!カットよ!!!何やってるの亜里沙!!!!」



46: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:21:59.02 ID:n1McV1hw.net

亜里沙「え?ブランコに2人で乗って見つめ合うんだよね?」

絵里「そうだけど、何で私の股の間に座ってるのよ!おかしいでしょ!!」

亜里沙「でも、雪穂とこの前公園で一緒にブランコ乗った時、こういう風に乗ったよ」

亜里沙「横幅が狭いから、一人は座ってもう一人は両端に足を置いて立つんだよね!」

絵里「そ、それはそうだけど…いい亜里沙、世の中には色んなブランコがあるのよ」

絵里「特にここの歌詞、”秘密の”ブランコよ!普通のブランコじゃないのよ!」

絵里「私と希しか乗ることを許されていないブランコなのよ!」

亜里沙「じゃあどういう形のブランコなの?」

絵里「それは…」

絵里「……」

絵里「まあそれは置いといて、次に進みましょう」

亜里沙(大丈夫かな、お姉ちゃん…)



48: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:32:06.01 ID:n1McV1hw.net

絵里「そしたら大サビ前の「二人きりの花園で眠りにつく~」の部分をやるわよ!」

絵里「ここの振り付けは完璧に考えてあるわよ!!」

絵里「亜里沙パートの「髪をなでるその手が好き」の歌い出しの部分で、私が亜里沙の頭に右手を近づける」

絵里「そしたら亜里沙は「その手が好き」のところで私の右手を亜里沙が左手で掴んで、自分の髪にそっとくっつける」

絵里「あとは私の手で自分の髪をゆっくりと撫でてもらう!」

絵里「「もっと~」のところで二人一緒に立っておしまい!」

絵里「この曲で間違いなく一番盛り上がるところになるはずよ!」

絵里「この説明でもう大丈夫よね!亜里沙!」

亜里沙「うん!今度こそ大丈夫だよ!」

絵里「じゃあやるわよ!」



49: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:35:20.55 ID:n1McV1hw.net

絵里「ふーたりーきりのはーなぞーのでねむーりにーつーくー」

絵里(ここで亜里沙の左頬そばに私の右手を持っていく!)

亜里沙「かーみーをなーでーる」
亜里沙(ここでお姉ちゃんの右手を亜里沙の左手で握る!)ギュッ

絵里(完璧よ亜里沙!その調子!)

亜里沙「そーのーてー」

亜里沙(後はお姉ちゃんの手で亜里沙の髪の毛をなでる…)

亜里沙「が~すーきー」

亜里沙(なでる!)ナデナデ

絵里(決まったわ!ハラショ………ってちょっと!!!)

絵里「カットカットカットカットカットオオオオオオオオオオ!!!!!!」



50: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:39:26.92 ID:n1McV1hw.net

亜里沙「えっ!?今度はちゃんと完璧にやったはずだよ!」

絵里「確かに私の手を掴んで髪をなでたのはいいんだけど…」

絵里「どうして頬に置いた手をわざわざ頭頂部に持ってきてナデナデしてるのよ!」

絵里「それじゃあ大人が子供に「えらいえらい」ってやる撫で方じゃない!」

絵里「もしくは犬や猫の頭をなでるような感じよ!」

亜里沙「それじゃあまずかったかな?」

絵里「そりゃそうよ!亜里沙、あなたこの歌詞を読んでどういう光景を思い描いてたの!?」

亜里沙「えっと…お姉ちゃんと希さんがユリの花でいっぱいの公園に来て、ブランコに乗ったりちょうちょを追いかけたりして遊んでたんだけど」

亜里沙「飽きて疲れたから眠っちゃって、お姉ちゃんが希さんをよしよしって撫でるんじゃないの?」

絵里「全然違うわよ!そういうのも憧れるけれども!」



52: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:41:48.46 ID:n1McV1hw.net

亜里沙「ごめんなさい、亜里沙まだ難しい日本語分からなくて…あとでお姉ちゃんに歌詞の意味を教えてもらおうと思ってたんだけど…」

絵里(そうだったわね、私の方も新曲に舞い上がるばかりで、亜里沙がまだ日本語になれてないこと、すっかり忘れてたわ)

絵里(なんだか悪いことをしたわね…)

絵里「わたしの方こそごめんなさい、亜里沙」

絵里「そしたらね、償いと言っては何だけど、この曲の解説をたっぷりとしてあげるわ!」

絵里「μ’sのメンバーでもあんまり知られてない情報もあるわよ!」

亜里沙「本当!?すごい嬉しい!いっぱい聞かせて!」

絵里「もちろんよ!まず硝子の花園っていうのはね………ここで秘密のブランコが示しているのは実は………」



53: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:44:25.86 ID:n1McV1hw.net

~数時間経過~

絵里「…というわけで、この曲は私と希の永遠の愛を誓った曲なのよ!」ドヤア

亜里沙「……」ポケー

絵里「あ、亜里沙、大丈夫!?」

亜里沙「………」プシュー

絵里「…亜里沙には刺激が強すぎたようね」

絵里「まあ女の子にいつか来るプリンセスの日を私が少し早めてしまったようね」フッ

絵里「これも姉としての役目の一環、亜里沙、立派に育つのよ」

絵里「それじゃおやすみなさい亜里沙、いい夢見れるといいわね」ガチャ

亜里沙「ユメノメイロ…ユリノメイロ…」



54: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 00:50:17.19 ID:n1McV1hw.net

絵里「ふう、大分遅い時間になっちゃったわね」

絵里「明日も学校だし、そろそろ寝なきゃね」

絵里「ミーティングで新曲の発表が決まったら、すぐに希と一緒に練習しなくちゃ!」

絵里「明日が楽しみだわ」ニヤニヤ



65: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:38:48.70 ID:ozORAoS9.net

絵里「……」zzz

------------------------------------------------------------------------------

???「え~りち~」

絵里「…う~ん」ムニャムニャ

???「えーりーちーーー」

絵里「…んー、おばあさま…」ムニャムニャ

???「えりちってば!!」

絵里「わあああっ!何!?いったい誰よ!」

???「ちょっとー!なにウチのこと忘れてんのー!ひどい!」

絵里「あっ、なんだ、希じゃない、びっくりさせないでよ!」

希「だってえりち、話しかけても全然気づいてくれないんだもん」

絵里「それにしたってそんなに声を張り上げたら誰だってびっくりするわよ!」



67: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:43:01.51 ID:ozORAoS9.net

絵里「…ん?ここはどこ?私達どこにいるの?」

絵里「花畑?いろんな色の花があるけど、ユリかしら?」

絵里「やけに広いけど私達以外誰もいなさそうね…」

絵里「みわたす限り光にあふれていて、なんだか不思議な雰囲気…」

絵里「…ん、ここってまさか!?」

希「そう、ここはうちらだけしかいない花園」

希「硝子の花園に今うちらはいるんよ」

絵里「えっ!?どうして!?どうやって私達はここに来れたの!?」

希「そんな細かいこと気にせんでもええやん、二人で楽しもう!」ニコッ

絵里「そ、そうね!」キュン!

絵里(なんだか希が普段よりさらに可愛く見えるわ…)



68: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:51:17.28 ID:ozORAoS9.net

希「それにしてもここは、いっぱいユリの花が咲いてて綺麗やね」

絵里「本当にそうね、こんなの今まで見たことないわ…」

希「ウチ、白いユリの花が大好きなんよ」

希「高貴で上品な真っ白に輝いた、立派で瑞々しい花びらをつける」

希「ちょっと見た目が派手で近寄りがたいけれども、そばによって花びらに触れてみるとしっとり柔らかい…」

希「…そんな誰かさんにそっくりな白いユリの花が、大好きでしょうがないんよ」

絵里(……えっ!?)

希「……」ジーッ



69: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:52:35.90 ID:ozORAoS9.net

絵里「な、なに?人の顔をまじまじと見つめて!?」

希「えりちって、本当に透き通った白い肌してるよね」

希「髪もさらさらでいい香り…」サッ

絵里「ちょ、ちょっと希!顔近い!!それに急に髪の毛なでられたらびっくりするわよ!」

希「ダメ?」

絵里「いや、ダメじゃないけど…むしろ嬉しいぐらいよ」

希「それならよかった!」

希「……」



70: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:56:01.62 ID:ozORAoS9.net

希「ウチ、えりちに会えて本当に幸せだった」

希「えりちに出会ってなかったら、ウチは生きる喜びを見つけられなかったかもしれない」

希「もしかしたらすでにこの世にいなかったのかもしれない」

希「だからえりちには感謝してもしきれんよ、本当にありがとう…」

絵里「希…」

希「…ウチ、ずっとえりちを見つめていたい…」

希「えりちのこと、いっぱい感じたいな」

絵里「のっ…のっ…」

-----------------------------------------------------------------------------------------

絵里「のぞみいいいいいい!!!!!!」ガバッ

絵里「ハッ!?ゆ、夢!?」



71: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 23:59:40.49 ID:ozORAoS9.net

絵里「硝子の花園は!?この現実には存在しないの!?」

絵里「希からの愛の告白も全部夢だったのね…」

絵里「でもなんてハラショーな夢だったのかしら!これは今までの最高点を更新して434ハラショーよ!」

絵里「やっぱり希愛用のシャンプーを枕に染み込ませて寝ると効果絶大ね!」

♪ハーブレイッ!アリフレタカナーシミーアリフーレターイータミトー

絵里「ん?希からこのタイミングで電話!?何かしら!?」ピッ



絵里「おはよう希、どうかした?」

希「ごめんなえりち、こんな朝早くに」

絵里「全然問題ないわよ、むしろ最高のタイミングよ!」

希「最高のタイミング?どういうこと?」

絵里「ごめん、こっちの話よ、何でもないわ」



72: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:00:36.81 ID:F9PohaR7.net

絵里「それより急にどうしたの?何か困ったことでもあった?」

希「困ったというか何というか…えりち、海未ちゃんから新曲の件について聞いた?」

絵里「聞いたわよ!あんな素晴らしい曲、希と歌えるなんて幸せだわ!」

希「その件で今日ミーティングやるんよね?」

絵里「ええ、そうよ!次のライブに向けて、早く練習しましょう!振り付けもバッチリ考えてあるわよ!」

希「…」

絵里「どうしたの?元気ないじゃない?」


希「あんなー、えりち、ちょっと言いにくいんやけど…」




希「あの曲を次のライブでやるって話、やっぱり無しにしといてもらえん?」



74: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:01:39.42 ID:F9PohaR7.net

絵里「…へ?」




希「ウチから一緒に歌いたいって言った手前、えりちには申し訳ないんやけど…」

希「本当はうちだってえりちと二人で歌いたいんよ」

希「でも色々考えた結果、うちら2人のデュエットで新曲を発表しちゃうと、μ’sの新曲が目立たなくなっちゃうかなって」

希「みんなに迷惑かけちゃうかなと思って、悩んだ結果出した答えなんよ」

希「ほんまにごめん!ウチの考えが浅はかだったせいで…」

絵里「」



75: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 00:04:28.26 ID:F9PohaR7.net

希「それでね、もうひとつ今日のミーティングのことなんやけどね」

希「海未ちゃんはミーティングを開く事以外は特別なにも言ってないみたいやし、うちらのデュエットの件は、ミーティングでは特に触れないようにしてもらえる?」

希「他のメンバーは皆優しいから、新曲のこと話しちゃうと、気を使ってうちらに歌わせようとすると思うんよ」

希「そういう訳で、新曲の件、皆の前では隠しといてな、ごめん!」

希「じゃあえりち、またあとで学校でな、ほな」ピッ

絵里「」

絵里「Heartbreak…」



92: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:46:23.79 ID:GKwxr0uY.net

~部室~
海未「じゃあ、ミーティングを始めましょうか」

穂乃果「海未ちゃん、今日は何のミーティングするの?」

海未「今日はですね…」

海未(どうやら希は私だけでなく、絵里と真姫にも例の曲については伏せておくように根回ししているようです)

海未「次のライブで少人数ユニット曲を何曲かやることは前回の話し合いで決まりましたよね」

海未「それで、具体的に誰が何を歌うかを決めたいと思うんです」

海未(まあ、もともとこの件についてミーティングをする必要があったので、今日のミーティングを突然開いたことに対しては、違和感は抱かれていないようです)


穂乃果「そういえばまだ決めてなかったね」

海未「それで、公平に1人1曲は歌えるような組み合わせにしようと思うのですが…」



93: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:48:29.63 ID:GKwxr0uY.net

穂乃果「はいはーい!そしたら私ソロやってみたい!「愛は太陽じゃない!?」とかがいいな!」

にこ「ちょっと穂乃果!ソロは私の専売特許よ!宇宙No.1アイドルにこにーの貴重なソロライブの邪魔しないでよね!」

にこ「「にこぷり❤女子道」でみんなを魅了させるんだから!」

穂乃果「え~いいじゃーん、にこちゃんのケチー」

穂乃果「他にもソロで歌いたい人はいっぱいいるはずだよ!ね、花陽ちゃん?」

花陽「わ、わたしはちょっと…ソロは恥ずかしいかな…」

穂乃果「どうして?ソロで歌えるなんてアイドルとしては一番の夢だよ!そうそうこんな機会ないよ!」

花陽「でも私のソロ曲…「孤独なHeaven」って、やっぱりちょっと私には合ってないというか…」

花陽「私はことりちゃんと一緒に「告白日和、です!」を歌えたらいいなーって思うんだけど、ことりちゃん、どうかな?」

ことり「私はもちろんいいよ!そしたらいっそのことプランタンの3人で歌うのもいいんじゃないかなあ?」

ことり「「pure girls project」みたいな可愛い曲をみんなで歌えたらすごい楽しそうだな~って思ってるよ!」

ことり「穂乃果ちゃんはどうかな?やっぱりソロがいい?」

穂乃果「うーん、プランタンの3人で歌うのも捨てがたい…」

穂乃果「あーん、どうしよ~!決められないよ~!海未ちゃん助けて!」



94: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:49:17.05 ID:GKwxr0uY.net

海未「穂乃果のことですから、そう言うと思ってました」ハア

海未「ここでワイワイ話合うのもいいですが、時間の関係上くじ引きにします」

凛「くじ引き?どういう風にやるの?」

海未「この箱のなかに、今まで結成された全てのユニットの名前が書かれた紙が入っています」

海未「それらを1枚づつ順々に引いていって、にこ以外の8人が登場するまでやります」

海未「ただし、引いた紙の中ににこ、もしくは今まで出てきたユニットのメンバーが含まれている場合にはそれを排除します」

海未「例えば、最初にプランタン、次ににこりんぱなが出た場合、にこりんぱなは不採用となります」

凛「なるほどにゃ~」

海未「そして、最後の1枚を引いてもなお登場していないメンバーはソロ曲を担当していただくことになります」



95: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:49:47.39 ID:GKwxr0uY.net

海未「これで異論ないでしょうか?」

穂乃果「海未ちゃんさっすがー!もちろん賛成!ありがとう!」

海未(まあ私と穂乃果は一緒に歌うことはないんですけどね)ションボリ

海未「にこも異論無いですよね?」ギロリ

にこ「うっ…しょ、しょうがないわね~宇宙No.1アイドルは心も寛大だから、許してあげちゃうニコ❤」

海未「絵里も大丈夫でしょうか?」

絵里「ええ、問題ないわ。わざわざありがとう、海未」

海未(新曲の件でかなりショックを受けていると思っていましたが、意外と気丈に振る舞えているようですね、安心しました)

海未「では早速引いていきます!いざ!」



97: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:50:48.20 ID:GKwxr0uY.net

~くじ引き結果~
・絵里、海未、真姫
・穂乃果、凛
・ことり、花陽
・希


にこ「ほとんどが前にやったシャッフル企画のユニットになったわね…」

希「ウチがソロ担当か~「純愛レンズ」久々に歌うから緊張するわー」

穂乃果「凛ちゃんとは「Mermaid festa vol.2」を歌うことになるね、よろしく!」

凛「よろしくにゃ~!」

ことり「花陽ちゃん、希望が叶ってよかったね、よろしく!」

花陽「うん、こちらこそよろしく!」



98: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:51:58.96 ID:GKwxr0uY.net

海未「みんなそれぞれ持ち歌が1曲しかないので、曲のチョイスに迷う必要も無くなりましたね」

海未「それでは早速ユニット別に分かれて練習しましょう!」

真姫「絵里、私達3人のリーダーとしてよろしく頼むわよ!」

絵里「ええ、もちろんよ!」

絵里「「soldier garden」、3人で頑張って成功させるわよ!」

海未・真姫(……ん!?)

絵里「本番はこの3人以外誰もいないし誰もいらないわ!」

絵里「静かなため息なんかつかないで、ブランコで揺れるような感じで盛り上がっていくわよ!」

真姫(何を言っているのか)

海未(全く分かりません…)

海未・真姫(絵里…)



131: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:43:16.93 ID:G4co0ed8.net

~ソルゲ組練習@屋上~
海未「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、…絵里!またテンポに乗り遅れてますよ!」

絵里「ご、ごめん……きゃあっ!」ドタッ

真姫「絵里!大丈夫!?」

絵里「大丈夫、ちょっとターンで足がもつれて転んだだけだから…」

海未「…一旦休憩にしましょうか」

海未「どうしたのですか絵里、今日の動きは普段のあなたのものとは思えないぐらい覚束ないですよ」

絵里「…そうかしら、ごめんなさいね、皆に迷惑をかけちゃって…」

絵里「こんなんじゃ最上級生としては認められないわね…」ハア

絵里「うっ、持病のしゃくが…ちょっとお花を摘みに行ってくるわ…」バタン

真姫・海未「……」



134: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:51:31.16 ID:G4co0ed8.net

真姫「この様子だと相当メンタルやられてるわね」

海未「ええ、原因はどう考えても希が絵里とのデュエットを断ったせいでしょう」

真姫「あえてその件には触れないでいたけど、どうしたらいいのかしら」

海未「流石にあれほど精神に不調をきたしているとなると、放ってはおけませんね」

真姫「それにしてもダンスにまで支障が出るほど落ち込むなんて…同情はするけど、ちょっと精神的に脆すぎじゃない?」

海未「でも真姫が同じ立場だったらどうですか?にことのデュエットが急にご破算になったら、同じように放心状態になってしまいませんか?」

真姫「うーん、私は落ち込みもするだろうけど、その場合だとにこちゃんへの怒りの方が勝っちゃうかもね」

海未「確かに2人の痴話喧嘩は容易に想像できますね」



135: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:53:35.13 ID:G4co0ed8.net

真姫「痴話喧嘩じゃないわよ!海未はどうなの?穂乃果とのデュエットがなくなったら…」

海未「私はおそらくショックで一日中寝込んでしまうと思います」

真姫「意外ね、海未がそんなに落ち込みやすい性格だなんて」

海未「穂乃果がμ’sを辞めようとしたことは覚えていますよね?」

真姫「そりゃあもちろんよ」

海未「そのときは穂乃果がμ’sを辞めることに対する喪失感と、穂乃果の頬を叩いてしまった罪悪感で三日三晩寝こみました」

真姫「メンタル弱っ!!」

海未「寝込んだ後何とか筆を握れるまでに回復したので、穂乃果への思いをノート1冊が埋まるまでひたすら書き続けました」

海未「その後1週間毎日穂むらの方向に穂乃果の練習着を飾り1日5回礼拝することで私の心は平静を取り戻しました」

真姫「海未、ぜひ一度西木野総合病院精神科の受診をおすすめするわ」



136: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:56:02.95 ID:G4co0ed8.net

真姫「いくらなんでも屈折しすぎよ!」

海未「真姫、あなたは何にも分かっていないのですね」

真姫「何よ!」

海未「あなたは非常に恵まれているのですよ」

真姫「どういう意味?」

海未「あなたもにこもレズであることは間違いないですよね?」

真姫「まあそうね」

海未「無論私もレズです」

海未「というより、μ’sのメンバーはほとんどレズであることは周知の事実です」

海未「しかし、残念なことに穂乃果にはレズっぽさがあまり感じられません」



137: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 00:59:43.95 ID:G4co0ed8.net

真姫「どうして?よく海未の前で「海未ちゃん大好き!」ってよく言ってるじゃない」

真姫「この前なんか「将来は海未ちゃんみたいなしっかりした人に面倒見てもらいたいなあ」ってつぶやいてたわよ」

真姫「事あるごとに海未のことを話してるんだから、穂乃果だって海未のこと好きなはずよ!」

海未「では聞きますが、真姫は穂乃果に「真姫ちゃん大好き!」と言われたことはないですか?」

真姫「…言われてみれば何回も聞いたことある気がするわね」

真姫「しかも穂乃果のことは本命じゃないのに、心がキュンとしちゃったわ」

海未「あの子はそういう子なんです」

海未「みんなに対してほぼ平等に、なおかつ人の心を揺さぶってしまうような行動や言動を平然と出来てしまう」

海未「そんな穂乃果は太陽であり、天使でもあると思います」



138: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:04:15.77 ID:G4co0ed8.net

海未「悪く言ってしまえば八方美人、さらに悪く言えば天然ジゴロなんです」

海未「穂乃果の行動、言動全てがそれらで説明できてしまうため、逆にレズを匂わせるような所見に乏しいんです」

海未「むしろ純粋ノンケ宣言イェイイェイェイしても違和感が無いほどです」

海未「そんな存在に恋愛感情を抱いていたら、正気なんか保てるわけ無いです!」

真姫「…にこちゃんも天使のような存在だけど、私にだけ愛情を向けてくれてるだろうなってのは分かってるから辛くないわね」

海未「全く、2人が羨ましいです」

海未「それで、絵里と希の話に戻ろうと思います」

海未「希も穂乃果ほどではありませんが、レズっぽい行動や言動が少ないと私は思うんです」



139: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 01:04:41.04 ID:G4co0ed8.net

真姫「確かに、特定の誰かに対して愛情を示すというよりは、皆を見守っているイメージの方が強いわね」

真姫「絵里に対する態度も、表面上は皆への接し方とあんまり変わらない感じよね」

海未「ええ、真姫のにこに対するあからさまな態度の変化とは大違いです」

真姫「大きなお世話よ!」

海未「なので、絵里が今非常に辛い思いを抱えているのは、状況が少し私の場合と似ているので何となくわかるんです」

真姫「そういうことだったのね…あっ、絵里が帰ってくるわよ」

海未「やはり本人に今の苦しみを全て打ち明けてもらいましょう」

真姫「そうね、そうしましょう」



153: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 23:50:52.20 ID:D74zVpKY.net

絵里「……みんなお待たせ」

真姫「…絵里、ちょっと話があるんだけど」

海未「真姫と今2人で話していたんですが、絵里、やはりのぞ」絵里「うわああああああああああん」

海未・真姫「!?」ビクッ

絵里「どうして希は私と一緒に歌ってくれないの!?」

絵里「とっても良い曲をあなた達に作ってもらって、我ながら素晴らしい振り付けをせっかっく考えてきたのに!」

絵里「亜里沙もこの曲を絶賛してて、スクールアイドルになったら歌いたいって言ってるぐらいよ!」

海未(亜里沙から今朝突然2人きりで話したいことがある旨のメールが来ましたが、まさかそのせいでしょうか…)



154: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 23:51:59.10 ID:D74zVpKY.net

絵里「それに作曲作詞を依頼したのは希自身じゃない!」

絵里「そもそも次のライブで一緒に歌いたいって言ったのも希の方からだし…」

絵里「希は一体どういう考えなのかしら…」

絵里「…やっぱり私のことを嫌いになってしまったのかしら」

真姫「何か心当たりがあるの?」

絵里「この前希の家にあったとろけるプリン焼肉味を勝手に食べたせいかも」

絵里「いや、この前希の寝顔を勝手にツイッターに投稿しちゃったことで怒ったのかも」

絵里「そうじゃないとしたら、希の家にあるシャンプーを少しずつ拝借してたのがバレたのかしら」

真姫(全部しょーもないわね…かくいう私もにこちゃんの使ったお箸を持ち帰ろうとした時は流石に怒られたけどね)



155: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 23:55:19.37 ID:D74zVpKY.net

絵里「もう駄目だわ…希に嫌われたらこの世界にいる意味なんてないわ」ガシッ

真姫「ちょっと!なに柵によじ登ろうとしてるのよ!」

絵里「私は希と結ばれる来世に一足早く逝ってくるわ」

海未「何考えてるんですか絵里!馬鹿な真似はよしてください!」

真姫「そうよ!海未、取り押さえるわよ!」

海未「はい!」

絵里「離して!私は希がいないとダメなのよ!」

真姫「お願いだから早まらないで!」

絵里「離してーーーーー!!」



156: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 23:55:57.95 ID:D74zVpKY.net


……
………

真姫「どう、落ち着いた?」

絵里「…ええ、本当にごめんなさい、迷惑かけちゃって」

海未「仕方ありません、絵里がここまで落ち込むのも一理あると思います」

海未「正直なところ、希の突然の心変わりには私達もかなり驚いています」

絵里「あなた達二人も何か心当たりはないの?」

海未「うーん、私の方は全く無いですね」

真姫「私も同様。全然ないわね」

絵里「そう…」



157: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 23:57:24.10 ID:D74zVpKY.net

海未「作詞の依頼を受けたときも、普段と変わった様子は特にありませんでした」

真姫「そうね、むしろテンション高すぎで対処が面倒だったぐらいよ」

海未「そうですね、テンションは……あれ?」

海未「私の前ではテンションは普通でしたよ」

真姫「えっ、そうなの!?」

真姫「私が作曲の依頼を受けた時は……」



158: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 23:58:16.51 ID:D74zVpKY.net

-------------------------------
@音楽室
真姫「~♪」ポロロン

真姫「ふう、やっぱりピアノを弾くと落ち着くわね」

真姫「そろそろ部活が始まるころだしこれぐらいにしておこうかしら」

\マキチャーーーン/

真姫「ん?誰の声かしら」

\マキチャンマキチャンマキチャーーーーン/

真姫「この呼び方は凛ね、全くいちいちうるさいんだから」

??「まきちゃーーーーーーーん!!!」

真姫「ちょっと凛、やかましいわよ!名前呼ぶのは1回で十分よ!」

希「あっれー真姫ちゃん、ウチの声も分からんの?悲しいわあー」



159: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 23:59:10.39 ID:D74zVpKY.net

真姫「えっ、希!?どうしたの、やけに元気そうじゃない」

希「ウチはいつでも元気やで!だってウチ、スピリチュアルやし!」

真姫「あっそう」

希「何や真姫ちゃんつれないなー、ほんなら希パワーたーっぷり注入してあげよか?」

真姫「オコトワリシマス」

希「もーう!真姫ちゃんのいーけーずー!そんな悪い子にしてるとサンタさんからプレゼントもらえなくなっちゃうよっ♪」

真姫(希の人格が3馬鹿トリオを足して3で割らない感じになってるわ…)

真姫「それで、何の用?何かあるからわざわざここに来たんじゃないの?」

希「おっ、真姫ちゃんさっすがー!話が早い!そんな賢いけどサンタさんからプレゼントをもらえない真姫ちゃんには、ウチからたーっぷりプレゼント♡」ワシワシマックス

真姫「ぎゃーーーーーーーっ!」



160: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 00:00:29.93 ID:cVoTtrvO.net

--------------------------------------------------

真姫「っていう感じだったわ」

海未「希らしからぬテンションですね…」

絵里「私としてはそんな希もハラショーよ!」

真姫「ということは、希が私に作曲を依頼してから海未に作詞を依頼するまでの間に何かあったのかしら」

海未「どうですかね、ただ単にその日だけたまたま気分が高揚してただけかもしれませんよ」

真姫「もしかして私が作った曲が希にとってはイマイチだったのかしら…」

海未「それはあり得ませんね、私には「真姫ちゃんが希望通りの曲を作ってくれた」と話してましたし」

絵里「もういてもたってもいられないわ!何か原因があるはずよ!何としてでも探しだしてやるわ!」ピューッ

真姫「あっ、行っちゃった…」

海未「soldier gameの練習はどうするのでしょうか…」



194: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:03:34.85 ID:UrjNHZ8w.net

@エリーチ家

絵里(あれから色々情報を集めにいったけど、大した成果は得られなかった)

絵里(にこを始めとする同級生に聞いてみたけど特に変わったことは無し)

絵里(μ’sのメンバーも皆変わった様子はないと口をそろえて話している)

絵里(私自身が授業中、休み時間、部活中の希の様子を見ていても、特に違和感は覚えなかった)

絵里(今日の帰り道、思い切って希本人にも聞いてみたけれど…)

---------------------------------------------------------------------------
絵里「でね、穂乃果ったらあそこで勢い余って転んじゃったのよ」

希「はは、穂乃果ちゃんらしいなー」

希「あ、もうこの道まで来ちゃったか。じゃあえりち、また明日なー」

絵里「また明日…あ、まって、希!」

希「うわっ!急に大きな声出されるとびっくりするやろ、えりち」



195: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:04:52.28 ID:UrjNHZ8w.net

絵里「今まで黙ってたけど、率直に聞かせてもらうわ!」

絵里「一度はやる予定だったあの新曲、どうしてやめにしようなんて言ったの?」

希「……」

絵里「私、希と歌うのすごい楽しみにしてたのよ!なのになんで…」

希「…別にそこまで複雑な理由じゃないよ」

希「うちらが新曲を披露するとμ’s全体の新曲のインパクトが薄くなる」

希「だから、うちらの新曲披露はお預けにした方がいいかな、ってこと」



197: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:05:26.60 ID:UrjNHZ8w.net

絵里「確かにそうだけど、新曲の依頼をしたのは希自身でしょ!」

絵里「やめにした理由は本当にそれだけなの?」

絵里「そしたら最初から一緒に歌う予定なんか立てなきゃよかったんじゃないの?」

希「そうやね……」

希「…えりち、ごめんな、ウチのせいで…」

絵里「…ごめんなさい、私も言い過ぎたわ…」

希「…別にええよ、悪いのはウチやし…」

希「…じゃあえりち、また明日な」

絵里(こんな感じで希と少し気まずくなってしまった)

絵里(希はμ’sに迷惑をかけないためって一応理由を話してくれたけど、それ以上は希の口からは何も聞けなかった)

絵里「希、何か隠してるのかしら…さすがに少し嫌われちゃったかしら」



198: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:06:17.27 ID:UrjNHZ8w.net

コンコン ガチャ

亜里沙「お姉ちゃん、紅茶入れたんだけど飲む?」

絵里「うーん、ちょっと遠慮しておくわ、ありがとう亜里沙」

亜里沙「そっか……お姉ちゃん、元気ないの?亜里沙、話聞くよ?」

絵里「うん、実は、例の新曲の披露、お流れになっちゃったの」

亜里沙「ええーーーっ、そうなの!?亜里沙、すっごい楽しみにしてたのになー」

絵里「ごめんね、期待させちゃって」

絵里「亜里沙には練習にも付き合ってもらったのにね」

亜里沙「ううん、あの曲の練習とっても楽しかったから大丈夫!」

亜里沙「実はこの前、雪穂ともこの曲の練習したんだ!」



199: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:07:22.76 ID:UrjNHZ8w.net

絵里「あら、そうなの?」

亜里沙「雪穂、最初は「何なの、この歌詞…」って言ってたけど、この前お姉ちゃんに聞いた歌詞の意味を教えたら、すごいノリノリで踊ってくれたよ」

亜里沙「練習の最後の方は「ありさぁ、もっとおどろうよぉ」って感じだったよ、顔も火照ってて疲れてるのにまだまだ踊ろうだなんて、雪穂はすごい練習熱心なんだよ!」

絵里(雪穂、完全に堕ちたわね)

絵里(というより亜里沙は百合世界に足を踏み入れながらぴゅあぴゅあを見せつけてくるのね、さすが我が妹、妹じゃなければ私が堕ちていたかもしれないわ)

絵里「あんまり無理して長時間練習に付きあわせちゃだめよ、亜里沙」

亜里沙「うん、気をつけるね、お姉ちゃん」



200: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:07:48.97 ID:UrjNHZ8w.net

亜里沙「あっ、明日日直だから早く寝なきゃ、おやすみなさい!」

絵里「おやすみなさい」

ガチャ
絵里(亜里沙は幸せそうでうらやましいわ、それに比べて私はイマイチね…)

絵里(はあ、数日前にはしゃぎすぎた反動もあって、アイスブルーな気分だわ)

絵里(何もやる気がおきない…今日は私ももう寝ようかしら)

♪ガンバラネーバネーバネバギブアプーナーナナナーナナーリタイナー

絵里「メールね、誰からかしら?」

絵里「ん!希からだわ!」



201: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:11:22.81 ID:UrjNHZ8w.net

From 希

今日も練習おつかれさん!

重ね重ねになっちゃうけど、ライブの件、本当にごめんね。

ウチ、ずっとえりちとのデュエットを歌いたくて、今回海未ちゃんと真姫ちゃんに急遽曲を作ってもらったんだけど

改めて考えなおしたら、その新曲のせいでμ’s全体に迷惑かけちゃうと思って、今回はやめにしようってことにしました。

ホンマにごめん、ウチが浅はかだったせいで。

でも、今日はえりちの口から直接、うちとのデュエットを凄く楽しみにしてたって言葉が聞けて、とっても幸せだったよ。

まだまだライブの機会は何度もあるだろうから、焦らずに時期を見計らって硝子の花園、一緒に歌おうな!

まずは目先のライブ、絶対成功させような!

μ’s全体だけじゃなくて、少人数ユニットやソロで歌う貴重なライブだもんね。

ウチはソロで歌うから、実は今までのライブの中でもかなり緊張してるんよ。えりち、こんなか弱いウチを励ましてや(笑)

えりちもソルゲ組のセンターやろ?責任重大やん!

いつにも増して賢く可愛く、さらに格好良く決めて、みんなをリードしていくえりちが見れるのを期待してるで!

明日も朝練やし、今日はもう寝るね、おやすみなさい!

P.S. この前えりちにもらったペリメニ味のチョコレート、食べて最初はびっくりする味がしたけど、癖になりそう!

またえりちに作ってもらって、今度は一緒に食べたいな❤



202: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 00:12:18.45 ID:UrjNHZ8w.net

絵里「」ズッキューーーーーーーーーーン

絵里「ハラショーや ああハラショーや ハラショーや」

絵里「良かった、希に嫌われてるようではなかったようね!」

絵里「もう、私の希、なんて罪な女なのかしら❤」

絵里「ああっ、こんなメールだけじゃ我慢できない、電話越しでいいからもっと熱い夜を希と堪能……」

絵里「…だめだめ、希も言ってたようにまずは目先のライブに集中しなきゃ」

絵里「さすがに最近腑抜けすぎてたから、明日から気合いれなきゃ!」

絵里「ライブ当日はsoldier gameでびしっと決めて、希のハートを鷲掴みにしてやるわ!!」



241: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 23:38:36.06 ID:e471Ueok.net

@屋上
マタアエタノニ~アイムソルジャーハート♪ア~ン

真姫「ふぅ、疲れた…」

海未「最初から通しで踊って歌うのは流石に体力の消耗が激しいですね」

真姫「でも3人とも大きなミスもなくこなせたし、いい感じじゃない?」

海未「私も同感です」

海未「絵里、この辺りで少し休憩を取りませんか?」

絵里「うーん、ちょっとまだ早いかしら」

海未「そうですか?いい感じで締めたこのタイミングで休憩でもいいと思うのですが…」



242: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 23:39:26.06 ID:e471Ueok.net

絵里「確かに私達3人、最後まで途中で詰まることなく踊れたわ」

絵里「でもこれじゃまだまだ。80点ってところかしら」

絵里「海未と真姫は失敗はしないお利口さんだけど、反面失敗を恐れて攻めた動きをしない感じがあると思うの」

真姫「まあ、言われてみればそうね」

絵里「特に出だしのところで動きが小さくなってるわ、ちょっと私がやってみるわね」

絵里「3,2,1,0!ここで登場、見てなさい、私の本気~♪」ビシッ

絵里「これぐらい動きにメリハリをつけたほうがいいわね」

海未・真姫「Wow…」

海未(ライブ直前のこのタイミングで、絵里の気合と動きのキレが急上昇してますね)

真姫(あれだけ最近ポンコツだったのが嘘のようね)

海未(何かいいことでもあったんでしょうか…)



244: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 23:46:38.77 ID:e471Ueok.net

真姫(どうせあれでしょ、希に「えりちのsoldier game楽しみにしてるで~」とか言われたんでしょ)

絵里「ま~き~、きこえてるわよ~!?」

真姫「ご、ごめん!」

絵里「確かに図星よ、希にそう言われたわ」

真姫「じゃあ最近気合入ってるのもそのせいなの?」

絵里「そうじゃないと言ったら嘘になるわね」

絵里「でもそれだけじゃないの」

絵里「よくよく考えてみたら、μ's9人でやるライブはあと何回かは残されてるけど、この3人で曲を披露するのはもしかしたら最後かもしれない」

絵里「そんな中で、私は歌いたかった曲が歌えなくなったぐらいで呆けてたんだろうって、全くもってダメよね」

絵里「だからμ’sのためにも、あなた達2人のためにも、この曲には全身全霊をかけようと思う」



245: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 23:53:21.89 ID:e471Ueok.net

絵里「…本当に今更感が否めないけど、本番までの期間、よろしくお願いできるかしら?」

海未・真姫「……」

海未「…もちろんです!」

真姫「当たり前デッショー!絵里がいないとこの曲は全然締まらないわよ!」

海未「絵里、ソルゲ組のリーダーとして、私達を引っ張ってください!」

絵里「2人とも…本当にありがとう!」

絵里「それじゃ、練習気合入れていくわよ-!」



248: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:01:23.43 ID:8rrhZOBu.net

~ライブ当日~
マタアエタノニ~アイムソルジャーハート♪ア~ン

\ワアアアアアアアアア!/

\ンミチャアアアア!/ \マッキマッキマー!/\KKE!KKE!/



@舞台裏
真姫「ふう、やりきったわね!」

海未「ええ、このsoldier game、今までで一番気持ち良く踊れました!」

絵里「今回は間違いなく100点の出来よ!」

希「えりち、めっちゃ格好よかったで~、もうずっと心がキュンキュンしてたわ❤」

絵里「ありがとう希、あなたも次ソロでしょ?緊張してない?」

希「ふふっ、ソルゲ組のハイレベルな踊りと歌唱力を見てたら、少し萎縮しちゃったわー」

絵里「大して緊張してないのね?」

希「ありゃ、バレちゃったか」



249: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:01:54.15 ID:8rrhZOBu.net

希「練習の時はなぜか緊張してたけど、本番直前だと意外となんとかなるもんやね!」

絵里「全く、希ったらもう…頑張ってきてね!」

希「えりち、ありがとう!ほな、行ってくるね!」タッタッタッ

シーンジテーココーロガトーキーメーイター♪

絵里(やっぱり希の歌声はいつ聞いてもいいわね)

絵里(茶目っ気満載だけど実は繊細な性格の希だけど、声すらもそんな印象を与えてるこの感じ、たまらないわあ)

ジュンアイナラーミーノラセタイモンネー♪

絵里(ああ、希はなんて素敵なのかしら…)



250: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:07:42.12 ID:8rrhZOBu.net

絵里(希とデュエットできたらどんなに幸せだっただろうな…)

絵里(いやいや、今日はこの後μ’sの新曲もやるんだから、そんなこと考えてても仕方がないわ!)

ジャッジャジャッジャージャーン♪

\ワアアアアアアアアア/

希「みんな、聞いてくれてどうもありがとなー!」

希「さて、この後はいよいよμ’sの新曲の披露!」

希「…でもその前に、みんなにお知らせがあります」





希「実は今日、もう一曲、新曲の方を披露することになりました!」



251: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:13:58.12 ID:8rrhZOBu.net

\ウオオオオオオオオオオ!/


絵里「ええええっ、えっ、どういうことなの?」



希「その曲は、ウチのとってもとーっても大切な人とのデュエット曲です!」


絵里「!!!!?????!!?!??!?!?!!!!!????????」



穂乃果「えーりちゃんっ!!」

絵里「わああっ、びっくりさせないでよ!それよりどういうこと?これからμ’sの新曲披露じゃないの!?」

穂乃果「聞いたよ絵里ちゃん、当初は希ちゃんとデュエットやることが決まってたんだって?」

絵里「え、何で穂乃果が知ってるの?希から聞いたの?それとも海未や真姫から?」

海未「いえ、私達は希の方から口止めされてましたので」

真姫「誰にも言ってなかったんだけどね…」



252: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:17:15.10 ID:8rrhZOBu.net

穂乃果「雪穂から聞いたんだよ!」

絵里「! ああ、亜里沙が雪穂と一緒に練習したって言ってたから、それで伝わったのね…」

海未「私や真姫は希が歌いたくないなら仕方がないと割り切って、特に詮索もしなかったのですが…」

--------------------------------------------------------------------------------------

穂乃果「希ちゃ~ん!」

希「ん、どうしたん、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「聞いたよ、デュエットの話!」

希「え!?どうしてそれを?」

穂乃果「それより、どうしてデュエットしないの?絵里ちゃん、すごい落ち込んでたよ!」

希「うん…ちょっとな…」



253: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:22:01.11 ID:8rrhZOBu.net

穂乃果「ほうほう、タダで吐く気はなさそうですなあ、かくなる上は…凛二等兵!準備はいいかね!?」

凛「ラジャにゃ!」

穂乃果・凛「甘いFruits danceワシワシ!!」ワシワシワシワシワシワシ

希「ぎゃーーーーーーーーっ!!やめてやーーー!!」

穂乃果「おやおや、中々吐きませんなあ」ワシワシ

凛「そしたら、段々リズム変えてやるにゃ」ワーシワシワシワーシ

希「あっ、そんなペースでワシワシされたら…ああっ!」

ほのりん「いつぞやの仕返しだー!!!!」ワッシワッシワーシワシ

希「もう堪忍してやーーー!!!!」



254: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:27:32.16 ID:8rrhZOBu.net

-----------------------------------------------------------------
海未「…という感じで希は全部白状させられたんです」

真姫「μ’sの新曲の邪魔にならないよう、今回のデュエットを辞退したってことをね」

花陽「それで、絵里ちゃん以外の8人で話し合って、やっぱりデュエットをやろうってなったんだよ」

穂乃果「だってせっかくの念願のデュエットを、いくら新曲被りするから辞退するなんてもったいなさ過ぎだよ!」

穂乃果「絶対披露したほうがいいに決まってるよ!」

海未「こんな感じで穂乃果の単純一直線な鶴の一声でデュエットをやるのは決まったのですが…」

ことり「絵里ちゃん、ある日を境に急に練習に打ち込むようになっちゃったから、何だか言い出しづらくなっちゃって…」



255: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:33:14.32 ID:8rrhZOBu.net

真姫「それで、当日にサプライズ披露しようって話になったの」

絵里「で、でも、2人で一度も一緒に踊ったこと無いのよ!」

絵里「それに、振り付けは私が考えたから、希はまだ知らないはずじゃ…」

にこ「あんた、よく考えなさいよ、今回の情報の発信源は亜里沙でしょ」

絵里「あ、ということは…」

絵里「亜里沙と雪穂が希に振り付けを教えたってこと?」

にこ「そうよ、2人が毎晩付きっきりで希に振り付け指導してたらしいわよ」

穂乃果「まさかμ’sに憧れてる2人がそのμ’sのメンバーに踊りを教えるとは思わなかったよ…」

にこ「さあ絵里、家で散々練習してたんでしょ!?それも亜里沙から聞いてるわよ!」

にこ「希への思いを込めて、精一杯自分を出しきってきなさい!」



256: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:36:24.34 ID:8rrhZOBu.net

絵里「みんな、本当にありがとう!」ダッダッダッ



希「そのとっても大切な人とは…この人!」


\ワアアアアアアアアア!!/
\KKE! KKE!/


絵里「ど、どうも…絢瀬絵里と申します…」

希「えりち、緊張しすぎやで~、さっきはうちに緊張するなって言ってたくせに~」

絵里「ちょ、ちょっと、心の準備がまだ…」

希「えりち、ありがとな、こんな無茶を受け入れてくれて」

希「こんなうちだけど、これからも末永くよろしくな///」

絵里「///////」


\ノゾエリ!ノゾエリ!/\ハヤクケッコンシタホウガイインジャナイカ/


希「改めまして、それでは聞いてください、ウチとえりちのデュエット…」

絵里「曲名は…」

のぞえり「硝子の花園!」

デーデッデ~♪デーデッデ~♪デーデーデーデーデーデー♪

\ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!/



257: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:41:03.03 ID:8rrhZOBu.net

----------------------------------------------------------
@帰り道
花陽「ふわあ~、今回のライブ、お客さんの歓声すごかったね~」

真姫「今回は珍しい少人数ユニットでの披露が多かったから、かなり盛り上がってたと思うわ」

にこ「全く、あんた達のデュエットのせいで、私のソロが忘れ去られてるじゃないの!」

希「だってにこっち、元から一番最初に歌いたいって言うてたやん、そりゃ最初の方だと忘れられるやん」

にこ「ぐぬぬ、正論を言いよって…」

穂乃果「希ちゃんと絵里ちゃんのデュエットもやっぱりソルゲ組の3人がすごい輝いてたよね!」

ことり「特に絵里ちゃんの動き、いつにも増してキレッキレだった!」

凛「でも、希ちゃんとのデュエットでは顔がにやけまくってて動きもフニャフニャだったにゃ~」

絵里「ああんもう!うるさいわよ、凛!」



258: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:41:39.88 ID:8rrhZOBu.net

絵里「…でも、今回のライブ、μ’sの新曲に加えて、一度は諦めてた希とのデュエットもまさか披露できるなんて、とっても幸せだわ」

絵里「みんな、本当にありがとう!」

希「ウチも、言葉だけじゃ伝えられないぐらいみんなに感謝してる」

希「ウチ、ホントに今までμ’sやってきて良かったあ」ポロポロ

絵里「ちょ、ちょっと、何泣いちゃってるのよ希!ほら、涙拭いて!」フキフキ

7人「」ニヤニヤ

絵里「な、なによ!?」

7人「お二人さん、末永くお幸せに!」

のぞえり「/////」



259: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:44:37.50 ID:8rrhZOBu.net

絵里「あっ!」

希「どうしたん?」

絵里「さっきのライブ会場に財布わすれちゃったかも…」

絵里「みんなごめん、先に帰ってて!」ダッダッダッ



~ライブ会場~
絵里「よかったわ、ロッカー奥の隅っこに忘れてたわ」

絵里「お金は失くしてもなんとかなるけれど、この財布に入れてあるマイクロビキニ姿の希ブロマイドだけは命の次に大事よね」

希「え~りちっ」

絵里「ピャアアアア!」

希「どうしたんそんな慌てて?あっ財布見つかった?」

絵里「ななななななんでもないわよっ!それよりどうして希もここに?」



260: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:45:53.72 ID:8rrhZOBu.net

希「うちもハンカチ忘れたと思ってとんぼ返りしてきたけど、今カバンの中もう一回探したら見つかったわ~」

絵里「ふふっ、ドジっ子ね、希ったら」

希「んも~、えりちに言われたくないわ~」

希「あ、そういえばえりち」

希「さっき皆と話してて、うちの家で打ち上げやろうって話になったけど来る?」

絵里「ええ、もちろん行くわ!」

希「そしたら、皆と大分離れてしもうたし、うちらだけで先に家に向かおうか」

絵里「そうね、そうしましょう」



261: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:47:52.27 ID:8rrhZOBu.net

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
@のぞみけ

希「ふー、ようやく着いた着いた」ガチャッ

絵里「結構今日のライブはハードだったものね…」

希「もう足腰痛くて歩けんわ-」

絵里「みんなが来るまで、少しのんびりしようかしら、希」バタン

希「……」

絵里「ん?どうかした、希?」

希「ふう、やっと二人きりになれたな、えりち…」

絵里「ど、どうしたの、急に」



262: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:50:15.17 ID:8rrhZOBu.net

希「うちな、今日のライブの件でえりちにずっと隠してたことがあるんよ」

絵里「そうなの?一体何?」

希「うちが最初にデュエットの披露を取りやめにした理由は、あれだけじゃないんよ」

絵里「μ’sの新曲発表の足を引っ張りたくないって話してたこと?」

希「もちろんその理由も大いにあるよ」

希「でも、曲順、MC、発表方法の微調整さえすれば、実際そこまで新曲発表の邪魔にはならないと思うんよ」

希「あの曲をライブで披露したくなかった一番の理由はな…」

希「…「独り占め」かな」

絵里「どういうこと?」



263: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:50:58.88 ID:8rrhZOBu.net

希「最初真姫ちゃんに作曲をお願いした時、まあ自分でも恥ずかしいぐらいハイテンションだったんやけど」

希「その時真姫ちゃんには、「うちと絵里ちのラブラブな感じの曲をよろしく!」としか言わなかったんよ」

希「てっきり甘々でぴゅあぴゅあな曲調になると思いきや、あんなエロス満載の曲になってしもうたんよ」

絵里「そうなの、てっきりあの独特な雰囲気も希が注文したものだと思ってたわ…」

希「真姫ちゃんもああ見えて頭の中はエロスの塊ってわけやね」

希「それで海未ちゃんに曲調に合わせた作詞をお願いしたら、案の定リビドー全開な歌詞が出来上がってしまったやん」

希「当初の予定通り、普通に観客の前でデュエットでも良かったんやけど…」

絵里「…けど?」



264: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:53:42.43 ID:8rrhZOBu.net

希「……」

絵里「希、どういうことなの?私まだよくわか…」

モギュッ

絵里「!?」

希「えりち、このまま、ぎゅーってさせといてな…」

絵里(ちょっと、いくらなんでも距離が近すぎよ!)

希「…えりち、まだ気づかんの?」

希「うちは「絵里ちを独り占め」したくなった」

希「この曲を二人だけの花園で、二人っきりで歌いたい、っていう思いが強くなった」

希「まあ、結局今日みたいにμ’sの皆に協力してもらって披露するのもなかなか良かったけどな」



265: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:55:35.09 ID:8rrhZOBu.net

希「…ふふ、えりちの髪、やっぱりサラサラしてて綺麗やなあ」サッ

絵里「ちょ、ちょっと希!もうじき他のメンバーも来るでしょ!このままだと…」

希「他の皆は誰も来うへんよ」

絵里「えっ、打ち上げの話は嘘だったの?」

希「嘘じゃないよ、でも「今日」とは一言も言っとらんよ」

希「皆疲れてるから、明日にでもやろうって話になったんよ」

希「だから、「今日」はずっとえりちと二人っきり」

絵里「希…」



266: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 00:56:40.55 ID:8rrhZOBu.net

希「えりち、二人っきりで内緒のロマンス、感じさせてな?」



267: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 01:00:38.45 ID:8rrhZOBu.net

終わり
グダグダでごめん
初SS投稿でしたが、もし次回作を作る気力があればちゃんと書き溜めてから投稿しようと思います
保守してくれた方、イラスト投下してくださった方ありがとうございました


元スレ
海未「新曲です」絵里「タイトルは…硝子の花園?」