2: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:24:32 ID:JN7bq83I


キャラ崩壊あるかもです。

エレクリいきます。
エレクリ批判の方は申し訳ありません



3: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:25:22 ID:JN7bq83I




私は今、不可解なことに直面してます。


「どうしたんだ!無視か?」


なぜか喋るウサギの人形を拾いました。


ウサギ「おいおい、そんなに覗き込むなよ…!」


見た目以上に男らしいです。


クリスタ「あなたは、何者なの?」



4: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:26:00 ID:JN7bq83I



ウサギ「え?俺か?…俺は誰なんだろうな?」

クリスタ「えぇ!?」

ウサギ「俺がなんなのか…くそっ…思い出せねえ…」


どうやら記憶がないようです。


クリスタ「まぁいっか…」



5: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:26:47 ID:JN7bq83I



ウサギ「よくねーよ!俺の記憶だろ?」

クリスタ「私は今からご飯なの。ウサギさんも行く?」

ウサギ「そうか…よし!俺も行くわ」


ウサギさんは手乗りサイズです。
私の胸ポケットにピッタリ入ります。


ウサギ「おい!胸がでかくねえか?少し苦しい…」

クリスタ「は、はぁ///?我慢してよね!もう!!」


そして、とてもデリカシーがないです



6: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:27:46 ID:JN7bq83I





ーーーーー
ーーーー
ーーー


食堂~


がやがや…


クリスタ「なんか、ミカサ達が騒がしいね」

ユミル「そんなことは、どうでもいいじゃねえか。先にご飯だ」


この女の子は私の友達ユミルです。
スキンシップと言って、セクハラをしてきます。
素直じゃなく、本来は可愛い性格を持っています。



7: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:28:30 ID:JN7bq83I




サシャ「そうですよ!早く食べましょう!」
クリスタ「そうだよね!」


この女の子はサシャ。
食べ物が、とてつもなく大好きな子です。
このスタイルが私の理想の体型です。


ユミル「ん?なんだ、そのウサギは?」モグモグ

クリスタ「拾ったの!可愛いでしょ」モグモグ

ウサギ「可愛くないわ!」

クリスタ「ちょっ!ウサギさん!!」

ユミル「??…なに、一人でやってんだ?」

クリスタ「…え?」



8: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:29:37 ID:JN7bq83I



サシャ「今、何かの声が聞こえました!」

ユミル「は?クリスタの声しか聞こえなかったが?」

サシャ「いいえ!確かに『可愛くないわ』って聞こました!」

ユミル「そんなの聞こえなかっただろ!」

ウサギ「俺もお腹すいたなぁ」

サシャ「ほら、また!」

ユミル「はぁ?だいじょうぶか??」


どうやら、サシャには聞こえたようです。
なぜユミルには聞こえなかったんだろ?



9: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:30:27 ID:JN7bq83I




クリスタ「サシャ!ちょっと来て!!」

ユミル「私も…」

クリスタ「ユミルはダメ!」

サシャ「はい!今、食べ終わるので、すぐ行きます!」モグモグ

ユミル「まったく…どうゆうことだよ…」



10: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:31:06 ID:JN7bq83I





ーーーーー
ーーーー
ーーー

外のベンチ~


ウサギ「なんだ、サシャか」

サシャ「わぁ!しゃべるんですか!?どうして私の名前を!?」

クリスタ「わかんない…私の名前も知ってたようだし」

ウサギ「ぎゃーぎゃーうるいさなぁ」

サシャ「えへへっ…かわいいですね♪」ツンツン

ウサギ「つっつくな!」

クリスタ「はうぅ…かわいい///」



11: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:32:10 ID:JN7bq83I



ウサギ「俺だってな…」トテトテ

サシャ「わぁ!動けるんですか!?」


どうやら、動けるようです。
腕と足は飾りじゃないようです。


ウサギ「このっ!このっ!」ポコポコ

クリスタ「サシャの手を叩いてるね…かわいい///」

サシャ「あははっ全く効きませんね!」



12: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:33:01 ID:JN7bq83I



ウサギ「このぉ…」トテトテ

サシャ「…ん?」

クリスタ「あっ!サシャ!服の裾から、ウサギさんが…入って……いっちゃったね…」

サシャ「ひゃぁ!あはっあはははは!!や、やめてくだひゃい!!」

ウサギ「俺をバカにした罰だ!」

サシャ「ふぇ!?そ、そこはダメですぅ///」

ウサギ「ん?この膨らみはなんだ?」ツンツン

サシャ「あうっ///つっつかないでください//!」

ウサギ「なんだか知らないが、さっきつっついてきたお返しだ!」ムニムニ

サシャ「ひゃっ//ごめんなさい!!参りましたぁ///」

ウサギ「ふん!初めから、そうしてれば良いんだよ」

クリスタ「あっ…服の裾から出てきた」



13: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:33:49 ID:JN7bq83I




このウサギさんは負けず嫌いなようです。


サシャ「はぁはぁ…」

ウサギ「…ふん!」

クリスタ「この子は何者なんだろうね?」

サシャ「わかりませんね…とりあえず、可愛いことしか分かりませんでした」

ウサギ「あぁ?」

サシャ「というのは嘘です」


ウサギさんは小さいなりに、とても強いです。
サシャが負けちゃったからね…



14: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:34:29 ID:JN7bq83I




クリスタ「まぁとりあえず今日は寝よっか?」

サシャ「そうですね!」


私たちは、部屋へ戻ることにしました。
ユミルにも謝って、私は眠りにつきました。





ウサギ「くそっ…そういや何も食ってねえや…お腹空いたな…」トテトテ



15: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:35:16 ID:JN7bq83I




ーーーーー
ーーーー
ーーー


あの人形は、夢だったのでしょうか?
いつの間にか居なくなってました。


クリスタ「ふぁぁ…」

ユミル「おっ!天使様のお目覚めかな?」

クリスタ「私は天使じゃないよー」


どうして皆が私のことを天使と呼ぶのだろうか?
私は、そんなたいそうな人じゃないよ。



16: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:36:26 ID:JN7bq83I




ユミル「とりあえず、朝ご飯食いに行こうぜ」

クリスタ「うん!」

サシャ「あれ?クリスタ、ウサギさんは?」

ユミル「昨日の人形か?」

クリスタ「え…」


やっぱ夢じゃなかったようです。
サシャとユミルは知っているので…
じゃあ…どこへ?



17: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:37:02 ID:JN7bq83I




クリスタ「ど、どっか行っちゃったみたい」アセアセ

サシャ「…そうですか」

ユミル「早くしろよ!置いてくぞ?」

クリスタ「ま、待ってよ!ユミル!!」


まぁ居ても居なくても私には支障ないから、別にいっか…
軽く諦めつつ、私たちは、いつもの食堂へ向かいました。



18: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:37:50 ID:JN7bq83I





ーーーーー
ーーーー
ーーー

食堂~


またミカサ達のほうが騒がしいようです。
少し気になるかな


ライナー「ク、クリスタ?俺達も一緒に食べて良いか?」

クリスタ「うん!いいよ」ニコッ

ライナー「ありがとな!」



19: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:38:54 ID:JN7bq83I



ユミル「おいおい!私は許してねえぞ?」

ベルトルト「良いじゃないか、一緒に食べるだけなんだし…」


ユミルは、どうして私を男子から遠ざけるのだろう?
別に変なことされるわけでもないのに…
それに皆からの信頼もあるライナーだよ?
ユミルは何を警戒してるのかな。


クリスタ「ユミル!いいじゃない!一緒に食べるだけでしょ?」

ユミル「まぁクリスタが言うのなら…」



20: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:39:50 ID:JN7bq83I



ライナー「じゃあクリスタ前に座らせてもらうぞ」

クリスタ「うん!」ニコッ


どうしたのかな?
ライナーがニヤけながら顔を赤らめてる。


クリスタ「ライナー?どうしたの?」

ライナー「あ、あぁ…ちょっと考え事しててな…」



21: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:40:56 ID:JN7bq83I



ユミル「クリスタ、そんなゴリラを気にしてんじゃねえよ!ほら、あーんしろ?私がパン食わしてやる♪」

クリスタ「いいよいいよ!そんなの!!」アセアセ


私はそれくらい一人で出来るのに…
ユミルはお節介焼きさんだなぁ…


ライナー「あ、俺が

ベルトルト「ライナー!それを言ったら、君は彼女と友達ですら無くなるかもよ?」

ライナー「なんでもない」



22: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:41:54 ID:JN7bq83I




ライナーは何を言おうとしたのかな?
彼女って、ユミルのことかな…
もしかして、ライナーはユミルのことを!?
私、気づいちゃったもんね!!へーへー


クリスタ(`・ω・´)

ユミル「クリスタどうしたんだ?」

クリスタ「私、気づいちゃったもんね!」

ユミル「はぁ?何をだ?」

クリスタ「ユミルにはヒミツだよー」チラッ

ライナー「ん?」

クリスタ「ふふん♪」ウインク

ライナー「え!?もしかして、俺のことを…」



24: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:43:35 ID:JN7bq83I




今日は凄い発見をしちゃいました!
意外も意外!すっごく意外なことでした。


クリスタ「ユミル?私、もう行くね!ライナー達と仲良くご飯を食べね?」

ユミル「はぁ?」



25: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:44:30 ID:JN7bq83I




ーーーーー
ーーーー
ーーー


格闘訓練~



私は格闘訓練は少し苦手です。
兵士としては筋力が無いとは、かなりの欠点です
強くならなきゃ!
今日は強い人と組もうかな…
アニとやろ!アニはどこかな…


クリスタ「…」キョロキョロ

エレン「おっ!クリスタ一人か!?」



26: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:45:35 ID:JN7bq83I




クリスタ「ひ、ひゃぁ!」


わぁ!変な声出しちゃった!!
大丈夫かな?変に思われなかったかな…


エレン「どうしたんだよ。変な声出して」


彼はエレンです。
私の密かな片想い相手です
だから、変に思われたら、ちょっと嫌なんです…


クリスタ「そ、その…変に思った?」

エレン「いいや?別に…?」

クリスタ「よ、よかったぁ」



27: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:46:34 ID:JN7bq83I



エレン「そんなこと気にするなんて…可愛いな」ニコッ


私は彼のこの笑顔が大好きなんです
笑顔以外にも好きなとこは、色々あります
優しいとことかね…


クリスタ「か、可愛いなんて//…そんなぁ///」

エレン「俺は嘘は言わないぞ?」

クリスタ「うぅ…///」

エレン「それより、俺と訓練しようぜ?一人だろ?」

クリスタ「う、うん!わかった!」



28: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:47:40 ID:JN7bq83I




エレンは強いし、今日はエレンとやろう
恋心は置いといて、まずは強くならなきゃ


エレン「まぁ簡単に相手を降伏させた方の負けでいいか?」

クリスタ「うん、いいよ!」

エレン「よし、いくぞ!おりゃ!」


よし、かわせる!
左にかわして…エレンの足にケリを


クリスタ「っふ!…てりゃぁ!」



29: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:48:38 ID:JN7bq83I



エレン「甘いぞ…わき腹ががら空きだ!」ガシッ

クリスタ「ふぇ!?寝技!?」

エレン「おら!かためたぞ」

クリスタ「え…え…!?」


あれ?動けないや。
どうしよう…
エレンいい匂いだし…
ダメだ!足も固定されちゃった!
エレンの腕は太くて男らしいし…
腕も動かせない…仕方無い
私の負けか…


クリスタ「エ、エレン!降参だよー!」



30: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:49:47 ID:JN7bq83I



エレン「そうか?」ガザッ

クリスタ「ふー。エレンは強いなぁ」

エレン「アニに強くしてもらってるからな!ほら、手掴まれよ」


倒れてる私に手を…
やっぱ優しいなぁ…


クリスタ「う、うん…///」ガシッ



31: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:50:27 ID:JN7bq83I



エレン「ほらっ!」グィ

クリスタ「きゃぁ!」グラッ


あれ…たおれ


エレン「おおっと!」ギュゥ

クリスタ「ふぇ///あ、ありがと」


わた、わたわた私!!
エレンと手を繋いだばかりか、抱き締められちゃった!


エレン「クリスタ大丈夫か?ごめんな…力入れ過ぎたわ」ギュゥ

クリスタ「だだだだ大丈夫だよ///」



32: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:51:20 ID:JN7bq83I




えへへ…幸せ…
エレンあったかいやぁ…


『ひゅーーーー』


ん?物が飛んでくる音かな?

え…何かが降ってくる……?


って、ライナー!?


『どーーん!!』

ライナー「ぐはっ!!」

エレン「うわっ!?なんだ?」

クリスタ「え…えぇ!?」



33: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:52:11 ID:JN7bq83I



ミカサ「エレン。何、訓練以外のことをしてるの…?」

エレン「俺は倒れそうになった、クリスタを受け止めただけだ!」

ミカサ「そう、じゃあ何で早く離れなかったの…?」

エレン「そんなのお前には、どうだっていいだろ!」

クリスタ「ご、ごめんね…ミカサ……」


ミカサ怒ってるんだよね…
私、どうしたら…


エレン「クリスタは謝ることはねえよ!」

クリスタ「エレン…」

ミカサ「いいえ!あなたは悪いことをした!」



34: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:53:05 ID:JN7bq83I



エレン「ミカサ!悪かった!だから…」

ミカサ「エレンは謝ることはない」

エレン「は?クリスタが悪いって言いたいのか?」

ミカサ「そう。エレンの優しさにつけこんで」

エレン「意味分かんねえよ!」



35: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:53:48 ID:JN7bq83I



クリスタ「わ、私が悪かったの!だからエレン、もう怒らないで」

エレン「クリスタ…」

ミカサ「それでいいのよ、悪いのはアナタ。もうエレンには近付かないで。エレン、私と訓練しよう?」


これで良いんだよね…
これでエレン達はケンカしなくて済むのだから…



36: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:54:41 ID:JN7bq83I





エレン「あぁ!そうだな…ミカサ、お前は俺に近付くな」

ミカサ「え…」

クリスタ「…え?」

エレン「どう考えても悪いのはミカサ、お前だ!クリスタは悪くない!なんでクリスタを傷つけるようなこと言うんだよ!」



37: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:55:42 ID:JN7bq83I




ミカサ「違う!それはクリスタが悪いからで
エレン「知るか!クリスタ、あっちで2人で訓練しようぜ?」

ミカサ「エレ

エレン「俺に近付くな。また何かすると、これから俺はお前を『アッカーマンさん』と呼ぶことになるからな」

ミカサ「…」


クリスタ「エレン…いいの……?」



38: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:56:26 ID:JN7bq83I



エレン「あぁ!良いんだ!お灸を据えてやらなきゃ、あいつはつけあがる」

クリスタ「…そう」


そして格闘訓練はエレンと微妙な雰囲気のままやり、終えることができました。
明日もやろうという約束もしました。
明日も楽しみだな



39: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:57:15 ID:JN7bq83I





ーーーーー
ーーーー
ーーー


食堂~夜~



クリスタ「ふぅ…今日は頑張ったなぁ」モグモグ

ユミル「そういや、エレンとやってたな…」モグモグ

クリスタ「うん!エレン強かったよ!私も強くなれた気がする!!」

ユミル「そうかそうか…傷とか負わされてないよな?」



40: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:58:45 ID:JN7bq83I



クリスタ「そ、そんなのないよ!!」

エレン「おっ?俺の話か?」

クリスタ「エレン!?」


よし!今回は変にならなかった
私も成長してるんだ!


ユミル「なんの用だよ…?」

エレン「え?ご飯一緒に食おうかなって?ダメか?」

ユミル「ダメd
クリスタ「うぅん!大丈夫だよ!!」



41: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 00:59:58 ID:JN7bq83I



ユミル「クリスタ…!?」

エレン「そっか!そういや今日はサシャが居ないな?隣座るぞ?」

クリスタ「う、うん///…いいよ!」


今日は幸せな1日だなぁ
エレンとこんなに会えて話せるなんて…


ユミル「サシャなら、ライナー達のパンを奪いに行ったよ。というか、自然にクリスタの隣に座ってんじゃねーよ!!」

エレン「クリスタが良いって言ったんだから、いいじゃねーか!なぁ?」



42: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:01:04 ID:JN7bq83I



クリスタ「うん!そうだよ!!」

ユミル「くそっ…またか……」

エレン「ユミル、そんなカリカリするなって!カルシウムが足りてないぞ?」

ユミル「私が何にイライラしてるのか分かっているのか?」



43: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:02:22 ID:JN7bq83I



エレン「…もしかして俺か!?」

ユミル「そうだよ!お前だよ!おーまーえー!!」

エレン「そうかぁ…お詫びに俺のパンやるよ、ほらっ」

ユミル「いらねって、ふあ!!」

エレン「おいしいかぁ?」ニコニコ

ユミル「モグモグ…ごくん!いらねえっつっただろ!何、無理矢理食わしてんだよ!」



44: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:03:07 ID:JN7bq83I



エレン「お詫びを貰って、嫌なやつは居ないだろ?」

ユミル「いるわ!それが余計なお世話って言うんだよ!」

エレン「…そうか」シュン

ユミル「は?何、落ち込んでんだよ…」



45: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:03:42 ID:JN7bq83I



エレン「…ごめんな」シュン

ユミル「あーもう!!ありがとな!うまかったよ!これで良いだろ!?」

エレン「ははっユミルがお礼なんて珍しいな!」

ユミル「てめっ!騙しやがったな!!」

エレン「あはははっ」


え…私ひとりぼっちだよ…
二人で盛り上がって…
私も混ざりたい



46: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:04:52 ID:JN7bq83I




クリスタ「エレン!」

エレン「なんだ?クリスタも食べさせてほしいのか?」

クリスタ「うん!…え?」

エレン「ほら、あーん」

クリスタ「あ、あーー…」

ユミル「させるかよ!あむっ!」

クリスタ「ユ、ユミル!!??」



47: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:06:05 ID:JN7bq83I



エレン「ユミルなんだよ…やっぱ俺に食べさせて貰いたかったのか」

ユミル「モグモグ…ごくん!ちげーよ!私はクリスタにこんな真似をさせるわけにはいかなくてだな!」


エレン「今度は、スープをあげるぞ、ほらっ」

ユミル「は?や、やめろ…んむっ」

エレン「ふふっ…もう遅いぞ!」


え?スープってことは、間接キスじゃん!
ユミルずるいよぉ…
というか、私をまたいで二人は何を!!



48: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:07:00 ID:JN7bq83I




ユミル「ゴクゴク…はぁ!お前はバカか!!その…間接キスじゃねえか///」

エレン「別に気にしないだろ?」

ユミル「私が気にするわ///!」

エレン「俺は気にしないな」

ユミル「はぁ//?お前は何を言ってるんだ!?」



50: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:08:27 ID:JN7bq83I




私もやる時はやるんだ!
私もエレンと間接キスをするんだ!えへ
がんばれ!勇気を出せクリスタ・レンズ!!


クリスタ「エレン!!!」

エレン「どうしたんだよ…大声出して?」

クリスタ「わ、わたわた…私もエレンにスープ飲ませてもらいたい///!!」



51: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:09:20 ID:JN7bq83I




エレン「ん、いいぞ?」

ユミル「お、おま
クリスタ「ユミル邪魔したら、これからはユミルのこと『ユミルさん』って呼ぶからね!」

ユミル「…ッ!?」



53: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:11:48 ID:JN7bq83I




エレン「…あーん」

クリスタ「…あむっ///」

エレン「おいしいか?」ニコニコ

クリスタ「おいひいよ//」

エレン「そうか?じゃあ、スプーンを」

クリスタ「ん、あぁ…そうだね///」モグモグ

エレン「クリスタ、スプーンは美味しくないぞ?」



54: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:12:38 ID:JN7bq83I



クリスタ「おいしいよ…?」

エレン「鉄の味だぞ?」

クリスタ「…エレンの味がした///」

エレン「…は、はぁ///?何言ってんだよ…//」



55: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:13:45 ID:JN7bq83I




クリスタ「…っは!わ、私なにを…言って///今のは嘘だから忘れて!!スプーンは返すね!じゃあね!」


私は何てことを言ってしまったのだろう
あぁ…エレンに嫌われてしまっただろうか?
変には思われたに違いない
私、どうしよう…どうしよう……




私はこうして、もやもやを抱えながから夜を迎え、眠りについた。



56: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:15:04 ID:JN7bq83I

ーーーーー
ーーーー
ーーー


朝を迎えました。
一向に、もやもやは消えません。
今日は、どんな顔をしてエレンに会えばいいのだろう…

クリスタ「…はぁ」

ユミル「まぁ気にするなって!エレンは、そうゆうの1日経てば忘れてるタイプだって!」

クリスタ「そうだったらいいなぁ…」


もう…明日に戻ってやり直したいよ!



57: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:16:09 ID:JN7bq83I




ーーーーー
ーーーー
ーーー

食堂~


エレンいないよね…って、好きな人に会いたくないって、なんなんだよ…はぁ。


ユミル「おい!なんか、アルミン達、騒がしそうだぞ?行ってみるか?」

クリスタ「でも、エレンがいたら…」

ユミル「大丈夫だ!エレンは見当たらないよ!」



58: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:16:50 ID:JN7bq83I




なら行ってみようかな…
最近、朝はあそこで皆騒がしかったし…


アルミン「あっ!クリスタ!ね?この人形って誰のか知らない?」

ウサギ「離せ離せー!」


一昨日のウサギだ
どこ言ってたのか不思議だったよ


クリスタ「あっ!ウサギさん!」



59: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:17:57 ID:JN7bq83I



アルミン「クリスタのだったの…?」

クリスタ「あ、あーうん。私の私の!」

ウサギ「俺はクリスタのものでもねーぞ!」

アルミン「そうなんだ、可愛い趣味だね♪」

ウサギ「俺は可愛くねー!!」


どうやら、アルミンにもウサギさんの声は聞こえてないようだ。
ユミルと同じだ



61: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:19:00 ID:JN7bq83I



アルミン「僕たちの部屋(エレン、ライナー、ベルトルト)にあったんだけどさ、多分エレンが拾ったんだと思うよ!ライナーとベルトルトは知らないって言ったし」

クリスタ「そっか!アルミンありがとね♪エレンに後でお礼を言っとくわ」ニコッ


あれ?ライナーと同じだ…
ニヤけながら顔を赤らめてる



63: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:20:32 ID:JN7bq83I




クリスタ「おかえりなさい!ウサギさん」ナデナデ

ウサギ「な、撫でんなよー///」

クリスタ「あれ?照れちゃってるの?可愛い♪」

ウサギ「別に照れてねーし//」

ユミル「…また話しかけて。どうしたんだよ?クリスタ?」



64: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:21:17 ID:JN7bq83I



クリスタ「ユミルには分かりえないことだよ」

ユミル「…はぁ。クリスタに何が起きているんだよ…」


ウサギさんが帰ってきました
前とは違ってなんか、照れやすくなってます
一段と可愛いなったね



65: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:21:58 ID:JN7bq83I





ーーーーー
ーーーー
ーーー


格闘訓練~


そういえば、今日はエレンとやる約束をしていました
私はエレンに会わす顔はありません…
困りました…
でも約束は、約束。


クリスタ「…」キョロキョロ



66: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:23:16 ID:JN7bq83I




エレンが見当たりません


ウサギ「おい!どうしたんだよ?キョロキョロして?」

クリスタ「んー…ちょっとね…」

ウサギ「そうかぁ」


エレンはどこに行ったのだろう?
体調が悪くて、医務室にでもいるのだろうか?
それなら、あとで様子を見に行こう

エレンを発見できず、
今日はユミルと組むことにしました。



67: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:24:36 ID:JN7bq83I




ーーーーー
ーーーー
ーーー


部屋~夕方~


結局、医務室にもエレンはいませんでした。
教官に聞いてみたが、教官は知らないの一点張り
でも何かをアルミンと話してました。


クリスタ「うーん…」



68: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:25:24 ID:JN7bq83I



ウサギ「そろそろ、お風呂の時間だぞ?」

クリスタ「あっ!もうそんな時間!?」

ウサギ「時間が限られてるんだから、急げよー」

クリスタ「うん!ありがとね…ウサギさんも洗ったほうがいいね」

ウサギ「俺は別に洗わなくても…」

クリスタ「ダメでしょ?汚れたら、洗うものよ!」

ウサギ「おっおい…」



69: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:26:14 ID:JN7bq83I




ーーーー
ーーー
ーー

風呂場~


ウサギ「ここは女風呂じゃねーか!」

クリスタ「へぇ。ウサギさんに性別はあるの?」

ウサギ「あれ?俺は…男か?女か?」

クリスタ「知らないよ?」


ウサギさんは男みたいな話し方だけど、
ユミルもそんな喋り方だし…



70: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:27:20 ID:JN7bq83I




ユミル「おいおい!こんなとこにも、それを連れてきたのか?」

クリスタ「いいじゃん!汚れたなら、洗わなきゃ!」

ウサギ「というか、クリスタ!前隠せ、前を!!」

クリスタ「あー!ウサギさんは男なんだね」

ウサギ「なんでだ?」

クリスタ「ふふっ…なんでかなー♪」


ウサギさんとの会話は楽しいなぁ
ウサギさんの性格はなんとなく分かってきたよ



71: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:28:22 ID:JN7bq83I





ーーーーー
ーーーー
ーーー

食堂~夜~


お風呂もあがり、夜ご飯です
今日は1日エレンを見ることなく過ごしました
どうしたのかな?


ウサギ「ぐぅー…」

クリスタ「あっ!お腹すいたんだね!」



72: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:29:19 ID:JN7bq83I



ウサギ「そういや、1日何も食ってねーよ…」

クリスタ「ウサギさんは何を食べるのかな?」

ウサギ「なんだろうな?クリスタ達と同じもの食えるんじゃねーか?」

クリスタ「どうやって食べるの?」

ウサギ「んー…口元にパンを小さくちぎったのをくれ」

クリスタ「…?はい」



73: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:30:33 ID:JN7bq83I



ウサギ「はむっ…シュン!」

クリスタ「あれ!?消えた?」

ウサギ「ふぅ!うまいな」

クリスタ「え?食べたの?」


実に不思議だね…
早く過ぎて食べてるのが見えないってのかな?



74: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:31:19 ID:JN7bq83I



ウサギ「お、おう!そうらしい、もっとくれ!」

クリスタ「はい、あーん」

ウサギ「はむっ…シュン!」


なんだろ…まるでハムスターに餌をやってる感じ
かわいいよ!まったく…!!


ウサギ「ふぅ…お腹いっぱいだ」

クリスタ「そう?はやいね」



75: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:32:20 ID:JN7bq83I



サシャ「あっ!あの時のウサギさんですか!?」

クリスタ「そうだよー!今、ご飯あげてたとこー」

サシャ「ふふっ…やはり可愛いですね」

ウサギ「…サシャ!明日、覚えとけよ!?」

サシャ「ふぇ!?」

ウサギ「今はお腹いっぱいで、動けねえからな…」



76: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:33:10 ID:JN7bq83I



クリスタ「もう!ウサギさん?口が悪いよ?」

ウサギ「お、おう…すまねえ」

サシャ「え?言うこと聞いた!?」

クリスタ「えへへっ…いい子いい子」ナデナデ

ウサギ「撫でんな////」

クリスタ「このー照れちゃって♪」

ウサギ「照れてない…し///」逃げ



77: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/08/31(土) 01:33:57 ID:JN7bq83I



クリスタ「あっ…ウサギさん!?」


私はウサギさんを見失ってしまいました
まるでネズミを追うような…
人は、小さくてすばしっこいものは見失いやすいのです





そして、私は散々探しましたがウサギさんは見つかりませんでした
どこ行っちゃったんだろ…
不安だ…心配だ……
そうして、私はまたもやもやのまま眠りについた。



100: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:30:06 ID:7MYdJw2E


ーーーー
ーーー
ーー

次の日


クリスタ「え…」

エレン「すー…すー…」

ユミル「すー…すー…」


昨日、夜遅くまでユミルはどこ行ってたのかと思ったら…
…エレンと添い寝してる…



101: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:30:41 ID:7MYdJw2E




クリスタ「ユミル…」

ユミル「…ん、あ……クリスタおはよー…」

クリスタ「昨日はどこ行ってたの…?」

ユミル「…ふぁぁ…昨日は、クリスタのウサギを見つけたからな…あれはカラクリか?走ってたからさ…つかまえるのに
クリスタ「嘘だ!!」



102: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:31:47 ID:7MYdJw2E



ユミル「はぁ?嘘じゃねえよ…ほら!捕まえたんだぞ…これを……見…て…」

エレン「すー…すー…」

ユミル「どどど、どうしてお前が私と寝てるんだよ!?」

クリスタ「白々しい…」



103: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:32:26 ID:7MYdJw2E



ユミル「違う!!断じて違う!きっとエレンが私の布団に入ってきたんだ!?」

クリスタ「…で、ユミル?その証拠のウサギさんは何処?」

ユミル「あれ…?あれ…ない!?」

クリスタ「ふーん…」



104: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:33:04 ID:7MYdJw2E



ユミル「…違うんだよ!信じてくれ!?」

エレン「すー…すー…」

ユミル「つか、お前はいつまで寝てるんだよ!」パァンッ!

エレン「いっつつ…なんだよ。いってーなぁ…って、なんで俺の布団にユミルがいるんだ?」



105: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:35:08 ID:7MYdJw2E



ユミル「お前が私の布団に勝手に入ってきたんだろ?」

エレン「お前が俺を…違う…ごめんな…昨日は…何があったか曖昧で…」

クリスタ「昨日はエレンはいなかったよね?」

ユミル「私も昨日はエレンを見てないよ」



106: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:36:44 ID:7MYdJw2E



エレン「は?昨日は、クリスタとずっと一緒だったじゃねえか?」

クリスタ「え…私と?夢の話じゃないの?」

エレン「あっ…そうかな…ごめんな…多分そうだ…」



107: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:37:22 ID:7MYdJw2E



クリスタ「それより、エレンはなんでユミルと寝てたの?…もしかして、二人はそうゆう関係なの…?」ポロポロ

エレン「ないな」

ユミル「ないね」

エレン「つか、泣くなって!どうしたんだよ…」

クリスタ「ほんとなんだよね…?」

エレン「おう!安心しろ」



108: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 19:38:20 ID:7MYdJw2E




ーーー
ーー




今日は二人とは話すことすらなく、目も合わせませんでした

私はわがままだよ…
好きな人に好きと言えないで、
二人に嫉妬して…

もし付き合ってたらどうするのよ…


私は最低だ…



118: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:08:57 ID:7MYdJw2E



ーーーーー
ーーーー
ーーー

次の日


朝を迎えました。
日に日に心が苦しくなってくる…


ウサギ「おい!起きろ!!朝だぞ?」

クリスタ「あっ!ウサギさん!?どこ行ってたの!?」



120: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:09:31 ID:7MYdJw2E



ウサギ「おいおい…そんなに俺に会いたかったのかよ?」

クリスタ「うん!」ポロポロ

ウサギ「……。泣くなって!どうしたんだよ…」


クリスタ「もう!ウサギさぁん!!」ダキッ

ウサギ「な、なんだよ!情緒不安定なのか!?」



121: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:10:14 ID:7MYdJw2E



クリスタ「私さ…どうしたら良いと思う?」

ウサギ「俺はまだ何も聞いていないんだが?」

クリスタ「私ね、好きな人がいるの」

ウサギ「……そうなのか…」



123: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:11:45 ID:7MYdJw2E



クリスタ「でもね、その好きな人が他の人を好きなんだ」

ウサギ「…そうか。無理じゃないか?」

クリスタ「諦めきらないよ…」

ウサギ「諦めれないほど好きなのか…?」ツー

クリスタ「あれ?どうして泣いて…いるの?」

ウサギ「な、泣いてない!…つづけろ」

クリスタ「私どうすれば良いかな?」



124: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:12:24 ID:7MYdJw2E



ウサギ「俺のバカ…」ボソッ



ウサギ「好きなら好きって言えよ!」

クリスタ「言って、失敗したら、もう一緒にいれない…」

ウサギ「気にするなよ!!そんなのいつまでも告白出来ないじゃねえか!」



ウサギ「好きなんだろ!?クリスタは可愛い!そして何より優しいんだよ…お前をフる男なんていないよ!!」



125: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:12:57 ID:7MYdJw2E



クリスタ「でも…」

ウサギ「まずは、確認してみたらどうだ?」

クリスタ「そうだね…」




ウサギ「クリスタには好きなやつがいるんだな…」



127: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:13:33 ID:7MYdJw2E





今日は、エレンが居なかった
なんとなくはわかってた。
1日居て、次の日居ないの繰り返しだもん…
今日も教官に聞いてみた。
けど、知らないとまた追い返された。
今日は、ハンジ分隊長と教官が話していた

あの人は、誰なのだろう?名前と顔しか知らない



128: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:14:05 ID:7MYdJw2E




ーーーーー
ーーーー
ーーー


次の日~


クリスタ「エレン!」

エレン「大丈夫…か?」

クリスタ「うん!大丈夫だよ!!あれは気にしないでね」



129: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:14:39 ID:7MYdJw2E



エレン「そうか。で…なんだ?」

クリスタ「エレンはユミルのことどう思ってる?」

エレン「ん?ユミルか?意外と優しくて可愛いよな」

クリスタ「へ、へぇー」


ウサギさん…私…ダメかも…



130: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:16:52 ID:7MYdJw2E

ーーーーー
ーーーー
ーーー



アルミン「どうだい?やはり、まだ体の調子は整ってないかい?」

エレン「…なんで、俺はこんなことになってんだよ…」



131: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:18:00 ID:7MYdJw2E



アルミン「…教官とハンジ分隊長の話を、こっそり聞いて、ようやく気づいたんだから…」


ーーーーーーーー


ハンジ「すまなかったね…間違えて、この薬を置いていってしまって。まさか訓練兵が飲むとは思わなかったよ…」

キース「解毒剤はないのか?このままだと、優秀な兵士を十分に育てることができない」

ハンジ「エレンという少年には悪いが、まだウサギでいてもらうよ…」

キース「まだ出来てないということか…」


ーーーーーーーー



132: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:18:55 ID:7MYdJw2E




アルミン「最初は記憶がちゃんとしていなかったんだろ?」

エレン「あぁ…」

アルミン「今はどうだい?」


エレン「…結構…ハッキリしてるよ…」




エレン「俺は最低だ…」



133: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:20:58 ID:7MYdJw2E





ーーーーー
ーーーー
ーーー


俺は途中から記憶はハッキリしていた。

人形になったことをいい事に、俺はクリスタの秘密を聞いた…



134: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:24:03 ID:7MYdJw2E




初めはただ好きな人の傍に居たかっただけだった…

そう…いつからだろうか…
クリスタを好きになったのは。


でも…クリスタには好きな人がいた
頑張ってクリスタにアピールしてきたのにな…
ははっ…全部無駄だってことか…


…仕方無い。俺は最低なことをした。
その報いだ…

でも…



135: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:26:29 ID:7MYdJw2E


ーーーーー
ーーーー
ーーー



あいつらバカだろ…

エレンは誤魔化すのが下手過ぎだ…
あれで気付かないのはクリスタくらいだ…

クリスタは見てたら誰を意識してるとか分かる…
いつも見てきたから、それくらい簡単に気付くわ…



136: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:27:35 ID:7MYdJw2E




エレンは何を隠しているんだ…?

そういえば…昨日は、ずっと一緒にいたと言ってたな…


あぁ…そうか。あの人形に秘密があるのか?

この前に、クリスタとサシャが喋ってるとか言ってたな…
そして私は、この前に動いてるのを見た。



137: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:28:24 ID:7MYdJw2E




有り得ないかもしれないが、あれはエレンなのか…?
そう言えば合点がいく。

クリスタがウサギを持ってる時にエレンはいなかった。
エレンがいる時、クリスタはウサギを持っていなかった。



138: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:29:11 ID:7MYdJw2E



じゃあ…
エレンはなぜクリスタと一緒にいたんだ?

まだアルミンといたほうが、早く解決方法が見つかるかもしれなかったのに…



…はぁ。わかったよ。
だから、最近エレンが私達に近づいてきたんだね…



139: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/02(月) 21:30:58 ID:7MYdJw2E





あいつら、バカだろ…

不器用すぎるんだよ…


私に出来ること…それは…



145: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:11:06 ID:QyMVXhNw



二人を幸せを応援することだろ!


ーーーー
ーーー
ーー



146: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:12:08 ID:QyMVXhNw





エレン「クリスタ…ちょっといいか?」



エレン「俺は最低なことをした!」

クリスタ「え…いきなりどうしたの?」

ユミル「…」



147: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:12:43 ID:QyMVXhNw



エレン「最低なことをした…だから謝りにきた」

クリスタ「…何をかな?私、エレンに何もされてないよ…」

ユミル「クリスタは気づかなかったか…?」

クリスタ「何を…?」

ユミル「…ウサギは今はどこにある…?」



148: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:13:15 ID:QyMVXhNw



エレン「ユミル…気づいてたのか」

ユミル「あぁ…で、クリスタ。ウサギはどこだ?」

クリスタ「どっか行っちゃった…」

ユミル「変に思わないか?」



149: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:14:08 ID:QyMVXhNw



クリスタ「そりゃ…急に居なくなったり、急に現れたり…」

ユミル「…」





エレン「…俺なんだ」

クリスタ「え…」

エレン「あの人形は俺なんだ」

クリスタ「そんなのありえないよ!だって…」

ユミル「お前は薄々分かってただろ…?人形のいる日に限ってエレンはいない。エレンがいる日に限って人形はいない…」



150: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:15:10 ID:QyMVXhNw



クリスタ「…少しは…。話し方だって、そっくりだったけどさ…」

ユミル「…理由は私にも分からない」

エレン「ハンジ分隊長が作った薬を飲んでしまってな…」

ユミル(あの人は何を作ってんだよ…)



151: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:16:13 ID:QyMVXhNw






エレン「それより…俺はお前に最低なことをした。…人形になり、それをいい事にクリスタに擦り寄り、秘密を聞いた…」

クリスタ「…最低だよ……」

ユミル「クリスタ!でもな、こいつは

エレン「ユミルいいんだ!!ごめんな…」ポロポロ

クリスタ「…なんで泣いてるの…?」



152: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:16:45 ID:QyMVXhNw



エレン「…言ったら絶対に嫌われるって分かってたからな。…でも、クリスタを騙し続けるのは、もっと嫌だったから…」ポロポロ

エレン「俺の事、嫌になっただろ…?」ポロポロ

クリスタ「…」



153: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:17:36 ID:QyMVXhNw






エレン「俺は…クリスタが好きなんだよ…」ポロポロ

エレン「だからクリスタの傍にいたくて…人形の姿でクリスタの近くにいた…」

エレン「……思い返してみろ…?気持ち悪いだろ…?」

エレン「クリスタに好きな奴がいるのに、俺は最低なことをしてた…」

エレン「…ごめんな…本当にごめんな…」ポロポロ


クリスタ「確かにエレンのした事は最低だよ…」



154: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:18:22 ID:QyMVXhNw



エレン「あぁ…嫌われることを承知で来た…殴るなり、貶すなりなんでもしろ!!覚悟は出来ている…」


ユミル(ごめんなエレン…シリアスモードなとこ悪いが、私はすべてが分かっているから……その…少し笑けて…くる…)ウツムキ



155: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:19:17 ID:QyMVXhNw




クリスタ「…エレンのバカっ!変態…」






クリスタ「私…はずかしいじゃんか…」

エレン「え…」

クリスタ「私は…その…好きな人に、好きな人の相談をしてたことに…なるじゃないか///」






エレン「……?つまりどうゆうことだ…?」

ユミル「ばかっ!考えろ!!」パァンッ!!



156: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:19:52 ID:QyMVXhNw





クリスタ「私もエレンが好きなんだよ!!」

エレン「あぁ…そうゆうことか!」





・・・・。



157: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:20:25 ID:QyMVXhNw





エレン「あっ…///」

クリスタ「…うん///……」モジモジ


ユミル「じゃあ…私は邪魔だから、あっち行くな…」



158: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:21:04 ID:QyMVXhNw



エレン「ま、待ってくれないか…///」ガシッ

ユミル「はぁ?」

クリスタ「一緒にいて…///?」ガシッ

ユミル「はぁ!?なんでだよ!?」



エレクリ「2人きりだと、恥ずかしいから…///」

ユミル「お前ら思春期か!!」



159: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:22:00 ID:QyMVXhNw




エレン「クリスタ…ありがとな…すっごく嬉しいよ///」

ユミル「無視か!続けんのかよ!?」

クリスタ「私も…すごく嬉しい///」

ユミル「…」

エレン「その…キス……していいか//?」

クリスタ「う、うん…いいよ…//」

ユミル(そうゆうのは、エレンが何も言わずにするもんだろ…)



160: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:23:07 ID:QyMVXhNw




エレン「…ちゅっ///」

クリスタ「っん…//」

ユミル(み、見てられねえよ//くそっ…///)



161: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:23:48 ID:QyMVXhNw



エレン「…ぷぁ。そ、その…クリスタの唇…やわらかかったぞ…//」

クリスタ「エレンもやわらかかったよ///」

ユミル「お前らなんだ!?私がここに居る意味あるのか!?」


クリスタ「ユミルに見ててもらいたかった…かな…///」

ユミル「なんでだ!?」

クリスタ「私のファーストキスをエレンに、あげるとこ///キャッ//」

ユミル「意味分かんねぇよ!!?何が『キャッ//』だ!?」



162: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:24:56 ID:QyMVXhNw



エレン「見てて、どうだった//…?」

ユミル「私に何を言わせたいんだよ!?感想か!?『素晴らしかった』とか言えば良いのか!?」

クリスタ「ユミルどうしたの…そんな興奮して…はっ!」

エレン「…はっ!まさか…ユミル、俺たちのキスを見て…」

クリスタ「それ以上言っちゃダメ!…ユミルの気持ちも考えてあげなきゃ!!」



163: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:26:23 ID:QyMVXhNw



エレン「あっ…あぁ…そのごめんな!ユミル…」

クリスタ「ユミル!エレンの唇は渡さないからね!?エレンは私のだから!…あっ///」

エレン「…クリスタ…///」

クリスタ「あっ///…うぅ//」モジモジ

エレン「…嬉しいぞ///」ダキッ

クリスタ「…エレェン///」ギュゥ



164: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:27:09 ID:QyMVXhNw




ユミル「お前らなぁ…私の気持ち考えろ!!ばかっ!!」

クリスタ「エレンのくちび

ユミル「そのことじゃねえよ!!見てるこっちの気持ちも考えて見ろっつてんだ!」

エレクリ「…?」キョトン

ユミル「こんの…バカップルがぁぁあ!!」



165: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:28:02 ID:QyMVXhNw


ーーーーー
ーーーー
ーーー


食堂ー夜ー


クリスタ「エレン…//」

エレン「クリスタ…///」

アルミン「…」

ライナー「…」

ミカサ「…」

ユミル「…はぁ。やれやれ…」



166: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:28:51 ID:QyMVXhNw



エレン「…あーんして…いいか//?」

クリスタ「う、うん…いいよ///」

アルミン「…エ、エレン…?」

エレン「待ってくれ!…ほら、あーん///」

クリスタ「あむっ…おいしいよ//」

アルミン「…」



167: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:29:29 ID:QyMVXhNw



エレン「そ、その…クリスタは……かわいいな…///」

クリスタ「……ありがと//エレンも…かっこいい…よ?」

エレン「ありがと…な//」

クリスタ「…///……」モジモジ

エレン「……////」モジモジ



168: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:29:59 ID:QyMVXhNw






エレクリ「「…あの」」

エレン「あっ…クリスタから、言って良いよ…//」

クリスタ「うぅん…エレンから///」

エレン「いいや…クリスタから///」

ユミル「バカかぁ!?バカなのかッ!?」



169: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:30:34 ID:QyMVXhNw



アルミン「どんだけ、ベタなイチャラブを見せてくれてんの!?」

エレン「…やっちゃ…ダメなのか…?」

クリスタ「…したいの…ダメ…?」


全員「「勝手にやってろ!!バカップル!!!」」




おわり。



170: にゃー ◆Nagei3Y2nU 2013/09/03(火) 21:32:10 ID:QyMVXhNw

すみません。
ほぼ無理矢理なんで、
面白くなかったらごめんなさい。

…ウサギの件はいつかハンジさんが治してくれたでしょう!!


読んでいただき、ありがとうございました!


元スレ
SS深夜VIP:クリスタ「あなたは、なんなの?」