1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:14:48.71 ID:jsr6So160.net

リゼ「なんだよ突然…可愛いって///」

ココア「えへへーほらそうやって照れちゃうとことか」

リゼ「なっ!からかうなよ」

ココア「もふもふ~」

リゼ「やめろ///」

チノ「ちょっとココアさん何してるんですか!!リゼさんが困ってますよ」アセ



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:18:08.35 ID:jsr6So160.net

ココア「ちぇ~」

リゼ「…///」バクバク

チノ「まったく…」

ココア「あっそうだリゼちゃん今度のおやすみリゼちゃんの家いってもいい?」

リゼ「ああ、かまわないよ」

ココア「やった♪」

チノ「…」

リゼ「チノもくるか?」

チノ「すみませんその日はマヤさんたちと約束があるので」

リゼ「そうか、わかった」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:21:13.59 ID:jsr6So160.net

休みの日

ココア「おじゃましまーす」

リゼ「ああ、いらっしゃい…」

ココア「リゼちゃんのベッドにダーイブ」

リゼ「テンションたかいな」

ココア「この枕リゼちゃんの匂いがする~」

リゼ「なっそんなもの嗅ぐな!!」

ココア「じゃあ直接嗅いじゃおうかな~」ギュ

リゼ「ココア///」ドサッ

ココア「ねぇ…もふもふしていい?」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:27:06.10 ID:jsr6So160.net

ココア「もふもふ~」

リゼ「まって…あっ」ゾク

ココア「リゼちゃん可愛いよ~」

リゼ「やめろー」

ココア「あれ?リゼちゃん涙目になってるよ」クス

リゼ「だって…ココアが」グス

ココア「私が…なーに?」ナミダペロ

リゼ「ひゃあ」

ココア「可愛い声だね…もっと聞かせて」チュ

リゼ「あっ…」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:33:49.91 ID:jsr6So160.net

チノ(用事が思ったより早く終わってしまいました…ココアさんの様子でも…)

チノ(あくまでココアさんがリゼさんに迷惑かけてないか見に行くだけですから…)

チノ「あの…」

グラサンハゲ「お嬢のお友達ですかい?どうぞあがってくだせぇ」

チノ「おじゃまします…」

チノ「ココアs…」

リゼ「あっ…そこ…ダメ」

チノ「!!」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:42:49.62 ID:jsr6So160.net

チノ(何でしょうこの声…)

ココア「でもリゼちゃんすごく気持ちよさそうな顔してるよ」

リゼ「そんな顔してない///」

ココア「えーそうかなーほらもみもみ~」

リゼ「ああぁ…ダメ…くすぐったい」

チノ「…」

________________________________

千夜「えっとチノちゃん…本気で言ってるの?」

チノ「はい…私を大人にしてください」

千夜(どうしましょ…困ったわ)

千夜「チノちゃん…そういうことはねまだはやいんじゃないもっと大人になってから」

チノ「ダメなんですそれじゃあココアさんに振り向いてもらえない」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:47:45.69 ID:jsr6So160.net

千夜「分かったわ…」

チノ「よっよろしくおねがいします」

___________________

チノ「シャワーお先でした」

千夜「ええ、じゃあシャワー浴びてくるから少し待っててね」

チノ「はい…」

チノ(ココアさん…)



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 02:59:06.98 ID:jsr6So160.net

千夜「おまたせ」

チノ「はい…」

千夜「じゃあ脱がせるわね…」

チノ「子供みたいな体ですみません///」

千夜「気にすることないわシャロちゃんとかわらないわ」

チノ「そうですか…あっ」ビク

千夜「胸人に触られるの初めて?」

チノ「はい…変な感覚です///」

千夜「ふふっチノちゃん可愛い」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:07:13.38 ID:jsr6So160.net

千夜「でも気持ちいいでしょ?」

チノ「あのっ…千夜さんのも触っていいですか」

千夜「ええ、どうぞ」

チノ「失礼します」モミ

千夜「ふふっ…チノちゃんって意外とえっちなのね」

チノ「そんなこと…千夜さんこの後どうすれば」

千夜「そうね…ここ触ってみる?」

チノ「…はい///」ゴクリ



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:14:03.21 ID:jsr6So160.net

チノ「千夜さん…ぬるぬるです」クチュ

千夜「あっ…チノちゃん上手ね」

チノ「気持ちいいですか?」

千夜「ええ…初めてだとは思えないくらいよあっ…」ビク

チノ「そうですか…」クリュクチュ

千夜「ああ、あっだめ…イくっ…」ビクンビクン

チノ「だっ大丈夫ですか!?」

千夜「ええ、大丈夫よ」ギュ

チノ「痛かったんですか?」

千夜「違うのよこれはイくっていってね…説明するよりも実際にやってみた方がはやいかな」

チノ「お手柔らかにお願いします」

千夜「じゃあチノちゃんいくわよ」

チノ「んっ…」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:22:19.38 ID:jsr6So160.net

ガチャ

シャロ「なにしてるの…千夜」

千夜「シャロちゃん!どうしてここに?」

シャロ「昨日借りた本返しにきたのよ…チノちゃん?」

千夜「違うのシャロちゃんこれは浮気とかじゃなくてね…」

チノ「あのえっと…これは」アセ

シャロ「千夜なんて知らない」ダッ

千夜「シャロちゃんまって…あぁ」

チノ「ごめんなさい私のせいで…ちゃんと説明します」

千夜「ごめんねチノちゃん」

チノ「いえ、それよりシャロさんを追いかけないと」

千夜「そうね…チノちゃんシャワー使ってていいからね」



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:23:18.72 ID:jsr6So160.net

____________________________

シャロ「何よ帰ってよ…浮気者」

千夜「ごめんなさい…でもあれは浮気じゃないくてねチノちゃんにお願いされて…」

シャロ「お願いされたら誰とでもあんなことするんだ千夜は…」

千夜「そんなことはないけど…」

シャロ「じゃあやっぱり浮気じゃない」

千夜「ごめんなさい…」

コンコン

チノ「あのシャロさん」

シャロ「チノちゃん?」

チノ「ごめんなさい私のせいなんです」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:27:42.39 ID:jsr6So160.net

チノ「…というわけで千夜さんも断りにくかったんだと思います」

シャロ「…もういいわよ分かったから」

チノ「しつれいします」ガチャ

千夜「シャロちゃん…」

シャロ「なによ」

千夜「今日泊まっていい?」

シャロ「いやよ帰って」

千夜「えいっ」ドサッ

シャロ「きゃ…なにするのよ」

千夜「私が好きなのはシャロちゃんだからね」

シャロ「もう…」

千夜「シャロちゃん…」

シャロ「まって、もうあんなことはしないって誓って」

千夜「はい…」



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:35:07.78 ID:jsr6So160.net

チノ(千夜さんには悪いことしちゃいましたけどこれでココアさんに子供扱いされずにすみそうです)

ココア「チノちゃんおかえりー」

チノ「ココアさん…今日一緒に寝てもいいですか?」

ココア「え?え?どうしたの急にお姉ちゃんが恋しくなっちゃった?」

チノ「///」

ココア「チノちゃんはかわいいな~」ギュ

チノ「子供扱いしないでください」

____________________________



チノ「ココアさん…」ギュ

ココア「どうしたのチノちゃん今日はやけに甘えん坊だね」ナデナデ

チノ「リゼさんにしていたことしてもいいですか?」

ココア「え?」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:39:23.89 ID:jsr6So160.net

チノ「…」モミ

ココア「きゃあ…チノちゃん!!」

チノ「ココアさんは私のこと好きですか?」

ココア「え、えっとチノちゃんのことはすきだよ…あっまってチノちゃん」

チノ「ダメですか?」

ココア「どうしちゃったの…こういうことはチノちゃんにはまだはやいよ」

チノ「子供扱いしないでください」サワ

ココア「あっ…そこは触っちゃだめ…」

チノ「よかった…ちゃんと濡れてますよココアさん」

ココア「いや…言わないで///」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:49:14.25 ID:jsr6So160.net

チノ「気持ちよかったんですね」クチュ

ココア「あんっ…だめだよチノちゃん」ビク

チノ「ココアさん可愛いです」ペロ

ココア「ひゃあ…あっ」ビクビク

チノ「ココアさん…ココアさん…」

ココア「あっあああっ…イっちゃう…あっ」ビクンビクン

ココア「はぁ…はぁ…」ヒクヒク

チノ「どうでしたか?」

ココア「もう…チノちゃんのおませさん///」



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 03:57:16.53 ID:jsr6So160.net

ココア「こんなことしたの初めてだよ…」

チノ「えっ?リゼさんとはしてないんですか?」

ココア「リゼちゃんは恥ずかしがり屋さんだからね…」

チノ「…私ココアさんが好きです」

ココア「うん…」

チノ「リゼさんに負けたくないです…」

ココア「チノちゃん…」ギュ

チノ「あっ…」

ココア「もう…仕方ないなチノちゃんは…」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 04:02:21.05 ID:jsr6So160.net

ココア「私からもしていい?」

チノ「はい///」

ココア「あ、チノちゃんもここすごいことになってるよ」

チノ「うぅ…ああ」ヒク

ココア「あは、可愛い反応」

チノ「んんっ…ん…ん」ヒクヒク

ココア「声、我慢しなくてもいいんだよ」チュ

チノ「んあっ…あああ…ココアさん…ココアさん」

ココア「気持ちいい?」クリュクリュ

チノ「んああっ…ああ…気持ち…いいです」ビク



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 04:15:19.12 ID:jsr6So160.net

チノ「ココアさん…好き…好き」

ココア「私も好きだよ」

チノ「ああああぁ…」ビクンビクン

チノ(何この感覚…頭がクラクラする)

________________________________________________________________

ココア「リゼちゃんおじゃましまーす」

リゼ「…あの…さ」

ココア「どうしたの?」

リゼ「また今日もするのか…マッサージ?」

ココア「してほしいの?」

リゼ「そういう訳じゃ…」

ココア「それよりもっとイイコトしない?」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/10(日) 04:28:41.02 ID:jsr6So160.net

リゼ「イイコト?」

ココア「そうだよとっても気持ちいいよ」

リゼ「何だかこわいこらやめておく…ってうわあ」ドサッ

ココア「リゼちゃんに拒否権はありませーん♪」

リゼ「そんな…あっ…どこ触って…ああっ」

ココア(チノちゃんごめんネ♪)

end


元スレ
ココア「リゼちゃんって可愛いよね」リゼ「!!」