1: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 01:07:46.80 ID:Els1JDRj.net

愛「お!りなりーからおねだりしてくるなんて珍しいね!愛さんうれしい!」

璃奈「そういう気分。 りなちゃんボード『お願いっ!』」

愛「もっちろん!りなりーのお願いなら、愛さんなんでも利いちゃうよー」

璃奈「ふふっ、嬉しいな」

愛「じゃあさっそく、あーん?v

璃奈「あーん?vスッ

璃奈「モグモグ…美味しい」



5: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 01:17:42.87 ID:Els1JDRj.net

璃奈「あーん♥」スッ

璃奈「モグモグ…美味しい」

愛「喜んでもらえて嬉しい!でも、このチョコもともとりなりーが出してくれたのだよ?」

璃奈「愛さんがあーんしてくれたのは全然違うの。」

愛「うーん、よく分からないけどりなりーが喜んでくれたのなら良かった!」

璃奈「ねえ愛さん、もうひとつお願いしてもいい?」



6: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 01:24:38.51 ID:Els1JDRj.net

愛「んー?なになに?」

璃奈「ぎゅってして欲しいの」スッ

愛「おー!今日のりなりー積極的だねー」

璃奈「だめ?」

愛「だめな訳ないじゃん!すっごい嬉しい!」

璃奈「愛さん…」ぎゅっ

愛「りなりーかわいー ♡」ぎゅぅぅ

璃奈「わっ」ストッ

愛「ふふっ、愛さん嬉しいなー、りなりーがこんなに顔に出してくれるのっ」

璃奈「もう、愛さんってば//」

愛「りなりーだーいすきー!」

璃奈「……………」



8: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 01:35:38.14 ID:Els1JDRj.net

愛「ん?どうかした?りな」

璃奈「…………」ドサッ

愛「り、りなりー?」

璃奈「、、、ねえ愛さん、もうひとつだけ、お願い利いてくれる?」

愛「な、なーに?」

璃奈「ちゅっ」

愛「んぅ!?」



12: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 01:50:54.14 ID:Els1JDRj.net

璃奈「んっ……れっ……ぺろっ…んぅ… ♡」

愛「んっん……ひっ…ん……ぁ……んぅ…!?」

璃奈「ぷはっ…はぁ…はぁ…」

愛「んっはあっ……あ…………りなりー?……な…どうしたの?…いきなり、こんな…」

璃奈「愛さん言ったよね?…私のお願い、なんでも利いてくれるって」

愛「で、でも、アタシたち付き合ってもないんだよ?りなりーだってこういうのはちゃんと順番にした方が」

璃奈「私はずっと好きだったし、愛さんとこういうことしたいって、ずっと思ってた」ギシッ



14: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:00:26.05 ID:Els1JDRj.net

愛「りなりー?いやなこととかあったの?おしえて?なにも気にしてないか」

璃奈「ねえ、愛さんはしたことある?」

愛「り、りなりー?w冗談だよね?wもう愛さんすっごいびっくりしちゃった……りなりー?なんで?手……なにこれ…」

璃奈「だって、愛さん力強いから、動いちゃうでしょ?」

愛「やっ……やだ……やめてっ…」

璃奈「大丈夫。あとに残ったりしないように、調整されてるから。がんばってつくったの。」

愛「ほんとに……」



15: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:03:57.11 ID:Els1JDRj.net

璃奈「愛さん似合ってる ♡そんなに露出度高い服着てるから、脇とお胸、丸見えになっちゃってる」

愛「ねえ、やめよ?今ならまだ間に合うよ?りなりー?」

璃奈「大丈夫。痛いことはしない。それにね、」

愛「りなりー?」

璃奈「ずっと調べてきたから、絶対気持ちよくさせてあげられるよ ♡愛さん ♡」



16: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:05:41.30 ID:Els1JDRj.net

愛「んっ……そんなとこっ……ひゃっ…んっ…」

璃奈「あひはんのみみ、ひゃわあはふへおいひー ♡」

愛「ひゃっ……耳元で喋らないでっ…えっ ♡……」

璃奈「愛さんかわいい ♡」

愛「ちょっ……まって……りなりー…むねっ…」

璃奈「………やっぱり脇あきすぎ……私以外の人の前で、上着脱いじゃダメだからね?」

愛「わかっ…たからっ……ひっ…ぃっ…その、くすぐったいからぁっ……脇からさわるのっ…んっ ♡…やめっ…」

璃奈「だめ…いつもこんな服着て、私すっごく困ってるの。これはおしおき。」

愛「んっ… ♡…おねがいっ……ゆるしてっ……りなりっ…ぃい゛ひっ…」



17: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:07:58.74 ID:Els1JDRj.net

璃奈「まだ序盤だよ。つぎはこっち。」

愛「やっだめっ…りなりーごめんなさいおねがいゆるしてっ」

璃奈「んちゅっ…」

愛「ぅっ…ふっ…んっ……ひぃ…」

璃奈「んっ…はぁ…はぁ…はぁ…あんまり…あばれ……ない、で…ぁ…」

愛「はっ……もう…」

璃奈「愛さんの下着…可愛い ♡でも…色変わっちゃってる…」



18: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:13:58.59 ID:Els1JDRj.net

愛「やだやだっ…みないでっ…ごめんなさいっ…ねっ…ぇっ…ひゃっ ♡」

璃奈「びちゃびちゃ ♡布越しなのにぬるぬるしてる ♡」

愛「んっ ♡…やっ ♡…だめっ…ひっ……んぅっ…あ ♡」

璃奈「あ、シーツ…たれてる……」

愛「ああっ……やだっ…ごめっ…ぇっ…」

璃奈「気にしないで。これ専用のシーツにすればいいから。」

愛「あっ…うんっ……んひっ…?…」

璃奈「もう脱がしちゃうね。これ。」

愛「えっ…まって…これだけはっ…ぁんっ…」

璃奈「大丈夫。ゆっくりやるから。」



19: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:15:38.50 ID:Els1JDRj.net

愛「まって、余計だめっはずかしいからぁ…」

璃奈「すごい。びちゃびちゃってあれてくる。」

愛「おねがいっ…みないで…いわないでってばぁっ…」

璃奈「ふふっ…愛さん涙目で可愛い ♡」

愛「りなりー…//」

璃奈「いれるね。」

愛「んっ……いっっ…ぅ…ひぃ……いだっ」

璃奈「あ、愛さん、ごめんなさい。大丈夫?」

愛「へ、へーき…いっ……ふっ…ん……あっ ♡」



21: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:17:49.05 ID:Els1JDRj.net

璃奈「爪、立てないように気をつける。」

愛「あっ…ひっ…… ♡…それ……なぞるの………やばっっ……はっ ♡」

璃奈「愛さん、きもちいい?」

愛「うっ//………い……き、きもち、いー……よ……///…りなりー ♡」

璃奈「よかった。上手くできた。これは?」

愛「んぅぅっ ♡…りなり ♡…」スーックイッ

璃奈「あ ♡…あいさ ♡ ……ぁ…んっ…ひざ…」

愛「なんだっ…りなりーも濡れてんじゃん
んっ ♡…あいさん…なんにもっ…さわってないのに ♡」

璃奈「だって……あんな…愛さんみてたら……んっ ♡」



22: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:19:46.59 ID:Els1JDRj.net

愛「ひぃっ…ん!?……ちょっ……急にうごかないでよりなり…ぃああっっ ♡…」

璃奈「愛さんがあしうごかすからっ…っっふ…」

愛「だってあいさん…んっ…りなりーに手、うごけなくされちゃったし」

璃奈「予想外…愛さんが反撃してくるなんて…んっ ♡…」

愛「えへへ……あいさんだってっ……えっ…りなりーに…っ…きもちよくなってっ…ほしっ…もんっ ♡」

璃奈「っん ♡…愛さん ♡……すき… ♡」

愛「あたしも ♡…りなりー…すき…いっ ♡」



25: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:35:55.21 ID:Els1JDRj.net

璃奈「うれしい。んっあっ ♡」

愛「あっ ♡…まって…だめっ…そこっ ♡…いっ…」

璃奈「いいよっ……イって ♡……ちゅっ」

愛「んっちゅっ ♡…んんっう ♡ひぃ……はぁっ…なっ…ああっ ♡ ♡ ♡ ♡」ビクンビクン

璃奈「んぅ……はっ……ひぃっ ♡…んっっ ♡ ♡ ♡」ピクピク

愛「はぁ…はぁ…はぁ…あっ…」

璃奈「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…は…あい…さん ♡」

愛「りなりー ♡」

璃奈「はぁっ…はぁ…あぁ…ひ…き…きょう、とまれる?」

愛「うん ♡…」

璃奈「ねえ愛さん、









もう1回やりたいな ♡」



26: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 02:37:40.82 ID:Els1JDRj.net

受け愛さんと1枚も脱がないりなりーが書きたかった
ダジャレ思いつかなくて申し訳ない



36: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:09:31.41 ID:Els1JDRj.net

璃奈「ねえ愛さん。もういい?りなちゃんボード『わくわく』」

愛「う、うん、まだちょっと腕痛いけど」

璃奈「ごめんなさい…夢中になっちゃって…途中で外せば良かった。」スッ

愛「いーのいーの!それよりさ、愛さんとりなりー、お互いにすきってわかったけど…」

璃奈「うん。嬉しかった ♡」

愛「その…ちょっと順番おかしいけど、付き合って欲しい、な」

璃奈「もちろん!嬉しい。」

愛「愛さんもだよ!りなりー ♡」



37: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:11:27.43 ID:Els1JDRj.net

璃奈「でも、少し反省。まずは告白からするべきだった。ごめんなさい。」

愛「すぎちゃったことは気にしない気にしない!」

璃奈「愛さん……」ギュッガバッ

愛「わっ」

璃奈「ちゅっ ♡……る……ふっ………ん ♡」

愛「ん ♡……ぁ……はぁっ ♡………んぅ…」

璃奈「んっんっ… ♡…はっはぁ…はぁ…はぁ…はぁ ♡」

愛「ぷはっ…ぁ ♡…」

璃奈「愛さん ♡」

愛「りなりー ♡」ギュッ



38: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:16:07.52 ID:Els1JDRj.net

璃奈「…………」ギュッ

愛「んっ ♡……ぇ………」

璃奈「愛さんどうしたの?………」

愛「はぁ…えっ…いや…なんでもな……はぁ…ちょっと身体があついかも……あはは…風邪かな…」

璃奈「………………私、愛さんにもうひとつ謝りたいことがあるの。」



39: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:16:17.48 ID:Els1JDRj.net

愛「はぁ…はぁ…はぁ…な……なに…ぃ…?はぁ…」

璃奈「さっき食べたチョコレート。お薬入れてあった。」

愛「はあっ?…えっ……どーゆーこと?…はぁ…はぁ…」

璃奈「さっき愛さんが食べたチョコレート、その、えっちになるお薬を入れてあったの。」『ごめんなさい』



40: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:17:38.26 ID:Els1JDRj.net

愛「もっ…もっとはやくっ…言ってよっ……」

璃奈「ごめんなさい。愛さんの驚いた顔が見たかったの。」スッ

愛「そ、そんな顔されたらっ…おこれない…じゃん ♡…」

璃奈「愛さん ♡…」

愛「んっ ♡いきなりっ…はぁ…ぁっ…そこっ…」

璃奈「愛さんだって、もうこんなに濡れてるし、はやくこっちの方がいいでしょ?」

愛「んっ ♡…そっ…だけどっ…………あっ ♡」



41: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:19:44.49 ID:Els1JDRj.net

璃奈「あ、今度は脱がさないでやるね。」

愛「いっ ♡…いーけど…なんっ…でっ…?…」

璃奈「気づいちゃった。布の上からの方が、よくすべる。」

愛「あっ
♡…やだっ ♡……んっっ…… ♡」

璃奈「愛さん…大好き ♡」

愛「あ ♡……あたしもっ ♡…りなりー…大好きだよっ ♡…」



42: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:27:16.99 ID:Els1JDRj.net

璃奈「…………///」

愛「ひゃぁっ ♡……その…下着ごと入れてくるのっ… ♡……だめっ ♡…りなりーの…ちょくせつがいっ ♡…ぃ…」

璃奈「愛さん ♡……………ちょっと待ってて……………あった ♡」

愛「ん?…なに?…って…あっ!!」

璃奈「ちょっとだけ口開けて………んちゅっ ♡」

愛「んんっ ♡ ♡ ♡…ひゅっ…れっ……ぃ…」ゴクン

璃奈「あっ ♡…れろっ……ひ……ふっ……」ゴクッ

愛「はっ ♡……あっまっ ♡………もうっ…あつい…」



43: 名無しで叶える物語 2020/10/26(月) 21:42:50.36 ID:Els1JDRj.net

璃奈「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…こっち…さっ…きの…とっ……ちがって……そっ…こーせい……つよ…ぁ…い」

愛「はぁっ…はぁ…はぁっ…もっ…だめ ♡」

璃奈「まって………ふっ… ♡」

愛「あぁっ ♡……りなりーのっ ♡……」

璃奈「愛さん ♡…すきっ ♡…ちゅっ ♡…ちゅっ ♡」

愛「んっ ♡……ちゅっ ♡…ぅ… ♡…ちゅっ… ♡…あっ…い……くっ……ぅ…んっ ♡」

璃奈「わたしもっ ♡…はぁっ……あっ ♡…はぁっ ♡……んっっ…」



48: 2020/10/27(火) 01:33:19.54 ID:IA1yL2Ia.net

愛「んっ ♡……りなっ…あっ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡」

璃奈「あいひゃ…んっ ♡…はっあっ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡」

愛「りなりー ♡ ♡……はぁ…はぁっ…はぁっ…」

璃奈「愛さんっ ♡… ♡…はぁ…はぁ…はっ…はっ…ぁ…はぁっ…」

愛「りなりー ♡…すきっ ♡…だいすきぃ ♡……」

璃奈「はっ…愛さん ♡…愛さん ♡…」



49: 2020/10/27(火) 01:34:13.70 ID:IA1yL2Ia.net

愛「ふーっ……はぁ…………はぁ…………はぁ……」

璃奈「はぁ………はぁ………はぁ………はぁ………」

愛「りなりー……………あのねっ……………愛さん………






まだ薬のききめ………切れてないみたい ♡」



57: 名無しで叶える物語 2020/10/29(木) 21:57:08.97 ID:56azlezV.net

チュンチュンピヨピヨ

璃奈「ふぁあ……」

愛「おはよ!りなりー!」

璃奈「あ、愛さん……そっか…昨日…」

愛「もう朝ごはんできてるよー!今日は愛さん特製だし巻き玉子!」

璃奈「あ、ありがとう。あ、愛さん腰とか大丈夫?」

愛「全然平気!…では無いけど……普通に歩いたりする分には大丈夫」

璃奈「良かった。…今何時?」



58: 名無しで叶える物語 2020/10/29(木) 22:03:23.93 ID:56azlezV.net

璃奈「もうそんな時間…愛さんは時間大丈夫?」

愛「今日はもともと1日りなりーと遊ぶ日だったから大丈夫!」

璃奈「あ!…完全に忘れてた…一緒にお買い物行こうって言ってたのに…」

愛「いいのいいの!今日は2人でお家にいたい気分だから!」

璃奈「愛さん………そういえば昨日何時まで起きてたんだっけ…?」

愛「んー?愛さんもよく覚えてないけど…あの…く、くすりの効果が切れて、最後にき、きすしたところまでは覚えてるよ」

璃奈「確かそのとき、もうカーテンから光が差し込んでたから……結構長くしてたんだ……」

愛「お、思い出したら恥ずかしくなってきたー!//この話はおしまい!!はやく朝ごはん食べよ!!」

璃奈「愛さん可愛い。」

愛「もー!!りなりーー!!いいかげんにしないと愛さんおこるよー!」

璃奈「はーい」

愛「お味噌汁あっためとくよ!」



59: 名無しで叶える物語 2020/10/29(木) 22:05:57.06 ID:56azlezV.net

璃奈「あ、愛さん」

愛「へ?」

璃奈「さっきまで、愛さんの夢みてたよ」

愛「え!?どんな夢?」

璃奈「ひみつ」

愛「えー!!気になるーおしえてよー!!」

璃奈「顔洗ってくる」

愛「りなりー!!」



60: 名無しで叶える物語 2020/10/29(木) 22:19:09.34 ID:56azlezV.net

パタン

璃奈「夢にまででてきちゃったなんて…」

璃奈「さすがに2日連続は愛さん迷惑かなー…」

璃奈「今日1日おうちで2人きりか…」

璃奈「りなちゃんボード……付けっぱなしだったら変に思われるかな……」

璃奈「…………………おなかすいた」



61: 名無しで叶える物語 2020/10/29(木) 22:31:29.39 ID:56azlezV.net

愛「……………」

愛「りなりーが寝てる間に1人で………し、しちゃったの、バレてないよね…」

愛「こえ、大丈夫だったかな」

愛「あーもう!せめて別の場所ですればよかったー!」

愛「今になって後悔してもおそいよ~!とにかく今日1日、ふつーにりなりーと接しないと…」

愛「…………………できるかなー」



62: 名無しで叶える物語 2020/10/29(木) 22:33:14.75 ID:56azlezV.net

おわり


散々待たせといてクソみたいなオチですみません


元スレ
璃奈「ねえ愛さん、あーんして欲しいな。」