SS速報VIP:魅音「圭一君?」 レナ「圭ちゃん?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1604136157/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:22:37.45 ID:AXtJ6zzvo

※キャラ崩壊注意


圭一「私、前原圭一は常々思うんだが……」

圭一「精神シャッフルものって良いよなって」

圭一「何かこう。ある時、曲がり角で男の子と女の子がぶつかってさ……」

圭一「『いてて……あれ?わ、私たちい、いれかわってるぅぅぅ!?!!??』」

圭一「的な。ハートフルドキドキラブコメって良いよなって……」

圭一「……」

圭一「……なんで」

圭一「何でお前らが入れ替わってんだよぉぉぉお!!!!!」

魅音「……あ、あはは」

レナ「いやー、そんなこと言われたってさー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1604136157




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:23:27.45 ID:AXtJ6zzvo

圭一「そこは俺だろぉぉ!!」

レナ「おじさん達にブーブー言わないでよね~」

圭一「そこっ!レナボイスでおじさんとか言わないっ!」

レナ「え~?」

魅音「はぅ……恥ずかしいよ……///」

圭一「お、おぅ……こういうもじもじした魅音は中々……」

圭一「ぐふ、ぐへへ……」

魅音「はぅ……///」

レナ「ちょっ!レナ!やめてよー!」

レナ「おじさんそんな内股でもじもじしないんだからー!!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:24:30.56 ID:AXtJ6zzvo

レナ「しっかし、原因はわからないんだよねー」

レナ「朝起きたら入れ替わってたんだもんさー」

魅音「はぅ……レナもね、朝起きたらみぃちゃんになってたの」

レナ「いやービックリしたよね。おじさん、まず確認から入ったよ」

圭一「か、確認……ぐふ、へへ……」

レナ「……なーに想像してんのかなー」

圭一「い、いや!?何でもない。何でもない」

レナ「……嘘だー」ジトー

圭一「はぅっ。この嘘だも中々……」

魅音「か、かか確認って何したんだろ!?だろ!?」

レナ「もー。レナまで何なのさー」

レナ「もちろん、今自分がおかれた現状の確認に決まってんでしょー!」

レナ(まぁ他もあれしたけどね)




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:25:26.39 ID:AXtJ6zzvo

魅音「れ、レナはね。みぃちゃんちでね」

魅音「何が起きたんだろ?ってね?」

魅音「とりあえずみぃちゃんの顔とかかぁいいなぁってね?」

魅音「みぃちゃんのパジャマかぁいいなぁとか、お部屋のぬいぐるみかぁいいなぁとか……」

レナ「うわぁぁぁぁあーー!!!」

レナ「レナ!あんた何言ってんの!!??」

魅音「くまさんのぬいぐるみ……かぁいいかったよぉ……」

圭一「ん?それ俺があげた奴か?」

魅音「すごーく大切に飾ってあったんだよ!だよ!」

レナ「んぁぁあああああ!!!?」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:26:19.60 ID:AXtJ6zzvo

レナ「な、何でおじさんだけがダメージを負っているのさ……」

圭一「ふぅ……なんだかよくわからんが色々大変な状況は変わってないよな」

レナ「そう!大変なんだよ!二重の意味で!」

魅音「何がかな?何がかな?」

レナ「二重の内の一つはあんただよレナっ!!」

圭一「もう一つは入れ替わりだよな」

圭一「何とかしないとな」

レナ「……なーんか急に冷静になってない?圭ちゃん?」

圭一「そうか?」

魅音「圭一君はねー。照れてるんだよー」

圭一「は、はぁ!?」

魅音「みぃちゃんのかぁいいなぁって所に気づいちゃったんだよねー!」

レナ「んあぁぁ!アタシの声で!圭ちゃんの前で!みぃちゃんがかぁいいとか言わないでぇぇー!!」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:27:17.07 ID:AXtJ6zzvo

圭一「ご、ごほん。気を取り直そうぜ」

圭一「み、魅音も良かったじゃないか」

圭一「入れ替わったのか俺だったら、レナより酷かったかもしれないぜ」

レナ「え?アタシ、圭ちゃんなら別に……」

圭一「そうそう、俺なら別に……」

圭一「……ん?」

レナ「ぁ……」

魅音「はぅ……///」

レナ(圭ちゃんと入れ替わったとしたら……)

レナ(……あああああぁ///)ボンッ

圭一「うぉっ!?レナから煙がっ!?」

魅音「れ、レナの体がオーバーヒートしてる」

圭一(自分の体がオーバーヒートする様を見ている状況は中々にカオスだな……)




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:28:44.33 ID:AXtJ6zzvo

魅音「ちょっと遊びすぎちゃったかな……」

魅音(最後は自爆だったけど……)

魅音「みぃちゃん壊れちゃうね……」

レナ「ひ、酷いよ二人とも……」メソメソ

圭一「ごめんな魅音……」

レナ「いや、圭ちゃんは悪くないよ……」

圭一「まぁ、そうなんだけどさ……」

魅音「真剣に元に戻る方法考えよう?」キリッ

レナ「……」

圭一「……」

魅音「ほ、ほんとに反省してるよ。ごめんなさい」

魅音「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

圭一「こえーよ!!わかったって!!」

―――
――





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:30:20.05 ID:AXtJ6zzvo

case1
圭一「ありがちだが、頭をごつん。でどうよ」

レナ「少女漫画とかである奴だね」

魅音「みぃちゃん、やってみよっか」

魅音「いっくよ~~!」

レナ「ちょっ、まっ、レナ」ゴチーン

圭一(やっぱレナってつよい。そんな激突音だった)

レナ「いったぁぁぁあい!!」

魅音「レナのおでこ真っ赤だよ~……」

レナ「アタシのもだよ……」

圭一(自分の体に容赦無さすぎだろレナ……)





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:31:54.03 ID:AXtJ6zzvo

case2
圭一「手を握るとかどうでしょう」

魅音「自分と握手……はぅ」

レナ「改めて凄まじい違和感だよ……」

圭一「今さら何を言うか」

レナ「へぇ、アタシの手って柔らかいんだね」ニギニギ

魅音「はぅ……レナの手ってこんななんだね……」ニギニギ

圭一「……変化は?」

レナ「無いねぇ」

圭一「……電流でも流すか?」

レナ「あ、圭ちゃんが私たちにやらせたことは後で圭ちゃんにもやってもらうから」

圭一「電流やめよう」

圭一「必ずしもショックを与えることが良いとは限らないもんな」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:33:23.36 ID:AXtJ6zzvo

case3
圭一「うーん。万策つきたか」

レナ「早くない!?」

魅音「でも、レナも思い付かないかも……はぅ……」

圭一「キス……とか……?」

レナ「はぁっ!?」

圭一「いやいや!王子様のキスで目覚めたりするじゃないか!?」

魅音「はぅ……みぃちゃんとキス……」

レナ「……と言うか自分の顔とだよ。レナ」

魅音「うわぁ……本当だよ……だよ……」

圭一「そ、そう考えると嫌すぎる……」

圭一「すまん。流石に適当すぎた。本当にすまん」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:34:25.16 ID:AXtJ6zzvo

case4
圭一「やっぱり、単純にオヤシロさまの祟り系なんじゃないか?」

圭一「秘密際具の不思議パワーを俺達は体験してきただろう?」

魅音「はぅ……レナも結局それかなって思うなぁ」

圭一「梨花ちゃんに聞いてみようぜ」

レナ「最初からそうしておけば良かったねぇ」

圭一「まぁ、これで違ったら本当に打つ手なしだからな」

圭一「ある意味で怖いぜ」

レナ「圭ちゃ~ん。怖いこと言わないでよ~」

―――
――





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:35:48.49 ID:AXtJ6zzvo

梨花「それは羽入のせいなのですよ~」

レナ「あらら。あっさり解決かぁ」

梨花「うっかり勾玉の管理をミスったせいなのですよ~」

羽入「あぅあぅ……ごめんなのです……。てへ、なのです……」

梨花「本来この勾玉は、目の前で『愛する人の精神が入れられた自分が拷問されている姿』をまじまじと見せてあげる拷問のための、際具殿の秘宝なのですよ~」

圭一「」

魅音「」

レナ「」

梨花「にぱ~」

羽入「すぐ戻しますです……。あぅあぅ……」


――
―――




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:37:14.59 ID:AXtJ6zzvo

圭一「予想外に怖すぎる勾玉が原因だったな……」

魅音「いやー!おじさんも参ったよね!あははは!」

圭一「お、やっぱ魅音はそっちの方が良いな!」

レナ「みぃちゃんの体も良かったんだよぉ。はぅ~」

圭一「ははは!レナもいつものレナだな!」

圭一「何はともあれ、一件落着!」

圭一「今日はゆっくり休んで、また明日から部活と洒落こもうぜ!」

魅音「お、いいねー。おじさん、負けないからね!」

レナ「はぅー!レナも負けないよ~!」

圭一「じゃーまた明日なー!」タッタッ

HAPPY END






レナ&魅音「…………」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:39:16.67 ID:AXtJ6zzvo

レナ「みぃちゃん」

魅音「レナ」

魅音「自分を縛れば入れ替わった圭ちゃんは動けない」

レナ「綿を口に詰めれば声は出せない。あ、目隠しもしようね」

レナ&魅音「1日交代で使おうね」

レナ&魅音「この勾玉」

レナ&魅音「あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは」

レナ&魅音「あっはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは」

レナ&魅音「あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:40:08.63 ID:AXtJ6zzvo

レナ&魅音「なんちゃって☆」

レナ&魅音「ちゃんと返すから反省してね羽入(ちゃん)」

羽入「」

レナ「……羽入ちゃんにも使えるのかなぁ」ボソッ

羽入「」

梨花「怖い思いをしたくなかったら、大切なものの管理はしっかりするのですよ~。にぱ~☆」

TRUE END




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/10/31(土) 18:41:06.84 ID:AXtJ6zzvo

ひぐらし新アニメ、解から14年くらい経つってよ。みぃちゃんは魅ぃちゃんが正しい気がします。
圭一と魅音の組み合わせが好きです。誰か書いてください。
ありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:魅音「圭一君?」 レナ「圭ちゃん?」