1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 11:47:45.53 ID:PMK2RZPI0.net

ココア「かわいいと思ってやってるの?」

チノ「……乗せてると落ち着くだけですよ」

ココア「うっそだー。かわいいと思ってるでしょ?」

チノ「思ってません」

ココア「なんかあざといよねー」

チノ「だから思ってませんって」

ココア「目論見通りかわいがられて良かったねぇ」

チノ「……うるせぇな! 思ってねぇって言ってんだろうが!」

ココア「ああ!?」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 11:50:28.10 ID:PMK2RZPI0.net

チノ「なんだコラ! ああ!?」

ココア「黙れよチビが」

チノ「そっちが黙れよゴミ」

ココア「お前がかわいいんじゃなくて、頭のうさぎがかわいいんだよ。
    そこんとこちゃんと自覚しろよ。なぁ?」

チノ「別にかわいいとか思ってねぇって」

ココア「じゃあなんで乗せてんだよ。あ?」

チノ「落ち着くからだって言ってんだろうが!」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 11:53:10.95 ID:PMK2RZPI0.net

ココア「落ち着く、だぁ? そんなわけねぇだろ」

チノ「落ち着くんだよ!」

ココア「嘘つけよ馬鹿野郎」

チノ「ああ!?」

ココア「お前舌何枚あんだよ」

チノ「……一枚に決まってんだろ」

ココア「オラ。何枚あんだよ。舌出せよこの野郎」

チノ「だから一枚だって言ってんだろうが!」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 11:55:58.28 ID:PMK2RZPI0.net

ココア「いいから舌出せよ!」

チノ「……これでいいかよ」ペロッ

ココア「もっと出せよ馬鹿野郎! ちゃんと舌出せコラ!」

チノ「……」ベッ!

ココア「フッ!」ゴチン!

チノ「痛いっ!」

ココア「……」

チノ「舌噛んだー……。痛いいいいい……」グスグス



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 11:58:13.24 ID:PMK2RZPI0.net

チノ「痛いよぉぉぉ……」

ココア「あ、ごめんねぇ! 大丈夫だった……?」

チノ「大丈夫じゃないです……」

ココア「ごめんね……? チノちゃん」

チノ「……許しません」

ココア「ホットケーキ作ってあげるから! ……ね?」

チノ「……分かりました。それで手を打ちましょう」

ココア「じゃあちょっと待っててね!」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:00:56.22 ID:PMK2RZPI0.net

ココア「私ね、空中でひっくり返せるようになったんだよ」ジュー

チノ「そうなんですか」

ココア「じゃあ行くよ! せーの……オラァ!」

チノ「あっつううううう!!!!??」

ココア「あっはははははは!!!! ばーか!!!!」

チノ「てめぇ何しやがんだ! この野郎!」

ココア「素直に待ってんじゃねーよ! 馬鹿野郎!」

チノ「ああ!? 火傷しただろうが!」

ココア「ざまぁねぇな!」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:03:52.69 ID:PMK2RZPI0.net

チノ「なんだコラ!?」

ココア「ああ!?」

チノ「……ココアさんには任せてられないので、私がご飯作りますね」

ココア「ホント!? じゃあ、お願いしてもいい?」

チノ「まったくしょうがないですね。……で、何がいいですか?」

ココア「うーん……。あっ! ハンバーグ!」

チノ「ガキかよ」

ココア「ああ!?」



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:06:32.57 ID:PMK2RZPI0.net

チノ「ハンバーグ! ……じゃねぇんだよクソガキが」

ココア「なんだとこの野郎!」

チノ「お前の方があざといんじゃボケ!」

ココア「ああ!?」

チノ「勝手に食ってろやカス」

ココア「ワレが何がいいって聞いたんだろがい!」

チノ「そんなもん嘘に決まっとろうが」

ココア「なんだぁ!?」

チノ「なんじゃい!」



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:09:08.88 ID:PMK2RZPI0.net

ココア「ああ!?」

チノ「ああ!?」

リゼ「ちょっとちょっと! 二人ともいったいどうしたんだよ?」

ココア「あ、リゼちゃーん」

チノ「リゼさんこんにちは」

リゼ「ああ。……で、何でケンカしてるんだ?」

ココア「チノちゃんがひどいんだよー!」

チノ「ココアさんがひどいんですー!」

リゼ「分かったから。話は交互に聞くから」



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:11:38.46 ID:PMK2RZPI0.net

リゼ「ふんふん。なるほどね」

ココア「チノちゃんひどいよねぇ!」

チノ「ココアさんの方がひどいですよ」

リゼ「うーん。……これはココアが悪いかな。
   ちゃんとチノに謝りなよ」

チノ「ほら!」

ココア「……ちっ。うるせぇんだよババア」ボソッ

リゼ「何か言った?」

ココア「うるせぇって言ったんだよこのババア!」

リゼ「!?」



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:14:24.69 ID:PMK2RZPI0.net

ココア「ロートルはさっさと退いとけや!」

リゼ「……っ! おいココア! 言っていいことと悪いことがあるぞ!」

ココア「黙れやこの野郎!」

チノ「年寄りは口うるさくて嫌ですよね」

ココア「ねー! チノちゃん!」

リゼ「チノまで……」

シャロ「ど、どうしたんですかこれ」カランカラン

ココア「あー、シャロちゃーん」

チノ「シャロさんこんにちは」



65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:17:03.20 ID:PMK2RZPI0.net

リゼ「シャロ聞いてくれ! この二人がひどいんだ!」ワーン

シャロ「リゼ先輩!? 泣いてるんですか!?」

ココア「歳取ると涙もろくなるって言うからね」

チノ「そうですね」

リゼ「うっううー……」グスン

シャロ「……っ! 状況はよく分からないけど……。
    リゼ先輩を泣かせるなんて許せません!」

ココア「あ? なんなら戦争するか、オイ」

チノ「今更”シャレでした”じゃ済まねぇぞこの野郎」



70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:19:31.15 ID:PMK2RZPI0.net

シャロ「上等じゃコラ! 戦争でもなんでもやったるわい!」

チノ「おーおー。随分威勢がいいのう」

ココア「誰のシマで上等きってんだこの野郎!」

リゼ「みんな頼むからやめてくれ……」グスグス

チノ「てめぇは黙っとけや!」

ココア「ご老人はひっこんどれカス!」

シャロ「オイ! 誰に向かって口聞いとんじゃ、ワレ!」

リゼ「もうやめてぇ……」



78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:21:58.07 ID:PMK2RZPI0.net

チノ「そっちの出涸らしから始末したろうかい」

ココア「搾りカスからさらに搾り取ってやるよ馬鹿野郎」

シャロ「ああ!?」

リゼ「……」グスグス

シャロ「オジキを侮辱すんなや! 蝋人形にしてやろうか!?」

チノ「やってみろやカスが!」

ココア「上等じゃい!」

シャロ「お前も、蝋人形にしてやろうかー!」

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ……(ギター」

チノ&ココア「!?」



84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:24:47.59 ID:PMK2RZPI0.net

シャロ「霧の立ち込む森の奥深くーぅ」

リゼ「ジャーカジャカジャカジャカ」

シャロ「少女を運ぶ謎の老人ーんんー」

リゼ「ジャーカジャカジャカジャカ」

シャロ「だーれぇも知らぬぅー」

リゼ「ジャーカジャカジャーカジャカジャカ」

シャロ「ひーみーつぅの館ーぁ」

リゼ「ジャーカジャカジャーカジャーカ」



86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:26:21.33 ID:PMK2RZPI0.net

シャロ「生きたまま蝋人形の如くーーぅぅううー」

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ」

シャロ「震えて眠れ明日はもうないさぁぁぁーー」

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ」

シャロ「こーんやもひとりぃ 生贄になるぅ
    手足も口もぉ 動かぬままにぃ」

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ」

シャロ「アーウ!」



88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:26:56.84 ID:fMkR3NPr0.net

聖飢魔IIか



93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:28:30.02 ID:PMK2RZPI0.net

チノ「……っ!?」ガタガタ

ココア「そ、それがなんじゃい!」ガタガタ

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ」

シャロ「身の毛もよだつ悪魔の芸術ーぅ」

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ」

チノ「ま、まさかの二番……」ドスン

ココア「チノ……。腰抜かしとらんでしっかりせんかい……」

シャロ「裸の少女に迫る惨劇ーぃぃ」

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ」



100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:31:40.95 ID:PMK2RZPI0.net

シャロ「震えて眠れ明日はもうないさぁぁぁーーー!!!」

リゼ「ジャカジャカジャカジャカ」

シャロ「La lalalalalala」

チノ&ココア「La lalalalalalalala」

シャロ&チノ&ココア「ラーラララララララ ラーラララララララーァァァ!!!」

リゼ「ジャカジャン」

一同「ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ーーーー!!!!!!」



104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:34:49.54 ID:PMK2RZPI0.net

そして。ラビットハウス開店の時間がやってきた。

チノ「もう、ココアさん。しっかりしてください」

ココア「えへへ。ごめんね、チノちゃん」

こうしてまた、いつもと変わらない日常が始まる。

リゼ「ここは私がやっておくから。ココアは接客頼むよ」

ココア「はーい」

何もないけど、何でもある。とても愛おしい時間だ。

チノ「ココアさん。大丈夫かな」

リゼ「あいつも子供じゃないんだから、平気だろ」

繰り返される日々の中で、私たちは成長していく。



111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:37:11.24 ID:PMK2RZPI0.net

ココア「では、ご注文を繰り返させていただきます」

寄り道も、時には必要なのかもしれない。

チノ「なんだかハラハラします」

リゼ「チノは心配性だなぁ……」

そのすべてが、私たちという人間を形作っているんだ。

ココア「ご注文は、うさぎですね!」

終わり



112: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:37:14.02 ID:vMpycJzO0.net

クソワロタ



127: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/06(水) 12:58:10.31 ID:I0viPR5Q0.net


勢いにワロタ


元スレ
ココア「チノちゃんってその頭のうさぎ」