1: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:41:22.10 ID:seVuB/Rv.net

彼方「はい、と言うわけで!」

エマ「というわけでー♪」

彼方「お昼寝クラブ、第一回目の活動を始めちゃいまーす!」

エマ「いえーい!」

彼方「さてさて、では早速…」イソイソ

エマ「あ、もう普通に眠る感じなんだ」

彼方「そだよ~。お昼寝とは寝ることと見つけたり~」

エマ「じゃあ、私もお邪魔しちゃおう」イソイソ

彼方「エマちゃん?」

エマ「なぁに?」

彼方「……いや、何で同じベッド?」



2: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:42:51.40 ID:seVuB/Rv.net

保健室のベッドは、他にいくらでも空いてるんだが?


エマ「………だめ?」


ちょっと、甘えるような視線。
エマちゃんの珍しい表情に思わずキュンとする。


彼方「だめじゃないよ~♡」ギュッ

エマ「えへへ…♡」

彼方「ふふふ♡」

エマ「あのねぇ」

彼方「ん?」

エマ「QU4RTZで日向ぼっこすること、よくあるでしょ?」

彼方「うん、あるね~」



3: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:44:30.48 ID:seVuB/Rv.net

エマ「そういうときって、自然と3年と1年でくっ付いてることが多いと思うの」

彼方「……言われてみればそうだね~」


この前ピクニックしたときも、私が璃奈ちゃん、エマちゃんがかすみちゃんを膝枕してあげてたっけ。


エマ「それもすっご~く癒されて好きなんだけど、たまには……」

彼方「ん~?」

エマ「その…」


少し口を尖らせて言い淀むエマちゃん。


エマ「たまには彼方ちゃんと、二人っきりでもおねんねしたいなぁって……」

彼方「…………」


………。



6: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:46:36.09 ID:seVuB/Rv.net

彼方「はっ!彼方ちゃんちょっと気絶してたかも!」

エマ「なんで!?」ガーン!

彼方「いや~、エマちゃんがあまりにもあんまり、いじらしいことを言ってくれるからだよ~」

エマ「? そ、そっかぁ」

彼方「よしよし、いくらでも、一緒に寝てあげるぜ~」ギュー

エマ「えへへ、嬉しい♪」


今度、二人でお泊まりする約束をした。

寝る前にエマちゃんが子守唄を歌ってくれる約束もしてくれたから、今からすっごく楽しみだなぁ。

へへへ~。

彼方ちゃんをこんな気持ちにさせてくれるのは、きっと、エマちゃんにしかできないんだろうな。



8: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:47:17.28 ID:seVuB/Rv.net

◇◇◇

──────夢を見た。


卒業してからもう、何度目かの春。散る桜に、遠くの飛行機雲。聴こえない歌声。

エマちゃん。あなたと過ごした日々を、今でも思い出すの。

あの頃のあなたの後ろ姿を、今日も見つけた。隣にいるのは、あの頃の私。

人混みの中、つい見とれて、前も見えなくなる。

微睡みの中で、記憶の回廊に響く声は、紛れもなく、エマちゃんの優しい声色。

夢を見ていた。

だから私は、どうしようもないくらいに、泣きたくなったんだ。

止まった時の中で私は、交差点で立ち尽くして、わんわんと泣き喚いた。

やだ、やだ。行かないで。

心の中にしまい込んだ、確かな想いを。

私はきっと、吐き出してしまいたいと、思っていたんだ。



10: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:48:08.24 ID:seVuB/Rv.net

キ-ンコ-ン カ-ンコ-ン

エマ「ん…」モゾモゾ

エマ「ふわぁ……」ノビ-

彼方「すやぴー」

エマ「ふふ。彼方ちゃん、おきて~」ユサユサ

彼方「ん~……!」

エマ「彼方ちゃ~ん。予鈴鳴ったよ~?」

彼方「んぁ……エマ、ちゃん…?」

エマ「おはよう、彼方ちゃん。エマだよ~」

彼方「んん~」ダキ-

エマ「わっ」



11: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:48:41.45 ID:seVuB/Rv.net

彼方「エマちゃ~ん」

エマ「どうしたの~?甘えん坊さん?」ナデナデ

彼方「……変な夢を見た、かも」

エマ「そっかぁ。じゃあもうちょっとだけ休憩したら、教室に戻ろうね」

彼方「うん…」


エマちゃんの手を握ると、エマちゃんは何でもないように、握り返してくれた。

教室までの道、永遠に続けばいいな、なんて。

彼方ちゃん。ちょっと、らしくない気分。



13: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:51:10.92 ID:seVuB/Rv.net

◇◇◇


彼方ちゃん、たまに不思議に思うことがあるんだぁ。


エマ「それでね、みんなが私を囲んで言うの、『お姉ちゃんは誰が一番好きなの』って」

彼方「ほほう…。それは難しい問題だねぇ。それで、エマちゃんは何て答えたの?」


エマちゃんのこと。エマちゃんはどうして────


エマ「そんなの簡単だよ~。ふふ、あのね、あのね」

彼方「うんうん」

エマ「みんなそれぞれ、いっちばん大好きだって。それをそのまま伝えたの」

彼方「え~。それ、納得しなかった子もいるのでは?」



14: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:51:50.71 ID:seVuB/Rv.net

エマ「え?どうして?」

彼方「だって……そりゃ、誰だって一番に選ばれたいんじゃないの?」

エマ「ん~……でも、私、本当にあの子たちのこと、同じくらい大好きだもん」


エマちゃんはどうして、心にいっぱいの愛情を抱えていられるんだろう。

彼方ちゃん───私は、妹の遥ちゃんが大好きだ。

2歳頃の記憶、遥ちゃんが生まれたときのことは今でも覚えている。

遥ちゃんの誕生日。私が、お姉ちゃんになった日。

そんな遥ちゃんの下にもう一人妹ができたら、と想像。

遥ちゃんにそうするように、もう一人の妹を溺愛する彼方ちゃん。

うーん、やっぱり、うまく想像できないぜ……。



16: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:53:45.52 ID:seVuB/Rv.net

不思議。

どうして、エマちゃんにはそれができるんだろう。

愛情を注ぐというのは彼方ちゃん、そんなに簡単なことじゃないと思うんだ。

エマちゃんだって、簡単な気持ちで家族のことを語ったことなんてないよね。


でもその数が……いや、数で比較するなんて馬鹿馬鹿しいんだけど

でもでも、遥ちゃん一人への気持ちででいっぱいいっぱいの私からすると、エマちゃんはもう、それはもう───


すごいなぁ、としか、思えないのです。(語彙力)



18: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:56:38.86 ID:seVuB/Rv.net

彼方「ねえ、エマちゃん」

エマ「なぁに?」


ここで彼方ちゃん、いじわるな質問を思い付く。


彼方「じゃあじゃあ、ニジガクのみんなの中では誰が一番好き~?」

エマ「え?ニジガクの、みんなの中で…?」


思いもよらない問いだという風に、エマちゃんがポカンとした。


エマ「ニジガクの、みんな……」ムムム…

彼方「……」ドキドキ


真剣な表情を浮かべるエマちゃん。こっちまで変に緊張してきた…!



19: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:57:58.71 ID:seVuB/Rv.net

彼方「お、おやおや~?一番好きな人なんて思い当たらない?」

エマ「え?あ、ううん。みんなのことが大好きすぎて…ちょっと、困ってるの」

彼方「お、おう……」


さっきの弟たちへの答えと一緒じゃ、駄目なのかな。


エマ「うーん、それとはまた別っていうか…」


おや、彼方ちゃん声に出てた。


エマ「あの子たちのことはぜーんぶ知ってるから、同じだけ好きって言えるの。でも、ニジガクのみんなのことは、まだ知らないことがたくさん」

エマ「その中で、毎日素敵なところを発見してるの。だから、同じようには考えられないなって」

彼方「そ、そっかぁ~……」


思ったより、考えてた……。



20: 名無しで叶える物語 2020/11/06(金) 23:59:29.94 ID:seVuB/Rv.net

彼方「じ、じゃあ今!今ぱっと頭に浮かんだのは?」

エマ「いま?」

彼方「うん、今。この瞬間、一番好きなのは?」


一体彼方ちゃんは何を質問してるんだろう。顔が熱くなってきた気がするよ…


エマ「それは、えっと…///」

彼方「?」

エマ「彼方ちゃん、だよ?」


エマちゃんが耳元で小さく、そう言った。


彼方「……//」

エマ「ふふ、なんだか恥ずかしい…//」


いやそれはこっちの台詞なんだけど。



21: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:00:00.32 ID:XWQST8zl.net

「今の話は、3人だけの秘密だよ?」

彼方「3人?」

エマ「私と、彼方ちゃんと、神さま。」


そう言ってエマちゃんは、優しく微笑んだ。


彼方(神さま、かぁ…)


昼下がりの喫茶店。

それぞれの行き先に向かう通りの人たち、を見るエマちゃん、を見る彼方ちゃん、を見るお空の上の人。

うーん、よく分かんない。



22: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:04:57.41 ID:XWQST8zl.net

◇◇◇

彼方「良かったの積み重ね?」

エマ「うん。日記でも映像でもいいんだけどね、その日……1週間でもいいんだけど、その期間に良かったなぁって思ったことを残しておくの」

彼方「ほうほう」

エマ「良かったなぁって思った言葉、景色、行動。それを後から見返すとね、とっても優しい気持ちになれるんだぁ」

彼方「なるほど~。日記を書くとかはわりとポピュラーだけど、良かったことだけを書くって発想はなかったな~」

彼方「それを読み返すことが、エマちゃんが元気になる方法なんだねぇ」

エマ「そうだねぇ。つらいなぁってときとかに効くんだ~。それで、彼方ちゃんは元気がないときは何かするの?」

彼方「寝ることと、遥ちゃんとお話しすることです!」ニコー!



23: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:07:56.23 ID:XWQST8zl.net

エマ「ということは、遥ちゃんとお話ししながら眠りにつくことができたら、それはもう最高にハッピーだね♪」

彼方「その通り~♪エマちゃん鋭~い♪」

彼方「ご褒美に、彼方ちゃんの作ったお弁当のおかずを一つ進呈しよ~。あーん」

エマ「あーん、ぱく。……もぐもぐ。ん、とってもボーノ♡」

エマ「代わりに、私のもあげるね♪ あーん」

彼方「わぁい♪あむ♡」

彼方「もぐもぐ……こ、これは…」

エマ「……!」ドキドキ

彼方「美味」

エマ「びみ!」



25: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:13:21.22 ID:XWQST8zl.net

◇◇◇

彼方「エマちゃん! そろそろ決めよっか!」

エマ「な、何を!?彼方ちゃん!」

彼方「どっちがお姉ちゃんかだよ!」

エマ「どっちもお姉ちゃんだよ?」

彼方「や、じゃなくて。ほら、彼方ちゃんとエマちゃん限定!」

エマ「限定?……限定解除!」

彼方「解除しないで!なにそれ!?」

エマ「この前せつ菜ちゃんが日本の格好いい言葉ですって教えてくれたんだ~♪」

彼方「そ、そっか……、せつ菜ちゃん運転免許でも取るのかな……じゃなくて!」



26: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:14:17.74 ID:XWQST8zl.net

彼方「ほら、前にしずくちゃんに言われたじゃん。彼方ちゃんとエマちゃん、まるで双子の姉妹みたいって」

エマ「言われたね~」テレテレ///


なんでそこで照れる?


彼方「じゃあほら、どっちがお姉ちゃんでどっちが妹かは決めたいじゃん」

エマ「え~?そう?そう…うーん……そっかぁ」

彼方「……ちなみに、エマちゃんはどっちがお姉ちゃんだと思う?」ゴクリ

エマ「えー。うーん、そうだねぇ……」

エマ「どっちも?」

彼方「えぇ……」



27: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:15:43.32 ID:XWQST8zl.net

エマ「あ、でも彼方ちゃんに愛される遥ちゃんが羨ましいから、彼方ちゃんの妹になりたいなって思うときもあるよ?」

彼方「むむ、そうなの?」

エマ「うん。お姉ちゃんになってよしよし、ってしてあげたいときもあるかなぁ」

彼方「エマちゃんって……意外と欲張りだよね」

エマ「そ、そう…?え、えへへ?」

エマ「でも、だって、ほら。私たち双子だもんね♪きっと、どっちでも大丈夫だよ」


そういって笑うエマちゃん。

その自由な考え方も、きっとエマちゃんにしかできないんだろうなと、そう思った。



29: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:25:25.13 ID:XWQST8zl.net

◇◇◇


手を繋いでいても、あなたの顔は見られなかった。

さよならに代わる言葉を、気持ちを、繋ぎ止めるための約束を。

そんなものを今さら、どうやって伝えればいい?

分かってたよ。でも、やっぱり、ダメなの。

私は、弱いんだよ。

こんな私を、置いてかないで。

一緒に来てって、言ってよ。

夢なら、覚めて。お願い。



30: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:26:22.69 ID:XWQST8zl.net

─────


エマ「彼方ちゃん、起きて~」

彼方「むにゃ?……ここは、どこ…?」

エマ「同好会の部室だよ~。みんなもう帰っちゃったよ?彼方ちゃんも帰ろ?」

彼方「同好会……あぁ、そっか。学校……」

エマ「クスクス♪ もう、彼方ちゃん寝ぼけてる?果林ちゃんみたい」

彼方「ふぁ…」


身体が固い。

そっか。彼方ちゃん、眠ってたんだ。



31: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:27:53.76 ID:XWQST8zl.net

彼方「エマちゃんは、今から帰り?」

エマ「そうだよ~。今日は彼方ちゃん家にお泊まりでしょ?忘れてたの?」

彼方「あ」

エマ「……もしかして、忘れてた?」

彼方「い、いやぁ、寝起きだったから」

エマ「私今日一日、楽しみにしてたのに。むー」プクー

彼方「か、帰りに美味しいパンでも買って帰ろっか?」

エマ「ほんとに!?やったー♪」


危ない危ない。
楽しみすぎて昨日は眠れなかったなんて、恥ずかしくて言えないもんね。



32: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:34:30.65 ID:XWQST8zl.net

───────
─────
───


エマ「ねえねえ、彼方ちゃん」

彼方「なぁに~?エマちゃん」


夕暮れの帰路。
右手は、エマちゃんの左手と。


エマ「私ね、最近変なの」

彼方「うん?どうしたの?」

エマ「彼方ちゃんのことを考えると、胸の奥がね、なんかね、ずきずきってするんだぁ」

彼方「っ!?」ゲホッ!ゴホッゴホッ……//

エマ「彼方ちゃん!?だ、大丈夫!?」



35: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:52:24.75 ID:XWQST8zl.net

彼方「だ、げほっ!だいじょうぶ…!」

エマ「お、お茶あるよ?飲む?」ナデナデ

彼方「ありがと…んくんく…ぷはっ」


な、なんか今この子……凄いこと言わなかった…!?


彼方「え、エマちゃん…?//」ドキドキ

エマ「ん?」

彼方「…………そのぉ、胸が?痛くなるの?」

エマ「痛くなるっていうか…モヤモヤするっていうか……彼方ちゃんには理由が分かる?」



36: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:52:53.78 ID:XWQST8zl.net

彼方「う、う~~~ん………」


下手なこと、言えない……

勘違いだったら恥ずかしいし。


彼方「今度、歩夢ちゃんにでも聞きてみるよ」

エマ「そっかぁ」


でも、勘違いじゃなかったら?

もしかしたらエマちゃんも、彼方ちゃんと同じ気持ちなの?


モヤモヤ…。



37: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:54:54.64 ID:XWQST8zl.net

◇◇◇


あの頃の、記憶を辿る。


エマちゃん。
ねえ、楽しい思い出ばかりなのに、思い出すとつらいよ。


この街の中、一緒に過ごした部屋の中、過ごしてきた季節、大切な気持ちや想い。

これからは全部、一人だけで見ていくの。


いつもの隣、私のそばにあなたがいないことが、こんなにも心を締め付ける。


ふとした時に、涙が滲んじゃうの。


会いたいよ、エマちゃん。



38: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:56:22.17 ID:XWQST8zl.net

─────



目を覚ますと、空はまだ薄ぼんやりとしていて、肌寒かった。


彼方「へくちっ…」


うぅ…もうすっかり、冬だなぁ…。


彼方「はふぅ…」


白い息の先。紫がかった雲が、なんだかとても綺麗。


彼方「東雲……っていうんだっけ」


彼方ちゃん、この時間が結構好きです。



39: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:57:45.92 ID:XWQST8zl.net

「んん…」


後ろで、エマちゃんの声。


「おはよう、エマちゃん」

「おはよう、彼方ちゃん。今朝は早いねぇ」


毛布に身を包んだ彼女が、はにかむように微笑んだ。


────その微笑みが彼方ちゃんには、奇跡のように思えた。


今まで積み重ねてきた小さな出来事たちは、全部ここに繋がってたんだと思った。


この先何があっても、思い出す優しい瞬間。


「ねえ、エマちゃん。聞いてくれる?」


この胸の高鳴りに、

彼方ちゃんはきっと、正直になっても良いんだよね。



40: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 00:57:54.59 ID:XWQST8zl.net

おわり



41: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 01:03:51.93 ID:XWQST8zl.net

かなエマ流行って(切望)


元スレ
彼方「エマちゃんにしかできないこと」