1: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 20:49:26.95 ID:C9wixSNU.net

 
>>20章直後です


☀⏰💥ジリリリリリ



果林「んん~っ……あと5分……」

果林「………んぁ…………はっ!」

果林(そろそろ起きなきゃ……)モゾモゾ

果林「ふぁ………」ポケー

果林(あんな事もあったし、エマももう起こしに来ないわよね……)



コンコン(ドアをノックする音)
 

果林「!?」ビクッ!!


  「果林ちゃ~ん、起きてる~?」


果林「えっ……!?」



2: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 20:55:22.27 ID:C9wixSNU.net

 
ガチャ……


果林「あっ…えっ…!?」


キィ……


ガバッ!(とっさに布団にもぐる果林)


エマ「おはよぉ~果林ちゃん」


果林「アッ……え、エマ………」


エマ「まだ寝てるのかな~?(小声)」

スッ

エマ「朝だよ~、起きて~」(至近距離)


果林「……おっ、起き、起きてるわよ(小声)」

エマ「果林ちゃん♪おはよう」ニコッ

果林「あ……」

エマ「くすっ」ニコニコ

果林「ヒェ……」



5: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 20:59:10.06 ID:C9wixSNU.net

果林(何何何!?)

果林(なんでそんなに笑顔なの…!?)ゾゾォ

エマ「髪の毛跳ねてるよ」ニコニコ

果林「エ、アッ、ソ、ソウネ」

エマ「ふふっ、あとで直さないとね」ニコニコ

果林「アッ………」ゾゾッ



10: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 21:10:08.78 ID:C9wixSNU.net

果林(なによ……なんなのよ!)

果林(はっ!さては同好会を抜けた私への当て付けね……?)


果林「こほん、ねぇエマ?」

エマ「?」

果林「私はもう同好会には行かないのよ?」

エマ「だからなに?(威圧)」

果林「ヒッ……だから……その、もう起こしに来なくても──」

エマ「そういうのいいから(低音)」

果林「 」



17: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 21:23:35.05 ID:C9wixSNU.net

エマ「あっ、もうこんな時間!果林ちゃん!」

果林「はいっ!?」

エマ「着替え。ばんざーいして?」

果林「えっ、あっ、だっ、だ大丈夫よ!今日は自分でやるから」

エマ「は……?」フッ(ハイライト消え)

果林「あっ…………」


 ~~~~~~~~


果林(結局いつも通りだったわ……)

エマ「じゃ、行こっか」

果林「ウン………」



19: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 21:37:43.34 ID:C9wixSNU.net

 
▷▷▷▷▷▷▷▷


果林「ふぅ…………」

果林(エマは何を考えてるのかしら…!)

果林(あの貼り付けたような笑顔……思い出すだけでゾッとするわね)

彼方「ん」スッ

果林「…………(思案中)」

彼方「💢(舌打ち)」果林の足フミツケ

果林「痛ったぁっ!何!?」

彼方「ん」スッ

果林「あっ、プリント届けてくれたのね……ありがとう」

彼方「……ふんっ」プイ



21: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 21:44:54.33 ID:C9wixSNU.net

果林「っ……ねぇ、彼方?」

彼方「む」ジトー

果林「うっ……」

彼方「……彼方ちゃんはいまお喋りする気分じゃないの」

果林「そう……よね」

彼方「…………?」

果林「ハァ…………」

彼方「…………どうしたの?」

果林「え?……えっと、……エマのことなんだけど」

彼方「エマちゃん?」



22: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 21:51:23.34 ID:C9wixSNU.net

 
 ~~~~~~~~


果林「──というわけなのよ」

彼方「……へぇ~、まだ起こしてもらってたんだ」

果林「そこは突っ込まなくていいの!」

彼方「それで、果林ちゃんはどうしてほしいの」

果林「だから、彼方のほうから何か話を……」

彼方「そうじゃなくて」

果林「?」

彼方「──果林ちゃんは、エマちゃんにどうしてほしいの?」

果林「それは──」



23: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 22:03:55.88 ID:C9wixSNU.net

彼方「はい、お喋りおしまい」プイ

果林「え、ちょっと…!」

彼方「彼方ちゃんだって誰かさんのせいでご機嫌ななめなんだぞう」プクー

彼方「ふたりの問題ならふたりで解決せーい」

果林「……そう、よね……」

彼方「…………」

果林「ありがとう、彼方」

彼方「……彼方ちゃんはなんにもしてないぞー」



25: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 22:15:38.25 ID:C9wixSNU.net

 
▷▷▷▷▷▷▷▷

ランジュ「ワン、ツー、スリー、フォー──」

ランジュ「──ストップ!」

果林「はぁ、はぁ、はぁ……」

ランジュ「……果林、動きがあってないわ。少し遅れてる」

果林「っ!ごめんなさい」

ランジュ「やる気がないなら今日はもう帰って」

果林「少し調子が出なくて……もう一度最初からやらせて!」

ランジュ「不是。今日のレッスンはやめにしましょう」

果林「えっ……」

ランジュ「ハァ……、そんな状態で練習になると思ってるの?」

果林「そ、そうね……わかったわ」

ランジュ「ええ、ゆっくり休んできて。舞台に立ちたいなら体調管理は大事ラ」



30: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 23:23:37.21 ID:C9wixSNU.net

 
▷▷▷▷▷▷▷▷

果林「…………」トボトボ

愛「かりーん!待ってー!」

果林「愛?……あなた、レッスンはいいの?」

愛「へへっ、ランジュにお願いして早めに切り上げてきた!」

愛「カリンがいなきゃどっちみちフォーメーションの練習できないんだもん」

果林「そう……」

愛「……悩みごと?」

果林「…………」

愛「そうだんまりしないで!相談乗るよ!」

果林「くすっ……頼りになるわね」



31: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 23:31:08.14 ID:C9wixSNU.net

 
▷▷▷▷▷▷▷▷


愛「──エマっちが?」🍹

果林「ええ」☕クイッ

果林「んっ!熱っ…!」

愛「…………」🍹チューチュー

果林「その……正直、喧嘩別れしたようなものでしょう?」

果林「なのに今でも朝起こしに来て……」

果林「あの娘がいったい何を考えてるのかわからなくて」

愛「そっかー…………」🍹



32: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 23:38:17.96 ID:C9wixSNU.net

果林「愛、あなたは?」

愛「ん?」

果林「璃奈ちゃんや歩夢とは……どう……?」

愛「あはは……ちょっちマズいかなーって感じ?」

愛「…………」

愛「あたしは、同好会にこだわらなくても、スクールアイドルとしてやる事が大事だって──」

愛「でも、皆にとってはそうじゃなかったんだよね」



34: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 23:52:08.12 ID:C9wixSNU.net

愛「もちろんはじめは、ランジュがなにくそーって気持ちもあったよ」

愛「──でも、こっちで新しく学べたこともたくさんあったし……前より出来ることも増えたと思う」

果林「ええ」

愛「だから、みんなも部に来てやった方が絶対レベルアップできる」

愛「……って、そう言いたいだけなのに」

愛「みんなを楽しくさせたいからスクールアイドルやってるのに、一番大切な仲間を笑顔にできないなんて」

愛「ほんと──難しいよね」

果林「愛……」



35: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 23:53:20.92 ID:C9wixSNU.net

愛「──あれ?何言ってるんだろ」

愛「おっかしいなぁ……愛さんがカリンの話に付き合ってあげるつもりだったのに……」

果林「……ううん、いいのよ」

愛「………」ショボン

果林「……ほ~ら、いつもの笑顔が台無し」ホッペツネリ

愛「らって~、カリンがあんなこというから~」ビヨーン

果林「はいはい」



36: 名無しで叶える物語 2020/11/07(土) 23:56:27.29 ID:C9wixSNU.net

果林「そうだ。愛ってこのあと暇?」

愛「ん?まあ、練習やめてきちゃったからね」

果林「せっかくフリーになったんだし、二人で遊びにでも行かない?」

愛「おぉ!?行く行く!」

愛「ってかカリンがそういうこと言うの意外!」

果林「私も気分転換したいの」

愛「だったら気になってるお店があるんだけど!抹茶塩アイスもんじゃってのがあるらしくて──」



37: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:04:29.23 ID:hxmB3nBa.net

 

(愛『みんなを楽しくさせたいからスクールアイドルやってるのに、一番大切な仲間を笑顔にできない』)
(愛『ほんと──難しいよね』)


(彼方『──果林ちゃんは、エマちゃんにどうしてほしいの?』)




果林(同好会のこと。私の気持ち)

果林(もっと早く、あの娘に伝えなきゃいけなかった)

果林(今からでも、間に合うかしら)


▷▷▷▷▷▷▷▷
 



38: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:11:21.22 ID:hxmB3nBa.net

 
☀🐦?ュンチュン


エマ「おはよう果林ちゃ──」

果林「……おはよう、エマ」

エマ「果林ちゃん、もう起きてたんだね……」

果林「ねぇ、エマ」

エマ「……なあに?」


果林「──もう、ここには来ないで」

エマ「!!」



39: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:14:28.88 ID:hxmB3nBa.net

エマ「……なんでそんなこと言うの……」ギリリ…

果林「待って、私の話を聞いて!」ガシッ

エマ「──」

果林「本当は…もっと早くあなたに言うべきだった」

果林「──どうして、同好会をやめることにしたのか」

エマ「そうだよ…………」

エマ「果林ちゃん、何も言ってくれなかった……!」

エマ「どうして!どうして話してくれなかったの!?」

果林「あなたに相談したら……覚悟を決められないと思ったから……!」

エマ「…………」

果林「……恨んでくれたって構わないわ」

果林「私はこれで正解だったと思ってる



41: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:20:06.80 ID:hxmB3nBa.net

エマ「……ううん」

エマ「この前はあんなこと言っちゃったけど……」

エマ「わたしは果林ちゃんの気持ちが一番大切だと思う……」

エマ「だから、どんな果林ちゃんでも応援したい……!」

エマ「果林ちゃんのこと大切な仲間だと思ってるから!」

エマ「──でも、ひとつだけわからないの」

エマ「果林ちゃんにとって、同好会のみんなは──」

エマ「──わたしは、必要ない?」



42: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:28:01.26 ID:hxmB3nBa.net

果林「そんなわけない」

果林「あなたは私のことを褒めてくれるし、甘えさせてくれる。あなたの優しさに救われたこともある」

果林「だからこそ──今は一緒にいられない」

エマ「………!」

果林「あなたは優しいから……私の弱さを包み込んでくれる」

果林「でもそれは、私の弱さを見ないふりしているだけ……」

果林「私自身がその弱さに立ち向かっていかなきゃいけないの」

果林「けれど……今のままで変われないなら、自分の居場所を変えるしかない」

エマ「…………うん」



43: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:40:58.91 ID:hxmB3nBa.net

果林「今はまだ、あなたの顔を見ると甘えたくなってしまうの」

果林「だからお願い」

果林「少しの間だけ、私をひとりにして」

果林「あなたのすぐ側で胸を張っていたいから」

エマ「…………そっか」

エマ「果林ちゃんの気持ち、よくわかったよ」

エマ「でも、どうかなあ」

果林「えっ……?」

エマ「わたし、待てないかも」



44: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:43:16.26 ID:hxmB3nBa.net

エマ「その間に、わたしの方が果林ちゃんよりもっと凄いスクールアイドルになってるかもしれないよ?」

果林「なっ……!」

果林「だったら…あなたが追いつけないくらい成長した姿を見せてあげるんだから!!」

エマ「わたしだって……!」

エマ「果林ちゃんよりずっとずっと素敵なスクールアイドルになる!」

エマ「同好会をやめたこと、後悔させちゃうから!」


 



45: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:51:57.79 ID:hxmB3nBa.net

 
▷▷▷▷▷▷▷▷

HR

 「はい、じゃあ出欠とるよー」

 ハーイ

 「朝香さーん」

 「……朝香さんは?」

 「来てないみたいです」

 ザワザワ……

 「どしたんだろうね、また寝坊かな?」

 「ねー。もう三日連続だよ」

彼方「ハァ…………」ヤレヤレ



46: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:53:19.02 ID:hxmB3nBa.net

 



果林「……エマ、やっぱり朝は起こしてくれない?」

エマ「果林ちゃん……」



 



47: 名無しで叶える物語 2020/11/08(日) 00:53:50.75 ID:hxmB3nBa.net

おしまい


元スレ
エマ「おはよう~果林ちゃん」(満面の笑み)果林「ヒィッ!?」