曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」

曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」

曜「鞠莉ちゃんとマザーズデイ」

鞠莉「曜とのなかよし温泉旅行記」

曜「紫陽花の鞠莉ちゃん」

鞠莉「スウィート・リベンジ」

曜「サラダ記念日」

曜「憧れは淡く身を包んで」

曜「鞠莉ちゃんのレモンな思い出」

曜「鞠莉ちゃんと放課後デート」

曜「鞠莉ちゃんとのレモンな生活」

曜「待ち人、来ること遅し」

曜「鞠莉ちゃん先生とお泊り勉強会」

鞠莉「クリスマス・アフター・クリスマス」

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』



















3: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 14:58:58.26 ID:hyWWT/Is.net

ようまり。



4: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 14:59:58.20 ID:hyWWT/Is.net

ついさっきまで明るかったはずなのに、窓の外はもう薄暗くなっていた。

時刻は午後5時30分を回ったところ。
校内はしんと静まり返り、だんだんと冴えた空気が満ちていく中、廊下を行く私の足音だけが小さく響いていた。

曜「冬の気配って感じがする。あっという間だね」

足早に通りすぎた夕暮れと肌寒さが、私に冬の近づきを実感させた。



5: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:00:44.93 ID:hyWWT/Is.net

そんな私も、自分で言うのはなんだけど、ある意味で季節感たっぷりの格好をしている。あ、厚着をしてるって意味じゃないよ?

制服の上から黒いマントを纏って、頭にはつばが広めの、これまた黒いとんがり帽子。

右手には小道具のほうきを持ち、左手にはカボチャのランタンを模したお菓子入れのバスケットを携えて――

そう、正真正銘のハロウィンスタイル!出来立てほやほや、最新作の衣装なんだ。



6: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:02:18.61 ID:hyWWT/Is.net

え?夕方とはいえ、平日の学校にしては随分と場違いな格好じゃないかって?

あはは、そりゃ、私だって普段ならこんな格好で出歩いたりしないよ。いくらコスプレが大好きって言ってもね。

んん?東京の街中で巫女服着てたって?あれはほら、特殊事情だから。旅先だったし、せっかく専門店でレアな衣装を発見したのに、それを着るなって方が無理な話だもん。

つまりね、場合にもよるけど、着るべき状況や理由があれば迷わず着る、そういうスタンスなんだ。善子ちゃんと同じだね。

そして今日は、一年に一度のハロウィン!これ以上の理由なんてないよね。今日という日に仮装しなかったら、コスプレ好きの名がすたるってものだよ!

このハロウィンコスチューム作りも、スクールアイドル活動の一環として取り組んだものだから、校内を試着して歩いたって心配はご無用!

まあ、実際にセーフかどうかはアレなんだけど、とにかくそういう名目になっているんだ。



7: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:04:04.05 ID:hyWWT/Is.net

曜「ふふっ、我ながらなかなかいい感じだね」

窓に写る自分の姿を見て、私は満足の笑みを浮かべた。

短時間で作った割には良くできていると思うし、調整する充分な時間がなかったことを考えれば、まずまず出来栄えと言ってもいい。

Aqoursの衣装係として、そして持ち前のコスプレ魂はダテじゃないってところかな。

曜「よーしっ」

着こなしを再確認できたところで歩き出す。向かう先は理事長室、鞠莉ちゃんのいる部屋だ。



8: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:04:43.37 ID:hyWWT/Is.net

――――――――

話は少し前に遡る。
今日は仕事予定の鞠莉ちゃんを含め、都合が悪いメンバーが多くて、Aqoursの活動は自主練習扱いになっていた。

千歌ちゃんと梨子ちゃんも用事があるとかで、部室で時間を持て余していた私は、ふと思い立って、練習がてらハロウィン衣装を試作することにしたんだ。
別の衣装に使って余った布とか、ありあわせの材料を使ってね。

黙々と作業を進めながら、1時間くらい経った頃かな。

曜『よし、出来たっ!』

マントと帽子が完成!集中して打ち込めたおかげで、自分でも手応えがある衣装が出来上がった。

とりあえず制服の上から羽織ってみて、鏡の前で仕上がりを確認。パーティーグッズのほうきとランタンを組み合わせたら…うん、いい感じ!

曜『へへっ、結構よく出来たね!これなら今日もバッチリで…ん?』

そこでふと、あることに気付く。

曜『作ったはいいけれど、これ、いつ着るの?』



9: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:05:49.89 ID:hyWWT/Is.net

そう、せっかく作った衣装をお披露目する機会がない。Aqoursのハロウィンパーティーは先週末にやってしまったし、今日はハロウィン当日だけど、何か予定があるってわけでもない。

ハロウィン期間は今日までだから、明日から世の中はクリスマスカラーに切り替わっているはず。つまり、どこかに着ていくアテが全くないんだ。

曜『うーん…後先考えてなかったなぁ』

衣装のまま腕を組んで浮かない顔をしていると、ダイヤさんと果南ちゃんが別室作業から戻ってきた。

果南『へえ、いい感じに出来上がったね。身近なものであっという間に作っちゃうなんて、さすが曜、私たちAqoursの衣装担当だね』

ダイヤ『ええ、とてもよくお似合いです』



10: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:06:14.83 ID:hyWWT/Is.net

曜『ありがと。でも…』

ダイヤ『どうかしたのですか?』

曜『よく出来たのはいいんだけど、肝心の着る機会が無さそうだなって、今気付いて』

ダイヤ『ああ。確かに、パーティーは先週やってしまいましたからね』

うう、だよねぇ…

果南『なるほど、出番が思いつかないってわけか。ならさ、鞠莉に見せてきたら?』

曜『え、鞠莉ちゃんに?』



11: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:07:24.20 ID:hyWWT/Is.net

不意に出てきた鞠莉ちゃんの名前に、少し上ずったおうむ返しをしてしまった。果南ちゃんに合わせるように、ダイヤさんが小さく頷く。

ダイヤ『それはいい考えです。きっと喜びますよ』

果南『多分、理事長室にいると思うから、行っておいでよ』

確かに、鞠莉ちゃんに着てるところを見てもらいたいと思ってはいたよ。だけど…

曜『でも、仕事中に行ったら迷惑じゃないかな?』

忙しい鞠莉ちゃんの邪魔はしたくない。そのことが気持ち的に引っかかっていた。



12: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:08:49.62 ID:hyWWT/Is.net

果南『んー、大丈夫だと思うよ。曜ならきっとね』

曜『そうかなぁ』

ダイヤ『むしろ、今の時間の方が都合が良いでしょうし』

果南『だね』

曜『それって、どういうこと?』

意味ありげなセリフの意図を尋ねると、二人はくすくすと微笑んで。

ダイヤ『深い意味はありませんわ。そんな気がするだけです』

果南『そうそう。さあ、美味しいお菓子を沢山もらってくるんだよ。楽しいハロウィンをね』



13: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:10:20.87 ID:hyWWT/Is.net

――――――――

そんなこんなで二人に見送られながら、ハロウィン装備の私は理事長室でお菓子をゲットする旅に出たわけだけど、うーん…

曜「私って、わかりやすいのかな?」

あの様子じゃ、どう考えても気を使われちゃったよね…

だけど、初めの一歩を踏み出してしまえばあとは簡単だった。今ではすっかり戸惑いも晴れ、新鮮な気持ちで廊下を歩くのを楽しんでいる。

鞠莉ちゃんのところに行ったら何をしようかな。まずは衣装を見てもらうとして、その後は軽くおしゃべりとかしちゃったり。

時間に余裕があれば、一緒にお菓子を食べたり、鞠莉ちゃんに衣装を試してもらったりもできるかもしれない。

曜「えへへっ、そうだったらいいな」

楽しい想像に期待がどんどん膨らんでいく。
人が少ないおかげで、緩んだ頬を誰かに見られることも無く、私はマントをはためかせながら、軽い足取りで廊下を奥へと進んでいった。



14: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:12:26.72 ID:hyWWT/Is.net

……………………………………

曜「着いたっ」

私は目的地である理事長室のドアの前へとやってきた。お菓子の旅も、いよいよ一番の山場ってところだ。

何度も来ているのに、このドアの前に立つといつも不思議なプレッシャーを感じる。嫌ってわけじゃないけれど、毎回少し緊張してしまうのは、きっと鞠莉ちゃんの部屋だから、かな。

身だしなみを整えて、とんがり帽子の角度を微調整。おかしなところは…うん、大丈夫。心の準備もオーケー。

曜「こほん…よしっ」

箒を左手に抱え直し、姿勢を正して右手で扉をノックする。乾いた木の音が数回、廊下に響いた。
この瞬間が、いつだって一番のドキドキだ。



15: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:12:59.32 ID:hyWWT/Is.net

曜「…あれ?」

返事がない。いつもなら、すぐに明るい声が返ってくるはずなのに。

曜「鞠莉ちゃん?」

もう一度、今度はゆっくり大きめにノックしてみたけれど、やっぱり反応は無し。

曜「んー?」

ドアの向こう側に耳をそばだててみたけれど、静まり返った廊下の中で、自分の呼吸音以外に物音はなにも聞こえなかった。

鞠莉ちゃん、居ないのかな?ダイヤさんと果南ちゃんは、理事長室にいるはずだって教えてくれたけど…



17: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:14:51.45 ID:hyWWT/Is.net

曜「うーん、どうしよう…」

反応も物音もしないってことは、つまりは不在ってことだよね。

事前連絡もしないままに来ちゃったから、用事で席を外してるのかもしれないし、行き違いで部室に向かったってことだって考えられる。

スマホを置いてきてしまったから確認は出来ないけれど、仕方ない。いずれにしても、ここは一旦出直して――

曜「――でも、二人は理事長室にいるはずだって言ってた。それなら…」

私はドアノブに手をかけて、ゆっくりと、静かに回し始めていた。

曜「確かめなきゃ、ちゃんと…」

これが褒められた行動じゃないってことはわかってる。どうしてそうしたのかって問われたら、うまく答えられる自信はない。

でも、その時の私は、鞠莉ちゃんが部屋の中に居るのかどうかを直接確認する必要があるって思ったんだ。



18: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:15:27.55 ID:hyWWT/Is.net

おそるおそるドアを開けると、室内から温かい空気が流れ出てきた。多分エアコンを使っているんだね。廊下との気温差を感じながら、私は部屋の中をそっと覗き込んだ。

曜「鞠莉ちゃ…あっ」

その瞬間、胸がドキッと跳ね上がった。不意のことに、顔が熱を帯びていくのが自分でもわかる。

少し開いたドアの隙間から、私が見たものは――

鞠莉「くぅ…すぅ…」

曜(居た…!)

目を閉じて、椅子の背もたれに体を預けた鞠莉ちゃんの姿だった。



19: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:16:57.01 ID:hyWWT/Is.net

曜(本当に居た。私に気付いてないみたいだけど…眠っているのかな。最近お仕事、忙しそうだったし)

疲れてお休みだとしたら、ますます鞠莉ちゃんの邪魔しちゃうわけにはいかない――そうわかっているのに、ここでも私は大胆な行動を選んだ。

曜「し、失礼しまーす」

口の中で小さくつぶやいてから、体をドアの間に滑り込ませ、後ろ手にそーっとドアを閉じる。音も無く動けたことに、まずはほっと一安心。

曜(あったかい…)

エアコンがきいた部屋の中は、冷え始めた廊下に比べてとっても快適。これなら、つい眠くなっちゃうのも無理はない。

曜(それと、いい匂い…)

私はとんがり帽子をかぶり直してから、まるで蝶が花に吸い寄せられるみたいに、慎重に、静かに、鞠莉ちゃんのデスクへと向かう。



20: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:18:22.37 ID:hyWWT/Is.net

緊張のせいか、さっきから余計なことばかり考えてしまう。「子どもの枕元を訪れるサンタクロースって、毎回こんなヒヤヒヤしながらプレゼントを配ってるのかな」なんて、無関係のことが頭に浮かんだりもした。

曜(今はまだハロウィンだし、プレゼントをもらいに来たのはこっちのはずなんだけどね…)

心の中でセルフツッコミを入れ、起こさないように足音を忍ばせながら、私は枕元、もとい、鞠莉ちゃんのすぐ側までやってくることができた。

鞠莉「すぅ…すー…」

曜(ぐっすり、だね)

よく熟睡しているみたい。体の力が程よく抜けて、息をするたびに規則正しく肩が上下している。



21: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:19:33.49 ID:hyWWT/Is.net

鞠莉「ん…すー…」

鞠莉ちゃんにすれば、寝顔を誰かに見られるなんて想定してないと思うけど、それにしても無防備っていうか、なんて言うか…とにかく、見ていてドキっとする。

曜「あ…」

いつの間にか、私は近くで見る鞠莉ちゃんの寝顔に釘付けになっていた。

曜(まつ毛、長い…)

透き通るような白い肌と、煌めくブロンドヘアー。微笑むように少し開かれた口元。吐息の音。

曜(綺麗な顔。だけど――)

普段はお姉さんな印象だけど、寝顔が持ち前のあどけなさを際立たせていて。

曜「本当、かわいい」

思っていることが、声になって口からこぼれ出た。



22: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:21:05.87 ID:hyWWT/Is.net

曜(――って、違う違う!)

さっきから私は一体何してるんだろう。勝手に部屋に忍び込んで、寝顔に見惚れてるなんて、これじゃサンタどころか、ただの覗きじゃないか。早くここから出ていかないと。

今はこのまま寝かせておいてあげたいし、勝手に入ってしまった後ろめたさは、後で謝ればいい。衣装を見せられないのは残念だけど、トリックオアトリートはまた今度に…今度があるのかはわからないけど、とにかくそうしなきゃ。

やるべきことを心に決めた、その時だった。

『でも、今日はハロウィンなんだよね。ならさ――』

またしても、思いもよらない考えが私の頭をよぎった。



23: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:22:26.54 ID:hyWWT/Is.net

曜(…いや、いやいやいやいや。本当にさっきから何を考えてるの。そんな場合じゃないでしょ)

頭にまとわりつく妙な考えを振り切るように、その場を離れようとするけれど。

曜「…え?」

気持ちに反して、足が動かない。

曜(どうして?早く行かなきゃ、鞠莉ちゃんを起こしちゃうかもしれないのに――)

…いや、違う。足が動かないんじゃない。私自身が拒否しているんだ。
そう。まだ、しなきゃいけないことが残っているから――

鞠莉「すぅ…くー…」

曜「鞠莉、ちゃん…」

鞠莉ちゃんを少し見つめた後、私はほうきを机に立てかけて、とんがり帽子をそっと脱いでから、手持ちのカボチャランタンと一緒に机に置いた。



25: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:22:51.67 ID:hyWWT/Is.net

曜「お、お菓子くれないなら」

私は鞠莉ちゃんの横に立ち、寝顔を覗き込むようにして、ゆっくりと顔を近付けていく。

距離が近くなるほどに、優しい香りがふわりと鼻をくすぐって、胸のドキドキはますます大きくなるばかり。

曜「いたずら、しちゃうよ…?」

呼吸を、もう鼻の先すぐそばで感じる。

返事は、ない。



26: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:23:18.44 ID:hyWWT/Is.net

……………………………………

鞠莉「ん…」

唇に何かが触れた気がする。柔らかくて、あたたかい何かが。

それは一瞬のことで、温もりはすぐに離れてしまったけど、その感触は眠りに落ちていた私の意識を、優しく現実へと引き戻してくれた。

鞠莉「んー…?ふぁぁ…」

あくびで潤んだ視界が、ぼんやりと人の姿をとらえた。目を擦って、そのシルエットに焦点を合わせる。

鞠莉「あら…?」



27: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:23:51.06 ID:hyWWT/Is.net

私は一瞬、自分がまだ夢の中にいるのかと思ってしまった。

曜「お、おはようっ」

とんがり帽子をかぶった、黒いマントのリトルデーモン――もとい、ハロウィンコスチュームの曜が、緊張ぎみに声をかけてくれた。

鞠莉「おはよう…んん…私、寝ちゃってたんだ…」

ぐーっと伸びを一つして、寝ぼけ眼を時計に向ける。時刻は5時40分を示していた。

打ち合わせの後、この部屋に戻ってきたのが確か5時20分頃だから、だいたい20分くらい寝ていたことになるかしら。

ちょっと目を閉じて一休みのつもりが、思わぬシェスタになってしまったみたいね。ふぁぁ…



29: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:24:12.82 ID:hyWWT/Is.net

鞠莉「それで、どうして曜がここに?」

曜「ええっと…ごめんね、私、勝手に入っちゃって」

謝りながら「その、寝てたのに」とドギマギする曜を見て、思わず笑みが漏れた。

鞠莉「別にいいわ、曜ならね」

曜「えっ!?」

あら、何故だかびっくりしてる?

鞠莉「ほら、曜なら見ちゃいけない書類を覗き見したりはしないだろうし」



30: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:25:03.27 ID:hyWWT/Is.net

曜「み、見ない。見てないよ、絶対」

鞠莉「そうよね。もっとも、マリーの寝顔は覗いちゃったみたいですけど?」

曜「うっ、ご、ごめんっ!」

ふふ、慌てちゃって。

鞠莉「責めるつもりで言ってないんだから、そんなに小さくならないで」

曜「う、うん…」

鞠莉「で、感想は?」

曜「か、感想?」

鞠莉「感想よ。特等席でマリーの寝顔を見た感想」

曜「うえぇっ!?」



31: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:25:28.53 ID:hyWWT/Is.net

あれ、予想外に驚いているけど、そんなに動揺する質問だった?心なしか、さっきから顔が赤い気がするし。

曜「あ、その、えっと…」

ああ、しどろもどろになっちゃった。
後ろめたい気持ちを和ませようとしたのだけれど、逆に追い詰めてしまったかしら。

曜「あの、すごく、きれ…」

鞠莉「それより、私はその格好のことが気になるわ」

曜「えっ?」



32: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:25:46.93 ID:hyWWT/Is.net

鞠莉「衣装のことよ」

曜は何かを言おうとしたみたいけど、私が話題を切り替える方が早かった。

鞠莉「ハロウィンスタイルを私に見せに来てくれたんでしょ?素敵なコスチュームね。よく似合ってるわ」

曜「あ…えへへ、そう、かな?」

ん、やっと少し笑ってくれた。



33: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:26:17.93 ID:hyWWT/Is.net

曜「即席なんだけどね。部室にあったものを使って仕立ててみたんだ」

「見て見て」とばかりに、曜はその場でくるっと回る。その様子がまた愛らしい。

鞠莉「とてもハンドメイドに見えないわ。帽子のとんがり具合なんて、雰囲気がよく出てる」

曜「わあ、本当?実はこの角度、今回のこだわりポイントだったんだ!」

鞠莉「小道具もバッチリじゃない」

曜「あはは、さすがにこれは既製品だけどね」

嬉しそうにはにかむ曜を見て、私も自然と頬が緩んでしまう。

これでご近所をトリックオアトリートしたら、両手はお菓子でいっぱいになっちゃうでしょうね…って。



35: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:27:46.64 ID:hyWWT/Is.net

鞠莉「そうそう、大事なことを忘れるところだったわ」

私はぽんと手を合わせて、椅子から立った。

鞠莉「せっかく来てくれたんだもの。可愛いハロウィンキッズに、お菓子をあげなくちゃね」

部屋の隅にはポットやお菓子を置く棚があって、来客用の御茶菓子だけでなく、自分用としてチョコレートやスナックなんかもストックしている。

ほら、このチョコチップクッキーも、曜の好きなお菓子と聞いて買っておいたの。こういう時のためにね。

ちょうど一息つこうと思っていたところだし、曜にはコーヒーに付き合ってもらおうかな。タイミングも取り合わせも気が利いているし、一石二鳥のグッドアイデアだわ。

鞠莉「だけど…」

ふと、考える。そのまま渡したんじゃ、なんというか面白みに欠けるかも、なんて。



36: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:28:29.29 ID:hyWWT/Is.net

そうよね。せっかくのハロウィンなんだし、ハプニングの一つでもあった方が、きっと楽しいわよね。

そうと決まれば、ふふっ。

鞠莉「あれ?おかしいなぁ…」

曜「どうしたの?」

鞠莉「お菓子を切らしちゃってたみたいなの」

棚をガサゴソと探しながら、お菓子が見つからないフリをする。

鞠莉「うっかりしちゃったわ、ストックがあると思ったんだけど…」

もちろん、これは困っている演技。
目には目を、トリックにはトリックを。サプライズの鉄則だ。



37: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:29:09.34 ID:hyWWT/Is.net

曜はこの部屋に来客用のお菓子があることを知っているから、この展開は予想外のはず。

お菓子がもらえなくて、イタズラをしなきゃいけなくなった時、曜はどういうリアクションをするのか。興味あるでしょ?

シャイな曜のことだもの。さっきみたいに、きっとドギマギして可愛い反応を見せてくれるはず――そう思っていたんだけど。

曜「ううん、お菓子は無くても大丈夫だよ」

鞠莉「えっ?」

予想を裏切られたのは、私の方だった。



38: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:29:48.63 ID:hyWWT/Is.net

どういうこと?せっかくハロウィンの格好でやってきたのに、衣装を見せただけでトリックオアトリートをしないってこと?

鞠莉「お菓子、欲しくないの?ハロウィンなのに?」

お菓子を探すフリを続けながら、尋ねてみた。

曜「うん、いいんだ」

鞠莉「いいって、そういうわけにはいかないでしょ」

曜「いいんだよ――だってもう、もらっちゃったんだから」

曜は唇に手を当てて、ほんのりと頬を赤らめて小さく呟いたけど、背を向けて棚の中を手探りしていた私には、ちょっとわからなかった。



終わり



39: 名無しで叶える物語 2020/11/15(日) 15:30:05.94 ID:hyWWT/Is.net

全弾撃ち尽くしました。遅くなりましたがハロウィンようまりでした。また、昨日はようまり真ん中バースデーおめでとうございました。

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

曜「ずじゅうかん」

ありがとうございました。


元スレ
曜「内緒のトリックオアトリート」