1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:06:28.28 ID:Z9YKenmp0

ほむら「まどか!」ギュー

まどか「あ、そうだ英語の教科書忘れ…ってほむらちゃんどうしたの?」

ほむら「え?あ、なんでもないわ」

まどか「うぇひひ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:12:46.82 ID:Z9YKenmp0

まどか「でも困ったなぁ英語の教科書忘れるなんて」

ほむら「あなたならアメリカに住んでたから英語は大丈夫よ」

まどか「たった3年でそんなに出来るなんてことないよぉ」

まどか「それにアメリカで私は…あれ?アメリカに行った記憶なんて私…」

ほむら「まどか!」ギュー

まどか「うぇひひ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:17:29.74 ID:Z9YKenmp0

まどか「どうしたのほむらちゃん」

ほむら「あ、あれ?」

まどか「立ちくらみ?大丈夫?」

ほむら「えぇ…ごめんなさい」

まどか「大丈夫、私保険係だから…あれ?」

まどか「私まだクラスの係なんて」

ほむら「まどか!」ギュー

まどか「うぇひひひ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:25:29.17 ID:Z9YKenmp0

さやか「二人して見せつけちゃって」

まどか「ち、違うよさやかちゃん!」

さやか「胸と恋愛に関しては鉄壁とまで言われたほむらを簡単におとしちゃうなんてさ」

ほむら「何を言っているのさやか!」

まどか「そうだよさやかちゃん」

まどか「ほむらちゃんは私の最高の友達…あれ?この前あったばかり…」

ほむら「まどか!」ギュー



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:32:05.38 ID:Z9YKenmp0

まどか「うぇひひ」

さやか「結局抱きしめあってるし」

ほむら「ち、違うのよこれは」

まどか「違うんだ…」ボソ

ほむら「え?」

まどか「あっれー今なにか思い出しそうな気が」

ほむら「だ、ダメ!」ギュー

まどか「うぇひひ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:35:28.40 ID:Z9YKenmp0

まどか「大丈夫?ほむらちゃん」

ほむら「えぇ」

まどか「一回保健室行ったほうがいいよね」

まどか「一緒に行こ」

ほむら「えぇ、ありがとう」

まどか「うぇひひ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:37:40.27 ID:Z9YKenmp0

まどか「転校してきた時はほむらちゃんが私をいろんな場所に連れて行ってくれたよね」

ほむら「そうね」

まどか「こうやって保健室に私がほむらちゃんを連れて…あれ?」

まどか「ほむらちゃんを保健室に連れてなんて…」

ほむら「まどかぁ!ギュー」

まどか「うぇひひ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:44:17.92 ID:Z9YKenmp0

まどか「到着!横になってほむらちゃん」

ほむら「えぇ、お言葉に甘えさせてもらうわ」

まどか「こうやってほむらちゃんの介抱するの久しぶりだなー」

まどか「本当に最初の頃しか隙なんて…」

ほむら「え?まどか?」

まどか「あ…」

まどか「あ、あれー三つ編みのほむらちゃんが浮かんで」

ほむら「まどか!!」ギュー

まどか「うぇひひ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:52:52.35 ID:Z9YKenmp0

まどか「ほむらちゃんまた立ちくらみ?」

ほむら「えぇ」

まどか「とっても体調が悪いんだね」

ほむら「そうなのよ」

まどか「じゃあちゃんと看病しないと」

ほむら「助かるわ」

まどか「うぇひひ」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 21:59:14.17 ID:Z9YKenmp0

まどか「うぇひひ」ナデナデ

ほむら「くすぐったいわ」

まどか「ほむらちゃんはもう少し肩の力を抜かなきゃ」

ほむら「今はそんなに気をはってなんて…」

まどか(カラコンを入れてみてっと)

まどか「ほむらちゃんこっち向いて」

ほむら(え?まどかの瞳が金色?)

ほむら「まどか!!」ギュー

まどか「うぇひひ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:05:38.46 ID:Z9YKenmp0

まどか「さやかちゃんに金色のカラコン入れたら似合うって言われたんだけど」

ほむら「え?」

まどか「似合わなかったみたいだね」

ほむら「違うのよまどか」

まどか「ほむらちゃんが不安にみたいだしこれは付けないようにするね」

ほむら「ごめんなさい…」

まどか(うぇひひ)



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:11:44.70 ID:Z9YKenmp0

まどか「それより安静にしてないと」

ほむら「えぇ」

まどか「あ、そろそろ授業の時間だ戻らないと」

ほむら(もし授業中になにか思い出したら…)

ほむら「待って!」

まどか「どうしたのほむらちゃん」

ほむら「い、一緒にいて欲しいの」ギュ

まどか「うぇひひ」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:21:00.92 ID:Z9YKenmp0

ほむら「ごめんなさい、わがままを言って」

まどか「ううん、ほむらちゃんに頼られるのってなんだか嬉しいな」

ほむら「ありがとう」

まどか「うぇひひ」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:29:50.70 ID:Z9YKenmp0

さやか「お、戻ってきた」

杏子「おせーぞ」

まどか「ただいまー」

ほむら「まどか、迷惑をかけてしまったわね」

まどか「ううん、ほむらちゃんにはいっぱいお世話になってるから」

まどか「魔女化してまで私を庇ったり…あれ?」

ほむら「ダメよまどか!」ギュ-

まどか「うぇひひ」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:37:55.48 ID:Z9YKenmp0

杏子「相変わらずだなお前らって」 

さやか「ま、いいんじゃない」

さやか「まどかがいいならさ」

まどか「まだ立ちくらみがするの?」

ほむら「軽い貧血よ」

まどか「無理しちゃダメだよ?」

ほむら「えぇ」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:43:18.88 ID:Z9YKenmp0

ほむら(まどかの記憶が揺さぶられる頻度が高まっている)

ほむら(まどかが思い出さないようにするにはどうしたら良いの…)

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「ごめんなさい、考え事をしていたわ」

まどか「ほむらちゃんがくれたこのリボンみんなに似合ってるって言われるの」

まどか「転校したばかりの私に素敵なブレゼントをくれてとっても嬉しいなって」

ほむら「そう、でも言われて当然よ、とても似合っているもの」

まどか「似合ってるなんて…うぇひひ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:50:20.47 ID:Z9YKenmp0

ほむら「あなた以上にそのリボンが似合う子なんていないわ」

ほむら「間違いなく世界一よ、まどか」

まどか「っ!///」ギュー

ほむら「え?ど、どうしたのまどか」

まどか「え、えっとほむらちゃんの真似!」

さやか(照れ顔見せたくないからってわかりやすい嘘ついちゃって)



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 22:57:58.31 ID:Z9YKenmp0

杏子「仲が良い事で」モグ

さやか「なに早弁してんのあんた」

杏子「別にいいだろ」

ほむら「まどか?」

まどか「突然ごめんねほむらちゃん」

ほむら「いえ、いつも迷惑をかけているのは私だもの」

まどか「うぇひひ」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:06:42.92 ID:Z9YKenmp0

さやか「ねぇほむら」

ほむら「何?」

さやか「まどかのどこがそんなにいいの?」ニヤニヤ

まどか「さやかちゃん!」

ほむら「全てよ、こんなに可愛い友だちができて幸せだもの」

まどか「///」ギュー

さやか(照れ屋なのは変わらないなぁまどか)



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:13:38.12 ID:Z9YKenmp0

まどか「は、恥ずかしいよほむらちゃん」

ほむら「ご、ごめんなさいまどか」

まどか「嬉しいけどあんまりそういうことは他の人がいるところでいっちゃダメだよ」

ほむら「気をつけるわ」

さやか「二人の時は言われたいと」ニヤニヤ

まどか「さやかちゃん…」

さやか「ご、ごめん」

さやか(調子に乗りすぎた、怖い)



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:20:06.31 ID:Z9YKenmp0

さやか「て、天罰はご勘弁を」

杏子「なんだ?天罰って神様にされるような覚えでもあるのか」

まどか「神様…」

ほむら「まさか!」ギュー

まどか「うぇひひ」

さやか(助かった)



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:28:39.94 ID:Z9YKenmp0

ほむら「ま、またごめんなさいまどか」

まどか「体調が悪いんだもんしょうがないよ」

ほむら「…?」

まどか「どうしたの?」

ほむら「あなた顔が赤くない?」

まどか「うぇひ!?」

ほむら「まさかあなたも体調が悪いんじゃ」ジー

まどか(顔が近いよほむらちゃん///)



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:35:54.79 ID:Z9YKenmp0

ほむら「さやか、授業は休むわ」

さやか「はいはい、いってらー」

ほむら「行くわよまどか」ギュ

まどか「う、うん」

まどか(手を握られてる///)


杏子「さやかがあんまり心配しないって珍しいじゃん」

さやか「あの二人は病気とかそういう次元じゃないというか…」

杏子「?」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:42:27.07 ID:Z9YKenmp0

ほむら「まどか、横になりなさい」 

まどか「う、うん」

ほむら「熱を図るから少し服を脱いで」

まどか「え!あ、あーなんだか保健室にいると知らないはずなのに薬の場所が」

ほむら「!!」ギュー

まどか(服を脱ぐなんて恥ずかしいよ///)

ほむら「思い出さないで」ギュー

まどか「…うぇひひ」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:51:54.75 ID:Z9YKenmp0

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「ごめんなさいまどか」

まどか「ううん、それより熱が測り終わったよ」

ほむら「え?いつの間に」

まどか「うぇひひ、平熱だから問題ないよ」

ほむら「みたいね、でも一応安静にしていなさい今度は私があなたをちゃんと見てるから」

まどか「そ、そんなに見つめられると恥ずかしいよぉ///」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 23:58:56.24 ID:Z9YKenmp0

ほむら「…」ジー

まどか「えと…」

ほむら「…」ジー

まどか「なんだかほむらちゃんに見つめられるとほむらちゃんが転校してきた時を思い出すなぁ」

ほむら「え?」

まどか「あ、あれー転校してきたのは私なのに」

ほむら「まどか!」ギュー

まどか(恥ずかしくて話題出そうとしたら失敗しちゃったよ…)

まどか(でも…)

ほむら「…」ギュー

まどか「うぇひひ」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:05:59.90 ID:R/AANOil0

ほむら「…」ギュー

まどか「…」ギュー

ほむら「!!」ジタバタ

ほむら「ま、まどか!」

まどか「ご、ごめんね、ほむらちゃんってよくギューってしてくれるから」

まどか「もしかしてギューってされたいのかなって」

ほむら「そ、そう…」

まどか(目的はそれじゃないけど否定はしないんだ)

まどか「うぇひひ」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:13:05.03 ID:R/AANOil0

まどか「ほむらちゃんってすごく私のことを気にかけてくれるよね」

ほむら「それは言えないけど」

ほむら「あなたと最高の友達になりたいと思ってるわ」

まどか「///」

ほむら「突然布団をかぶってどうしたの?」

まどか「なんでもないよ///」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:15:34.87 ID:R/AANOil0

あ、なんでって聞いてねぇ



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:20:11.10 ID:R/AANOil0

さやか「お、やっと戻ってきた」

杏子「お前ら今日学校来たのに一個も授業受けてねぇな」

まどか「うぇひひ」

ほむら「いいのよ、普段から勉強してるから」

杏子「そういう問題か?」

さやか「まぁまぁ、それより帰ろうよ」

ほむら「そうね」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:23:40.32 ID:R/AANOil0

ほむら「私はここで」

まどか「またね、ほむらちゃん」

さやか「んじゃね」

杏子「じゃあな」

ほむら「えぇ」


さやか「さてと、杏子は先に帰ってて」

杏子「なんでだよ」

さやか「ちょっとだけまどかと話があるの」

杏子「しょうがねぇな」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:44:59.50 ID:R/AANOil0

まどか「どうしたのさやかちゃん」

さやか「いつまでほむらに隠すつもりなの?思い出してるんだよね?」

まどか「うん」

さやか「で、どうするつもりなの?」

まどか「肉体があるおかげかな?概念になって消えるって感じはしないんだ」

まどか「だから裂けちゃうって言ったのに私を裂いたほむらちゃんを困らせたいなって」

まどか「どうなるかわからなくて本当に怖かったんだから」

さやか「随分可愛い神様に恨みを買った悪魔だことで」

まどか「うぇひひ」



ほむら「これからも毎日まどかが思い出さないように頑張らないと」

ごめんおやすみ、誰かのっとって



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:49:00.67 ID:jeFtJpLL0

可愛かった乙



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 00:49:33.18 ID:pogPV8iC0

おやすみ乙乙乙


元スレ
まどか「あれ?何か私は忘れて」ほむら「!!」