1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 20:35:21.21 ID:YkveNWOc0

恒子『試合終了~!阿知賀女子まさかの1位通過だ!!』

健夜『さすが赤土さんが率いるチームだね、決勝戦も楽しみです』


憧「きゃー!しずがやってくれたわ!ほら、私のしずが!」

灼「穏乃は憧のものじゃないとおも」

憧「細かいことはいいのよ!灼ももっと喜びなさい!」

ガチャッ

穏乃「わーい、決勝進出だー!これで和と遊べるよ!」

晴絵「よくやったぞしず!ほら、ご褒美のバナナだ!」

穏乃「ありがとうございます!」モグモグ

穏乃「うっめー!」

玄「やったね、穏乃ちゃん!」

宥「頑張ったご褒美に抱きしめてあげるー」ギュッ

穏乃「うわわ、苦しいですよ宥さん!」

憧「あ、宥姉ずるい!私もしずにご褒美よ!」ギュッ

穏乃「むぐぐ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 20:40:11.48 ID:YkveNWOc0

穏乃「ぷはーっ!二人とももう離してください!」

宥「もうちょっとだけー」ギュッ

憧「ま、負けてられないわ!」ギュッ

穏乃「あぷぷ……あ、そうだ玄さん!」

玄「はい」

穏乃「玄さんのドラゴンロード、復活したんですか!?」

玄「それがまだなのです……」

穏乃「えっ、どうするんですか?決勝戦明後日ですよ!」

玄「うぅ……善処します……」

晴絵「心配するな、玄」

玄「ほえ?」

晴絵「こんなこともあろうかと私が究極のドラ復活の儀式を考えてきたぞ!」

玄「ほ、本当ですか……!」

晴絵「あぁ、もちろんだ!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 20:44:09.01 ID:YkveNWOc0

玄「それってドラのつく物を食べるとかじゃないですよね……例えば"ドラ焼き"とか」

晴絵「安心しろって。それじゃないぞ」

玄「で、でもでも……ドラがつくゲームをするとかじゃないですよね……例えば"ドラクエ"とか」

晴絵「はっはっはっ!そんなのでドラが復活するなら最初からそうしてるよ」

玄「ほっ」

晴絵「今回は……これだ!」ジャジャーン






玄「こ、これは……赤ドラ?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 20:54:43.82 ID:YkveNWOc0

晴絵「やっぱりドラを復活させるにはドラしかないんだ。玄、理解できるか?」

玄「はい」

晴絵「今までは何局も打って地道にドラ復活の儀式を行ってきたが、これからは違う!」

晴絵「ドラを食べるんだ!……ここまで私の言ってることがわかるか、玄?」

玄「……あの、急にハードル上がってないですか?」

晴絵「私を信じてくれ、玄!決勝で宮永照の打点上昇を防ぐためにはお前の能力が必要なんだ!」

玄「で、でも牌を食べるってことですよね?それはちょっと……」

宥「玄ちゃん、ここまでこれたのは誰のアドバイスのおかげか思い出してみて」

玄「え、えっと……赤土さんです」

灼「そうだよ、ハルちゃんのおかげで決勝進出できたんだからここは信じようよ」

憧「うん、和と遊ぶためにも準決勝のようなヘマはやめてよね」

穏乃「私も小学生の時にチョコと間違って牌食べちゃいましたよ!以外にいけますよ!あはは!」

玄「……」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 21:04:21.65 ID:YkveNWOc0

晴絵「わかってくれたか、玄!?」

玄「……あまり気が進みませんが」

晴絵「ありがとう玄!じゃ、早速赤五筒を――」

玄「や、やっぱり待って下さい!心の準備がまだ……」

晴絵「仕方ない、灼!あれを用意して!」

灼「アレだね。わかってるよ、ハルちゃん」

灼「よいしょっと」ドサッ

玄「?」

晴絵「よーく見てみるんだ玄、これがわかるか?」

玄「普通の赤五筒にしか見えません……」

晴絵「しょうがない、しず!」

穏乃「はい!」

晴絵「この赤五筒を食べてみてくれ!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 21:13:39.21 ID:YkveNWOc0

穏乃「はい!いっただきまーす!」モゴモゴ

玄「えっ、えっ?」

晴絵「どうだ、しず?」

穏乃「もごもご……ほへははへへふへ」

晴絵「うんうん、そうだろ~」

憧「いや、何言ってるかわからないから!……でも、そんなしずもかわいい///」

穏乃「ごっくん……これ赤五筒の姿をした飴ですよ!りんご味ですよ!」

玄「よ、よかったぁ~。飴なら口にしても大丈夫だね!」

晴絵「これなら玄も食べれるだろ?さ、食べてみてくれ」

玄「は、はい……もごもご」

晴絵「皆も食べたかったら、好きに取っていいからな!」

穏乃「よっしゃ!じゃあ、次は赤五索を食ーべよっ」モゴモゴ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 21:22:14.10 ID:YkveNWOc0

玄「……」モゴモゴ

玄(美味しい)

晴絵「どうだ、玄?なかなかいけるだろ?」

玄「はい!これならドラも復活しそうな気がします!」

晴絵「おいおい、何を言ってるんだ。飴を舐めるだけでドラが復活するわけないだろ?」

玄「えっ」

晴絵「これは牌を食べるためのウォーミングアップだ!次からは本物の牌で挑戦だぞ!」

玄「そ、そんなぁ……」

玄「うぅ、お姉ちゃん。やっぱり私には無理だよぉ……」

宥「頑張って玄ちゃん、お姉ちゃん蔭ながら応援してるから~」モゴモゴ

灼「玄、ハルちゃんを信じて」

玄「ふえぇ……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 21:26:41.03 ID:YkveNWOc0

玄(や、やっぱり牌なんて食べれないよ!ここは逃げないと――)ダッ

ガシッ

玄「!?」

憧「ダメじゃない玄。ここで逃げてちゃドラも帰ってこないわ!」

穏乃「いや、ほんと牌って案外食べれるもんですよ!玄さん、勇気を出しましょう!えいえいおーっ!」

玄「む、無理なものは無理だよぉ!」ダッ

憧「あ、玄が逃げた!」

晴絵「追いかけるぞ!」

玄「うわぁあああああああああああん」タタタッ

―――
――




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 21:38:21.28 ID:YkveNWOc0

玄(はぁはぁ……)

晴絵「待てー!このままだとドラロー復活しないぞ!」

憧「大人しく捕まりなさーい!」

玄(どうしよう……このままじゃ、追いつかれちゃうよ!)

玄(何とかしなきゃ……あ、あれは!)


竜華「ごめん、怜ぃ。決勝に行く約束守れんかった……うわぁあああん!」

ガチャッ

玄(あれは清水谷さん?ってことはあそこは千里山の控室!少しの間匿わせてもらおう!)

サッ バタン



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 21:45:36.34 ID:YkveNWOc0

穏乃「玄さぁああああああああああん!逃がしませんよー!……ってあれ?」

晴絵「玄が消えた……?」

憧「そんなわけない!玄はドジだからそんないきなり消えるなんて高等テクニックを使えるわけない!」

宥「玄ちゃんが……ステルス・クロになっちゃったの!?」

晴絵「ははは!宥、なかなか上手いこと言うじゃないか!」

宥「私なりのあったかーいギャグです」

灼(それはギャグでも何でもないとおもう)

穏乃「どこだー!玄さーん!!」タタタッ




玄「はぁはぁ……どうやら逃げ切れたみたいだね……」

竜華「」

雅枝「」

セーラ「」

浩子「」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 21:58:27.79 ID:YkveNWOc0

浩子「あの、なんで阿知賀の人がここに……」

玄「うわわ、これは失礼をば!私は松実玄です、以後お見知りおきを!」

セーラ「いや、そういうんじゃなくて……ここは千里山の控室なんやけど」

玄「はっ、これは深い事情がありまして……」

玄「かくかくしかじか」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 22:05:58.28 ID:YkveNWOc0

雅枝「なるほど、チームメイトに無理やり牌を食べされられそうになったからここに逃げてきたっちゅうわけか」

玄「は、はい……すみません、ほんとは準決勝敗退が決定した千里山の皆さんは、ここで号泣するシーンだったのですが……」

セーラ「まったくどうしてくれんねん!完全にしらけたわ!」

玄「ご、ごめんなさい……」

浩子「そもそもなんで無理やり牌を食べさせらそうになってるんですか?そこから理解できんわ」

玄「じ、実は――」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 22:15:23.43 ID:YkveNWOc0

浩子「なるほど、先鋒戦ラストで制約を破ってドラを捨てた結果がああなったわけですか」

玄「はい……信じてくれますか?」

浩子「信じるか信じないかは別にして……検証してみたい素材ですね」

セーラ「まぁ、ここにも1巡先を視る奴だったり」

セーラ「怜ちゃんとかわけのわからんこと言い出す奴もいるから、オカルトの存在自体は否定せんけどな」

玄「そうなんですか?信じてもらえてよかったです!」

セーラ「いや、信じてはいーひんけど……」

雅枝「それでその追ってきてる連中がいなくなったわけやけど……」

玄「今戻っても、ドラが復活してないとか言われて最終的に牌を無理やり口に押し込められると思います……」

玄「フナQさん!」

浩子「はぁ……(なんでこの人ウチがフナQって呼ばれてるの知ってるんだろ)」

玄「私のドラが復活するまで協力してくれませんか!?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 22:23:22.51 ID:YkveNWOc0

浩子「……」

玄「お願いします!!」

浩子「…………」

玄「うぅ……このままじゃ私――」

浩子「いいでしょう」

玄「ほんとですか!?」

セーラ「……ええの?凄く面倒くさい匂いがするで」

浩子「ここは彼女に協力して白糸台の優勝を阻止するのが千里山の使命やと思ったんです」

セーラ「ま、浩子がそういうならいっか」

玄「じゃあ、私のことは玄ちゃんって呼んでください!私はフナQさんって呼びますから」

浩子(さっきも勝手にフナQって呼んでたやろ、アンタ)

セーラ「じゃ、ウチのことはセーラでええで。玄ちゃん」

玄「はい!よろしくお願いします、グーラさん!」

セーラ「グーラちゃう!セーラや!」

玄「はうぅ……すみません、舌がうまくまわりませんでした……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 23:12:47.56 ID:YkveNWOc0

玄「じゃ、早速ですけどドラ復活のためにご協力お願いします!!」

浩子「……」カタカタカタ

玄「あ、あれ?」

セーラ「心配せんでええで。今の浩子はIQ200のスーパー浩子やから、直にドラ復活の解決策をパソコンで叩きだすで」

玄「す、すごい……私のIQはどれくらいだろう?」

浩子「見た感じIQ70くらいですね」

玄「ふぅ~む、なるほどなるほどなるほど~」

セーラ(見た感じでわかるわけないやろ……)



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 23:19:26.80 ID:YkveNWOc0

10分後

浩子「……」カタカタッターン!

浩子「よっし、わかったで!」

雅枝「出た、閃き浩子!」

玄「ぐぅぐぅ……」

セーラ「いつのまに寝たんやこの娘……」

竜華「あ、あのー……忙しいところ悪いんやけど、ウチ怜が心配やから病院にいっても――」

浩子「ダメです!」

竜華「へ?」

浩子松実妹のドラ復活させるためには清水谷部長の力がどうしても必要なんです!」

竜華(……はやく怜に会いたいのに……)



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 23:28:09.01 ID:YkveNWOc0

セーラ「ほら、玄ちゃんもいつまでも寝てないで起きるんやで」

玄「うーん……あと1時間……」

セーラ「……」イラッ

セーラ「すぅー……」


セーラ「起 き ろ -! ! ! !」

玄「うわわっ……あれ、グーラさん?何でここに……?」

セーラ「……本気で怒るで?」

玄「ご、ごめんなさい……寝ぼけてました……」

浩子「ゴホン、えー松実妹のドラ復活解決策が判明しました」

玄「ほ、ほんとですか!?」

浩子「一応……でも、これは――」

セーラ「おいフナQ、もったいぶらんではよ教えてーや」

玄「お願いします、フナQさん!」

浩子「はぁ……覚悟して聞いてくださいよ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 23:29:38.52 ID:YkveNWOc0

浩子「それは――名前に竜がつく人とキスするんや」

玄「えっ」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 23:38:47.58 ID:YkveNWOc0

玄「……えぇええええええええええええええ!?」

玄「キ、キス……ですか?///」

セーラ「……浩子、それホンマか?めちゃくちゃ胡散臭いで」

浩子「信じられないかもしれませんけど大マジです」

玄「キ、キスなんて恥ずかしいですよ!他に解決策はないんですか!?」

浩子「……まぁ、実はもう一つあるんやけど……」

玄「本当ですか!?よかったぁ」

玄「ではでは、そのもう一つのほうを教えてほしいのです」

浩子「食べる」

玄「へ?」

浩子「赤ドラを食べる、以上」

玄「」ボーゼン

セーラ(牌を食べさせること自体は当たってたのか……)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 23:49:36.33 ID:YkveNWOc0

浩子「あと、従来のやり方――何局も打ってドラを復活させるのは時間的に間に合いませんね」

玄「ど、どうしよう……」

浩子「キスをするか牌を食べるか、二者択一です。ま、私が協力できるのはここまでですね」

玄「そんなぁ……」

浩子「で、どうするんですか?諦めて阿知賀のとこに戻りますか?」

玄「うぅ」

セーラ「ちょっと待てや、竜の名前がつく人なんてそうそうおらんやろ――あっ」

竜華「……ウチ?」

浩子「そうです、だから清水谷部長にはここに残ってもらったんです」

竜華「えっ、ちょ待ちいや!さっきまで空気やったから全然ついていけへんわ!」

竜華「それにウチには怜というかわいい彼女――やなくてえっと……」

竜華「とにかく!いきなりそんな展開とか考慮してへんよ!」

浩子(やっぱ出来とったんか、あの二人……)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/27(土) 23:56:50.33 ID:YkveNWOc0

玄「もういやだよぉ……常識的に考えて牌なんか食べれるわけないよ……」

玄「でも、皆のところに戻ったら絶対牌を食べさせられるし……うわぁああああああん」

竜華「玄ちゃん……」

玄「……そうだ、死ねばいいんだ」

竜華「へ?」

玄「そうすればお母さんにも会えるしね……うん、そうしよう。今からそっちに逝くね、お母さん……」ゴソゴソ

セーラ「おい、そっちは窓やで!」

浩子「ま、まさか!松実妹は飛び降り自殺をする気じゃ!」

雅枝「アカン!こんなところで死なれたらウチの責任問題や!絶対自殺させへんで!」ガシッ

玄「放すのです、私は自由になりたいのです!イッツビューティフルワールドなのです!」ジタバタ

竜華「あわわわ」

セーラ「おい、竜華!」

竜華「は、はい!?」

セーラ「玄ちゃんに今すぐキスしてあいつを止めるんや!はやく!!」

竜華「う、うん!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:07:40.67 ID:uI6V69yk0

竜華「く、玄ちゃん!ウチはキスくらい構わんからここで自殺するのだけはやめーや!」

玄「ほんとですか!?」ギラッ

竜華「う、うん……」

竜華(何や、いきなり眼の色が変わったで……)

玄「では、自殺はやめておきます」

セーラ「えらいあっさりやな、おい!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:15:29.66 ID:uI6V69yk0

雅枝「ふぅー、何とか危機的局面は避けられたか」

浩子「でも、教師がこういう状況を認めていいんですか?」

雅枝「……自殺されるより、キスで済むならそれでええわ」

浩子「ま、そりゃそうですわ」

玄「……」

竜華「ど、どうしたん玄ちゃん?とっとと終わらせて問題解決でお開きにしよーや」

玄「そ、その……周りに見られながらキスするのは……恥ずかしいのです///)

竜華「た、確かに……」

竜華「そ、そや!ウチと玄ちゃん以外はここから出てってもらおう。うん、それがいい!」

セーラ「えーっ、せっかくカメラ用意したのに~」

竜華「そんなん用意せんでええから!ほら、皆出てってや!」

セーラ「ちぇっ……」

浩子「……」

雅枝「ほら、お邪魔虫のウチらは出てくで」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:21:31.71 ID:uI6V69yk0

バタンッ

竜華「よ、よし。皆出てったな……」

玄「あの……」

竜華「うん?」

玄「その……竜華さんって呼んでも……いいですか?」

竜華「べ、別にええけど……」

玄「あ、ありがとうございます!」

玄「では、竜華さん……いきますね」ソッ

竜華「う、うん……」

竜華(怜とする時よりすごく緊張する……)

玄「ん……」

竜華(あっ……玄ちゃんの唇が近づいて――)

チュッ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:24:41.75 ID:uI6V69yk0

ガチャッ

浩子「あ、伝えるの忘れてたけどディープなやつじゃないとドラは復活しませんよ――って」

玄「はむ…ん……」

竜華「んんっ……」

玄「む……ちゅ……」

浩子(……わざわざ教えに行かんでもよかったな。ま、ごゆっくりどうぞ)

バタンッ

竜華「うんっ……くろちゃ……激しいって……」

―――
――




54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:30:28.63 ID:uI6V69yk0

玄「……ぷはぁ」

竜華「///」ポーッ

玄「……あの、竜華さん?」

竜華「ひゃ、ひゃい!」

玄「ありがとうございました!すっごく美味しかったです!」

竜華「ふぇ!?美味しいって――」

玄「うん、何だか竜華さんとちゅーしたらドラも復活したような気がするよ!」

玄「今ならかめはめ波も出来そうです!か~め~は~め~破ァ!」スカッ

玄「あはは、流石にそれは無理でした!」

竜華「あ、あはは」

コンコン

セーラ「もういいー?入るでー」

ガチャッ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:34:56.05 ID:uI6V69yk0

玄「あ、セーラさん」

セーラ「お前らめちゃくちゃ長い間アレやってたで!」

竜華「う、嘘!?」

セーラ「いや、ほんとは3分くらいやけど――って竜華、めっちゃ顔紅潮してるけど大丈夫か?」

竜華「だ、大丈夫!うん、ウチは平気や!」ポーッ

浩子「ま、その話はそれくらいにしまして……とりあえず、松実妹のドラが復活したかちょっと確認してみますか」

玄「はい!よろしくお願いします!」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:40:35.28 ID:uI6V69yk0

浩子「では、東風戦で試してみますか」

セーラ「よっしゃ、いっちょやったるか!」

ジャラララ

東一局

玄「うん、手配に赤ドラ全部来てます!」

セーラ「ほーっ、ホンマにドラを支配できるんやな!」

浩子「わざわざ調べた価値がありますわ」



そして、東二局、三局も玄のドラ支配が続き……



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:48:15.62 ID:uI6V69yk0

玄「今日は本当にありがとうございました!これで阿知賀の松実玄、完全復活です!」ビシッ

浩子「あぁ、こっちもいろいろと研究できてよかったです」

セーラ「玄ちゃん、ちょっと前まで泣きそうな面してたけどな!」

玄「えへへ、皆さんのおかげです。では!」

竜華「あっ――」

玄「竜華さん?」

竜華「その……絶対、白糸台の優勝を阻止してな!そうせんとウチが報われんから!」

玄「……はい!宮永さんをコテンパンにしてやりますよ!竜華さんもよかったら、会場で私の戦いぶりを見ててください!」

竜華「う、うん!絶対行くで!負けたら許さへんから!」

玄「おまかせあれ!では!」

バタンッ

セーラ「行ってもうたな……」

浩子「ま、決勝戦は阿知賀を応援して見守りましょうかね」

セーラ「せやな」

竜華「……うん」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 00:56:44.34 ID:uI6V69yk0

そのころ阿知賀

晴絵「くっそー、玄のやつほんとにどこ行ったんだ?全然見つからないぞ!」

タタタッ

晴絵「ん?」

玄「みんなー!」

穏乃「あ、玄さん!もーどこに消えてたんですか?本当に心配しましたよ!」

晴絵「……あれ、玄。お前いつの間にドラ復活したんだ?」

玄「え?赤土さん、わかるんですか?」

晴絵「もちろんだよ!それに前よりなんか強くなってないか、お前?」

憧「強いって……そういうのわかるものなの?」

晴絵「あぁ、私くらいのレジェンドクラスになると他人のオーラが見えるんだ」

灼「レジェンド雀力……?」

宥「赤土さん何言ってるの~?」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 01:03:22.61 ID:uI6V69yk0

玄「いろいろあってドラ支配が復活したんですよ!」

玄「だから決勝戦はこの阿知賀のドラゴンンロード、松実玄におまかせあれ!」

晴絵「ふふっ、期待してるぞ!」

憧「ちぇっ、じゃーこの赤五筒はもう用無しだねー。つまんないの」

晴絵「こら、憧。ふてくされるんじゃないよ!……そうだ!」

憧「?」

晴絵「晩御飯はまだだったな!今日はパーッと行こうか!皆、何食べたい?」

穏乃「そういえばもうお腹ぺこぺこだよ。ラーメン食べたい、ラーメン!」

憧「は?せっかく東京にきてるんだからここはザンギのシースーよシースー!」

宥「シースー?」

玄「お寿司のことだよ、お姉ちゃん」

宥「?……あっ、銀座のお寿司のことかぁ。憧ちゃん業界人みたい~」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 01:11:36.65 ID:uI6V69yk0

晴絵「よし、じゃあお寿司に決定だな!皆、ついてこい!」

穏乃「おー!」

灼「大丈夫なの?ザギンの高給寿司とかそんなの無理しなくていいのに……」

晴絵「あぁ、そんなの無理に決まってるだろ!スシローだよ、スシロー!」

憧「えー、私パース」

晴絵「そうか、一人分の食費が浮いて私は助かるよ!ありがとな、憧!」

憧「え」

晴絵「ほらお前達、憧は置いていって寿司食べにいくぞー!」

穏乃「憧の分まで食べてあげるからね!」

玄「何食べようかな~」ワクワク

宥「私は温かいおうどん注文しようーっと」

灼「リーズナブルで美味しさも安定してるかんぴょう巻きがコスパ最強……」

憧「あ、待って!私もスシローに行くから!」

―――
――




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 01:21:57.36 ID:uI6V69yk0

そして決勝戦を迎え……

恒子『お前ら、トイレはもう済ましてきたか~!?今から決勝戦をおっぱじめるぞー!!』

健夜『恒子ちゃん、アナウンサーならもうちょっと言葉選んだほうがいいよ……』

恒子『はいはい』

健夜『そこは流さないでよ!』

恒子『では、選手紹介していくよー!誰がこの組み合わせを予想できたか!』

恒子『今大会のダークホース、阿知賀女子松実玄選手だああああああああ!』


玄「うぅ、決勝戦は緊張するよぉ」

照「……」ペラペラ

玄(うわわ、宮永さん今日も本読んでるよ……マイペースな人だなぁ)

クロチャーン!

玄「この声は……竜華さん!」

ガンバッテナークロチャーン!

玄「そうだ……私は竜華さんと約束したんだ……白糸台を倒して優勝するって!」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 01:27:37.45 ID:uI6V69yk0

玄「うん、今日こそは絶対に宮永さんからたくさん和了ってみせるよ!」

玄「見ててください、竜華さん!」


恒子『泣いても笑ってもこれが最後!全国大会決勝戦、スタートですっ!』

おわり



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 01:32:18.67 ID:uI6V69yk0

おまけ

竜華「玄ちゃん、頑張ってなー!」

怜「おい竜華」

竜華「へ?」

怜「昨日、阿知賀のあのことキスしとったやろ」

竜華「な、何でそれを……!!」

怜「フナQが動画で見せてくれたで」

竜華「ちょ、何しとるん浩子!」

浩子「v」ピース

怜「竜華なんかもう知らんわ!」

竜華「これには事情があるんや、話を聞いてや怜!」

怜「ふんっ!」

おわり



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/28(日) 01:52:32.13 ID:uI6V69yk0

誤字脱字、日本語おかしいところあるのでわかりづらかったとおまいます
支援、ここまで読んでくれた方あざっした


元スレ
晴絵「玄、ドラゴン復活の儀式をするよ!」玄「はい!」