1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/15(水) 11:25:37 ID:IJm7iSiI

エレン「くち…くちゅぃく…」

アルミン「…何言ってるの?」

エレン「なあアルミン、く…くちくってちゃんと言えるか?」

アルミン「駆逐」

エレン「お、おお…さすがアルミンだぜ…」

アルミン「逆になんで言えないの」

エレン「い、いやおれだって言おうとすれば言えるんだよ。でもなんていうかな…」

アルミン「まあ確かにエレンの言う「駆逐」はちゃんときこえないね」

エレン「そう!そうなんだよ!」



6: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:25:05 ID:Hg3gA5Zg


アルミン「でも「駆逐」ってそんなに多用する言葉でもないからいいんじゃない?」


エレン「俺、くちゅく男子だぞ」


アルミン「駆逐男子ね。意味はわからないけど」


エレン「ま、悩んでてもしかたねえか。食堂行こうぜ」



7: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:25:53 ID:Hg3gA5Zg


食堂



ミカサ「エレン、アルミン、こっち」クイクイ


エレン「おう」ガタッ


エレン「…みかちゃは言えるのか?く…くちゅ…くちくって?」


アルミン「ん?」


ミカサ「…駆逐」


エレン「おお!さすがはミカサだな」



8: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:26:40 ID:Hg3gA5Zg


ミカサ「エレン…もう一度私の名前を言って」


エレン「はあ?何でだよ」


ミカサ「いいから」


エレン「…みかちゃ」


エレン「はっ!?」


ミカサ「…アルミン、どういうこと?」


アルミン「ごめん…僕にもさっぱりなんだ」


エレン「俺は…家族の名前まで言えないのか…」ズーン


ミカサ「…エレン、練習すれば言えるようになるはず。諦めるのは駆逐男子であるエレンらしくない」


アルミン「駆逐男子って定着してるの?」



9: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:27:11 ID:Hg3gA5Zg


エレン「…そうだよな。俺は…くちゃくもみきゃしゃも必ず言えるようになってやる!」


ミカサ「まずは私の名前から練習するべき」


エレン「よし!み…みか…みかちゃ!」


ミカサ「…もっと連続で」


エレン「みかちゃ!みきゃさ!みかしゃ!ミサカ!」


アルミン「一つだけ変なの入ってるよ」


ミカサ「どれも捨てがたい…アルミン、改名するならどれがいいと思う?」


アルミン「目的が変わってるよ」



10: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:27:54 ID:Hg3gA5Zg


エレン「みかちゃ!くちゅ…くちゅ…くちゅく!」


ミカサ「…ええ、私をクチュクチュしていい」


アルミン「お願いだからやめて」


ジャン「オイ!死に急ぎ野郎!なにミカサの名前を侮辱してんだ!」


エレン「みかちゃの名前を侮辱するはずねぇだろ!!」


ミカサ「そのとおり、私はみかちゃ・アッカーマン」


アルミン「改名おめでとう」パチパチ



11: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:28:40 ID:Hg3gA5Zg


ジャン「じゃ、じゃあ俺も言っていいってことだよな?…みかちゃ」


ミカサ「ジャン…セクハラ」


ジャン「理不尽!?」


エレン「でも…本当に何でこうなったんだ?昨日まで普通にみきゃさって言えてたし…」


ミカサ「エレンの好きな言葉が言えなくなっているんだと思う、きっと。いえ、絶対」


アルミン「願望丸出しだね」



12: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:29:15 ID:Hg3gA5Zg


ジャン「じゃあ他にもあるかもしれねぇってことか…」


アルミン「じゃあ…巨人は?」


エレン「巨人」


アルミン「う~ん…訓練は?」


エレン「訓練」


アルミン「他にエレンが良く使う言葉は…調査兵団は?」


エレン「ちょうちゃへいだん」


ジャン「ダハハハ!何だよ、ちょうちゃへいだんって?」ゲラゲラ


エレン「テメェ!くちゅくしてやる!」ガシッ


ジャン「やんのか!?」ガシッ



13: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:29:54 ID:Hg3gA5Zg


アルミン「や、やめなって!」アセアセ


ミカサ「ジャン…やめて」


ジャン「で、でも…」


ミカサ「やめて…本当にやめて」


ジャン「わかったよ…」


ミカサ「お願いだからやめて…」


ジャン「ミ…ミカサ?」


ミカサ「心の底からやめてください」


ジャン「…俺、人間やめるわ」ズーン


アルミン「戻ってきて、ジャン!」



14: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:30:49 ID:Hg3gA5Zg


ミカサ「少し冗談を言ってみた」ピース


アルミン「分かりづらいよ!」


エレン「みかちゃ…くちゅく…ちょうちゃへいだん…」


ミカサ「…何も恥ずかしがる必要はない。それも一つの個性だと思えばいい。だからこれからもそのままでいい」


エレン「みかちゃ…」


ミカサ「そう…私はみかちゃ・アッカーマン」


アルミン「ブレないね、君も」



月日が流れ、エレンは巨人となってトロスト区奪還作戦を成功させた

そして、その危険性を考慮して、地下牢に幽閉されている



15: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 12:31:33 ID:Hg3gA5Zg


エルヴィン「君の意志が「鍵」だ。この絶望から人類を救い出す「鍵」なんだ」


エレン「お…俺が……」


リヴァイ「オイ…さっさと答えろクズ野郎。お前がしたいことは何だ?」


エレン「ちょうちゃへいだんに入って…とにかく巨人をくちゅくしたいです」


リヴァイ「ほぅ……悪くない(むしろ良い)」ムクムク


リヴァイ「エルヴィン…コイツの世話は俺が責任持つ。上にはそう言っておけ…」ジュルリ


エレン「…え?」



この後、エレンの貞操が奪われるのは、また別のお話…


おしまい


元スレ
SS深夜VIP:エレン「くちく…くちぇく…くちゅく…」