関連



98: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 11:19:51.12 ID:dB1jhEMl.net

――――――
―――
[>>58後]


璃奈「………」トボトボ

果林「あら……璃奈ちゃんじゃない」

璃奈「果林さん……」

果林「どうしたの? そんな……見るからに嫌なことあったって雰囲気醸し出して」

果林「さっき、愛が頭抱えてたのと関係あるのかしら?」

璃奈「………」

璃奈「……彼方さんに振られた」

果林「そう……振られ……!?」

果林「振られた……?」

果林「えぇっと……それは、愛が?」

璃奈「私」

果林「そ、そう……それは、なんというか……」

璃奈「遥さんとのやり取りを見てて、羨ましいなって思って……」

璃奈「彼方さんを雇えば、私も同じようにあったかい気持ちになれると思ったけど」

璃奈「彼方さん、私の提示した雇用契約は受け入れられないって、断った」

果林「雇用……契約……? ん?」

果林「もしかして……オファーを断られたって意味かしら?」

璃奈「そう」



99: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 11:27:11.01 ID:dB1jhEMl.net

果林「そ、そうよね」

果林「ちなみにどんな条件を提示したのか聞いても良いかしら?」

璃奈「これ」ペラッ

果林「……雇用契約書……しっかり作ってる上に実印まで……」

果林「なるほど……」

璃奈「彼方さんは今、週5日、バイトの掛け持ちまでしてお金を稼いでる」

璃奈「それを補えるだけの給与を提示して、私を彼方さんの家で暮らさせて貰おうと思った」

璃奈「愛さんに聞いたら、休みが少なすぎる、給料が安いっていうから」

璃奈「業務上休みが増やしにくい分、給与を上げた上で……扶養から外れないように共用口座を開設して貯金することにした」

璃奈「加えて福利厚生を考えて、パソコンの使用率を建前に電気代の3分の2を支払うって言ったら」

璃奈「彼方さんに、申し訳ないから断らせてって……」

璃奈「……元ので十分だって、彼方さんは言ってた」

璃奈「愛さんに騙された」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(`Д´)]」

果林「ふ……ふふふっ」

璃奈「?」

果林「ご、ごめんなさい……それで、それでなのね」

果林「ふふふふっ、なるほど事情は分かったわ」



102: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 11:35:53.94 ID:dB1jhEMl.net

果林「これを見て、私が一番に感じたのは璃奈ちゃんが本当に彼方を助けたいって思ってるんだって気持ち」

果林「勤務日数こそ年中だし、それを踏まえた上でのこの給与額は通常であれば考えられないほどの低賃金よ」

璃奈「でも……」

果林「そう。彼方は学生だから、扶養控除を外れるわけにはいかない」

果林「これに関しては……私もモデル活動をするうえで注意されたから覚えてるわ」

果林「でもその分、璃奈ちゃんは福利厚生……だったかしら?」

果林「そこで補おうとしてる」

璃奈「……だけど、彼方さんはやりすぎだって」

果林「そうね」

果林「パッと見ただけの私でさえ"璃奈ちゃんの気遣い"が感じられるこの契約内容は」

果林「当人である彼方にとっては、罪悪感を擽られるものだったのでしょうね」

璃奈「私の気遣い……?」

果林「彼方を楽させたい、彼方を助けたい、彼方を気遣わせたくない」

果林「そんな、璃奈ちゃんの想いが籠った、ある意味……」フルフル

果林「この契約は、彼方は嬉しい反面複雑だったと思うわ」



107: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 11:49:08.31 ID:dB1jhEMl.net

果林「どうして罪悪感が上に来てしまったか、分かる?」

璃奈「え……」

璃奈「………」

璃奈「……彼方さんが、優しいから?」

果林「ふふっ、半分正解」ナデナデ

璃奈「璃奈ちゃんボード[(〃ω〃) ]」

果林「それもあるけど、一番はメリットとデメリットが釣り合っていないから」

果林「璃奈ちゃん、この契約内容のどの部分が彼方のデメリットになっていると思う?」

璃奈「デメリット……」

璃奈「休日日数の少なさ」

果林「ほかには?」

璃奈「ほか……給与の低さ」

果林「ほかには?」

璃奈「えっと……他は……」

果林「すぐには思いつかないでしょう?」

果林「それだけ、この契約内容は"雇用主のためではなく、彼方のための契約”になっているってこと」



108: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 11:58:49.68 ID:dB1jhEMl.net

果林「もし赤の他人がこんな契約を持ち出されたら」

果林「これは何か裏があるに違いないって思っちゃうんじゃないかしら?」

璃奈「そんな……」

果林「もちろん、彼方はそうは思わないでしょうけど……」

果林「その分、気を使わせちゃってるな……申し訳ないな……って気持ちになっちゃうと思うの」

果林「それにね? 労働時間を加味すれば給与の低さが露呈するけれど」

果林「扶養控除から外れないことを踏まえてみれば、この月収・年収は破格の条件よ」

璃奈「デメリットに、なってない……?」

果林「そう。そしてもう一つの勤務時間」

果林「一見、これってすごいデメリットに思えるけれど……」

果林「彼方って元々給与無しに家事を行ったうえで、週5日のアルバイトをしていたって、覚えてるかしら?」

璃奈「あ……」

果林「そう。現状との比較をしてみると一目瞭然」

果林「無給だったはずの家事で十分な収入が得られるうえで、負担になっていた掛け持ちのアルバイトを止めることができる」

果林「はたして……それはデメリットと呼べるのかしら?」

璃奈「……言えない」

果林「だから、彼方は"申し訳なくて受けられない"って思ったんだと、私は思うわ」



111: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 12:16:20.55 ID:dB1jhEMl.net

璃奈「……でも私、彼方さんに辛い思いして欲しくない」

璃奈「無理して欲しくない」

璃奈「だから……」

果林「そうねぇ……だからこそ、この想いの籠った契約書が出来上がってしまった」

璃奈「じゃぁ、私は彼方さんを雇えない?」

果林「デメリットはつけたくない?」

璃奈「出来たら避けたい」

璃奈「嫌な思いはさせたくない」

果林「だったら、これだけの条件を付けてでも雇いたい理由を提示しましょ」

璃奈「雇いたい理由……」

璃奈「あたたかい食事がしたい……!」

果林「……そうね。それは重要ね」



112: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 12:22:19.37 ID:dB1jhEMl.net

果林「あとは健康的な食生活による、璃奈ちゃん自身の健康保全」

果林「あとは……やっぱり、人肌の恋しさを埋めて欲しいってこと」

璃奈「なるほど……」

果林「ありふれているものかもしれない。でも、璃奈ちゃんにとってそれは破格の条件を出してでも得たいものでしょう?」

璃奈「うん……」

果林「それを提示したうえで、要望を満たせるのは"彼方しかいない"っていう需要に対しての供給の少なさをアピールする」

果林「料理だけでなく家事全般がスマートかつ完璧にこなせて、人肌の温もりを与えてくれるのって中々いないから」

璃奈「色々ありがとう……これは、良いかもしれない」

果林「愛は愛で、雇用に重きを置いて考えてくれたはずだから」

果林「あとでちゃんと、フォローしてあげるのよ?」

璃奈「うん……分かった」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(*゚▽゚*)]」

璃奈「さっそく、契約内容書き直してくる」ダッ

タッタッタッタ.....

果林「ふふっ、忙しないんだから」

果林「……璃奈ちゃん、相当羨ましかったのね……あの二人が」

果林「………」

果林「久しぶりに、家に電話でもしようかしら……」



116: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 12:46:24.79 ID:dB1jhEMl.net

――――――
―――
[翌日]


璃奈「彼方さんに罪悪感抱かせたいわけじゃなかった」

璃奈「ただ、彼方さんが無理してるのが嫌で」

璃奈「倒れるように寝るのが、本当に倒れちゃうんじゃないかって怖くて」

璃奈「そればっかり考えていたら、彼方さんの気持ちなんて考えずにメリットしか並べてなかった」

璃奈「だから今度は果林さんに相談して、雇用条件を見直してきた」

彼方「え……っ」

璃奈「……でも、ごめんなさい」

璃奈「勤務日数的に考えて、給料下げるのは無理だった」

璃奈「だから、家事の分担をより明確化して、業務数自体を減らすという方向性に切り替えることにした」

璃奈「遥さんも手伝ってくれるなら、三等分」

璃奈「大まかに分けて料理、洗濯、掃除の分担をやるというので一つ」

璃奈「……私、どうしても彼方さん達と一緒に暮らしたい」

彼方「璃奈ちゃん……」

璃奈「彼方さんと遥さんを見た後に、一人ぼっちの家にいるのが辛かった」

璃奈「出来合いのお弁当温めるだけの夕食が美味しくなかった」

璃奈「……家事が得意で、そんな寂しいのを無くしてくれるのは彼方さんしかいないって、私は思ってる」

璃奈「だから、もう一度考えて欲しい」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(>x<)]」



117: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 13:07:01.62 ID:dB1jhEMl.net

彼方「……弱ったなぁ……」

彼方「そんなこと言われちゃうと……断れないよ……」

璃奈「違う、考えてくれればいい……彼方さんが前回断ったときに言ったように」

璃奈「私は、彼方さんと一緒にならなくてもやっていけてた」

璃奈「今までが続くだけで、何にも変わらない」

璃奈「だから、同情とか無しで……彼方さんが自分にとってそれでいいのかを考えて決めて欲しい」

彼方「う~ん……正直、自分と遥ちゃんのことだけを考えるなら」

彼方「これは全然ありな条件なんだよね……」

彼方「むしろ、知り合いからの誘いだから信用もあって断っていいのかなぁ……って、話だよ~」

彼方「………」

彼方「う~ん……」

璃奈「……っ」フイッ

彼方「……分かった。考えさせて貰うねぇ」

彼方「いずれにしても、すぐに今してるバイトを抜けるわけにはいかないから」

璃奈「ほんと?」

彼方「うん。ちゃんと考える……それでいいかな……?」

璃奈「いい!」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(o^-^o)]」



118: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 13:23:49.05 ID:dB1jhEMl.net

――――――
―――

せつ菜「……?」

璃奈「……」テクテクテク

璃奈「………」テクテクテク.....

せつ菜「璃奈さーん!」

璃奈「?」

璃奈「あ……」

せつ菜「璃奈さん、今日は何やら機嫌が良さそうですね!」

璃奈「……そう見える?」

せつ菜「それはもう、昨日の落ち込み具合が嘘のようです」

せつ菜「何かいいことあったんですか?」

璃奈「………」

璃奈「まだ……良いことがあったわけじゃない」

璃奈「けど、果林さんのおかげで一歩前進できた。と、思う」



122: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 13:42:27.61 ID:dB1jhEMl.net

せつ菜「一歩前進……?」

せつ菜「愛さんと喧嘩してしまったと言う件ですか?」

璃奈「ううん、それはもう仲直りした」

璃奈「前進したのは、喧嘩の原因」

璃奈「………」

璃奈「実は……彼方さんと一緒に暮らしたいって思ってる」

せつ菜「彼方さんと!?」

璃奈「声が大きい」

せつ菜「す、すみませんつい……ですが、別に悪い意味ではありませんよ?」

せつ菜「確かに、遥さんとのやり取りを見ていると……少し羨ましくなりますよね」

せつ菜「遥さんが彼方さんに大切にされている、愛されているという……温かみがこれでもかというほど感じられて」

せつ菜「喧嘩には少し驚きましたが、互いを想い合うが故のものともなれば」

せつ菜「また、とても……優しいものだったと思います」

せつ菜「私にもあんな姉がいたら……なんて、羨望を抱いてしまいます」

璃奈「……うん」

せつ菜「なるほど、それに関しての進展があったから。というわけですね」

璃奈「そう……一緒に暮らすにあたって」

璃奈「彼方さんを雇うつもりでいて、その話を……考えてくれるってところにまで戻せた」



123: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 13:49:04.11 ID:dB1jhEMl.net

せつ菜「雇う……?」

せつ菜「それは、璃奈さんがと言うことですか?」

璃奈「ううん、私の親」

璃奈「私の家には普段誰もいなくて、一人だから……それなら家政婦をって話になって」

璃奈「だったら、彼方さんの家に住みたいって、交渉して……許可をもらった」

せつ菜「良く、許可を頂けましたね」

璃奈「普段家にいないから、多少の我儘を許してくれたんだと思う」

璃奈「赤の他人に任せるくらいなら、私が信頼している人に……って」

せつ菜「……そうですね」

せつ菜「彼方さんのお母様からの許可もいただいているのですか?」

璃奈「うん」

せつ菜「ふふっ、見事な手腕……外堀を埋めるのが上手ですね」

せつ菜「その調子なら、彼方さん次第ですか……」

璃奈「そう」

璃奈「でも一度断られて……昨日、果林さんと相談した内容でもう一度声をかけたら」

璃奈「考えてくれるって、なった」

せつ菜「なるほど……」

璃奈「ちなみに、これが雇用契約書」スッ

せつ菜「準備も万全ですね」



126: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 14:00:02.19 ID:dB1jhEMl.net

せつ菜「……ふむ」

璃奈「なにか、おかしい?」

せつ菜「いえ、これは何と言いますか……」

せつ菜「璃奈さんの彼方さんへの想いが詰まった契約書ですね」

璃奈「……同じこと、果林さんにも言われた」

璃奈「せつ菜さんも、そう感じるんだね」

せつ菜「これを見てそう感じられない人なんて、事情を何一つ知らない人だけだと思いますよ」

せつ菜「……条件は彼方さんにとってはこれ以上ないほどに良い」

せつ菜「その完全なメリットオンリーゆえの躊躇いを、璃奈さんが受けるメリットを記述することによって」

せつ菜「破格の条件を出すだけの価値があると示して、緩和する」

せつ菜「これは璃奈さんが?」

璃奈「ううん、果林さんが教えてくれた」

せつ菜「さすがです。天秤を傾けないとすべきという考えは見事ですね……」

せつ菜「デメリットがない違和感から躊躇いそうになるのを、なるほどそう言うことなら……と、考える方向に持って行くことができます」

せつ菜「……ところで、この実印とサインはご両親が?」

璃奈「うん」

璃奈「お願いして、許可貰った」

せつ菜「……では、彼方さんは璃奈さんのご両親にお会いになられていないのですか?」

璃奈「うん……会ってない」



127: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 14:13:40.26 ID:dB1jhEMl.net

璃奈「なにか、不味い?」

せつ菜「いえ、しっかりと許可をもらっている以上」

せつ菜「これを預かった璃奈さんに代理人として決定権が委ねられていると考えて問題ありません」

せつ菜「彼方さんのお母様の了承を得ているのであれば、後は当人がどうするか。という段階でしょう」

せつ菜「ですが……」

璃奈「何かあるなら、言って欲しい」

せつ菜「……そうですね。一点だけ」

せつ菜「この円滑な承認の取り方はとても見事です」

せつ菜「成し遂げたいという思いがあってこそのスムーズなやり取りかと思います」

せつ菜「ですが、彼方さんにとって重要な……」

せつ菜「いえ、労働者にとって最も重要なことが欠けてます」

璃奈「え……?」

せつ菜「分かりませんか?」

せつ菜「この契約書を見る限り、雇用主は璃奈さんではなく、璃奈さんのご両親です」

せつ菜「しかし、この契約書にあるのは”彼方さんを雇う条件”だけで、"彼方さんが背負う責任"が記されていません」

せつ菜「璃奈さんのご両親が璃奈さんを委ねるにあたって何を思い、何を求めているのか」

せつ菜「それがここからは読み取ることが出来ません」

せつ菜「……これを担う場合どのような責任を負わなければならないのか。それを明確にし、彼方さんに教えてあげるべきです」

せつ菜「でないと、彼方さんは自分でどんな責任が生じるのかを考えるところから始めなければならなくなりますよ」



129: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 14:26:41.44 ID:dB1jhEMl.net

璃奈「責任……」

せつ菜「そうです」

せつ菜「その責任を背負い、従事するからこそ賃金が支払われるんです」

せつ菜「ご両親と彼方さんにお願いして、顔合わせ……面接のお時間を作られるのがベストかと思いますよ」

せつ菜「彼方さんは自分で考えたことを、ご両親に問うでしょう」

せつ菜「ご両親は、どうして欲しいか、それが出来るのかなどを彼方さんに問うでしょう」

せつ菜「そうして意識のすり合わせを行い、互いに納得しあう契約こそが最良だと、勝手ながら思います」

せつ菜「もちろん、すでに許可は得ているのでそれがなくても問題はないかもしれませんが」

せつ菜「ご両親も、彼方さんも」

せつ菜「そうするのが最も安心できると思います」

璃奈「……なるほど」

璃奈「雇うことばかり考えて、そういうこと全然考えてなかった……」



130: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 14:33:14.85 ID:dB1jhEMl.net

せつ菜「偉そうに言いましたけど、私は生徒会長を任されるにあたって感じたことを口にしただけです」

せつ菜「誰だって初めは考えが足りていなかったりするものです」

せつ菜「だからこそ、ちゃんとしたお話合いは必須ですよ」

璃奈「うん……お休み、調節できないか聞いてみる」

せつ菜「もう一押しです。頑張ってくださいね」

璃奈「ありがとう」タッ

タッタッタッタ.....

せつ菜「あんなに張り切っているなんて……ふふっ」

せつ菜「果林さんがあんな狡い一手を教えてしまう気持ちもわかります」

せつ菜「彼方さんも璃奈さんも互いに幸せになれる契約になることを願っておきましょう」

せつ菜「………」

せつ菜「……さて!」

せつ菜「璃奈さんに負けず、私も今日を頑張らなければ!」



132: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 14:59:08.61 ID:dB1jhEMl.net

――――――
―――

彼方「め、面接!?」

璃奈「そう」

璃奈「彼方さんさえよければだけど……面接の時間をつくって欲しい」

彼方「彼方ちゃんは別に問題ないと言うか……」

彼方「むしろして貰った方が助かるけど……しないものとばかり思ってたよ……」

璃奈「せつ菜さんが、彼方さんが知るべき"背負う責任"がこれじゃわからないって教えてくれた」

彼方「せつ菜ちゃんが?」

彼方「みんな、凄いねぇ……」

璃奈「うん……ちゃんと丁寧に考えたつもりだったのに」

璃奈「私、全然ちゃんとしてなかった」

璃奈「ごめんなさい」

彼方「そんな、謝らなくていいよ~」

彼方「むしろ、一番初めの契約だけでもすっごく考えてて、彼方ちゃん驚かされたぜ~」

璃奈「……彼方さん、好き」

彼方「へ……ぇっ、ぁ、ありがと……」

彼方「………」

璃奈「………あ」

璃奈「えっと、それで、早ければ今週の日曜日……時間とれるみたいだけど、どうかな?」



134: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 15:04:41.71 ID:dB1jhEMl.net

彼方「じゃ、じゃぁ日曜日……午前? 午後?」

璃奈「午前中は辛い?」

彼方「ううん、大丈夫」

璃奈「そしたら午前中……10時くらいに、私の家」

璃奈「8時くらいに迎えに行く」

彼方「うん、それで……あ、でもみんなに練習お休みって連絡しないとねぇ……」

――ピロンッ

璃奈「………」キョロキョロ

彼方「噂をすればなんとやら」

彼方「どっかで聞き耳立ててるのかなぁ~?」

璃奈「でもちょうどいい」

璃奈「愛さん達には相談してるから、知られても問題ない」



136: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 15:14:23.10 ID:dB1jhEMl.net

彼方「それとこれとは……まぁ……いいかぁ」

璃奈「それじゃぁ、日曜日宜しくお願いします」

彼方「こちらこそ、宜しくお願いします」

璃奈「………」

彼方「………」

彼方「……なんか、ちょっと変な感じがするねぇ」

璃奈「一緒に住むようになったら……」

璃奈「………」

璃奈「ううん、なんでもない」

彼方「えっ、気になるなぁ~……」

璃奈「なんでもないよ」

璃奈「璃奈ちゃんボード[(´∀`)]」

彼方「ふふっ、そっかぁ……」

彼方「宜しくねぇ……璃奈ちゃん」

璃奈「うん」



137: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 15:29:40.40 ID:dB1jhEMl.net

――――――
―――
[日曜日]


「璃奈ちゃんから聞いているわ、近江彼方さん」

彼方「……宜しくお願いします」

「ふふっ、そんな硬くならなくていいからね?」

「璃奈ちゃんが初めて、どうしてもって強くお願いしてきた人だから」

「信頼しているというのは、よくよく伝わってきていたから……採用面接って思わなくてもいいの」

彼方「ありがとうございます」

「えぇと……雇用条件は聞いているのよね?」

彼方「はい、窺っています」

「正直な話ね? 可能なら、誰かを雇うなんてことはせずに一緒にいてあげたいって私達は思っているの」

「でも、今だって仕事が……」

ヴィーッヴィーッ

「……コホン」

「というわけだから、どうしてもあまり一緒にいてあげられないの」

「酷い話よね……ほとんど放任することになっちゃって……」

「だから、誰か少しでも傍にと思って家政婦を雇おうとしたのがきっかけなの」

「璃奈ちゃんは洗濯や掃除は出来るし、料理だってやろうと思えば出来ないわけじゃないのだけど……」

「自分だけの為に……なんて気は無いと思うのね」

「だから……私達が一緒にいてあげられない分、一緒にいてあげて貰いたいと思っています」



139: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 15:50:13.45 ID:dB1jhEMl.net

「週二日のこの家の掃除なんてほんのおまけ、別にしなくていいの」

「雇用条件の家事だって、璃奈ちゃんと分担したりなんだりしてくれていいです」

「むしろ、仲良くやっていってもらいたいと思っています」

彼方「それだけで……良いんですか?」

「それだけでいいの。そうして欲しいの」

「だって、私達はそんなことですらしてあげらないのだもの」

「その親としての義務を貴女に委ねる以上、賃金を含めてある程度の補助は私達がすべきことだと思っています」

「だから、雇用主と労働者にありがちな上下関係は意識しないで頂戴」

「互いに支えっている……家族のようなものだと思って欲しいわ」

彼方「家族……」

「そう。璃奈ちゃんのことは妹だとでも思って可愛がってあげて」

「ふふふっ……あの子があんなに、必死にお願いしてきたのは初めてだった」

「だから、もしかしたら……そうすることで、私達のせいで笑えなくなってしまったあの子がまた笑えるようになるかもしれない」

彼方「………」

「……本当は、お給金は少なすぎるって思ってるほどだし、週3日くらい相手してくれればいいと思ってるのだけど」

「あの子がずっと一緒が良いっていうものだから、こんなひどい契約になってしまって、申し訳ないと思っています」

彼方「い、いえそんな……扶養控除から外れないように調整までして貰って……」

彼方「それに、家事は苦じゃありませんから」

「……そう。良かったわ」



140: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 16:15:32.52 ID:dB1jhEMl.net

「一応改めるわね」

「契約条件にある通り、時給は1200円、これに非課税で光熱費・食費等含む家賃を経費として加算します」

「賞与は年二回という話なのだけど、これは賞与というよりはお礼みたいなものだからこれも給与所得には含みません」

彼方「え、含まないんですか……?」

「加算するとすぐ、扶養から外れちゃうからね」

「時給は1200円スタートだけど、毎月の璃奈ちゃんの様子を見て昇給することも考えています」

「初期基本年給は950,400円だから問題ないのだけど、昇給によって103万円を超過する場合は」

「これも記載がある通り、扶養から外れないために一定以上の給与は差し引いたうえで璃奈ちゃんの口座に送金します」

「これは、交遊費とでも思って部活動でもなんにでも自由に使って問題ないわ」

「あと、璃奈ちゃんがいるときといない時で請求される光熱費等に人数+1以上の大きな差額が生じている場合は」

「原因が璃奈ちゃんにあるはずだから、差額分はこちらが負担します」

「また、近江家にある家具家電等を、璃奈ちゃんが使用して破損・故障させた場合もこちらが弁済します」

彼方「え……」

「この辺りは、シェアハウス……だったかしら?」

「その割り振りを参考にした特例でも何でもないから安心して頂戴。考慮して当然の項目よ」

「お休みは……申し訳ないのだけど不定休ね」

「ここは、璃奈ちゃんと相談して決めて頂戴」

「ただ、明らかに近江さんに負担がいっている様子が見られた場合、こちら側で調整も検討しますので、そのつもりでお願いね」



141: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 16:35:41.72 ID:dB1jhEMl.net

「それと、大事なことなのだけど……月一回契約更新をしましょう」

彼方「面談しますか?」

「時間が取れなければ電話かメールでやり取りして、来月も璃奈ちゃんを預かって貰えるのかどうか」

「預けても問題ないかをしっかりと検討して、更新します」

「昇給については、この時にどうなるかを合わせて伝えるという形になります」

「以上、ここまでで確認しておきたいことはあるかしら?」

彼方「え、えっと……これはいつごろまでですか?」

「契約は特例を除き最短一ヶ月……これは更新の関係ね?」

「以降は、璃奈ちゃんと近江さんに継続の意思が無くなった段階で終了とします」

「1つ、遠い大学に通うことで面倒が見られなくなった場合、終了となります」

「1つ、大学に通い一人暮らしをするが、共同で部屋を借りたほうがいい場合は、二人の意思次第で継続とします」

「ほかにもいろいろあるけれど、二人がそのまま継続していける環境にあって」

「継続を望むのであれば、多少の雇用形態等に変化はあっても、継続は可能よ」

「もちろん、その逆に契約解除も一か月単位で行えるという想定ね」

彼方「……凄い、有難い話ですけど、本当に私で良いんですか?」

「ええ。璃奈ちゃんが選んだ子だもの」

「なにより下世話な話、正規のサービスで頼むと近江さんを雇う以上にお金がかかる場合もあるから」

「それを考えれば、私たちにとっても十分メリットのある契約……ふふっ、なんて」

「私達はただ、璃奈ちゃんが幸せになれるようにしたいだけ」

「……情けない話、今の私達にはお金しか出してあげられない。だから、惜しむ理由なんてないのよ」



144: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 16:52:27.96 ID:dB1jhEMl.net

「……どうかしら?」

彼方「……私にはメリットしかありません」

彼方「正直、凄くありがたい話で……申し訳ないです」

彼方「すみません……本当は私の家のことを気遣ってくれただけなのかもしれないって疑っていました」

彼方「週5日のバイト、奨学金のための勉強、家の家事全般……それの半分以上が解消されるので」

彼方「……なりふり構わず飛びついてもおかしくない契約です」

彼方「でも……だからこそ一度は断ったんです」

彼方「あまりにもありがたくて、申し訳なくて」

彼方「でも……天王寺さんには天王寺さんの理由があって、信じてくれて、任せてくれようとしていて」

彼方「璃奈ちゃんがそんな大事なことを任せてくれたんだって話を聞いて……」

彼方「……一ヶ月、まずは一ヶ月の試用期間を設けて貰っていいでしょうか」

彼方「それで、ちゃんと信頼に応えられると思えたら……改めて契約させてほしいです」

「何の問題もないわ」

「一ヶ月更新。言ったでしょう?」

「ただ、契約しない場合も考えて、この試用期間はまだバイトを継続し、週のバイト日数を減らすって対応して頂戴ね」

「それで空いた週1、2日だけ璃奈ちゃんに付き合ってあげて」

「試用期間の給与は、近江さんの前月分の給与と試用期間中の給与の差額を支払うこととします」

「問題はないかしら?」

彼方「じゅ、十分です……ありがとうございます」

「それじゃぁ――」

ヴィーッヴィーッ

「あぁもう……ごめんなさい。本当はお昼でもって思ったのだけど……よろしくね?」

彼方「い、いえこちらこそよろしくお願いします」



145: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 17:08:04.93 ID:dB1jhEMl.net

――――――
―――
[翌月]


遥「ふぁ……ぁふ……」

遥「お姉ちゃんおはよ~……」

璃奈「おはよう、遥さん」

遥「おは……っあっ、あぁっ! ……今日、璃奈さんいる日だったぁ!」

ダッ

彼方「遥ちゃん、そんな気にしなくていいのに~」

璃奈「もう何回か見た」

彼方「朝からかわいい遥ちゃんが見られて、彼方ちゃんは幸せだ~」

璃奈「………」チラッ

彼方「~♪」

璃奈「………」

璃奈「……彼方お姉ちゃん、食パンはカリカリともふもふどっち派?」

彼方「彼方ちゃんはカリモフはだねぇ」

璃奈「わかった」

カチカチカチ.....

彼方「~♪」

彼方「…………?」

彼方「……ん?」

彼方「……んんっ!?」ガタッ

璃奈「どうしかした?」

彼方「い、今なんて?」

璃奈「…………」チラッ

璃奈「璃奈ちゃんボード……」

璃奈「……」フルフル

璃奈「彼方お姉ちゃん、好き」ギュッ

彼方「……彼方ちゃんも、璃奈ちゃんのことは大好きだよ~」ギュッ



146: 名無しで叶える物語 2020/11/18(水) 17:10:02.25 ID:dB1jhEMl.net

軌道修正終わったので、終わり。


元スレ
璃奈「彼方さんを雇いたい」 彼方「ええっ!?」