4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:11:56.39 ID:UKg4X9BB0

高度4000メートル地点 航空機内

スカイダイビングに挑戦する咲、マホ、優希、和

パイロット「それじゃーハッチを開けるぞー」ワハハ

ガチャンッ

ビュゴオォォォォォォッ

優希「おぉー!これはいい眺めだじぇ!」

咲「見て見て和ちゃん!下の人がゴミのようだよ!」

和「きゃっ!お、押さないでください咲さん!落ちちゃいますよ!」

マホ「ほ、ホントにここから飛ぶんですか?マホ、とっても怖いです…」ガクガク



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:16:27.19 ID:UKg4X9BB0

和「正直言うと、私もちょっと怖気づいてます…」プルプル

優希「のどちゃんとのどちゃんのおっぱいが、恐怖に打ち震えているじぇ…」

和「おっぱいは余計ですっ!」

咲「それじゃあ、せーのでみんなで飛ぼっか?」

マホ「は、はい!マホも覚悟を決めます!」

咲「じゃあみんな行くよ?」

咲「…せーのっ!」

和「ま、ま、ま、待って!あ、あと3分間だけ待ってください!」プルプル

優希「そんなに待てないじぇのどちゃん!あと40秒で支度するじぇ!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:21:40.99 ID:UKg4X9BB0

咲「怖がらなくても大丈夫だよ和ちゃん。ちゃんと手繋いでてあげるから」ギュッ

和「咲さん…」

優希「それじゃー行くじぇみんな!せーのっ!」

和「えっ」

バッ

ビュウゥゥゥゥゥゥッ

和「きゃあああぁぁぁぁぁぁっ!」

優希「じぇえええぇぇぇぇぇぇっ!」

咲「きゃははははははっ!」

マホ「落ちるうううぅぅぅぅぅぅっ!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:27:09.33 ID:UKg4X9BB0

高度3500メートル地点 自由落下中

咲「あははっ!スカイダイビングって楽しいね和ちゃん!」

和「ひいいいいぃぃっ!しぬううううぅぅぅぅ!」

咲「きゃはははっ!和ちゃんも楽しそう!」

優希「じぇ?マホはなんだか余裕そうだじぇ?」

マホ「あ、マホはちょっと慣れてきました」

マホ「…でもマホ、さっきから気になってることがあって…」

咲「なに?どうかしたの?」

マホ「…あの~、飛ぶ前に言うべきだったかもなんですけど…」

マホ「皆さん、パラシュートはちゃんと付けてますか?」

咲優和「…あっ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:34:26.48 ID:UKg4X9BB0

優希「じぇえええぇぇぇぇぇぇっ!」

咲「あ、そっか。パラシュート忘れてきちゃった」

和「たっ大変じゃないですか!早く取りに戻らないと!」

優希「のどちゃん、航空機はすでに遥か上空だじぇ…」

和「じゃっじゃあ早く上に行きましょう!上に!」ジタバタ

マホ「お、落ち着いてください和先輩っ!」

咲「…安心して和ちゃん。このまま落ち続けて地面に叩き付けられれば」

咲「すぐに上に逝けるから…霊魂として…」

和「きゃあああぁぁぁぁぁぁっ!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:40:03.55 ID:UKg4X9BB0

高度3000メートル地点 自由落下中

和「ああ…短い人生でした…」

和「まだやり残したことも、いっぱいあるのに…」

優希「気持ちはわかるじぇ、のどちゃん」

優希「私も死ぬ前に、タコスを長靴いっぱい食べたかったじぇ…」

和「それ、いつも食べてるじゃないですか…」

咲「…和ちゃん、優希ちゃん、マホちゃん」

咲「天国へ逝っても、またみんなで麻雀しようね!」

マホ「…あ、あの、ごめんなさい宮永先輩…」

マホ「マホはちゃんとパラシュート付けてるから、天国には逝けないと思います…」

咲優和「えっ!?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:46:08.82 ID:UKg4X9BB0

和「う、裏切り者っ!」

マホ「そんなっ!?」

咲「ふぅん…マホちゃんは、最初っから自分だけ助かろうっていう魂胆だったんだ」

マホ「そ、そんなつもりじゃ…」オロオロ

優希「咲ちゃん!マホはそんなひどいこと考える子じゃないじぇ!」

マホ「ゆーき先輩!」パアァ

優希「マホは、自分の身よりも相手を気遣う心優しい子だじぇ!」

優希「きっと、私という大切な先輩を助けるためにパラシュートを用意していたに決まっているじぇ!」

マホ「はい…えっ?」

優希「だからマホ、さっさとそのパラシュートを寄こすじぇ!」ガシッ

マホ「や、やだーっ!これマホのパラシュートですーっ!」イヤイヤ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:52:47.77 ID:UKg4X9BB0

和「一人だけズルいですよ、ゆーき!」

咲「そうだよ!これが誰のパラシュートかは公平に決めようよ!」

マホ「だ、だからこれは、マホのですよぅ!」

優希「つべこべ言わずに、さっさと寄こしやがれ!だじぇ」バッ

マホ「うぅ…ひどいです先輩…」ウルウル

優希「こ、これで私だけ助かるじぇ…」

マホ「…ゆーき先輩の鬼!悪魔!」

優希「フハハ!何とでも言うがいいじぇ!所詮我が身が助かればそれでいいんだじょ!」

和「そうはさせません!」ガシッ

優希「の、のどちゃん!私のパラシュートを引っ張っちゃダメだじぇ!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 21:58:13.71 ID:UKg4X9BB0

高度2500メートル地点 自由落下中

和「私に寄こしなさい、と言ってるんです!」グイグイ

優希「やだじぇ!私はまだ死にたくないじぇーっ!」グイグイ

和「ゆーき!あなたは友達を見殺しにする気なんですか!?」

優希「そんなのケースバイケースだじぇ!」

咲「二人ともやめて!パラシュートが破けちゃうよ!」

和「ゆーきが死んだら、お墓にタコスお供えてしてあげますから!」グイグイ

優希「そっちこそ、棺桶にエトペン入れといてやるじぇ!」グイグイ

ビリッ

「あっ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:03:14.62 ID:UKg4X9BB0

マホ「マホのパラシュートがああぁぁぁぁーっ!」

咲「あーあ、これじゃ使えないね…」

和「」

優希「」

和「ゆ、ゆーきが悪いんですよ、あんなに引っ張るから…」

優希「の、のどちゃんだって引っ張ったじぇ!」

マホ「あぁ…これで四人全員しんじゃうんですね…」

咲「まぁまぁマホちゃん、これでよかったよ」

咲「天国に逝ったとき、麻雀のメンツが欠けずにすむじゃない」

マホ「ぜんぜんよくないですよ!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:08:39.85 ID:UKg4X9BB0

高度2000メートル地点 自由落下中

和「仕方ありません…寿命がきたと思って諦めましょう…」

和「でもその前に伝えておきたいことがあります…咲さん!」

咲「な、何?和ちゃん」

和「わわわ、私はっ!さ、咲さんのことが…ず、ずっと…」

和「すっ、好きでしたっ!」

和「結婚してください!」

優希「おおっ!のどちゃん、どうせ死ぬからって大胆だじぇ!」

マホ「こ、これが『ぷろぽーず』というものですか!?初めて見たです!」

咲「い、いや、あの…和ちゃん、気持ちは嬉しいんだけどさ…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:14:06.30 ID:UKg4X9BB0

咲「こんな空中で告白されても、その、困るというか…」

和「どんな場所でも、この気持ちは変わりません!」

和「地表に届くまでの数分の間だけでいいんです!私と幸せになってください!」

優希「言ってることがめちゃくちゃだじぇ」

咲「うーんとね…和ちゃんには悪いんだけど…」

咲「…嫌です」

和「そんな!?」ガーン

和「お願いです咲さん!死に行く者の最後の頼みと思って!」

咲「いや、私も一緒に死んじゃうからね?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:19:12.32 ID:UKg4X9BB0

高度1500メートル地点 自由落下中

優希「おぉー!そうだ!」

優希「いい考えだじぇ!我ながれグッドアイディアだじょ!」(指パッチン

咲「どうしたの?何か助かる方法でも思いついた?」

優希「そうだじょ!これなら死なずにすむじぇ!」

優希「のどちゃんがのどっちに変身すれば、翼が生えて空を飛べるはずだじぇ!」

和「あ、そっか。自分のことなのに忘れていました」

おはようのどっち!

バサァッ

のどっち「あ、ホントですね。これなら空を飛べます」バサッバサッ

咲マホ「…いやいやいやいや!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:24:47.33 ID:UKg4X9BB0

優希「というわけでのどちゃん!私たちを抱えながら地面に降りるじぇ!」

のどっち「」ツーン

優希「の、のどちゃん…?」

のどっち「…ゆーき、さっきパラシュートを独り占めしようとしましたよね?」

優希「あ、あれはほんの冗談だじぇ!」アハハ

のどっち「それに、私のこの麻雀牌より重い物を持てないか細い腕では」

のどっち「誰か一人しか抱えられないと思います…」

優希「と、とういうことは…」

咲「私たちの三人の内…」

マホ「誰か一人しか助からない、ってことですか!?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:29:38.01 ID:UKg4X9BB0

高度1000メートル地点 自由落下中

優希「のどちゃん、私たち大切な親友同士だじぇ?」

咲「和ちゃん、さっき私のこと好きって言ってくれたよね?」

マホ「可愛い後輩を見殺しにしないでくださいですー!」

のどっち「さーて、誰を助けてあげましょうか…」

のどっち「…助けてほしい人ー?」

優希「はーい!」

咲「はーい!」

マホ「はーい!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:34:34.68 ID:UKg4X9BB0

のどっち「…咲さん」

咲「や、やった!私!?」

のどっち「えぇ、助けてあげますよ…そのかわり条件があります」

咲「う、うん!私、なんでもするよ!?」

のどっち「じゃ、じゃああの…さっきの、私との結婚の件なんですが…」

咲「うん、それは無理」

のどっち「…さ~て、マホとゆーきのどちらを助けましょうか」

咲「わーっ、うそうそ!する!結婚するから!」

のどっち「ホントですか!?やったー!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:39:13.60 ID:UKg4X9BB0

咲「うぅ…背に腹は変えられないよぉ…」

のどっち「マホ!ゆーき!」

のどっち「私たちの結婚式には必ずきてくださいね!」キャッキャッ

マホ「しんじゃったら行けないですよーっ!」

優希「言われなくても、初夜の夢枕に立ってやるじぇ…」ドロドロ

咲「の、和ちゃん!ホントにこれで助けてくれるんだよね!?」

咲「地面に着く前に、早く抱えてよ!」

のどっち「おっと、まだですよ咲さん…」

のどっち「こんなチャンス滅多にありません!地表に届くまで存分に楽しんでやります!」ハァハァ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:44:24.58 ID:UKg4X9BB0

高度500メートル地点 自由落下中

のどっち「さぁ咲さん!犬のように這いつくばって」

のどっち「『私はのどか様の奴隷です!ワンワン!』と言いなさい!さぁ早く!」ハァハァ

咲(這いつくばる!?空中で!?)

咲「うぅ…わ、私は、のどか様の…」

優希「咲ちゃん!咲ちゃんにはプライドが無いのかー!?」

咲「だ、だって優希ちゃん…」

優希「私には無いじぇ!私はのどか様の奴隷ですワンワン!」ヘッヘッ

マホ「さ、最低ですゆーき先輩!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:49:34.83 ID:UKg4X9BB0

のどっち「咲さん!」

咲「ひぃっ!も、もう許してよぉ…」ビクビク

のどっち「無事に下に降りたら、私に…そ、その…」

のどっち「さ、咲さんの処女を私にくれると、約束してください!」

のどっち「そ、そうすれば助けてあげますよ?」ハァハァ

咲「ふえぇ…、親友だと思ってた人に脅迫されてるよぉ…」

優希「のどちゃん!私のをあげるから私を助けるじぇーっ!」ガシッ

のどっち「あなたのようなタコス臭い女の体はいりませんっ!」ゲシッ

優希「じぇー!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 22:54:13.61 ID:UKg4X9BB0

のどっち「さぁ、どうするんですか咲さん!」

咲「うぅ…わ、わかったよ和ちゃん…」

咲「和ちゃんに、わ、私の処女を…」

のどっち「だめです!もっと自分を卑下しながらおねだりしなさい!」

咲「は、はい!」ビクッ

咲「ど、どうか後生ですから…哀れな私めの処女を、のどか様に…」

咲「ご、ご献上いたしますから…どうぞ私めの体を…」

咲「のどか様の…お、お慰み者に、してくださいませ…」

のどっち「くっはあああぁぁぁ!」

のどっち「最高!咲さん、それ最高です!」

マホ(こんないい笑顔してる和先輩は初めてです…)



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 23:00:43.20 ID:UKg4X9BB0

高度200メートル地点 自由落下中

マホ「ひいぃっ!もうすぐ地面に着いちゃうですぅ~っ!」

優希「このままじゃ、私とマホはつぶれて死んじゃうじぇ…」

のどっち「ごめんなさい…私と咲さんの幸せのために、お二人は犠牲になってください」

マホ「いやです~っ!マホまだしにたくないです~っ!」

咲「…あ、そうだ。今思いついたんだけど」

咲「マホちゃんが、和ちゃんの飛行能力をコピーすればいいんじゃないかな…?」

マホ「あ、そっか!」

おはようまほっち!

バサァッ!

まほっち「わーい!これでマホも空を飛べるですー!」

のどっち「」アゼン



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 23:05:14.20 ID:UKg4X9BB0

まほっち「はい、宮永先輩助けてあげますね」ガシッ

咲「ありがとうマホちゃん!」

のどっち「チッ」

優希「のどちゃん!ワンワン!ワンワン!」

のどっち「あぁ、はいはい…助けますよ…」ガシッ

優希「た、助かったじぇ~」

咲「あ、和ちゃん!さっきの結婚の話ナシだからね!」

のどっち(おのれ夢乃…)ゴゴゴ

まほっち「な、なんだか凄まじい殺気を感じます…」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 23:10:12.13 ID:UKg4X9BB0

一方その頃

咏「ねーねーえりちゃーん」

えり「な、なんですか三尋木プロ…」

咏「私たち、もう付き合い初めて一ヶ月じゃん?」

咏「そろそろエッチなこととかもしちゃおーぜ?」スリスリ

えり「だだだっ、ダメですよっ!」

えり「わ、私は三尋木プロとはもっと健全なお付き合いをですね…」

咏「いーじゃんいーじゃん!だいじょーぶだよしらんけど!」モミモミ

えり「だいじょばないですよ!胸を触らないでください!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 23:15:10.46 ID:UKg4X9BB0

咏「わっかんねー!どーすりゃエッチなことさせてくれんのさ!?」

えり「えぇっ!?そ、そうですね…」

えり「あ、じゃあ、空から翼生やした天使でも降ってきたらさせてあげますよ!」

咏「ホント!?約束だぜえりちゃん!」

えり(と、とりあえず助かった…)

咏「楽しみだなー、降ってこねーかなー天使」

えり(まったく、そんなこと有り得るわけないのに…)

咏「あ、見て見てえりちゃん!あそこに天使が二人も!」

のどっち「では、このへんに降りましょうか」フワフワ

まほっち「今度はちゃんとパラシュート付けてやりましょうね!」パタパタ

えり「えっ」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 23:20:25.06 ID:UKg4X9BB0

咏「うぇっへっへっへ、約束はちゃんと守ろうぜえりちゃん…」

えり「え、いや、あの、その」

咏「…辛抱たまらん!」バサッ

えり「きゃあっ!な、何いきなり着物を脱いでるんですか!」

咏「食べちゃうぞー!がおーっ!」ガバッ

えり「あーーーれーーー!」

咲「…あの二人、何してるんだろ」

優希「二人とも幸せそうだじぇ」

♪HAPPY END♪

終わり



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30(日) 23:22:48.55 ID:UKg4X9BB0

終わりです!
ありがとうございました!


元スレ
咏「えりちゃん!空から女の子が!」