4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 01:21:11.43 ID:2LLqDfjl0.net

ココア「六法全書」

チノ「そ、そんなの無理ですよココアさん///」

ココア「そんなことないよチノちゃん!さきっちょだけ!さきっちょだけだから!!」

チノちゃん「さきっちょだけなら………」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 01:37:22.44 ID:tWW6G5B00.net

チノ「むっ無理ですこんなのどう考えても入るわけありませんっ!」

ココア「ほらほらちゃんと足開かないと入らないよ?」グイッ

チノ「やぁっ……こんな体勢恥ずかしいですっ///」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 01:44:36.86 ID:tWW6G5B00.net

ココア「ふふっチノちゃんのここかーわいい♪」クリクリ

チノ「んっ!?…んぅっ……!そ、そこ駄ダメですっ頭がほわほわしちゃ…ぁんっ」

ココア「チノちゃん感じちゃってるんだね……これはどうかな?」ペロリ

チノ「ふあぁっ///そんな、とこ舐めっ……くひぃっ」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 01:52:38.77 ID:tWW6G5B00.net

ココア「そろそろ慣らしていこうか」ツプリ

チノ「はんっ……ココアさんの指…入ってきてます……」

ココア「チノちゃんのここ、きゅうきゅう締め付けてきて……そんなに欲しかったのかな?」クチュクチュ

チノ「はっ…あん……んんぅっ…」

チノ「っ!?ふあぁっあっあっ!そこ!そこダメぇっ」ビクン

ココア「ふふ、チノちゃんはここが好きなんだね」カリカリ

チノ「あぁぁっ!だめえ!ココアさっ…ふあぁんっ」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 01:59:55.49 ID:tWW6G5B00.net

チノ「ココアさんっ止めてくだっ……!んひぃっ!頭まっしろなっちゃう!」

ココア「いっちゃいそうなんだね?ほら、我慢しないでいっぱいイっていいんだよ?」グチュグチュ

チノ「だめぇっ……手激しくしちゃだ…あっあっあっんあっ!ふあぁぁぁぁっ」

チノ「何かきちゃう!あたままっひろなっひゃいますぅっ!」

チノ「ひゃあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」ビクンビクン



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:02:13.03 ID:tWW6G5B00.net

これ六法全書までもってかなければいけないとなるとキツいな



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:11:57.85 ID:tWW6G5B00.net

ココア「じゃあ一本ずつ指増やしていくね」

チノ「え……」

チノ(指一本だけでもああなってしまうのに……)

チノ(む、無理です!絶対耐えられません!)

ココア「力抜いてねー」クチュリ

チノ「ココアさん!もうこれ以上無理ですっ!止めま……え?」ガチャリ

チノ「な、何でベッドに縛りつけてるんですか!!」

ココア「えっ、だってそうしないとチノちゃん逃げちゃうでしょ?」

チノ「そ、そんな……」

ココア「というわけで、二本目っ♪」グチュッ



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:18:52.08 ID:tWW6G5B00.net

チノ「んっ……ぎぃ……!い、痛いっ……!」

ココア「ご、ごめんね!?ちょっと急過ぎたかな……?」

チノ「わ、分かったなら抜いてくださいっ……!」

ココア「うーん…あ、そうだ!」

ココア「舐めながらしてあげるねっ!」

チノ「なんでそうなるんですか!」

ココア「ほらほら、力抜いて」ペロペロ

チノ「あっ……んっ……///」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:24:31.07 ID:tWW6G5B00.net

ー数十分後ー

チノ「はぁっ……はぁっ……」ビクビク

ココア「ここまで頑張って指3本かぁ ……六法全書までの道のりは遠いなぁ」

ココア「チノちゃん、今日はもう終わりにして明日また頑張ろうね!」バタム

チノ(うぅ……あんなにいっぱい掻き回されて腰に力入らないじゃないですか……)

チノ(絶対に仕返ししてやりますっ……!)



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:27:44.48 ID:tWW6G5B00.net

ーー翌日朝ーーーー

チノ「今日は定休日ですね」

チノ「まだ朝方なのでココアさんはグッスリと寝ていることでしょう」

チノ「手早く拘束してしまいましょう」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:33:44.28 ID:tWW6G5B00.net

ココア「ふにゃ……」

チノ「よし、予想通りぐっすりですね」

チノ「下だけ先に脱がしてしまいましょうか」ヌギヌギ

…………

チノ「次はいよいよこの手錠で拘束ですね」

チノ「手は骨組みに繋いで……」カチャカチャ

チノ「足は……昨日あんな恥ずかしい姿させられたので全部見えるように手の手錠に繋いでおきましょう」カチャカチャ

チノ「良い眺めです」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:39:02.83 ID:tWW6G5B00.net

チノ(流石にこんな体勢なら起きるかな?)

ココア「チノちゃんがぁ……いっぱいだぁ……♪」ムニャムニャ

チノ「なんでここまでされて起きないんですかっ!」

チノ「こうなったら奥の手です」

ココア「むにゃあ……♪」

チノ「お姉ちゃんの……ねぼすけっ」

ココア「っ!?…えっ……?」ガチャリ

チノ「おはようございますココアさん」



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:44:05.97 ID:tWW6G5B00.net

ココア「え?え?チノちゃん……えっ?」

チノ「まだ自分の置かれてる状況が分からないみたいですね」

ココア「ちょっ!わ、私なんでこんな恥ずかしい格好!」

チノ「ココアさんが悪いんですよ?」

ココア「も、もしかして昨日のこと根に持ってる……?」

チノ「当たり前です!なので」

チノ「今日はココアさんも気持ちよくなりましょうね」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 02:52:46.96 ID:tWW6G5B00.net

ココア「わ、私足までこんなことしてないよ!」

チノ「倍返しです」ペロリ

ココア「あんっ///だ、だめだよ昨日寝る前トイレ行ったからきたな……ひゃうっ!」

チノ「ではキレイにしてあげますね」チロチロ

ココア「んっ…はぁ……あぁっ」

チノ「舐めるほど更に溢れてきます」

チノ「ふふ、ちょっと舐めただけでこうなってしまうなんてココアさんはえっちですね」

ココア「だめぇ…言わないでぇ……」



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:02:28.15 ID:tWW6G5B00.net

チノ「ではあの時と同じように指、入れてあげますね」クチュリ

ココア「ーーーーーッ!!んっ…あぁぁぁっ!?」ビクビク

チノ「言い忘れてましたが最初から二本です」

チノ「早速動かしてあげますね」グチュグチュ

ココア「あぁっ!中ぐちゃぐちゃにされっ……んひぃっ!」

ココア「別々に動かしちゃだめぇっ!」

ココア「そこだめっ電気きちゃう!なんかビリビリきちゃうぅっ」

チノ「ここがココアさんの気持ちよくなるところですね」

ココア「あっあっあっだめ、イっちゃう、イっちゃうよぉ!」



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:08:36.62 ID:tWW6G5B00.net

チノ「まだ駄目です」ピタリ

ココア「ぁ…………な、何で……?」

チノ「というのは嘘です」グチュグチュ

ココア「くひぃっ!?やあぁんっ」

ココア「い、イっちゃう!本当にイっちゃうぅぅ…………はれ…?」

チノ「気分が変わりました。暫くギリギリで焦らしてあげますね」

ココア「そ、そんな……」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:15:30.95 ID:tWW6G5B00.net

数十分後

ココア「も……だめ……チノちゃ…ん……イかせてぇ…………!」ヒクヒク

チノ「こんなにひくひくさせて何が欲しいんでしょうか?」

チノ「実はこんなこともあろうかとバイブを持ってきておきました」

ココア「なんでもいいから楽にしてぇ……」

チノ「いいでしょう、ただし条件があります」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:20:58.23 ID:tWW6G5B00.net

ココア「条件…?」

チノ「今から手錠を外すので四つん這いになって腰を上げてください」

チノ「そしてアソコを手で広げて゛ココアのここを好きにしてください ゛と言ってください」

チノ「そうしたらこれをいれてあげましょう」

ココア「ぅう……///」

チノ「言えないならさっきの続きになります」

ココア「いっ言う!言うからっ!」

チノ「では手錠を外してあげます」



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:27:30.77 ID:tWW6G5B00.net

ココア(うう……チノちゃんの目の前でこんな恥ずかしい格好を2度も……///)

ココア(でも早く楽になりたいよぉ……)


ココア「こ、こう…?」

チノ「それではよく見えませんよ。しっかりお尻を上げてください」

ココア「うう……」ズイッ

ココア「ち、チノちゃん」

チノ「はい、なんですか?」

ココア「こ……ココアのここをっ…………す、好きにしてくださいっ………………!」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:35:14.44 ID:tWW6G5B00.net

チノ「よくできました」ツプリ

ココア「ぁあああっ!大きいのっ入ってくるぅっ!」

チノ「スイッチも入れてあげますね」

ココア「にゃあぁぁぁぁっ!?これっこれすごいぃぃぃっ!」

ココア「ふあぁっ!イってる!イってるのにまたきちゃうよぉ!」ビクビク

ココア「らめぇっあたままっひろになっひゃうぅぅぅっ!」プシップシッ

チノ「すごいイきっぷりですね、焦らしたかいがありました」

チノ「さて、もういいでしょう」ズポッ

ココア「んひぃっ!…………はあっ……はあっ……!」



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:42:34.28 ID:tWW6G5B00.net

ココア「チノちゃん……も…もう……許してくれる…………?」

チノ「……今日はこれくらいにしてあげます。もうあんなことしないでくださいね」

ココア「は、はい……」

チノ「…………でも」

ココア「うん?」

チノ「た、たまにならいいですよ///」

ココア「ふふ、チノちゃんもえっちだね♪」

チノ「う、うるさいです全部ココアさんのせいです」

チノ「…………起きましょうか。私朝食の支度してきますね」

ココア「あ、なら私も手伝うよ♪」


ENDかもしれない



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/11(木) 03:43:32.16 ID:tWW6G5B00.net

稚拙な文で申し訳ごさらぬ


元スレ
ココア「チノちゃん♪今日はこれ挿れてみよっか♪」チノ「~~~///」