SS速報VIP:さやか「もう少しだけ、この優しい夢を…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394457239/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 22:13:59.56 ID:MsOnNgYi0

「さ、佐倉杏子です…。よろしく」

見慣れた教室、見知ったクラスメイト達…自分にとってはごくごくありふれた光景。

そんな中、少し緊張した面持ちでそう自己紹介したのは、長いストレートヘアを高い位置で一つに結び、自分と同じ制服に身を包んだ少女であった。
正に“借りてきた猫”といった言葉がしっくりくる彼女の姿を、さやかは自分の席から笑みを浮かべ見つめた。

《…緊張し過ぎだって。ほら、リラックスリラックス!》

彼女にしか聞こえない“声”で茶化し半分で語りかける。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394457239




2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 22:18:54.35 ID:MsOnNgYi0



《!…しょうがないだろ。慣れてねぇんだよ。こういうの…!》

少し悪態を付きつつも、さやかの姿を捉え緊張が解れたのか、杏子はたんたんと自己紹介を終えた。

《よく出来ました♪》
《…ったく、保護者かよ》


そんな二人だけの会話を続けながら、杏子はさやかの隣の席に腰を降ろす。

「よろしく」

そう言って目を細めた彼女は、少し悪戯っ子のように見えた。




3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 22:20:36.51 ID:MsOnNgYi0




「ねぇねぇ、前はどこに住んでたの?」
「髪きれいだねー」

休み時間になると、杏子の周りはそれはもう大変な人集りが出来ていた。
久しぶりに通う学校、大勢の同年代の人間に囲まれる事など滅多にない彼女は、やはり少し居心地の悪そうに見えた。

(転校早々人気者だねぇ。良かったねー。)

なんて思いながら、杏子の方に目をやると、チラリと、一瞬だけ彼女と目があった気がした。
どうやら、そろそろ助け舟が必要なのだろう…。

(…しょうがないなぁ)

「あー、ごめんごめん!この子ちょっと緊張してるみたいなんだわ!」

だからその辺にしといてあげて。そう言うと、名残惜しそうにしながらも、人集りを作っていた人物達は各々の席へと戻っていった。

ホッとしたような照れ臭そうな表情を浮かべる杏子は、どこからどう見てもクラスメイトとなんら変わらない“普通の女の子”そのものだった。



4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 22:22:05.14 ID:MsOnNgYi0


―と、ここまでが去年の記憶。

去年のいつ頃かは分からない。
これは、一人の少女…いや、“悪魔”に創られた、偽りの記憶。
あの結界の中での記憶なのか、はたまた世界が再構築された後での記憶であるのか…それすらも自分には曖昧である。

―時刻は深夜2時。
中途半端に目が冴えてしまい、先程からその曖昧な記憶が延々と頭の中でぐるぐる回る。

外ではいつの間にか降り出したらしい雨が、リズミカルに窓を叩いていた。

「…あの悪魔め」

早々に手を打たないといけないのは分かっていた。
しかし、どうしようにもその方法がさやかには浮かばないのだ。

(…覚えてるのは、あいつを除いて私だけ)

それも、自分の記憶はこの世界に埋れていき、どんどん薄れていくように感じていた。
今こうしている間にも、徐々に記憶が書き換えられていくような、そんな気さえした。


「さやか…?」



5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 22:23:35.49 ID:MsOnNgYi0

ふと、隣から声がした。
ついさっきまで隣で寝息を立てていた杏子が目を覚ましたらしい。


「あ、ごめん…起こしちゃった?」

「…いや。眠れねぇの?」

モゾモゾと身動きを取る彼女は、布団の中で私の手を握ってきた。

「えっ?な、何…?」

もしかして寝ぼけているのだろうか…。
焦る私とは裏腹に、彼女はそのまま何をするでもなく、ただ自分の手を優しく握るだけだった。

「…杏子?」
「泣いてる気がしたから」

さやかの声と被るように、彼女はやっと口を開いた。

「…さやか、どこにも行かないよな?」

雨音に掻き消されそうな程に小さい呟きは、確かに私の耳に届いていた。


『胸糞悪くなる夢を見たんだ。』
『あんたが死んじまう夢を』

いつか聞いたあの言葉が、今更ながら胸に深く突き刺さるような、そんな気がした。

「…大丈夫だよ」

そう言って、彼女の小さな手をそっと握り返す。
今の自分には、それが精一杯。


「ここにいるから」


ー今だけは、この優しい夢に浸っていたかった。



6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 22:24:44.94 ID:MsOnNgYi0

ー朝になると雨もすっかり上がっており、雨上がりらしい湿った風が頬を掠めた。

「おはよう!さやかちゃん、杏子ちゃん!」

「おっせーぞ、まどか!」

“この世界”では最近仲良くなった、鹿目まどかと一緒に登校する。

まどかはすっかりクラスにも打ち解け、毎日が楽しそうだ。
毎日友達と登校し、クラスメイトと肩を並べて授業を受け、談笑しながらお弁当を突つく。…彼女が円環の理となる前、彼女が“人としての鹿目まどか”であった時、これは彼女にとってもごくありふれた日常の一部だったはず。



『ねぇ、これってそんなに悪いことなの?』



7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 22:25:34.06 ID:MsOnNgYi0

そい問いかけてきたのは、誰でもない…自分自身の声だった。


『誰とも争わず、みんなで力を合わせて生きていく。それを願った心は、裁かれなきゃならないほど、罪深いものなの?』


…まさか、自分があの時言った言葉に苦しめられるなんてと、思わず苦笑いした。



「…さやかー?置いてくぞー?」


少し離れた所から聞こえてくる、自分の名前。

「うん…」
「今行くー!」


いつの間にか流れていた涙を、誰にも気付かれぬようにそっと拭うと、待っている二人の元へ駆け出す。


ー友達と登校し、クラスメイトと肩を並べて授業を受け、談笑しながらお弁当を突つく……今日も、忙しい学生生活が始まる。



9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 00:06:10.09 ID:r4uG+QkaO

「ね、杏子」

教室。自分の席に鞄を置くと、隣の席で朝からお菓子のパッケージを開けようとしている杏子の名前を呼んだ。

「ん?」

相変わらず手元のお菓子に視線を置いたまま、彼女は少しだけ意識をこちらに向けた。

夕べの事もあってか、彼女は少し眠そうに欠伸を噛みしめながら問いかけてくる。


「何だよ、さやか?」

やっとこちら向いた杏子の顔は、いつもと変わらない無邪気そうな顔で…
その顔を見たら、何故か何も言えなくなってしまう自分が、ここにいた。


“「この世界が、この記憶が、本当は誰かに作られた、偽物であったらどうする?」”

聞きたい事はたくさんあった。

目の前の少女は、何も言わない自分に対して痺れを切らしてか、怪訝そうに眉間に皺を寄せていた。
その顔は、どこか寂しそうな…そんな風に見えた。

「…この世界は好き?」

それが、やっと喉から出た言葉だった。



11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 00:08:30.48 ID:t+8H5zer0

ーこの世界は好きか。

そう聞かれる事は、人生の内で何回あるのだろうか。
自分のよく知る人物、美樹さやかからの質問に少し戸惑う。

「ね、杏子」

名前を呼ばれて随分時間が経ってからのその言葉は、あまりにも唐突で、朝のまだ覚醒しない頭では、その問いかけの本質を捉える事は出来ずにいた。

「…この世界は好き?」

そう言うさやかの表情は、どこか寂し気で…何となく、自分の知らない人のように見えた。


「…好き、だろうな。そりゃ」

特に深く考えた訳ではない。
好きか嫌いか、ただ単純に考えたら好きだ。
自分の生まれ育ったこの世界…自分はこの世界しか知らない。


「…って、いきなり何言ってんの?」


少し重くなった雰囲気を誤魔化すように、わざと茶化すように言った。
その問いに対してか、さやかが何か言いかけたが、始業のチャイムと、席に着けと言う教師の声に、その続きを聞く事は出来なかった。



13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 19:37:28.95 ID:t+8H5zer0

「また、降りそうだね」


今日は屋上でお弁当はやめた方が良いね。なんて、まどかと相談するさやかは、いつもと変わらないように見えた。

空は灰色の雲で覆われており、朝のとはまた別の湿った匂いが、雨が近いという事を連想させる。

「仁美もたまには一緒にどう?」

「えぇ。そうですわね」


近くにいながらも、その会話に混ざる事なく、何となくただぼんやりと、さやかの事を見つめた。

「…それにしても、最近雨ばっかりだよね。夕べも降ってたみたいだし」

ー夕べ…。
まどかの言葉に、杏子はふと、夕べのさやかの事を思い出した。

さやかは、彼女は決して泣いてはいなかった。
ただ、放って置いたら泣き出しそうな…崩れてしまいそうな…そんな空気を纏っていた。

もしかしたら夢だったのではないかと思ったが、朝起きた時も繋がったままの二人の手が、本当にあった事なんだと告げていた。

『ここにいるから』

そう言った彼女は、手を離したら今にも消えてしまいそうな気がして…だから、いなくなってしまわないように、その手をそっと、けれど強く握り締めた。

『ここにいるから』


何だかその言葉は、酷く空っぽに聞こえた。



14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 19:41:58.42 ID:t+8H5zer0

「杏子、購買行かなくて良いの?」

急に自分の名前を呼ばれてハッとする。
気付けば、さやかが不思議そうな顔でこちらを覗き込んでいた。


「早くしないと今日はお昼抜きになっちゃうよー?」

…それは困る。
時刻はとうに昼休みに突入していた。
朝持ってきた弁当は既に空っぽだ。

いつもなら授業が終わると同時にダッシュで向かっている所だが、どうにも今日は、さやかが気になって頭が全く働かない。

「あ、あぁ…!やべっ!早く言えよな!」

冗談混じりに悪態をつきながら、教室の扉に向かう。


時刻は既に昼休み…昨日の事も、今朝の事も、気になる事は山ほどあるが、今は一旦休息といこう。



15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 19:43:20.71 ID:t+8H5zer0

ー燃えるような色の髪を靡かせながら、慌てて教室を後にすり彼女を見送ると、さやかはそっと息を吐いた。

夕べといい、今朝といい、如何せんおかしな様子ばかり見せている気がする。

この世界が好きだと言う彼女に、真実わ話す事はとても残酷な気がして、やはりまだ自分の中だけに留めておくべきかもと、結局まだ躊躇ったままだった。

(…それでも、結局は時間の問題かな)


杏子の事だ、きっともうさやかの様子がおかしい事にはとっくに気付いているはず。

気付いているが、あえて触れない。
自分の口から話してくれるのを、きっと彼女は待つのだろう。

それでもそれはいつまでもではない。
彼女はいつか、きっと痺れを切らして聞いてくる。

いつまでも誤魔化しきれる程、自分だって器用ではない。
全てを知りながら平静を保てるのは、そろそろ限界が近いようにも感じていた。

杏子が教室を出てから既に数分も経つというのに、さやかはまだその扉から目を離せなかった。


ーふと、黒い影が目に入った。



16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 19:44:28.35 ID:t+8H5zer0

あれから教室を出入りする人間は大勢いたが、その人物だけは、嫌でも目に入ってしまう。

杏子が赤い髪をそうさせていたように、その人物は黒い髪を靡かせながら教室を出ていった。

ー暁美 ほむら

この世界を創造した張本人。
彼女は黒い髪と黒い服がよく似合う。何故なら、そう、彼女は悪魔だから。

彼女が出ていく瞬間、ほんの一瞬だけ、彼女と目が合った気がした。

「さやかちゃん?」

無言で立ち上がった私を、まどかが心配気に見上げる。

「ん?…あぁ、ごめん。ちょっとトイレ」

そう言って、さやかは彼女が出ていったばかりの扉へ向かった。




17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/12(水) 12:14:11.30 ID:7HL3UdlrO

ー彼女はよそ見する事なく、こちらに気付く事なく、真っ直ぐどこかへ向かって歩いていた。

その真っ黒な長い髪をジッと見つめながら、さやかはその後を着いて行く。



ー追いかけて、どうするの?


ーさぁ。どうするんだろう。


(…戦うの?それとも説得でもする?)



自問自答を繰り返しながら、見失わないように、かと言って話しかけるでもなく、一定の距離を保ちながら、ただひたすらにその後ろ姿を追いかけた。


「…屋上?」

その後ろ姿は、屋上へ続く階段へと吸い込まれて行った。
静かに、軽やかに、足音一つ立てず一歩一歩階段を登る彼女の背中では、真っ黒な長い髪が楽しげに、踊るように跳ねる。



その姿が何故だかとても綺麗なものように見えて、一瞬だけ、時が止まったような気がした…。



「さやか」



18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/12(水) 12:15:00.72 ID:7HL3UdlrO

すぐ後ろで聞こえた自分の名前に、反射的に振り返ると、そこには中身がぱんぱんに詰まった購買の紙袋を抱えた杏子が立っていた。

「…今日は屋上には行かないんじゃなかったのか?」

「え?あー…うん。」

気のない返事をしながら、さやかの視線は紙袋に向いた。
遅いスタートにも関わらず、それだけ大量の戦利品を手に入れられるなんてお見事。
先程の雰囲気とは打って変わって、そんな事をぼんやりと考えていた。




19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/12(水) 12:16:01.85 ID:7HL3UdlrO

「ちょっと、外の空気吸いたくてさ…」

我ながら少し苦しい言い訳に思えたが、それ以外に何と説明して良いのか思いつかなかった。


「さやかさ…」

杏子が何か言いかけて、その先の台詞を躊躇うように押し黙った。
杏子の左手には、購買の紙袋。

右手には…


右手には自分の手が、しっかりと握られていた。


「杏子…」


「私の事好き?」



「好き」


ーその唐突な質問に対して、杏子は躊躇う事なく、はっきりとした口調で答えた。



23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 16:17:56.68 ID:v2LhLU5t0

「好き」

迷いなく答えたその言葉に、逆に問いかけてきた人物の方が戸惑っているように見えた。


ーさやかが好きだ。


さやかは、自分が忘れていたものを取り戻してくれた。
今のこの幸せな生活も、さやかのお陰だと思ってる。さやかには、感謝してもしきれない。


さやかの無邪気に笑ってる顔が好き。
さやかの単純だけど真っ直ぐな生き方も好き。
さやかの…

不器用な正義感が好き。


「好き」


考える必要も、迷う必要もなかったから、躊躇いなくそう答えた。

なのに…


ーなんでさやかは、そんな顔するんだよ。


真っ直ぐこちらを見つめる目は、今にも泣き出しそうに思えた。



24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 16:19:44.95 ID:v2LhLU5t0

ー*ー*ー*ー

ー遅いスタートにも関わらず手に入れた、大量の戦利品に満足して友人達の待つ教室へと向かう。

(…さやか?)

今一番気になる人物の姿を見つけたのは、教室まであと少しという所だった。

まるでその場所だけ時が止まっているかのように、さやかはジッと、屋上へと続く階段を見上げていた。


さやかは何かを隠している。
隠し事の下手な彼女の様子を見れば、それは明白だった。


ーその先には、何があるんだろう。

見つめる先に、もしかしたら自分の知らない彼女の事を知る、何かがあるのかもしれない。


(…追いかけて、みるか…?)

悟られぬように、ゆっくりと、一歩一歩彼女に近付く。

どうしても知りたかった。さやかの事を知りたかった。
何も言ってくれない彼女の秘密を、暴いてしまいたい衝動に駆られた。


このままやり過ごして、こっそり後を着ける事も出来た。

出来たのに…



「さやか」

気付けば、振り返った彼女の手を掴んでいた。



25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 16:21:27.53 ID:v2LhLU5t0

今にも、その一歩を踏み出そうとする彼女の名前を呼んだのは、ほとんど無意識で…

そのまま行って欲しくないという気持ちの方が、今の自分の中では大きかった。

「さやかさ…」

その手をしっかりと掴んだまま、またその名前を口にする。


ー何を隠してる?
ー何であたしには言ってくれないの?
ー今朝の質問は何?


ーどこに行こうとしてるの?

聞きたい事はたくさんあった。
たくさんあるはずなのに、口に出すのは何となく躊躇われて…。

何も言えなくなった自分の代わりに口を開いたのは、目の前のさやかだった。

「私の事好き?」





ーどうしてそんな事聞くの?

ーどうしてそんな顔するの?



溢れ出すように、また一つまた一つと、聞きたい事は増えていった。



26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 16:22:37.53 ID:v2LhLU5t0

ー…沈黙。

“私の事は好きか?”という訳の分からない質問に対して、今朝の“世界は好きか”という質問に対して少し迷いを見せた彼女は、何の躊躇いもなく好きだと言ってくれた。

正直、嫌われているとは思っていなくても、ここまではっきりと言われては逆に戸惑ってしまう。

けれど、茶化す事なく真っ直ぐぶつけてくれたその言葉は紛れもなく本物で、それを嬉しく思う自分も確かにいた。

ー杏子は、この世界がどちらかと言えば好きで、さやかの事が迷いなく好きで…
そんな彼女の世界を壊そうとしてる自分は、自分こそが本当は悪なのかな…。


「好き」

嬉しいのに、無性に寂しい言葉に聞こえて
何だか凄く、泣きそうになった。



27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 16:28:57.37 ID:v2LhLU5t0

ー「…夢を見たんだ」

その沈黙を破ったのは杏子だった。

「夢…?」

ーそう。最近夢を見る。
嫌な夢…寂しい夢…胸くそが悪くなる夢を。

さやかが死んでしまう夢。
さやかが、自分の元からいなくなってしまう夢。

『一人ぼっちは…寂しいもんな。』
『いいよ、一緒にいてやるよ。さやか』

ー夢の中で、さやかはいつも泣いていて、あたしはそう言って、さやかに向かって手を伸ばすんだ。

ーでもいつも、その手が届く前に目が覚めて…。

隣にいるさやかの手の温もりに安心して…。


ーけど、本当はさ…

本当は、違うんだ。


泣いてるのは、あたしで…
寂しいと思ってるのは、一人ぼっちになりたくないって、誰よりも思ってるのはあたしで…。

(…だからさ)


ーだからさやか、どこにも行かないでよ。


掴んだ手を、またしっかりと握る。
ちゃんと、さやかがそこにいるって、確かめるように…。



28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 16:31:15.37 ID:v2LhLU5t0

ーさやかが好き。
ーどこにも行って欲しくない。

それは本心なのに。

(でも…)

ーそう言ったら、きっとさやかはまた、泣きそうな、困った顔をするんだろ?

ーーあたしは、さやかの事が好き。

ーーさやかの、真っ直ぐで、不器用な正義感が好き。


だから…


言いたい事、全部飲み込むから…


「…とことん、突っ走れよ」


さやかには、自分の信じる正義を、最後まで貫いて欲しかった。
さやかの、泣きそうな顔を見ていたくなかった。



一瞬だけ絡んだ手が、そっと離れていく。


真っ直ぐ駆け出した背中に向かって、そっと手を伸ばしたが、その手が彼女を掴む事はもうなかった。



29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 17:24:21.16 ID:v2LhLU5t0

ー“突っ走れ”。

そう笑って言った彼女の声は、少しだけ震えていた。

握られたままだった手に、自分の指を一瞬だけ絡めてほどくと、彼女に背を向けて頷いた。

顔を見ると、泣いてしまいそうだった。

ー私もね、本当はこの世界が好きだよ。

杏子がいるこの世界が。


杏子の手が、そっと背中を押す。

その行動に、随分心が軽くなった気がして、そのまま振り返る事なく真っ直ぐ駆け出した。


ー杏子が、私の事を好きだと言ってくれた。

ーとことん突っ走れと言ってくれた。


それで充分、自分の心は救われた。



30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 22:55:39.18 ID:v2LhLU5t0


「…雨、降りそうだよ」

そう声をかけると、真っ黒な長い髪を揺らしながら、その人物は振り返った。

「それとも、悪魔は雨で浄化されたりする訳?」


「…さぁ。そんな話し、聞いた事ないけれど」

そんな事になったら大変ね。なんて、こちらが嫌味を言ったにも関わらず、彼女は少し楽しそうに返す。


一呼吸置いてから、彼女をしっかりと見据えた。
クスクスと愉快そうに笑っていた彼女は、さやかの真剣な眼差しを捉えると、表情を消すようにこちらを睨んだ。

「…あんたはさ、辛くないの?」

その問いかけに、彼女は意外そうに少し目を見開く。

「…いいえ。あの子がいない世界の方が、私には耐えられないもの」

さやかから目を逸らすと、風に揺れる長い髪をかき上げながら、灰色の空を
仰いだ。

「あなたは随分、辛そうな顔をするのね。」


そう言ってもう一度こちらを向いた彼女は、一瞬だけ物悲しい笑みを見せた。



34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 23:06:11.39 ID:v2LhLU5t0

珍しかった。
彼女が自分の事を気にかける事なんて、今までにあったのだろうか。

まどかに関わる事ではあったかもしれない。

しかし、たった今放たれた言葉は、あの表情は、確かにさやかだけに向けられたものだった。


「…あなたは、この世界が尊いとは思わない?」

いつの間にか、さやかのすぐ目の前に移動していた彼女が、優しい声色で問いかける。


「ねぇ、この世界の何が不満?」
「本当は、あなたが一番喜んでいるんじゃない?この状況を。」


悪魔の、甘い囁きがさやかの心に揺さぶりをかける。


「佐倉杏子、好きでしょう?」


その一言に、平静を保とうとする心が、大きく揺れた。


ー当たり前。

杏子は、あの子は、何度も繰り返された時間の中で、私が心を蝕まれる度に、その度に私の為に…。

そんな杏子を

「…好きじゃない訳、ないでしょ」


悪魔が優しい笑みでこちらを見ている。
全身の力が抜けて、さやかは立っている事が出来なかった。



36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 23:10:46.38 ID:v2LhLU5t0

ーこの世界は、尊いよ。

ーそうだよ。嬉しいよ。もう一度ここに戻ってこれた事。

だってさ、だって本当は

「…消えたくない」

「ここにいたい…まだ、ここにいたい…」

まだまだやりたい事だって、たくさんたくさん、あった。

「なんで…」

なんでよ。未練なんて、確かになかったはずなのに…なんで…



「なんで今更…こんな夢見せるのよ…」



37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 23:13:38.76 ID:v2LhLU5t0

この世界は優しい。
優しい夢。束の間の夢。
いつか、覚めなくちゃいけないのに。

なのに…

なのに本当は


ーまだ


「…杏子といたい…っ杏子と…一緒に生きたい…っ」

今まで言えずにいた事が、咳を切ったように溢れ出る。



ーーああ…言っちゃったよ。
ずっと言わないようにしてたのに、よりによってこんな悪魔の前で…。


悪魔が、こちらに向かって優しく手を伸ばす。

その手を取れば、楽になれると…。



38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 23:16:08.17 ID:v2LhLU5t0


「どうして?」

伸ばされたその手を、力強く跳ね除けた。

「…宣戦布告」


まどかの思いも、決意も、全てを踏みにじったこの世界は間違っている。
この間違った世界を、壊してみせる。


「それって、エゴじゃない?」


そう。これは私の、美樹さやかのエゴ。
鹿目まどかが魔法少女の為に自分を犠牲にしたのもエゴだし、暁美ほむらがそれを覆したのもエゴ。
佐倉杏子がこの背中を押してくれたのも、一つのエゴだ。

この世界はエゴの塊。
だったら私は、私の正義を最後まで貫き通す。


ーとことん突き進め。


そう後押ししてくれた、あの子の為にも。



39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 23:20:21.58 ID:v2LhLU5t0

ーだから私は、その手は取らない。
決して悪魔に魂を売らない。

だってそうしてしまったら、私は、あの子が好きだと言ってくれた私ではなくなってしまうから。


「あなたのその不器用過ぎるくらい真っ直ぐな所…」


大嫌いよと悪魔は囁く。
その声は、先程までと打って変わって、ゾッとする程冷たかった。


ーそんなの知ってる。
あんたは私が嫌い。私だってあんたが嫌い。

これから敵になるもの同士、丁度いいじゃないか。



40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 23:23:22.04 ID:v2LhLU5t0



降り出した雨が、制服に染みを作っていく…。

「…今は、一時休戦ね。」


この選択は間違っているかもしれない。
でも、何が正しいのか、そんなものは誰にも分からない。



ーいつの間にか私は泣いていた。
子供みたいに、みっともなく大声で。



だって仕方ないよね。
普段は魔法少女だ円環の使者だなんだと格好つけてはいるけど、本当はただの中学生なんだから。


あの子の前では笑顔でいたいから。
夢の中でくらい、今くらい大声で泣かせてよ。



ーいつか、敵になるその時までは
もう少しだけ、この優しい夢の中で。


ー*ー*ー*ー*ー

ーまだだめよ

ーまだだめよ

ーまだだめよ




ーーさぁ、そろそろ目を覚まそうか


終わり


元スレ
SS速報VIP:さやか「もう少しだけ、この優しい夢を…」