1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 22:01:17.66 ID:ynbsNWBy0

憂 「お姉ちゃん、お汁粉できたよっ」

唯 「ありがとう! いただきま~す」

はむっ

唯 「おもち、おいひぃ~ね~」

憂 「ゆっくり食べないと喉につまるよ」ニコッ

唯 「うぐっ……」

憂 「お姉ちゃん!」

唯 「――――」

ぴーぽ~ぴーぽ~ぴーぽ~



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 22:34:25.39 ID:ynbsNWBy0

葬式


紬 「梓ちゃんもお花添えてあげて」

梓 「唯先輩、ギー太も棺桶に入れときますね」

律 「これで天国でも寂しくないな」

澪 「唯、元気でな」

憂 「さよならお姉ちゃん」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 23:16:49.80 ID:ynbsNWBy0

その夜 たくさん 雪が積りました

庭が 真っ白です

憂 「お姉ちゃんに会いたいな」

唯とそっくりの雪だるまができました





11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 23:27:23.04 ID:ynbsNWBy0

憂 「ちゅ」

唯だるまにキスをしてあげました

憂 「体、冷えてきちゃった」

憂 「ちょっと、コーヒー飲んでくるね」

憂 「また後でね」





13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 23:39:10.03 ID:ynbsNWBy0

ドンドンドン

誰かが庭の窓を叩いています

ドンドンドン

「憂い~」

憂 「この声は……お姉ちゃん!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 23:45:38.15 ID:ynbsNWBy0

憂ちゃんは庭へ飛び出しました

憂 「お姉ちゃん、会いたかったよ……」

唯 「憂、苦しいよぉ♪」

憂 「お姉ちゃん、冷たい //」

唯 「憂はあったかだね」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 23:52:27.80 ID:ynbsNWBy0

唯 「おなかすいちゃった」

憂 「すぐに、ご飯作るねっ。中に入ろっ!」

唯 「おコタ♪ おコタ♪」

憂 「あっ、お姉ちゃん! 溶けてるっ!」







19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/03(月) 23:57:01.08 ID:ynbsNWBy0

憂 「やっぱり、中入っちゃダメ」

唯 「ぶ~、それじゃ寒いもん」

憂 「でも、メッ」

唯 「ううう……じゃあ、ご飯は?」

憂 「アイスなら食べてもいいよっ」





21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:06:20.87 ID:5O/0ufmx0

唯 「アイスいらない」

憂 「お姉ちゃん……」

唯 「おもちがいい」

憂 「熱いの食べたらお姉ちゃん、消えてなくなっちゃうよ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:12:18.68 ID:5O/0ufmx0

憂 「それじゃあ、雪のおもち作ってあげるねっ」ニコッ

唯 「雪のおもち?」

憂 「こうやって、こねてこねて、丸めて……はいっ、できた」

唯 「ほんだ!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:14:41.70 ID:5O/0ufmx0

唯 「憂は料理上手だね~」

憂 「えへへ //」

唯 「ねえ、今度は雪のステーキ作ってぇ♪」

憂 「うん、いいよっ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:26:30.88 ID:5O/0ufmx0

憂 「お姉ちゃん、美味しい?」

唯 「美味しいよぉ、憂ぃ~」

いつの間にか 暗くなって

空には星が ありました

憂 「もうこんな時間だ」

唯 「憂、帰っちゃうの?」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:37:07.93 ID:5O/0ufmx0

憂 「かまくら作ろっか」

唯 「うん!」

二人はかまくらを作りました

静かな夜に なりました

憂 「これで一緒に暮らせるねっ」

唯 「憂、ありがと~♪」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:45:39.04 ID:5O/0ufmx0

憂 「くちゅんっ」

唯 「憂、寒いの?」

憂 「大丈夫だよ、お姉ちゃん」

北風のせいで、電線が不安そうに揺れています



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:51:07.16 ID:5O/0ufmx0

唯 「わたし! 憂のこと大好きだよ」

憂 「……うん」

唯 「だから、ベットで寝ようね」

憂 「うん」

黒い空から 犬の遠吠えが 響いていました



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:54:38.21 ID:5O/0ufmx0

憂の部屋に 黄色い灯りが ぱっとつきました

唯 「憂の部屋、暖かそうだなぁ」

灯りはすぐに 消えました

唯 「おやすみ、憂」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 00:58:09.49 ID:5O/0ufmx0

小鳥のさえずりと 眩しい朝日

憂 「あっ、今、何時だろ?」

窓からは きれいな青空がひろがって

庭の雪は すっかり消えていました



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 01:01:26.50 ID:5O/0ufmx0

憂 「お姉ちゃん……」

涙の粒がキラキラ光りました

紬 「大丈夫よ、憂ちゃん」

小鳥が空へ飛び立ちました



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 01:05:44.50 ID:5O/0ufmx0

紬 「昨日のうちに唯ちゃんは、南極へ空輸したから」

紬 「私の自家用機で憂ちゃんも行きましょう」

憂 「ありがとう、ございます」

紬 「さあ、行きましょ~」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/04(火) 01:11:30.47 ID:5O/0ufmx0

ここは南極 冬の国

唯と憂の楽園です

憂 「お姉ちゃん!」

唯 「あっ! 憂だー」

憂 「これでずっと一緒だねっ」

唯 「ねぇ、ねぇ、氷のケーキ作って」

憂 「お姉ちゃん、そのペンギンは?」

唯 「友達になったんだ! ね~、ペンちゃん」

ペンギン 「グエッ」

~ おわり ~


元スレ
憂 「唯だるま!」