1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 21:38:25.26 ID:KjBLdJMF0

ルッキーニ「あ~ん・・・あむっ!」モグモグ

ルッキーニ「おいしいっ!」

シャーリー「そうか、宮藤の作ってくれたものだからな!」

ルッキーニ「じゅ~!もっともっと!」

シャーリー「わかったよ。ほら、あーん」

ルッキーニ「あーん、あむっ。うまい!」

バルクホルン「・・・・・・何をしているのだ」





4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 21:43:50.19 ID:KjBLdJMF0

ルッキーニ「バルクホルン大尉!」ジュジュ!

シャーリー「いやあ、ルッキーニがさ、ご飯たべさせてくれって」

バルクホルン「ん?一人で食べれんのか?」

シャーリー「やー、それはさ」

ルッキーニ「ジュジュ・・・ごちそうさまっ!」タッタッター

バルクホルン「行ってしまった・・・」

シャーリー「ははっ、照れて逃げちゃったか」

バルクホルン「む、照れて?」

シャーリー「ルッキーニは私に甘えてただけなんだよ」

バルクホルン「そ、そうなのか。しかし、ルッキーニがお前に甘えているなんて今更の事だと思うのだが」

シャーリー「まあな~。恥ずかしがるのは最近になってからさ。あいつも少しずつ大人になってきたんじゃないかな」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 21:50:19.72 ID:KjBLdJMF0

バルクホルン「ははは、もはやお前はルッキーニの母親だな」

シャーリー「ま、まあ、そうなれたらって少しは思うけどさ、私だってまだ20にもなってないんだぞ」

シャーリー「それで母親って言われてもなあ」

バルクホルン「そんなものか」

シャーリー「うん。まっ、ルッキーニが喜んでくれるなら私はそれでいいさ」

バルクホルン「・・・やはりお前は凄いな」

シャーリー「うん?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 21:56:05.76 ID:KjBLdJMF0

バルクホルン「私はだめだな。ハルトマンに対しては怒ってばっかりで、喜ばせる様な事などなかなかできん」

シャーリー「あ~、それはハルトマンが悪いと思うけどな~。さすがに私でもあの部屋は・・・」

バルクホルン「む、そ、そう思うか?」

シャーリー「ああ、、それにお前が言ってやんなきゃ、今よりももっと酷いことになってたかもしれないぞ。部屋でキノコ栽培とかしちゃうかも!」

バルクホルン「ははは、それは大変だな」

シャーリー「そうだろ?だからそう卑下するなって」

バルクホルン「う、うむ」





7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:03:16.88 ID:KjBLdJMF0

バルクホルン「「まさかお前に励まされるとはな」

シャーリー「きにすんなって、同じ大尉だろ。下の世話で苦労するのは分かってるって」

バルクホルン「うむ。すまないな」

シャーリー「だからいいって。それよりもさ。ほら」

バルクホルン「・・・?なにをしている?」

シャーリー「いや、あーんって」

バルクホルン「なっ、私に、別に私には必要ないっ!」  

シャーリー「いいだろ~、誰が見てるわけでもないし。ほら、宮藤が作ってくれた羊羹だぞ!」

バルクホルン「宮藤だろうと誰だろうと関係ないっ!一人で食べれる!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:10:30.38 ID:KjBLdJMF0

シャーリー「うー、流石頑固だなー。少しぐらいいいだろー。ほら、口をあけろ」

バルクホルン「な、なぜそこまでして私に食べさせたがる!」

シャーリー「なぜって、いつも気を張ってばかりで大変だと思ってさ。たまには、私に甘えてみろよ」

バルクホルン「わ、私は別に平気だ!っあむ?!」

シャーリー「ほら、食え~!」グイグイ

バルクホルン「あがっ、むりひゃり、ふっこふふぁ!(無理やり、突っ込むな!)」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:18:25.98 ID:KjBLdJMF0

シャーリー「ふふふ~、どうだ?うまいだろ~」ニヤニヤ

バルクホルン「もぐもぐ。ま、まあ。宮藤が作ったものだからな。うまいに決まってる///」

シャーリー「はははっ、そうだな!宮藤が作ったものだしな!」

バルクホルン「む、何がおかしい」

シャーリー「いやいや別に。・・・・・・あ~ん」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:25:12.96 ID:KjBLdJMF0

バルクホルン「・・・今度は何だ」

シャーリー「次は私に食べさせてくれよ。あ~ん」

バルキホルン「自分で食べろ!」ドン!

シャーリー「ひどいやつだな~。私だって食べさせてあげただろ~」

バルクホルン「あれはっ、無理やり貴様が!」

シャーリー「・・・・・・」

シャーリー「・・・・・・頼むよ・・・私だって誰かに甘えたい時があるんだ」ショボン

バルクホルン「っ!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:32:25.37 ID:KjBLdJMF0

バルクホルン(なんたってそんな寂しそうな顔をする!)

バルクホルン「くっ、仕方ない、ほら、食べさせてやろう///」

シャーリー「やったー!さっすが話がわかる!」パアァ

バルクホルン「ほら、口をあけろ!///」

シャーリー「あ~ん・・・あむ。もぐもぐ」

バルクホルン「・・・・・・」

シャーリー「うん。うまい!」

バルクホルン「そ、そうか///」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:39:38.67 ID:KjBLdJMF0

シャーリー「ありがとな!バルクホルン!」

バルクホルン「べ、別に、喜んでくれたなら、なによりだ///」

シャーリー「おう!おいしかったぞ!」

バルクホルン「・・・・・・///」

シャーリー「それじゃあ、はい、あーん」

バルクホルン「ん?」

シャーリー「ほら、あーんって。食べさせてやるよ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:45:13.61 ID:KjBLdJMF0

バルクホルン「なっ!私はもう、十分だ!///」

シャーリー「お返しだって。それにまだまだ羊羹食べたいだろ?」

バルクホルン「うぬぬ・・・・・・あーん///」

シャーリー「ふふふっ、ほら」

バルクホルン「あむ。もぐもぐ///」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:53:36.55 ID:KjBLdJMF0

シャーリー「うまいか?」

バルクホルン「あ、ああ。おいしい///」

シャーリー「ははっ、よかった。じゃあ次は私にだ!」

バルクホルン「ま、まだ続けるのか!?」

シャーリー「こういうのはお互いに食べさせていくもんなんだよ。ほら、あーん」

バルクホルン「うっ、く、くそ、仕方ない///」

バルクホルン「・・・・・・///」スッ

シャーリー「あむっ。もぐもぐ」

シャーリー「おいしい!」

バルクホルン「あ、ああ///」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 22:59:56.50 ID:KjBLdJMF0

ホラッ コンドハクチアケロッテ ア、アア…ウマイ/// ハハッ!

物陰
エーリカ「・・・・・・」

エーリカ「随分とラブラブだね」

ルッキーニ「私のシャ~リ~!」

エーリカ「トゥルーデったら、あんなに顔真っ赤にして・・・」

ルッキーニ「うじゅ~・・・しゃーりー・・・」

エーリカ「・・・・・・」

エーリカ「・・・・・・分からせないと・・・駄目みたいだね」

ルッキーニ「うじゅ?」


オワリダナ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:08:08.74 ID:KjBLdJMF0

ヤンデリカ思案中



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:26:17.33 ID:KjBLdJMF0

バルクホルン「・・・・・・」テクテク

エーリカ「トゥルーデ♪」

バルクホルン[お、おお、ハルトマンか」

エーリカ「何してたの?」

バルクホルン「い、いや、ちょっとお菓子を食べていただけだ」

エーリカ「ふうん、一人で?」

バルクホルン「あ、あ、いや、リベリアンもいたが」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:33:57.39 ID:KjBLdJMF0

エーリカ「ふーん、仲いいんだね。いつも喧嘩ばかりしてるのに」

バルクホルン「別に私だってリベリアンを目の敵にしているわけでは無い」

エーリカ「そうなの?」

バルクホルン「ああ、一緒に戦う仲間だ。仲良くなれるに越したことはない」

エーリカ「・・・そうなんだ」

バルクホルン「どうしたハルトマン?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:40:29.86 ID:KjBLdJMF0


エーリカ「ううん、なんでもない。それよりもお部屋いこ♪」

バルクホルン「なんだ急に、掃除をするなら喜んで付き合うが・・・」

エーリカ「んーと、うん!掃除する!」

バルクホルン「本当か!ならば行こう。今日こそあの腐海を取り除かないとな!」

エーリカ「うん!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:47:57.74 ID:KjBLdJMF0

ガチャ
バルクホルン「よし、綺麗にするぞ!・・・これは?」

エーリカ「ああ、さっき芳佳にもらったんだよ。扶桑のお菓子の羊羹だって」

バルクホルン「あ、ああ、そうか」

エーリカ「掃除する前に食べよーよ」

バルクホルン「掃除が先だ!」

エーリカ「え~、掃除してたら埃が舞っちゃってお菓子がたべれなくなっちゃうよ~」

バルクホルン「そ、そうだな、仕方ない。食べてしまうか」

エーリカ「うん、食べよう!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 23:58:51.50 ID:KjBLdJMF0

エーリカ「あ~ん」

バルクホルン「!?」

エーリカ「ほらっ、あーん」

バルクホルン「こ、コラ!何をしている!」

エーリカ「べっつにー、トゥルーデに食べさせてあげようって思っただけ~」

バルクホルン「ば、ばかもの!必要ない!」

エーリカ「え~、少しぐらいいいでしょ~」

バルクホルン「だ、め、だ!」

エーリカ「・・・やっぱりそうなんだ」

バルクホルン「・・・?ハルトマン?」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:09:14.44 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「やっぱりトゥルーデはシャーリーが好きなんだ」

バルクホルン「なっ、なぜそうなる!///」

エーリカ「私はだめで、シャーリーはいいんでしょう」

バルクホルン「お、お前、見ていたのか」

エーリカ「見てたよ。仲が良かったね」

バルクホルン「あ、あれはリベリオンが無理やりっ!」

エーリカ「へえ、そうなんだ、無理やり・・・」

バルクホルン「そ、そうだ。だから私はべつに、んんっ!?」

エーリカ「ん・・・・んん・・・ぷは」




49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:16:56.01 ID:DMbH6XxV0


バルクホルン「はぁっ、貴様、今何を!」

エーリカ「ん?お菓子食べさせてあげただけだよ♪」

バルクホルン「い、いまやったのは、き、き、キスを///」

エーリカ「うん!トゥルーデが食べてくれないから、口移しでしちゃった♪」

バルクホルン「な、なんてことを」

エーリカ「嫌だった?」

バルクホルン「嫌とか、そういう問題ではない!」

バルクホルン「大体なんでこんな、んん!?」




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:26:03.27 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「はむ・・・・・・・・ん・・・ぷはあ。美味しかった?」

バルクホルン「はぁっ、今、何を飲ませた」

エーリカ「ん~さあね~」

バルクホルン(か、体が、動かない)

バルクホルン「ハルトマン!いい加減にしろ、んぷっ!?」

エーリカ「あむあむ・・・ん・・・・・・・ぷはあ」

エーリカ「無理やりって言ったの、トゥルーデだからね」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:33:47.92 ID:DMbH6XxV0

バルクホルン「ぁ・・・・・ぁぁ・・・」

エーリカ「どうしたの?惚けちゃって。そんなに美味しかった?」

バルクホルン「や、やめろ、ハルトマン・・・」

エーリカ「やめないよーだ♪んんっ」ムチュ

バルクホルン「んっ・・・んん・・・」

エーリカ「ぷはっ。美味しいの?トゥルーデ」




55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:39:45.46 ID:DMbH6XxV0

バルクホルン「っく、す、すまなかった」

エーリカ「?何をあやまっているの?」

バルクホルン「リベリアンと、食事していた、事だ。謝るから・・・」

エーリカ「トゥルーデが謝らなくてもいいよ♪」ムチュッ

バルクホルン「んんぷっ・・・・・・・」

エーリカ「ぷはっ。全部、あいつが悪いんだよ?」

バルクホルン「・・・あいつ?」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:46:16.55 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「あいつがいるせいで、私はトゥルーデの隣に居れない」

エーリカ「あいつがトゥルーデを惑わすから、」

エーリカ「トゥルーデが優しいから、勘違いしちゃったんだよ」

エーリカ「トゥルーデの隣で飛べるのは私だけなんだから。」

エーリカ「トゥルーデには、私が必要なんだよ」

エーリカ「うんん、私以外必要ないんだ」

エーリカ「だから・・・」

エーリカ「・・・あれ、邪魔だなあ」

エーリカ「・・・・・・いつか掃除しなくちゃなあ」

バルクホルン「・・・・・・ハルトマン」




58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 00:55:11.95 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「トゥルーデも気をつけてね?変なものに誑かされちゃされちゃだめだよー」

バルクホルン「・・・・・・」

エーリカ「はい、これ食べて?」サッ

バルクホルン「・・・んむ、ん」モグ

エーリカ「ふふふ、私に、ちょうだい・・・」ムチュウ

バルクホルン「んんっ!?、・・んんっっ、んん・・・・」

エーリカ「ぷはあ、・・・美味しかったよ、トゥルーデ」

バルクホルン「はぁっ、・・・っ」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:04:21.97 ID:DMbH6XxV0

ガチャ
シャーリー「うーっす、バルクホルン。入るぞー」

バルクホルン「!?」

シャーリー「お、ハルトマンも一緒か。ちょっとルッキーニがさあ、って、おい、大丈夫かバルクホルン?」

バルクホルン「シャ、シャーリー、逃げろ」

エーリカ「・・・・・・」

エーリカ「・・・・・・だよ」

シャーリー「ん?」

エーリカ「邪魔なんだよ消えろよトゥルーデに話しかけるな来んなクズアホ雌牛淫乱小便垂らして死ね」

シャーリー「お、おお!?」




63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:13:05.58 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「・・・シャーリー、どうしたの?」ニコッ

シャーリー「い、いや、ルッキーニが様子見てこいって言うから・・・今何か言ったか?」」

エーリカ「ううん、大丈夫だよ。もうすぐ掃除も終わるから」

シャーリー「おっ、掃除してたのか~。偉いな」

バルクホルン「(まずい、後ろ手に瓶を)だ、だめだ、逃げろ」

シャーリー「ん~、どうした?」

エーリカ「もうすぐ終わりだって」

シャーリー「ああ、そうか」

エーリカ「うん。もうこれで、終わり」
シュ
バルクホルン「――!」

シャーリー「えっ?」
ガシャン!



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:22:01.14 ID:DMbH6XxV0

バルクホルン「シャーリー!」

シャーリー「―――っと危ない」

エーリカ「あ、外しちゃった」

シャーリー「ハルトマン!一体どういうことだ!

エーリカ「言ったでしょ。掃除だって。もうすぐで終わるから待っててよ」スッ

バルクホルン(また瓶を!)

エーリカ「いい加減ゴミは掃除しないと、邪魔で邪魔で仕方ないんだよね」

シャーリー「状況がよくわからないけど、黙ってやられる私じゃないぞ」

エーリカ「・・・・・・」

シャーリー「・・・・・・」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:29:46.31 ID:DMbH6XxV0

バルクホルン(まずい、ハルトマンは攻撃するのに躊躇が無い!シャーリーに不利だ!)

シャーリー「・・・・・・」

エーリカ「・・・・・・」

エーリカ「―――っ」

シャーリー(きた!)

エーリカ「――んっ」ビュン

シャーリー「よっと、そんな攻撃、当たらないさ!」

エーリカ「うるさい」バッ

シャーリー「ははっ、そんな物に頼ってるから、攻撃が疎かだぞ!」

バルクホルン(挑発してる?)



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:37:11.37 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「・・・・・・」ビュッ

ガシャン
シャーリー「くっ!?」

バルクホルン(ハルトマンが瓶を投げつけた!まずい、シャーリーが怯んでる隙にハルトマンが突っ込んでいく!)

シャーリー「くっ、・・・・・くくっ、これを待っていたのさ」ガシッ

エーリカ「!?」

シャーリー「どりゃああああああ!!」

ダーン!
エーリカ「!?かはぁっ!」

シャーリー「どうだ!」

エーリカ「・・・・・・」

シャーリー「気絶したようだな」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:45:11.50 ID:DMbH6XxV0

シャーリー「バルクホルン、大丈夫か?」

バルクホルン「あ、ああ。私の方は大丈夫だ。しかしなんだあの技は」

シャーリー「背負投さ」

バルクホルン「背負投?」

シャーリー「ああ、前、少佐に教わったんだ。私はお前ほど力が強くないんだ。相手の力を利用しないとな!」

バルクホルン「そ、そうか。ありがとう。リベリアン」

シャーリー「あ、なんだ。もうシャーリーって呼んでくれないのか?」

バルクホルン「あ、あれはとっさにだな///」

シャーリー「はははっ、分かった分かった。・・・・・・それよりも、どうするんだ」

バルクホルン「うむ・・・」

エーリカ「・・・・・・」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 01:57:35.60 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「・・・う、ううん」

エーリカ「あ、トゥルーデ」

シャーリー「・・・・・・」

バルクホルン「・・・・・・何か言うことは無いのか?」

エーリカ「え~、べつに~」

バルクホルン「別にではない!謝れ!私と、リベリアンにだ!」

エーリカ「え~、なんでさ~」

バルクホルン「怪我をさせるところだったんだぞ!大切な仲間をなんだと思っている!私にだって、その、・・・いろいろやりおって!」

シャーリー「いろいろって何だあ?」

バルクホルン「お前は黙ってろ!」

シャーリー「へいへい」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 02:05:07.26 ID:DMbH6XxV0

バルクホルン「とにかくだ、私はお前に仲間を傷つけるような事はして欲しくないんだ」

エーリカ「だって!トゥルーデが、私と全然一緒にいてくれなくて・・・妹だのなんなのって彷徨ってるから・・・」

トゥルーデ「・・・ぐぬう」

シャーリー「こりゃ確かにひどいな」

トゥルーデ「・・・分かった、すまなかった。だがリベリアンには謝るんだ」

エーリカ「・・・ごめん、シャーリー」

シャーリー「あははっ、いいって、大した怪我も負ってないからさ」

エーリカ「シャーリー・・・ありがとう!」ダキッ

シャーリー「わっ!」

バルクホルン「ははは、これで仲直りだな!そろそろ夕食の時間だ、一緒に行こう!」

エーリカ「うん!」

シャーリー「お、おう!」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 02:11:51.85 ID:DMbH6XxV0

バルクホルン「それじゃあ行こう」

エーリカ「了解!」
ガチャ

シャーリー「・・・・・・」

シャーリー「いってー!!!!」

シャーリー「ハルトマンのやつ、痛めた所に思いっきり抱きつきやがって」

シャーリー「たまたまだろうけど、くぅ~~~」

ガチャ
エーリカ「シャーリー?早く行こ?」

シャーリー「あ、ああ。分かった。今いくよ」テテテ



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 02:18:10.51 ID:DMbH6XxV0

エーリカ「・・・・・・」

エーリカ「・・・・・・」ガシッ

シャーリー「お?」

エーリカ「今度シャーゲルだのふざけたことぬかしたら、その口にシュトルムぶち込んで破裂させるからね」

シャーリー「」

エーリカ「ふんっ」バッ

バルクホルン「おーい、早く行くぞ!」

エーリカ「あ、まって~トゥルーデ~!」タッタッタ

シャーリー「」

シャーリー「」

シャーリー「おっ?・・・おお?・・・・・・おおおおっ!?」


オワリ


元スレ
シャーリー「ほら、あーんって」