1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:28:56.84 ID:jD12bgwtO

バルクホルン「エーリカちゃん、お部屋キレイにしようよ」

ハルトマン「」ゾクゾク

バルクホルン「ね? トゥルーデ、お部屋汚れたまんまじゃ嫌だな」

ハルトマン「ちょっ……」

バルクホルン「ん?」

ハルトマン「な、なんの真似?」

バルクホルン「何が?」

ハルトマン「気持ち悪いよ、やめてトゥルーデ」

バルクホルン「えっ! 気持ち悪いって、トゥルーデが? そんな……」

ハルトマン「やめろ!」

バルクホルン「くすん」

ハルトマン「」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:38:03.75 ID:jD12bgwtO

ハルトマン「まったく……」

バルクホルン「分かった、エーリカちゃん」

ハルトマン「エーリカちゃ……間違ってないんだけど、なんだかなぁ」

バルクホルン「お外に行こうよ。お日さまも暖かいし、気持ちいいよ」

ハルトマン「だからさぁ」

バルクホルン「ねーねー、行こうよー」タッチ

ハルトマン「」

バルクホルン「」

バルクホルン「む、何故私がジークフリート線を越えているんだ!?」

バルクホルン「おいハルトマン、私に何を……」

ハルトマン「どうかしたの、トゥルーデちゃん?」

バルクホルン「」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:44:09.53 ID:jD12bgwtO

バルクホルン「い、今、何と言った?」

ハルトマン「なんとって、トゥルーデちゃんの名前を呼んだだけだよ? ふふっ、変なの」クスクス

バルクホルン「お前……なんかおかしいぞ! く、来るな!」

ハルトマン「むー、私のこと嫌いなの?」

バルクホルン「そういうことじゃなくてだな……」

ハルトマン「ならいーじゃん☆ えいっ」

バルクホルン「うわっ! 危なかった……くそ、一時退却だ!」

ハルトマン「あー、宿舎の中でおいかけっこなんていけないんだー!」

ハルトマン「でもトゥルーデちゃんが遊んでくれるなら、本気でやっちゃうよー?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:49:03.60 ID:jD12bgwtO

ハルトマン「あれー、どこだぁ?」

ガチャッ

エイラ「……ハルトマンか。あのナ、私たち今寝てるんダ。悪いけド、もうちょっと静かニ……」

ハルトマン「あ、エイラちゃんみーっけ!」

エイラ「は?」

タッチ

ハルトマン「」

エイラ「」

ハルトマン「う、あれ? 私、なんでこんなとこにいるんだろ」

ハルトマン「ふああ……なんか凄く疲れてるなぁ。エイラもちゃんと寝ろよ?」

エイラ「……うん、ありがと」

ガチャッ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 22:54:50.53 ID:jD12bgwtO

サーニャ「くー」

エイラ「……さ・あ・にゃ・ちゃん! おーきてっ!」

サーニャ「」ビクッ

エイラ「エイラ、お腹すいちゃった。何か食べに行こうよ」

サーニャ「……一人で行って…」

エイラ「一人じゃ美味しくないよぉ。エイラつまんないー」

サーニャ「……今夜、哨戒なのよ? ていうかエイラ……」

エイラ「ん?」

サーニャ「……夢ね。エイラも寝なきゃダメよ……くー」

エイラ「もー、しょうがないなぁ」

エイラ「お外で遊ぼっと」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:01:34.57 ID:jD12bgwtO

エイラ「あ」

坂本「エイラ! こんなとこで何をしているんだ? 夜間哨戒に出るんだぞ、寝ておかないと……」

エイラ「みおちゃんうるさい!」

坂本「サーニャの援護……なに?」

エイラ「そんな悪いお口は……こうだっ!」

坂本「むぐ」タッチ

エイラ「」

坂本「」

エイラ「は、どこだここ!? 寝ぼけてたのかナ……」

エイラ「うう、今からまた寝直すのは辛いゾ……おやすみ、少佐」

坂本「うんっ、おやすみー!」

エイラ「?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:11:53.46 ID:jD12bgwtO

坂本「芳佳ちゃんたち、頑張ってるなぁ」

坂本「よーし、じゃあ美緒が先輩らしくおにぎりを差し入れてあげましょう!」

坂本「お勝手にご飯が炊いてあったはず」

――

坂本「やっぱりね!」パカッ フワッ

坂本「まずはお手てを水に浸けて、塩をひとつまみ」

坂本「ご飯を片手に――熱っつぅ!」

坂本「うう……火傷しちゃったよぉ……」

坂本「ご飯も床に落ちちゃった」

坂本「ごめんね、お百姓さん……」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:17:44.47 ID:jD12bgwtO

坂本「ぐすっ」メソメソ

シャーリー「あれ、少佐がキッチンにいるなんて珍しいな」

坂本「シャーリーちゃん……」

シャーリー「……ちゃん? まあいいや。今からフライドポテトを作るんだ、少佐もどうだ?」

シャーリー「もちろん、手伝いはしてもらうけどな」

坂本「美緒も一緒にやっていいの?」

シャーリー「ん? あれ?」

坂本「やったぁ、ありがとっ☆」タッチ

シャーリー「」

坂本「」

坂本「? なぜ私は食堂にいるんだ?」

坂本「シャーリー、火を使うなら気をつけろよ」

シャーリー「……だいじょーぶ! シャーリーももう子供じゃないんだよ?」

坂本「……?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:25:08.35 ID:jD12bgwtO

シャーリー「まずは材料を用意しなきゃ!」

シャーリー「んしょ、よいしょ」

シャーリー「ふう。まずはポテトでしょ」

シャーリー「お塩は美緒ちゃんが使ってたやつの残り」

シャーリー「油はここだよね」

シャーリー「ほらね! シャーリーはなんでも知ってるんだから」

シャーリー「あとは……コショウがいるかな?」

シャーリー「コショウはここに……んーっ」

グラッ

シャーリー「わあっ!?」

ドサッ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:32:56.46 ID:jD12bgwtO

シャーリー「ふぇぇ……お尻ぶつけた」サスサス

シャーリー「で、でも、泣かないもんっ」

シャーリー「じゃあ、次にポテトを切って……」

シャーリー「……やっぱりちょっと怖いなぁ……あっ!」

バルクホルン「げ、リベリアン」

シャーリー「トゥルーデちゃーん!」

バルクホルン「」

バルクホルン「」ダッ

シャーリー「待ってよー!」

バルクホルン「なんだこれは! なんだコイツらは!? 我々はネウロイ攻撃を受けているのかッ!?」

シャーリー「なんで逃げ、あうっ!」ドサッ

バルクホルン「しめた!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:40:46.93 ID:jD12bgwtO

シャーリー「……う」ジワッ

シャーリー「…うええーん!」

シャーリー「うええーん、ひっく、ひっく」

シャーリー「痛いよぉ……」

ルッキーニ「どしたの、シャーリー?」

シャーリー「フランカちゃん……」

ルッキーニ「ん? あっ、ヒザから血が出てるよ! 消毒しなきゃ」

シャーリー「連れてってくれる?」

ルッキーニ「このフランチェスカ・ルッキーニにまっかせなさーい! ほら、立って」スッ

シャーリー「いたた……ありがと」タッチ

ルッキーニ「」

シャーリー「」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:47:13.27 ID:jD12bgwtO

>>56
フランカじゃなかったっけ
違ったらごめん



ルッキーニ「歩ける?」

シャーリー「……ん? なにがだ?」

ルッキーニ「その足だよ」

シャーリー「うわ、なんで怪我してるんだ!? 転んだのかな」

ルッキーニ「え?」

シャーリー「っかしーな、フライドポテト作ろうとして、少佐に手伝って貰おうと思って……」

ルッキーニ「ポテト!? アタシも手伝う!」

シャーリー「そうか? まあ、いいか。ん……あれは」

芳佳「お腹すいた……」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:54:55.40 ID:jD12bgwtO

ルッキーニ「ねー、芳佳!」

芳佳「はい?」

ルッキーニ「シャーリーのこれさ、治してくれない?」

芳佳「お安いご用ですよ……はい」

シャーリー「うん、もう大丈夫だ! サンキュー宮藤」

芳佳「はい……」

ルッキーニ「……芳佳、どうかしたの?」

芳佳「大したことじゃないんだけど、訓練してたらお腹すいちゃって」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/26(日) 23:58:31.50 ID:jD12bgwtO

シャーリー「なんだ、そんなことか」

ルッキーニ「じゃあ丁度いいね、今からシャーリーがフライドポテト作ってくれるって!」

芳佳「いいなぁ……」

シャーリー「おいおい、お前にもやるからそんな顔するなよ」

芳佳「ホントですか!?」

ルッキーニ「芳佳も手伝わなきゃダメだよ? はやくはやくー!」ギュッ

芳佳「」

ルッキーニ「」

ルッキーニ「?」

芳佳「……」

芳佳「ルッキーニちゃん。芳佳、ちょっと疲れちゃったから……」

ルッキーニ「え?」

芳佳「やっぱりお部屋で寝てる! ごめんねー!」

シャーリー「……なんだ、あいつ?」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:05:38.77 ID:jARrIvjoO

――

バルクホルン「はぁはぁ」

バルクホルン「くそ、ここもいつ奴等に見つかるか……いや、いつ私があんな風になってしまうか!」

バルクホルン「……なんだか美味そうな匂いがするな。兵糧攻めか!? くっ……」

ガサッ

バルクホルン「!!!」

芳佳「みーつけた」

バルクホルン「み、宮藤……無事だったか!」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:13:15.18 ID:jARrIvjoO

芳佳「うん! 少し寝たら、もう元気一杯になったよ! シャーリーちゃんたちのポテトも食べたし!」

バルクホルン「は?」

芳佳「だからぁ……一緒に遊ぼうよ、トゥルーデちゃん!」

バルクホルン「」

芳佳「トゥルーデちゃんはなにやりたい? 私はおままごととか」

バルクホルン「うわぁぁぁッ! 宮藤ィィーッ!」

芳佳「あれ、鬼ごっこかぁ。負けないよー? よーい……どん!」

ガチャッ

エイラ「お前らいい加減に」

芳佳「うわぁ!?」ドンッ

エイラ「」

芳佳「」

芳佳「いたた……ごめんね、大丈夫? エイラちゃん」

エイラ「うん! 平気だよ、芳佳ちゃん!」

おわり


元スレ
バルクホルン「エーリカちゃんエーリカちゃん」ハルトマン「」ゾワッ