1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 22:53:49.21 ID:CR8oC5yo0

菫「…ん?…お前はたしか…」

尭深「渋谷…渋谷尭深です」

菫「あぁ…1年の…」

尭深「は、はい!名前を覚えて頂けて光栄です」

菫「そんな光栄なんて…大袈裟な…」

尭深「いえ!先輩は…みんなの憧れですから…」

菫「い、いや憧れだなんて…」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 22:58:33.08 ID:CR8oC5yo0

尭深「私みたいな地味な生徒のことまで覚えてるなんて…やっぱり先輩はすごいです」

菫「そんなに褒めないでくれよ…」

尭深「先輩は本当に素敵な人なんですから」ムフー

菫「照れるな…そ、それで、どうしたんだ?急に呼び止めて」

尭深「えっと…実は…先輩にお願いしたいことがあって…」

菫「…お願い?私にできることならなるべく聞いてあげたいが…」

尭深「あ、あの…大きな声じゃ言いにくいことなので…耳、貸してもらえませんか?」

菫「あ、あぁ…分かった」

菫(言いにくいこと…?)



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:02:45.02 ID:CR8oC5yo0

尭深「あ、あのですね…」コソコソ

菫(うわっ…これ…くすぐったいな…///)

尭深「せ、先輩の…」

菫「あ、あぁ…」




尭深「…アナルを掘らせてもらえませんか?」

菫「…………………は?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:07:19.11 ID:CR8oC5yo0

尭深「///」

菫「な、なななにを言ってるんだ!」

尭深「だから…アナルを…」

菫「あ、アナルなんてそんな…!!///」

尭深「せ、先輩!声が大きいです…」

菫「す、すまん。つい動揺してしまって…まったく、どうしたらそんなお願いが出てくるんだ!?」

尭深「え…だって先輩…自分でそう言ってたじゃないですか…」

菫「…は?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:11:10.06 ID:CR8oC5yo0

菫「…は?」

尭深「正確には書いてた。ですけど」

菫「待ってくれ!そんな覚えは…!」

尭深「え…だって3階のトイレに…」

菫「3階?部室がある階じゃないか…」

尭深「は、はい…そこのトイレに…」

菫「…詳しく説明してくれ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:15:40.24 ID:CR8oC5yo0

〜3階のトイレの一番奥の個室〜



『あの、こんなこと…誰にも言えないんですけど…
私…すっごくアナルが感じるんです…。
今日もなんだかムラムラしてしまって、自分の指で慰めちゃいました♥
でも…自分のだけじゃ我慢できない…誰か…私のお尻の穴をめちゃくちゃにして…
弘世 菫』




菫「な…なんだこれは…」ガタガタ

尭深「え?これ、先輩が書いたんじゃ…」

菫「そんなわけないだろ!!」

尭深「!!」ビビクン

菫「いったい…誰がこんなこと…」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:20:09.18 ID:CR8oC5yo0

ガヤガヤ

菫・尭深「!?」

バタンッ

先輩A「あのさー弘世ってちょームカつかね?」

先輩B「あーあの2年なー」

先輩A「2年の癖してレギュラー入って偉そうでさー」

先輩B「それは宮永照もだろ」

先輩A「宮永は仕方ないって…あれはバケモンでしょ」

先輩B「正直宮永一人で優勝できそうだもんなー」

先輩A「でもさー弘世はそうでもなくね?」

先輩B「でも、一応成績いいよ?」

先輩A「そりゃそうだけどさー3年差し置いてレギュラーになるほどかねー」

先輩B「あーそれなー」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:24:44.52 ID:CR8oC5yo0

先輩A「しかもなんか喋り方ムカつくし」

先輩B「…分かる」

先輩A「自分は間違ってないって思ってる喋り方だよなー」

先輩B「分かる分かる!」

先輩A「なんつーかさー視野が狭いっつーか」

先輩B「頭が固いっていうか…」

先輩A「空気が読めないっつーか」

先輩B「…ムカつくんだよな」

先輩A「そうそれ!!」

先輩A「あーあいつ誰かに犯されねーかなー」

先輩B「ちょ、それは言い過ぎでしょ」

先輩A「いやーあーいうやつはそういうことがあると急におとなしくなるタイプだって」

先輩B「それは分かるけどー」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:28:30.45 ID:CR8oC5yo0

先輩A「って、やば。授業始まってんじゃん」

先輩B「もうこのままサボるかー」

バタンッ



尭深「……」

菫「……」

尭深「…あの」

菫「……」

尭深「…あの、ごめんなさい!!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:34:25.62 ID:CR8oC5yo0

菫「……」

尭深「私…イタズラだって気づかなくて…」

菫「……」

尭深「こんなお願いまでしてしまって…これじゃ私も同罪ですよね…」

菫「……」

尭深「…本当にごめんなさい」

菫「…君は悪くない」

尭深「…えっ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:39:50.76 ID:CR8oC5yo0

菫「悪いのは…このイタズラをしたやつと…」

尭深「…?」

菫「…私だ」

尭深「!!」

菫「…そんな風に思われてたなんて全然気付かなかった」

尭深「そ、そんなこと…」

菫「さっきは君に褒められて、ちょっと誇らしく思っていたのに」

尭深「先輩…」

菫「…滑稽だな」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:42:10.73 ID:CR8oC5yo0

尭深「そんなことないです!!」

菫「渋谷…」

尭深「そんなことないです!先輩は…かっこよくて、強くて、誠実な人です」

菫「そんなに気を遣わなくても…」

尭深「遣ってません!先輩は私の憧れで…」

菫「……」

尭深「…でも、遠い存在でした」

菫「…どういうことだ?」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:46:14.53 ID:CR8oC5yo0

尭深「私は、昔から地味な子供で、友達もあまりいるタイプじゃありません」

菫「はぁ…」

尭深「しかも…どうやら私は変態みたいなんです」

菫「…は?」

尭深「ずっと…女の人のお尻が好きで、触ってみたいなぁと思ってました」

菫「え…」

尭深「でもある日、それを口に出したら、変態だ!って」

菫「あ…」

尭深「…それからずっといじめられました」

菫「…っ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:48:50.88 ID:CR8oC5yo0

尭深「高校に入って、いじめられることはなくなったけど、もう、何を喋るのもこわくて」

菫「……」

尭深「部員の多い麻雀部に入って、ひたすら目立たないようにしてました」

菫「渋谷…」

尭深「…だから、そのっ、先輩みたいなすごい人がお尻を触られたいって知って…」

菫「う…」

尭深「すごくっ、うれしかったんです…仲間がいたって…」

菫「そうか…」

尭深「私の…勘違いでしたけど…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:53:04.32 ID:CR8oC5yo0

菫「……」

尭深「……」

菫「…渋谷」

尭深「…はい」

菫「…アナルを掘るって具体的に何をするんだ?」

尭深「………え?」

菫「…私は、君をまた一人にはしたくない」

尭深「え?え?なに言ってるんですか先輩?」

菫「こんな私を尊敬してくれる君を一人にしたくはないんだ!!」

尭深「!!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:54:28.84 ID:CR8oC5yo0

菫「…渋谷の感覚はよく分からないけど…」

尭深「う…」

菫「もし、私が力になれるなら…」

尭深「せ、先輩…」

菫「できるかぎりのことをしたいんだ…」

尭深「そ、そんな…」

菫「…お願いだ」

尭深「…へ?」

菫「私のお尻を…」

尭深「……」

菫「…好きにしてください」

尭深「っ!!///」

菫「……」カァアア

尭深「…はい///」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 23:58:54.62 ID:CR8oC5yo0

〜尭深の部屋〜


尭深「ほ、本当にいいんですか…?」

菫「言っただろ…好きにしてくれって」

尭深「…わ、分かりました///」

菫「あ、あぁ」

尭深「…じゃあ、服脱がせますね」

菫「…えっ」

尭深「んしょっ」

菫「ま、待て!自分で脱ぐ!」

尭深「あ…すみません」

菫「いや、気にしなくていい」ヌギヌギ

尭深「……」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:02:18.51 ID:ydFyEmOo0

菫「…脱いだ」

尭深「…じゃ、じゃあ足を広げて、そこに寝てください」

菫「…っ///こうか?」

尭深「は、はい」

菫「そうか」

尭深「うわ…先輩のお尻…すごく綺麗です…」

菫「っ!そ、そういうのは、よしてくれ!」カァアア

尭深「ご、ごめんなさい」

菫「…いや、いい」

尭深「じゃ、じゃあ触りますよ?」

菫「あ、あぁ」ゴクリ

尭深「先に、ローション塗りますね」タラー

菫「っ!!」

尭深「初めてなので…多めに」ヌリヌリ

菫「…っう…」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:05:41.20 ID:ydFyEmOo0

尭深「…では、改めて」ドキドキ

菫「あ…あぁ」ドキドキ

尭深「……んっ」ヌプッ

菫「…んあっ///」

尭深「だ、大丈夫ですか?」アセアセ

菫「だ、大丈夫…ちょっと驚いただけだ」

尭深「で、ではもうちょっと…奥に入れますよ?」ググッ

菫「…ん…くぅ…」

尭深「もう少し…」グーッ

菫「…んんんっ…」

尭深「…入りました」

菫「あ、あぁ…」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:07:35.43 ID:ydFyEmOo0

尭深「少し、このままにしますね」

菫「…分かった」

尭深「…どんな感じですか?」

菫「そ、そうだな、ちょっと変な感じだな」

尭深「…嫌な感じですか?」

菫「そ、そんなことはない!」

尭深「…よかった」ホッ

菫「あぁ」

尭深「2本目の前に、ちょっと動かしますね」

菫「えっ」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:12:40.50 ID:ydFyEmOo0

尭深「……ん」クルクル

菫「!?!?///」

尭深「あっ…先輩の中、あったかいです///」クニクニ

菫「っ////…んあっ…んくぅっ…」

尭深「も、もう少し…」クニュクニュ

菫「…ん…あああっ」

尭深「…このくらいかな」ピタッ

菫「あっ…」

尭深「…どうかしましたか?」

菫「…いや、なんでもない」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:17:32.72 ID:ydFyEmOo0

尭深「じゃあ、2本目、入れます」ヌプッ

菫「…あぁっ!」

尭深「……」ググッ

菫「…んっ…んっ…」

尭深「き、きつ…」グッ

菫「…んんあっ…!」」

尭深「は、入りました…」ドキドキ

菫「はぁ…はぁ…そうか」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:21:20.60 ID:ydFyEmOo0

尭深「さすがに、きつかったです」

菫「は、初めてだしな」

尭深「…今日は、ここまでにしようと思います」

菫「……えっ」

尭深「もう少し慣らしたら、抜きますね」

菫「えっ、な、なんで…?」

尭深「デリケートな場所ですから、無理しない方がいいです」

菫「は、はぁ…」

尭深「怪我をさせてしまったら大変ですし」

菫「そんな…」

尭深「…大丈夫ですよ。少しずつ、慣れていきましょう」ニコッ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:26:33.79 ID:ydFyEmOo0

菫「渋谷…」

尭深「…じゃあ、そろそろ…」

菫「…渋谷は、それでいいのか?」

尭深「…え?」

菫「…ずっと好きだったものを目前にしてそんなものなのか?」

尭深「そ、それは…」

菫「…私は、無理だな」

尭深「せ、先輩…?」

菫「…渋谷」

尭深「は、はい」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:29:37.90 ID:ydFyEmOo0

菫「…もっと、してほしい」

尭深「…え?」

菫「だ、だから!もっとしてくれよ!///」カァアアア

尭深「せ、先輩…」

菫「…こんなことを私に言わせるのは、渋谷だけだな」

尭深「…ず、ずるいです」ヌプッ

菫「!?」

尭深「そんなこと言われたら…必死に保ってきた理性が…」ヌプヌプ

菫「…んはぁっ…ああっ…」

尭深「…吹っ飛んじゃうじゃないですか」ヌプーッ

菫「…あっ…あっ…」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:33:51.44 ID:ydFyEmOo0

尭深「…もう一本入れます」

菫「…ま、まって…」

尭深「……」グググッ

菫「…んんんあっ…!」

尭深「…動かします」ヌプッ

菫「あっ…や…」

尭深「…はぁ…はぁ…」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:34:29.05 ID:ydFyEmOo0

菫「んっ…んっ…」

尭深「…せ、先輩の中、あつくて」ヌチュヌチュ

菫「あっ…んんぐっ…」

尭深「…きつくて」グチュグチュ

菫「…っは…あっ…んんんっ…」

尭深「…気持ちいいです」グググーッ

菫「…んあああっ…!!!」ビビクン!!



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:37:15.02 ID:ydFyEmOo0

尭深「はぁ…はぁ…」

菫「はぁ…はぁ…」

尭深「…イっちゃい…ましたか…?」

菫「あ、あぁ…」

尭深「…気持ち…よかったですか…?」

菫「…あぁ」

尭深「よ、よかったぁ…」ギュッ

菫「し、渋谷…///」

尭深「…尭深でいいです」

菫「…へ?」

尭深「な、名前で呼んで欲しいです///」

菫「わ、分かった…」

尭深「……」ワクワク



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 00:44:55.12 ID:ydFyEmOo0

菫「…た、たかみっ!」

尭深「は、はい!」

菫「尭深も…その…私のことを…」

尭深「…!!」

菫「菫って…」

尭深「…いいんですか?」

菫「…もちろんだ」

尭深「…す、菫先輩…///」

菫「あ、あぁなんだ?///」

尭深「…次は、おもちゃに挑戦しましょう!」

菫「…あぁ」キュン



カン!


元スレ
尭深「ひ、弘世先輩…!///」