1: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:30:39 ID:3Lq



―――レッスン後のレッスンルーム


李衣菜「もしかして前に雑誌で特集組んでたやつかな、原宿の」

泰葉「うん、そう! すごく食べたいんだけど……カップルっていうのがね、その……アイドルだし」

李衣菜「あ~……。あっ、でもPさんにお願いしたらついてきてくれるんじゃない?」

泰葉「今日は加蓮のお仕事について行ってるでしょう? だから……」

李衣菜「え、今日の話? クレープならいつでも……」


泰葉「…………」クキュルルル…


李衣菜「……うん、レッスンの後だしお腹空いてるよね。私も空いてるよ、うんっ」



2: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:33:46 ID:3Lq

泰葉「我慢できないの……!」

李衣菜「わ、分かったよ……今から行こう?」

泰葉「ありがとう! で、問題はカップル限定ってことなんだけど……その」

李衣菜「いいじゃん、付き合ってますってことで。どうせバレないでしょ?」


泰葉「……李衣菜って変なところでサラッとそういうこと言うよね」ハァ

李衣菜「え、ダメ?」



3: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:34:45 ID:3Lq

泰葉「もう少し恥じらいとか……お、女同士なわけだし」

李衣菜「あはは、泰葉相手に恥ずかしいとかないよ♪」

泰葉「それはそれで複雑だなぁ、もう……ふふっ♪」

李衣菜「じゃあそんな感じで行こっか! 私もクレープ楽しみだな~」


泰葉「待って。見かけだけでもカップルなら手を繋ぎましょう!」キリッ

李衣菜「そこまでやらなくて良くない!?」



4: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:36:17 ID:3Lq

泰葉「ううん、そこまでやるべきだよ。いつそういう役のお仕事来るか分からないんだよ?」

李衣菜「お、おお……先輩モードになってる。さっきまで恥ずかしがってたのに……」

泰葉「いい機会だからちゃんと練習しておかなきゃ。女の子を好きになる気持ちを理解して……」ブツブツ…

李衣菜「お、お腹空いてたら理解できるものもできないと思うな~? とりあえず街に出ようよ、ねっ?」

泰葉「あ、そうだね。行こう♪」ギュ

李衣菜「ほんとに手ぇ繋いでくの!?」

泰葉「李衣菜こそさっきは普通だったじゃない!」

李衣菜「無理やりそういうの意識させられたらこうなるよ~!」


―――

――





5: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:37:27 ID:3Lq



―――若者の街


李衣菜「うぅ……周りに見られてる気がする……」ドキドキ

泰葉「大丈夫だよ、誰も見てないし溶け込めてるよ。板についてきてるってこと♪」

李衣菜「そ、そうかなぁ……。早く目当てのもの買って帰ろうよぉ」

泰葉「ふふ、仕方ないなぁ。ほら、お店あそこだから――あっ」

李衣菜「えっ?」



加蓮「――はいPさん、あーん♪ カップル限定クレープならこういうことしなきゃ♪」

P「ちょ、流石に恥ずかしいからダメだって! 加蓮が食べたいからって来たのに……!」



6: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:38:29 ID:3Lq


泰葉「…………」

李衣菜「…………」


加蓮「ふふふっ、変装してたけど『カップルです』って言えたの嬉し……へっ」

P「どうした加蓮……あ、泰葉。李衣菜も! レッスン終わりに腹ごなしか? 美味しいぞ~ここのクレープ~」


泰葉「…………」

李衣菜「…………」

加蓮「…………」ガタガタブルブル…


P「ん? なんだこの空気」

泰葉「♪」ガシッ

李衣菜「♪」ガシッ

加蓮「」



キャアアアァァァ…!



7: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:39:37 ID:3Lq



―――


泰葉「美味しいね限定クレープ♪」

李衣菜「美味しいねぇ♪」

P「短時間で女の子をとっかえひっかえする最低男になってしまった……!!」

李衣菜「平気ですよ、応対してくれた店員さんも違いましたし♪」

泰葉「人気店だったのが逆にカモフラージュになりましたね♪」


加蓮「あは、あはは♪ ほんと美味しい、みんなで同じの食べられて嬉しいなぁ♪」ケラケラ


P「か、加蓮! 目に光を戻してくれ……!」



8: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:40:39 ID:3Lq

加蓮「だ、大丈夫大丈夫……あなたの育てた『アイドル』だから……」

李衣菜「そう、アイドルだよ?」

泰葉「二度と忘れないでね?」

加蓮「は、はいっ!」

P「こ、これくらいなら別に構わないんだけどな……仕事のご褒美だっただけだし」

泰葉「Pさんが許しても私と李衣菜が許しません。今日は特に」

李衣菜「そうですよっ。Pさんがいなかったから仕方なく泰葉と付き合うことにしたのに」

P「ぶっふぇア!?」

加蓮「ほぉ、へぇ?」ニヤァ…

泰葉「李衣菜言葉が足りてないよ!!?」



9: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:41:27 ID:3Lq

李衣菜「えっ、あ! ち、違うんですよPさんっ! ほんとは付き合ってないんです!」

P「げっほ、ごほ、お、おおうわかっ、ぐぇほ、分かってるから……!」

加蓮「あらら~付き合ってないって。フラれちゃった?」ニヤニヤ

泰葉「かっ加蓮あなたね、人をからかえる立場じゃないでしょ今!」

加蓮「からかってないよ、真剣だよ♪」ニタニタ

泰葉「真剣な人はそんなニヤケ顔しない!」



10: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:42:23 ID:3Lq

加蓮「違う違う、泰葉と李衣菜がお付き合いすることになって嬉しいんだよ~♪ おめでと♪」

泰葉「絶対分かって言ってるよね!?」

加蓮「そ、私は2人の理解者だもん♪」

泰葉「も~、ああ言えばこう言う! 李衣菜も何か言い返して!」

李衣菜「待って泰葉、Pさんが……!」

P「の、のみものっ……なんか飲み物を……!!」

李衣菜「か、買ってきますから待っててくださいっ! ごめん泰葉~!」ピューンッ



11: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:43:02 ID:3Lq


泰葉「李衣菜~!?」

加蓮「そっかそっかぁ、2人がカップルかぁ~♪ じゃあPさんは私が~、ふふふふっ♪♪」

泰葉「どうしてこんなことに~!!」


に~!

に~っ

に~――……




12: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:43:49 ID:3Lq



―――後日、事務所


加蓮「Pさん、Pさんっ」


P「ん、どした加蓮」

加蓮「今度ね、カップル限定ジェラートが出るの。一緒に行ってほしいなぁって♪」

P「……味を占めたな? そう言ってこないだあんなことになったのに」

加蓮「えへへっ。ダメぇ?」

P「しょうがないな――」


泰葉「ダ!」ピョコッ

李衣菜「メ!」ニュッ



13: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:44:32 ID:3Lq

加蓮「あ、カップル登場♪」

泰葉「本気で怒るよ?」ジトッ

加蓮「冗談だってば~♪」

李衣菜「女同士で行けるならその方がいいよ! 絶対!」

加蓮「はーいはい、じゃあどっちでもいいから付き合ってよ。Pさんにはお土産で買ってくるってことで。いいよねPさんっ?」

P「ふふ、ああ。ありがとうな」



14: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:45:11 ID:3Lq

加蓮「あ、そうだっ。この際だし、どの組み合わせがベストカップルか考えてみない?」

李衣菜「お、なんか面白そうだね」

泰葉「そう? 私は李衣菜とがいい。加蓮とは無理」ギュ

李衣菜「え」

加蓮「真正面から拒否られた! だったら私も李衣菜がいいし!」ダキッ

李衣菜「あれ、なんで急にそんな流れに!? Pさん助けてください~!」



15: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:45:52 ID:3Lq

P「ははははっ、李衣菜は人たらしだからなー、苦労するなぁ!」

李衣菜「そんなんじゃないですけど!?」

泰葉「李衣菜!」

加蓮「李衣菜っ!」

李衣菜「ど、どっちも重そうだから嫌だ! Pさんがいい!」

「「フラレタ…!」」ガーンッ

P「り、李衣菜……酷いオンナだ……!」

李衣菜「味方がいないー!?」



16: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:46:45 ID:3Lq

加蓮「泰葉……振られた者同士付き合うのもアリだよね……」シクシク…

泰葉「そうだね……傷を舐め合って生きようね……」メソメソ…

李衣菜「そ、そういう悲しい付き合い方は良くないよ! 2人のことは好きだし、3人で仲良くしよう? ……ってなんで私こんなこと言ってるの!?」

加蓮「やーい最低女~♪」

泰葉「いつか身を滅ぼしちゃうよっ、ふふ♪」



17: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:47:27 ID:3Lq

李衣菜「うぅ……Pさんほんと助けてくださいよ~……!」

P「仲良しはいいことだからな~。喧嘩してるようでしてないし」


泰葉「私たち!」シャキーン

加蓮「マブダチ!」パパーン

李衣菜「今ちょっと疑わしいけどねっ! まったくもうっ!」


きゃっきゃ うふふ



がちゃ


ちひろ「おはようございます~。プロデューサーさ~ん、ちょっとお願いが~……」トテトテ



18: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:48:04 ID:3Lq

P「あ、おはようございますちひろさん。どうしました?」

ちひろ「じ、実はですね……昨夜、実家から電話がありまして」ヒソ

P「え、実家?」



李衣菜「あはは、くすぐったいよ――ん? 実家?」ピクッ

泰葉「どうしたの?」

加蓮「なに?」



19: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:48:58 ID:3Lq

ちひろ「ええ、そろそろ相手を見つけなさいと……いつもだったら適当に切っちゃうんですけど、そのぉ……」

P「……まさか『相手がいる』とか何とか言っちゃったんですか……!?」

ちひろ「そ、そのまさかで……。『声だけでも聞かせろ』って言われちゃいまして……ですので、えっと……プロデューサーさんの声を貸してください!」

P「だと思いましたよ! 誤魔化すだけで済みますかそれ? 取り返しのつかないことになるのは嫌ですからね!?」

ちひろ「大丈夫です、ぜっっっったい大丈夫! プロデューサーさんだけが頼りなんです~!!」ビエェェ



20: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:49:33 ID:3Lq

P「わ、分かりましたよ! だから鼻水をつけないで!! ――あ」

ちひろ「う゛ぇ?」



李衣菜「…………」

泰葉「…………」

加蓮「…………」



ちひろ「ピエッ」



22: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:51:14 ID:3Lq

李衣菜「ちひろさん?」

泰葉「ダメですよ?」

加蓮「ほんとに声だけだよ?」


「「「Pさんとは付き合っちゃダメ」」」


ちひろ「ち、ち――」



――チッヒャアアアアアァァァァァァァァァアアアッ……!!



P(以来、ちひろさんは俺の元にそういう話を持ってくることはない……)



おわり



23: ◆5F5enKB7wjS6 20/12/04(金)23:52:21 ID:3Lq

というお話だったのさ
空白の9ヶ月、お前は何をしてたんだろうね


お前……?



元スレ
李衣菜「カップル限定クレープが食べたい?」泰葉「うん」