1: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:28:00.79 ID:/wbVzzvT.net

SS、短編です
時系列的にはアニメ11話後のイメージしていただければ



2: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:30:26.37 ID:/wbVzzvT.net

歩夢「はぁ」

歩夢(ひとりぼっちで食べるご飯は美味しくない)

歩夢(いつもなら横に侑ちゃんがいたはずなのに)


歩夢「……侑ちゃん」

歩夢(数日前、私の我が儘が原因で侑ちゃんと喧嘩した)

歩夢(それ以降、気まずくて一度も顔を合わせられていない)

歩夢(当然、同好会へも行きたくなくて)

歩夢(他のみんなとも会いたくなくて)

歩夢(昼休みはこうやって、中庭の隅っこで一人、お弁当を食べている)



3: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:31:49.57 ID:/wbVzzvT.net

歩夢「はぁ~」

歩夢(なにをやってるんだろう、私)

歩夢(早く謝って終わらせてしまえばいいのに)

歩夢(けどあの言葉は嘘じゃなくて、私の本心で)

歩夢(そんな簡単に消化できるようなものじゃない)

歩夢(だから……)

歩夢「あれ」

歩夢(人、気配?)

歩夢(誰か来る?)



4: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:33:06.20 ID:/wbVzzvT.net

??「にゃー」

歩夢(猫)

歩夢(この子は確かお散歩役員の)

歩夢「名前、なんだっけ」

歩夢(たまちゃん? しろちゃん?)

歩夢(ううん、そんなありきたりの名前じゃなくて)

歩夢(美味しそうな)


??「はんぺん、どこ行くの」


歩夢(そう、はんぺんちゃん)



5: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:34:45.60 ID:/wbVzzvT.net

歩夢「あっ」

歩夢(というか、この声)


??「……歩夢さん?」


歩夢(同好会のメンバーの一人)

歩夢「璃奈ちゃん……」

はんぺん「にゃー」

歩夢(この子は、璃奈ちゃんが大切にしてる子だもんね)



6: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:35:45.03 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「えっと、久しぶり?」

歩夢「まだ一週間も経ってないよ」

璃奈「そうだっけ」

歩夢「うん」

歩夢(毎日、数えているから)


璃奈「歩夢さんは、お昼ご飯中?」

歩夢「そうだけど、璃奈ちゃんは?」

璃奈「私は、探してたの」

歩夢「はんぺんちゃんを?」

璃奈「……一応」
 
歩夢(一応?)



7: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:36:46.84 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「ねえ、一緒にご飯、食べてもいい?」

歩夢「へっ?」

璃奈「歩夢さんと一緒に」

歩夢「う、うん」

歩夢(本当は気まずいけど)

歩夢(向こうから誘われているのに断るのも悪い、かな)

璃奈「お邪魔します」

歩夢(はんぺんちゃんを挟んで、私の隣に座る璃奈ちゃん)



8: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:37:53.75 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「最近、元気?」

歩夢「う、うん」

璃奈「……嘘っぽい」
 
歩夢(うっ、流石にバレバレ)

はんぺん「にゃー」

璃奈「ほら、はんぺんも嘘だって言ってるよ」

はんぺん「にゃー」

歩夢(子猫にも見抜かれているのかな……)



9: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:39:39.37 ID:/wbVzzvT.net

歩夢「璃奈ちゃんの方はどう?」

璃奈「元気、じゃない」

歩夢「どうして?」

璃奈「侑さん、元気ない。だからみんな、元気じゃない」

歩夢「そっか……」
 
歩夢(当たり前だよね。急にいなくなって、迷惑かけて)


璃奈「それにね、歩夢さんがいなくて寂しいから」

歩夢「へっ」

璃奈「会いたかったの」

璃奈「今日、会えてよかった」

歩夢(……この子は、ときどきズルい)



10: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:47:06.12 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「いただきます」

歩夢(そう言って璃奈ちゃんがカバンから取り出したのは、どこかで見たのことのあるゼリー飲料)

歩夢「ごはん、それだけ?」

璃奈「うん。今日はご飯を買いに行く時間がなくて」

歩夢(その割にはんぺんちゃんを探していたみたいだけど)

歩夢(どうしても会いたかったのかな)


歩夢「スクールアイドルフェスティバルの準備は順調?」

璃奈「いまいち、歩夢さんがいないと進まない」

歩夢「私は関係ないよ」

歩夢「できること、なにもなかったもん」



11: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:48:31.22 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「でもね、侑さん、ずっと上の空だから」

歩夢(侑ちゃん……)

璃奈「二人に、なにがあったのか、私は知らないけど」

璃奈「侑さんのこと、気になる?」

歩夢「……」

歩夢(無言)

歩夢(でもうなずいてしまう)


璃奈「歩夢さんは、同好会に帰ってこないの?」

歩夢「それは……」

歩夢(この状況が続くなら)

歩夢(戻らないかも、しれない)



12: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:50:01.64 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「みんな、心配してるよ」

歩夢「……」

璃奈「侑さんも、仲直りしたいって思ってる」

歩夢(嘘だ、そんなわけない)

歩夢(あんな酷いことをした私のことを、侑ちゃんは)

璃奈「私も、二人が元気じゃないと嫌だから、その……」


歩夢「……どっちでも、いいでしょ」

璃奈「歩夢、さん」

歩夢(語気が強まったのは自分でもわかった)

歩夢(だけどこれ以上、踏み込まれたくなかった)



13: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:50:55.51 ID:/wbVzzvT.net

歩夢「璃奈ちゃんはどうして、そんなに私のことを気にかけるの?」

璃奈「歩夢さんは大切な仲間、友達だから」

歩夢(即答されても、そんな風に言われても)

歩夢「私は、璃奈ちゃんのことを友達だなんて」

歩夢「仲間だなんて、思ったことないよ」

歩夢(私、最低なことを言っている)

歩夢「同好会のみんなは、侑ちゃんの仲間だけど」

歩夢「私の仲間じゃないから」

歩夢(今まで築いてきた絆を、全部無に帰してしまうような)



14: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:52:03.18 ID:/wbVzzvT.net

歩夢「別に私がいなくても、スクフェスは開催できるよね」

歩夢「困る人なんて、誰もいないよね」

歩夢(だけど止まらない)

歩夢(自暴自棄、自分の嫌な部分だけが噴き出してくる)


歩夢「勝手に友達、仲間なんて思わないで、放っておいてよ」

歩夢(嘘だ)

歩夢(璃奈ちゃんのことは大切な後輩だと思っているのに)

歩夢(他のみんなだって)

歩夢(みんな、だって……)



15: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:53:49.33 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「……ねえ、一緒にクッキー食べない?」

歩夢(この状況で、なにを?)

歩夢「私はクッキーなんて――」

歩夢(璃奈ちゃんが取り出した袋を見て、言葉が止まる)


璃奈「焼き菓子同好会の友達に、歩夢さんのファンの子がいるの」

歩夢「……私の」

歩夢(前みたいに、同好会のみんなとセットじゃない)

歩夢(小さな袋の中に、いっぱいの私)

璃奈「その子に、歩夢さん、元気ない、凄く落ち込んでいるってお話したらね」

璃奈「これを渡してほしいって、頼まれたの」

歩夢(璃奈ちゃんの友達だからじゃなくて、私のために)



16: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:55:29.79 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「歩夢さんから見えるファンは、侑さんだけかもしれないけど」

璃奈「これを作ってくれた友達だけじゃない」

璃奈「他にもいっぱい、歩夢さんのことを好きなファンの子はいるよ」

歩夢(璃奈ちゃんがクッキーを1つ、手に取る)

璃奈「私だってそう」

璃奈「歩夢さんにとっての私は、そんなに大切じゃないのかもしれないけど」

歩夢(璃奈ちゃんはそれを、小さく空いた私の口の中にやさしく入れる)

璃奈「それでも、私にとっての歩夢さんは大切な人だよ」

歩夢(口の中に、バターの柔らかい味が広がる)



17: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:57:26.70 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「残り、受け取って」

歩夢(残ったクッキーが入った袋を渡される)

璃奈「私、そろそろ行かないと授業に遅れちゃうから」

歩夢(璃奈ちゃんは立ち上がり、自分に寄ってきた子猫の頭を撫でる)

璃奈「今度は缶詰、持ってくるね」

はんぺん「にゃー」

璃奈「歩夢さんも、また一緒に食べようね」

歩夢「……うん」

歩夢(酷い言葉、いっぱいぶつけたのに)



18: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:59:01.29 ID:/wbVzzvT.net

璃奈「バイバイ、歩夢さん」

歩夢(小さな手を、小さく振る控えめな後輩)

歩夢「バイバイ」

歩夢(私も小さく手を振り返す)


歩夢「……君のご主人様は、いい子だね」

歩夢(小さくなる背中を眺めながら、まだ傍にいてくれた子猫を撫でる)

はんぺん「にゃー」

歩夢(何かが劇的に変わったわけじゃない)

歩夢(強い決心がついたわけでもない)

歩夢(だけど璃奈ちゃんに心が少し救われた)

歩夢(それは確かだった)



19: 名無しで叶える物語 2020/12/15(火) 05:59:11.82 ID:/wbVzzvT.net

おしまい


元スレ
歩夢「中庭の再会」