1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:02:50.97 ID:pwR1kHrnP

芳佳「エイラさん!」

エイラ「なんだ、宮藤!」

芳佳「サーニャちゃんとしたいです!」

エイラ「何をダ!」

芳佳「具体的な要望はありませんが、なんか、したいです!」

エイラ「だめダだめダ、サーニャと一緒にだなんて

サーニャ「えっちしよう」

芳佳「うん!そうだね!」

エイラ「これこれ、サーニャは寝てなさい」

サーニャ「むにゃむにゃ」グーグー



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:09:27.97 ID:pwR1kHrnP

芳佳「エイラさん!どうしてですか!?」

エイラ「そんな、明確なビジョンもないくせに、サーニャとエッチなんかやらせないゾ」

芳佳「でも、サーニャちゃんが言ってくれました!」

芳佳「えっち、しよ?」

芳佳「って!」

エイラ「サーニャはエッチ好きな娘だから仕方ないんダヨ!」

芳佳「そ、そうだったんですか、もしかしてエイラさんも、、、」

エイラ「私はサーニャの王子様だからナ」

サーニャ「えっち、えっちしたい……」ムニャムニャ

芳佳「サーニャちゃんがうなされています!」

エイラ「サーニャはエッチな娘だからナ」

サーニャ「えっち、えっち」ムニャムニャ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:16:30.34 ID:pwR1kHrnP

エイラ「宮藤にはリーネがいるんじゃないのカ?」

宮藤「リーネちゃんには食傷ぎみです」

エイラ「あ、そう」

宮藤「リーネちゃんは、いつも私を求めてくるので、少し距離を置こうかなと思います」

宮藤「今の私は、サーニャちゃんにしか目が行かないのです」

エイラ「そんな、一時的な感情でサーニャと乳繰り合おうだなんて」

エイラ「ゆるさないんダナ」

サーニャ「エイラ……」

エイラ「ん、どうしたんだ、サーニャ」

サーニャ「……私は構わないわ」

エイラ「なっ、どうしてだ、サーニャ!?」

サーニャ「さっき、芳佳ちゃんががリーネちゃんに飽きたって」

エイラ「うん」

サーニャ「わたしもエイラに飽きちゃった」

エイラ「なんだってー」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:25:13.49 ID:pwR1kHrnP

エイラ「ダメだ、サーニャは寝てるんだ」

サーニャ「ムニャムニャ」グー

エイラ「サーニャは誰にも渡さないんダナ!」

芳佳「今、サーニャちゃんとシンパシ―を感じたのですが」

エイラ「渡さないんダナ!」

芳佳「渡さないっって言ったって、サーニャちゃんの意思を尊重すべきです!」

エイラ「ダメだ!」

芳佳「エイラさんは、サーニャちゃんの何なんですか!?」

エイラ「王子様、かな」

サーニャ「そしてわたしはお姫様」

エイラ「二人で奏でる、Sweet Duet」

サーニャ「Endless Chatな毎日は」

エイラ、サーニャ「あなたとならDoki:doki Symphony」

エイラ「はい、サーニャ寝て」

サーニャ「ぐー」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:34:23.45 ID:pwR1kHrnP

芳佳「エイラさんってサーニャちゃんの事が好きなんですか?」

エイラ「な、何を今更いうんダ」

芳佳「サーニャちゃんを独り占めしてる割には、アピールが足りないと思います」

エイラ「あ、アピールって言っても……」

サーニャ「エイラは独占欲が強いのよ」グーグー

芳佳「ずるいですよ、サーニャちゃんを独占する割には大したことせず」

芳佳「サーニャちゃんが可愛そうです!」

エイラ「そ、そんなこと言ったって……宮藤だったどうするっていうんダヨ」

芳佳「エッチをする」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:36:43.43 ID:pwR1kHrnP

芳佳「エッチをする」

芳佳「何度も」

芳佳「濃厚な」

芳佳「芳醇な」

芳佳「dream time」

芳佳「二人だけの愛の巣を」

芳佳「そして訪れる、ゴールイン」

芳佳「……」

芳佳「サーニャちゃん……、好きだよ」

サーニャ「エイラエイラ……」クイクイ

エイラ「ん?何ダ?」

サーニャ「おしっこしちゃった……」ビチャア

エイラ「うわあああああああああああ!!!!!!!111」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:41:23.17 ID:pwR1kHrnP

芳佳「エイラさんはサーニャちゃんとエッチしたんですか?」

エイラ「わたしはサーニャの王子様なんダナ」

芳佳「王子様って言うより、召使ですよね」

エイラ「サーニャのためなら、どんなに重い荷物でも持つゾ」

芳佳「奴隷ですか」

エイラ「サーニャのためなら、えんやこらー」

芳佳「サーニャちゃんとエッチをしたことは?」

エイラ「わたしはサーニャの王子様なんダナ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:45:34.08 ID:pwR1kHrnP

芳佳「やっぱり、エイラさんってサーニャちゃんとエッチした事無いですよね」

エイラ「そ、そんなこと無いゾ」

芳佳「じゃあ、エッチしたんですか」

エイラ「じゃあ、逆に聞くゾ」

芳佳「逆に聞かれた」

エイラ「お前はリーネトとエッチしたことがあるのか?」

芳佳「ある」

エイラ「はははーん」

サーニャ「はははーん」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:47:47.39 ID:pwR1kHrnP

エイラ「どれくらいの頻度でやってるんだ?」

芳佳「毎日」

エイラ「あー」

芳佳「3回」

エイラ「ぬー」

芳佳「朝昼晩」

エイラ「えんっ!」

サーニャ「規則正しくて健康的ね」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:52:12.94 ID:pwR1kHrnP

エイラ「でも、やっぱり毎日三回はやり過ぎじゃなイカ?」

芳佳「だから、リーネちゃんが求めてくるんですよ」

エイラ「あー」

サーニャ「確かに、リーネさんは強そう」

芳佳「そうなんです、野獣なんですよ」

エイラ「野獣ダナ」

サーニャ「野獣ね」

芳佳「サーニャちゃんとなら、毎日5回はできるよ!」

サーニャ「うふふ、8回位はほしいな♪」

エイラ「野獣ダ!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 21:57:29.72 ID:pwR1kHrnP

エイラ「そういえば思い出したんだけど」

芳佳「なんですか?」

エイラ「芳佳は巨乳好きじゃないのか?」

芳佳「あー、アレは」

芳佳「嘘です」

エイラ「嘘かー」

芳佳「ただの演技です」

エイラ「演技かー」

芳佳「アイデンティです」

エイラ「アイデンティーがーなああああい」

サーニャ「エイラうるさいわ、寝れない」

エイラ「あ、ごめん」

サーニャ「グー」ムニャムニャ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 22:01:08.02 ID:pwR1kHrnP

エイラ「宮藤の巨乳好きは嘘だったのか―」

芳佳「エイラさんも巨乳好きの設定してるくせに」

芳佳「サーニャちゃん一筋なんですね」

エイラ「わたしは正真正銘のおっぱい好きダゾ」

芳佳「そうですか」

エイラ「まあ、サーニャは……」

芳佳「はい」

エイラ「まだ子供だから」

芳佳「あー」

エイラ「発達途中だから」

芳佳「なるほど」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 22:07:24.36 ID:pwR1kHrnP

芳佳「エイラさんが巨乳好き兼ロリコンだというのはわかりました」

エイラ「それは、ちょっと違うけどな」

芳佳「いいこと思いつきました」

エイラ「ん?なんだ」

芳佳「リーネちゃんとサーニャちゃんを交換しましょう」

エイラ「なんでそうなるんだ?」

芳佳「リーネちゃんのおっぱいを揉みしだきたくないんですか?」

エイラ「うーん」

芳佳「これがwin-winの取引ってやつです」

エイラ「いやあ、当事者がいないことには、どうにも」

サーニャ「私は良いわ」

エイラ「こらこら、サーニャは寝てなさい」

サーニャ「ぐー」ムニャムニャ

エイラ「うーん」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 22:14:00.51 ID:pwR1kHrnP

リーネ「芳佳ちゃん!嫌だよ!そんなことは!」

芳佳「リーネちゃん!」

エイラ「リーネ、いつからそこに」

リーネ「一万年と二千年前から!」

芳佳「お願いエイラさん!引き取って!」

エイラ「えーー」

リーネ「サーニャちゃんなんて、えいっ、えいっ!」ボコスカ

サーニャ「いたいいたい」

エイラ「キャットファイトが始まったゾ」

芳佳「醜い争いです!」

リーネ「えいっ!えいっ!」ボコスカ

サーニャ「」

エイラ「し、しんだ……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 22:20:31.53 ID:pwR1kHrnP

エイラ「でも、リーネも成長したよナ」

リーネ「えっ?」ボコスカ

エイラ「昔は消極的で、自己主張の出来ない子だったけど」

エイラ「今ではこんなに自分の意見を主張できる」

エイラ「立派なことだと思うゾ」

リーネ「そ、そんな///」ボコスカ

リーネ「え、エイラさんだって」ボコスカ

リーネ「昔は何を考えてるかわからない、ボへ~とした感じだったのに」ボコスカ

リーネ「最近は気軽に接してくれて、」ボコスカ

リーネ「凄い、良くなったと思います!」ボコスカ

エイラ「え、えへへ、そうかナー///」



芳佳「おやおや、いい感じですね」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 22:29:29.31 ID:pwR1kHrnP

エイラ「リーネのおっぱいって、でかいよなあ」

リーネ「そ、そんな、エイラさんのだって、きれいなおっぱいです///」

エイラ「て、照れるナ///」

リーネ「おっぱいはやっぱり綺麗なのが一番ですよ!///」

エイラ「いやいや、やっぱり、サイズあっての事だっテ///」

リーネ「エイラさん……」

エイラ「リーネ……」

エイラ「む、向こうで、おっぱいについて話さなイカ?///」

リーネ「はい、行きましょう///」





芳佳「……」

芳佳「行ってしまった……」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 22:33:37.19 ID:pwR1kHrnP

芳佳「まさか、あの二人があんなに仲良くなるなんて」

芳佳「私のサーニャちゃんに対する思いが通じたのですね」

芳佳「何はともあれ、これで私もサーニャちゃんと……ふひひっ」









芳佳「サーニャちゃん!」

サーニャ「」

芳佳「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!」








THE END



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 22:37:45.75 ID:pwR1kHrnP

終わります
洋画を意識してみました
ここが地球だったんだ!、みたいな

本当は1000まで行くような大長編を考えていたのですが、登場人物が、思うように動いてくれなかったので
それと、サーニャは死んだふりなので安心して下さい
土葬される前に起きます


元スレ
芳佳「サーニャちゃんとしたい!」